« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月

2005/10/18

本バトン

とうとう16日で、東京の上映も終了してしまったというのに、未だ劇場版の感想が終わってませんっ。
うわーん、時間がとれないよ~。書きたい事は山ほどあるので、絶対絶対書きますから。
見捨てないでね。
ガンガンの感想も本当は書きたい!!!
と言った先から、またしても日記更新。

大、大、大好きなハガレン兄弟スキーファンサイトのSEVENTH HEVENの天水さまから本バトンが回ってきました。
本バトンと言われたら、ミステリファンとして黙っちゃいられないでしょう(笑)。

■本バトン
1)部屋にある本棚の数
本棚という名称のものなら3つです。
カラーボックスとか、ウィスキーの木箱とか、押入れがごっそり本置き場になってるとか、そういうのを含めなければ。

2)今読んでいる本。
「絶叫城殺人事件」(有栖川有栖)と「迷宮逍遥~有栖のミステリ・ウォーク~」(有栖川有栖)を併読中。
両方とも再々々……読ですけど。
小説も好きだけど、先生の解説も大好き~。火村が犯人の急所を突くのが上手いなら、先生はミステリ好きの急所を付くのが上手いです。絶対その本が読みたくなるっ。

3)最後に買った本
マンガなら「バッテリー2」(原作:あさのあつこ 絵:柚庭千景)
小説なら「竜とわれらの時代」(川端裕人)

4)よく読む、また思い入れのある5冊
●銀河鉄道の夜(宮沢賢治)
未だに冒頭を暗誦出来ますよ。そのくらい好き。
カンパネルラとジョバンニのような関係というのが、ある種同人的ツボ処です。
別にこの2人の同人本を読みたいとは思わないけどね(笑)。

●不思議の国のアリス(ルイス・キャロル)
この子に嵌ったせいか、「アリス」という名前には昔から弱く、本棚に「アリス」の文字があれば必ず手に取ってしまう性癖が。
そのせいでうっかりロリコンものを手にしてしまい何度泣いた事か。
でもそのお陰で、有栖川先生に出会えたのだからめっけものでしょう。
ちなみに、有栖川作品の初読みは「月光ゲーム」でしたが、その前に読んでいたのは長野まゆみの「少年アリス」でした。
美少年からいきなり、ベタベタな関西弁な青年に、頭の中でビジュアルを切り替えるのに苦労した記憶が…。

●火星年代記(レイ・ブラッドベリ)
これが私のバイブルですので。
ラストを飾る「100万年ピクニック」の伏線の妙には何度読んでも感動。
一生に一度でいいから、こういう作品が書きたいと(恐れ多いよなぁ)中学の頃に思ってました。

●霧の向こうの不思議な町(柏葉幸子)
この本がきっかけで、専門学校を選んだと言っても過言じゃない。
加納朋子さんの「てるてるあした」ってこの作品へのオマージュじゃないかな? とひそかに思ってます。(そういえば新装版では加納さんが解説書いてたんだよね)

●ロシア紅茶の謎(有栖川有栖)
やっぱり一冊は入れたい(笑)。
この犯人だからこそこんなトリックを実行した。
決して犯人が別の人だったらこんなトリックは行わなかったはず。
その人が犯人だかこそ「ああそうか」そう納得出来る。
この人にしか行えなかったはずという理屈が、ロジック的や、トリック的、アリバイの有無、そんなものだけじゃなく、ただこの人の性格や心理があるからこそ行われた。そんな、ただひとりの為のトリックというのがすごく新鮮で痺れました。

5)バトンを答えてほしいとおもう5人
ごめんなさい。ハガレンファンにお友達がいないので(泣)。
一方的に、きゃーファンでーす。とカキコミしているサイトさんはちらほらあるんですけど。
拍手のカキコが多いので、あまりこのURL事態知られてないし。
なので、ハガレンとはまったく縁のない、メインサイトの日記から、ミステリファンサイトつながりの方々に回してみました。
みほろさん、みゅうさん、JDCさん、kujiraさん、都鞠さん。
よろしく御願いします。
と、こっちで言っても読んでないと思うけどね(回答についてはメインサイトもこちらもまったく同じです)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/10

灼眼のシャナ

日曜日にニュー八王子シネマに行ってきました。これで33回。来週はもう無理かなぁ。微妙ですが。
とういのはさておき。

「灼眼のシャナ」って、んな番組あるなんて聞いてないよ~。
理恵ちゃんが主役よ、主役っ。見ないわけにはいかないじゃん。なのに1話目見逃した~。
とりあえずこんなところを見つけました。
んー。ヒロインっていうからロリ声かと思ったら、男前な女の子の役なのね。
んじゃ、アルに近いかしら♪
と思って予告を聞いてみたら、ちょっとアル声とは違うのね。 TVの初期アバーンの声には近いかな?
しかも、江原さんも出てるっ。
「シャナに対しては契約者としての信頼だけでなく、父親らしき感情も抱いている。」
わはは、ホーアルじゃ、ホーアルじゃ(違うってば)。

11日には1話目が無料配信されるようなのでこっちで見ようかなぁ。
TVだと水曜日深夜3時55分…さすがにちょっと辛いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »