« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月

2005/11/18

あなたの鋼の錬金術師キャラクター

昨日テレビで「どろろ」(手塚治虫)の実写映画化のニュースをやっていました。
実は「どろろ」って内容をまったくしらなかったのだけど。
なんだか、ニュースによると、身体の48箇所を妖怪に持っていかれた百鬼丸とコソ泥のどろろが、身体を取り戻す為に旅をする話だとか。
をや?? 身体を取り戻す為の2人旅? えええ???
思わずサイトを駆け巡ってあらすじを確認。
ふむふむ。まあここまで話が違うとすでに、パクリでもオマージュでもリスペクトでもないですな。
ただ、荒川さんて時々手塚治虫っぽい描き方する時あるよなぁ、と思っていたので。
えーと、例えば今月号の兄さんがアルに駆け寄るコマとか。11巻だっけリザがグラトニーに首を絞められていた処を逃れて地面ギリギリを駆けるコマね(別に手塚シンパじゃないよっ。嫌いな食べ物に限ってみじん切りにされても分かるようなもので、なんか目に入ってしまうだけ)。
やっとそれが腑に落ちた感じかな。

そうそう。「ガラスの仮面」もかなりお好きなようですよね。
先月号かな? 「ダ・ヴィンチ」に出てましたが。それを読んでふと気づいてしまったのが。
エンヴィーがエドを「おチビさん」っていうのって……それってつまり、速水真澄のような愛情表現だったりするのかぁ? じゃあエドはマヤなのか? とか考えると怖いのでやめておきました(笑)。

無料占いサイトにこんなのありました。
あなたの鋼の錬金術師キャラクター

結果は何故かエド。ええええええ?? アルが良かったよ~。
あ、でもそれってナルシストってことになるのか。
じゃあ、アルにラブラブなエドでちょうどいいってことね(笑)。
ちなみにこんな感じ。

あなたは【エドワード・エルリック】タイプです。
天性のひらめきともいえる知性があり、勇気と優しさを兼ね備えたあなた。
どんなときでもくじけず、目的に向かって進んでいこうとするあなたは、『鋼の錬金術師』のキャラでいうならば【鋼の錬金術師・エドワード・エルリック】がぴったりです。
強靭な意志と、天才的な技術を持っていれば、どんな不可能なことでも可能に変えることができるでしょう。
ときに無茶しすぎることがタマにキズですが、口が悪くても、なぜか憎めない魅力の持ち主。
兄弟を大切にすることで、運勢がアップするでしょう。

あなたの運勢向上アイテム:牛乳

天賦の才能  81%
野心     26%
忠誠心    50%
人情     100%

この人情100%、大嘘です。だって選択肢が限られてたからだよこれ、絶対。


ためしにアルを想像しつつ解答してみたら、無事アルに辿り着きました。

あなたは【アルフォンス・エルリック】タイプです。
おおきな愛情と、心の優しさ、それに勇気と知恵をバランス良く兼ね備えているあなた。
ちょっぴり怖いことでも、勇気を出して困難に向かって立ち向かっていこうとするあなたは、『鋼の錬金術師』のキャラでいうならば【鎧を纏った錬金術師・アルフォンス・エルリック】がぴったりです。
常識と礼儀をわきまえているので、無謀な肉親や友人に振りまわされても、あなたのおかげで物事が丸くおさまることがあるでしょう。
思わぬ不運が訪れても、愛する者を信頼していれば、必ず窮地を乗り越えていくことができるはずです。
たとえ肉体的な欠点があったとしても、あなたの魅力が損なわれることはないでしょう。兄弟を大切にすることで、運勢がアップするようです。
あなたの運勢向上アイテム:西洋鎧

「西洋鎧」普通そんなアイテムの持ち合わせがある人いないよ。という突っ込みはともかく。
「愛する者を信頼」いい言葉です。と、ここまではいいんですが。

天賦の才能  51%
野心     100%
忠誠心    81%
人情     30%


野心100%、人情30%……。
おおきな愛情はあるけど、人情はないのだそうです。うわー、黒アルだよっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/15

タイムリー

めちゃくちゃタイムリーなのでちょっとご紹介。
萌え発送術 『鋼の錬金術師』の兄弟関係に萌える

『鋼の錬金術師』の兄弟関係は、その方向性が一方的ではなく同時に双方向に存在できるような設定が作られている。また各エピソードで、表面に現れる信頼関係の方向性を逆転させながら描いていく。

をををっ、確かに否定出来ないかも。
今月号なんてまさにそうだわ。
片手でひょいとエドを引っ張り出しベキバキに抱きしめちゃう攻めアルと、その直後に巨体を小さくして泣いてる処を兄さんに撫で撫でされちゃう受けアル。
このギャップがいいんだよねぇ。
ここまでナチュラルに(肉体的にはともかく)リバシが受け入れられているカップリングって珍しいもの。
え? そういう話じゃない?(笑)

トラバなんてされても、米光さんには迷惑くさい気もするんだけど、とりあえずしてみたり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/14

鋼の錬金術師 ガンガン感想

劇場版の感想を書くつもりが……駄目っ。耐えらんないっ。
第53話『魂の道標』ネタバレ感想いきますっ。
コミックス派の方でうっかり来てしまった方、そのままターンしてってください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ということで。
 
 
 
 
 
 
 
 
アルだよっ。アルがいたのっ!!
ちゃんといたの扉の向こうにっ。
兄さんの仮説を疑っていたわけじゃないけど、ホントにいたのっっ!!
ガリガリだけど、細っこいけど髪の毛ぼさぼさだけど(その長さが悲しいっ)
ちゃんと生きてるっ!!!!
嬉しいっ。
もお、兄さんはともかく食え。
アルがこれ以上痩せ衰えないよう、しっかり食えっ!! 牛の白濁汁も飲めっ!!

アルじゃないけど、心の準備がなかったからもう、すごい衝撃だよ。

昔はあんなに、ぷにぷにな、突っつきたくなるようなほっぺだったのに。
あんな頭が大きく見えるのは、それだけ体が細いからだよ。
飢餓の国の子供みたいにお腹だけがぽっこりしてるのかな。
想像すると悲しくなるからしないけど。
荒川先生もだから描かなかったのかな、とも思うし。

そして。
「君はボクの魂じゃない」。
「君」なのね。
同人で「あなた」というのが多くてすっかりそっちになじんでしまっていたんだけど。
「あなた」と「君」でこんなに距離が違く感じるなんてっ。
いや、そもそも「兄さん」と呼ばないあたりで違和感だし。
なんだか、まるで兄さんの事を知らないようにしゃべってるよ。
育った兄さんを見て分からなかった?
そんなわけないよね。
そもそも、あのアルはどういう存在なんだろう?
アルの精神であり肉体であるのは確か。
魂のない存在。
(真理というのはこの際置いておこう。
全部を持っていかれた時点で真理としての知識があるのか良く分からん)
鎧のアルに昔の記憶も、鎧になって以降の記憶も存在するのは、
データベースとしての役割を果たす肉体があり、精神がそれを繋いでいるから。
というのが兄さんの説のはず。
ならば、あのアルは兄さんを兄さんとして認識できるはず。

いや、待て、翻って考えよう。
あの扉の向こうのアルの体験を鎧のアルは認識出来ている様子がない。
扉の向こうのアルはアウトプット一方で、インプット出来ない存在なわけだ。
例をあげよう。例えば何かインターネット注文したとする。
その時に住所や名前を入力して、それはログインすればいつでも呼び出される情報としてユーザは持っている。
その情報の入力や差し替えが出来るのはユーザだけ。
そんな感じなのかもしれない?
データベースには、エド・母さん・ピナコばっちゃん・ウィンリィといったファイルがあり、それとは別に金髪・金目・三つ編といったファイル、さらに一緒にいる・死んだ・故郷にいるといったファイルが別々に存在する。それを繋げるべきものは存在しない。
例えば鎧のアルの側からこれに対し、何年何月何日の情報を思い出すというアクションがあると、その日付に紐付けされた情報が鎧アルの元へ届く。
データベースにはただ無秩序に情報の羅列があるだけ。
そう考えると扉の向こうのアルの態度は納得いくんじゃない?

なのに「待ってろ」と言った兄さんの言葉に
ちょっと嬉しそうに笑って頷くアルがアルが……!!!
滂沱~っ。
荒川先生は、アルファンを殺したいんでしょうか?

なんだかよく分からないけど、自分の事を知っているらしい人が、
必ず迎えに来る、待ってろと言う。
自分の魂じゃない人に待ってろなんて言われても
迎えにこられても、扉を超えていけるわけがない。
ありえない。
なんかこの人変なこと言ってるよ。
でも、ここはひとりきりで寂しいから。
だから嬉しくて思わずうなずいたのかなーとか。
想像するともうね、泣けるんですよ~。

そんでもって兄さんカッコいいし。
つうか悪人だよ、ヒールだよ。
「待ってろ」ってなぜ指さすんだよ。
人を指さしたらいけませんって、トリシャから習わなかったのか?
「必ず迎えに来る」って。
まるで劇場版の逆バージョン。
ああああ、やっぱり愛し合ってるよなぁ、こいつら。

しかも扉の向こうに戻れば、
鎧のアルがもう、あんな、あんな
おっきな身体を小さくしてふるふるしてて激ぷりちーっ。
兄さんに代わって、頭撫でた~いっー!!!
小さい子か小動物相手みたいにアルに
話しかけてる兄さんにも萌え。
しかも「ぐしっ」て。
アルにはバレてないみたいだけど、兄さんの貰い泣きに萌え。
隣りで黙ってアルを見てるシャオメイがちょっとツボです。

ところでエド。
アルの左手を忘れてきたような気がするんですけど。
気のせいでしょうかぁ??
ただでさえ、装甲薄くなってるってのに~。
あー、これ伏線ぽくてやばいんですけど~。

生きている人間の人体練成は可能だと4月の時点で気づいた強者がいらっしゃいます。
すげ~っ。

ところで、少しまとめてみましょうか。

賢者の石:生きた人間から魂のみを抽出した高エネルギー体
真理の門:人体練成によって開かれる
人体練成:死者は不可能。生者は可能
リバウンド:術者のみに返る
ホムンクルス:賢者の石を核とした存在
クセルクセスの大壁画:人体練成の陣
太陽(魂)、月(精神)、壁画(肉体)、神の文字のリバース(神を地に墜としめ自らのものとす)、雌雄の竜(錬金術)、太陽を飲み込む獅子(賢者の石)

推察事項
●ラスト・ラース
賢者の石という精製された塊を核としている
●エンヴィー
クセルクセス人の魂を身体に纏わりつかせその場で賢者の石に精製している
●クセルクセスの壁画の意味する処
人間の魂を喰らい、神を堕としめる錬金術=人体練成を行う
●お父様
ホーエンハイムにあらず(希望・笑)。お父様はグリードの賢者の石を呑んでいる。大総統のホムンクルスになった過去話からすれば、もしお父様が人間なら拒否反応があるはず。それがないということはお父様もまたホムンクルスであることを差す。ホムンクルスに生殖機能はない。

疑問点
●その1
クセルクセス滅亡以前、ホムンクルスたちはどのように賢者の石を手に入れていたのか?
エドはホムンクルス&お父様たちがクセルクセスを滅亡させたと言う口ぶりだけど、エンヴィーはそれに対し肯定も否定もしていない。そしてエンヴィーの身体にいるのはクセルクセス人。
じゃあクセルクセスが滅びる前は誰の魂によって高エネルギーを手に入れていた?
それとも更に昔も同じようなことをしてエネルギー源が朽ちてきたのでクセルクセスを狙い、また同じ理由でアメストリスを狙っている?

●その2
クセルクセスで行われたこと。
X(おそらくお父様)が自身を人体練成→代価はクセルクセス国民→門が開く→通行料として肉体を支払う→残った魂を賢者の石に生成
なんじゃないかと。
通行料としてエドもイズミも魂を持っていかれてはいない。持っていかれたのは肉体だ。アルの魂はエドの右腕と等価だった。お安くないか? 魂。
魂の方が有用ならエドの足やイズミの腹の中を持っていく前に、二人の魂を持っていってる。
なのに、賢者の石は生きた人間の魂により生成されているという。
つまり、人体練成を行い、肉体を通行料として支払い、真理の扉によって肉体を上手い具合に切り離してくれた魂を賢者の石として生成する。この方が筋が通る。
でもそうなると、人体練成に賢者の石が有用という、マルコーの話が覆されてしまうし、今回の人体練成は??? あれ? エドもリンも無事だぞ?
エンヴィーの様子がちょっと怪しいのでもしかして肉体を持っていかれたんじゃないかとちょっと睨んでいるんですが……。

●その3
扉を開いたほどの力がある人間を人柱候補と考えている。扉を開かせる為に。
扉を開く理由は賢者の石を手に入れる為。
でもここまでの理屈でいくとお父様は自分で扉を開くことが出来るはず。何故自分で開かない?
通行料さえあれば人体練成に持って行かれることはないと分かっているはずなのに。
これが●その2の理屈だと通るのだけどね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/11/03

2006年カレンダー

画像が出てるって? と嬉々として覗きにいったら……トロい……。
何分待たせる気だってめぇっ!!! と思わせるくらいトロいです。
というわけでここから「カレンダー」のリンクへ行って頑張ってみてください(直リンクはタイムアウトや何やらでエラーになってしまいました)。
主役二人にピンのイラストがないってのがちょっと許せないところなんですが、まあ考えてみればオフィシャルカップルってことね、と頷いてみたり。「おうよ、二人で一人前っ」ですか?
でも、3月4月を飾る自信ないなぁ。見るたびに笑いそうだよこの増田。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/02

兄弟オンリー行かれた方お疲れ様でした。

なんだったんでしょうか、あの人ゴミ!
9月のオンリーも相当でしたけど。
当初予定されていた3分割入場規制が、結局5分割?
5次入場だった方々何時ごろ入れたんでしょうか?
劇場版効果、ここに極めり? すごいよ兄弟萌え人口。
だってアルエドだけじゃなくて、エドアルも通路が歩けないくらい混んでいたんだよっ!
あやうく買いそびれる処でしたお目当てコピー本。
10時に来て良かったとつくづく思いましたね。
ということで1次入場して、12時過ぎにはもう会場を出てました。
どうしても外せない予定があったので。
スケジュールも確認せず、「大丈夫、行く行く」なんて安請け合いしてしまった自分が憎いっ。
なんの為のオンリーよ。開拓する時間なんてないじゃんか~。
とまれ、お目当てサークルを上を下へとぐるぐるぐるぐる。
CONTRAILの杜りん様へお礼がてら、兄弟萌えトークをしっかりかましてから帰りましたけど(笑)。
長々とサークルにお邪魔してしまってすみません。
cafe ELRIC の画像見せていただきありがとうございました。
あのカップお持ち帰りしたい~。
今度、絶対行きますよっ♪
あ、今頃思い出した。今回エドアル妹本の開拓すらしてないっ。ああ、また悔しさが~。

で戦利品。ちょっと思った以上にまだリヒエド強いなぁ。
アル×エド前提ならいいんですよ。浮気上等。アル×アルも許せます。
でもアルが死んだり、アルの向こう側にリヒを見たり、アルを放ってリヒに走るエドはイヤ~。
兄さんはね、兄さんはね、アルが第一じゃないとダメなの。
アルがいなきゃ壊れちゃう兄さんじゃなきゃイヤなんです。
ごめんなさい、ごめんなさい。ごめんなさい。
好きなサークルさんの本でもそれだけは受け付けません。
思った以上に拒否反応が強くて自分でもびっくり。
今までは、受けの浮気は許せても攻めの浮気は許せないのが私のパターンだったんだけどなぁ。
そりゃエドアルも好きだけど? メインはアルエドのはずなんですが……。

そうそうこんな頁があったのでつい投票してしまいました。
声優百合ップル投票
誰にって、そんなん決まってるじゃんねぇ~。

そんでもって実はひそかにここの次回が楽しみだったりします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »