« 2006年カレンダー | トップページ | タイムリー »

2005/11/14

鋼の錬金術師 ガンガン感想

劇場版の感想を書くつもりが……駄目っ。耐えらんないっ。
第53話『魂の道標』ネタバレ感想いきますっ。
コミックス派の方でうっかり来てしまった方、そのままターンしてってください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ということで。
 
 
 
 
 
 
 
 
アルだよっ。アルがいたのっ!!
ちゃんといたの扉の向こうにっ。
兄さんの仮説を疑っていたわけじゃないけど、ホントにいたのっっ!!
ガリガリだけど、細っこいけど髪の毛ぼさぼさだけど(その長さが悲しいっ)
ちゃんと生きてるっ!!!!
嬉しいっ。
もお、兄さんはともかく食え。
アルがこれ以上痩せ衰えないよう、しっかり食えっ!! 牛の白濁汁も飲めっ!!

アルじゃないけど、心の準備がなかったからもう、すごい衝撃だよ。

昔はあんなに、ぷにぷにな、突っつきたくなるようなほっぺだったのに。
あんな頭が大きく見えるのは、それだけ体が細いからだよ。
飢餓の国の子供みたいにお腹だけがぽっこりしてるのかな。
想像すると悲しくなるからしないけど。
荒川先生もだから描かなかったのかな、とも思うし。

そして。
「君はボクの魂じゃない」。
「君」なのね。
同人で「あなた」というのが多くてすっかりそっちになじんでしまっていたんだけど。
「あなた」と「君」でこんなに距離が違く感じるなんてっ。
いや、そもそも「兄さん」と呼ばないあたりで違和感だし。
なんだか、まるで兄さんの事を知らないようにしゃべってるよ。
育った兄さんを見て分からなかった?
そんなわけないよね。
そもそも、あのアルはどういう存在なんだろう?
アルの精神であり肉体であるのは確か。
魂のない存在。
(真理というのはこの際置いておこう。
全部を持っていかれた時点で真理としての知識があるのか良く分からん)
鎧のアルに昔の記憶も、鎧になって以降の記憶も存在するのは、
データベースとしての役割を果たす肉体があり、精神がそれを繋いでいるから。
というのが兄さんの説のはず。
ならば、あのアルは兄さんを兄さんとして認識できるはず。

いや、待て、翻って考えよう。
あの扉の向こうのアルの体験を鎧のアルは認識出来ている様子がない。
扉の向こうのアルはアウトプット一方で、インプット出来ない存在なわけだ。
例をあげよう。例えば何かインターネット注文したとする。
その時に住所や名前を入力して、それはログインすればいつでも呼び出される情報としてユーザは持っている。
その情報の入力や差し替えが出来るのはユーザだけ。
そんな感じなのかもしれない?
データベースには、エド・母さん・ピナコばっちゃん・ウィンリィといったファイルがあり、それとは別に金髪・金目・三つ編といったファイル、さらに一緒にいる・死んだ・故郷にいるといったファイルが別々に存在する。それを繋げるべきものは存在しない。
例えば鎧のアルの側からこれに対し、何年何月何日の情報を思い出すというアクションがあると、その日付に紐付けされた情報が鎧アルの元へ届く。
データベースにはただ無秩序に情報の羅列があるだけ。
そう考えると扉の向こうのアルの態度は納得いくんじゃない?

なのに「待ってろ」と言った兄さんの言葉に
ちょっと嬉しそうに笑って頷くアルがアルが……!!!
滂沱~っ。
荒川先生は、アルファンを殺したいんでしょうか?

なんだかよく分からないけど、自分の事を知っているらしい人が、
必ず迎えに来る、待ってろと言う。
自分の魂じゃない人に待ってろなんて言われても
迎えにこられても、扉を超えていけるわけがない。
ありえない。
なんかこの人変なこと言ってるよ。
でも、ここはひとりきりで寂しいから。
だから嬉しくて思わずうなずいたのかなーとか。
想像するともうね、泣けるんですよ~。

そんでもって兄さんカッコいいし。
つうか悪人だよ、ヒールだよ。
「待ってろ」ってなぜ指さすんだよ。
人を指さしたらいけませんって、トリシャから習わなかったのか?
「必ず迎えに来る」って。
まるで劇場版の逆バージョン。
ああああ、やっぱり愛し合ってるよなぁ、こいつら。

しかも扉の向こうに戻れば、
鎧のアルがもう、あんな、あんな
おっきな身体を小さくしてふるふるしてて激ぷりちーっ。
兄さんに代わって、頭撫でた~いっー!!!
小さい子か小動物相手みたいにアルに
話しかけてる兄さんにも萌え。
しかも「ぐしっ」て。
アルにはバレてないみたいだけど、兄さんの貰い泣きに萌え。
隣りで黙ってアルを見てるシャオメイがちょっとツボです。

ところでエド。
アルの左手を忘れてきたような気がするんですけど。
気のせいでしょうかぁ??
ただでさえ、装甲薄くなってるってのに~。
あー、これ伏線ぽくてやばいんですけど~。

生きている人間の人体練成は可能だと4月の時点で気づいた強者がいらっしゃいます。
すげ~っ。

ところで、少しまとめてみましょうか。

賢者の石:生きた人間から魂のみを抽出した高エネルギー体
真理の門:人体練成によって開かれる
人体練成:死者は不可能。生者は可能
リバウンド:術者のみに返る
ホムンクルス:賢者の石を核とした存在
クセルクセスの大壁画:人体練成の陣
太陽(魂)、月(精神)、壁画(肉体)、神の文字のリバース(神を地に墜としめ自らのものとす)、雌雄の竜(錬金術)、太陽を飲み込む獅子(賢者の石)

推察事項
●ラスト・ラース
賢者の石という精製された塊を核としている
●エンヴィー
クセルクセス人の魂を身体に纏わりつかせその場で賢者の石に精製している
●クセルクセスの壁画の意味する処
人間の魂を喰らい、神を堕としめる錬金術=人体練成を行う
●お父様
ホーエンハイムにあらず(希望・笑)。お父様はグリードの賢者の石を呑んでいる。大総統のホムンクルスになった過去話からすれば、もしお父様が人間なら拒否反応があるはず。それがないということはお父様もまたホムンクルスであることを差す。ホムンクルスに生殖機能はない。

疑問点
●その1
クセルクセス滅亡以前、ホムンクルスたちはどのように賢者の石を手に入れていたのか?
エドはホムンクルス&お父様たちがクセルクセスを滅亡させたと言う口ぶりだけど、エンヴィーはそれに対し肯定も否定もしていない。そしてエンヴィーの身体にいるのはクセルクセス人。
じゃあクセルクセスが滅びる前は誰の魂によって高エネルギーを手に入れていた?
それとも更に昔も同じようなことをしてエネルギー源が朽ちてきたのでクセルクセスを狙い、また同じ理由でアメストリスを狙っている?

●その2
クセルクセスで行われたこと。
X(おそらくお父様)が自身を人体練成→代価はクセルクセス国民→門が開く→通行料として肉体を支払う→残った魂を賢者の石に生成
なんじゃないかと。
通行料としてエドもイズミも魂を持っていかれてはいない。持っていかれたのは肉体だ。アルの魂はエドの右腕と等価だった。お安くないか? 魂。
魂の方が有用ならエドの足やイズミの腹の中を持っていく前に、二人の魂を持っていってる。
なのに、賢者の石は生きた人間の魂により生成されているという。
つまり、人体練成を行い、肉体を通行料として支払い、真理の扉によって肉体を上手い具合に切り離してくれた魂を賢者の石として生成する。この方が筋が通る。
でもそうなると、人体練成に賢者の石が有用という、マルコーの話が覆されてしまうし、今回の人体練成は??? あれ? エドもリンも無事だぞ?
エンヴィーの様子がちょっと怪しいのでもしかして肉体を持っていかれたんじゃないかとちょっと睨んでいるんですが……。

●その3
扉を開いたほどの力がある人間を人柱候補と考えている。扉を開かせる為に。
扉を開く理由は賢者の石を手に入れる為。
でもここまでの理屈でいくとお父様は自分で扉を開くことが出来るはず。何故自分で開かない?
通行料さえあれば人体練成に持って行かれることはないと分かっているはずなのに。
これが●その2の理屈だと通るのだけどね。

|

« 2006年カレンダー | トップページ | タイムリー »

0100 鋼原作感想」カテゴリの記事

コメント

りほ様初めまして。トラックバック&記事内リンクご紹介、ありがとうございます!
自分でも、すごくすごく考えた考察だっただけに、本誌でエドの台詞を追うごとにものすごくドキドキしました。まさかアタリ?!と。
そしてこうやってご紹介まで頂けて、本当に嬉しいです!ありがとうございました。

でも当たった驚きの数十倍の驚愕が、その後に待っていました・・・生身アルとの邂逅なんてっ!(泣)
今月号はブラッドレイの過去といい、謎解き解説といい、扉の中といい、ものすごい衝撃でした。荒川先生ってすごい、と改めて思いました。

それでもまだまだ、謎なんですよね。りほ様おっしゃるとおり、どうして賢者の石を持つお父様が扉や人柱を欲するのかとか、そもそも最初に自身の人体錬成をしたときに代価に払ったのはなんだったのかとか。
ハガレンって本当、目が離せません・・・!!

投稿: 歌猫 | 2005/11/15 00:08

歌猫さま はじめまして
コメントありがとうございます。
いやもう、4月って遥か昔ですもの。あの頃にそこまで読み解いていたなんて本当にすごいですよっ。

まだまだ残っている謎も、荒川先生のやることだから、読者が気がつかないだけで、答えに通じるものはすでに掲示済み、なんて可能性もありますよね。
また素敵な推察期待してますっ。

去年の夏頃に折り返しと言われたのだから、あれからすでに1年半。
これから本格的に謎解きモードに入っていきそうです。
ええ、本当に、もう目が離せませんっ。

投稿: りほ | 2005/11/16 02:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28666/7097200

この記事へのトラックバック一覧です: 鋼の錬金術師 ガンガン感想:

« 2006年カレンダー | トップページ | タイムリー »