« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006/04/12

「NANA」と「プリンセス・プリンセス」

やっとこさ「NANA」と「プリンセス・プリンセス」の1話を見ました。
やっぱり少女漫画ってアニメ絵に向かないよね。頭身高すぎて体型がいびつ……。
もうちょっとちんまくしちゃえばいいのにって、ファンは怒るのかな?
どうせ「NANA」と「プリプリ」は朴さん目当てだから他はどうでもいいんですが(ひどっ)。
いやもう、ナナ役の朴さんの声にメロメロ。かっちょいいー。
うきゃー攻エド声だぁ。とか思ってみたりする始末。
いいなぁ~。これでハチが理恵たんだったら萌え萌えだったのに。
って結局ソコデスカ?(笑)
ところでOPのサビ部分のワンフレーズ、昔ともさかが主役をやった「FIVE」のEDとメロディラインが同じ臭くないか?

「プリプリ」は「女装している男の子」をきちんと演技している朴さんに感服。
もっとはじけさせちゃうかと思っていたら違うんだもん。
そういば高校時代に友達と、卒業記念って事で拝み倒して(いや、脅したのか?)1こ上の先輩に女装して化粧して貰って写真撮らせて貰った事がありまして(考えてみたらなんであの頃、回りにいた男の子はみんな女の子並みに腰が細かったんだ? 普通に制服のスカートもベストも着れてしまうってのはやっぱりちょっとおかしいよ、先輩たちっ)。
でも、どんなに普通に着れちゃっても、手が大きいからバランス悪いし、肩の骨格ガチガチで丸みないし、喉仏は見えるしで、女の子に見えるアングルなんてホント限られてて、カメラマン役を務めた子がすごく苦労してたんだよね。しかもその写真貰い損ねたわ。くそっ(え?)。
所詮普通の男の子の女装なんてそんなもんですから。
だから朴さんの演技はリアリティあります。うん。
ただそれが視聴者の望む演技かどうかは……微妙だよなぁ。一応男子校に潤いをっていうのが女装の理由だし。
「ぜってぇありえねーっ」てくらい女の子っぽく演じちゃってもいいんじゃないかなぁ。
その辺りは監督の考えによるんだろうけど。あれ? 監督って誰だっけ?
そんでもって、ちょっとあのEDは狙い過ぎキモ。とりあず今回は見たけど次回からは早送り決定だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »