« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

2006/06/29

どっちかというと

どっちかというと自分用リンク集
まだ穴だらけなので、おいおい埋めていきます。

コメント・レポ
朴さん&理恵ちゃん
『SonyMusic Anime Fes開催』レポート
劇場版『鋼の錬金術師』キャストコメント
TV『学園アリス』公式サイトキャストコメント
TV『学園アリス』キャストコメント
イベント『鋼の錬金術師 FESTIVAL -Tales of another もう一つの物語-』レポート
イベント『鋼の錬金術師 SUMMERイベント』東京会場レポート
TV『鋼の錬金術師』最終回キャストメッセージ(アニメイトTV)
TV『鋼の錬金術師』最終回キャストメッセージ(eg)

朴さん
TV『プリンセス・プリンセス』キャラソン キャストコメント
TV『プリンセス・プリンセス』キャストコメント
TV『プリンセス・プリンセス』放送開始直前イベントレポート
舞台『レインマン』 レポート
ソロアルバム「遠い記憶」アルバムレコーディングレポート
ゲーム『カメオ:エレメンツ オブ パワー』キャストインタビュー
TV『うえきの法則』エンディングテーマインタビュー
TV『うえきの法則』ファンミーティングレポート(アニメイトTV)
TV『うえきの法則』ファンミーティングレポート(New type)
劇場版『鋼の錬金術師 シャンバラを征く者』ロングインタビュー
舞台「鏡花万華鏡『風流線』」コメント

理恵ちゃん
CD『ゼロの使い魔』エンディングテーマインタビュー
TV『ゼロの使い魔』キャストコメント(ag)
TV『ゼロの使い魔』キャストコメント(アニメイトTV)
TV『おとぎ銃士 赤ずきん』キャストコメント
TV『ガラスの艦隊』GONZOブログキャストコメント
TV『ガラスの艦隊』公式ブログキャストコメント
TV『ガラスの艦隊』アニメ@nifty キャストコメント
TV『ガラスの艦隊』公式サイト キャストコメント
TV『灼眼のシャナ』最終話アフレコレポート
TV『魔法少女リリカルなのはA's』アフレコレポート
Webドラマ『学園アリス』キャストコメント
イベント「学園アリス☆アリス祭」レポート
ゲーム『アイドルマスター』コメント
Webラジオ『釘宮理恵のおやじステーション』インタビュー
CDドラマ『気象精霊記3 精霊さんとのすごし方』インタビュー
CDドラマ『気象精霊記1 集中豪雨の潰し方』インタビュー
ゲーム『Close to~祈りの丘~』発売イベント

動画・音声
朴さん&理恵ちゃん
劇場版『鋼の錬金術師 シャンバラを征く者』アフレコ記者会見
Web配信『鋼の錬金術師』
Web配信『学園戦記ムリョ』

朴さん
Webラジオ『プリンセス・プリンセス RADIO 藤森学園A to Z』(第3回・第4回ゲスト)
キャラソンCD『プリンセス・プリンセス』Sweet Suite vol.1
ドラマCD『プリンセス・プリンセス』第1巻
ドラマCD『プリンセス・プリンセス』第2巻
Web配信『プリンセス・プリンセス』
Web配信『創聖のアクエリオン』
Web配信『宇宙のステルヴィア』
Web配信『∀ガンダム I 地球光/II 月光蝶』
Web配信『∀ガンダム』
櫻井孝宏のおでかけアニポップ!~ゲスト・朴ろ美・2
櫻井孝宏のおでかけアニポップ!~ゲスト・朴ろ美・1

理恵ちゃん
Webラジオ『ゼロの使い魔 on the radio~トリステイン魔法学院へようこそ~』
ドラマCD『貧乏姉妹物語』アフレコ現場からメッセージ
ドラマCD『アイドルマスター Scene.03~天海春香&秋月律子&水瀬伊織編~』
ドラマCD『アイドルマスター Scene.05 EXTRA STAGE1』
Web配信『HAND MAID メイ』
Web配信『超重神グラヴィオン』
Web配信『ニニンが忍伝』
高橋美佳子のナースステーション~ゲスト・釘宮理恵~2
高橋美佳子のナースステーション~ゲスト・釘宮理恵~1

7月以降のお仕事
朴さん
TV
TV『BLEACH』
TV『NANA』
TV『ゼーガペイン』
TV『サムライ7』
ラジオ
ラジオ『森久保・朴のポケ声ナイト!』
ラジオ「A&G超RADIO SHOW ~アニスパ~」内フロート番組『店長候補生 超電波HYPER WAVE!』

理恵ちゃん
TV
TV『ゼロの使い魔』
TV『おとぎ銃士 赤ずきん』
TV『ガラスの艦隊』
TV『銀魂』
WEBラジオ
Webラジオ『ゼロの使い魔 on the radio~トリステイン魔法学院へようこそ~』

イベント
朴さん
ANIMEEXPO 2006

理恵ちゃん
真夏のリリアン祭~山百合会に何かご用?(チケット完売)
DVD「ガラスの艦隊」発売記念イベント
THE IDOLM@STER 1st ANNIVERSARY LIVE(チケット完売)

ちょっと小ネタ
ウパ日記
これが本当に理恵ちゃんファンの釣りネタじゃないんだとしたら。いや、すごい(笑)。
ツンデレもいいけど、もっとアル声が聞きたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ公式サイトにも掲載されました。

すみませんっ。この記事全然新しくないですっ。記事の整理をしていたら誤ってTBしてしまいました。ごめんなさいっ。

アニメ公式サイトにも掲載されました。
一つの終演に赤い花束を
どうせなら一般の人は撮影の出来なかった、髪飾りを付けた朴さんと理恵ちゃんの写真も合わせて掲載して欲しかったなぁ、とか(笑)。

ちょっと面白い錬金術師の本を見つけたのでご紹介。
ファンにはおなじみの、
「全は一、一は全」とか「人は何かを得る為には同等の代価が必要である」の意味が説明されています。
他にも、東の賢者の西の賢者のこと、フラメルの十字架が何故賢者の石を意味するのかとか、
賢者の石の構成図、ウロボロスの意味、錬金術師が神を崇めない理由などなど。
一時期はやった「鋼」の為の「錬金術師本」かと思いきや、初版は1997年。
もしかしたら、牛様はこの本を資料の1冊として使っているのかも?

錬金術
錬金術
posted with 簡単リンクくん at 2006. 6.29
アンドレーア・アロマティコ著 / 後藤 淳一訳
創元社 (1997.12)
ISBN : 4422211323
価格 : \1,575
通常1-3週間以内に発送します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/19

朴さんと理恵ちゃんに赤い花束を贈ろう 12

このタイトルで日記を書くのはこれが最後です。

大阪公演から1週間が経ちました。
あの慌しさが嘘のようにネット上も静かになりました。

もう少し早めの更新を予定していたのですが。バカ正直に言えば、………ぶっ倒れてました(笑)。

もともと、ともかく11日まで身体が動けばいい、くらいの勢いで動いていたので、その後ぶっ倒れてまとめページが放置になるくらいなら、と公演開場時間を凍結タイムに設定していたというのはあるんですが。
凍結したあともまだテンションが高かったのか、なんだまだちっとは動けるじゃん、と。
あちらこちらのブログやサイトをぐるぐる回っているうちに、一気にガクっと来ました。
あ、別に仕事も休んでませんし、お稽古事(フラメンコ)にも通っていたので、全然そんな寝込んでいたとかいうわけじゃないんですが。
ともかく1日休めばなんとかなるかと月曜は急ぎのメールにだけ返信して更新をあきらめ。
翌日、普段通り終電で帰って、お風呂入って、2時頃ネットを立ち上げて……るうちに爆睡。
翌々日になっても、翌々々日になっても、思うように身体をコントロールできない~(>_<)
そんな状況がこんなにも延び延びになってしまった理由です。
企画が終わった途端に姿をくらましたようで、自分でもみっともないやら、屈辱的だわ、な日々を悶々と過ごしておりました。などという長ったらしい言い訳はここまで。

お陰様で無事企画も成功のまま終演を迎えたようです。
「ようです」としか言えない身の上が寂しい限りですが。
お疲れ様でした。
そんなこんなな状態で、まだ色んな方のレポが全然読めていないのですが。
これからゆっくり白き焔BLOGさんの赤い花束企画★後日談のレポリンクを有効利用させていただきたいと思っています。

本企画にご協力くださりありがとうございました、と言ってしまうと、上からものを言っているようでなにやら居心地悪くて落ち着きません。
だって、この企画の主体は間違いなく、みなさんでした。
みなさんのみなさんによる朴さんと理恵ちゃんの為のそしてアニメ『鋼の錬金術師』の為の企画です。

頑張ったよね。私たちってすごくない? 成功したよ。やったね。嬉しいね。

拙い言葉の羅列でごめんなさい。
でも、今私が企画に参加されたみなさんに伝えたいのはこんな言葉たちです。

気持ちさえ強ければ、何かを変える事は出来る。
それは子供の寝物語でもなんでもない。
勿論全てに言える事ではないけれど。決してゼロではない。可能性を捨てる必要はない。
ただ与えられるものを受け止めるのではなく。
誰も与えてくれないからと嘆くのでもなく、自分から動くということ。
朴さんが最後にエドとして言った言葉。
「立って歩け 前に進め お前たちには立派な足がついているじゃないか」
それはまさに、こういう事だと思う。
みんな、素敵な言葉を貰えたね。

最後はせっかくだからドイツ語で締めようかな。
鋼の友に幸多かれ(笑)。
Ein Prosit!

P.S.
りほの個別企画に参加されたみなさま。お教えしたURLのスタンド花の画像は、よろしければ、どうぞ手元にダウンロードして記念にお持ち帰り下さい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/06/14

遅れてます

いただいたメールのお返事が、今大変遅れています。申し訳ありません。
現在、早急に返事の必要な業務的なものを優先しています。
絶対お返事はします。もうしばらくお待ちください。
レポのリンクとかトラバとか色々したいのに・・・(>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/12

企画は終了しました

りほの方で行っていた赤い花の企画は6月11日17時を持って終了とさせていただきました。
最後の更新もすませました。
ご賛同いただいたみなさま、ありがとうございました。
そして、お疲れ様でした♪

スタンド花の画像が届きました。
ちょっと私的には、こんなに豪華にしてくれちゃって値段あってますか?
と思うくらい素敵な仕上がりです。
個人企画に参加された方には全員にメールでお知らせしています。
もし届いていない方がいらっしゃいましたらご連絡ください。
ちょっとメールの具合が悪くてヤバいです。
届いていなかったり、もしかしたら同じメールが何通も行ってしまったかも????
こちらでは1画像だけ掲載しておきます。
Flower4

他の画像は参加された方の特権です。お赦くださいマセ。
公演にいかれた方で見かけた方、いらっしゃるかなぁ。

会場内のカメラは禁止だし、どんな様子だったか目で見ることは出来ないけれど、しばらくは、いろんな方のレポを捜して放浪の旅を楽しむ事になりそうです。(笑)。

あ、もうアップされてる?
青春18切符ミュンヘン行きさんがレポあげてます。
赤い花の髪飾りで御2人が登場?? ネットでの呼びかけについてコメントあり? 東京とは違うね。ちゃんと最後として。最後らしく終わりを迎えられたんだね。

この企画をはじめたきっかけも、何度も何度も躓いてその度に思ったことも、やっぱり朴さんと理恵ちゃんが好きだなぁって事。嬉し泣きさせて見送ってあげたいよって事。東京公演のような思いはさせたくないよって事だったから。
うん、報われたなぁ。
嬉しいね。ホントに嬉しいなぁ。

で、当日、私は何をしていたかって言うと、兄弟オンリーイベントに行ってました(笑)。
だって家でじっとしてるのイヤじゃん。
私は鞄に造花の花束を付けていたんですが、鞄に赤い花のコサージュを付けている方とか、赤い花束持参の方とか、赤い花柄の洋服とか。違うかな? そうかな? と大っぴらに「何か分かる」わけではないんだけど、それぞれがそれぞれのやり方でこの日を見守っているんだなぁ、っていうのが嬉しかったり。
いつもこっそりブログにお邪魔している有耶無耶の錬金術師のさやさんのスペースが赤い花で囲まれていて素晴らしかったです。やっぱり差し入れ持って行けば良かった~。
その後は、Mさんとランチ。愚痴大会のはずがいつのまにか熱く鋼を語り合ってました。楽しかったです。今度ゆっくり祝杯をあげましょうね。

さて、うちの企画は終わりましたが、赤月影さんの企画は6月11日より始動ですね。
すでにあちららこちらで赤い花のイラストがアップされていてこちらも楽しみです。
イラストで赤い花束を

| | コメント (7) | トラックバック (2)

2006/06/06

ちょっと嬉しかったので

「イラストで赤い花束を」という企画をtearlessの赤月影さんが立てられました。
ちょっと嬉しかったので、まとめページにリンクしました。

こういうベツ物企画を、誰か立ててくれないかなぁ、とずっと思ってました。
赤い花束で感謝を伝えるにしても、方法はひとつじゃない。
いくらだってあるはずですよねっ。あって当たり前なんです。

自分で企画を立てる時って本当に怖いです。 笛吹けど誰も踊らない場合だってあるから。
何バカな事考えてるの?と思われるかもしれない。
すごく勇気がいります。
本当に成功させようと思ったら、しなきゃいけないことは山のようにある。
だから応援します。
私のまとめページは11日で凍結してしまうので、最後まで応援出来ませんが、どうぞ頑張ってくださいね。

一つの終演に赤い花束を
一つの終演に赤い花束を

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/06/01

朴さんと理恵ちゃんに赤い花束を贈ろう その11

もみじさんがイベント会場に問合せた結果、以下の回答をいただいたそうです。

以下、もみじさんの了承を得て記載しています。

会場側では、『ファンレターの類、ハガキと封筒は受け付けしております』
とのことなので、ファンレターや電報なら送れるそうです。
ただし、ぬいぐるみ付電報などの〝立体物〟は受け取らないそうです。

了解? つまり。

■送付OK
・ハガキ
・封筒
・電報(立体物が添付されているものは不可)

■送付NG(受取拒否)
・花束
・プレゼント
・ぬいぐるみ電報、花束電報等(立体的なもの)

配送先も微妙に違います。
■配送先
〒540-0002 大阪府大阪市中央区大阪城3-1 大阪城ホール
     財団法人 大阪城ホール気付
     「6/11 ソニーミュージックアニメフェス 鋼の錬金術師 朴ろ美様  釘宮理恵様」

会場側は今回のイベントに限らず、色々なコンサートを行う際に、通常、ファンレターは受付ているそうです。
なので『ソニーアニメフェスに限って、受け付けしないということはありません。』ということのようです。
ですから、各自くれぐれも会場側のご迷惑にならないようによろしくお願い致します。

花束の許可は出ませんでしたが、赤いカードとか、花の写真の電報とか、花束の写真を添えたボイスカードとか。
封筒もOKなのだから、赤い花のイラストを描いた寄せ書き色紙も送れます。
利用出来るものは最大限に利用しましょっ。

但し、ハガキや封筒はその日に届いていなければ意味がないのでご注意を。
配達日指定郵便を使用する、郵ぱっくを使用する、あるいは前日までに届くよう少し早めに出す(先方で紛失の恐れがあるほど早く着き過ぎないようご注意を!)など、各自工夫してください。

「出口がなければ、作るまでっ!」
これを突破口に、みんなが参加出来るファイナルにしたいよね!!

2006/06/03補足
大阪城ホールでの郵便物の受取は、全てこのようになっているそうです。
立体物 : 大阪城ホールの搬入口に届く (イベント主催者受取)
ハガキや封筒 : 大阪城ホール事務所に届く (事務所受取)

これにより、花束やプレゼントは主催者の判断、ハガキや封筒は事務所の判断となるため、今回受取可否が異なっています。
財団法人大阪城ホールのお話では、
「その分(事務所に届いた分)に関しては大阪城ホールとしてお預かりして、ご本人にお渡ししています」
「日曜日も受け付けています」
「事務所あてに届いたファンレターを楽屋に届ける事は、普段どのイベントでも行っている事であり、このイベントだから、特別する、特別しないということはありません」
とのことです。
もみじさんが無理を言ってお願いした行為ではなく、普段どのイベントでも普通に行われている事、である事を強調しておきます。
すでに同じ問い合わせが数件あったそうですが、同じように返答をされたそうです。

また、封筒でも立体物を送ることが可能ではないか? という判断ですが。
第一種郵便物の規定は厚さ1センチまでとあります。
これを越えた場合即、直接搬入口行きになるかどうかは定かではありませんが。
この当たりを目処として大きさ、厚さにするのが無難かと思います。

このような状況を鑑み、ファンレターの受取手ではない主催者側がNOを出したのかは本当の所は分かりません。
が、そういった、直接搬入口に回ってくるかもしれないハガキや封筒についてへの配慮ではないかと考え。
良識の範囲内であれば、主催者側にご迷惑のかかる行為ではないと判断し、情報を掲載しています。

またしても急な状況変更のため、企画界隈のブログ様をトラバしに回っています。
ご不要でしたら削除してくださいマセ。

一つの終演に赤い花束を
一つの終演に赤い花束を

| | コメント (0) | トラックバック (1)

朴さんと理恵ちゃんに赤い花束を贈ろう その10

一つの終演に赤い花束を
一つの終演に赤い花束を

■個人企画。
等価交換により花束にメッセージを寄せる の参加申し込みは5月31日24時で〆切りました。
多数のご参加ありがとうございます。
(5月31日24時現在 参加者68名)

現在、スタンド花は発注済み
お手伝いを申し出てくださった方のご協力をいただいて
メッセージカード(すでに小冊子レベルです・笑)を作成中です。

それと、こちらからは特に公募しませんでしたが。
メッセージ以外にもたくさんの方から、ご協力の申し出をいただいております。
ご協力ありがとうございます。
後日また別途ご連絡いたします。

ちょっと最近個人企画にかかりきりになってしまい、それ以外の更新が遅れていますっ。
ごめんなさい。おって更新しますね。

ところで。今日の日テレ系情報番組「ズームインsuper」。
ドイツのミュンヘンの紹介で、白ソーセージが!!!
白ソーセージは皮が固いので剥いて食べることと、
りんごジャム(あれ? 煮たものって言ったかな?)とマスタードを混ぜたものを付けて食べることをあげていました。
りんご……。
じゃあ時々、グレイシアさんが、差し入れにアップルパイと一緒に持ってきて。
「白ソーセージ食べる時に使ってね」なんていう事もあったのかなぁ……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »