« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

2006/07/31

朴さんと理恵ちゃんに赤い花束を贈ろう 後日談

もうこのタイトルは二度と使う事がないと思っていたんですが(笑)。
朴さんが、6月11日のあのイベントで贈られた赤い花束について後日談を語られたそうです。

アニメ専門学校の体験授業虹のメロディさん)
大阪アニメーション学院のオープンキャンパスに行ってきました青春18切符ミュンヘン行きさん)

ダンボール10箱分の花を全てポプリにされたのだかとか。ポプリにするって事はつまり、その間中、部屋中に花束が吊り下げられている状態?? すごい!!
犬の名前が最初は「ローズ」だったけど「サラン」にした。という話はどこかで聞いた記憶があるんですが。声優雑誌だと思うけど。こんな理由があったんだぁ。
(どうでもいい話ですが、韓国語で「人」も「サラン」って言わない? それとも「サラム」なのかなぁ? どうも同じに聞こえるんだけど…)
朴さんは山口さんに相談してポプリにすると決めたそうだけど。理恵ちゃんはどうしたかなぁ????

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2006/07/28

朴さん&理恵ちゃん 公式記事リンク集(鋼以外)

レポート

■アニメ・ドラマCD
●学園アリス
TV『学園アリス』公式サイトキャストコメント
TV『学園アリス』キャストコメント
「学園アリス」が初のイベントを開催! メインキャストが揃う盛りだくさんの内容にファンも大満足!
お待ちかね! TVアニメ「学園アリス」いよいよ今週放映スタート!!

●異界繁盛記ひよこや商店
異界デイズは江戸風味!? 『異界繁盛記ひよこや商店』のドラマCDがリリース!

 

動画・音声
■Web配信
Web配信『学園戦記ムリョウ』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/26

百合CDとか薔薇CDとか

朴さん関係を色々ググっていてこんなん出てきました。


ドラマCD「初恋姉妹」



ドラマCD 「探偵青猫」

惜しい事に(?)両方ともメインの絡みキャラじゃないようなんですが。
前者は最近雑誌の方に登場したキャラじゃないっけ? 主人公に横恋慕する女生徒にモテモテの先生役。
後者は2番目に名前があったので、これは!! と思ったら違うようですね。小林少年的役回りのようです。

うーん、聞いてみたいようなみたくないような……。
しかし、こうやって引き比べてみると如実だよなぁ。
朴さんの声って、女性キャラだと攻だけど、男性キャラだと受になるんだな(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/23

今日は劇場版一周年記念日

だから何かするってわけじゃないんですが。出掛ける予定があったしね。
ちゅうことで家に帰ってから劇場版をまさに今観てたりします。
普段はPSPで観てたりするので、あれだと劇場と同じ横長なんだよね。
久々にテレビ画面で見ると顔も体型も縦に長い(笑)。
あー、でもやっぱりいいなぁ、エドもアルも可愛い。
久々にTV版も最初から見直そうかなぁ。

んでもって。8月にはきっとこれが大スクリーンで観れる最後の機会になるだろうからと、東京国際アニメアワードフィルムフェスティバルに行く気まんまんだったんですが。

『鋼の錬金術師 シャンバラを征く者』上映日時は、8月27日 17:35~19:20

えーと、上のリンク先のスケジュールには時間が入っていませんが、同ページのPDFファイルには時間が掲載されています。
よりによってその日その時間。
私は中野ゼロホールの客席にいたりします。くっそー。こういうのって義理と人情の世界だからさ。応援に行かないといかんのよ。
せめてどちらかが土曜日だったら、うんにゃ、せめてどちらかがもっと早い時間だったら行けたのに。
何故重なる!!!!!!!!
しくしくしく………行かれる方、楽しんできてください。

あ、今エドとアルがこっちの世界で再会した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14巻 おまけ(ネタバレ)

結局、ガンガンより、こっちの感想が先になっちまいましたわ。

ラフ画集はね、うん、色々萌えました。
なんつっても20歳、30歳のエド! すっげぇカッコいい(ああ、でもしかし、アニメ版と違って100歳までは生きないんだなぁ…)。
メイ・チャンあと4年待ってあげようよ。逃がした魚は大きかったかもしれないぞっ(「おとぎ銃士赤ずきん」のりんご風に・笑)。
オールバックのエドなんてまたカッチョいいし。
猫を肩にのっけてる人型アルとかさ、アルとかさ、アルとかさ。3パターンしかなかったけどさ。(~_~;)
スパーンのアルとか、グリとグラとか、「アラホラサッサー」(つうたら「ホイサッサー」って返してやれよ、エンヴィー)とか。いやいや笑えました。

だがしかし、何と言っても特筆すべきは、荒川さんのコメントだよ、コメント。

人型アルは、顔の描き方を忘れないようにと、ちょこちょこ描いています。

何故、人型アルの描き方を忘れちゃいけないのか? そんなん決まってる。これから描く予定があるからだよっ!!!
うっきゃー!!!!
エドの、アルは元に戻れると言った言葉を信じていなかったわけじゃないけどさ、けどさ、けどさ。
ちゃんと生きて動いているアルにいつか会えるんだよぉっ。ね、これが喜ばずにいられますかってなもんだよ。
うわーん、嬉しいよぉ。嬉しいよぉ。嬉しいよぉ。
そんでもって。

「おまけのエルリック家」。
いや、タイトルがさ、お気に入りのアルエドサイトさんの同人誌にこんなタイトルがあったなぁ……とか、そんな事はとりあえずさておきまして。
アルがもう、ごっつ可愛くて。可愛くて。鼻水たらして泣いてるのも、今夜はシチュー言われて、よだれたらしてるのすら、んもうめっちゃ可愛いよぉ。
つんってつついたら転がっちゃいそうな、ころころぷにぷにしたところと。
「にいたん」とか、「なでらりた」舌足らずな処とか。
可愛くて、可愛くて、可愛くて、可愛くて。
こんなキャラどこか他にもいなかったっけ? っとふと思ったらグラだった……なんてことは100億キロくらい向こうにおいときましてっ。

いやぁ、これ。このタイミングで載せるのって確信犯でしょ。今回おまけページが多かったとかって、あれは建前なんじゃないのかなぁ? かなぁ?

エドがアルの頭を(多分はじめて?)なでるシーンは、前巻でエドがアルの頭をなでるシーンとオーバーラップするし。
小さい子特有の丸い体型は、前巻のガリガリに痩せたアルを見、だからこそエドが今巻で「一日でも早く」と急く気持ちも分かってしまう。
ホーエンハイムに懐いていた昔のエドと、今、父親を毛嫌いしているエド。懐いていたからこそ、裏切られた気持ちが強かったのだよね。
バケツを持つ事をやめたエドに「あきらめたな」と言い、家を焼いた事を「逃げたな」と言い、昔も今も、子供への接し方、愛し方が変わっていないホーエンハイム。
「お兄ちゃんでしょ?」と普通に言ってしまう普通の母親トリシャ。兄弟の語るトリシャって聖母のようなイメージがあったのだけど。なんとなくギャップ。あのトリシャだったら。普通にトリシャが生きていればエドも反抗期なんてものになって、今頃はトリシャを困らせていたかもしれない。なのに彼女はいないから。兄弟の中のトリシャ像はいい思い出ばかりが強調され理想化されているのかもしれない。

当たり前なんだけど、今の2人はあの頃の2人の延長線上にある。それが嬉しかったり、今はもう取り戻せない事が悲しかったり。
手札を全てみせられた今だからこそ、こんな平凡な日常の話に悲哀が感じられてしまう。
それは、1巻だったら感じられない。修行時代を書いた6巻の巻末でもダメ。この巻だから。ここまで話が進んだからこそ伝わるものがある。
うーん、やっぱり上手いよなぁ。荒川先生。
オンライン書店ビーケーワン:鋼の錬金術師 初回限定特装版 14巻

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/17

BSアニメ夜話レポ

録音録画の禁止は言われたけど、放送前にサイトに載せるの禁止は言われなかった(いや普通言わないか)んだよね。
なので、大雑把な内容と、これは絶対放送されないだろう部分だけをつらつらと。

司会は里匠さんと、しょこたんこと中川翔子さん。
ゲストは、會川昇さん、佐藤藍子さん、森達也さん、岡田斗司夫さん、氷川竜介さん。
しょこたんはシェスカのコスプレで登場。スカートが実際の(シンプルなタイトスカート)とは違ってましたけど。軍服の着方が微妙に間違っている事を(肩のロープの輪を腕に通してなかった)客席からいきなり指摘されて慌てて直し。
エド萌え(しかも包帯萌え)らしく、ブログでもエドアル好きとか書いてるものね。軍服には目がいってなかったんだろうなぁ(笑)。自分で書いたエドのイラストまで公開。
マイクテストをしている横で、佐藤さんがイラスト見せてと言って立体が書ける(この表現がよくわからないんだけど?)人が羨ましいとか妙に和やかな会話をしてました。
そのマイクテストで問題発言をしたのが岡田さん。「○○○○(映画のタイトル)はダメだそうです」。場内爆笑。
上手いよなぁ。「だそうです」だものねぇ。
違う意味で問題発言をしたのは森さん。「鋼」を知った経緯について。去年の秋頃、周りの人から「見たか?」と聞かれる事が多くなり、自分の子供がコミックスを持っていたので借りて読んだ。アニメの方をどうしようかと思っていたところでNHKから今回の事でお声がかかりDVD○コ○ーを貰いこれ幸いと最後まで観た。その言葉に場内一瞬不穏な空気~の後徐々に笑いが。
里アナウンサー、話を仕切りなおす。
「視聴者はなんで客席が笑っているか分かんないだろうなぁ」と森さんがぼそっと言ったので、なんで今のがNGだか分かって言っていたんだと思ったのだけど。
「DVDを観たんですよね」「ええ、NHKからDVDの○ピ○を貰って」。
……誰よりも分かってないのは森氏でした。会場は大爆笑。まがりなりにも監督だし本も出してる人が著作権の侵害を認めちゃだめだってば。
里アナウンサー結局話題をすっ飛ばし「話飛ばしちゃうの?」とさらにとぼける森氏。あんたのせいだ、あんたの(笑)。
どこまで狙ってるのか、本当にとぼけているのかまったくもって不明な方でした。

さて。以降は放送されるであろう内容に触れます。
ネタバレが嫌いな方はスルーしてください。




























内容は
・はまったきっかけ
・好きなキャラ(イズミ・スカー・ウィンリー)
・作画の上手さ解説
・キーワード解説(ホムンクルス・賢者の石)
・感動したor心に残ったシーン(「キメラの啼く夜」・「さようなら」・「死」)
こんな感じ? 順不同。他にもあったかも?

思っていた以上に、岡田さんが肯定的なのにびっくり。
マンガ夜話の時も褒めてたし、ファンの前での公開録画になるわけだから、そうそう貶す方向には持っていかないだろうと思っていたけれど、これほどまでに手放しで褒めまくるとはね。
賢者の石というアイテムの使い方の上手さとか。
「合成獣が哭く夜」をあの時間帯に放送した覚悟とか。
作画の上手さを解説し終え舞台を降りる氷川さんに「グッジョブ」(だったかな?)と親指立てて見せたり。
ファンタジー世界をいきなりSF世界にしたことにも肯定的。ほとんど褒め殺し状態。
終わり際「ここまで褒めると思っていなかったでしょう」と會川さんに笑ってました。「「鋼」と「なでしこ」はね」だそうですが(笑)

賢者の石は存在しないものとすべきだったのか。
賢者の石は現代における核兵器か。
本当に理解して欲しいテーマはどう表現すべきか。
何度も書き直した台詞と逃げなかった作画。
もし7話がTV的にNGだったら…。
少年の成長を見せる方法
鋼世界を視聴者に間近なことと感じさせる為に必要だった現実世界の存在。
ウィンリィへの愛の無さ、あふれる愛と、使い勝手の問題
スカーの声がマッチョじゃなかった理由
ホムンクルスの正体を原作と変えた理由
軍や軍服をカッコいいと思う気持ち。
等価交換の先にあるもの。
この辺りが面白かったですね。
ここらへんになると女性陣2人はすっかりおいてきぼりっぽかったけど。

質問は2名のみ受付。
1人目はおそらく軍部ファンの女性。
劇場版での軍部やウィンの扱いについて、質問というよりは不満だったんでしょうね。
「アル的にはハッピーエンドという話でしたが」からはじまり、だけど他のアメストリスの人たちは、エドに会えず可哀想。
その辺りをどう思っているのか?というような内容だったと思うんですが。
ごめん、どうも質問というには要領得なくて。
「納得はしているんですけど」や「今は理解しているんですが」と言う割には。
誰それはエドに会えなかった、誰それはちょっと会えただけだったと延々言い始めてしまい、ついに岡田さんが笑顔でキレてましたな。「だから納得していないんでしょ」。正直になろうよ、とも言ってたかな?
會川さんの回答は、「キャラクターが可哀想なのか、そのキャラクターに感情移入してた自分が可哀想なのか。そういう事を考えてみて欲しい」というような事でした。ちょっとこれも要領得ない回答だよなぁ(笑)。
多分、監督があちらこちらで言っていたような事なんじゃないかな。
映画を観る事で、それがいい感情でも悪い感情でもどんなものでもいいから何かを感じて欲しい。
これは朴さんだったかな、心の琴線に触れる。
そういうことなんだと思う。

2人目は劇場版の設定はどの時点から考えていたのか? という質問。
あれ? ちゃんと覚えてないや。違ってたらごめん。
南プロデューサーあたりは、そもそもあの現実世界という設定には否定的だった。
でもこうしておけば、あとあと死んだ人間を出す事も出来るよ、と餌をぶらさげて納得させたらしい。
そういう意味ではかなり初期からあった設定。

とまあこんな感じでした。全然メモとか取ってなくて。ありったけの記憶を総動員して書いてますので。
違ってたらご勘弁を。あとは見てのお楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/15

BSアニメ夜話

きっと外れるだろうとたかをくくって申し込んでいたんですが。
実は当たってしまいまして。アニメ夜話公開収録『鋼の錬金術師』in広島市立大学!
この手の無料のものはどうせ、多く見積もって当選ハガキだしているでしょうから、行かなくても席が余るとかそんなことはないと思うのだけどね。

やっぱり行く事にしました。

朝9時台の新幹線に乗って、帰りも新幹線のつもりがあまりに綱渡りな為、安全策で高速バス。翌朝はそのままスタジオ入りという超強行軍ですが。せめて広島風お好み焼きを食べる時間ぐらいは確保したいなぁ。
そんな状態なため、『ガンガン8月号』の感想はまた後日。書きたい事がたくさんあるよぉ。
ところで公録レポって放送されるまではやっぱりダメなのかしら?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/11

アニメエキスポ2

かわ屋 別館 ちわさき亭さんにて、アニメエキスポのリンク集作成~。
こういう方がいらっしゃるからモノグサ者にはありがたい限りです。

さて、その中で朴さんが不参加だった理由が書かれていました。

“ビザの関わる法的な問題で”

なんとなーくイヤな予感がして情報元の・Anime Expo - Vic Mignogna - 2006を、無理やりエキサイトで翻訳。まんま載せます。

Pakuは日本で働いていますが、韓国人は国家です、そして、就労ビザが期限が切れました、

就労ビザ? 在日3世なのに?? 永住権、あるはずだよねぇ??
ということでちょっと調べてみたら、こんなページありました。
在日韓国人向け情報

アメリカに行くのに在日(韓国籍)はビザが必要です。 

この情報は以外と在日の間でも知られていないのか、gooのQ&Aにも掲載されていました。
ビザを3ヶ月前に申請したあげく却下されたなんて話も・・・。
「在日」という存在は、海外ではなかなか理解して貰えないそうです。
その為、上のような説明になったのかもしれませんね。

いや、本当に全て私の推理というか、想像なのだけどね。
自分で調べておいて、ちょっとナーバスになってしまったよぉ。
朴さん、負けるなぁ。ファイトぉ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/10

イベントレポ

『ハガレン』プレミア上映会&水島精二フォーカスパネル 『劇場版鋼の錬金術師プレミア上映会』
アニエキスポの模様がでてました。

獣王星DVD発売記念 獣王星上映会&トークショー
朴さんと中井さんが出演するそうです。
当たり前ですが、トール役もサード役も出ません。当たり前は当たり前なんだけど。なんだかなぁ……。

Real Action Heroes 220 DX 鋼の錬金術師 エドワード・エルリックRAH220-43
VINYL COLLECTIBLE DOLLS 鋼の錬金術師 アルフォンス・エルリックVCD-80
いや、ちょっと欲しいかもっ。
エドの服はちゃんと布製なうえ、アルのフンドシ布製なうえ、ガータベルトチョーク入れまで付いてるっ。
アルの値段が何故か参考価格の方が安いのがごっつ気になりますが。まあ間違いだよね。ね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/07/06

アニメエキスポ

アニメエキスポ出演予定だった朴さんですけど、急遽キャンセルになった。とはあちらこちらで聞いていたのですが。
ネット中継で日本から見られた方のレポはこちら。
アニメエキスポ2006、始まりました――日米エド共演ならず

理由については、「やむをえない事情」以上の詳しい説明はありませんでした。

参加された方のレポはこちら。
AX オープニングセレモニーでは

今回、予定してた、朴ろ美さんは仕事のため、渡米をキャンセル。

日本では流れなかったどこかで情報があったのかな?

実際には何のお仕事だったかなぁ。
ポケ声の仕事が3日にあったみたいだけど。
3日ならイベント終了後でも大丈夫そうだし。
急遽となるとこの辺りが怪しいかなぁ?
アニメ版「NANA」のアフレコに平野綾が初参加 -DVDは707円で7月7日発売。初回出荷13万枚を突破

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »