« つれづれに、鋼がらみの他作品ネタ。 | トップページ | 『電撃文庫ムービーフェスティバル』製作発表会見 »

機械鎧に使われている金属って?

感想ではないですが、ガンガン11月号、第64話のネタバレ全開です。コミック派の方はご注意ください。また、件名以上の事には触れていませんが。12月号以降に関する推察ですので、自分で考えたいという方も避けた方がよろしいかと思います。 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノーマルの機械鎧が北では使えないらしいということなので。ちょっと金属について調べてみました。

 

鋼(はがね)の語源
刃物に使用された金属を意味した「刃金(はがね)」である。一般に鋼とは、鉄に炭素が0.3-2.0[mass%]前後混ざった合金であり、それを鍛造段階で軟鉄に接合して刃物を製作していた。したがって鋼とは、一般に鉄とは異なり、硬い刃先を形成している物質を指していた。(wikipedia:引用)

 

合金には色々種類があります。機械鎧がどんな合金なのか特に記述がありませんが、エドが右手を刃物に錬成しているシーンがあるので、刃物に適した炭素との合金「炭素鋼」ということにして話を進めたいと思います。

さて、最初は「炭素鋼」だった機械鎧も、エドがリゼンブールでウィンリィに修理をして貰った時。
ウィンリィは「クロム材を入れた」と言っています。ということでクロムの入った鉄との合金。

・クルップ鋼
ドイツの製綱・武器メーカーのクルップ社が開発した、装甲用鋼板。
ニッケルとクロムを配合した合金綱に表面に浸炭焼き入れをして強度を増した装甲板のことである。KC装甲鋼板ともいう。極表面の侵炭部数ミリメートルは非常に硬く、その奥に硬いマルテンサイト組織、靭性の高いトルースタイト組織をもつ。(クルップ鋼引用)
・ステンレス鋼
10.5%以上のクロムを含む合金鋼をステンレス鋼と呼ぶ。ステンレス鋼ではクロムが不働態皮膜を形成するため、ほとんど錆を生じない。(wikipedia:クロム引用)
・KS鋼
コバルト・タングステン・クロム・炭素を含む鉄の合金、磁石鋼。
1916年、東北帝国大学の本多光太郎と高木弘によって発明され、それまでの3倍の保磁力を有する世界最強の永久磁石鋼として脚光を浴びる。KSとは、本多らに多額の研究費を寄付をした住友吉左衞門のイニシャルである。1931年に東京帝国大学の三島徳七がKS鋼の2倍の保磁力を有するMK鋼を開発し、15年間守り続けた世界最強磁石の座を譲り渡したが、本多らは1933年に再び世界最強となる新KS鋼を発明した。KS鋼の出現から20年余り、日本の磁石は世界最強であり続けたことになる。(wikipedia:KS鋼引用)
・インコネル
インコ社(International Nickel Company)の商品名であり、ニッケルをベースとし、鉄、クロム、ニオブ、モリブデン等の合金元素量の差異によってインコネル600、インコネル625、インコネル718、インコネル750X等様々なものに分けられる。 インコネルは耐熱性、耐蝕性、耐酸化性、耐クリープ性などの高温特性に優れており、スペースシャトル、原子力産業、産業用タービンの各種部品、航空機のジェットエンジン、身近なものでは自動車用の高級マフラーなど様々な分野で使用されている。
一方で難削性が高く加工が困難であるという問題点もあって、コスト低減のためにも以前まで主体であった鍛造品から鋳造品へ移行しようとの動きもみられる(wikipedia:インコネル引用)
・ハステロイ
ニッケル基の耐熱・耐食合金の商標である。 かなり実績のある合金群なので日本でも一般名化している。
ヘインズ社(Haynes International)の合金の商標である。ニッケルを主成分する合金でモリブデンやクロム、鉄などの成分量のちがいで、ハステロイB、ハステロイCなどがある。下表にいくつかの呼び名と成分例を示す。(wikipedia:ハステロイ引用)

錬成する時ってまさか、0.何パーセントの含有物まで理解していないとダメって事は多分ないですよね。
それだと、例えば土くれを錬成するにもその中に蟻が一匹入っていたら不可能って事になるし。
スカーの人体破壊だって、ちょっと糖尿気味とか、亜鉛不足とか、そんなのまで分からないと出来ないって事になるし。
だから例えば機械鎧でも鉄にのみ破壊をかければ、他の物質との融合も解けるから、必然的に機械鎧の破壊が可能になる。
そのくらいの感覚なんじゃないかな?
ただ含有物を理解すれば理解した分だけ綺麗に錬成出来るとか。

となると、エドにとって機械鎧は、鉄・炭素・ニッケル・クロム。この辺りのもので構成されているという認識かな? と。 
なのでブリッグズ山警備の国軍の機械鎧の条件は2つ。
・上記以外の金属をメインにした合金
・低温に強い金属

ということで低温に強い金属を捜してみました。

・ニッケル
ニッケル36%、鉄64%の合金を「インバー」、ニッケル36%、鉄52%、コバルト12%の合金を「エリンバー」と呼ぶ。インバー合金は熱膨張率が非常に小さく、エリンバー合金は温度による弾性率の変化が非常に小さいという特徴があり、機械式時計などの精密機械に用いられている。(wikipedia:ニッケル引用)
・アルミニウム
鋼は-20~-30℃で急激にもろくなる特性がある。これは特にりん(P)の成分の多い鋼種に多く現れる。またアルミニウムは、超低温範囲に至るまで低温脆性を示さない。(金属用語解説 低温脆性引用)

素人が捜しだせたはこのくらいだったんですが。
ニッケル……すでに出てます。
でも、ニッケルって結構面白いですよぉ。
リンク先を要約すると。
耐熱、耐食、耐摩擦性に優れている。
鉄・銅・アルミニウムなどとの合金の製造も容易。
航空・電力などに使用。
中世ドイツでは、銅採掘の折に、銅鉱石に似ているニッケル鉱石には銅が含まれていないことから、鉱夫からは「悪魔の金属(Kupfernickel=クッフェロニッケル)」と呼ばれていた。
悪魔の金属なんて、あのアリゲーターもとい、クロコダイルにぴったりじゃないすか。
ちょっと勿体ない気もするんですけど。

ということで。アルミニウム。

・アルミニウム
アルミニウムは軽く、加工が楽であり、さらに表面にできる酸化皮膜のため耐食性にも優れていることから、一円硬貨やアルミホイル、アルミ缶、アルミサッシ、鉄道車両や自動車の車体など、様々な用途に使用されている。大抵はアルミニウム合金であり、アルミニウム 100% のものはむしろ稀な存在である。主な合金にジュラルミンがあり航空機材料などにも用いられている。ただし、金属疲労に弱い欠点を持つため、十分な点検体制を航空機などでは取っている。(wikipedia:アルミニウム引用)


ジェラルミンの機械鎧! これはこれですごい。 

・ジェラルミン
アルミニウムと銅、マグネシウムなどとの合金である。
純アルミニウムは軽量であるが、強度は大きくない。これに銅などを加え、熱処理(溶体化処理)を加えることにより、軽量でありながら十分な強度を持たせることができる。
その強度と軽さから航空機やケース類の材料に利用される(ジュラルミンケース)。
(中略)
1910年代、ツェッペリン飛行船やユンカースの輸送機への導入を機に、航空機用資材として広く用いられるようになった。日本の零式艦上戦闘機をはじめとする軍用航空機にも住友金属が開発した超々ジュラルミン(ESD)等のジュラルミン材が多用された。(wikipedia:ジェラルミン引用)

アルミニウム・銅・マグネシウム。どれもエドの機械鎧には含まれていないものばかりです。
これなら、機械鎧破壊が出来なかったのも頷ける。ここまでいくともう鋼でもなんでもないですが。
もしエドがこれに付け替えたりした日には、ジェラルミンの錬金術師?? なんか……即ジェラルミンケースが浮かぶのが、なんとも……(笑)。
ただ。これはちょっと美味しくて。アルミニウムの元素記号って「Al」なんですよねー。
エドの右手がアル……。ちょっとあらぬところまで妄想が飛んでいきそうです(笑)。
別に、オチをそこに持って来る為に誘導したわけじゃないですよー。ちゃんと、普通に、色々調べた結果ですからっ。

さてさて、来月号には、エドが機械鎧破壊出来なかった理由が記載されるんじゃないかと思うんですが。
少しくらい、掠ってたりしないかなぁ。

« つれづれに、鋼がらみの他作品ネタ。 | トップページ | 『電撃文庫ムービーフェスティバル』製作発表会見 »

コメント

最近、日立金属のS-MAGICとかいう合金が世界最強だって聞いた。なにしろ世界最多の合金成分らしく、ハイテンとかいう強靭な鉄を曲げたり切ったりと加工する金型に使われているらしい。

へぇ、そうなんですか。
もともと機械鎧は軍事利用が目的で開発されてますから、軍部内の最先端の機械鎧技師(っているんじゃないかな、きっと)はこぞって開発に力いれそうですね。

「これですね」
 島根県安来市に巨大な工場を構える日立金属が開発した新型工具鋼 SLD-MAGIC(S-MAGIC)は微量な有機物の表面吸着により、金属では不可能といわれていた自己潤滑性能を実現した。この有機物の種類は広範囲で生物系から鉱物油に至る広い範囲で駆動するトライボケミカル反応であると。潤滑機械の設計思想を根本から変える革命というものもある。
 このトライボケミカル反応にもノーベル物理学賞で有名になったグラフェン構造になるようになる機構らしいが応用化の速度にはインパクトがある。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 機械鎧に使われている金属って?:

« つれづれに、鋼がらみの他作品ネタ。 | トップページ | 『電撃文庫ムービーフェスティバル』製作発表会見 »