« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006/11/26

ガンガン2006年12月号 鋼の錬金術師「鉄の掟」 ネタバレ感想2

結局ここまで「感想1」との間があいてしまいました。ある程度予測していたんだけど。
ここまで空くとは……。orz
しかも、えーと気が付けば、これ感想ですか? 考察じゃねぇの?
な内容になっていたりします。おかしいなぁ。
んでは、どうぞ。

・表在性凍傷
真朱さまが書かれていた「凍傷」の危険性。当たりでしたね。
やっぱり金属の接続部分からくる「しもやけ」だったようです。
最近の若い子はしもやけを知らないって話ホントすか? しもやけって温めると痒くなるんですよ。ということは、エドも身体温めると肩周りが痒くなるんだ。ってことは。
「アルー、ちょっと肩のあたり掻いてくれないか? 手が届かなくて」
と言っていきなり上半身裸になってアルに背を向けるエド。
「うん、いいよ。ここ?」
「いや、もうちょっと下」
「えー、じゃあ、この辺?」
とか、いちゃいちゃしてたりするんでしょうか???? ぐはっ。

 

・オイルも寒冷地仕様
ということで。やっぱり疑問が残る。
じゃあアルは? アルの使っているオイルは何故無事なんだ? 磨くだけじゃないよね。
間接とかにも油さしてるはずだよね?
なんつうか、エドがアルに施した練成方法ってのが気になる。
もしかして、魂は鎧に定着されているのではなく、コンマ何秒単位で常に練成が発動し続けて魂を押さえているんだったりとか?
血液が循環するように、練成がアルの鎧の中を常に循環しているようなイメージ? その練成の熱量でオイルが固まらないとか。
考え過ぎすか?(笑)
錬成陣を通して目が見え耳が聞こえるように、体温もそこにあると考えるべきなのかなぁ?

 

・東方司令部のよりまずいコーヒー
まさか軍の支給品が場所によって違うとも思えないので。同じもののはず。
わざと不味くいれたものならいざしらず、人に入れて貰っておいて「まずい」なんて面と向かって言う子かな? あれでいて、年上には礼儀正しい子だもん。っと引っかかって。ちょっと考えてみた。
考えてみた結果。
そりゃ、確かにまずいはずだわ。
それはここの人たちにとってもエドにとっても、物理的に当たり前の事なんだわ。
ブリッグズ山なんだもん。
天候の変化が激しいってことは、そこそこ標高のある処なわけですよね。
昔富士山頂で食ったラーメンは確かに不味かった。そりゃそうなのよ。
沸点の低い温度で入れたコーヒーしかもストーブで保温してたらどんどん煮詰まる、そりゃさぞ不味かろうさ。

 

・とても元気です
このセリフに「ちっ!!」という少将を、その1では、跡目を継ぎたいと思っているからか? と書いたけれど。真朱さまが「イシュバールから逃げ出して、少佐止まりでいる一家の恥さらし」だと思っているからじゃないか? と書かれていて、おお、確かに成る程と思いました。その方が少将らしいかも。
まてよ。更に進んで考えることも可能だな。別にアームストログ家を継がずとも、すでに少将は彼女の城の主なのだから。
「アームストロング家」という城へのこだわりはないかもしれない。
むしろあれか。自分にとって本当はどうでもいい「家族」というしがらみに腰抜けがいるという理由で、自分の出世に足をひっぱられる事を嫌がっている、のかな?

 

・コーヒー代の机のコイン
こちらはくじらさまが指摘された箇所。例え少将と言えど、コーヒー代をちゃんと払っているらしい。
机の上のコーヒーカップの横にはコインが。さすが焼肉定食弱肉強食の世界。
おお流石牛様だ、と思って机の上をじっくり眺めていたら。
コーヒーを入れたのはp68の3コマ目以降のはずなのに、パンダのイラストは6コマ目以降のはずなのに。p67の7コマ目の机の上には……。あれ?

 

・錬丹術も良い武器になりそうだ
これは軍人としてありうるべき言葉なのだと思う。
でも、少将は具体的に、錬丹術をどのように武器として使えると判断したんだろう。
確かにアルはメイ・チャンが戦闘に使用しているのは見ているしその辺りを語っただろう。
錬金術が触れたものにしか作動しないのに対し、錬丹術はある程度の距離ならリモートコントロールが可能。そこに少将は着目したのかもしれない。
けれど、錬丹術があれば戦闘の怪我はすぐに癒える。
一歩間違えれば、これもまた不死の軍団を作ることが可能な技だ。願わくば少将の望みがそうでないことを祈りたい。

 

・自分の無知さが嫌だから訊くんだと思う
第 1話で自分たち科学者の方がある意味一番神に近いと言い、
第 5話で自分たちは神でも悪魔でもない人間だと叫んでいた、
第16話でもっと強くなりたいと言い、
第18話で自分の無力さを嘆き、
第37話で自分の納得のいく方法で前へ進めと言われ
第41話で誰も犠牲にせず前に進むことを決め
第43話で逃げないと決め
第49話で自分のケツは自分で拭うと言い
第58話で「知らないことばかりで自分の無知さにまいる」と言い
第65話で「自分の無知さが嫌だから訊くんだと思う」と言った。
本当にこの子は、日々、成長しているのだ。

 

・一の代価から一のものしか得られぬと言うがクソくらえだ
姐さんのその漢っぷり、いいっすよね。
何も言い返せなかったエドにも、いつか同じ事を言って欲しいと思った。
そもそも等価交換という言葉は、何をして等価とするかというのが曖昧なのだと思う。
卵1パックの値段だって、230円の時もあれば、セールで100円の時もある。
けれどどちらも卵1パックに対する等価だ(すんません、例が庶民的で)。
人は自分の行為を過大評価し、他人から受けた行為を過小評価する。だから、自分の行為は1/2に評価し、他人からの行為は4倍に評価しろ。そのくらいでちょうど調和がとれる。というようなセリフが書かれた小説を読んだ事がある。昔過ぎてちょっと曖昧だけど。
錬金術では一の質量からは一の質量のものしか作りだせない。
でも例えば、一の炭素から同じ質量のダイヤを練成したらそれは本当に等価なのか?
等価交換は質量保存の法則だけじゃない。心の中にも存在する。
自分がそれを等価だと認めればそれはどんなに桁外れだろうと等価になり得る。
エドはもっと欲張っていいのだと思う。

 

・我々に話せない秘密
さて、これを回避してどんな風に兄弟は語ったのか?

人体練成の失敗で身体を持っていかれたこと
元の身体に戻る為に国家錬金術になったこと
現在、その方法を探して旅をしていること
分かったのは、元の身体に戻るには扉を開けなければいけないということ
その為には代価が必要であり、それには賢者の石が有用であること
賢者の石は多くの人の魂で作られる事をマルコーから知りえた
それ以外、今の錬金術では元の身体に戻れる可能性を見出せない
ある日セントラルの錬金術師がみんな錬金術を使えなくなった事があった
自分は戦いの最中だったのだけど、その中で白黒猫を持つ少女だけが使えた
錬金術にはない力が錬丹術にはある
錬金術にはなくとも錬丹術になら、自分達が元に戻れる可能性がある
その為に白黒猫の捜索が必須

扉について詳細を語ると漏れなくホムンクルスがついてくるのでこれが最短の限界かな。
ただもう一度母さんに会いたいと「深く考えず軽い気持ちで」人体練成という「うかつな行動」を行い、その罰を甘受せず、私情のみで国家錬金術になり、北方まで出向き警備兵を出動させるなど「騒ぎを広げ」た。
こんな感じでしょうか? ヒューズのことも、ロス少尉のことも、スカーでホムを釣った事も、リンの事も語らずとも、白黒猫を追う理由などは語れる。
そんなかいつまんだ上っ面な内容ですら、少将の手にかかれば「うかつ者」でしかない。
少将が断じたのは、何も2人の行動全てではないけれど、何は知らなくとも、上っ面の事情ですらこんな状態ならば、と感じるところはあったのだろう(協力を仰ぐべき人物に「うかつ者」と思われてしまう事が「うかつ」であることにすら気づけなかった部分も引っくるめて)。
2人はそこに気づくべきだし、気がついたと思いたい。その上っ面部分だけが「うかつ」なわけではないのだと。
少将はこんな2人をどう受け取めただろう? それでも追い返さず錬丹術が武器に使える云々と言ったのは、正当な理由であると同時に彼らに手を貸す為の体のいい言い訳なのだろうけれど。

そして2人が自分達の「うかつ」さを呪うのは実はもうすぐかもしれない。この臨戦態勢の中、エドはそれでもウィンリィを呼びよせるのか?

 

・氷柱落とし
「でーん」って……。
そりゃさ、エドは可愛いよ。バンダナしてアンテナ出してさ。
なのに「でーん」って……。
アル……・・・何も変わってないじゃんよー。寂しいよー。
せめてこう何か、アルにもしてほしかったなぁ。
うーん、頭のふさふさが長かったら邪魔にならないようリボンで結ぶとかあり得たかもしれんのに。惜しい~。
んでもって。
錬金術でやればいいじゃん? と思ったのだけど。
もしかして、直接触れられないから使えないのか?
壁を伝わせて、という方法もあるけどその壁にも練成反応出るわな。パイプもやられわな。
うわ、ある意味不便かも。
うーん、せいぜいあの鎌のようなものを、触れれば蒸発するくらい高温にするくらいか?
それでも届けばっつう話だわな。

 

・北方司令部勤務じゃなかったけ?
哀れなファルマン少尉~。
司令部から更に飛ばされたのはやっぱりその頭脳のせいかね?
一応異動の際に資料くらいは回るだろうから。
生きるデータ・バンクとして使ってみろ。もしまたあのロイ・マスタングが奴を取り戻したら、ここの公私ともに秘密が全部だだ漏れになるってことだぞ。そんな奴使えるかよ。
なんて感じなんでしょうか? んで、頭のいらない肉体労働に回されたと。

 

あなたにそっくりで眼鏡をかけた方がいましたっけね
どこに?(爆)

 

・スカーとキンブリーの戦闘シーン
歌猫さまの感想を読んで気付きました。そうか、スカーの得物が帽子で死角になっていたから防げなかったのか。
あー、なんかまだ読みが甘いなぁ。
ところでキンブリーの「所詮は壊すことしかできない」のセリフに思ったのだけど。
この発想。つまり錬金術での攻撃についてしか頭にないって事だ。
錬金術は、触れた箇所から作用する。
人体に直接攻撃を加えようとするなら接近戦しかありえない。
相手が地面に接しているなら地面からの攻撃も可能だが、列車であれば自分の足場まで失う事になり攻撃出来ない。
ならば、相手から距離を取りさえすれば、とりあえず攻撃は避ける事が出来る。
そのことしかキンブリーの頭にはないということだ。

スカーが錬金術以外で攻撃してきたのは彼にとって予想外だったんじゃないだろうか?
キンブリーなら、そばに飛び道具があっても刃物があっても、錬金術で戦うと決めたら最後まで錬金術だけを使って戦うんじゃないんだろうか? そんな彼なりの美学を持っていそう。
もしそうなら、今後彼との戦いの狙いどころはそこになるのかな。
エドは今度こそ銃を使わなければいけないような事になるんだろうか?

そして。死にそうなこの状況。手元には賢者の石。
彼が自分の身を治療する為に自分自身を錬成する、その可能性はあるのだろうか?

 

・スロウス登場
地中を掘るってそこかよっ。と思いつつハタと気が付いた。
何の為に掘ってるんだ?
だってさ、軍上層部がすでにホムンクルスと同調してるんだよ。
ブリッグズの軍が欲しけりゃ、少将に適当に罪をでっち上げて軍法会議にでもかけて、誰かをそこのトップに置けばいい話でしょ?
何が欲しいんだ?
イシュヴァールも殲滅すれば戦いは終わった。
リオールも暴動を煽ったものの東方軍が出動すれば沈静化させるに任せた。
必要なのは騒動か? 恐怖心か? 死か? 血か?
うぬー、分かりません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鋼の錬金術師 第15巻 感想(ネタバレあり)

遅まきながらやっと15巻の感想と考察です~。まだガンガン12月号の感想も途中だってのに。
仕事が忙しいとどうしても滞りますね。ってつまりそれは仕事中にブログの更新をもにょもにょ…。ごほん、げほん。
えー、とりあえず本編についてはすでに雑誌掲載時に語ってたり語ってなかったり(どっちだよ)しているのでおいといて。

 

まずはやっぱり、アレって牛様のミスだったんだ……。
ということで、第59話の冒頭2ページが雑誌掲載時とは差し替わっていますね。ほぼ全コマ。
変わってないのはp42の5コマ目と、p43の1コマ目と5コマ目くらいかな。
p42の1コマ目だけは単純にパースが気に入らなかっただけかもしれないけど、それ以外は雑誌掲載時には出ていた、スライサーとバリーを登場させない為の修正が行われています。
理由は2006/09/25の日記にも書きましたが、この時点でスライサーもバリーもまだ捕まっていないから、です。だから、スライサーとバリーも魂を鎧に定着させているはずが、ない。

 

でも。実はこれ、一応クリアさせる方法というのも考える事は可能だったりします。
・死刑囚番号48と66が最初の第五研究所の番人だった。
・新たに腕の立つ死刑囚が見つかると、前の番人に鎧への拒否反応が出る前に死刑囚の魂を入れ替えていた。
・つまり、あそこに登場しているのは、スライサーでもバリーでもない死刑囚48と66である。
こんな感じです。
まあ死刑囚番号が同じというのがあざといなら、ただ単にバリーのあの「66」の数字を変える事で、あれはスライサーでもバリーでもない前任の番人だ、と思わせることも可能だったわけで。
なのにそういう手すら使わず真っ向から否定して書き換えた事で、逆に見えてきたものがありました。

 

・第5研究所で賢者の石が作られたのは1909年
・その時点ではスライサーとバリー以前に第5研究所に番人は必要なかった
・番人を立てる必要が出来たのは1912年
・タッカーの妻と動物との合成獣も1912年
・ラストたちがリオールのコーネロに肩入れしたのも1914年から見て数年前
・ならば、お父様の計画が最終段階に入ったのは1912年という可能性が出てくる
・(こうなると、デビルズネストの連中も1912年の可能性はないか?)
・そして、エドが国家錬金術師になったのは1911年、扉を開けたのは1910年(多分)

 

果たしてこれらは全て偶然なのか。
エドが扉を開けた事でお父様の計画は回り始めたのではないか?
エドは「嫌になるね。オレ以外に魂を鎧に定着させるなんて考える馬鹿がいるなんてよ」と言ったけれど、あれも偶然ではなく、お父様がエドの方法を真似たのではないか?
ロイがエルリック家をあのタイミングで訪ねたのも、書類不備すら全て作られたものではなかったのか?
偶然も3度続けば必然だ。なんて言葉どこかの小説にありませんでしたっけ?
ちょっとそんな気がしてきました。

 

考察はこのあたりとして。

この牛様の修正を見て、すんごいプロの技だなぁと思ったのが、ラストのコマ位置。
p44、コミックスでは、ラスト、マルコー、研究者となっているところは、
実は雑誌では、スライサー、ラスト、研究者の順になっていた。
わざわざ、3コマ目から4コマ目に移動している。

 

スライサーのコマは、どこかラストより高い処から錬成陣を見下ろしている絵を煽りで描かれていた。
これにより、カメラワークは「上→中→下」と綺麗に移動していた。
もしスライサーのコマをマルコーと差し替えただけだとカメラは「下→中→下」となる。
何より、2コマ目はスライサーから見た視点で描かれているので、2コマ目にいるマルコーが3コマ目で自分を見下ろしてしまうのでは違和感が出る。
その為ラストのコマをマルコーより先に出す必要があったのだろう。
自分がマンガ描きじゃないのでこういうのが、当たり前に出来る事なのか、すごいのか判断基準がないのだけど。
ちょっと唸った。

 

もうひとつの大きな修正がp90~91のネガポジ反転
何故こんな形で修正が入ったのか?
ガンガン本誌でコレをやった日には手が真っ黒になるっていうのもありですけど。
他にもちょっと思ったのが。
このページがもともと特殊な効果を狙ったページだったということ。
初読の時、このページのセリフって誰のものだと思いました?
前頁で「なぜ?」の問いかけはリザからロイに向けられたもの。
ならば、必然的にこれはロイのセリフじゃないか? そう誤読しませんでした?
少なくとも私はそう思った。
この現在の状況を苦い思いで噛み締めながらもおためごかしな軍の建前を答えてしまうロイ。
丁寧語なのに多少違和感を感じても、当時リザは自分の部下だったわけじゃないしな、と納得しようと思えば出来てしまう。そんな誤読を意識して作り。
そして、ページをめくって初めてキンブリーのセリフだったと分かる。そんな効果を狙って描かれたものなのだと思う。
でもこの効果、ちょっと子供にはきつかったんじゃないかな?
小学生くらいだと、キンブリーが言ったとはっきり理解出来なかったんじゃないかな?
敢えてその辺りを強調した描き方はしてなかったし。
だから。
黒枠のページはマンガにおいて過去のシーンというのが一般的なルールである。
ならネガに反転された絵は過去のものと受け取れる。すでに痛みを伴わない過去。
思い出しても苦みすら感じず全てを過去のものとし、あんなセリフを吐ける人物。
一度目は誤読しても、読み返した時、よりキンブリーらしさが感じられる。
そんな効果を加えたのかな、と思いました。

 

そんでもって。おまけっ。
「J」つったら、普通ジュニアだろっ? って突っ込みいれた方いません?(笑)
いや、絶対そうだと思ってたんだけどなぁ。
あんなキャラでも、家族には「ジュニア」って呼ばれてるのかよ、って物笑いの種にしていたのに~(いや、してないって)
ちなみに、人名じゃないけれど「イシュヴァール」は「異種」と「シュヴルリ」あるいは「シュバリエ」(どちらも騎士の意)の造語かなと思っているんですが。この分じゃ外れっぽいかなぁ。

 

アルはCG……。ちょっとがっくし?
劇場版の鎧の動きって滑らか過ぎて気持ち悪かったじゃん。いやあれはわざとああいう動きだったのか? うーん、あんなんだったらやだなぁ。
エド……はおいといて(えーい、却下だ、却下)
ヨキが西村雅彦ってのは、大プッシュ。OK、OK。まさにそんな感じ。
グリードの布袋も分かるけど、出来れば若かりし頃のって事にしておいてください。
ラストとブラッドレイはさておき。
ロイ……ミッチーか……。いや、まあ、否定出来ない処がなんとも…。うぬー。

 

4コマ
アルの黒っぷりがキュートぉぉぉぉっ。
「やだ」って鼻ほじりながら言うし、1回くらい聞いてやれよ。
「ガデム コンビニ」だし。「ちっ!! ぺっ!!」だし。
何様だよ、アル様かよって感じで、いやもうすごいです(自分で何が言いたいんだか分かってません)。
「女性と猫以外入れない」って男前だし。それは何ですか? 入れられる側より入れる側がいいってことですか? っと素直に思ってしまうのは、ええやっぱり仕方のないことかと思いますが(ホントに?)。
ところで、ブラッドレイの台詞の元ネタって、鋼読者にどのくらい分かるのかな?
これ、ファーストガンダムのギレンの演説ですよね? 「宇宙要塞ア・バオア・クー」の(ってそこまで分かるなよ、自分)
元ネタは「あえて言おう、カスであると」。牛様もガンダム世代なんだなぁ。

| | コメント (12) | トラックバック (3)

2006/11/21

ブロガーナイト3!

というわけで。
ブロガーナイト3!
一次会はカラオケ。
いやもう、のっけからみなさんテンション高いところへ、スペシャルゲストの大佐が「俺は焔の錬金術師」を大熱唱。
シビレました~。
北米版シャンバラや、中国版シャンバラといった貴重なものも見させていただいて。
マジ欲しくなりました、北米版。って買ったって見れないんだけどさ。
うきゅ~。
この間の鋼祭は行けなかったのでコス写真も見せていただけて嬉しかったです。
ずっとコス作成の経過をブログで追っていたにも関わらず、当日は某所でフラメンコのコス(違うて・笑)をしていて行けずに悔し涙を飲んでいたんだもん。
そして、つまみにソーセージがあったのはやっぱりお約束でしょうか(笑)。あや様作のロケット、もっとちゃんと見たかったです~。

二次会はお食事
料理が結構なボリュームで飲み放題で時間無制限で隔離部屋個室で4000円ぽっきり。
もう幹事様様です。
まったりと、色々お話が出来て楽しかったです。柚枝様、チワサキ様。
あ、そいうえば今回はあまりR18な話題って無かったですね(笑)。
最初は余裕余裕まだまだおしゃべりしてられるぞ、と思っていたのに、気が付いたら「え? こんな時間?」だったのですが。そんなに何話してたんでしたっけ? おっかしいなぁ。
最後に出てきたお皿に「ブロガーナイト3」と入ったプロフィットロールがまるでロケットのようで素敵でした。一瞬にして撮影会に~。
カメラ持参をしていなかった為「ブログにあげてくださいね」とお願いしたら、いやいやお願いするまでもなく? すでにあげてくださったブログさまがちらほらと。うふふありがとうございます。堪能させていただきます。となりのお皿のあや様作のケチャップアルが可愛い~。ふにゃ~。

歌猫様 お会いできて、お話がたくさん出来て嬉しかったです。特にガンガン購入奮闘記楽しかったです(笑)
ROBO様 レイヤーさんの実態を垣間見せていただきありがとうございました。是非今度は動画でっ。
砂都様 理恵ちゃん似の声で歌われた「あの夢の向こうへ」。こっそり聞き入ってましたっ。可愛かったです~。
チワサキ様 1日30分でどうやったらあんなに情報収集出来るんですか? 是非今度お会いした際には伝授させてくださいっ。
柚枝様 キング・アルフォンスを注文されたその心意気っ。敬服致しました。ちなみに、クレームドカカオ3/4、生クリーム1/4だそうです。是非次回の再チャレンジを期待してますっ。
はやみぃ様 早々のお帰りであまりお話が出来ず残念です。でもはやみぃさんのことだからまたすぐにでもいらっしゃるような気が…。コス写真見せていただきありがとうございました。
とつ様 ブログを読んで本当にずっとどんな方か気になっていたんですっ。お会いできて嬉しかったです。
あや様 今回はお話出来て嬉しかったです。エドアル、エドアル、エドアル! エドアル本をお待ちしていますっ(笑)。
聖部様 ブロガーナイトではあまりお話が出来なかったので、執事喫茶でお話出来て良かったです。初帰宅はいかがでしたか?
弓月様 貴重なものを見せていただきありがとうございました。感謝、感謝です。
由宇様 ナースコス(え? 違うの?・笑)可愛いかったです。コピー本ありがとうございます&お疲れ様でしたっ。ありがたく読ませていただきます。
ちぇりー様 執事喫茶でお話出来て楽しかったです。ブロガーナイトではお話出来なかったので、そういう意味ではやっぱり前夜祭って必要なのかも?
ジビ子様 ハボへの愛ある反応が素敵でしたっ。多分、カラオケでハボが出ていたのは「消せない罪」だったかと思います。是非今度ご覧になってみてください。
真朱様 姓名占いに聞耳を立てていたら統率力など、まさに幹事にぴったりな性格のように言われていたのに心の中でこっそり頷いてしまいました。幹事お疲れ様でした。
さや様 前夜祭から引き続き、お忙しい中での、幹事お疲れ様でした。オリヴィエ姐さんのようなそのパワフルさ尊敬してますっ。

他にも、今回お話出来なかった方々。えっと信じていただけないかもしれないけど元来が人見知りなんですっ。次回は是非遊んでやってください。

| | コメント (10) | トラックバック (6)

執事喫茶再び。

ブロガーナイト前夜祭ということで、執事喫茶にまたしても行きました。
おかしいなぁ、何故1週間と置かずにまた行ってるんでしょ?
やあね。あれだけコケ下ろしておいていくかね、自分。
案の定、ブロガーナイトでは「そんなにつまんなかったですか?」と聞かれてしまったんですが(笑)。いや実はですね。
楽しかったんですよ。今回は。
だって前回と執事もフットマンも接し方が全然違うんだもん。
アドリブは飛び交うし、こっちの突っ込みにも合わせてくれるし。
紅茶のお代わりもこちらが呼ぶ前にやってくれたし。
料理の説明も、食べ方も、ティーカップの説明もちゃんとあって。
帰りも、ほとんどこちらが腕を動かさない状態できちんと上着も着せてくれたし。
やいやいやい、ちょっと待てよ。前回そんなのも全然なかったじゃん。
前回日記に書いたダメ出しの何割かがクリアされちゃってるよ。
この違いは常連のお嬢様がいたからなのか?
それとも、執事によってこうまで違うものなのか?
あまりの違いにびっくりしましたわよ。
帰宅が1時間近く遅れたとか、紅茶の注ぎ方についてちょっととか、突っ込めば色々まだまだありますけどね。今回はそれを推しても楽しかったです。
というわけでちょっと心を入れ替えました。
ROBO様ありがとうございました。
芥川さんに萌え萌えなROBO様がとっても可愛かったです。
ところで。男性二人で帰宅されてた方を見かけたんだけどさすがにそれって……楽しい……のかなぁ???

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/11/15

ラジオ開始

昨日から、エレンディア放送局 リヴィエラジオの放送が開始~。現在配信分の第0回のパーソナリティは理恵ちゃんのみです(第1回からは今野広美さんと)。
初回ってきっと狙い目だよね、っと思ってメール投稿してみたら。へへ~、理恵ちゃんに読まれたぞ~♪ うわーい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/14

執事喫茶初体験

昨日は、Mみじさんとデート(笑)してました。
私がナンジャタウンの餃子スタジアムに行きたがったのでじゃあそれは夕飯って事にして、まずは乙女ロードをぶらぶらと。
ちょうどメイトのスクエニの原画展があったのでそれに行ったり(マフィア兄弟の複製があった!)、K-BOOKSやらまんだらけやらとね。
んで、ちょうど空席があったので噂の執事喫茶にいってきたんですが。

なんかさ、思ってたほど面白みがなかったんだよね。
だってやってくれるサービスが「お帰りなさいませ、お嬢様」と「いってらっしゃいませ お嬢様」以外、ホテルのレストランと変わらないんだもん。しかもサービスの質で言えばホテルより下だし。
見目のいい男の子を見るくらいしか楽しみがないってのがなぁ。
ぐるっと周りの客を見回しても、お嬢様然としている為なのか背中に緊張が走っててとても寛いでるって感じには見えない。
客の方が執事やフットマンに気を使ってるように見えるってのはどうよ?
わざとスプーンを落として拾わせてやろうかと思ったくらい楽しみがないっ。(それって楽しみなのか?)

 

お嬢様にお金を払わせるってシステムがまず無粋。
予約時にメニューも決めて貰って支払いも済ませる、なんて事は出来ないのかなぁ?
紅茶やコーヒーのミルクから砂糖の分量まで全部記入して貰ってさ。
「今日は美味しい○○が入ったそうなので、シェフにお願いしてお嬢様のお好きな○○をお願いしました。ああ、勿論お嬢様のお嫌いな△△は抜いて貰いましたよ」とか。
「紅茶はいつも通りミルクティーにしましたが、よろしかったですか」とか。
カップも銘柄をただ言うだけじゃなくて「お嬢様のお召し物に合わせて」って付け加えるとかさ。
デザートも「シェフがお嬢様にと。試作品だそうです。お姉様方や奥様には内緒ですよ」とか言われたりする方が萌えない??
ようは、背中がむず痒いくらいちやほやされるのが面白いんじゃない? ああいうのって。
なんだっていいじゃん。アドリブ利かせて「私の執事」という前提で演技してくれたら楽しいんだけどなぁ(給仕経験者より役者の卵を募集してくれた方が嬉しいぞっ)。

 

そういう考えがあるから、紅茶の2杯目を自分で注ぐのも気になる(ベルで呼べば注いでくれるのかな?)
やっぱりこっちが動く前に、動いてくれるってのが理想じゃない?
それは無理にしても。
水が少なくなってるな、とか。
カトラリーを落としたな、とか。
そのくらいはベルで呼ばずとも対応して欲しいなぁ。
それが出来ないなら1回あたりの客数を減らすか、フロアに全テーブル監視出来るモニター付けて別途監視要員を設けてそこから指示を送るとか。
ベルで呼ぶって言えば聞こえはいいけど、それって居酒屋やファミレスレベルって事だもん。
もしそれらが無理なら「本日は上のお姉様の○○様の誕生パーティの準備がありますのお側使え出来ませんが、お呼びの際はすぐに参ります」とか逃げる方法もあるんだしさ。なんか考えて欲しいよなぁ。

 

上着もそう。
理想はこちらはただ立っているだけの状態で上着の着脱はやって欲しい。
こちらが脱いだものを渡すとか、ただ構えている状態の処に自分で袖を通すとかは邪道くさい。
さらにただクロークにしまうんじゃなくて、その前にブラシをかけて埃を落とすとか。
そういうちょっとした気遣いをわざと(わざとらしく、ではなく)見せて欲しい。

 

なんてのかな。
あなたの呼吸に合わせて動いています、あなたに尽くしてますって態度が見たいのよ(笑)。
こういうのもシチュエーション萌えっていうの?
痒い処に手が届いて欲しいのよ、呼ぶ前に気づいて欲しいのよ。
我侭や意地悪にもにっこり笑って付き合って欲しいのよ。
まあ一見さんに、あうんの呼吸をしてみせろ、ってのは無謀な話なんだろうけど、「執事」というからにはそれをやってくれる、ってこっちは期待しちゃうんだよな。
由貴香織のカインシリーズ並みに、膝の上で靴の紐を結べとは言わないからさっ(笑)、せめて、そういうごっこ遊び的要素が欲しかったなぁ。

 

ということで行かれる予定の方々、こっちが何もしないとただの喫茶店とあまり変わらないです。
ここはひとつ、ツンデレなお嬢に成りきって用事を言いつけてみたり、我侭を言ってみたり。
もしかしたらそんな事をして執事やフットマンとコミュニケーションをとったりした方が面白いかもしれませんよ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/11/11

ガンガン2006年12月号 鋼の錬金術師「鉄の掟」 ネタバレ感想1

今月のガンガンは11日が発売でしてよっ。ということで早売りは10日!
しっかり買ってまいりました。雑誌の表紙イラストも今月は鋼です。エドのアップ。
えー??? アルは? アルは? と本気で捜してしまいました。
いかんいかん、鎧のあの色で捜そうとするからいけないんですよね。うっかり見落としかけました。

 

 

 

さて。ということでネタバレ感想です。
言っていい? 言っていい??
ふふふふ………やったぜ!! 大当たりぃぃぃぃ!!!!
前号が発売された時点で、北仕様の機械鎧に何の金属が使われていそうか調べた記事を載せていたんですが。
ジェラルミンとニッケルが見事にヒット!!
最終的には、ニッケルは現時点で使っているであろうと判断して捨ててしまったんですけどね。
そっかぁ、悪魔(ニック)の金属なんですね、北方の機械鎧って。ふふふ。
捨てるにはちょっと惜しい素材だったので。外れてもこれはちょっと嬉しい。

  

エドの機械鎧の金属が、鉄・炭素(カーボン)・ニッケル・クロムの合金を予想していたので、北はまったく違う素材と考えた方がいいかな、と拘り過ぎたのが敗因。
それに、ニッケルとジェラルミンを使った合金というのも捜せなかったし。
特殊仕様なんだから、素直に北方の開発品って考えちゃえば良かったんだなぁ。

  

実はエドの機械鎧の金属候補にニッケルを入れるか、かなり悩みました。
ニッケルってピアスにも使われるのだけど、膿がでたり血が出たりする原因のひとつがニッケルなんです。
汗をかいてニッケルが溶け出すことによって起こるそうです。外せば2日~7日くらいで収まりますけど。
放っておくと金属アレルギーを引き起こす要因にもなるそうです。
だからニッケルはまずいかなと思ったのだけど、鉄・炭素・クロムのみの合金というのが見つからなかったし。
でも記事を書いたあとにドミニクが「クローム17% カーボン1%」というセリフを思い出して、こっそり「しくじった」と内心思ってました(笑)。
寒い地方ならきっとニッケルでも大丈夫なんでしょうね。

  

金属についてはこのくらいで。

  

アームストロング少将、男前だ……。
「北の国境線は私が引く」カッコいいー。
少佐が元気と聞いて「ちっ」なんていうのは、やっぱり跡目を継ぎたいと思ってるからなんでしょうかね。
代々軍人の家系の人間が北方ってことは、やっぱり左遷されたってことなんだろうし。
うーん、少佐を暗殺しようとしたとか。うわ、そりゃ違和感無さ過ぎだわ。

  

それに、ここまでエドとアルを子供として見ない、自分達と対等の人間として見た人ってこの人が始めてですね。
「深く考えず軽い気持ちで事を起こし、うかつな行動で騒ぎを広げる粗忽者」って。
辛辣だけど事実だ。
日頃、エドとアルを見てカッコいいとか、辛いのに頑張ってるよねとか、可哀相とか思って見ているこっちの肝も冷やされた。
本当に牛様って冷静だ。
自分たちでも認めているけれど、彼らの身体は自業自得なのだから。
ロイもイズミも出会いがしらに怒鳴りつけはしたけれど、それでも視線を彼らの方に合わせていた。
ヒューズの死を言えなかったロイ、2人を抱きしめて迎えたイズミ。
無理を言えば折れてくれる。やっぱりどこか2人に甘い。
ヒューズやロス少尉を巻き込んだ事、ホムンクルスを釣る為にスカーを挑発し都市を破壊した事等は全てホムンクルスがらみだから話していないだろうから、もしそんなこともまで話したら、少将ならきっと、子供の過ちではなく人としてその過ちを非難する。
常に一枚岩でなければいけない、そんな過酷な場所だからこそ、弱者の負担を強者が肩代わりするではなく、自分の負担は自分で背負わなければいけない。それが出来ないのであれば、きちんと自分の実力を見極めそもそも背負う事を承諾してはならない。
誰かに寄りかかる事なく自分で立たなければならない。
彼女と接する事で2人はきっと、もっとたのもしく成長するんだろうなぁ。

  

マイルズ少佐との会話の中で「民族っていう括りだとどうしても衝突しがちだけど一人一人なら対等に話し合える」のセリフに、昔韓国の大学生と話た時(あ、会話は日本語でしたよ・笑)、日本人に個人的な恨みはないけれど祖父母から言われて育っているので、日本という国そのものに対して思う処はある。けれど自分個人が日本人と交流を持つ事に否はない。というような事を言っていたのを思い出した。メディアで使い古された言葉だけど、本人の口から出るからずっしりと心にきた。あ、やっぱり恨まれてるんだな、と自覚した。
日本人で原爆を落とされたからとアメリカを恨んでいる人がどれくらいいるんだろう。
日本人は生きていく事が精一杯でそんな事を考える余裕もなかった、とか。日本人は忘れる種族なのだ、とか。
あまりに原爆が強烈すぎて恨むという日常的な処まで気持ちを落とす事が出来なかった、とか。
本を紐解けば色々書かれているのを目にすることは出来ると思う。どれが本当なのかなんて分からないけれど。
そんな日本にいて、牛様がこんな風に描けるのは、資料集めによるものなのか? 想像力によるものなのか? 分からない。けれど。あの時のようにずっしりと心に響いた。

  

今回のアルは完全にギャグ要員でしたね。
頭の尻尾を切られてショックを受けてたり、兄さんが届かないつららに「はいはい」と軽々手伝ってあげたり。
そして何よりもファルマンへの追い討ちっ。やっぱりこういうところって黒だわ、アルって。可愛いー(笑)。

  

時間が無いってか眠いのでタイムアップ。
続きはまた後日…・・・えーと、それっていつだ??

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006/11/10

Amazonも表紙が掲載されました

やっと書影が掲載できる~。bk1はまだだなぁ~。(Amazonとbk1しかアフィリエイト契約してないんだもん)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くぎみゅ月9デビュー??

アニメ「プリごろ太」釘宮さん、声でご出演w (情報元:ヒューズの遺産さん)
ええー、理恵ちゃん「のだめ」に声で出演???
ええと、このアニメが「のだめ」のアニメ公式サイトに出ているのは知ってたけど。
いや、会社だったんで(今もでしょ!)音声までは聞いてないんですが。
これ、もしかしてドラマで使われてたの???
声が聞けない(だから会社だってば!)ので分からないけれど。
うっしゃ、家に帰ったらあっちとこっちをチェックだぁ!!!!!
http://d.hatena.ne.jp/tobofu/20061108/1162912600
http://www.nodame-anime.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメストリスの錬金術について

ネタバレです。多分、12月号では判明するんじゃないか? というのがあったのでとっと書いて、忘れ去られた頃に12月号発売、ってのを狙っていたはずなんですが(本誌と比べられて馬っ鹿っで~と笑われるのも、後出しじゃんけん言われるのも避けられるから・笑)。なんでこんな時期に……。orz
 
というわけで、スカー兄の言っていた、錬金術の何がおかしいのか?

まずそれを語る前に前提条件が必要になるので、そちらから。
 
前にも書いたのだけど(今読むと分かりづら~い・笑)。
お父様は、ホーエンハイムが作ったんじゃないかという考えが成り立ちます。
つまり、こんな感じ。

01.自分の魂の情報を与えた肉体Aを生体錬成(肉体の生成)
02.肉体Aに入れる為に人体錬成を行う(魂の生成)
03.人体錬成により、ホーエンハイムの肉体が持っていかれる(人体錬成の通行料)
04.ホーエンハイムの魂が肉体Aに入る(アルの魂が一度錬成物に入った理屈)
05.ホーエンハイム(肉体A)が肉体Aを代価に自分で自分を錬成し直す(2度目の人体錬成)
06.扉の前にいる真理の肉体Bを取り戻す(扉の前のアルの真逆。自分の肉体なら取り戻せる理屈)
07.肉体Aの代価は拒否(6.と同じ理屈。自分の肉体ではない為)
08.別の何かを通行料として払わされる
09.ホーエンハイムの魂は肉体Aに定着(魂の情報が同じ為拒否反応が出ない)
10.肉体Bが別のものとして存在(これがお父様)
 
とりあえずロジック的には成り立つ、ような気がする(笑)。
ホーエンハイムが作られた肉体だから年をとらず、お父様が本当の肉体を持っているから年をとるという筋も通ります。
お父様は真理、世界、あるいは宇宙、神。
真理によって作られたラストが「私たちはあなた達人間より真理に近い存在」っていう言葉も頷ける。
ま、2度目の人体錬成の「別の通行料」なんてのがかなり曖昧なんですがね。
 
さて。この屁理屈にさらに屁理屈を重ねていきます。
錬金術と錬丹術の違い。
錬金術
世の中は常に大きな流れに従って流れている。流れを受け入れて理解したうえで創造する。
錬丹術
あらゆる物質に存在する流れを利用する。地中の「龍脈」の(どこでも存在する)存在を重く見ている
 

これが、エドやアルが錬金術を使えず、スカーとメイ・チャンが使えた理由。


スカー達が地中の龍脈、つまりどこにでも存在する力の流れを使っているのに対し、エド達は大きな流れというものが大前提として必要になる。
つまり、この「大きな流れ」が途切れてしまえば錬金術は使えない。
上記の理屈によりお父様が真理であり、世界であるのならば、その手によって、その「大きな流れ」が作り出されているのだとしたら?
エンヴィーの「大きな力を得た途端に喜び勇みやがって それがどんな物かも知らずに使い続ける」(14巻p32)というのも筋が通る。

 

ちょっとアニメ設定に引きづられ気味ですが、なんとなくこんなんでも理屈は通るよな、って感じでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハガレンピープル管理人さま

ハガレンピープル管理人、「Sakura*Blog**」のさくら様、いままでどうもありがとうございました。
ブログ閉鎖にともない管理人を降りられるとのこと、お疲れ様でした。
また管理者不在でもこのまま継続としていただけたこと、ありがとうございます。

ハガレンピープルを知ったきっかけは赤い花束の企画でした。
情報の発信元を自分のブログと東方司令部諜報課さんの掲示板をお借りするくらいしか持たなかった為、ブログをひとつひとつ回ってトラバやコメントをするくらいしか出来ない効率の悪さに歯噛みし、なにかもっと方法はないのかとやっきになって捜してみつけたのがこちらでした。
おかげさまで多くの方に情報を即座に公開する事が出来、目を止めていただくことが出来ました。本当に感謝しています。
どうもありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/09

ラジオ! ラジオ!

昨日はあちらこちらのサイトやブログでリヒの追悼コンサート記事や絵チャがありましたが。
うちは特に何もしませんでした。ってか企画倒れ起こしてました(笑)。
やっぱり、リヒへの愛が薄いんだな、自分。

理恵ちゃんが担当するラジオ番組が開局します。
エレンディア放送局 リヴィエラジオ
http://onsen.ag/topicks.html#1108
2006年11月14日(火)~放送開始
PSP「Riviera ~約束の地リヴィエラ~」関連ですね。
って事は、ラジオでもアルっぽい声が聞けるかなぁ?????

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/06

3連休

この3日間の連休はこんな感じでした。
3日:11:00~12:30 兄弟オンリー同人イベント(御茶ノ水)
   13:30~15:00  友人のフラメンコ発表会(新宿)
4日:10:30~14:30 フラメンコのレッスン(ナイショ)
   18:00~20:00 朴さんのライブ(原宿)
5日:11:00~14:00 有栖川オンリー同人イベント(テレポートセンター近辺)

同人、フラメンコ、フラメンコ、声優ライブ、同人……。
わーい。なんて不健全かつ健康的な3日間なんだろ。
なんつうか、歌って踊れる腐女子ですか?(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヲタ趣味について思う事

不謹慎だと思われた方がいましたら、ごめんなさい。
人の死を、決して面白がって書いたわけではないことだけ、お断りしておきます。

ある自殺報道で、はじめてその子の部屋がTVで公開されているのを見ました。
部屋には、見覚えのある鋼(アニメ)のピンナップがありました。
犬夜叉や、LOVELESSもあったな。
以降、これは全て憶測から基いています。

ヲタ趣味がクラスの子にバレていじめにあっていたのかな? という不安が過った。
「キモイ」なんていじめる時の常套句ではあるけれど、
ヲタク=「キモイ」と思われやすいのはよくある話だ。

たとえそうだったとしても、そうではなかったとしても。
「命」について「死」について色んなアプローチを繰り返していたアニハガを好きだった子が
それでも救われなかったという事実が、私には何ともやりきれない。
日々が辛かったらそれどころじゃないでしょ? って言うのは、うん分かる。分かるけど。
それでも救われて欲しかったよ。

ヲタ趣味が、ただ「面白かった」とそう思う為だけの存在ならば、
好きというだけで人から奇異な目で見られる趣味なんて分が悪すぎる。
リスクが高い。等価じゃない。
これがあったから自分は変われた、救われた。そう思える「何か」得るものがあるからこそ、
捨てられない趣味。そういう力の源であって欲しい。

ヲタ趣味はハイリスクだ。
だからこそハイリターンであって欲しい。

そう思うのは理想論かね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/11/05

朴さんのライブ行ってきました

4日は朴さんのライブに行ってきました。
一応さ、レポ書くつもりで曲順やその他ちゃんと覚えておこうと思っていたんですけど。
無理です。しょっぱなからもう分けわかんなくなっちゃいましたわ(笑)。
間違っていたらご容赦を。

前座のteam-FがプリプリのED「微笑みをあげたい」を歌ったあと。
スクリーン映像。
プロ契約前に一度腕試しに歌ってくるとかそんな置手紙を残して、ナナが失踪したという、ブラストメンバー(の中の人)も出演の寸劇(?)がはじまり。例の。
「忘れない夜にしてあげる」のセリフと共に、スクリーンアップ、NANAの1期OP「rose」イントロ。
多分大方のファンの予想通り?
「rose」で幕開け。
衣装はボンテージな黒ビスチェに黒ジャケにミニスカ(だったらしい・上半身しか見えんかった)。ヴィヴィアンじゃなかったけど(経費じゃ落ちないでしょ・笑)、ちょいナナテイスト?
ライトのせいか髪がえらく茶髪に見えました。化粧もかなりきっちりアイラインの入った舞台メイクは、あれもナナ狙いだったのかな?
やっぱり朴さんの歌で聴いてみて、充分、ナナの歌はいけると確信したんだけどなぁ。
レイラはギャップの楽しさが必要だから平野さんじゃまずいと思うけど…。
2曲名……は知らない曲でした。誰か知ってます?
以下曲順には責任持てませんので、順不同ってことで。
「呟き」(遠い記憶)
「ボクたちにあるもの」(ボクたちにあるもの)
「扉の向こうへ」(遠い記憶ver.)
「素直」(遠い記憶)
「瘡蓋」(遠い記憶)
「空のかけら」(ぼくとキミと果てなき空)
「シーラカンス」(???)
「True colours」(Cyndi Lauper)
「メリッサ」(ポルノグラフィティ)
「鋼のこころ」(HAGAREN SONG FILE Edward Elric)
「READY STEADY GO」(L'Arc~en~Ciel)
「明日への場所」(HAGAREN SONG FILE Edward Elric)

最初はロックテイストでかなりかっ飛ばして、2曲目くらいですでにバテてました、朴さん(ペース配分考えようぜ・笑)。
MCでは、バンド名を考えたという話になり。
ブラック・ジャーニーズだの、パン○○(忘れた)・ストーンズだの言って。
略して…・・・という話とか。
早く脱げだの、乳○、○首、連呼してましたわ。
腐女子にはその程度なんてことない話題ですが。
小学生くらいの小さなお子様の付き添いで来ているお母様やお父様を客席に見かけたので。
今頃、彼女たちが朴ファンを親に止められていないことを祈ります(笑)。
がっつり飛ばした後は、またスクリーン映像。
リハーサル風景と、バックバンドの紹介映像。ブラストの中の人たちからの応援メッセージ。
蓮の中の人(でしたっけ?)が女装してたとか、そういう話はさておき、スクリーンがあがり中盤戦。
衣装を変えて再登場。白の……あれはTシャツだったのかな?
今度はバラード系。椅子に座って「瘡蓋」をしっとり……というかある意味シャウト系?
こういう歌はやっぱりプロの歌い手より役者のが上だと思うよ、うん。
んで、ゲスト宮野真守氏登場。
ラジオじゃかなり邪険にしてるイメージがあったですが(んー、蹴っ飛ばしてもついてくる子犬を相手にしてるような感じ?)。年の離れた姉と弟って感じでしたね。
客席への振り指導が入り「シーラカンス」(ポケ声はあまり聞いてないので知らないんですけど)をデュエットして、頬にキスを貰って(笑)宮野氏退場。
1曲、アニメと関係のなく入れた、シンディーローパーに、やっぱ世代だなぁと思ったり。
後半戦は怒涛の鋼ソング。客席の喰らいつき具合もやっぱり違う(笑)
「鋼のこころ」のアルパートは宮野氏が再登場して担当。
朴さんが「アル~」って叫んでたけど、やっぱりココは理恵ちゃんにゲストに出て歌って欲しかったよー。あ、ウィンリィーパートは朴さん担当でした。これがラストソング。
そしてアンコール。
ソデにいたらしい、山口さんがサランをつれて登場。
朴さん、俺の恋人の山口真弓、とか紹介してたけど、山口さんあっさりスルーしてたよなぁ(笑)。
アンコール曲は。
「明日への場所」
「READY STEADY GO」
この役に会えた事で自分が変わった、とそんなコメントを添えて「明日への場所」を熱唱。
こんな感じでしょうか?

DVD期待されている方……望み薄かも。
他人の歌って確か使用料とられるんじゃなかったっけ? 朴さん、歌詞ボロボロだったし、声もね、後半出てなくてボロボロでした。出すとなるとかなり編集が必要になるんじゃないかなぁ。

はい。ということで、Cりーさん、Nかたさん、Hやみぃさん、お約束通りレポ書きましたからねっ。

以下。
これは、昔そこそこ普通にライブハウスに通ったことがあって、声優さんのライブも昔は行っていた過去を持つ大きいお姉さんからの老婆心ね。
他人のあんたにそんなこと言われる筋合いないわよ、ってのはごもっともな話なので、まあ読みたい人だけ読めばいいレベルです。

ライブ初心者の方々って見ていてすんごい恥ずかしかった、です。
本来なら、来慣れたファンを見てすべき事、すべきじゃない事暗黙のルールを身に付けていくものなんだろうけど。
声優さんのライブって、初心者がどん、とたくさん来るから、普通のライブがどういうものかを知らないまま、これで普通と思ってしまうんだと思うの。
だから、一度、声優さんとは全然関係のない、アーティストのライブに行って見る事を、私はお薦めしたいな。
ああ、あとさ、もう少しアンコール粘ろうよ。前の方達が一斉に動かれたから否応なく後ろの人間は流されて、コールしたくても出来なかったよ。目の前の朴さんよりサインTシャツの方がそんなに大事か? 大事なのか??(涙)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

朴さんと理恵ちゃんに赤い花束を贈ろう FINAL

これがホントのホントに最後の告知です。先ほど花束関係のページは全て削除しました。
htmlファイルと画像ファイルを開いては確認し、蝋燭の火を消していくように1つ1つ削除していきました。
もうあれから5ヶ月が経つんですよね。
メッセージ集発送から1ヵ月後の昨日は、朴さんのライブの日でした。
大きな変化のきっかけになった役だったと鋼の事を話し、あの企画から名前を付けられたというサランもちょっと登場しました。
それを見届けた日にそれらのページを閉じる事になるなんていうのは、なんだか素敵な偶然だなぁと思ったり。
すごく、色んな偶然がいい形へ、いい形へと作用された企画だったのだな、と思いました。
実際に削除出来たのは翌日になってしまったけど(笑)。私のページへのリンクはどうぞ外してくださって構いません。今までバナーなどリンクを残しておいてくださった方々ありがとうございました。。

メッセージ集が届いた旨の御礼メールも、私宛てに御礼の書かれていたものはもみじさん経由で全て読ませていただきました。
どうもありがとうございます。
恥ずかしながら、読んでいてちょっと泣きそうになりました。

さて。しめっぽいのは苦手なので。こんな言葉でしめたいと思います。

鋼の友に幸多かれ!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/11/01

15巻の表紙とカレンダーの発売日

すでにあちらこちらのブログでみかけてますが。
鋼の錬金術師15の表紙が出ましたね。
http://www.jbook.co.jp/p/p.aspx/3218389/s
毎度ながら、やっぱり画像に関してはjbookが一番早いな。
今回の背表紙(カバーじゃなくて)ってどうなってるんだろ?

ところでついでに確認したんですが。
アニメのカレンダーは発売日がずれたようです。

2007年カレンダー 鋼の錬金術師【アニメ】
http://www.jbook.co.jp/p/p.aspx/3197920/s
2006年11月4日⇒11月25日発売予定

なんだ、ならまだ余裕じゃんと、今更ながらAmazonで申し込みしたら。
(アニメイトの特典を狙うか、持って帰る面倒さをはぶくか、ずっと迷っていたので)
発送日が11月16日だったんですが。それって一緒に注文した↓こっち合わせになってるってことよね。

2007年カレンダー 鋼の錬金術師【付録付:クリアファイル】
http://www.jbook.co.jp/p/p.aspx/3163598/s
2006年11月14日(火)発売予定

大丈夫かね? Amazon…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »