« アイマス | トップページ | 国立新美術館その2 »

2007/01/22

国立新美術館その1

国立新美術館に行ってまいりました。
まずは11時にMみじさんと駅で待ち合わせ。
2人してちょろっとずつ遅刻だったので、とりあえずは荷物をロッカーに預けてランドウォーカー実演会場の屋外へ。
観客は以外と少ない。が、これ、ちょっと萌えましたよ(笑)。


ホント動いているよ。ガッコン、ガッコン言いながらっ。
足は持ち上がらないスライド式。でも、バックも方向転換も出来る。
エンジンが芝刈り機のように軽い音ってのがいいよね、と話していたら、あとで250ccバイクと同じもの(とは言え業務用のものらしいんですが)とのこと。それも方向転換の際に使うだけで歩行そのものは油圧式なのだとか。
ちなみに、方向転換は、人間の回れ右と同じ要領。一歩足を引いて状態を回転する。


そして、やっぱり最後は銃器。
左には一発ずつの発砲タイプ、右には連射可能なガドリング砲。
戦闘用兵器でもないのに、何故か銃。
重工業系で使えるよう重い物を運べるアームを取り付けるでなく、まず銃を持たせる、ってあたりが男のロマンでしょう(笑)。
榊原のおやっさんや、ドミニク爺さんを思い出すぜ。


デモンストレーションは15分くらい。
いやもう、楽しくて、きゃあきゃあはしゃいで喜んで見ていたら、某TV局に撮られていたらしいです。
あとでTV局のお兄さんに某番組で流す許可を求められちまいました。うちらそんなに目立ってました??? しかも全然気付いてなかったんですが?
一応観たことのある番組だったのでOKしちゃいました。どうせ、2・3秒って話だったので。
放映日も教えて貰ったけど、秘密っ。

|

« アイマス | トップページ | 国立新美術館その2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いつもの如く超遅コメントのMみじ(匿名希望)です(笑)

「弾を撃つためには本体は足(ペダル)で操作できなければ
ならなかった」
という開発者のお言葉が素敵~♪でした。
それ、目的違ってますから(笑)

もみじはりほさんに聞くまでデモストがあることも知らなかったので超大興奮、幸せ花丸でしたぜ。
りほさん、あっっっした!!

テレビも見ましたよー。
やっぱりガンダムって紹介されていましたね。
むむむ。
りほさんのおっしゃるとおり、あれは絶対イングラムですよねえ。ええ。
榊のおやっさんは私も大好きでした。

投稿: もみじ | 2007/02/08 13:25

こちらこそ、亀レスですみませ~ん。
やっぱりアレはイングラムですよねっ。
しかも、あのランドウォーカーの開発元は、「榊原」で、運転していた方は「南雲」さんなんですよ。
どこかに「後藤」さんはいませんか? ってなもんですよ。

あ、テレビ見ましたけど、ちょうど文字が被ってましたね。
まあ、滅多なことではバレないと思うんですが、1人2人バレたらヤバイ人がいたことを思い出して。
ちょっとひやひやでした(笑)。

投稿: りほ | 2007/02/19 23:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28666/13613550

この記事へのトラックバック一覧です: 国立新美術館その1:

« アイマス | トップページ | 国立新美術館その2 »