« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007/01/30

ガンガン2007年02月号 鋼の錬金術師第67話「この国のかたち」 ネタバレ感想2

やっと感想の続きです。でも終わらなかったorz。可及的速やかに続きは、ええ。勿論。
だって、書きたいことまだまだたくさんあるし、色んなブロガー様に気になる考察が色々あるんだもの。そのあたりも書きたいのに~。
はい、以下ネタバレ感想です。
 
■貴方がたが心配しているのは これでしょう
キンブリー以下、将官たち、ホムンクルスたちのヒエラルキーってどうなってるんだろ?
 
皮肉交じりなこの台詞からして、キンブリーはレイブン中将に絶対服従というわけではないらしい。
確かに命令には従うし敬語も使う。反抗する気はない。けど。
逆らわないのは上官だから、にはとてもじゃないけど見えない。
利害の一致というか。互いが互いを利用している?
一触即発一歩手前? どちらも、もし自分の邪魔をするならためらい無く殺しそう。
 
キンブリーは過去に上官たちを殺している。
あれはレイブンの仲間じゃなかったのか?
レイブンはあの上官たちのように自分がキンブリーに殺されるかもしれない、と恐れているように見えない。
弱みを握っているのか、キンブリーの今の状況下から有り得ないと分かっているのか。
彼らが殺された理由を知っているのか。
 
これに対し、ホムンクルスのエンヴィーとの会話は共犯者のような響きがあった。
エンヴィーはキンブリーが逆らえば殺しそうだけど、エンヴィーに謀れたとしてもキンブリーがエンヴィーを殺しそうには見えない。
まあ、そうそう簡単にホムンクルスを殺せるわけないんだけど。
自ら自分を売り込み、ホムンクルスに渡りをつけた。なんて言われても信じられる。
ホムンクルスの目的を知りそこに自分の好物を見つけ飛びついた。
自分の好物を心得、それを与えてくれているうちは彼らの犬でいる。
そんな感じ。
 
キンブリーの場合。
エンヴィーにレイブンたちを殺せと言われれば殺しそうだけど。
レイブンたちにエンヴィーを殺せと言われたなら、密告してエンヴィーと共にレイブンたちを喜んで殺しそう。
 
レイブンの場合。
エンヴィーに、キンブリーを殺せと言われたら殺しそうだけど。
キンブリーに、エンヴィーを殺せと言われたなら、逆に殺されたらたまらないとキンブリーを子飼いにし、エンヴィーにばれてキンブリー共々殺されてしまいそう。
 
 
だからなのか。ヒエラルキーは本来、
お父様→ラース(ホムンクルス)→レイブン他→殺された上官→キンブリー
なんだろうけれど。
お父様→エンヴィー(ホムンクルス)→キンブリー→レイブン他
にも見える。うーん。
 
 
■隠し立てするな あのデカい怪物が出て来てそれについて質問した時、貴様は「察してくれ」と言ったな。
この時のオリヴィエ姐さん、座ってます。子供と話をする時の基本。
目の高さを合わせること。決して相手を見下ろさない。
それはつまり、ちゃんと相手の身に立って考え話を聞く気があるという合図。
こういうところが牛様の上手さだと思う。
p260に最後のコマ。
エドは立っているのに、オリヴィエだけが座っていて偉そうだし、台詞だって荒いのに。
まるで母親が子供を諭しているようなそんな優しい構図に見える。
 
 
■力を貸してほしい
初読の時、この台詞にちょっと泣きそうになって、我ながら何でだろうと思った。
悲しいシーンじゃないのにね。
多分。
この子たちはずっと迷子だったのだと思う。
誰か大人に道を聞けば答えてくれると分かっていても。
迷子になったのは自分達のせいだから、自分たちだけで解決しなければいけないとずっと思っていて。
日が暮れて真っ暗になっても、雨が降っても。
大人たちにいらない心配をかけないよう、迷子になっていることも悟らせないよう平気な顔をして歩いてみせていた。
そこへ、ぽんと背中を叩かれ「おまえたち迷子じゃないのか? どこに行く気だ?」そう聞かれた。
まるでそんな感じ。
 
「力を貸してほしい」は「助けて」と同義語だと思う。
 
きっと、ずっと言いたくて言えなかった言葉だったのだと思う。
プライドとかじゃなく。
誰も巻き込みたくない、自分たちだけでなんとかしなければいけない。
頼みの綱のロイは、自分と同じく人質を取られた身の上で、あてにしてはいけない。
ただでさえ、自分たちのうかつさでロイの親友を巻き込んでしまった前科がある。
これ以上他人を巻き込めない。
それを、人目を避け、無理矢理言わせるという立場を与え、安心して話せる状況を作ってやる。
そうでなければエドは決して話さなかっただろう。
粗いようでそのきめ細かい心配りはやっぱり女性ならではか? 
あ、もともとエドは鷹の目さんといい、年上の女性の前では素直か(笑)。
  

■ピチョン
すみません。未だ引っ張ってます。
日陰は天然冷凍庫の土地でも、ばっちり日の差さない地面の下でも雫は凍らず下に落ちるものなんでしょうか?
ぐぁ~、北育ちじゃないから分からん。
やっぱり地熱が気になる。
いや。だってね。この錬成陣をてっとり早く壊す方法って、ようは、このラインをぶった切ればいいわけですよね。
なら火山の爆発で溶岩が地中に流れ出せばOKじゃないすか(暴言だなぁ・笑)。
折りしも、メイ・チャンの台詞の中に「龍脈」なんて言葉があるし。
風水で「龍脈」つったら、まさに山の尾根伝いを流れる気ですもん。
マルコーさんの台詞にも「火山」とかの「地中のエネルギー」なんて言葉が出てくるし。
すごく思わせぶりに読めちゃうんだけどなぁ。
 
 
■案の定だ
単なる間違いでしょうか?
NORTH ARIAの天辺を北にしてコンパスを置いているのだけど。
p269を見ると分かるのだけど地図上の真北は紙面に対し、45度ほどずれている。
本来なら地図は右肩あがりに置かないとコンパスと方位があわない。
なんでエドは地図をきちんと方位に合わせず、この穴が円を描いていると分かったんだろ。
この地図はパーフェクトガイト2に収録されていて、その時点から方位の北の位置は記されています。
そこに気付かず、地図の上辺を真北と見てしまうと五角形が上を向いて見える=賢者の石を錬成する錬成陣、とミスリードさせる為のフェイクだと思うのだけど。
 
 
■錬成陣
円と五角形を使った錬成陣は今のところ4種類ある。
 
第五研究所で、イシュヴァール人から賢者の石を作った錬成陣
クセルクセス遺跡にあった、人体錬成の錬成陣
エドがクセルクセル遺跡の陣を模して書き、人体錬成を行い真理の扉をあけるために使った錬成陣
アメストリス全体を覆う錬成陣
 
すでに聖部さんが指摘されている通り、第五研究所の錬成陣の五角形は全て上を向いているけれど、
クセルクセス・エドが書いたもの・アメストリスのもの、これらは五角形が下を向いている。
 
正確には、アメストリスのものは、真北を頂点とするなら、外の五角形が下向き、中の五角形が上向き。
 
ここでもう一度考え直したいのが、っていうか混乱してきたので、賢者の石と人体錬成の関係。
・賢者の石は生きた人間から魂のみを抽出したエネルギー体
・賢者の石の錬成に精神と肉体は不要
・人体錬成により真理の扉を開く事が可能
・真理の扉を開くには代価が必要
・人体錬成(真理の扉を開く)の代価には賢者の石が有用
・錬成陣の内部に構築式に関係のない異物は直接影響を受けない
 
ということで。妄想全開でいきます。
一つの陣で二つの錬成を続けて行う事が可能ならどうなるだろう?
 
まず内側の上向きの五角形をメインにした錬成陣を使う
おそらく5隅に配された地中に眠る人の魂(化物エンヴィーのあれかな?)を代価に賢者の石を練成する。
 
次に下向きの五角形をメインにした錬成陣を使う
人柱候補が自分で自分を人体錬成し、今錬成したばかりの賢者の石を代価に、扉を開く。
 
こう考えると、エンヴィーがマルコーに「惜しい」と言った理由としても通るし、人柱の意味も通るのだけど。
 
人柱。
ラストは、アルが手パン錬成するのを見て、アルが真理の扉を開けた事した。
逆に言えば、真理の扉を開ければ、手パン錬成が出来るようになることをラストは知っていたわけだ。
 
つまり、欲しいのは手パン錬成そのものじゃないのか。
賢者の石を錬成する時はあらかじめどっちの五角形を使うのか構築式を配置しておけばいい。
けれど二度目の錬成を行う際、それ用に構築式を書きな直さなければいけなくなる。
書き直すったって、イーストからセントラルまでだって汽車で半日近くかかる土地だ。
何日かかるか分かったものじゃない。
けれど、手パン錬成ならベースとなる錬成陣さえあれば、それも可能なんじゃないか?
手パン錬成で錬成陣を書くことが。
 
人柱候補とは、つまり人体錬成を行い真理の扉をあけた、手パン錬成が出来る人物の事。
人体錬成を行おうなんて人間は、エドやアル、イズミのように大切な人をなくすことに耐えられない情の強い人。
だから、ロイやマルコーには可能性があり、キンブリーは除外されている。というのも筋が通る。
 
いかがでしょう?
 
ぐお~。やっぱり最後まで終わらない。続きはまた今度。
頼む、来月号発売前には書かせてくれ~。
 
 
追加 13:04
クセルクセスの遺跡にあった雌雄同体に相当するものは何を使うつもりなのか思いつかなかったんだけど。
絶好の存在がいたじゃん。
ホムンクルス。
「雌雄同体」っていうからカタツムリとかシジミとかを思い浮かべてしまうのだけど。
ようは、全き存在であればいいわけよね。
つまり自己完結の存在。
母体とは別の場所から生まれ、死に、生き返る。それの繰り返し。
「生」きかえるから「死」に、「死」ぬからまた「生」きかえる。
生殖機能がないから子孫を残せず、食物連鎖からも完全にはずれた存在。
自分の身体だけで連鎖が完結している。まさにウロボロスの循環そのもの。
そのラストが、自分たちのことを「真理に近い存在」と言っていた。
鋼世界で、真理は=神だ。
ありえない話ではないのじゃない?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/01/22

国立新美術館その2

日本の表現力のフロアは2階。1階はそんな混んでる風ではなかったのだけど2階はそこそこ混んでました。
最初はマンガの発端は鳥獣戯画で、フィギュアの発端は土偶で、アニメの発端は幻灯機で、ゲームの発端は合わせ貝。みたいな処から始まっていき、1960年以降は10年ごとにブースを切られてました。


当時のCMの映像やら、アニメやらで、1ブースにモニターが5・6台? しかもモニター1台に3・4作品が切替ボタンで観れるようになっているものだから、1ブースでの滞在時間が結構かかる。いや素通りすりゃいいのよ、素通り。でもさ、やっぱ懐かしいじゃん。バザールdeござーるとか、いい日旅立ちいいニュースとか、ぴっかぴっかの一年生とか、パイポの「私はこれで会社をやめました」とか、セガの湯川専務とか、CMだけでもついつい見入っちゃうし。


そこへ輪をかけて白黒時代の「009」やら「げげの鬼太郎」やら「スーパージェッター」なんてあるし、「ガンバ」だ「未来少年コナン」だ「パト」だ「ルパン」だ「銀英伝」だなんだと、OPだけのものもあれば1話丸々見れるものもあったりで、なかなか離れがたく。


インベーダーゲームもテーブルタイプじゃなくて、アーケードゲーム用機っていうの? ボックスタイプのが展示してあってデモが起動していたりとか。実際撮影に使ったゴジラの着ぐるみがあったり、マンガも作品ごとに抜き出された1ページが大きくパネルになって並んでいたり、いくつか生原稿や当時の雑誌が展示してあったりで。


他にも、なんだかかんだあれやこれやで、全部見終わってさてアンケートを書こうか、という時間になったの時には、15時を回ってました…。
一応11時よ、来たの。4時間かかって見終わるって、ちょっとそれって……。


で。鋼については何があったか。
先に知っておきたいわって方と、自分で確かめたいから黙っててという方といらっしゃると思うので以下反転。

マンガはパネルでコミックス1巻の表紙絵と、コミックスの1巻が展示されています。
結局同じ絵じゃん、って突っ込みいれていいっすか?
アニメはTV版の1話と、シャンバラの映像が流れています。ただし、モニターが映画用の16:9対応のせいで、TV版(4:3)だとエドの背が高く見えてちょっと違和感あります。隣りでMみじさんが「兄さん背が伸びてよかったね」と何度呟いたことか(笑)。
あとモニター切替機が、何故か鋼だけちゃっちいのよ。
展示用の見た目ちょっと良さげのじゃなく、会社で使うようないわゆるPCモニター切替機なのよ、なんかそれがちょっと、ムカっ? 展示中一番最後のモニターだった処を見ると、搬入台数誤ったしわ寄せが鋼にきたのかしら?

こちらに詳細記事が写真(鋼含む)付きで出てますので,これも大丈夫な方だけどうぞ。
『スーパーマリオ』も『FFVII』も! "日本の表現力展"が開催


で、上映開場ですが。ちっさいです。
ただ単に同じフロアをパーティーションで切っただけ。という代物なので、段差はありません。パイプ椅子じゃないだけマシ程度の椅子です。100人くらい入れる?
ちょうど担当していたお姉さんに整理券のことを聞いてみたところ、この日は特に整理券は出ていなかった模様。
つうか整理券のこと知らなかったらしく聞きに行って貰っちゃったんですが。
公式サイト見に行ったら、確かにあったはずの上映プログラムへの整理券配布の文章が消えてるじゃん!!
ということで、24日に行かれる方どんな按配だったか、レポお待ちしてま~す。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

国立新美術館その1

国立新美術館に行ってまいりました。
まずは11時にMみじさんと駅で待ち合わせ。
2人してちょろっとずつ遅刻だったので、とりあえずは荷物をロッカーに預けてランドウォーカー実演会場の屋外へ。
観客は以外と少ない。が、これ、ちょっと萌えましたよ(笑)。


ホント動いているよ。ガッコン、ガッコン言いながらっ。
足は持ち上がらないスライド式。でも、バックも方向転換も出来る。
エンジンが芝刈り機のように軽い音ってのがいいよね、と話していたら、あとで250ccバイクと同じもの(とは言え業務用のものらしいんですが)とのこと。それも方向転換の際に使うだけで歩行そのものは油圧式なのだとか。
ちなみに、方向転換は、人間の回れ右と同じ要領。一歩足を引いて状態を回転する。


そして、やっぱり最後は銃器。
左には一発ずつの発砲タイプ、右には連射可能なガドリング砲。
戦闘用兵器でもないのに、何故か銃。
重工業系で使えるよう重い物を運べるアームを取り付けるでなく、まず銃を持たせる、ってあたりが男のロマンでしょう(笑)。
榊原のおやっさんや、ドミニク爺さんを思い出すぜ。


デモンストレーションは15分くらい。
いやもう、楽しくて、きゃあきゃあはしゃいで喜んで見ていたら、某TV局に撮られていたらしいです。
あとでTV局のお兄さんに某番組で流す許可を求められちまいました。うちらそんなに目立ってました??? しかも全然気付いてなかったんですが?
一応観たことのある番組だったのでOKしちゃいました。どうせ、2・3秒って話だったので。
放映日も教えて貰ったけど、秘密っ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/01/19

アイマス

アイドルマスター XENOGLOSSIAのキャストがもう発表されていたんですね。
昨日アニメディアを(やっと)立ち読みして気が付きましたわよ。
総入れ替えっつうことで・・・。
一気にアニメは興味無くなりましたから、ええ(にっこり)
勿論リンクもワザとでしてよ。
ググると表示される。
大人気業務用ゲーム「アイドルマスター」がファン待望のアニメ化!!
の文字が泣けますな。。どこのファンが待望してたと思ってんじゃ、コラぁ!!!!
別にゲームのファンなわけじゃないんでファンの間での人気とか全然知りませんけど。
それでもシンクロ率100%と噂に聞く律子役の若林さんまで変えて、どこのファンが喜ぶと思ってるのかね~。あーあ。

ということで興味はもっぱらこちらへ。
Xbox360版ゲームソフトと同時発売! 『アイドルマスター NEW STAGE.02』からキャストメッセージが到着
(情報元:カトゆー家断絶さん)今回のCDには理恵ちゃんが出てるようなので、買います。ええ、所詮私の興味はそこだけですから(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本の表現力

こんな間際になって、やっと発表された、「日本の表現力」の上映スケジュール。
こういうのはもっと早く決めてほしいっすぅ。

上映作品リストはこちらのブログ
各上映時間はこちらpdfファイル

ということで。「鋼の錬金術師」(表記されてないけど第1話だよねぇ?)は「時代を作ったアニメーション(TV編・映画編) その2」にあたるので、1月24日と1月31日の上映になります。
チワサキさんが時間まできっちり掲載されてます。詳細な時間ってどこに載ってました?>チワサキさん
23日が早退予定なので、24日も休むのは無理~。
ということで31日に行く予定。
21日はランドウォーカーが見たいのっ。だって、まさにレイバーよレイバー。
レイバーつったらアルフォンスだもん(いや、それアルフォンス違いだから)。>Mさんご予定いかが?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/01/18

理恵ちゃんネタ

TVアニメ『ハヤテのごとく!』のヒロイン役が理恵ちゃんに決まったそうです。
原作者の指名だったようです。

ルーンファクトリー-新牧場物語- ザ・コンプリートサウンドトラック本日発売!
ジャケットには出てるけど、朴さんと理恵ちゃんもちゃんと出てるのかなぁ。詳細が不明~。

ツンデレ度チェックなんてものがあるんすね。
ためしにやってみたら……ツンデレでした orz。
違きゃ違うでつまんないんだろうけど。なったらなったで、え? 違げぇよーと叫びたくなるのは何故?

釘宮病チェック
わー、さすがに把握しきれません。

以上、情報元は全てカトゆー家断絶さん経由(若干そこからさらに辿ってるものもあります)。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2007/01/12

ガンガン2007年02月号 鋼の錬金術師第67話「この国のかたち」 ネタバレ感想1

ブログピープルの記事検索ワードランキングの2位でしたよ。「鋼の錬金術師」。
今はもう、22位に落ちたけど。
いつも、ピーとかピーが1位、2位をしめてるのに。一時的とはいえすごいっ。
みんな気が早っ(笑)。
と・い・う・わ・け・で。以下途中までだけどネタバレ感想です。
 
 

  
よっしゃ。
キターーーーーーーー!!!!
キタ、キタ、キタ、キタ、キタッ!!!!!
もう、まさに、ジェットコースターのテッペンに昇りきったきった気分ってでもいうの?
(いや、高所とスピード恐怖症なんで乗れませんが)
今まで先が読めなかったのが、ここに来て一気に見えてきたっつうか。
うわー、うわー。すっげー。超絶楽しいっ。
もう、待ってましたって感じ。
いやん、鋼ってばやっぱ最高。


■本(多分文庫?)を読むアル
か、可愛い~。あんなちんまい本を手錠につながれた手で読んでる~。
ところであの手錠。両端が明らかに今さっきぶった切って即席で作りましたって感じがナイスです。牛さま芸が細かい~。

■「察してくれ」
うわーい、オリヴィエ姐さん、人質まで汲み取ってくれてたぁ~。
やっぱカッコいいよこの人。
「察してくれ」にちゃんと意味はありましたね>のわこさま
大総統までは、勘ぐりだったけど(笑)。
前回、私だったら袋叩きと書いたけど、オリヴィエ姐さんだったら…斬るんだ・・・。

■「力を貸して欲しい」
もしかして初めて? いつも自分達だけでなんとか使用としていたエドがこんな風に人に頭を垂れてお願いするなんて(いや、頭は下げてないけど)。
もうほんと成長してくよ、このこは。

■合同訓練
実はこれ、ちゃんと伏線あったんですよ。
BLUEについてた小冊子のマンガあれの最後のページ、ジャンが北方司令部との合同訓練を申請してます。そのうち使うだろうと思っていたけど、こんなに早くとは思わなかったわ。

■ライバルが減っていいな
これ、ある意味、少将にとっちゃ最大限の褒め言葉なのでは?
リザやジャンは自分の部下として使えそうだから失くすのに惜しいんでしょ?
ロイは自分にとって目の上のたんこぶになりそうな存在だから、どうでもいいし、失脚して欲しいってことだものね。無能なら失脚を望む必要すらないはずだもの。
大佐、がんばれー。
あれ? もしかしてじゃあファルマンも、少将がブリッグズに引き抜いたのか、も?
あの知識量に対して、特に驚きもなく当たり前のように反応してる。
もしかして。知ってた?

■「全国、あとコンパスも」
なんかこのシーンすごく好きなんですけど。萌えるっ。
アルが路線の行方を確認して、エドがそれを見て地図が必要なことを察して、アルが更にそれに補足を加えて。相手の行動を自分の事のように分かりきってるのが。うきゃーです(笑)。

■方程式
特に、ファルマンの台詞にはありませんでしたが、地図に書かれた1908年は勿論、イシュヴァール殲滅戦開始の年です。

■建国後すぐ
ここが重要。
1558年リヴィエラ事変が。建国後すぐ。クセルクセス崩壊も、建国後すぐです。
とりあえず、過去の部分だけ追加修正してアップしなおしました。年表。そちらを参考してね。
建国後すぐ、クセルクセスが崩壊してそこの生き残りとされる東の賢者がアメストリスに現れ、その後プライドとラストが誕生している。
そしてリヴィエラ事変も建国後すぐ。
果たしてどちらが先なんだ???

そしてクセルクセスのあの遺跡。
五角形に面した5つの太陽は魂、円に面した月は精神だとエドは言っていた。
今回エドが地図に書いた錬成陣を見ると、中の五角形の角はラースが生まれる以前のもので、外の五角形と円の接点にあたる場所は、ラースが大総統就任以降というのも興味深い。
メイ・チャンの台詞「たくさんの人が蠢いている感ジ」というのも気になる。
ラースが生まれる前は、地に、賢者の石の成分とすべく「生きた」人間の魂を埋めていた?
なら、精神はどうやって配置するのだろう?
エドの解釈では、精神は魂と肉体を繋ぐもの。
イシュヴァール殲滅戦
第二次南部国境戦
リオール
西のペンドルトン
どれもまだ生きて肉体を持った人たちがいる場所だ。
そこに留め置く必要があるとか?
イシュヴァール殲滅戦だって、殲滅戦と言いつつ生き残った人がいる。いやでもそれは偶然生き残れただけで、ラースの本来の意図とは違ったはず。
やっぱりラースの意図は人の死だ。
なら、死体であってもそこに肉体があれば、精神は存在しているとでも?
うーん、謎がつかめそうでつかめないっ。

とりあえずタイムアップ。
続きはまた今度。時間のとれる時に。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2007/01/11

鋼ネタじゃないんですが

ちょっとびっくりしたので。
『地球へ・・・』が再アニメ化
昔、すんごいはまってたんですが。このマンガっ。はじめて自分で買ったマンガがコレ。
すでに人生見えてたな。「なかよし」とか「りぼん」とかの、女の子女の子したマンガじゃなかったあたりからして。
逆に、おかげで竹宮作品を激しく誤解しましたが(だってこんなマンガ読んだら、バリバリSFマンガ描く人かと思うじゃん)。

映画も観に行った。
メインの声優に、ソルジャー・ブルー:志垣太郎、ジョミー:井上純一、キース:沖雅也、フィシス:秋吉久美子、なんてめちゃめちゃな配役で(まあ、さほど下手だった印象はないけど)。
それぞれのキャラのコスチュームを相当額で作り、コスプレで取材を受けたんだかアフレコをしたんだか、台本片手にした4人のそんな写真を見たような記憶があるぞ。
そんなんに金を使うから映画がショボくなったんだ。と当時小学生だった(そこ、計算しない!・笑)りほさんは呟いた記憶がある。あ、でも声優陣は、古谷徹、神谷明、小山茉美、池田昌子、岸田今日子と、今考えてもすごいメンバーだったのだけど。

いや、良く覚えてるなぁ、自分。これ一切資料調べないで書いてます(笑)。

今回は、アニプレックスで、南町奉行で、山崎理、出淵裕で、結城信輝って。何事? この豪華顔ぶれ。
映画は恩地日出夫なんていう、アニメ畑とは関係ない人が監督だったんだよ?

うわー、なんかすごい期待なんですけど。お願いだから、「大江戸ロケット」と時間ぶつからないでねっ(超重要!!)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/01/10

ただ今、投票受付ブツ

〆切りまではトップに置いておこうかな。以下リンク先からの引用です。

声優アワード
第1群 一般投票により一次選出を行う部門
主演男優・女優 各1名
助演男優・女優 各1名
新人賞 1名
歌唱賞 1名
ベストパーソナリティ賞 1名

一般投票
応募用紙・web・携帯での投票が可能です。
1人1票を原則として、以下の場所から投票できます。
(1) 「声優アワード」
(2) 「アニメロミックス」 [QRコード]
(3) 「アニメロ★うた」 [QRコード]
(4) 「超!アニメロ」[QRコード]
(5) 「BUNCAモバイル」[QRコード]
(6) 「モバイルニュータイプ」[QRコード]
(7) 東京アニメセンター、他に設置の投票用紙(東京国際映画祭(エンタまつり)から投票箱を設置)
 

情報が変わっていたので変更しました。
……「鋼の錬金術師」としての応募ではないけれど。いかがでしょう?……
第11回手塚治虫文化賞の応募は〆切りが過ぎたので削除しました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/08

小栗ネタ

今日、ロボコンの再放送を見て思い出しましたよ。
そういえば昔、小栗旬、出てましたよね。ロボコンに。

ロボコン
ロボコン
posted with amazlet on 07.01.08
東宝 (2006/03/24)
売り上げランキング: 6216
おすすめ度の平均: 3.5
3 ロボコンの面白さは出ていたが・・・
3 地味。
5 すべての高専関係者(及びそれ以外の人)必見の傑作!

ロボットオタクに、ロケットオタク。微妙に接点が?

この間、はなまるにゲストで出た時、声を聞きたくて友人に電話するので声を聞いたらそれだけで満足してしまうだとか、友人に自分から遊びに行こうと言えない理由が「オレがお前を求めてる」ってことを知られたくないからだとか、なかなか素晴らしい発言をしていましたね。そうか、そうやってエドを落としたのか(違います)。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

年表更新しました

2007年1月号分まで年表を更新しました。
こちらから見れます。

使用上の注意は以下の通りです。

●エクセルファイルの為、エクセルがインストールされている環境のみ閲覧可能です。
●黄色のセルに太字で入っているのが、いわゆる年表っぽい記載内容です。アメストリスの世相として認知されている事柄のみ。なので、ホムンクルスや、大佐が暗躍している部分の掲載はしてありません(多分)。
●各個人の大きな出来事と判断したものは青太字にしてあります。
●左右のカラーは、コミックスのタイトル文字に近い色にしてあります(巻数は右側にあります)。コミックス未収録分はグレー。
●色セルの上に、「?/?」や「↓」は矢印の連なっている部分は全て同じ日の行動です。ただし、月日の掲載がほとんどないので、空の状態や影の長さを見て判断しています。おかげで雨の日は無能です(笑)。
●今見える形だと、「エドとアル」、「人造人間」、「軍」、「イシュヴァール」、「実験体」、「リぜンブール」、「ダブリス」、「シン国」の8にカテゴライズされていますが。実際にはキャラクターごとにセルを別けて掲載しています。
見たい場合は、「再表示」プラス「セル幅」を調節して表示させてみてください。
●大きな更新の際はお知らせしますが、小規模なものについてはお知らせせずに更新することがあります。また更新時は、追加だけではなく修正も行っていますが、どこがどう変わったお知らせできません(細かすぎて)。ご了承ください。
●そもそも自分用に作成したものなので、他人が見て見やすいかなぁ??? です。
●それでも良いという方は、ダウンロードしていただいて構いませんので、取り扱いはご自由にどうぞ。
●改造も自由です。
●でも、何か誤りがあっても保障出来ません。ごめんなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/07

年明け早々

年明け早々、コメントやメールのレスが遅れてます。すみません。
ちょっと年始は私的な理由でばたばたしてます。
そんでもって、鋼の年表の今四苦八苦しながら更新してますが。
とりあえず、気が付いたのは。
以下ネタバレです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


ウィンリィが出てきたあのシーンって、未来だわ…ってこと。
スロウスが出てきたのも、スカーvsキンブリーも、メイ・チャンとマルコーが手帳を見つけたのも全て、ホテルマンが言った「昨日」の出来事のはず………です。つうことでウィンリィの再登場はもうちょっとあとなのかもね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/02

年明けのご挨拶

あけました。おめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。
とりあえず、今年の鋼関係自分用覚書き。
土日を考えないで書いてますので。発売物関係はずれてる可能性があります。
詳細については各自でご確認くださいませ。
ガンガンの発売日くらいは覚えてますのでそれ以外。


1月 4日:ガンガンアートコレクション書店申し込み〆切
1月21日:Mさんと文化庁メディア芸術祭10周年企画展にデート
1月23日;上京されるTさん希望によるYさん企画で執事喫茶へ帰宅
2月18日:AC5or焔VS鎧 一般参加予定
2月22日:「ガンガンパワード4月号」発売予定
2月24日:ガンガンアートコレクション発売予定
2月28日:朴さんのマキシシングルNaked Flower発売予定
3月22日:「鋼の錬金術師16」発売予定
4月:劇場版「灼眼のシャナ」の舞台挨拶に理恵ちゃんが来るなら(笑)行く予定
4月22日:「ガンガンパワード6月号」発売予定
5月27日:戦え!兄貴と私一般参加予定
6月10日:トリアル一般参加予定
6月22日:「ガンガンパワード8月号」発売予定
7月22日:「鋼の錬金術師17」発売予定
8月17日?or18日?:夏コミ一般参加予定
8月22日:「ガンガンパワード10月号」発売予定
10月21日:行こう!兄貴と私 一般参加予定
10月22日:「ガンガンパワード12月号」発売予定
11月22日:「鋼の錬金術師18」発売予定
12月22日:「ガンガンパワード1月号」発売予定

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »