« プライドは誰なのか | トップページ | 妄想10cmバトン おまけ »

焔の錬金術とは何か?

ハガレン・ピープル連投になってすみません。書けるうちに書いて置かないと忘れそうで。
こちらも、コミックス収録分からの考察です。コミックス派の方、ご安心を。

2巻
7p
「手袋は発火布っつー特殊なのでできててよ 強く摩擦すると火花を発する あとは空気中の酸素濃度を可燃物の周りで調整してやれば…「ボン!」」

パーフェクトガイド2
21p
空気中の二酸化炭素から酸素を錬成し、燃やす対象周辺の酸素濃度を調整する。火花そのものは、摩擦やライターで発生させる
 
10巻
43p
「発火布が湿気ってちゃお得意の炎も出せないわね」
 
10巻
45p
「大量のガスがあるという事は大量の酸素があるという事だ 可燃性ガスは錬成し放題」
 
15巻
7p
「おまえに「焔の錬金術」は早いな」
 
15巻
9p
「最高最強の錬金術だ 使い方によっては最凶にもなり得る」
 
15巻
86
「並みの錬金術師には解読できない暗号で書かれていると」
 
焔の錬金術に対する記述は大体このくらいですかね。
 
総合して、ロイの発火布に書かれた錬成陣は実際には「焔」となんら関係ないことが分かるはずです。
空気中の成分を調整するだけです。
さしずめこっちの世界だったら、二酸化炭素を酸素に練成して、地球温暖化を阻止するのに使えそうな技ですね。確かに最強です。
二酸化炭素は安定しているので分解が難しい為、こんな事が簡単に出来るたらノーベル賞ものです。
うん、本来ならね。
そういう代物なはずなんです。
 
なのに、何故この技が「焔の錬金術」と名前が固定されるのか? これが不思議でならない。
 
そこで気になるのがリザの台詞。
師匠の残したものは、暗号で書かれているはずなんです。
 
なのに、リザの背とロイの発火布の錬成陣にはさした違いがない。
ロイの方がかなり簡略化されている、くらいですか。
暗号を解いた結果がこれ??
余計に書かれたものは全てストッパーであり、それを取り除かないと発動しないとか、そんな感じ?
 
マルコーの暗号はそれこそ、まったく別物でしたよね。
牛様にしてはこの暗号、あまり捻りがないような…。
 
ロイの錬成陣はフェイクで実は実際に発動しているものは手に書かれている……わけじゃないことは、10巻に手の甲に傷をつけて発火布と同じ錬成陣を書いた事で否定されてしまったし。
 
そこで考え付くのは、ロイの錬金術と、師匠の焔の錬金術は別モノなんじゃないか? ということ。
ロイの錬成は決してちゃちなわけではないけれど、本当に最高最強最凶か? と問われれば、キンブリーが賢者の石を使って錬成した時の方がよっぽど最凶だったと答えたい。
最終兵器としての物足りなさを感じてしまう。
 
ロイは「焔の錬金術師」を名のっているけれど、自分の錬成を「焔の錬金術」と言った事はない。
あれはあくまでも、大気の成分を変換させる為の錬金術だ。
用途のひとつとして火炎放射に利用しているだけ。
 
師匠が残した「焔の錬金術」とはまったく違うんじゃないだろうか。
「焔の錬金術」をロイはまだ解読出来ていない。
もしくはその最高で最強にして最凶ゆえに封印した。
 
もしいつか、師匠が「焔の錬金術」を残して逝ったと噂がたった場合。
「それは自分が受け継いだ。それがこの技だ」と言った方が、知らぬ存ぜぬで隠すよりも、案外人は信じやすい。
「師匠の研究途中だった錬成陣を見たことがある」なんて人物が現れた場合も、解読前のものと似ている発火布を見ればあっさり納得するだろう。
 
もしかして、もしかして……。最後に出てきたりしないかな……なんて、そんな事を期待しているのだけど。
どうなんだろうなぁ。

« プライドは誰なのか | トップページ | 妄想10cmバトン おまけ »

コメント

地球温暖化_| ̄|○ノシ笑ってしまいました。
確かに最強だ
私も大佐はまだまだ色々ネタ隠し持ってるような気がします。
最後の最後で出てこないかなぁ
それかあれだ!
鋼の錬金術師完結して、
新連載の焔の錬金術師で明かされるとか!@ありえない

りほ様、TBさせて頂きました。本当はラースが何ものかとか、色々と気になっております。

これからも記事を楽しみにしてます。

ROBOちゃん、ありえないことはありえないゾ?(笑)

>ROBOさま
はう、マズイ。ROBOさまという先入観のせいか「大佐はまだまだ色物ネタ」と読んでしまいました。ふー、危ない危ないっ(笑)

是非大佐には、こちらの世界で温暖化防止を、と考えてみたらこちらの世界では錬金術使えないからノーベル賞授与は危うい事が判明しました。やっぱりただの無能?

>新連載の焔の錬金術師で明かされるとか!
本当は、いいえ、鎧の錬金術師が開始します。
と言いたいところですが。
鋼の最終回でアルは元の身体に戻る予定なので、仕方がない。その座は、大佐に差し上げましょう。

と冗談はこのくらいとして(え? ホントに冗談だったのか?)。
大佐が出なくてなってもう、丸々1巻分以上になりますからね。そろそろ美味しい役回りが回ってくる頃ではないでしょうか。
やっぱり彼だって、子供に任せっぱなしワケにもいかないでしょうから。きっとそろそろ何かデカイことを仕出かすのではないかな?

コメントありがとうございました。

>真朱さま
TB報告&コメントありがとうございます。
やっぱりこの内容は、大佐ファンの方が書かれた方がカッコいいですね。なんかキラキラしてますもん。羨ましいー。私に真似できないっす。ちょっと修行してきまーす=3=3(脱兎)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28666/14048803

この記事へのトラックバック一覧です: 焔の錬金術とは何か?:

» 焔の錬金術師アレコレ+リザ [白き焔BLOG]
後半はオトナ限定。(苦笑) 一応、単行本の範囲内の話でまとまってるはず。 [続きを読む]

« プライドは誰なのか | トップページ | 妄想10cmバトン おまけ »