« 16巻と小説6巻とフレッシュガンガンと(ネタバレ含みます) | トップページ | 青鳥コンプ »

2007/03/26

24日のイベント

24日はアキバのアニメセンターと東京国際アニメフェアのハシゴをしました。

■ハヤテイベント
まずは、アニメセンターで「ハヤテのごとく!」のトークショウ&試写会。
思ったより少ない? 100人くらいかなぁ。
1枚で2名入れるので、50枚??
私は1人でしたけど。>レスくれなかったんだもん、JDCさん。メル届かなかったのかなぁ?
アニメフェアに客を取られたのかな? と思ったら客層が微妙に違いました。
小・中・高生がメイン? 「週/刊/サ/ン/デ/ー」紙面での応募だったから、純粋に雑誌の読者が多かったのかもしれない。
ごめんね、不純で(笑)。しかも56番目のくせに、1人参加のフットワークの軽さで2列目をゲット!(1列目は関係者席なので事実上1列目)
テレビ東京のアナウンサーのお兄さんが色々イタかったですが(笑)。
 
まずは試写会用特別バージョンの上映。
といいつつ、流れたのはAパートのみ(爆)。
代わりに、黒い背景の中ハヤテとナギの文字と声が流れる。
「もしかして間に合わなかったのか?」「そそそ、そんなことは決して」とかそんな押し問答。
そりゃ、確かに特別バージョンだわね……。
 
そして声優さんの登場~。とスペシャルゲストで監督と原作者の畑さんも登場。
理恵ちゃんの洋服は、黒のタンクトップの上に赤い花柄のノースリーブ、白いミニスカートにロングブーツ。
久々に見た理恵ちゃんはやっぱり可愛い~。
人の話を聞く時の仕草とかひとつひとつが可愛いんだもん。
いいなぁ~。癒されます。
「台詞が多くて早口なのが大変~、理恵苦手なのに」とこそっと言っていたのにニヤリ~。
最近、「ゼロの使い魔」のラジオに早口言葉を言うコーナーがあって、日野ちゃまと2人して咬み咬みにしゃべってますから(笑)。
どんなに早口で頑張っても若本さんに持っていかれてしまうのが悔しいという話。
ハヤテの色んな作品のパロはとりあえず原作のまま撮るという話も。あとでピー音を入れるそうですが(笑)。
そして、原作者さんが何か質問を受ける度にすがるような目で監督を見上げて答えるというなんか異様な構図に、理恵ちゃんがすかさず「何そこ変な世界作ってるの?」(だったかな?)と突っ込みを入れてました。
うん確かに異様にホモ臭いと思って見てたのよ、あの2人(爆)。
 
ところで。
男性の方が多いイベントって始めてだったので分からないんだけど、あれが普通なのかな??
女性の場合は、ともかく好きな声優さんが出たらまず騒ぐ(笑)。それ基本でしょ? 
きゃーきゃー言って手を振って貰って。それが楽しいんじゃん(笑)。
はっきり言って、ここにいるのが誰のファンなのか最後まで分かりませんでした、わたくし。
 
なので、とりあえず1人だろうが、こんなもんはやったもん勝ち。
去り際に「理恵ちゃん、理恵ちゃん」って手を振って、手を振り返して貰ったぜっ(やりぃ)。
 
したら、理恵ちゃんの後ろで「あ、私じゃないか」と言った声が聴こえ……。
しまった……今回は理恵理恵コンビだったよ。田中さんも「理恵ちゃん」だったよ……。
「あ、あ、えーと、釘さまの方で……」と言ったけど聴こえたかなぁ。
 
確かにこういう時困る。
「釘さま」は最近スタジオでそう言われていると前にラジオで言っていた呼び名なのだけど、実はあんまりしっくり来てない。
かといって「くぎゅ」とか「くぎみゅ」は2ちゃんねる用語だしなぁ。
ままま、まさか「あにめ」とは呼べませんとも、ええ(笑)。
 
トークショウの詳細については放送コードギリギリの執事コメディ!? TVアニメ「ハヤテのごとく!」試写会&舞台挨拶をご参照ください。
と言いたい処だけど。
コメントが違う…。聞き間違いとか、そうも取れるとかそういうレベルじゃない。
知らない内容多すぎ。しかも予告の最後の台詞? ありえねぇよ。
これってプレス向けイベントだわ。
多分読者向けイベントの後、プレス向けが別途行われたんだろうな。
で、そっちでは完パケ前のBパートを流したんだろうな。
 
 
■LIVE
そして。
脱兎のごとく移動~。12時30分には有明に着きました。
朴さんがトップなんて事はまず有り得ない(普通トップは新人でしょ?)のでとりあえず間に合うはずっ。と辿り付いた時にはちょうど1人目が終わった処でした。
まあ、席に座れるわけはないと思っていましたが。
豆粒ほどでも生で見れないかなぁと思っていたんですが。回りの背丈に負けてまったく見えず…。
オーロラビジョンだけで見てました。
朴さんは紫の帽子に白いシャツに黒いミニだったかな? 
ダンサーひっさげ歌ってましたけど。
ホント、人の頭と頭の間から少し見えるだけ。悔しい~。
歌は「NAKED FLOWER」1曲。
言っていいすか? その前の人も、その前の前のグループも2曲歌ってたよね。なんで1曲だけなのさ。
それも、CDよりスローテンポでちょっと歌いづらそう。高音も出きって無かったしなぁ。
あきらかにアイドル声優狙いな男性層を前に歌うのはきつかったろうけどね。
なんか、この日の朴さんはちょっと精彩を欠いていた。というか体調悪かったのかなぁな感じでした。
それは「BLUE DRAGON」の製作発表でも思ったのだけど。
 
 
■「スカルマン」
これはボンズ作品。
1980年頃を舞台にした物語なのだけど。それでもどこか違う世界。
横書きが右から左だったり。
そのちょっと古い雰囲気がどこか、「ひぐらし~」を思い起こさせます。
それだけでちょっとワクワクかも。
顔が髑髏とか言うとどうしても黄金バットが浮かぶんだけどねぇ(別に世代じゃないけど)
主役の男性声優さんが有名な方だったの? 彼のファンの人と言ったら結構手があがってました。
「女性の客100%そう(彼のファン)じゃん」と言われ、いや監督のファンもいるでしょうと言うと。
ぱらぱらと手があがってましたが。
ごめん、どっちでもなくて。
渕っちゃん(出渕裕氏)目当てでした。
だって、氏の絡む作品ってコアで絶妙にマニアックで面白いんだもん。
違うイベントのだけど『スカルマン』アニメ&実写特撮 合同記者会見レポート!なんてものもあったようですね。
 
 
■「BLUE DRAGON」
これは朴さんが出演する作品。
他に監督と根本圭子さん、葉月絵理乃さんが登場。
キャラクター原案の鳥山明氏などからのメッセージも到着。
スペシャルゲストとしてOP担当の…(誰だけ?)の人も登場(笑)。
朴さんは、アースカラーのキャップに黒とローズピンクのタンクトップを重ね、その上に黒いジャケット。ボトムはジーンズ。
流れたPVは、ともかく朴さんしゃべりまくり! 誰が主人公??? ってな感じでした(笑)。
主人公を鍛えあげる役回りだから説明台詞が多いのかな? これは結構期待かも??(ホントは鳥山明の絵って苦手なんだけどさ・笑)
で、司会進行役のインタビューに声優さん3人で答えていたのだけど。
5話アフレコが終わったとの事だけど演じてみての感想は? という問いに根本さん、葉月さんと答え、朴さんに振られた時「ごめんなさい なんの質問でしたっけ?」
……え?……。
いや、私も2人の回答を聞いているうちにどんな質問だったか忘れてましたけど(爆)。
聞かれていた本人が抜けるって…。
だってこの手のイベントは台本があるはずだし。
朴さんてイベントでは元気がいい、というイメージがあったから。
今回は製作発表会でプレス向けというのもあるし、主役じゃないから、朴さんが前に出るわけにもいかないというのはあるだろうけれど。
大丈夫だったのかなぁ。
……ちょっと本気で、体調が心配……。
こちらにレポ記事出てますね。
【TAF2007】『BLUE DRAGON』OPにw-inds.の橘慶太
誰がメインやねん、って内容ですが。 
 
 
■「ハヤテのごとく!」
そして最後にもう一度、理恵ちゃん。
他にこちらでも、白石涼子さん、田中理恵さん、監督が登場。
みなさん衣装変えしてました。
理恵ちゃんのトップはなんだたっけ?ノースリーブだったのは覚えているのだけど。
ボトムは黒のミニに、アースカラーのニーソックス。
こ、これって、いわゆる絶対領域ってやつ?(爆)
そしてスペシャルというか飛び入り?で伊藤静さんも登場。
こちらでの上映はOPのみでした。
一応差別化はして貰えていたようです。
 
こちらのトークは司会進行がいない分、かなりのびのびとした様子(笑)。
そして前回も今回も白石涼子さんが仁王立ちで声をあてている様子が男らしいという話に。
そもそも普段の立ち姿からして男らしい、という突っ込みは無しですか?(笑)
金魚鉢の向こう側でのエピソードとして台本をめくる音などが入ってしまうノイズの話として、若本ノイズというのが存在するという話とか。
キャラクター紹介の映像は伊藤さん担当のヒナギクだけ色がついてなくてしょんぼりしてました。OPには出てくるけどあれはままだ決定した色じゃないらしい。
すでに収録済のキャラクターソングCDの話とか。
ちょっとどっちのイベントでの話だったかすでにごっちゃです。
違ってたらごめんなさい。
 
で、以外に少なかったのがアキバ経由でこっちに来た人。
手をあげてと言われたら、ぱらぱらくらいしかいなかったんだけど。
……そんなもんなの???
やっぱり男性ファンて分からん。
多分このイベントが一番人が多かったと思う。座席数を増やしていたし立ち見なんてすごかったもの。
「BLUE DRAGON」から場所取りして無かったら絶対ヤバかった。
センター1列目なんて、席取りにとっくみあいのケンカしてスタッフに止められてた人いたのにね(ちょっとドン引き)。
この方たちって、好きな声優を追うんじゃなくてアイドル声優を追っかけてるのかなぁ???
 
これだけ公式レポのリンクが貼れないや。ちょっとこれだけは遅いかもしれないです。
あがったらリンク貼りますけど。
プレスさんが目の前だったので聞こえたのだけど(おかげで目の前にどかっと壁が~)、事前申し込みのないプレスさんは写真撮影禁止、のちほど提供される写真を使用してください、とスタッフさんが言っていたのが聞こえたので。

以上 ながったらしいレポでした~。

|

« 16巻と小説6巻とフレッシュガンガンと(ネタバレ含みます) | トップページ | 青鳥コンプ »

2100 朴さん関係」カテゴリの記事

2200 理恵ちゃん関係」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうございました! せっかくなのでトラバさせていただきました♪
場所取りってどんなんだったんでしょうね? ハヤテは整理券がないと入場できないはずなんですけど…。プレス席で取り合い? うえーやばいですね。逆に秋葉原に行った方々は、整理券がゲットできないのがわかってたから来なかったのかな?
朴さんのステージ衣装、紫か黒のベレーに白シャツに黒ミニスカ(に黒レースのぱんつ・笑)、黒ブーツでしたが、シャツの後ろがばっくり開いててネクタイがぶら下がってました。相当セクシーな衣装で、正直あのお子様ステージにはもったいなかった…。しかしお疲れのもようでしたね。前の週もファンクラブのイベントでコンサートだったみたいなんで、疲れが溜まってるんじゃないかなあと思いました。
うわ、長文コメントごめんなさい。ではでは!

投稿: さや | 2007/03/27 00:46

お疲れ様でした~。
あ、文章ごちゃごちゃで分かりづらいっすね。よろしくないなぁ。失礼いたしました。
「BLUE DRAGON」から場所とりをしてたのは柵の外側。立ち見席です。
下手側のサイドから後ろまで柵の外にびっしりっ。
「BLUE~」の時は1重か、せいぜい2重くらいの列だったんですが。
「ハヤテ~」の始まる時間になったら、3重4重のすごい人だかりでしたよ~。
 
プレスはその柵の内側を、ぐるりと客席を囲む形で立っていました。
なので、せっかく障害物のない柵の一番前をキープしていても、始まる頃には目の前にはプレスの壁が……だったんです。
 
席取りでとっくみ合いをしていたのは、整理番号の若い方々でしたけどね。
入場開始の瞬間は、まさにコミケ開場の瞬間のような怖さがありましたよ~(笑)。

>シャツの後ろがばっくり開いててネクタイがぶら下がってました。
わっ、その衣装ってもしかしたら「NAKED FLOWER」のジャケット撮影で着ていた服かも?
うわー、そんなの全然見えなかった~。(>_<)

投稿: りほ | 2007/03/28 14:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28666/14405912

この記事へのトラックバック一覧です: 24日のイベント:

» さて問題です(記事をまとめました) [有耶無耶の錬金術師・改]
※ごめんなさい、記事とコメントをまとめさせていただきました※ さて問題です。わたしはどこにいるでしょう? …ははは、某Kさまがイベントに上京するとのことで気軽に便乗してみたら(笑) 6時32分:有明ワシ... [続きを読む]

受信: 2007/03/27 00:41

« 16巻と小説6巻とフレッシュガンガンと(ネタバレ含みます) | トップページ | 青鳥コンプ »