« 電撃ムービーフェスティバル レビュー | トップページ | 電撃文庫ムービーフェスティバル 舞台挨拶 »

「ラグトニア」再開ぃぃぃ???

潮見知佳の「ラグトニア」の1巻を店頭で見つけマジにびびり。
 
これって、これって、もう1●年も前に同人誌で発表していた作品じゃんっ。
 
その後デビューが決まりイベント参加する時間がとれなくなり、連載が立ち消えになり、本人も再開は無いと言っていたのに。
 
うわー嬉しい、嬉しい、嬉しいよぉぉぉ。
彼女の作品の中では、この作品が一番好きなのでめっさ嬉しいっ。
さっそく購入して読みはじめてみると。
おおっ、リメイク版じゃないよ。ストーリーが変わってない。
結構、記憶のまんまじゃんっ。
あ、コマも台詞もをまり変えずに絵だけ描き直してる頁もあるんだ。へー。
うわー、懐かしい~。うんうん、こんな話だった。そうそうっ。
設定とか忘れていたわけじゃないのだけど、もう昔過ぎて思い出す機会も無かったから。
今までまったく気がつかなかったのだけど。
 
自分にとってツボ処がどこにあるのか。如実にわかってしまいました。
 
「ラグトニア」ってこんなお話。
主人公の少女ファルナが魔術師に左目と両足を盗られ、旅の途中で知り合った同じく魔術師に右目を持っていかれたマッチョな大男カルダスと二人、元の身体を取り戻す為の旅を続ける。
 
あら??  おほほほっ?
どこかに似たような設定の話、ありませんでしたっけ???
しかも、美女と野獣的凸凹コンビ。
あーもう、笑うっきゃない。
そりゃ、鋼の設定が私的にツボだったのは偶然じゃなく必然だよっ(爆)。

ちなみファルナはある国の王女。
カルダスは、
(コミックス未収録の為念のためネタバレ回避)
ある国の元守人。誰よりも強いがゆえに守人という職を与えられ、攻め入る敵国の多くの人間を殺してきたという罪を背負っている。
(ネタバレ終了)
ファルナは足が動かないので常にカルダスの右肩に乗せられ、太もも(しかも生足)をカルダスの手にいつも支えられている。
そして天井が低い場所ではお姫様抱っこ状態。

こんな2人をエドとアルで妄想してしまって…………超、激、萌え……。
姫兄騎士アル好きとしてはちょっと耐えらんない。
うわーん、誰か二重パロ書いてor描いてくれないかなぁ。
 
 

ラグトニア
ラグトニア
posted with 簡単リンクくん at 2007. 4.22
潮見 知佳
祥伝社 (2007.4)
通常24時間以内に発送します。

« 電撃ムービーフェスティバル レビュー | トップページ | 電撃文庫ムービーフェスティバル 舞台挨拶 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ラグトニア」再開ぃぃぃ???:

« 電撃ムービーフェスティバル レビュー | トップページ | 電撃文庫ムービーフェスティバル 舞台挨拶 »