« エドコスキティ 改造中 | トップページ | ガンガン2007年06月号 鋼の錬金術師第71話「紅蓮の男」 ネタバレ感想2 »

ガンガン2007年06月号 鋼の錬金術師第71話「紅蓮の男」 ネタバレ感想

感想を書いてたらもうこんな時間に!!!!
人が感想を書こうとしたら甥っこに「ガンガン」を奪われたとか、アニメ「ハヤテのごとく! 第7話」の「天○突○グ○ン○ガ○の第4話TV放映バージョン」っていうのが意味分からなくて色々回っていたら遅くなったとか。で、ついその4話を某所で観て「兄弟合体」って言葉につい反応してしまったとか、そんな理由です(はい??)。
 
 
■それ以上の意味も、それ以下の意味もありません
結局何も語ってないじゃねぇかよっ。
Mみじさんと「始まりの人造人間」の意味について語り合って、かなり大風呂敷を広げた展開予想なんかを立てていたんですが。
今回の説明だけじゃ、否定要素にも肯定要素にもならないなぁ。
彼についてはまだちょっと保留だな。
ところでプライドは影の中にいないとうぞうぞ君を操れないとか。
うぞうぞ君は光の下でしか動かないとか。
光の下と影の中では人格が入れ替わるとか。
何かあるんですかね?
プライドが一歩も光の下に出なかったのが微妙に気になる。
「貴女を影から見ています」って言葉があるものだから余計にね。
 
 
■「紅蓮の男」
いやなんか、こう、一瞬「俺は萌え燃えてるぜ!!」みたいに思いませんでした?
「嵐を呼ぶ男」(古すぎやん)とかさ。
いかん、いかん。前に自分でも書いたのにねぇ。
infoseekで「紅蓮」を調べるとこんな風に出ます。
 
ぐれん 0 1 【▽紅▼蓮】
(1)盛んに燃え上がる炎の色にいう語。「紅蓮地獄」を紅の炎の燃え立つ所と誤認したところからいう。まっか。
「―の炎」
(2)〔仏〕 紅色の蓮(はす)の花。紅蓮華(ぐれんげ)。
 
「炎の色」なだけで、実際に炎のように熱いわけじゃないのよね。
さらに誤認元の「紅蓮地獄」を調べると。
 
ぐれん-じごく ―ぢ― 4 【▽紅▼蓮地獄】
 
〔「鉢特摩(はどま)地獄」の意訳〕〔仏〕 八寒地獄の第七。ここに落ちた者は、寒さのために皮膚が裂けて血が流れ、紅色の蓮(はす)の花のようになるという。
 
見た目と中身が合っていない奴という意味なのか、人の血の流れる様を楽しむ奴という意味なのか?
色々とれそうです。
 
 
■殺さねぇ覚悟ってやつだよ!!
の次のコマがいいよね。
「悪りぃか、このタコ」とか腹の中で言っていそうなこの悪役人面。かちょええ~。
顔のあっちこっちで怒ってます。
 
でも昔はさ、アルを元の身体に戻す為なら悪魔になる事だって辞さないつもりで軍の狗になったクセに、とか言ってみたり。
ここまで言えるようになるまで、本当に色々な経験を積んできて。
今はあたり前のように言えてしまう。
この台詞は今、ここまで成長しなきゃ言えなかった台詞だ。
 
 
■世界の変わる様を見てみたい
お子様相手に本音暴露しまくってます。
ホントにキンブリーの考え方は至ってシンプルだ。
語弊を承知で書くとある意味「人はパンのみで生きるにあらず」を実践してる人だよ。
出世欲とか、偉くなりたいとか、美味しい物を食べたいとか。
物理的な欲がない。そんな事は多分どうでもいいんだ。
自分の快楽の為のみに生きている。
そりゃ、さぞかし精神的に満たされた日々をおくっている事でしょうともっ。
よけいタチが悪いってば。
 
 
■錬金術師という者は少なからず自己中心的な部分があるもの
初耳です。
だって6巻には「大きな流れの中のほんの小さなひとつ」とか「ちっぽけな存在」とか。
そんな言葉がある。
少なくとも自分を中心に世界は回っていない事を知る事が錬金術なんじゃないの?
となると。
 
ここからは希望的観測。
エドとアル、それとイズミの錬金術って、他の人たちの錬金術と少し違うんじゃないかな。
イズミはそもそも錬金術師の師匠から学んでいない。独学で身に付けている。
エドとアルはそのイズミから教わっているのだから、言うなればイズミ派の錬金術師だ。
真理の扉を開けたのが現存する錬金術師の中でイズミ派だけ。というのは。
偶然にしてはちょっと都合良過ぎるような気もする(マンガだからね、で済ますべき処なのか判断が付かないのだけど)。
 
 
■泣かないよ!
いい子だよな~。
嬉し泣きさせてやると言われたからには、それまでは絶対泣かないつもりなんだろうな。
しかも、キンブリー達に対して「あんにゃろう」とか思う前に。
まず自分の行動に腹を立ててる。
軍の狗となった以上、ウィンリィがどうであれ、エドは命令を断われない。
いつかそういう日が来るってことをエドが承知して軍の狗になった事だって、ウィンリィは知っている。
この命令を受けなければいけないのは、言ってしまえばエドの自業自得なのだから。
衝動にまかせて軍を逃亡すればもう、元の身体に戻れる確率は下がる。
命令に逆らえるわけがない。
それでも、ウィンリィはまず、自分の行動に腹を立ていてる。
普通こんな子いないよ。ホントいい子なんだよね。
分かっているんだけど。
 
牛様、お願いですっ、エドとウィンリィがラブラブになっちゃうシーンを原作本編では読みたくないんですっ。
その後とか、番外編なら我慢しますから。お願いします~。兄弟スキーのささやかな願いですっ。
 
 
■これで元の身体に戻れる
人間兵器になる事で、賢者の石を使って元の身体に戻れる。
というのはつまり。
人を殺す事で、人を殺したものを使って元の身体に戻れる
という事。
暗にエドはそう言っている。
アルにそれを受け入れるかどうかを、尋ねているわけじゃないんだよね。
そんな事受け入れられない事は2人の間では当然の必然だから。
 
もし何も腹案が浮かばなければきっと、エドは今手枷がないんだから、こっそりアルの手枷を解いてキンブリー達を殴り倒して逃亡する処なんだろうな。
それを選ぶか、エドの腹案をとるか、どちらか。
アルに尋ねているとしたら、多分そのどちらかぐらいだろう。
 
牛様の芸の細かいのがこの続き。
「敵を討ってやらなきゃ気が済まねぇ」とか。
「あいつ あのナリだから傷の男の人体破壊がきかねえんだ」とか。
アルにだけきちんと伝わるように(読者にもか?)キンブリーたちに大嘘をついていること。
そうやって、自分の腹案を、キンブリーたちをたばくらかすつもりでいることを、伝えている。
エドたちがスカーに求めたのは、敵討ちなんかじゃない。ちゃんと法の下で裁きを受けさせる事だし。
アルに人体破壊は効かないけど鎧破壊は効く。
それに気付くアルもすごいっ。
いいよなあ♪ このツーカーっぷり。
 
 
■はーい ちょっと そこ詰めて!
ウィンリィが要塞に残ったら、エドたちの造反が発覚した時点で要塞に電話1本入れれば、エドたちは動けなくなる。なら、エドたちの側にいた方が足手まといにはなっても足枷にはならない。
ウィンリィなりにどちらがエドたちの邪魔にならないか考えた結果ってことなのかな?
それとも何か協力出来そうな事があると踏んでいる???
 
 
■……
分かりづらくてすみません。
p267の2コマ目です。
ウィンリィのもっともらしい言い訳の最中のエドの台詞(つうのか?)。
寒冷仕様に付け替えた時はメンテの事なんて何も気にした様子がなかったのに、
あんな風にとって付けたように言われれば、エドとしても、彼女がそれなりの理由をもって付いてきたのだろうと考えて、ウィンリィに話を合わせたって感じがね。
この「……」と、エドの目線だけで伝わる。上手いよなぁ~。
 
 
■くくく……
腹黒!! ここにも腹黒がいる!!!!!
 
 
■女成分ならボスがいるじゃない
ってあなたも女成分のはずではっ!
 
 
■さーて どうやってこいつらまこうかな…
ここでもツーカーっぷりを発揮っ。
考える事は同じなのねっ(はーとっ)。
 
と思ったのだけど。
考えてみたら。
修行時代、廃ビルで鬼ごっこしてたのよね、こいつら。
もしかしてそれって修行の一環で。
こんな風に壁を錬成しての鬼ごっこだったのかな?
だから2人ともぱっと建物の中に入る事が浮かんだのかな?
 
 
■(鍛練術の事を訊くために)会いたかった!!
鍛練術って何???(笑)
最近誤植が多いなぁ。
 
 
■天然タラシ
まさか、オフィシャルで認められる日が来ようとは!!!!
はい。これでアルの天然タラシはオフィシャル設定。
決定ですからっ!!!!!
きゃーーーーーーーっ!!!!!
 
 
■兄弟で略奪愛!!
すみません。略奪する側とされる側のベクトルがつい違う方向に……。
「悪く思うなよ、小娘。アルは貰っていくぜっ」
 
 
■あたたたた
p275の終わりから2コマ目です。
いや、ウィンリィじゃなくてね。
このアルのポーズ、意味もなく好きだったりします。
カッコ良くない?
 
 
■なんでボクが二股かけてる男みたいな言い訳を
そうよねっ。アルはエド一筋だものねっ!(って言わせてください)
 
 
■ユースウェルにこんな貧相な知り合いいたっけ 兄さん
分かって言ってるなら腹黒だけど、本当に覚えていないなら、さりげなく失礼過ぎるアルはやっぱり腹黒だよ。
 
 
■ろくな物が無いな
え? みんなの食事って全部スカーが調達していた、の?
うわあぁぁ。なんていうか。
スカーが親鳥で、メイ・チャンたちはお腹が空いた~って口をあけてる雛鳥に見えてきたっ。
ぎゃーなんか異様な光景~(笑)。
スカーもすっかり丸くなったよなぁ。
 
 
■合成獣か
デビルス・ネストの連中が変形した時の姿って、少なくとも動物との合成と分かる形だったけど。
今回のは明らかに違うよね。
動物同士の合成獣を更に人間と掛け合わせた合成獣なんでしょうか?
 
 
いままで、衝撃の事実があれやらこれやらあってびっくりさせられっぱなしだったけど。
今月号は「反撃ののろし」再び?
それぞれがそれぞれに、よっしゃ行くぜっって感じ。
牛様のことだから、次あたりで軍部とはホーパパとかシン国とかに一度話を振ったり……するか?

« エドコスキティ 改造中 | トップページ | ガンガン2007年06月号 鋼の錬金術師第71話「紅蓮の男」 ネタバレ感想2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« エドコスキティ 改造中 | トップページ | ガンガン2007年06月号 鋼の錬金術師第71話「紅蓮の男」 ネタバレ感想2 »