« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007/06/27

地球へ… 見てます

今期はかなり色々、アニメはチェックしているんですが。
「地球へ…」もそのひとつ。なーんて、忙しいのと、あまり興味がないのとで、キース編はほとんどすっ飛ばしていたんですが。
ナスカ編に戻った処でまた再視聴すると。以下ネタばれです。
 
  
 
 
 
 
 
 
おヤエさんが出てたよぉ!
 
ミュウの子供達の中にニナがいたよね! と5月頃? Y枝さんと盛り上がっていて、ダンは出ないのかなぁ? なんて話もしていたのだけど。
 
まさかおヤエさんが出てくるとは! 実はOPにも出ていたらしい。……気づいてなかったよ。
 
ニナもおヤエさんも(ついでにダンも)「私を月まで連れてって」(竹宮恵子)のキャラクター。
こういう、竹宮ファンへのサービスを入れてくれるっていうのは上手いなぁ。
監督が、自ら竹宮ファンを豪語しているようなものだもの。ファンなら分かる符丁のようなもの。
 
しかも「ニナ」を使うあたりが上手い。
ニナは、別の竹宮作品「エデン2185」・「ブライトの憂鬱」にも出てくる、いわばファンから見れば他作品に出張しても違和感の無いキャラクター。
話自体も同じSFものだしね。だってまさかここで「風と木~」のキャラクターが出てきたら笑ってしまうでしょ?
 
成人してもニナの髪型が子供の頃のままってのはちょっとアレだったけどね。原作では成長した彼女は女性らしい髪形に変えていたぞっ。

ということでおヤエさんもミュウの仲間として登場。
前回のEDのキャストでおヤエさんが出てる事には気づいたのに、どうしてもどこに出ていたのか分からなかったのだけど。今回ははっきり分かったぜっ。あ、遅すぎ?
これでおヤエさんの子供のブライトが出てきたら面白いけど。さすがにそれはやらないか。
ナスカ生まれの子供の数をいじるわけにはいかないかな?
となると、やっぱりダンは出ないかなぁ? と思ったけど顔がジョミーやシロエと被るから、やっぱり無理かなぁ?(笑)

ここまで色々いじって、ブルーやスゥエナの設定も変えてきているのに。
本筋をほとんど変えず、マンガと同じシーンは、ほとんど一言一句台詞を変えずはしょっていないというのもすごい。
別に、マンガを横において調べたわけじゃないけど。「次にこの台詞がくる」と頭の中でシュミレートしてるとちゃんとその台詞がくるんだもの。かなり原作に忠実。

今回の、サムが操られていたという設定はいただけないけど。
やっぱりあれは、例え幼馴染であった人間でさえミュウを恐怖する、からこそ話が面白いと思うのだけどね。
ジョミーの子供じみた癇癪持ちを表すシーンなのだし。確か長老に「子供が飽きたおもちゃを投げる捨てるよう」と呆れられるシーンだもの。だからこそ、その先にある出来事への伏線になると思うのだけどなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/26

フィギュアとか

今度、メディコム・トイから生アルのフィギュアが出るそうです。
チワサキさん相変わらず情報早いなぁ。
 
何故この時期に? ってすごく疑問ですけど。
だって劇場版って2005年夏ですよっ、夏。忘れもしない7月23日。
2年経ってまだ新商品が出るって、やっぱすごくない?
造形に時間がかかるせい? このタイミングって普通? と思って他の新商品を見てみたけど。
まあ、ドラえもんや、ガチャピン・ムックとか世代関係ないものや、松田勇作関係とかウルトラマンとか懐かし系のものは確かにあるけど。
デスノートの月とかミサミサとか、スパイダーマン3とか、孫悟空(西遊記の映画版?)とか。
やっぱり普通に流行を追っているように見えるんだけどなぁ。
 
ということでアルフォンス・エルリック(劇場版人間体) 買いますともっ。
ただ問題は、相手がいないじゃんってこと(笑)。
うちの15歳エドは、鎧アルに抱っこされているのがデフォなので。
生アルにあげるわけにはいかないんだよねぇ。
ロイアルも嫌いじゃないけど別に好物ってわけじゃないしなぁ。
やっぱり、ロイも買って改造するか?? (笑)
 
番外編
ちょっと欲しいかも、と思ったもの。
その1 アルフォンス繋がり
その2 まめ繋がり
その3 鎧アルの顔に見えませんか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/06/25

大江戸ロケットにエド登場(再掲載)

前に書いたネタの詳細。
大江戸ロケットの12話にエドが出ていた件ですね。台詞は大体こんな感じ。
 
駿平「兄さんっ!」
お伊勢「なんだ?(エド声)。……て誰があんたの兄さんだい?」
駿平「え? は……す、す、すみません ついー」
(駿平 赤面しながら手で顔をぱたぱた仰ぐ)
お伊勢「はぁ(溜息)」
(画面外から、笑い声)
監督「はい 2テイクいきまーす」
(おヌイとお伊勢 台本を取り出し開く)
おぬい「(咳払い)」
駿平「ああ、はい、すいませーん」
お伊勢「(咳払い)」
(カチンコ)
 
つまり、TVか映画の撮影中に、駿平がNGを出したという設定ですね。
で、「なんだ?」と言った時のお伊勢さんの顔は何気にエドになってました(ってことは女装エドか?)。
Luftさまが画像をあげているのでリンク。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/24

裏も表も同じ文面です。

どちらが表のブログで、どちらが裏のブログかはさておきまして。
 
私信です。
 
今日というか昨日。
フラメンコを観に来てくださった方。
こんな処からすみませんが。どうもありがとうございました。
せっかく来て頂いたのに何人かの方とは、ご挨拶もままならないままになってしまいすみません。
おかげさまで無事終了いたしました。
 
これでやっと明日は「幽」と「ガンガンパワード」を買いに行けますっ(笑)。
舞台の前日発売なんて、寝不足になるのは目に見えてましたので。
一応自重。
 
あー、でも疲れきって寝てるかもなぁ。
ここのところずっと日曜日もコレの練習をしていたので実は結構へろへろだったり~。
 
その分部屋の状態が悲惨だったり(まだファンヒーター出てるし、コートをクリーニングに出してなかったり・汗)するのでいい加減掃除もしないとなぁ。
溜め込んでいたあれやこれやの記事もとっと記憶の新しいうちに書きたいし。

うーん、てんこ盛りだっ。

しかもそうこうしているうちに、今度は発表会が待ってるんだよな、フラメンコ。
 
とりあえず週明けにはネットに完全復活を予定しています。
 
あそことか、こことかコメントしたい記事がたくさんあるんですよー。完全に乗り遅れなコメントになってしまうのがなぁ。イタイ。
 
ではではおやすみなさい~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/22

またもぐりますが

■獣神演武 ネタ
TVアニメ(ちぇっ、やっぱりTVかよ)「獣神演武」の公式サイトがオープンされましたね。
それに伴いスタッフとキャストも一気に発表。
まだマンガにも出てきてない名前が、出るわ出るわ。アニメとマンガで互いにネタバレしあうような事態にならないんだろか?
「パトレイバー」や「ウテナ」みたいに根幹だけすり合わせて、あとはそれぞれ話を展開させるつもりなのかなぁ?
 
とりあえず、牛様のポジションが、「キャラクターデザイン」となっている事に、ほっ。
これで、原案協力とかなっていたらちょっとげんなりしたかもしれない。
監督の関田さんて、どうなんだろ? 演出は「ザンボット3」あたりからやっているかなりベテランの方のようなのだけど、監督作品についてはあまり良かったという話がググれなかったんですが……。
放映は秋からですが、コミケやメイトで零号DVDが夏に発売されるもよう。
 
■大江戸ロケットネタ
12話に、今度はエドが出てましたよ~。またしても台詞だけですが。
ちゃんと台詞を書き取ってる時間がとれないので、詳細はまた今度。
うん、ほんのちょっとなんだけどね。
ここまできたら、せっかく大川さんも出てるんだから、大佐ネタもやらないかなぁ?
 
私信です。
のわこさま
ごめんなさい。非っ常に、アレが遅れてます。日曜日にはお渡し出来ると思いますので。
少々お待ちくださいませ。
メールもありがとうございました。お返事はまたのちほど~。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/18

多分

たぶん、今週一週間は更新がままならないと思いますのであらかじめお断り。
何か特記すべき内容があれば顔を出しますけど。多分、時間とれないです。
ちょと別の事でPCを使っている可能性があるので。
ガソガソの感想も。……はっ、しまった、獣神演武の重大発表についても記事は翌週に繰越かよっ。
くうー。その前にカタが着けば戻ってきますが。
何かありましたら、この記事にレスをつけていただければ手元にメールは来ますのでご連絡は取れます。
でわでわ。
 
こうでも宣言しとかないと、絶対ネサフしそうなんだよ。んな暇ないくせに。すんませんです。
 
あ、アニメ「ぼくらの」10話まで観ました(んな事してるからまたさらに時間が…)。原作と比較したら変わるのかもしれないけど、面白いと思ったけどなぁ。9話はベタだけど泣けるし。さらにその回は理恵ちゃんが脇キャラで出ていて。かーいかったっす。
鋼と比較して記事を1本描きたいなって気にさせられましたよ。でも、それもコミックス読んでからの方がいいんだろうな、きっと。買うかマン喫で捜すか、思案中。とりあえず1巻だけ買ってみるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/16

ゼロの使い魔イベント

ゼロの使い魔~双月の騎士~前日祭 秋葉原ピンク祭り開催!
ラジオ公開録音だけでも行けないかなぁ。
アソビットのサイトに7月1日から受付ってあるから(って20名かよっ)。
きっと一斉だよね。違ったらアウトだぜ。

第38回「ゼロの使い魔~双月の騎士~アフレコレポート」
お、根谷さん出るんだっ。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2007/06/15

ヤンジャンに大佐(もどき)が出てましたよ

今週のヤングジャンプに大佐(もどき)が登場してましたよ。
今週号はOL特集号だったらしく(なんだ? そりゃ)、「O・L(おーえる)」(竹下けんじろう)という読みきりマンガがありまして。
隠れオタクなOLが、昼休みに「鉄の錬成術士 12巻 少佐フィギュア付き特装版」(爆笑)を買うシーンがありました。
案の定、出てきたフィギュアは、アームストログ少佐……ではもちろんなく、ロイによく似た黒髪の軍服フィギュア。
 
受けた、受けた。ご興味のある方はどぞっ。
 
どうせならアルで描いて欲しいわ……と一瞬煩悩しかけて。世に軍服萌えは理解できても、鎧萌えは理解出来んだろうな、と気付き意気消沈。ちぇっ。
 
ところで、このマンガ。フィギュアをトイレの個室で広げて組み立てるシーンがあるんですが。
なんか色々身につまされるなぁ。流石に、んな真似したことはないですが。
はやる気持ちは理解出来るっつうか(笑)。
昔、昼休みに「ガンガン」を買ってた頃は、会社の人がまず来ないまず~い店を選んで、食事しながら読んでましたわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/14

幸せ

あ、聖部さんもあげてるや。
 
アニメ「ぼくらの」の森田監督が自分のブログで原作が嫌いである事を認めてました。
原作もアニメも知らないけれど。
多分色々あるんだと思う。潔さも認める。原作の方に頼んだ一言への答えも、ちょっとなぁ、と思うし(勿論本人のそのままの発言かどうか分からないけどね)。
それでもね、やっぱりね。
 
原作ファン、アニメファンが寄せている多数のコメントを読んで思ったのは。
どんなに原作から乖離しても、原作への愛情があるかないかはすぐ分かるってこと。
 
鋼ファンは本当に、本当にすごい幸せだったんだなぁって。
その一言に尽きるよ。
 
とりあえず、時間が出来たらアニメを見てみようかなという気にはさせられました。原作は……マン喫にあるかなぁ??
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

買わねば!

昨日は、朴さん(と宮野さん)のCD発売日だったのよね。
昼休みしか時間とれないから、行かなきゃと思っていたのに。
寝坊して朝飯食いっぱぐれてたものだから、昼飯しっかり食べたらご満悦になってしまったんだな、きっと。
ということで。
ジャケットはこんな感じ。兄メイトに置いてあるかなぁ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/12

お礼

思いっきり私信です。
H部さん・Cりーさん・Nこさんからいただいたお菓子はすべて車中の友とさせていただきました。
自分、結構食えりゃいいタイプで美味しい店捜しなどしないものだから、こういう美味しい~ものは滅多に食してませんです。最高にウマウマでした。ごちそうさま~。(#^.^#)
 
イベントの度に色々な方に新刊やらお菓子やら最新情報やら何やらをいただいたり、もう頭があがらず、そのまま地に潜っちゃいそうですよぉ。
ホントありがとうございます。
今回も色々ご迷惑かけっぱなしでしたが、出来れば懲りずにまた遊んでやってください(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ガンガン7月号 ネタバレ感想第一弾

書く暇ないってか、今日も帰りが遅いし。戦利品が読みたい(それが本音かよ)。
のでまずは端的に。後でもう一度頭から順に別の記事で書き直していきます。いや今会社だし。台詞あやふやだもん。
なので、雄たけびしたい部分だけを、チョイスっ!!!
 
ロイってば花束ひとつ渡すのにもそんな理由つけなきゃ言い出せないだなんて、あなたはホントにタラシですか? それともやっぱり本命には弱いのか。
それでも、リザの異変に気づくのはさすが。
あの後はマダム・クリスマスのところの女の子たちに配ったのか、それともリザの様子から新たな行動に移ったか、待て次号、でしょうか。
 
身軽になったエド!!! パワーアンクル? とか思ったり。荒川さんの描写も今までに無かった描き方でしたね。よっぽど重かったんだなぁ。
 
そして。真っ黒いアルが可愛い~~~。目なんて光って「そんな人間知りませんつ」て敬語だけど全然敬ってないし。
「食べられちゃう」なんて可愛く言うなーーー。ホント食べたくなるわっ。ああもおおなんて可愛い鎧なのっ、もうっ。どうしてくれよう。
相変わらずエドとアルの阿吽のダブルパンチも可愛いし。しれっとした台詞もいい。
うんうん、大人が味方してくれるのって嬉しいよね。
 
ウィンリィの強さもまたすごい。カッコいい。本当にこの子は強い。理不尽を許す必要なんてない。でもそれでも尚耐える強さ。色々身に染みる。
 
そしてっ。
ちょ、ちょっと、ちょっと、ちょっと!!!!!!
エド!!!! どうしちゃったの。
エドの身長が、身長が、身長が!!!
ウィンリィの頭がエドの顎くらいの位置なんですけどっ!!!
2人とも普通に立ってるよね。別に屈んでないよね。足場同じだよね。
いつのまに、いつのまに、こんなに身長差が出来ていたの???
やっぱり機械鎧が軽くなったから?(ってこの間変えたばっかりじゃん)
アルが相手だと比較対象がでか過ぎて、分かりづらかったのかしら。今度じっくり調べなければっ。
そのうち、膝が痛いなんてエピソードがあったりしないかなぁ♪
 
今回の引き。勿論これってフェイクですよね。フェイクっ。
このまま帰れば、またウィンリィを人質にとられてしまうし。
スカー兄の手帳を読んで貰う為には今、スカーに捕まってもらっちゃ困るっ。
手っ取り早くスカーとウィンリィをキンブリーの目から逃がすため、キンブリーに見せ付けてるだけですよねっ。
今月号ほど、安心して見れる引きは最近なかったように思っているんですが。
スカーが凶悪だったり、エドの演技が必死なだけに、ちょっ、ちょっと不安になるんですが。
……フェイク、だよね。勘ぐり過ぎ、とかじゃないですよね。
 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

過去語り

時間で言えば、新入社員になってあるいは新入生として入学して、やっと1年が経っところ。
青い、青いお尻に殻が付いてるヒヨコが、過去を語るにはまだ早い。
当時、1年後にアップしようと書き溜めていた言葉はたくさんあったのだけど、やっぱり今一度封印する事に決めた。
振り返るな、そう思う。
今、後ろを振り返るくらいなら、自分があの頃より一歩でも多く前に進んでいるか、その事の方がよっぽど気になるよ(「扉の向こうへ」は名曲だ、うん)。
立って歩いて前へ進んで。
懐かしむなら、5年後、10年後、20年後がいいね。
「昔はあんなやんちゃもやったよね」ってババァになってから高らかに笑えるのが私の理想。
 
9日にメールをくださった方、遅くなりましたがこんな回答でよろしいでしょうか?
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/11

帰ってきました

おはようございます。今朝大阪から帰って参りました。
バスでは熟睡していたはずなのに、何故こんな眠いんだ? ねむ~。


昨日は下の記事通りかなりコンスタントに移動を繰り返してましたです、はい。


自分的には念願の、MさまとRさまとNさまにエドコスキティコンプリートをお渡し出来た時点で今回のミッションの半分は成功くらいに思っていたんですが。
思いの他収穫も多くてほくほく~。まだ1冊も読んでませんがな。
今日はガンガン早売りDAYだから帰宅後は、本編読みたし、同人誌も読みたし、のジレンマに陥りそうっ。


夏冬の祭典に行って東京のオンリーも制覇して、ネットの同人誌取扱いサイトをチェックしていると、なんとなくもうこれ以上にお気に入りにはめぐり合えないだろうと思ってしまうのだけど。
やっぱりその地域に行かないと買えないand知らないままのサークルさんの御本ってあるんだなぁ、とつくづく思いますね。
抽選会でいただいた鎧アルのパウチもめっさ可愛くて可愛くて可愛くて可愛くて、萌え死にそうですっ。H部さんありがとうございました~。


関空から戻って飲み会には途中参加だったため、SさんYさんTさんとはすれ違いで会えず、残念。Jさんともアル萌え話をするつもりで意気込んでいたのに何故か増田の話だけでご退出~。お名前が頓挫してしまったけど(ごめんなさいっ)、理恵ちゃんヴォイス情報教えていただいた方ありがとうございました。サウンドドロップ 萌え2。7月中旬発売なのにすでに予約終了って…おい。頑張ってゲットしたいと思います~。さすがに対象が対象なだけに、「妹」はあっても「弟」はないのが残念なんですが(いやそれは無理だろ)。
お隣のテーブルから「ガンプラ」なんて言葉が聞こえて、即効みんなで反応していたり。
んな感じでわやわやとバスの出るぎりぎりまでお付き合いいただきありがとうございました~。


おまけ
某所にて
2・3歳くらいかな? の兄妹が前を、両親がその後ろを歩いていました。
女の子はまだ小さくて足元がおぼつかないのか、道の端の方へふらふらと歩きだしたところ、後ろから女の子の名前を呼ぶお母さんの声。
隣りにいたお兄ちゃんが、何を言われたわけでもないのに、妹の手をきゅっと握って自分の隣りに引っ張っていきました。
ちっさいのにえらく男前なお兄ちゃんでした。
エドとアルも小さい頃はそんなんだったのかなぁ、と思うとついエドアル変換してしまい激萌え。にやにや顔を抑えるのがちょっと大変でした(笑)。

  
  
  
  
サウンドロップを扱っている処見つけましたぁ。
Yahoo!ショッピング 1,575円(税込)
HOBBY NET 1,600円(税込)
 
ちなみにこんなのも出るんですね。
サウンドロップ 男萌え
噂では、声は福山潤さんだそうです。
それだったら。弟萌えで、理恵ちゃんの声で出て欲しいよなぁ~~~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/10

トリアル記念

さてさて。
週末が近づいてまいりました。
やっぱりこういうのって応援したくなるのよね、ってことで。
初の(ですよね、「僕らの~」はアル受けオンリー)アルフォンスオンリー「トリアル」記念企画に、こんなん貼ってみました。
鎧の錬金術師 OP

 
13歳アルもいいけど、やっぱり鎧アルが一番萌えるなぁ。
あの、ガションガションな音すら愛らしいっす。
 
ではではみなさま。週末はトリアルでお会い致しましょ。

あ、別に週明けまでもう、更新しないってわけじゃないですよぉ。何も書く事がなきゃ書かないけど。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/07

出来心です

つい反応してしまいました。
コエドビール
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/06

トリアル当日の予定

トリアル当日は、実はかなり変則的なスケジュールだったりします。
 
6/09
21:40    新宿駅新南口発 高速バス
 
 
6/10
06:13    大阪駅桜橋口着
 
      朝食・朝風呂
 
10:00    トリアル入場待機
 
11:00    トリアル入場(予定)
 
12:00以降 心残りの無くなった時点で移動
 
13:30    南海沿線リレーフォーラム(ホテル日航関西空港)開演(多分遅刻)
  
16:20    南海沿線リレーフォーラム終了
 
       暇!!
 
22:20    大阪駅桜橋口発 高速バス
 
6/11
06:43    新宿駅新南口
  
  
よりによって、敬愛しているミステリ作家の有栖川先生の対談ともろにブッキングしちゃったんですよぉ。(T_T)
抽選だったので外れればあきらめもつくだろうと思って申し込んだら当るし。
ということで、イベント半ばで、1時間半かけて(時刻表を見る限りではそのくらいで着くはずなんですが)移動する予定。
行列がすごかったりどうしても移動出来ない場合は、フォーラムをあきらめるつもりでいるんですけどね。
だってトリアルの方がもうずっと前から「行く、行く」言ってましたので。
今回はこっちを優先。
なのでまあ、そのあたりはケースバイケースでいくつもりなんですが。
 
問題はその後。
バスの乗車時間までが、思いっきり暇、です。
 
関東組みの方はみんな、イベント終わったらすぐ帰るのかな?
Hさんは確か前後泊じゃなかったでしたっけ?
他にはどなたかいないのかな?
 
関西組みの方達は?
Cさんは来られないんですよね。HさんとTさんは……カプが違うか。
Nさんはオフ会ですよね。
誰かいないのかな? かな?
みんなどんな予定なのかなぁ。
 
イベント会場にいればその場で、この後どうする? なんて聞けるけど。
それが出来そうもないし。
しかも携帯を持っていなかったりなんかして。てへ(おい)
なので前倒しで告知です。
 
10日の夕方から夜にかけて、お時間のある方、遊んでやってください(笑)。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007/06/05

「アフタヌーン 6月号」立ち読みました。

お目当ては「おお振り」だったんです。ええ。
特に他に読もうとか思っていたわけじゃなかったんです。
ただ目次の「大江戸ロケット」の文字が目に入ったのものだから、ちょっと出来心で「へぇ~ マンガ版だとどんな話になるんだろ?」と思いながらぱらりと開いただけなんです。
 
が。
 
 
 
 
 
エドがいるよ………。
エドがいるよ、エドがいるよ、エドがいるよ、エドがいるよ!!!!!!!!!
 
え、えええええええっ。え、どうみたってこれ、エドじゃん。
三白眼だけど、美人さんで、金髪風な髪(ツヤ入りの白)を後ろで結んでて。
うわ、うわ、うわ、うわぁぁぁぁぁぁぁ。
アニメの駿平の「兄さん、兄さん」がアル声に聞こえるだけならまだしも。今度は目まで毒されたのか?
ついに脳みそまでやられたのか?

私には、私にはっ。
マンガ版の清吉が、どー見ても、どー見ても、どーーーー見てもっ。
アニメ(・同人)エドにしか見えないんですがっ!!!!
   
コミックスが出たら絶対買おうと即決した私は莫迦ですか? はい、莫迦ですよね。いいよもう、莫迦で。
 
興味をそそられた方、ぜひ確認をば。
 
 
  
……これで「全然違うじゃん」と言われた日には? そりゃ、私の脳みそが腐っていることに決定だわ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

歌猫さんの記事を読んで

歌猫さんの記事を読んで反応。
いや、ちょっとまたしてもコメントに書くには長くなりそうなので(まったくどうにかしろや)
 
 
1 主人公エドだけが「少年」
 
主人公だけが少年というマンガ、は確かに他にはちょっと記憶がないのだけど。
 
児童文学なら結構あるような気がする。「少年」ではなく「少女」も混じりますが。
「空色勾玉」シリーズ(荻原規子)の狭也や遠子はどうだろう?
「ラインの虜囚」(田中芳樹)のコリンヌは?
「ゲド戦記1 影との戦い」(アーシュラ・K.・ル=グイン)のゲドは?
「十二国記」(小野不由美)の泰麒や珠晶は?
「モモ」(ミヒャエル・エンデ)のモモは?
アニメだと「ラピュタ」のパズーなんてのはどうだろう?
  
まったくそばに同年齢の子がいないとは言えないけれど、主人公は大人に迷惑をかけ、助けられ、見守られつつ、自分自身で考えて道を選んでいく。
なんていうのかな。古き良き時代の児童文学の構図なのだと思う。
荒川先生が、インタビュー記事に「大人はいつだって子供を見ている」といった事を答えていたのと重なる。それは間違いなく児童文学の視線だ(最近のラノベっぽいマンガイラストのものはとりあえず放っておいてください・笑)。
 
 
2 鋼は複眼的な読み方が出来る
 
児童文学と同じ要素を持ちながら、何故、児童文学は複眼的な要素を持たないのか?
答えは簡単。
児童文学は児童のもの、という観念はマンガ以上に強いから。
その為、大人になっても読む人というのが、そう多くないから。
  
だけど。マンガなら。大人になっても読む人は読む。
少なくとも日本にはその土壌がある。
 
 

荒川先生の発想は、キャラ年齢がもちっと高いとこにあるんだよね。
それを、少年漫画だから、主人公の年齢をぐぃっと下げた。
だから、物語に奥行きが生まれた。
常に15歳の視線まで かがまなければいけないから、立って見た時(普段の姿勢)との視界の違いが意識される。だから常に、物語を複眼的にとらえることになる。
だから、大人読者---主人公に同調しつつも、いち作品として上から眺める視点も持ってしまった読者---にも、読むに堪えるマンガになったんだ。

 
 
児童文学の最大の特徴は何か? それは大人が書いていると言う事。
大人の小説は大人が書き大人が読むけれど、児童文学は大人が書き子供が読む。
と、昔授業で習ったのだけど。
 
同じ事が少年マンガにも言えると思う。
ただそこに、「大人も読む」、という要素が追記出来る。
(最近の少女マンガは色々なのでちょっと保留)
 
児童文学も複眼的な読み方は出来る。
ただ市場として大人の読者が限りなく少ない。
 
それを鋼は、マンガという媒体を使う事によって、15歳の目線で書いた物語と、作者本人の目線で書いたもうひとつの物語と、双方を読む事の出来る読者を獲得出来たのだと思う。
 
 
鋼の錬金術師は王道少年漫画だ。
主人公が、壁にぶつかり、人と出会い、そして成長していく。
けれど、少年はエド一人。
 
  
 
うん。これはもう間違いようもなく同意。
けれど。
 
たった一人であっても、そして一人だからこそ大人は彼を見守る。
漫画としては定番ではないが、
児童文学における定番ではある。
定番とは、それだけ需要の間口が広いということ。
決して悪い意味ではない。
定番ではあるが、それを少年漫画にスライドさせた事に意味がある。
これにより児童文学では成し得なかった事を
少年漫画に持ち込む事で成功させている。

 
そう付け加えたいな。そして。もちろん。
 
そこが定番少年漫画ではない。
だから鋼は面白い

 
 
余談ですが。ちょっと面白い例として。
宮崎アニメ以外のアニメでも実はあったりします。多少違いますが。
「鎧伝サムライトルーパー」。
ヒーロー(主人公)には確かに共に戦う仲間がいたのだけど。
実は、製作者側が視聴者の目線として用意していたのは、初回で主人公に助けられた山野純という少年でした。
 
ヒーロー5人組はどこから現れたのか何者なのかよく分からない謎の存在。
物語は、純少年の目線から世界を見上げ、「このお兄ちゃん達は何者なの?」と、TVの向こうとこちらで、同じ事を考える事で物語への導入をしやすくさせるつもりだったらしい。
そして最終的には「よーし、僕もいつかあのお兄ちゃん達みたいに強くなるぞっ」と思わせるのが製作者側の意図。
 
ところが、蓋をあけてみれば予想していた視聴者は呼べず、番組にくらいついたのは大きいお友達(笑)だったのが大誤算。
視聴者は世界を見上げる代わりに、ヒーローと一緒に世界を俯瞰し、結果、純は単なるお荷物に(笑)。
 
読者・視聴者の目線をどこに置いて物語を動かすか、その設定こそが、実は難しいのかもしれませんね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/06/04

羽田健太郎さん

ピアニストの羽田健太郎さん死去
http://www.asahi.com/culture/music/TKY200706040156.html
ご冥福をお祈りいたします。
「マクロス」の「涙のバイオリン」や「ドッグ・ファイター」が好きでした。
ラジオドラマ「グリーン・レクイエム」(新井素子原作)のテーマ曲「グリーンレクイエム・メインテーマ」も。
 
ハネケン・ランドなんて出てたんだ!! か、買おうかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハヤテネタ

うわー、2週連続で予告が、たけちゃんネタだっっ!!
うんうん、昔ファンでしたっ。
OPの「めざせ!一番!!」はヲタ友とカラオケ行く時の私の十八番でしたわよ。
懐かしいーー。
「俺は今モーレツに熱血しているっ」&「君の心にも鎧が走る」
厳密には「俺の心を鎧が走る」が本当ですが。
 
今回○ングスカッシャーネタがあったってことは。
来週は本編内でもネタをやるのかな? 「武装!」とかやんないかな? かな??
あの頃は「鎧の中身」に萌えてたけど。
1●年後、まさか「鎧」に萌えるとは、当時思いもしなかったよなぁ(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ブロガーナイト

■ハガネノココログ re・makeの聖部さんが、トリアル前夜にブロガーナイトを開催されるそうです。
行かれる方はどうぞ楽しんできてくださいマセ。
どーせ、私は当日大阪入りですよ……しくしくしく。
おーよ、高速バスだわよ。
行きは、超得割青春で4,000円、帰りはドリーム大阪で8,610円。
安さと体力への挑戦だぜっ。
高速バスで熟睡するコツは酒を飲んでから乗車する事っす。
飲みすぎると酷い事になりますが(一度やった人)。
いいもん。近場に銭湯見つけたから、ゆっくり朝風呂入って寛いでから行くもんっ。
問題はどっちかっていうとイベント後のバスまでの時間つぶしだよなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しいガンダムが水島監督で竹P??

新しいガンダムが水島監督で竹P??
で、キャラ原案が……………はい????………これってネタじゃないんですか?
「種」ですら、あの少女マンガのようなキャラデザに1話で果てた自分に耐えられるのか、がゆんだむ。
高河ゆんキャラクター原案 TVA「機動戦士ガンダムOO(ダブルオー)」ムービー公開(情報元:萌えプレさま)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »