« フィギュアとか | トップページ | 電脳コイル »

地球へ… 見てます

今期はかなり色々、アニメはチェックしているんですが。
「地球へ…」もそのひとつ。なーんて、忙しいのと、あまり興味がないのとで、キース編はほとんどすっ飛ばしていたんですが。
ナスカ編に戻った処でまた再視聴すると。以下ネタばれです。
 
  
 
 
 
 
 
 
おヤエさんが出てたよぉ!
 
ミュウの子供達の中にニナがいたよね! と5月頃? Y枝さんと盛り上がっていて、ダンは出ないのかなぁ? なんて話もしていたのだけど。
 
まさかおヤエさんが出てくるとは! 実はOPにも出ていたらしい。……気づいてなかったよ。
 
ニナもおヤエさんも(ついでにダンも)「私を月まで連れてって」(竹宮恵子)のキャラクター。
こういう、竹宮ファンへのサービスを入れてくれるっていうのは上手いなぁ。
監督が、自ら竹宮ファンを豪語しているようなものだもの。ファンなら分かる符丁のようなもの。
 
しかも「ニナ」を使うあたりが上手い。
ニナは、別の竹宮作品「エデン2185」・「ブライトの憂鬱」にも出てくる、いわばファンから見れば他作品に出張しても違和感の無いキャラクター。
話自体も同じSFものだしね。だってまさかここで「風と木~」のキャラクターが出てきたら笑ってしまうでしょ?
 
成人してもニナの髪型が子供の頃のままってのはちょっとアレだったけどね。原作では成長した彼女は女性らしい髪形に変えていたぞっ。

ということでおヤエさんもミュウの仲間として登場。
前回のEDのキャストでおヤエさんが出てる事には気づいたのに、どうしてもどこに出ていたのか分からなかったのだけど。今回ははっきり分かったぜっ。あ、遅すぎ?
これでおヤエさんの子供のブライトが出てきたら面白いけど。さすがにそれはやらないか。
ナスカ生まれの子供の数をいじるわけにはいかないかな?
となると、やっぱりダンは出ないかなぁ? と思ったけど顔がジョミーやシロエと被るから、やっぱり無理かなぁ?(笑)

ここまで色々いじって、ブルーやスゥエナの設定も変えてきているのに。
本筋をほとんど変えず、マンガと同じシーンは、ほとんど一言一句台詞を変えずはしょっていないというのもすごい。
別に、マンガを横において調べたわけじゃないけど。「次にこの台詞がくる」と頭の中でシュミレートしてるとちゃんとその台詞がくるんだもの。かなり原作に忠実。

今回の、サムが操られていたという設定はいただけないけど。
やっぱりあれは、例え幼馴染であった人間でさえミュウを恐怖する、からこそ話が面白いと思うのだけどね。
ジョミーの子供じみた癇癪持ちを表すシーンなのだし。確か長老に「子供が飽きたおもちゃを投げる捨てるよう」と呆れられるシーンだもの。だからこそ、その先にある出来事への伏線になると思うのだけどなぁ。

« フィギュアとか | トップページ | 電脳コイル »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地球へ… 見てます:

« フィギュアとか | トップページ | 電脳コイル »