« 電脳コイル | トップページ | ゼロの使い魔 on the radio 公開録音 »

ガンガン2007年07月号 鋼の錬金術師第72話「負の連鎖 正の一石」 ネタバレ感想

だああ、なんとかギリギリ来月号発売前にアップ出来た~。
やばい。やっぱり間が空きすぎるとダメだ。テンション落ちるし。
やっぱり無理にでも発売直後にアップすべきだったです。反省。
冷静になっちゃってる分、妙にシニカルだぜっ。
ということで、いきます。
 
  
●野良犬
リザの帰宅途中、物陰にいた痩せた野良犬。
ちょっと「銀英伝」のユリアンの台詞を思い出しました。
野良が太っていたらそれは、都市全体に物が溢れている証拠。残飯が有り余ってるって事だからね。
ロイたち軍人や、エドが国家錬金術師でお金に困る事がないから普段分かりづらいけれど、肋骨が浮いているような野良犬がいるってことは、それほどまでにはまだイシュヴァール戦以降、復興はされていないって事なんだろうな。
 
 
●酔っ払って花を大量に買ってしまってね
真面目なわけじゃなく「酔っ払って」、プレゼントするのではなく「処分」。
二重に境界線を張って、警戒されないようにしてる。
 
軽口叩いて「いつも世話になってるからね」とか何だって言いようはあるのにさ。
仕事で買い取ったものを「プレゼント」にしたくないのか。
「プレゼント」して拒否られるのが怖いのか。
少しの下心もみせたくないのか。
この潔癖具合。 これで30? 青い、青いぞっ(笑)。
 
 
●わざわざ声をかけていただきありがとうございます 大佐
このコマっ。
リザ、汗が止まってるんだよっ。走って帰って来た汗も冷や汗も。
表情も穏やかになってる。
なんのかんの言って当てにしてるし、支えになってるんだろうなぁ。
 
 
●あん時は情報ありがとな
何で疲れないアルが座って、エドが立ってるんだ?
発言者は立つのが基本ですか?
んな莫迦な。
そうか、座ると目線がマルコーより下になるからか。
人と話をする時は目線を合わせるのが基本です。
言葉ではなんのかんの言いながら、実は威圧的なエド(笑)。
 
 
●キメラ
質問。人間と何のかけ合わせ?
針の方はハリネズミかヤマアラシかな? って程度には浮かぶんですが(それでも針は飛ばないけど)。
もう片方は? 唾で攻撃する動物ってググってみても引っかかるのって架空の動物ばっかりなんだよねぇ。怪獣とかドラゴンとか。
何なんだろ?
 
 
●ギャー!!! ゲテモノ!!!
この阿吽の呼吸っ。もっ、これぞっって感じ。これがいいのよっ。
これが好きだからやめられないのよ、兄弟スキー。
「こんな人間離れした味方なんか知りません!!」って。黒いよ、アル。黒過ぎ。
目光ってるよ。ピカって光ってるから。
「ボク丸飲みされちゃうよ」って。もおー可愛過ぎっ。信じらんね。
「あほだね」って冷静なのに、台詞が平仮名な事すら愛らしいよ。アル。
 
 
●分解すりゃほぼ水じゃねぇか!!
なら残りのタンパク質とかはどこに行ったんだろ? その分が粘々するわけだから。
ちゃんとその分も分解しないと、エドの腕には粘々だけが残るって事なんじゃ…。
流れ落ちなかったってことは、一度分解して引っぺがしてまた再錬成したのか? エドよ。
 
 
●この瞬間を待っていた!!
鬼!!! それは鬼だよ。兄さんっ!!
正義の見方たるもの、名乗り中と変身中の攻撃はしちゃいかんだろ(笑)
 
 
●ああはいはい
最小限の攻撃でしとめているとはいえ「きゅっ」って絞めてる時のアル、何気に顔に横線が入って怖いです(笑)。
 
 
●ボシュ
鎧の温度を上げてキメラを放したアルだけど。
これって何との等価交換になるんだろ?
温度が高くなると分子だったか原子だったかの動きが速くなるんだっけ?(うろ覚えだわ)
つまりそういう状態の鎧に再練成したってこと?
錬金術ってもっと物理的なものだと思っていたんだけど。
結構謎っす。
 
 
●いいかげん捕まっちまえよ!! 出る所出て裁きを受けるんだ 傷の男!
2人はあくまでも私怨でボコる事を善しとしていない。
正当な裁きを求めている。殺されかけたとか。ウィンリィの親を殺したとか。
そんなことを横に置いている。
残虐な殺人者が死刑になるのは、そうしなければ遺族の気持ちが治まらないからなのだと思う。
ハンムラビ法典の、目には目をの理屈。
どんなにウィンリィが大切な幼馴染でもエドたちは遺族ではないからその資格はなく、殺されかけた事についてはそもそもが自分達の自業自得(人体錬成から派生した因果)だと思っているのかな。
 
 
●オトリだよ
座布団一枚!!
そうだよな。寒冷地用機械鎧が何で出来ているかなんてスカーは知らないもんね。
自分が前にしてやられたことを学習し戦闘にいかしている。
前にエドが右腕を囮にしそれをランファンが真似たように、牛様はきちんと戦闘の際の思考にも伏線を張る。
うまいよなぁ。
 
 
●そのレイブン中将が行方不明になってしまってな
ここにも優しい嘘を付く大人がいる。
弱肉強食だなんて、嘘じゃん。莫迦。
 
 
●勘違いしないで 理不尽を許してはいないのよ
この台詞に拍手。
実は子供の頃見たドラマにあったのよ。「理不尽だろうとそれでもいつか許さなければいけない」なんて台詞を吐いたドラマがさっ。確か伊藤麻衣子(現 伊藤まいこ)が主役のドラマだったと思うんだけど。
幼心に「いやそれは違うだろう」と怒ったもんだ。というかそれが大人社会かよ、って絶望した(笑)。
「はみだしっ子」じゃないが。理不尽な真似をしておいて何故憤るのか? なんて尋ねるような相手を信じたくはないよ。
怒りを捨てる必要なんてない。それでもその上で、それさえも踏まえて自分は何をすべきかを考え前へ進む。
それが大事。
  
話題がそれるけれど。
ウィンリィが扱っているのは確かに医療としての義手であり義足だ。
けれど、機械鎧はその呼び名にも漢字にもあるとおり「メイル=鎧」。闘う為の武具でもある。
日本でも介護用ロボットなどの設計を手がけている人の元へ、あの9月11日の直後、無人戦闘ロボットのようなものが作れないか米国のどこからか打診があったらしい。
ウィンリィの機械鎧だって、戦時下になれば同じだ。
名前からして、そもそも軍事用に開発されたものなのだろう。
足を切り落とされもう戦場に行かなくて済むと安堵した幾多の兵士に手足を与え、また戦場に引き戻しただろう。
闘えない兵士が増えればすぐにも終わったはずの戦争を、機械鎧を装備することで無意味に引き伸ばし、敵も味方も死傷者を増やしたかもしれない。
幼いながら戦時下を体験したウィンリィがそのことを一度も考えなかったとは思えない。
少なくともカルバリン砲を埋め込み可能なことを理解しているのだから。
自分の作っているものが時としてどのように扱われる可能性があるのか。
戦争になれば、エドが人間平気として人を殺すかもしれないように、ウィンリィだって間接的に人殺しの片棒を担ぐかもしれない。
その時ウィンリィは他人から恨まれる存在にもなり得る。
そうと理解したうえで尚、ウィンリィは機械鎧技師の道を選んだのだと思う。
だからこそ、彼女は「許してはいない」と言い切れる強さがあるのだと思う。
 
 
●この身はアメストリス国軍の中に投じられたイシュヴァールの一石であろう
誰かさんが似たような事を言ってたね。
「この国の礎のひとつとなって皆をこの手で守る事ができれば幸せだと思ってるよ」
自国が、自分の身を投げ出してもいいと思えるほど価値あるものだと、若かりし頃ロイは何故そこまで思えたのか。
理解出来ないでいたのだけれど。
 
軍が、マイルズにとってそこまでの価値があると思わせたのが、アームストロング少将の一言であったように。
ロイもまた、誰かに言われた台詞だったり、言った本人からしてみればちょっとしたほんの些細なものだったのかもしれない。
それが師匠経由できいたリザの言葉だったりすると面白いんだけどねぇ(笑)。
 
 
●貴様のような奴がいてくれてよかった
ちょっと牛様にしてはあっさり、かな?
 
何故、スカーがそんな言葉を吐くことが出来たのか。
 
スカーは、イシュヴァール人が殺されたから国家錬金術師を滅ぼす事に人生を捧げ。
マイルズは、イシュヴァール人が生きていく為にアメストリス軍に身を投じた。
スカーはアメストリス軍の過去の行いに粛清を求め、マイルズはアメストリス軍の未来の方向性を正そうとしている。
自分の家族が大好きだったから、という根っこは同じはず。
スカーから見ればマイルズの行動は「こうありたかった姿」なのかもしれない。
それでも理性より感情が優先し、いつかボロクズのように死に絶える事を選んだ。
だからこそ、出てきた言葉なんだろうな、と想像する。想像はするのだけど。
牛様にしては、そこまでの思考過程がまったくはぶかれているので自信がないんだよな。
伏線にする時にこんな風に台詞だけぽんと投げ出すのは牛様の良く使う手だけど。
うーん、ここもわざとなのかなぁ??? 分かりませんわ。
 
 
●なんで本部でちゃんとウィンリィを見てなかった!!
って、これ完全に八つ当たりじゃん。
アルがこっそり連れてきたのってエド承知のうえだったじゃん。
ということで、この台詞は芝居だよな。
さらに、スカー兄の暗号解読の為今投獄するわけにもいかず、ウィンリィがこの場にいればまたキンブリーの保護下という名の人質になる。
ここでスカーがウィンリィを楯に取られれば、キンブリーは手出しできない。ウィンリィが錬生物か疑ったけど錬成痕がないから本人っぽい。
大方、キンブリーを追う形で、後でどこかで落ち合う約束をしたんだろう。
大人数で動けばバレ兼ねないから、落ち合うのはエド達だけか?
というのが予想。
とはいえ、キンブリーには「敵討ちをする」と言ってここまで来た以上、「逃げたから諦めます」ってワケにもいかないだろうからな。暗号が解けたとしてそのあとスカーをどうするのかとか、まだ色々問題は山積みなんだけどね。
 

« 電脳コイル | トップページ | ゼロの使い魔 on the radio 公開録音 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 電脳コイル | トップページ | ゼロの使い魔 on the radio 公開録音 »