« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007/07/27

同人話です。

最近騒がれている「腐女子」とかその手の話題です。
苦手な方はご遠慮ください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最近こんな手の本が増えたよなぁ。

僕たちの気になる腐女子 (OAK MOOK 165)

オークラ出版 (2007/07/26)
売り上げランキング: 6636

 
サブカル向けっぽいわりには、明らかに適当に書いてません? と思ったのが。
 
「やおい」=「パロディマンガ」
 
………もしもーし。
イコールじゃねぇだろう、イコールじゃ。
「BL」と「ジュネ」との使い分けを書きたいってのは分かるんだけど。
これだと、「九割」とか「八割」って言葉の立場が無くなるんですけど。
 
そもそも不思議に思うんだけど。
えーとさ。
 
「やおい」って言葉生々しくね?
私はR18指定シーンそのものを差して使ってますけど?
ファンサイトで言うなら裏ページ?
モザイク込み、みたいな(爆)。
 
だけどさ。読む時の着眼点ってそこにはないんだよね。
大事なのは、好きなキャラが出ているか、好きなカップリングの本か、だから。
本番があろうがなかろうが、どっちでも普通に読む。
だから、買う時もわざわざその手の有無は確認しないし。
そうなると、敢えてそんな言葉を使う必然性がないっていうか(笑)。
あっても「R18」とか「エロ」とか「健全本じゃない」で済ませてる、かなぁ。 
 
なのに、この手のサブカル本だとただ、ちょっと男同士がベタベタいちゃいちゃしてるだけで「やおい」って書かれてる気がするんだよね。
それは単なる「萌え」シーンでしょ? と言いたい。
 
ま、あくまでも、私はこうです、ってだけの話ですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/26

マジで??

買うかもしんない……つったらバカですか?
ツンデレワンセグTV「SEGNITY」 (情報元:ヒューズの遺産さま)
いや、これ出るって決まった時も理恵ちゃんだったらなぁ……とかひっそり思っていたんですがっ。
マジで????
理恵ちゃんだったら買うよ、買うっ。1万円台だったら充分イケる。
 
 
追記
上のサイトに掲載されていた音声を聞いたのだけど。……これ、ホントにくぎみー???
 
声の質は、そこそこお上品な、いいとこのお嬢っぽい声なんだけど。
「マリみて」の瞳子あたりに近いと言えば近い。
 
んでも、理恵ちゃん独特のクセがないんだよね。妙に淡白っていうか。
雑音が多くて細部までは分からないっていうのを鑑みても。
理恵ちゃんなら、ここでこういう言い方をするだろう、って何となく想像するじゃない?
妙に肩透しを食うんだよね。
前にニコ動で、理恵ちゃんのしゃべり方をモロに真似たツンデレキャラの動画が流れたけど(今もあったっけ?)。
あれを聞いた時の気分に近いというか。
敢えてそういう声を作っているっていう可能性もないわけではないのだろうけど。
うむむむむ???
  
ちゃんと情報集めないと、噂に惑わされるとヤバいかも? 
ちょい静観状態だなぁ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すでに出遅れてますが。

17巻の表紙が出ましたね。
オリヴィエお姉さまっ。すごっ。怖っ。偉そうつ!(いや、偉い人だから、少将ですから)
小学生くらいの読者だと、前情報無しにこれを店頭で見たら、鋼だと気づかずうっかり通り過ぎないかしら?
背表紙は誰なんだろ? ワクワク。

鋼の錬金術師 17
鋼の錬金術師 17
posted with amazlet on 07.07.26

スクウェア・エニックス (2007/08/11)
売り上げランキング: 40
昨日の今日でもうランキングが40ですか。すげっ。 すでにJBOOKの荒川弘特別セットを申し込んだ人が多数いるであろうはずなのに、このランキングっ。 なんだ。やっぱり鋼人気ってまだまだすごいんじゃんっ♪

ちなみに私は、クリアファイルが軍部のイラスト、しかも描き下ろしじゃないって分かった時点でJBOOK申し込みはやめちゃいました。だって申し込んでも結局待ちきれず、ガンガンも鋼コミックスも発売当日に買っちゃうに決まってるもん。金銭的理由よりもむしろ置き場所に困る……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガンガン2007年08月号 鋼の錬金術師第72話「白昼の夢」 ネタバレ感想

『ガンガン』を買ったのは12日です。ええ、店に行く時間が取れず早売りは諦めたものの。
どうせ帰りは終電になるのだからと、深夜1時のコンビニ入荷を待ちましたともっ。
おおよ、そこまでして買ったにも関わらず…………何故このタイミングで感想なのさ、自分。orz
遅くなった理由は、何度も何度も何度も、腐るほど書き直してたからです。
言いたいモヤモヤを上手く文章に落とし込めなくて悪戦苦闘っす。
先に謝っといちゃいます。
意味わかんネェよって方、いらしたらごめんなさい。
 
という事でネタバレ回避は終了。
 
ともかくまずは一言吼えてよろしいでしょうか。
アルーーーーーー!!!!!!
超カッコいい。もう、惚れた、めっちゃ惚れた。
もともと惚れてたけど、さらに惚れたからっ。

て、一言じゃねえのかよ。というお約束はさておき。
 
本当なら、アルはキンブリーの部下を前に、ブチ切れても良かったんだ。
肉体がひとかけらもない自分だってあきらめてないのに、何故死を選ぶ?
ふざけるな、肉体があるだけマシじゃないか。
そんな風にアルは怒鳴る事だって出来た。
なのにそうしなかった。
 
あの時アルは静かに怒っていたんだと思う。
自分と比較したのかもしれないし。
同じキメラでも生き生きとしていたマーテル達の死を思ったのかもしれないし。
ニーナのような不幸な子供を思ったのかもしれない。
それは分からないけれど。P901コマ目のアルは確かに怒っているように見える。
 
だからアルは、敢えて挑発したんだ。
空腹で腕ひとつあげらないと言う人を、怒らせ、挑発して。
振り上げられた手を、ここぞとばかりに無理矢理引っ掴んだ。
「ほら、まだ腕があがるじゃないか」そう2人に気づかせた。
誘導尋問だ。
 
実は。アルが目の前で死を選ぼうとしている人を説得するのは、これで3度目になる。
 
1回目は初めてのスカー戦。
エドがアルを助ける代わりに死を選んだ時。
どんなに叫んでもエドは聞き入れ無かった。
2回目は対ラスト戦。
ロイの死を告げられたリザはアルが盾になり逃がそうとしても動かなかった。
 
2人が今生きているのは、アル以外の人の手が入ったからでしかない。
「自分の非力のせいで人が死ぬのなんてもう沢山だ!!」そう叫ぶアルにとって。
これって自分の無力さを思い知らされた出来事なのだと思う。
何故、そう簡単に死を選ぶのかと。
 
彼らにだってきっと言い分はある。
元の身体に戻る為の努力はたくさんしたかもしれない。
アルよりももっと辛い思いをしたかもしれない。
でもそんな過去も、比較対象も関係ない。
大切なのは、もう本当に動けないのか、動かないのか、ただそこだけ。
 
何が本当の気持ちなのか。きちんと自分の意思を自分の口で言わせる。
そこに意味がある。
 
誘導尋問ではあったけれど。
あったからこそ、その言葉に嘘はない。
ちゃんとそこにあるじゃないか。そう自分に気づかせた。
心の中の本当の本当がどこにあるのか。
本当に、死にたいのか。それとも、元の身体に戻りたいのか。生きたいのか。
 
その言質を取ったからにはもう、相手がどんな理屈を捏ねても聞く耳を持つ気は無い。
 
アルの言葉には穴がある。
鎧の身体とキメラでは根本的に戻れる方法は違うかもしれない。その時、彼らの事まで背負い込む覚悟があったのか。
「何年かかろうとあきらめない」の台詞も、拒絶反応という時限爆弾を抱えた身体で、そんな悠長な事を本当に思って言ったのか。
答えはNOだ。
 
あれはハッタリに近い。
全て希望的観測で物事を言っている。美味しい事ばかり言っている。
 
でもそれの何が悪い?
 
クセル・クセスで、「誰1人失わない方法で、もし目の前で誰かが犠牲になりそうになったらオレが守る」と言ったエド。
イシュヴァール殲滅戦で「理想を語れ」と言ったロイ。
「馬鹿でごーまんなガキ」の言葉であっても、「理想とか奇麗事」は「それを成しなげたときそれはただの”可能な事"に成り下がる」事をエドもロイも、そしてアルも信じている。
  
元の身体に戻れるかなんて、本当の処、保障なんてない。
それでも。
最初に言質は取ったから。
彼らに「元の身体に戻りたい」という本心があったから。
だって諦めていないのだから。
  
ならば、目の前にいる彼らを死なせない、死なさない。
それがアルの覚悟なのだと思う。
「人を殺さない覚悟」を持つエドと対のように、きっとアルは「人を死なせない覚悟」で動くんだ。
その強い意思に、泣きそうになった。
 
絶対この子は元の身体に戻らなきゃダメ。
手前勝手だろうがなんだろうが言い切りたいよ。
こんないい子が元の身体に戻れない世界なんて何かが間違ってるっ!!!!
 
ふー、すっきりした。
 
鋼には、似たようなシチュエーションが繰り返し出てくる。
歴史は繰り返す、なんて言葉があるけれど。
3度目にしてアルが説得に成功したように、人は学習する生き物なんだ。
牛様はそんな事も書きたいのかな、とちょっと思った。
 
 
さて。最初に戻って。
 
 
■ちなみにこの時計ね アームストロング少将が貸してくれたんだけどね
壊れた時計を渡す少将イキだねぇ。
きっと部下達の目の前で、時計を壁に叩きつけるとかしたんだろうな(くすくす)。
こうなってくると見えてくるものがある。
エドとアルを要塞に留め置いたのは、何もメイ・チャンの事があったからじゃない。
その愚かさうかつさもひっくるめて、彼らを受け入れたんだ。
弟からの紹介状ではなく、自分の目で見て信用に足ると、初めから認めていたんだね。
 
バッカニアとの会話がカッコいいんだけど、あのシルエットがね。
ギャグにしか見えないのは、わざとでしょうか? わざとだろうな。
 
 
■話をまとめよう
忘れてました。そうだ。マルコーも見られたらまずかったんだわ。
 
 
■オジサンはこわい人じゃないヨ
まあ、得てしてこわい人ほどそういいますからな。かわいそうに。
 
 
■地下坑道を行けばいいじゃないか
キターーーー!!!
この為か? この為か!?
もしやこの為にいままで不必要に出番を獲得していたのか? ヨキ。
「炭鉱の町」が出てきた時、確かにあの話が思い出したけど。
こう来たか。
うわー、ここに来てはじめて役に立ったよ、この人。
あ、一応メイ・チャンを助けたり、スカーの影武者になったり。
一応は役に立ってたか。忘れてた、忘れてた。
 
 
■早く決めろ、そろそろキンブリーが来る
マイルズは少佐なんだから。
「よし、じゃあ、ウィンリィ嬢の提案に乗ろう」でもOKなはずなのよ。
なのに、本人達の意思をきちんと尊重する。
エドの少佐相当の地位と同格としても。
別にここまで折れてやる必要なんてない。
人としてすごくいい奴なんだけど。……そんな優しいと出世しないぞ?(笑)
 
 
■それ預かっといて!
雪山のピアスは凍傷になる、と前に真朱さまのブログ白き焔BLOGに書かれていたので、ウィンリィ登場の回でピアスをしたままのウィンリィに「あれ?」と思っていたのだけど。
ここで使うか!
本当に無駄がないよ、先生。
こんな小道具まで。しかも。
REDを買った人は知ってるよね。以下REDのネタバレの為反転。
あのピアスはエドとアルが贈ったものなのよっ。
贈る度、贈る度、嬉しいからってどんどんピアス穴を空けた莫迦な子なのよ。
呆れた兄弟が怒ってピアスを贈るのをやめたくらい。
ウィンリィってそういう子なのよ。莫迦で一途な子なのよ。

あの頃の能天気っぷりを思い出すとさぁ、ホント遠くまで来たよなぁ。
 
 
■キンブリーになすりつけてやろうか
不発。残念っ。
 
って私マイルズに恨みでもあるのか? 別に何もないんだけどなぁ。
どうもマイルズをギャグ要員として見ている模様。
 
 
■私を見下ろすな……!!
次に繋がる言葉はなんだろう。
「イシュヴァール人風情が」か?
 
キンブリーは今まで、ある意味どんな時でも冷静だった。
いや、正確には慇懃無礼か?
敵に対してさえ丁寧語を使っていた。
それは、敵を対等と思っているからではなく、自分が優位にあり気持ちに余裕がある事を示す示威行為であったと思う。
普段のキンブリーだったら「見下ろさないでいただきたいものですね」くらい言ったんじゃないの?
 
しかも、エドを動かす為の大事なコマ(ウィンリィ)諸共、スカーを殺そうとした。
ウィンリィが連れ去られれば、スカーを捕えるまで、エドはキンブリーの命に従わないかもしれない。
けれど、殺しでもしたらそれこそやすやすとエドが反旗を翻す事くらい分かっているだろうに。
 
完全に冷静さを欠いている。余裕がない。
キンブリーにとって、そこまで切羽詰まった状況だったか? そうは思えない。
スカー捕獲はエドからの申し入れであり軍の命令としては「抹殺してもいい」レベルだ。
(勿論軍人としてのプライドから、抹殺しなければ腹の虫が収まらない相手ではあるけれど)
マルコーが同行者ではなかった(と思わされた)以上、今すぐどうこうしなければいけない相手ではないはず。
前回の戦いの際に逃げざるを得なかった事がそんなに屈辱だったのか?
いや? 違うよな。
汽車の運転手が見つけた時、戦いによる死にゆく身体を満喫(?)していた。屈辱なんて感じていなかった。
 
「見下ろされる」という行為そのものが気に入らない、んだろうか? それもあやしいのだけど。
でも、前号のスカーの元へ向かう時点ですでに、険しい顔をしているんだよね。 「……急ぎなさい!」って。
そこが気になる。

ブリッグズ要塞では、少将は中央に呼び出され、中央の者が要塞から来ている。
それがキンブリーの采配によるものだとしたら、スカーによって計画を狂わされ、ウィンリィの不在によりエドを使いづらくなった今、キンブリーにとって手詰まりな事態が起きてるんじゃないんだろうか?
このあたり、キンブリーの動向がまったく謎。
  
 
■凍傷にもならない疲れない人間ならここにいる
初めて、じゃないかな?
アルが自分を「人間」て言ったのって。
ただ単に、機会がなかっただけかもしれないけれど。
こんなささいな一言が嬉しい。
 
 
■ボクの肉体が……魂を引っぱってる…?
バリーの拒絶反応は、バリーの魂を定着させた鎧の身体「66」に起きたわけじゃない。
別の魂を無理矢理押し込んだバリーの生身の身体に、拒絶反応が起きたんだ。
「魂」は「鎧の身体」を拒絶していない。
「血の通った肉体」が「魂」を拒絶したんだ。
 
「真理」が結局の所何かはよく分からないけれど。
扉の向こうの「アルの肉体」に「誰かの魂」が入っているわけじゃない。
ならば、あれは拒絶反応ではなかったんじゃないんだろうか?
違う血液型同士で凝固し拒絶することはあっても、シャーレにのった血液はガラス相手に拒絶反応なんて示さないように。
 
母親の人体練成を行った時、真理の扉の向こうで、アルが手を伸ばした先にいたのはアルだった。
今度手を伸ばしてきたのは、真理の扉の前にいたアル(それともあれは扉の中と見るべきか?)
一瞬だけど、確かにアルの目から光が消えた。
「肉体」が「魂」を引っぱったんだ。
 
もしあの手を掴んでいたら、魂ごと真理の扉に引っぱられたんだろうか?
そうしたら? 本人しかあの肉体を迎えにいけないのなら。
代価を持たないアルに帰り道はない。
二度と真理の扉から戻ってこれない事になる。
頼みはエドとの精神の混線だけだ。
 
気になる。気になるのだけど。次号は・・・。
 
次号の舞台は中央だろうか?
アームストログ少将が中央に呼び出された事もあるし、次号ロイ活躍の伏線だろか?
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/07/23

2周年!!

劇場版「鋼の錬金術師 シャンバラを征く者」公開から2年が経ちましたよ。
もう2年前ですよ。2年前。
 
初日舞台挨拶の席を、会社早退して取りに行ったのが懐かしいっ。
イチかバチかで、サイド席の1列目を取ったら、運よく声優さんの出入り口側で、朴さんに投げキスしたら、投げキス返してもらえたのも懐かしい記憶です(笑)。あの頃の理恵ちゃんはもうすんごい緊張しぃで顔が強張ってたんだよねぇ。手を振って何度も名前を叫んだら、やっと振り返してくれたくらいで。うーん、美味しかったなぁ。
上映そのものは、22日の前夜祭が初見だったんですけどね。
最初の発売時は取れなくて、追加分のチケットをゲットしたものだから、2階席で柱が邪魔で見づらかったんだけど。
あのブラーチャが流れ出したあたりからじんわり来て、アルが鎧から出てきた処ではもうボロ泣きっつうか、ダー泣きっつうか、上映後にラルクが出て来ようが泣きっぱなしでしたわ。
 
1年前の今日もちゃんのシャンバラのDVDを見たし。
家に帰ったら今日も見るぞっ。
でもやっぱり、そろそろ地上波で放映して欲しいよねぇ。
この前の土曜日には1年前上映の「時かけ」が放映されたんだからさ。
ほら、秋からは水島監督の「ガンダム」が始まるんだし、その宣伝を兼ねてっていうのでもいいし。
やって欲しいなー、欲しいなー。
 
本当は2周年記念で作りたい動画があったんだけど。
せめて、上映していた期間中になんとかならんもんだろか。
5年前のパソで高画質のエンコはきついんだよなぁ。
 
せっかくなので、当時の懐かしい記事などをリンク
劇場映画「鋼の錬金術師 シャンバラを征く者」公開間近! 脚本家・會川昇氏を直撃取材
女の子だらけの「ハガレン」祭!? 劇場版「鋼の錬金術師 シャンバラを征く者」公開記念トークショー
7月23日(土)いよいよ公開 『劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者』エド役 朴さんにロングインタビューを敢行!
『劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者』が、7月23日からいよいよ公開!!
エドとアル、二人の運命が再び動き始める――。劇場版『鋼の錬金術師 シャンバラを征く者』アフレコ記者会見
“劇場版 鋼の錬金術師” 朴さん、釘宮さんが見所を語る!
 
 
 
 
 
   
えっと。
メールの返信が後れているのも、8月の感想アップが遅れているのも、仕事が忙しいとか、とうとう会社指定のメールソフトBecky!がhotmailのブラグインを拒否りやがったとか、フラメンコの発表会前でいつも終電近かったとか、色々です。
とりあえず、仕事が忙しいのは変わりませんが(私の夏休みをよこしやがれーーー)、メールソフトはこっそりThanderbirdをインストールしてみたり、発表会も21日に無事終了しましたので、少しはマシになる予定です。ええ、予定です。
まずは、感想アップだ、感想アップ。来月号が出る前に可及的速やかに行いたいと、思ってはおりますです。
 
それと。
のわこさまレス遅れてます。ごめんなさい。えーと、あれの続きはあそこに置いてありますので。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/07/10

バトンに答えてみました

のわこ様からバトンを頂きました……のは5月??
すみません。こんなに遅くなってからの回答です。
ルールは以下。

********ルール********
・1~3までは前の人の質問に答える
・4で、バトンを回してくれた人へのメッセージを書く
・5で次の人への質問を3つ考える
・6で、次に回す人5人指定する
**********************
 
質問はこれ
1:毎日のように聞いている、お気に入りのアーティストや音楽は何ですか?
2:そのアーティストや音楽にはまったきっかけを教えてください。参考にします(笑)。
3:今気になっている新しいジャンルや新人アーティストっていますか?
 
 
1:毎日のように聞いている、お気に入りのアーティストや音楽は何ですか?
今度フラメンコの発表会で踊るので、パコ・デ・ルシア「アルモライマ」を鬼のように聴いてます。
………って外し過ぎですか。そうですか。
普通にお気に入りアーティストっていわれると最近はとんとないんですよね。
「PEARL」(新生の方)はすげえハマったけど。期間限定だったし。
「Scudelia Electro」も解散しちゃったし。
「Grass Valley」も知った頃には解散しちゃってたし。
刹那い……。
どれもこれも、ボーカルは現役じゃんっ。って言われてしまえばそれまでなんだけど。
「バンド」っていう体形に燃えるらしく。ボーカルのファンだったクセに、元ボーカルのソロ活動はなかなか追いかけようと思うには尻が重く。
んじゃあ、最近は何を聞いてるかっていうと。
毎日っていうと語弊があるけれど、つい何度も見てしまう動画って事で。
「アンインストール」石川智晶(「ぼくらの」OP)
「happily ever after」中川翔子(「天元突破グレンラガン」挿入歌)
あたりが最近は良く頭に回ってます。
そろそろ「スキ?キライ!?スキ!!!」釘宮理恵(「ゼロの使い魔」ED)が回りだすんだろうけど(爆)。
 
  
2:そのアーティストや音楽にはまったきっかけを教えてください。参考にします(笑)。
 パコはフラメンコがきっかけでしょ。
 「PEARL」は「フェンス・オブ・ディフェンス」が好きで(最近聞いてないけど)ギターの北島健二がギターっていうんで聴いたのがきっかけ。
 「Scudelia Electro」は演劇集団キャラメルボックスが音楽に使っていたのを聴いたのがきっかけ。
 「Grass Valley」は……なんだっけ? 多分「オーラバスター」シリーズのイメージアルバムにキーボードの本田恭之が曲担当していたのがきっかけかな?
アニソンは勿論本編を見て、です。
 
  
3:今気になっている新しいジャンルや新人アーティストっていますか?
先日動画で初めて聴いたばかりなんですが「perfume」がちょっとツボ。
テクノポップってあたりからして郷愁をそそるというか。
「PSY・S」を思わせるような歌詞が耳に心地いいです。
でも。
女の子3人組で顔は可愛いし、あれだけ激しいダンスをこなせるのも確かにすごいんだけど。
なんか、「???」
そこまでせせこましく動かなくても、もっと見栄えのする見せ方あるのでは? と思ってしまうのがどうも。
あの無機質な声がもったいない。
ライブじゃ再現出来ないくらい声や音にエフェクトをガンガンに重ねて、PVもCGビシバシにしてもっと異空間っぽい雰囲気を売りにすればいいのに。
なにか色々売り方を間違えてる気はするんですがね。
AC広告機構のCMとか、「アキハバラブ」とか。
 
 
4:回してくれた方:のわこさん
6月にはじめてお会いして噂通り、男前な美人さんだぁ、と実感致しました。
今度是非、のわこさんのシャナ語りを生で聴きたいです。
これからも遊んでやってくださいね。
 
 
5:次に回す方への質問3つ。
1.あなたの所有するコミックス「鋼の錬金術師」の冊数を教えてください
(特装版・通常版とか色々かぶっているのは私だけじゃないはずっ!)
2.地震がおきました。両手で(袋に入れるのは却下)持てる範囲で鋼関連のものを持ち出していいと言われたら、何を持ち出しますか?
3.これは絶対、鋼ソングorキャラソングorカプソングだと思う歌を教えてください。
 
私だとこんな感じ?
1. サインイラスト(書店配布)欲しさに買った1巻と、特装版を密林で申し込んだら配送が遅くて待ちきれず書店で買った通常版7巻と、書店の開店を待ちきれずコンビニで買った通常版の13巻と、ここまで来たら両方買ちゃえの14巻がダブってるので。20冊ですね。海外版はありませんので。
2 .えーと、「増刊 鋼の錬金術師」と「増刊 鋼の錬金術師2」と荒川弘イラスト集「FULLMETAL ALCHEMIST」と、14巻特装版の「ハガレンラフ画集」かな。本当なら聖典(コミックス)と言うべきなんだろうけど、とりあえず買い直しの利かないものを優先します。
3. エドアル:「永遠を捜して」(DS「ゼロの使い魔」ED)・「supernova」(BUMP OF CHICKEN)・「プラネタリウム」(大塚愛)
  アルエド:「未来派LOVERS」(OVA「機動警察パトレイバー」OP)・「プリズム」(「電脳コイル」OP)
  リヒエド:「ロケット・ライド」(Scudelia Electro)
  スカー: 「砂漠の少年」(Grass Valley)
  ヒューロイ:「Peace on the grave」(PEARL)
 
 
6:次に回す人を5人指定する
とゆうことで。読んでいらっしゃるかな?
 
ゆず日記 の 柚枝さん
白き焔BLOG の 真朱薫さん
有耶無耶の錬金術師・改 の さやさん
†ミュンヘン1923† の 井上レフトさん
鋼中心腐女子日記 の ROBOさん

この時期だとそろそろお忙しくなりそうな方が多そうなんですが。
もしよろしかったらお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (3)

2007/07/09

ウンポコ読みました

男性マンガ家だと思われたのは、間違いなく名前のせいだけじゃないと実感しました(ってそれが感想かい・笑)。

あ、ところで牛様は分かって書いてるんだと思いますけど。
「ウンポコ」って「un poco」だから。英語でいうところの「a little」だから。「un」は英語の「a」と同じだから。
音楽で「poco a poco」って昔習ったでしょ? 言語は違えどあれと同じです。あれと。
 
あんまり見栄えのいい名前だとは思ってなかったけど。このネタにされるとはなぁ。
「un poco」とか「un poquito」とか良く使ってただけに。こう、脱力?
 
まあ、さらに別の国の言葉じゃ「ポポ」って言ったらモロそっち方面の意味だけどね。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゼロの使い魔 on the radio 公開録音

ゼロの使い魔 on the radio 公開録音」言ってきましたよ~。
いや~もう、理恵ちゃんが可愛かったっす。
浴衣着ててさ。
トークとかも、あのラジオ通りのテンションでしたよ。
アドリブで答えないといけないコーナーがあったんだけど。結構コレが上手く可愛く返してて。
鋼イベントでは、めちゃめちゃアドリブ弱かったのに、成長したなぁ、としみじみ思ったり。
 
早口言葉の時はいつも「3・2・1・キュー!」ってやるんだけど、相手の目の前に手をかざしてやってたんだよね。
ハガレン放送局でも良く、バツゲームでキャラクターなりきりコメントの時に良くやってましたよね。
あれもこんな感じでやってたのかなぁと思うと、朴さんと理恵ちゃんのいちゃいちゃっぷりを思い出してちょっとにやにやしたり(いや、それ間違ってるから)。
 
で。これだけは言いたいっ。
女性ファン少なすぎだってば!! 私以外にもう1人しか見当たらなかったんだからぁぁぁっ。
そりゃアキバでCD予約しないと整理券を貰えないってのがガンだってのは分かるけど。
理恵ちゃんファンは無理でも、日野ちゃまファンがいるかと思っていたのに。
来いよ~。寂しいじゃんか~。
コミケ3日目の美少女サークルに並んだ気分だったよ(最近はそっちだって女性客が増えたって言うのにっ)。
肩身狭いし、汗臭いし、目の前壁だし。
しかも。だぁぁ……初めて生で見ちゃったよ、オタ芸……。キシ(以下略)……。
 
それと以外だったのが、男性で日野ちゃまファンっていう人がいたのがちょっとびっくり。単なるリップサービスかもしれないけど。
なんだろ? サイトに自分を投影して見ているからなのか? 男性ファンって理恵ちゃんしか見えてないのかと思ったら、そうでもないんだね。意外。
サイトも悠二も好みのキャラじゃないし。よっぽど私の方が日野ちゃまは眼中にないかもだわ(笑)。
 
放送は次回第26回配信分になるそうです。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガンガン2007年07月号 鋼の錬金術師第72話「負の連鎖 正の一石」 ネタバレ感想

だああ、なんとかギリギリ来月号発売前にアップ出来た~。
やばい。やっぱり間が空きすぎるとダメだ。テンション落ちるし。
やっぱり無理にでも発売直後にアップすべきだったです。反省。
冷静になっちゃってる分、妙にシニカルだぜっ。
ということで、いきます。
 
  
●野良犬
リザの帰宅途中、物陰にいた痩せた野良犬。
ちょっと「銀英伝」のユリアンの台詞を思い出しました。
野良が太っていたらそれは、都市全体に物が溢れている証拠。残飯が有り余ってるって事だからね。
ロイたち軍人や、エドが国家錬金術師でお金に困る事がないから普段分かりづらいけれど、肋骨が浮いているような野良犬がいるってことは、それほどまでにはまだイシュヴァール戦以降、復興はされていないって事なんだろうな。
 
 
●酔っ払って花を大量に買ってしまってね
真面目なわけじゃなく「酔っ払って」、プレゼントするのではなく「処分」。
二重に境界線を張って、警戒されないようにしてる。
 
軽口叩いて「いつも世話になってるからね」とか何だって言いようはあるのにさ。
仕事で買い取ったものを「プレゼント」にしたくないのか。
「プレゼント」して拒否られるのが怖いのか。
少しの下心もみせたくないのか。
この潔癖具合。 これで30? 青い、青いぞっ(笑)。
 
 
●わざわざ声をかけていただきありがとうございます 大佐
このコマっ。
リザ、汗が止まってるんだよっ。走って帰って来た汗も冷や汗も。
表情も穏やかになってる。
なんのかんの言って当てにしてるし、支えになってるんだろうなぁ。
 
 
●あん時は情報ありがとな
何で疲れないアルが座って、エドが立ってるんだ?
発言者は立つのが基本ですか?
んな莫迦な。
そうか、座ると目線がマルコーより下になるからか。
人と話をする時は目線を合わせるのが基本です。
言葉ではなんのかんの言いながら、実は威圧的なエド(笑)。
 
 
●キメラ
質問。人間と何のかけ合わせ?
針の方はハリネズミかヤマアラシかな? って程度には浮かぶんですが(それでも針は飛ばないけど)。
もう片方は? 唾で攻撃する動物ってググってみても引っかかるのって架空の動物ばっかりなんだよねぇ。怪獣とかドラゴンとか。
何なんだろ?
 
 
●ギャー!!! ゲテモノ!!!
この阿吽の呼吸っ。もっ、これぞっって感じ。これがいいのよっ。
これが好きだからやめられないのよ、兄弟スキー。
「こんな人間離れした味方なんか知りません!!」って。黒いよ、アル。黒過ぎ。
目光ってるよ。ピカって光ってるから。
「ボク丸飲みされちゃうよ」って。もおー可愛過ぎっ。信じらんね。
「あほだね」って冷静なのに、台詞が平仮名な事すら愛らしいよ。アル。
 
 
●分解すりゃほぼ水じゃねぇか!!
なら残りのタンパク質とかはどこに行ったんだろ? その分が粘々するわけだから。
ちゃんとその分も分解しないと、エドの腕には粘々だけが残るって事なんじゃ…。
流れ落ちなかったってことは、一度分解して引っぺがしてまた再錬成したのか? エドよ。
 
 
●この瞬間を待っていた!!
鬼!!! それは鬼だよ。兄さんっ!!
正義の見方たるもの、名乗り中と変身中の攻撃はしちゃいかんだろ(笑)
 
 
●ああはいはい
最小限の攻撃でしとめているとはいえ「きゅっ」って絞めてる時のアル、何気に顔に横線が入って怖いです(笑)。
 
 
●ボシュ
鎧の温度を上げてキメラを放したアルだけど。
これって何との等価交換になるんだろ?
温度が高くなると分子だったか原子だったかの動きが速くなるんだっけ?(うろ覚えだわ)
つまりそういう状態の鎧に再練成したってこと?
錬金術ってもっと物理的なものだと思っていたんだけど。
結構謎っす。
 
 
●いいかげん捕まっちまえよ!! 出る所出て裁きを受けるんだ 傷の男!
2人はあくまでも私怨でボコる事を善しとしていない。
正当な裁きを求めている。殺されかけたとか。ウィンリィの親を殺したとか。
そんなことを横に置いている。
残虐な殺人者が死刑になるのは、そうしなければ遺族の気持ちが治まらないからなのだと思う。
ハンムラビ法典の、目には目をの理屈。
どんなにウィンリィが大切な幼馴染でもエドたちは遺族ではないからその資格はなく、殺されかけた事についてはそもそもが自分達の自業自得(人体錬成から派生した因果)だと思っているのかな。
 
 
●オトリだよ
座布団一枚!!
そうだよな。寒冷地用機械鎧が何で出来ているかなんてスカーは知らないもんね。
自分が前にしてやられたことを学習し戦闘にいかしている。
前にエドが右腕を囮にしそれをランファンが真似たように、牛様はきちんと戦闘の際の思考にも伏線を張る。
うまいよなぁ。
 
 
●そのレイブン中将が行方不明になってしまってな
ここにも優しい嘘を付く大人がいる。
弱肉強食だなんて、嘘じゃん。莫迦。
 
 
●勘違いしないで 理不尽を許してはいないのよ
この台詞に拍手。
実は子供の頃見たドラマにあったのよ。「理不尽だろうとそれでもいつか許さなければいけない」なんて台詞を吐いたドラマがさっ。確か伊藤麻衣子(現 伊藤まいこ)が主役のドラマだったと思うんだけど。
幼心に「いやそれは違うだろう」と怒ったもんだ。というかそれが大人社会かよ、って絶望した(笑)。
「はみだしっ子」じゃないが。理不尽な真似をしておいて何故憤るのか? なんて尋ねるような相手を信じたくはないよ。
怒りを捨てる必要なんてない。それでもその上で、それさえも踏まえて自分は何をすべきかを考え前へ進む。
それが大事。
  
話題がそれるけれど。
ウィンリィが扱っているのは確かに医療としての義手であり義足だ。
けれど、機械鎧はその呼び名にも漢字にもあるとおり「メイル=鎧」。闘う為の武具でもある。
日本でも介護用ロボットなどの設計を手がけている人の元へ、あの9月11日の直後、無人戦闘ロボットのようなものが作れないか米国のどこからか打診があったらしい。
ウィンリィの機械鎧だって、戦時下になれば同じだ。
名前からして、そもそも軍事用に開発されたものなのだろう。
足を切り落とされもう戦場に行かなくて済むと安堵した幾多の兵士に手足を与え、また戦場に引き戻しただろう。
闘えない兵士が増えればすぐにも終わったはずの戦争を、機械鎧を装備することで無意味に引き伸ばし、敵も味方も死傷者を増やしたかもしれない。
幼いながら戦時下を体験したウィンリィがそのことを一度も考えなかったとは思えない。
少なくともカルバリン砲を埋め込み可能なことを理解しているのだから。
自分の作っているものが時としてどのように扱われる可能性があるのか。
戦争になれば、エドが人間平気として人を殺すかもしれないように、ウィンリィだって間接的に人殺しの片棒を担ぐかもしれない。
その時ウィンリィは他人から恨まれる存在にもなり得る。
そうと理解したうえで尚、ウィンリィは機械鎧技師の道を選んだのだと思う。
だからこそ、彼女は「許してはいない」と言い切れる強さがあるのだと思う。
 
 
●この身はアメストリス国軍の中に投じられたイシュヴァールの一石であろう
誰かさんが似たような事を言ってたね。
「この国の礎のひとつとなって皆をこの手で守る事ができれば幸せだと思ってるよ」
自国が、自分の身を投げ出してもいいと思えるほど価値あるものだと、若かりし頃ロイは何故そこまで思えたのか。
理解出来ないでいたのだけれど。
 
軍が、マイルズにとってそこまでの価値があると思わせたのが、アームストロング少将の一言であったように。
ロイもまた、誰かに言われた台詞だったり、言った本人からしてみればちょっとしたほんの些細なものだったのかもしれない。
それが師匠経由できいたリザの言葉だったりすると面白いんだけどねぇ(笑)。
 
 
●貴様のような奴がいてくれてよかった
ちょっと牛様にしてはあっさり、かな?
 
何故、スカーがそんな言葉を吐くことが出来たのか。
 
スカーは、イシュヴァール人が殺されたから国家錬金術師を滅ぼす事に人生を捧げ。
マイルズは、イシュヴァール人が生きていく為にアメストリス軍に身を投じた。
スカーはアメストリス軍の過去の行いに粛清を求め、マイルズはアメストリス軍の未来の方向性を正そうとしている。
自分の家族が大好きだったから、という根っこは同じはず。
スカーから見ればマイルズの行動は「こうありたかった姿」なのかもしれない。
それでも理性より感情が優先し、いつかボロクズのように死に絶える事を選んだ。
だからこそ、出てきた言葉なんだろうな、と想像する。想像はするのだけど。
牛様にしては、そこまでの思考過程がまったくはぶかれているので自信がないんだよな。
伏線にする時にこんな風に台詞だけぽんと投げ出すのは牛様の良く使う手だけど。
うーん、ここもわざとなのかなぁ??? 分かりませんわ。
 
 
●なんで本部でちゃんとウィンリィを見てなかった!!
って、これ完全に八つ当たりじゃん。
アルがこっそり連れてきたのってエド承知のうえだったじゃん。
ということで、この台詞は芝居だよな。
さらに、スカー兄の暗号解読の為今投獄するわけにもいかず、ウィンリィがこの場にいればまたキンブリーの保護下という名の人質になる。
ここでスカーがウィンリィを楯に取られれば、キンブリーは手出しできない。ウィンリィが錬生物か疑ったけど錬成痕がないから本人っぽい。
大方、キンブリーを追う形で、後でどこかで落ち合う約束をしたんだろう。
大人数で動けばバレ兼ねないから、落ち合うのはエド達だけか?
というのが予想。
とはいえ、キンブリーには「敵討ちをする」と言ってここまで来た以上、「逃げたから諦めます」ってワケにもいかないだろうからな。暗号が解けたとしてそのあとスカーをどうするのかとか、まだ色々問題は山積みなんだけどね。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/02

電脳コイル

「電脳コイル」やっとまとめて観ました。んなことやってる暇があったら(以下略)
朴さん演じるハラケンって後から出てきたわりに実は重要ポジションだったりしない?
さりげに、主人公のヤサコの彼氏フラグ立ちそうな気配だし。
エドとはまったく違う、あまりしゃべらない暗いキャラなんだけど。
やるときはやるタイプだしな。ちょっと楽しみ。
ところで、オープニングの歌詞がすんごくアルエドorエドアルに聞こえるのは私の気のせいでしょうか???
MAD作りたいなぁ。無理かなぁ。時間作れないかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »