« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007/08/31

どんだけ…

自分でも、莫迦だよなぁと思いながらも、密林で注文してしまいました。
タロットメイデンきさら ドラマCD付限定版
CDだけ手元に残して、コミックスは捨てる確率高し。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕立屋工房

CDドラマの第3弾が出るようですね。
大人気コミックドラマCD第3弾! 今度は刑事と占い師!? 『仕立屋工房 ドラマCD Coollection.3』アフレコレポート
ガンガンパワードのおまけCDとかでちょっとは聴いたし。
とりあえず、雑誌掲載分は読んでおいてどの口が言うかって感じだけど。
すまん、そんな立て続けにCD出すほど面白いっけ??

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/08/28

青鳥の虚像改造計画

聖部さんが紹介されていたようつべ動画を見て。
あれ? この動画、MADじゃなくてゲーム自体を改造した動画、だよねぇ?
これってもしかして、………やろうと思えば出来るんじゃね?

と一念発起。
記事や年表や作成中のMADを放り出し、ネットに潜り込んで情報収集。
とりあえず、arc.nscを展開して中のtxtを日本語に直して、再度arc.nscを圧縮すれば出来るように「見える」んだけど。

をや? このtxtファイルを上手くいじれれば、もしかして音声も追加出来るのと違う?
オープニングのアバンとか。
「兄さん」とか「アル」くらいは追加出来るのと、違う?

うおおお、夢はどんどん膨らむっ。
スキル不足で計画倒れになるオチは見えていそうですが。

このあたりはCさんの方が詳しいんだろな、きっと。
まあ、おシャカってもPCさえ無事なら、ゲームは一度アンインストールしてしまうというのも手だしな。
 
なぁんて、ぐだぐだとファイルを片っ端から空けて中身を確認してから、一度ゲームを起動してみたら。
 
いきなりゲームのOPが見えるようになりました。
 
いや、私がやりたかったのはそこじゃないんですけど。
 
*****************************
豆知識
「青鳥」の2版は公式サイトで提供されているバッチを当てると、
OP映像が見れなくなるというバグがあります。
バッチをあてなきゃゲーム自体出来ないから仕方ががない。
それに、OP動画ファイル自体はプレイヤーを使えば観る事は出来ます。
*****************************
 
うーん、一体なんのはずみで見られるようになったんだろ。
誤って、arc.nscをWordで開きかけて作ちゃったゴミのせいだろか?
シナリオを書き換えようとして失敗したゴミのせいだろうか?
って、おい。
 
とりあえず通常通りゲームが開始する事を確認してから終わらせたら。今度は。
 
PC自体が強制終了&再起動を初めました。
 
ちょっと待て。
しかも、立ち上がってもいつまで裏で何か動いてる音がして、こりゃCPUをぶんどられてそうだなぁ。
と思いつつ、エクスプローラは起動しようとしたら。

いつまでたっても起動しません。

しゃあない一度終わらせるか。とスタートボタンを押してみても。

反応しません。

じゃ、じゃあタスクマネージャーから。と、Ctrl + alt + del を押して。

反応しません。

仕方が無いので起動ボタンで強制終了。

しばらく置いてから再起動したら動きましたけどね。

怖くて、まだゲームは再起動させてません(-_-;)。

よい子の皆さん、真似するのはやめましょう(笑)。
ま、私は再チャレンジする気満々だけどね(爆)。
一度バックアップとるかな。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/08/26

絶望先生ネタ

アニメ『さよなら絶望先生』の8話のエンドカードに荒川先生登場。
 
いつか来るだろうなぁとは思っていましたが。
先生似せて描きすぎー。言われなきゃ分からんかったかも。
    
  
Zetubou

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/22

日曜日のレポ

日曜日は、急遽U猫さんが遊べるっということで、銀座へ集合。まあ、暑いのなんの。
H部さんと、T子ちゃんと、U猫さんと。何故か偶然(必然?)にもこの日は、アルエドサークルTのファンの方ばかり。T主催のMせさんが極度の雨女らしいとは、日記に書かれ周知なものだから。
H部さん(でしたっけ?)の「Mせさんが帰られたから今日は暑さが戻ってきた」にはみんな大いに納得。
 
さてまずは、殺人的に美味しいという噂の(笑)アップルパイを食べに。
4人中3人もアップルパイを頼んでおいて、紅茶はみんなまったくバラバラというはた迷惑な客。
お陰で、小さなテーブルに、紅茶のポット3つと差し湯用のポットで、いっぱいいっぱい。
でも、わーい、ホントに美味しいや、ここのアップルパイ。

で、またここでも某獣に関する、ブラックトーク。
「ともかく脚本が下手」とか。「あれは普段小説を読まない人の文体」とか。
U猫さんが「脚本を交代して欲しい」と言えば、私は「作画:荒川弘になっていればあとはどうでもいい」とか。
「ガンガン」と、「ガンガンパワード」では体制が違うんじゃない?
(そう言えば「ガンガンパワード」にはこんな黒歴史も。今となっては直木賞候補作家原作……やっぱり商売下手?)
いっそ、小学館に移った方がのびのび描けるんじゃない? とか。
またお家騒動を起こして、下村さんが担当のマンガ家さん連れて独立してしまえばいい、とか。
唯一未読のT子ちゃんが、みんなの黒さに怯える、怯える(笑)。
 
それとか、鋼とのファースト・コンタクト。
「1冊買って嵌って翌日全買い」とか「試し読みで6巻・5巻・4巻 の順に読んでしまった」とか。「二次創作がはじめだった」とか。23号の話とか。ホムンクルスの謎。エドウィン、ロイアイ。ブログ更新の話。
ロイがオリヴィエ姐さんの上に立つなんて今の実力じゃねえ? やっぱり●●フラグ? いやそれはないだろう。なんて話とか。色々濃かったですね。
 
お昼はM朱さんが参戦し、場所を変えてM-ジュでランチ。
紅茶の銘柄「オートメール=HAUTE MER」が仏語で「深い海遥かな海」だと初めて知ったり。
紅茶専門店だけあって、べらぼうな種類の紅茶の中から、料理とこちらの希望にあった紅茶を選んでくれる手際は流石でした。
池袋の執事さん達はここで修行すればいいよ、うん。
そういえばここは場所柄のせいか、お淑やかにパンピーな話題、でしたね。
みんなの海外旅行の経験憚とか。
でも、テーブルの上に置かれていた紅茶の本に掲載されていた「HAUTE MER」のページをみんなして●●で●っていた(後で奥付を調べたら禁止事項だった・笑)のが笑えました。
 
お腹がくちくなった処でカラオケに移動。ここからTつさんも参戦。
M朱さんが持ってきた中尉のコスを、Tつさんが着ると余計華奢に見えて可愛かったり、T子ちゃんが着ると凛々しかったり、U猫さんが着ると電話交換手っぽいとか。同じ衣装なのにこうも変わる? って……あれ?? H部さんだけ着るのを逃れていたような気が……上着を肩にかけた写真は撮ってたけど、着てましたっけ???
ここでU猫さんはご帰宅。
 
T子ちゃんが夏コミ1日目に某フ○テレビから腐女子についてアンケートを求められた件についてとか、ジュネとBLとやおいの違いについてとか。大きな声では語れないような内容になりそうだったので、ラ○オ○に移動。
M朱さんと私で結構四苦八苦しながら、BLとジュネの違いについて説明していたのだけど。うーんやっぱり難しい。誰かすぱっと違いを言える人いません?(笑)
そうそう、あの場では言い忘れましたが。
「腐女子」の定義は人それぞれっていうけれど。まず「萌え語り」が出来るっていうのが第一条件だと思うんですが、いかがでしょう?
ちょっと話に出た、50キロ痩せたという、オタキングこと岡田斗司夫さんのインタビューはこちら。「鋼」の夜話の時の記憶しかないからかなりびっくりしますよ。
何のはずみか、ハリポタ話になり、意外とシリウス・ブラックに人気があることも発覚。
実は、シリウス×ジェームスで、ジェームズの面影をハリーに追い求めてしまう、シリウス×ハリーが私のツボでした(そんな同人誌にはお目にかかれませんでしたけど)。
シリウスはリーマスより背が高くないと、とか。ジェームズの生え際の後退ぶりが気に入らないとか。映画話をしたり。
そして珍しくも酔っ払ったT子ちゃんをみんなしてイヂメたり。
うんうん。酔っ払いほど「酔ってない」って言うんだよね。寡黙な事が多いのにすごーく饒舌になっていて可愛かったです。
結局ラストオーダーまでいて、体よく追い出されました(あれ?)
 
 
後から調べた話。
フレグランスオイルに「Bleu haute mer」というのがあるそうです。青く遥かな海、ですね。
「L'enfant de la Haute Mer」という短編小説もあります(ランファン・ド・ラ・オット・メール)。「ランファン」? しかも同時収録されている短編タイトルの中に「牛」とか「牛乳」なんて単語があって、え、ええ?(笑)
ちなみに、「L'enfant」は「子供」。
フランス料理のお店の名前にも使われているようで。
ランファン(東京都江東区)
ランファン・キ・レーヴ(北海道札幌 モエレ沼公園というネーミングまた・笑)
ついでに調べてみたら。「メイチャン(May Chang)」という名前のエッセンシャルオイルも発見!(笑)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

まずは何より

日曜日のレポは書き途中なんですが。それはさておき。
 
「ガンガンパワード」発売日でございます。
見ました? 見ました?? 見ました???
いや、本編じゃなくて(おい)。
いや、あー、まあ(ボリボリ)。
そのあたりは、あとで1巻からまとめて書きますから。とりあえず、こっちに置いといて。
 
『獣神演武』コミックス1巻のCMページ。
「作画:荒川弘」。
作画! 作画!! 作画!!! さくがぁぁぁぁぁぁ!!!!!
うっしゃぁぁぁぁぁ!!!!
 
次号からは、本編も予告も「直って」いるといいなぁ。スクエニさんっ、期待してますからねっ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/08/20

夏コミお疲れ様でした

まずは。夏コミでお付き合いくださった方々ありがとうございました。
1日目の17日が自宅にいても暑くて暑くて、こりゃ18日は覚悟しないとなぁ、と暑さ対策万全で行ったにも関わらず。
何? この涼しさ? おかげでソクヒエも、ミニ扇風機も、ウチワさえ出番無し。
外並びもまったく苦にならなくて拍子抜けなくらい?
ある意味これはコミケの神様再臨?? ってな感じでした。
さらに今回は、大した役にも立たないくせに、ながたさんのスペースにお邪魔させていただいて(ありがとうございました!)、荷物も置かせていただいて、悠々自適?
なんて過ごしやすいコミケなんだ!! ってな感じでした。
T子ちゃんのリザお姉様を存分拝ませていただき(次回予定のオリヴィエ姐さんコス期待してますっ)、Nわこさまにはアッガイで遊ばせて貰い、H部さまにはこちらがお願いする前にホーパパ少年本を買っておいていただき、ご挨拶に伺っただけなのにRいさまにはお菓子やグッズをいただいてしまい、他にも他にも色んな方から餌付けされてしまい(笑)、近年まれに無いくらいすげぇ幸せ者でした。
ありがとうございましたっ。
心残りはLちゃんとご挨拶しか出来なかった事。いやまさかそんなに早く帰られるとは思わなくて。うぉぉぉ、失敗したぜ。
 
そしてギリギリ滑り込みで参加申告をしたアフターでは、自分が連れて来ておきながら初参加のMみじさんをしっかり放置(いや、だって馴染んでたよ、大丈夫、大丈夫・笑)。そのお陰でM朱さんの素敵な反応が見れてしてやったりでしたが(笑)。
それとか、唯一Tつさんのみ購入されていた某獣DVDの冊子を見せていただき、封入されていた牛様のイラストに「だけ」いっせいにみんな反応していたのが大笑い。まあ、アニメ絵の筋肉の付き方は、鋼アニメの初期に比べたら、年齢的に妥当だよね。以外、誰も何もフォローしなかったような気が。
いやぁ、みんな黒い黒い。
J乃さんと念願のアル語りが出来て嬉しかったり。(サウンドドロップへの反応が素敵っ・笑)、Nべさんと初めてお話し出来たり、部屋の隅ではRボさんとその嫁のUさんは相変わらずエロいわ。エロと言えば、やっぱりSやさんとYみさんの独壇場(あれ? 2人でもそう言うのかな?)のエロトークが炸裂しているわ。なんやかんやと楽しかったです。
そして何故か、私はいつもTワさんの側に座っているような気がするんですが。何か無意識に引き寄せられてる?(笑)
そして、アフターのアフターでも、冬コミの申し込み書を書いているSやさんとYみさんを他所に、延々しゃべり巻くり。あれ? 何の話してたんだっけ?(酒が回るといつもこれだよ)
みなさま、どうもお付き合いありがとうございました。

ごめん翌日の記事はまた後で。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/08/18

『獣神演武』検証材料提供

以下のリンク先のほとんどはWayback Machineから、拾い上げたページです。すでに実際のページは削除されていますことをご了承ください。
また、Wayback Machine使用のサイトは全て文字化け致します。
表示の際は、表示>エンコード>日本語(S_JIS)に設定を変更してください。
また、サイト「武漢堂」が引用禁止となっているため、日記の内容はこちらで要約したものです。
正しい詳細はリンク先でご確認してください。
 
 
検証:
『ガンガン2007年8月号』において掲載された以下の文。
原案・黄金周とは…?
今作のマンガも担当している荒川弘、制作スタジオのスタジオフラッグ、プロデュース会社のジェンコで構成する原作者グループ。命名は荒川弘。連載デビュー以前に、荒川弘とスタジオフラッグが企画していたオリジナル作品が元となり、7年の構想期間を経て「獣神演武」が誕生したのである。
 
この文章は真実か否やか?。
  
 
■黄金周とは?
 
●物証その1
「電脳山賊武漢堂」(2003年5月20日更新)
ネット小説『獅子獣神演武』を連載していた張飛龍氏のサイト

●物証その2
ttp://www.max.hi-ho.ne.jp/hash/nlink_t.html
ttp://www.geocities.co.jp/Playtown/2947/doumei.html
オリジナル小説系サイトのリンクページ
「電脳山賊武漢堂」の管理人名、「大原信弥」
 
●物証その3
張飛龍&虎丸制作日記 2001年5月
5/11 学校でのHP作りの素材に本番の環境を使用していた為、「武漢堂」のトップページに変な文字の羅列が表示されたとの事。
 
●物証その4
http://web.archive.org/web/20021005075923/www3.big.or.jp/~bukando/
「電脳山賊武漢堂」のURL先がパソコンスクールマリーンになっている
 
●物証その5
有限会社コーテック・システムズ パソコンスクールマリーン
「大原信弥」氏が代表取締役の会社
[主な取引先]に「株式会社スタジオフラッグ」
 
●物証その6
大原Dずんだ日記
有限会社コーテック・システムズにて公開されていた「大原信弥」氏の日記
2005年5月、4年ぶりに荒川先生に会った事が記述
 
●物証その7
『ぱふ 2007年3月号』荒川先生のインタビュー記事
もともと原案の黄金周氏とは知り合い
デビュー前、黄金周氏のネット小説に挿絵を描かないかと誘われて描いて発表していた
去年あたりに「こういうのやらない?」と久しぶり電話がかかってきた
それをスクエニに企画を持ち込んだのがきっかけ
はじめはキャラデザだけでいいのかな? と思っていたらいつの間にかまんがを描くことになっていた
黄金周氏が他に仕事をされているのでシナリオ担当をまた別に立ててスタートした
前の作品は主人公が20代、ヒロインは18歳くらい 今回は少年誌なので年齢を下げた
セリフもちゃんと入っている脚本の状態でいただくので、ページを合わせてまんがにするだけ
セリフの細かいところまでちゃんと書いてある
キャラクターは黄金周氏に要望を言われる事もあるし、こちらから出す事もある
 
●物証その8
コミックス『獣神演武』すぺしゃるさんくす ページ
原案協力 大原信弥 早坂哲也
 
  
 
■『獣神演武』の元になっている「オリジナル作品」とは?
 
●物証その1
「獅子獣神演武」
ネット小説『獅子獣神演武』のトップページ
 
●物証その2
武漢堂画廊
獅子獣神演武 登場人物設定 参照
登場人物名は以下の通り(太字は『獣神演武』と重なるものあるいは、絵が似ているもの)
岱燈頼羅、猛骼、鎧燕、陶秀、李侯飛、趙狐、趙梁
許勇、公孫偉、項武、典騎、許鴻、劉煌鳳星将鶴
劉匠、李侯鳳、黄漸、周蓮、鳳浅、闘核、孫雄、慶龍
羅漢、儀粛、史明
 
●物証その3
獅子獣神演武って何?
「獅子獣神演武」についての説明
この小説が張飛龍氏の長編オリジナル歴史小説であることが明記されている
 
参考資料1
獅子獣神演武1章
 
参考資料2
同人誌「獅子獣神演武」 
 
  
■「荒川弘とスタジオフラッグが企画していたオリジナル作品」とは?
 
《アートスタジオ武漢堂編》
 
●物証その1
武漢堂制作日記 1998年1月
1/4 某アニメスタジオ時代の同輩アニメーターから「獅子獣神演武のアニメやらして」というメッセージがあった
 
●物証その2
武漢堂アニメプロジェクト(1998年1月)
1/16 荒川さんと絵コンテ打ち合わせ
1/27 東京の作画さんから原画・動画を担当して貰う
 
●物証その3
獅子獣神日記 8
荒川先生 絵コンテ担当
 
●物証その4
武漢堂制作日記 1998年3月
3/13 荒川先生から原画さんあての手紙
3/18 原画さんから獅子獣神演武デモアニメのテスト素材到着
 
●物証その5
武漢堂制作日記 1998年4月
4/10 荒川先生から獅子獣神演武の仮絵コンテと設定、作画注意事項が到着
 
●物証その6
挿し絵ちゃんのつれづれ制作日記 1998年8月
荒川先生、獅子獣神演武アニメ絵コンテ完成
獅子獣神演武アニメ関係者について元プロ集団と記載
 
●物証その7
武漢堂制作日記 1998年8月
8/9 獅子獣神演武デモアニメの作曲担当者オファー
8/10 シナリオリテイクと荒川先生からの絵コンテ到着
8/13 獅子獣神演武の作画担当M田氏と打ち合わせ
  
●物証その8
張飛龍&虎丸制作日記 1998年9月
9/2 獅子獣神演武デモアニメ用色指定
9/8 色指定進行中
9/9 キャラの色指定ある程度終了 リテイク
 
●物証その9
張飛龍&虎丸制作日記 1998年10月
10/10 作画さんと獅子獣神演武のアニメの打ちあわせ
 
●物証その10
挿し絵ちゃんのつれづれ制作日記  1999年1月
武漢堂アニメの原画チェック開始
 
●物証その11
張飛龍&虎丸制作日記   1999年5月
4/14 獅子獣神演武の原画担当M田氏に原画を急ぐよう指示

●物証その12
張飛龍&虎丸制作日記   1999年5月
5/23 獅子獣神演武の原画担当M田氏に何カット依頼
5/24 荒川先生からガンガンの新人賞大賞受賞の知らせが入る
 
 
《スタジオフラッグ編》
 
●物証その1
張飛龍&虎丸制作日記 1999年6月
6/15 社長と獅子獣神演武を企画して云々という話になった
6/18 獅子獣神演武が本格的な企画に移行
6/21 H坂氏(社長)に「荒川さんOK」の結果報告・荒川先生は無料奉仕
 
●物証その2
コミックス『獣神演武』すぺしゃるさんくす ページ
原案協力 大原信弥 早坂哲也

●物証その3
武漢堂アニメプロジェクト(1999年秋)
某アニメーションスタジオと協力し、商用展開模索を報告
 
●物証その4
張飛龍&虎丸制作日記 1999年7月
7/5 荒川先生、スタジオで「獅子獣神演武」の打ちあわせ
7/6 荒川先生とSさんと「獅子獣神演武」の今後の展開や、裏話しや、馬鹿話
 
●物証その5
張飛龍&虎丸制作日記 1999年8月
8/6 仕事の依頼にも必要な為、社用扱いで荒川先生の電話回線の申し込みに付き合う
8/8 張飛龍の勤め先が「スタジオフラッグ」と分かる記載あり
 
●物証その6
張飛龍&虎丸制作日記 1999年 10月
10/7 獅子獣神演武の背景について打ち合わせ予定を入れる
10/8 獅子獣神演武のアニメの背景資料を探す
10/9 K野さんと打ち合わせをする為に、絵コンテと設定資料をコピー
10/10 K野さんと荒川先生と獅子獣神演武の打ち合わせ
 
●物証その7
同人誌第2弾発売申込み(2000年4月)
夏コミ頒布『獅子獣神演武』同人誌第2弾の売上げから必要経費を引いた分は、獅子獣神演武のアニメのパイロットフィルム作成費としてプールする旨記載
 
●物証その8
張飛龍&虎丸制作日記 2000年7月
7/6 荒川先生のラフに修正が入り返却
 
●物証その9
獅子獣神日記 9(時期不明)
挿絵降りる

●物証その10
張飛龍&虎丸制作日記 2001年1月
2000年8月~12月 日記無し
2001年1月 以降荒川先生の日記へのリンク無し
以降は、日記が読めない為不明
 
 
《張飛龍編》
 
●物証その1
「電脳山賊武漢堂」トップ(2004年9月16日更新)
石巻インターネット放送局(仮設)に「獅子獣神演武」デモアニメムービー放送中の旨記載

●物証その2
石巻インターネット放送局 試験放映(2004年9月16日)
荒川弘アニメ予告 獅子獣神演武の動画が置いてあります。サムネイルは見れません。

●物証その3
石巻インターネット放送局 試験放映(2004年9月16日以降?)
荒川弘アニメ予告 獅子獣神演武のサムネイルが見れます。動画は見れません。

参考資料
2ちゃんねる情報 327
一枚絵がスクロールするだけの素敵な紙芝居アニメーションに、でかでかと出たテロップが「張飛龍、荒川弘。二大巨頭、夢の競演」という内容
  
 
 
この記事はあくまでも情報提供だけです(文句はまた別立ての記事にでも)。
ご自分のブログや日記に情報ソースとして使いたいリンク先があればご随意にどうぞ。
 
 
原案・黄金周とは…?
今作のマンガも担当している荒川弘、制作スタジオのスタジオフラッグ、プロデュース会社のジェンコで構成する原作者グループ。命名は荒川弘。連載デビュー以前に、荒川弘とスタジオフラッグが企画していたオリジナル作品が元となり、7年の構想期間を経て「獣神演武」が誕生したのである。
  
 
スクエニのこの文章は本当に真実か否や?
判定はここまで読まれたみなさんに、お任せ致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/15

夏コミではプレスにもご注意を?

さて、夏コミも間近ですね。
金・土は暑そうですね。日は雨だとか。日よけ&雨対策は入念に、どぞ。
  
未だカタログチェックしてませんが。多分私は、2日目だけかな、と。
そろそろ、お気に入りサークルさんの新刊チェックもしないとね。 楽しみ♪
HBNの方々にお会いするのも6月以来だし。
アフターのご予定って、みんなどうされるのかな? とちょっと気になったり。
 
いや、そういう、ポジティブな内容じゃなくて。
 
ちょっと、いやんな記事をぽつぽつ見かける今日この頃。
電車男もすっかり過去の話題で、最近は腐女子ネタが旬なんでしょうか。
どー見たって、変な色眼鏡がかかってますな。
 
オタク文化、「コミケ」はエロな女性たちに浸食されまくり?
1人、2人取材しただけで、まるっと理解したつもりになっているあたり、すごーく頭が悪そうな記者さんとか。
 
中野腐女子シスターズ:喜屋武ちあき、スザンヌら セクシーコスプレで「お腐会」
彼女たちのどの辺りが腐女子なのか?説明しやがれこの野郎な、記事とか。
 
げんなり~(ーー;)。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

朴さん出演作の舞台挨拶

「ベクシル」舞台挨拶に 朴ろ美さん、柿原徹也さん、曽利監督
朴さんの舞台挨拶があるそうです。
 
『ベクシル2077日本鎖国』舞台挨拶8月19日(日) 
ゲスト:朴ろ美、柿原徹也、曽利文彦監督(予定)
池袋HUMAXシネマズ4 シネマ3 9:30の回上映前
新宿ジョイシネマ1  10:30の回上映前
*詳しくは劇場まで
新宿ジョイシネマTEL.:03-3209-6180
池袋HUMAXシネマズ4シネマ3 TEL: 03-5979-1662
  
8月19日……とりあえずコミケの2日目じゃないだけありがたいけど。
えーと、ど、どうしようかなぁ。
 
『アップルシード』の監督なのだそうだけど。
『アップルシード』は原作好きだけど、デュナン役の愛ちゃん好きだし、ブレアリオスとデュナンのビジュアルがまんま、アルエドに脳内変換可能で萌えだったり。
色々好き要素はあるのに、あの3Dが気持ち悪くて途中で見るよやめたんだよなぁ。 
  
 
そういえば同じ日に、幕張では『ガンダム00』のキャストが発表されるんですよね。
あれは発表だけで、キャストは呼ばないのかなぁ。
予告が朴さんのナレーションだっただけに気にはなっているのだけど。
もとよりこれは、キャストも分からず行くつもりはなかったのだけどね。
 
  
キャラホビ2007メインステージでいよいよキャスト発表!!
日  時 : 平成19年8月19日(日) 14時30分~
会  場 : 幕張メッセ国際展示場 
      「C3×HOBBYキャラホビ2007」メインステージ
ステージ名:「機動戦士ガンダム00」SPECIAL MISSION
内 容  : MBS・TBS系全国ネット10月6日(土)午後6時放送スタート
      「機動戦士ガンダム00」の番組紹介、キャスト発表等

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/13

第74話 思いっきり腐女子ネタ 

勿論ネタバレありです。
内容が内容なので、ぐぐっと下までスクロールして更に反転してくださいませ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
  
 
そういえば、初読ではホーエンハイムって、エドアルしかも妹、のエドっぽいよなぁ、なんてニマニマしていたんですが。
 
色々なブログ様を回っていて気が付きました。
 
そっか、シチュ的には、ご主人×ホーエンハイムってのもありなんだわ(爆)。
 
気づくのおせーよ。
 
そうだよね。ストーリー的に、実際にあったっておかしくない立場にいるんだわ、この子ってば。
下の記事にも書いたけど。
何せ、ホムンクルスを作るのにはまず●液が必要なわけですから。
奴隷ごときに触れられるか、ってご主人が思っていれば、放置プレイのうえでご主人の目の前で自●を強いられたり。
あれだけ見目がいいんだから、もともとご主人に可愛がられていて、最中に搾取されていたなんてのでも美味しいし。
 
 
うわー、うわー、誰か、誰かっ。
夏コミまで1週間。あと1週間ありましてよっ。
誰か、書いてor描いてくれないかなぁ。よーみーたーいっ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

お父様の正体 大胆予想(9月号ネタバレ)

ガンガン2007年9月号までのネタバレを含みます。未読の方はご注意ください。タイトル通り、かなり大胆予想ですので外れている可能性は勿論ありますが。一応つじつまはあってしまった気もするので。
もしも万が一、予想のひとつでもあたっていた場合、自分で気がつきたかったとか、読む時の楽しみが減ったなんて後から不都合が出ても、読んでしまったものは取り戻しようがないですので。
そんなの関係ないね。と言える豪快な方のみお願いします。
 
なーんて、まったく大ハズレだったら滅茶苦茶笑えますがな。
一応警告はしましたからね。
OKな方はぐぐっと下へスクロール
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
まずは事実関係の洗い出し。
・ヴァン・ホーエンハイムがいるのはクセルクセスである
  ⇒理由 : p93、2コマ目センターのドームの作りが10巻に出てくるクセルクセスの神殿に似ている
・「ご主人」が「フラスコの中の小人」を作り出した
  ⇒理由 : p98の台詞参照
・ヴァン・ホーエンハイムの血により「フラスコの中の小人」が生み出された
  ⇒理由 : p98の台詞参照
・「フラスコの中の小人」は うぞうぞ である
  ⇒理由 : 第17巻 ブリッグズ要塞地下の存在に酷似している
・うぞうぞ、あるいは セリム は「始まりのホムンクルス」である
  ⇒理由 : 第71話 参照 
・うぞうぞ、あるいは セリム はプライドである
  ⇒理由 : 第71話 参照 
・「お父様」がプライドを生み出すのは、クセルクセス崩壊後である
  ⇒理由 : パーフェクトガイドブック2の年表参照
・「お父様」の存在が確定されているのは、プライド生み出された時点である
  ⇒理由 : パーフェクトガイドブック2の年表参照
        ただし、推論1から、東の賢者が「お父様」である可能性は高い
        ゆえに、クセルクセス崩壊後出現した(第10巻p126参照)可能性も高い
 
この一連の事実から可能性として考えられるのは。
ホーエンハイムは、その血液により「フラスコの中の小人」を生み出した
一般に、「フラスコの中の小人」は、生まれながらにしてあらゆる知識を身に付けているという
P97にもその片鱗は見られる。
また、生まれてから40週はフラスコの外から出したり、血を与えるのをやめると死ぬともされる。
ホーエンハイムは、「フラスコの中の小人」にその40週間で知識を得たとする。
 
そして。例えば、「フラスコの中の小人」が肉体を欲しいと言ったとしたらどうだろう?
 
クセルクセスの民を賢者の石にして、自分自身を人体練成する。
 
エドとアルは魂の情報として血を使った。
なら、「フラスコの中の小人」が自分自身を人体錬成したら?
奴に流れているのはホーエンハイムの血だ。ホーエンハイムの魂の情報により、ホーエンハイムの身体を自分自身の情報として人体錬成出来るんじゃないのか?
 
自分ひとりでは錬成陣を描く事も勿論出来ない。
ホーエンハイムをそそのかし、実験とでも称して一緒に自身の人体錬成をしたら?
エドとアルの精神が混線したように、その時に魂が入れ替わってしまった可能性はないか?(こっちはちょっと論理的に弱いけど)
 
こうして「お父様」は誕生し、クセルクセスは崩壊。
そして「お父様」はプライドを生み出した。
ラストは最強の矛、グリードは最強の盾、グラトニーは擬似真理の扉。エンヴィーは変態能力、ラースは最強の目。なら、プライドは? 「お父様」の傀儡?
セリムとして動いている時の彼が表情豊かなのに対し、プライドの時の彼はテレパシー能力で話をしているかのような無表情な描写になっている。実際、第10巻p68のように遠隔からエンヴィー達に話しかけたり、第12巻p157のようにいたはずがいなかったり、という表現がある。
そしてなにより、セリムの影にはあの うぞうぞ がある。
 
メイチャンのいう足元を流れる力は「たくさんの人が蠢いている感」じというなら、あれは「お父様」に直結した管を通してエネルギーをアメストリス全土に供給しているのだとしたら?
「東の賢者」として錬成術を広めてしまった以上、そうしょっちゅうあの場を離れるわけにはいかないだろう。
ならば、必要な時には「お父様」の身体を離れ、セリムの身体を器として影を伸ばし移動する、というのならどうだろう。
そうとなれば今月号で、セリムがプライドとしてあの場にいれば、お父様が睡眠状態にある(実際には意識が離れた状態?)のは納得がいく。
 
さらに補足として。
旧グリードがお父様の前に連行されたとき、その場にいない「スロウス」の事は尋ねたのに、「プライド」の事を尋ねなかったの何故か?
前にMさんとその話をしていてMさんがぽろっとこぼしたのだけど。
 
それは目の前にプライドがいたから。「聞く必要がなかった」んじゃないのか? ということ。
 
その時は、セレム=プライド=お父様、という話で盛り上がったのだけど。
グリードが、お父様がうぞうぞであり、プライドはそれを介する道具だと知っていたのだとしても、同じ事が言えるように思う。
グリードはラストに続き三番目に生み出されたホムンクルスだ。
エンヴィーやグラトニー、ラースが知らなくとも、グリードは知っていた可能性は無いとは言えないんじゃないのか?

推論1
アメストリスの錬金術は「お父様」の力によって支配されているらしい
 ⇒アメストリスの錬金術の方程式は「東の賢者」によってもたらされたという伝説がある
 ⇒東の賢者=お父様の可能性あり あるいは お父様が錬金術のエネルギーを閉じた際にその異変を唯一感じ取れたホーエンハイムの可能性もある
 ⇒「お父様」はメイチャンやスカーの錬金術を知らなかった
 ⇒「お父様」は「西の賢者」を知らない、あるいは錬丹術を知らない
 ⇒「お父様」は「西の賢者」ではない
 ⇒当時、そこまで力を持つものがホーエンハイムと「お父様」しかいないと仮定した場合、「西の賢者」はホーエンハイムである可能性が高い
 ⇒同一人物が東と西で違う錬金術を広める必然性がない
 ⇒「東の賢者」がホーエンハイムである可能性は薄い

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2007/08/11

ガンガン2007年09月号 鋼の錬金術師第74話「フラスコの中の小人」 ネタバレ感想

JBOOKでお買い上げの皆さま、13日以降まで読めないんですよね。いやー残念だなぁ。今月はすごいから。びっくりするから。
いやーまさかこうくるとはね。お釈迦様でもなんとやらですよ。ホント牛様には驚かされるぜっ。と思いっきり釣ってみる(笑)。
さて、いつも通り昨日は、早売り店で買いに行きまして。勿論一緒に鋼の17巻も買いました。連載時に「?」だったところにはやっぱり手が入ってましたね。あれとか、あれとか。
そんでもって『獣神~』の方も購入しようとしたら売り切れてましたわ。さすがに搬入数が少なかったようで。ところで店内で隣りにいたお兄さんが、鋼の17巻を山のようにどっさり買い込んでいたんですが。10冊くらい??? あれは何だったんだろ???
さて。ネタバレ回避はこんなもんで。

■カラー
今回、雑誌の表紙はエドとアル♪
アルがさ、たった二本の指でカキ氷機を回してるのが可愛いのっ。
だがしかし。本編ではこの2人。
エドは巻頭カラーと表紙絵だけ。アルに至っては表紙絵だけ。
………寂しいな。
 
 
■キンブリーの錬成陣
陰と陽には気付いてたけど。ヘキサグラムは気付かなかったヨ。
あれ? でも。ってことは。
ロイの錬成陣は上下が異なる二つの三角形による図形なのに、敢えて頂点の角が突き抜けていない?
ロイが扱えるのは四大元素のうち空気だけよね。結果的にはそのお陰で火も扱えるわけだけど。
ちょこっとあの三角を上下に突き抜けさせれば、もっと万能タイプの錬金術が使えたかもしれないのに?
何かそこに意図はあるのかな?
 
 
ということで。やはり予想通り、今月はセントラル編
 
 
■いや実力じゃないですか?
珍しい。女性相手に闘志を燃やしているフェミニストらしからぬロイ。
ズズズズズズゴゴゴゴゴゴって、あんた(笑)
どっちかっていうと、少将の(半分)演技へのお付き合い?
 
 
■北へはしばらく戻れんかもしれんな
つまり覚悟の上で来た訳で。
でもやっぱり戻るつもりでいるんだ。
そのあたりがやっぱり、オリヴィエ姐さん。姐さんたる所以だね。
 
 
■セントラルには良い花屋が多いですからね
伝言受諾済みっ。
「東部には美人が多い云々」の時といい。
ロイの伝達方法ってなんでもこう、背中が痒くなる言い方が多いんだか(笑)
 
 
■P72
ここの3コマ目のパースが見ものっ。
単純に見ちゃうとパースが狂ってるだけに見えるのだけど。
これは物理的なパースではなく、少将の感情を表したパースになっているんだろうな。
自分と大総統との階級の差、考え方の違いから。底辺の距離は長く。
けれどあくまでも、上方から「この化物が」といわんばかりに大総統を見下ろしている。
いいねー。
 
 
■なんなら現場を掘ってください。血のついた私の手袋が一緒に埋まっています
ぐはっ。
手袋を埋めたのは、いざとなった時に自分が責任を取る為にだと思っていたのよっ。
この人も自己犠牲の人なんだって。
確かにその場合も視野に入れての行動だったと思うのだけど。
それを逆手に取ったよこの人。
大総統の為にレイブン中将を自分が殺してやったんだから、その空席を寄こせと。
ホントに機転が利く。
この辺りは、エドたちも見習わないとね。
 
 
■ひとつの意思の元に動く事のできる巨大な一枚岩…それがブリッグズ砦
なーに言ってやがるヘンシェル。と思った人、手を挙げて(笑)
レイブン側に寝返ったと信じ込み、いの一番に少将に詰め寄ったのは誰あろうテメエだったじゃん。
いやいや、あれで学んだのか(笑)
 
 
■北と言えば カンコン
く、くくくくっ。
上手い。上手過ぎる。
釣りの時といい。いざって時の伝言方法をいくつ心得てるんだろ。
軍部内での会話なんだから、士官学校で習うとかそういうわけじゃなく。
伝える側もその場で考え、解く方もその場で謎解き方法を思案するんだろうな。
まあ2ちゃんねる風に言えば、縦読みってことになるんだけど(笑)
綴りミスはご勘弁。
Scar
Elric
Lusy
Isac
Miles
Baccania
Leveca
Armstrong
Dave
Lysander
Edger
York
Ieda
Suger
Havoc
Oscar
Mike
Uni
Nola
Charley
Lucy
Uni
Starling
 
 
■昨日からご夫婦で旅行に行ってますよ
久々の登場!! と思ったらメイスンだけか。
旅行って何か意味あるのかな?
 
 
■グリードさんを狙ってた奴らだ!!
おおっ、再登場!!!
ビドーっ。彼の初出は、6巻 第25話「師弟のけじめ」。
もうそんな前かよ。
第7巻 第26話「主の元へ」の時は、同じ場所でも、顔も隠さず結構リラックスした風情で見張っていたのにね。
仲間の為に生き延びて来たって感じなのかな。
動き出したって事は、死亡フラグ……かなぁ。
 
 
■おやま ここに来るとは珍しいな
「プライド」が地下にいて「お父様」が寝ている。
それって、つまり……? ここじゃ書ききれん。別だての記事にします。
 
 
■「ヴァン・ホーエンハイム」でどうだろう
うぉぉぉぉぉぉぉっ。ホーエンハイムかよ。若かりし日のホーエンハイムっ。
ホントに、ホントに、ホントにエドそっくりぃーーーー!!!!!!!!!!!!!!
年はエドよりもうちょい上っぽい?
エドより背が高いけど、ガリガリで肋骨が浮き出てたりしてるけど。
カッコいいっす。どこのエドアルのエドかと(笑)。
しかも、口悪いし、気短いし、三白眼だし。
うわー。エドも大人になったら、あの三白眼も直るのかしら。
性格も温和になるのかしら。
あのトンチンカンな会話をするようになるのかしら(それはやだな)
あ、でもアルにもちょっと似てる、鼻の形とか。
やっぱり親子なんだなぁ。
 
 
■君が血を与えてくれたから私はこの世に生まれ出た
■「フラスコの中の小人」---とでも呼んでもらおうか
フラスコの中の小人の作製法。
以下、Wikipediaから引用。
 

製法は、フラスコに人間の精液と数種類のハーブと馬糞を入れて密閉し、馬糞が発酵する温度で保温する。四十日経過すると、フラスコの中に透明で人間の形をしたものが出現する。しかし、これにはまだ実体が無いため、さらに四十週の間、人の生き血を注入しながら馬の胎内と同等の温度で培養する。この間、毎日生き血を与えなければならない。フラスコの外に出したり、生き血を与えるのを止めると、その生命体はすぐに死んでしまう。使用するフラスコも、メリクリウスの器でなければならないという。こうして完成した生命体は人間の子供と同じ姿をしているが、体躯は人間のそれに比するとずっと小さい。ホムンクルスは、生まれながらにしてあらゆる知識を身に付けているという。
 
ヨーロッパルネサンス期の錬金術師パラケルススは、このホムンクルスの生成に成功したとされる。しかし、彼の死後、再び成功した者はいなかったという。

 
 
パラケルススとは勿論、ホーエンハイムの事。
やっぱりホーエンハイムの名前は歴史上の彼から取った名前ではなく、彼本人っていう設定なんだな(いや世界は違うわけだけど)。
 
ホントに与えたのは血だけかなぁ。流石に少年マンガにはかけまいて?(爆)
 
とりあえず、これでまた色々混乱してきたぞ? 
プライドを生み出したのは「お父様」のはずなのに、ホーエンハイムがプライドを生み出したことになるじゃないか。
このあたりの矛盾の解消方法は、また別の記事にて。現在思考中(……ホントにまとまるかなぁ?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/10

逆に珍しいかも

デビュー当時ならいざ知らず、最近はこの手の思いっきりターゲットの絞られた仕事ってしていなかったように思うのだけど。
『ぷれい☆ステーショナリー』ドラマCD Vol.2
 
『ぷれい☆ステーショナリー』ドラマCD Vol.2
■発売日:8月25日
■価格:1,575円(税込)
■発売:ソリッドシアター
■取り扱い店舗:コミックとらのあな、アニメイト、あみあみ
■出演(敬称略)
 はらら:門脇舞以
 くらら:釘宮理恵
 こもり:能登麻美子
 はるみ:榊原ゆい

さーすーがーにぃぃぃぃ、買えませんがな。誰か買って貸してください。
なんなら、ニコど(げふごふっ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

・・・・・絶句

『鋼の錬金術師 フルメタルウォッチ2007』発売決定!!
えーと。ロイファンの方、買われます???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

wiki

結局昨日というか今日の朝? までぐだぐだとwikipediaと格闘してました。
私より先に件の文章が修正されていました。ご賛同いただけたのだとしたら、ありがとうございました。
あまりの早さに、もしかして記載したご本人??? だったとしたらごめんなさい。
あの文章はもしご本人だとしたらあまり気分のいい書き方ではなかったと反省しました。
「誤報による誤解」ではなく「書き手の意図しない誤解」に訂正したいと思います。
 
というわけで。
エニックス側としては隠しようのない痛手だろうけれど、あのタイミングでインタビュー記事を掲載した『ぱふ』には拍手喝采だね。動かざる証拠だ。
 
放送枠も決まったようです。
それ以外にも、DSゲーム、メディファクでのWEBラジオも決まったようで。
関東だとテレ東かぁ。とりあえず内容は放送を見てから判断。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/08/09

ご利用は正確に--「獣神演武」のこと

やっぱり、というか。一番恐れていた事が表に出てきたなぁ、と思ったのが。
wikipediaの「獣神演武」
 
「荒川弘の作品」……。
あがった脚本をまったくいじれない(と思う*1)時点で、それは荒川さんの作品ではないと思うのだけど、どう思う?
荒川さんが個人名で担当しているのは、あくまでも、マンガでは作画、アニメではキャラデザのみのはず。
 
 
これ以上黙っていたってしょうがない。。
「獣神演武」が思いの他期待ハズレだった事を、あたしは否定しない。
あれは荒川作品じゃないと、ファンがどんなに否定したって、マスメディアがそう言ってしまえば適わない。
 
だから口を噤んで、目を背けて、この波がおさまるのを待つのも確かにありだと思う。
でもさ。目を背け、情報を正さなかったせいで、荒川先生が誤解されるのは、あたしはイヤ。
 
これは確実に違うよね、という確かな情報ソースをお持ちの方。
少なくとも、書き手の意図しない誤解誤報による誤解を避ける為にも、まずはWikipediaでの正しい情報提示にご協力いただけませんか?
  
私も、とりあえず家に帰ったら、色々調べて手を加えたいと思っているのだけど。
いつも午前様なので、時間かかりそうだし。
ご協力いただけないかなぁ。
 
 
*1 三国志などの中国の、時代小説を読むと必ず出てくる厄介ごととして。
中国名に登場する「姓」と「名」と「字(あざな)」。
「名」は軽々しく人には呼ばせないもの。その為呼び名として成人すると「字」を付ける。
つまり「劉玄徳」なら、「劉=姓」、「備=名」、「玄徳=字」。
岱燈は、第1話で「岱燈獅麗」と名乗っている。ここに不自然さがある。
これだと「岱=姓」+「燈=名」+「獅麗=字」と名乗ったことになってしまう。
「姓+名+字」で名乗るなどまずありえない。
尚且つ、妹の頼羅は兄を「岱燈」つまり「姓+名」で呼んでいる。親もまた同じ。
では本当は「岱燈」は字ではないのか? と思うと、前述の「岱燈獅麗」がまた壁になる。
字の下に更に字がある事になってしまうから。
更に、第1話で岱燈は、成人すらしていなかったのだから、字がある事それ自体にも矛盾がある。
矛盾だらけだ。
 
いくら名前を決める事に関してその適当さ加減を暴露していようと(笑)、名前としてはそれらしい形をとっている。ならば三国志を好きな荒川先生が違和感を感じる事もなく、尚且つ放っておくとは思えない。
つまり。
「黄金周」に荒川先生の名前はあれどあれは名目上のものであり実際に関わっておらず、脚本家のあげてきた台詞を一切いじれない状況下であのマンガを描いていると考えた方が余程しっくりくる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/08

理恵ちゃんの朗読CD

Come across~DEARS朗読物語~Vol.3 日本の昔話2
「Come across~DEARS朗読物語~Vol.3 日本の昔話2」という朗読CDに理恵ちゃんが出演するそうなんですが。
朗読する作品が妙なツボにはまりました。
「金太郎」と「牛若と弁慶」。
 
金太郎、には思わず吹き出しそうになりましけど(あはは、可愛いとは思いますよ、うん)。
あのさ、牛若? 牛若??
それって、きっとアル声よねっ! ね! ね!!
サンプル視聴が「金太郎」なのがちょっと悔しい。
うわー、買っちゃうかもっ(笑)。
 
製品概要
タイトル:Come across~DEARS朗読物語~Vol.3 日本の昔話2
発売予定日:2007年8月17日(金)
価格:3,000円(税込)
製品番号:DEARS-13~14
JANコード:4582260620106
収録内容:朗読CD2枚組 全6話7トラック
ブックレット:本文オールカラー16ページ
制作:デッセコミュニケーション
企画・販売:有限会社DEARS
URL:http://www.dears.co.jp/
携帯URL:http://www.dears.co.jp/m/

【収録作品と今回の声優陣(敬称略50音順)】
大塚明夫:「桃太郎」「舌切りすずめ」
釘宮理恵:「金太郎」「牛若と弁慶」
田村ゆかり:「浦島太郎」「瓜子姫」
 

Come across~DEARS朗読物語~Vol.3 日本の昔話2
大塚明夫/釘宮理恵/田村ゆかり
インディペンデントレーベル (2007/08/17)
売り上げランキング: 4940

 
ちなみに、ご想像通り? ゼロの使い魔のあのCDも買う予定ではいます。
「ゼロの使い魔 ~双月の騎士~」感じるCD ~ルイズ・キュルケ・タバサ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朴さん出演

朴さん出演のTV番組とイベント情報を1件ずつ。
 
■アニメギガ
NHK BSの『アニメギガ』に朴さんが出演されるそうです。
まだ公式サイトには情報が掲載されていませんが。
質問の募集もあるそうですので、今から考えておくのもいいかも?
 
・NHK BS2
 2007年9月18日(火) 24:15~24:55
・NHK BShi(ハイビジョン)
 2007年9月19日(水) 18:00~18:40
 
情報元:最新アニメ情報さま(ヒューズの遺産さま経由)
 
24:15で深夜と言われてもなぁ、まだ家に辿り着いてない時間だよー。
録画失敗しないようにしなければっ。
 
 
■高知市まんがフェスティバル
11月3日(土)~4日(日)に行われる「高知市まんがフェスティバル2007」のゲストとして出演されるようです。
朴さんの出演は11月4日。
現在予定としているのは、トークショウとサイン会、だそうですが。
ほかにも演出のアイデアなど要望があれば、検討対象にはなりそうですよ。
 
公式サイトへの掲載はまだありませんが。参考として去年のイベントスケジュールはこんな感じ
 
情報元:アキバくんと美人妻と箱入り娘さま

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/06

現在ちょっとくぎゅ祭です(笑)

・ゼロの使い魔 聴かないと、許さないんだから!
・「ハヤテのごとく」キャラクターCD3 三千院ナギ
・スキ?キライ!?スキ!!!
・サウンドドロップ 萌え2
 

ゼロの使い魔 on the radio スペシャルCD~聞かないと、許さないんだから!~
ラジオ・サントラ
MEDIA FACTORY,INC.,(CED)(M) (2007/07/25)
売り上げランキング: 633
   
ハヤテのごとく!キャラクターCD(3)/三千院ナギ
釘宮理恵(三千院ナギ)
ジェネオン エンタテインメント (2007/07/25)
売り上げランキング: 486
   
スキ?キライ!?スキ!!!
スキ?キライ!?スキ!!!
posted with amazlet on 07.08.06
ルイズ(釘宮理恵)
SMD jutaku(SME)(M) (2007/08/08)
売り上げランキング: 109


何故か発売日が集中しておりまして。毎日理恵ちゃんの声ばかり聴いているような気がします。
別にそれだけならブログのネタにしないんですけどね。

■「ハヤテのごとく」キャラクターCD3 三千院ナギ
このCD。帯(って今でも言うのかな?)を剥がしてひっくり返すと驚きます。原作の畑さんのイラストと吹き出しに。
 
「兄さんが怒るよ!」
 
………な………なんなんだよ、この台詞っ!
「ハヤテ」のマンガは立ち読みなので畑さんの描かれているキャラが誰なのか実はさっぱりなんですが(ひどっ)。
ちょっとこの台詞、何度も読みかえしちゃいましたよ。
うわーん、等身大アルの台詞と同じじゃんかぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ。やっぱりこっそり録音しておくんだったぁ(めそめそ)
 
サウンドドロップ 萌え2
つい、保存用とで2セット買ってしまったんですが。ひっくり返したら電池の差し替え可能だったのでちょっと後悔orz。
しかも、断絶シート戻せるし。誰か定価で引き取りません?(笑) ってなことはさておき。
一番のお目当ては勿論、「妹」でしょ。
 
「おにいちゃん、いっしょに寝ていい?」
 
これが、中学生くらいの声だったら望み薄、と思っていたんだけど。
うわはは、ちみっこ声よ、ちみっこ声。
チビアル声……とは言えないけど。いいの、大丈夫。ちゃんと脳内ではチビアル声に変換しましたからっ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ファーストガンダムはお好き?

今回のいつみても波乱万丈が、戸田恵子さんだったので。
ファーストガンダムファンだった者としてはやっぱり押さえるべきだろうと、「ハヤテ」のリアルタイムを諦めて見ていたら。
ガンダムのマチルダさん登場のワンシーンが放映。ちょっと喜んでいたら。
………池田=シャア=秀一さんとの結婚・離婚が無かった事にされてました。ちっ、その辺りの話を期待してたのになぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

兵法って興味あります?(8月号ネタバレ)

8月号の感想に入れ込もうと思っていたのだけど、どうにも横道に逸れ過ぎになりそうだったし、時間がかかりそうだったので却下したネタです。その為多少8月号のネタバレとなっております。コミックス派の方ご注意ください。
 
それと。すみません。どうも文章が取り散らかってます。なんだかなぁ。もうちっと要領良く書けないものなんだろか。
 
さて。
アルのあの誘導尋問の上手さ。あれは前提条件のすり替えにあるのだと思う。
最初は「殺す・殺せ」だった話を、アルは「元の身体に戻ることを 諦める・諦めない」の「生きている事」前提の話にすり替えている。
しまいには。正常な思考を取り戻したザンバノとジェルソは、キンブリーから逃げ延びる「生き残る事」を前提とした話までしている。
これはアルの戦略と言ってもいい。
これが、アルの「人を死なせない」戦い方なんだと思う。
 
いきなり話が逸れますが。
まったくもって莫迦な話なんですけど。
ヒューズが昔言った「三十六計逃げるに如かず」と言う言葉。
のわこさまが前にこの辺りの事を書いていらしたのを読んで、実はこれが引っかかってました。
実は私、これ激しく誤解して覚えていたんですよ(笑)。
 
「三十六計逃げるに如かず」の、三十六計とは中国の「兵法三十六計」の事。
三十六計参照
 「如かず」は「如く」の否定。「同じ」ではない。「勝らない」「及ばない」という事。
「戦う事は逃げる事には及ばない」。
 調べると大抵こんな事が書いてある。
計略をあれこれ謀るよりも、逃げる事が可能な状況下であるのなら、敢えて戦いを避けて逃げろ、という考え方。
戦いで無駄に味方に人死にを出すくらいなら、今は逃げて機を待つが良策、という事ですね。
 
実はこれは誤訳なのであって。本当は。
「戦う」つまり「人を殺す行為」そのものから「逃げ」て勝つ方が勝る。
戦術ではなく、戦略で勝つという事。
武器を使わず相手を降伏させるという事。
無血戦争とか、無血開城とか。
同じ逃げるのでも、敵味方どちらの血も流さずに勝つという事。
 
なのかと思ってました(笑)。
 
だから「あれ?」と思って自分でもググって色々調べて、自分が誤読だったんだなぁと納得したんですが。
代わりに色々面白いものが引っかかってきたのが、こんな事を書いてるきっかけになるんだから。
ネタは拾っておくもんです(笑)。 
 
さて。
『外伝 軍部祭』で、ロイが言っていた、孫子の兵法。
「兵は拙速を貴ぶ」
「怒らせてこれを乱せ」
「兵は詭道なり」
 
http://maneuver.s16.xrea.com/cn/sonshi1.html

・「兵は詭道なり」
「怒らせてこれを乱せ」は、この中の1文です。
原文はこちらを参照。第一編 始計篇
 
要約(以下要約は全て自己流です)。
戦いとは正しき行いではない。卑しいものである。
敵を謀りにかけ、非道な行為を持って戦わなければ勝てるものではない。
 
これの前後に文がありますのでそれも合わせてかいつまむと。
 
戦う前に、勝つ為の5つの条件について討議しなければならない。
5つとは。
大義があるか、地に利があるか、天の時であるか、智・信・仁・勇・威があるか、軍規統率がとれているか。である。
どちらの国がよりこの点において優れているかで、戦いは決まる。
戦いが始まってしまえば、非道な行いをしなければ勝てたものではない。
戦う前の軍議において、勝算ありとなれば勝ち、勝算無しとなれば負ける。すでに戦う前に勝敗は見えている。
 
・「兵は拙速を貴ぶ」
このままの文は無いそうです。正しくは。
「故兵聞拙速、未睹巧之久也」
「故に兵は拙速を聞くも、未だ巧久(こうきゅう)なるを睹(み)ざるなり。」
 
要約。
多少不備があろうが短期決戦を良しとする戦術は耳にするが、巧みな長期戦なるものを見た事はない。
 
原文はこちらを参照。第二編 作戦篇
「故に」と付くからにはそこに理由が書かれている。
 
要約すると。
戦いが長引けば、補給に支障がでる。
そうなれば兵は精鋭を欠き、それに乗じて攻めてくる敵も出て来、例え智謀に長けた人物でも最善を尽くす事は難しい。と。
 
さらにこう続きます。
名将は、兵役に付く事を二度させず、補給は敵国で現地調達とする。
補給のパイプラインが延びれば、その分人手がかり出され、田畑は荒れ、備蓄は減る。
遠征すれば、敵国の備蓄を減らす事も出来る。
敵は殺さず、敵の利を奪うべきである。
敵から戦車を得たら手柄をたてた者に与え旗を付替えさせ自軍のものとし、捕らえた敵は厚くもてなし自軍に加える。
 
ほら、誰かさんたちのやった行為と重なりませんか♪
アルが敵だったキンブリーの部下2人を味方につけ、エドがスカーにウィンリィを託し共同戦線を張ったように。
捕らえた敵は、今味方として動いている。
 
で。ロイは引用していないのだけど。
これに続く、第三編 謀攻篇
 
ここでは、戦わずして勝つのが最良であるといった事が書かれている。
敵国を破るより、戦わず保全したまま勝つのが上。
最も良い兵法は、敵の策略の打破。次に敵の交友国にその関係を断ち切らせる。次に野戦。最も劣るのが城攻め。
(余談だけど、アニメの最後は城攻めだよなぁ・笑)
  
つまり何が言いたいのかっていうとね。
ロイが孫子の兵法を読んでいるのならば。
 
「兵は詭道」であるからこそ、会戦することの無意味さを知っているし。
「兵は拙速を貴ぶ」からこそ、長期に渡る徹底的な攻撃の無意味さも知っている。
敵の降伏を受けいれる事が最善の策であることも知っている。
 
イシュヴァール殲滅戦はこの全てを犯した戦いだった。
捕虜による人体実験に「仁」などない。
数年に及ぶ戦い。
敵の攻撃による補給の断絶。
敵の降伏を受け入れなかった。
 
軍の演習所でのあの発言って実は、自分だけに通じる彼なりの軍批判だった……のかも、しれない。
そう思って読むとまた見方が変わって来ないかな?
 
そして。
自分が一度は権力に屈服して受け入れた戦い方を、今、アルとエドが思いっきり否定してくれている。
そのことは、ロイにとって希望になると思う。 
 
さて。ついでなので。
孫子を読んだロイなら、漢書も読んでいたりしないかな? と思ったのがこれ。

「善師者不陳,善陳者不戰,善戰者不敗,善敗者不亡」(前漢書 刑法志第三 より)
 
勿論んなもん私に読めるワケが無く、『玻璃の天』(北村薫)という小説の中に出てきた訳を読んだだけなんですが。
以下小説から引用。
 
「--うまく軍を動かす者なら、布陣せずにことを解決する。しかし、その才がなく敵と対峙することになっても、うまく陣を敷ければ、それだけでことを解決できる。さらに、その才がなく実戦となっても、うまく戦えば負けない」
 
最後の「善く敗るる者は亡びず」についての訳の記載はありませんが。想像はつくでしょう。
 
エドやアルには出来なくとも、大佐という地位を持つ人間だからこそ出来る戦い方っていうのを、ここからロイが見出し、それを見せて貰えたらなぁっていうのが私の希望。

玻璃の天
玻璃の天
posted with amazlet on 07.08.06
北村 薫
文藝春秋 (2007/04)
売り上げランキング: 4521

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »