« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007/09/28

お知らせ

やっとPCのソフトを全部入れる処まで終わって(実はVS9無料体験版も某所経由でゲット)、「青鳥」翻訳の続きやら、年表の更新やらが出来るようになった処なんですが。
 
諸事情により1週間くらい半ネットオチ状態になります。
メールも含めレスが遅れ気味になるかもしれません。
 
打てる今のうちに、ご報告。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/27

スカーの刺青

宙さまから、こんなお酒があるんですよぉ。と教えていただいたのがこれ。
070918_21070001
070918_21110001


スカーの刺青に似てます。
ということで。

ここまで分かれば調べられそうだな。とググってみたら出てきたのがこれ。
 
Diagram 'Mundus-Annus-Homo' with the four elements, the four seasons, and the four temperaments.
 
Kritische Edition von Isidor, De natura rerum, nach J. Fontaine
  
前者はまさにその図案の出典について
英語なので読める方は頑張って読んでみてください。
大したことは書いてません(笑)
どこの図書館に所蔵されているか分かるくらいですね。
タイトルを直訳すると
四大元素,四季,四気質と、図解「世界ー年ー人」
って感じでしょうか?
 
後者はラテン語です。
イシドルスの,物の本質について,J. Fontaine
でしょうかね? 保障はないですが、まあそんな感じです。
このラテン語が全部訳せれば何かしら分かると思うんですが。
ネット上の辞書や、翻訳、googleを駆使して単語をひとつひとつ引いてるうちに、途中で飽きました。無理。
  
なので一箇所だけ。
 
Mundus-Annus-Homo
 
Siccus calidus ignis: aestas, cholera rubea.
Calidus humidus aer: uer, sanguis.
Humida frigida aqua: hiemps, phlegma.
Frigida sicca terra: autumnus, melancholia.
 
の部分だけね。
 
世界-年-人
乾 熱 火;夏 胆汁質
湿 熱 気;春 多血質
湿 冷 水;冬 粘液質
乾 冷 地;秋 憂鬱質
 
ちょっと分かりやすいように並び順を入れ替えてますが。
錬金術について調べた事がある方には、お馴染みの符牒ですね。
ということで、最初に戻って、図案のタイトルにある。
「四大元素,四季,四気質」
 
これで、図案の中のラテン語が解けました。こんな感じです。
Font5_2
 
 
で、これのちょっとおかしいのは、AQUAの気質が「humor」になってること。
これ、本来なら「phlegma」=「粘液質」じゃないと、他の釣り合いがとれないんです。
ここら辺が参照になるかな。
http://www7.ocn.ne.jp/~elfindog/humours.htm
 
「humor」となっているのでとりあえず日本語に訳すと「液」です。
で、この「humor」しっかりスカー兄の左手の刺青に描かれています。
ということは、やっぱり牛さまはこの図案を元に描かれたと思っていいんじゃないかな? と思います。
 
ということで。
スカー兄が描いたこの錬成陣は、四大元素,四季,四気質を表していることが分かりました。
ちなみに、青枠は右手にあると確認出来たもの。緑枠は左手にあると確認出来たものです。
さて、ここで疑問が2つ。
ひとつめは錬成陣の向きだ。
この図案を見ると分かるが文字はすべて円の外を上にして書かれている。
対してこの刺青は?
左手の「AQUA」と「IGNIS」は指先側が円の外側として描かれ、右手の「AER」と「TERRA」二の腕側を円の外側として描かれていることになる。
ちょっと分かりづらいかもしれないけれど、図の⇒の先が指のある方向。
だから、右手肘に描かれた地中に向かう龍も、左手の手首の小手辺りに描かれた二匹の蛇も円の外。
つまり、両手を合わせようが、天上天下唯我独尊のポーズを取ろうが、あの錬成陣は左右でひとつの円を描く事が無いってこと。
片手ずつで円が完結しているとも言えるし。
右手が内側、左手が外側に向かっているというのも、分解と再構築の暗喩にも取れるけどね。
(でも個人的には、秋と冬が分解、春と夏が再構築というイメージなんだけどなぁ)
 
二つ目は書かれている文字だ。
「AQUA」の「humor」は間違いなく書かれている。
なのに「TERRA」「AER」には、それに当たる文字が書かれていない。
「TERRA」の下に「autumnus」も「melancholia」もない。
「AER」の下に「uer」も「sanguis」もない。
代わりにあるのは。
「TERRA」の下に「Ndans」「colis」
「AER」の下には「Smans」「gus」
これは多分牛さまのオリジナルだ。
とりあえず調べられる範囲でラテン語を調べたが、そんな単語は見当たらなかった。
 
と、ここで出てくるのが、唯一表記のある「humor」だ。
これは「液」つまり「体液」の事。
4体質は、胆汁質・多血質・粘液質・憂鬱質。
先のリンクの通りこれを、4体液と言い換える事も出来る。
「humor」はそれらの総称とも取れる。
 
さらにこの図案の真ん中に書かれた「Mundus」「Annus」「Homo」が、スカー兄の書く練成陣にはない。
この文字はまさに、全は一、一は全を表していると言っていいだろう。
世界、年、人だ。
それが抜け落ちているのだ。
代わりにあるのが龍脈を示す図案と、二匹の蛇(カドゥケウスの杖か?)の図案。
 
本編中でこの図案を元にどうこうという説明はないかもしれないが。
 
前に書いた記事の通り、東の賢者がホーエンハイムだったと仮定した場合。
もともと、アメストリスではこの図案から「Mundus」「Annus」「Homo」が抜けているんじゃないか? と想像するとちょっと面白い。
「TERRA」や「AER」の下にある文字が実際のものと違うのもまたそう。
もちろん、ホーエンハイムが敢えて隠したのだ。
大きな流れを隠し、一部デタラメな文字を入れた錬成陣
それでも、賢者の石が地下にあれば発動するんだろうか?
  
大きな流れが存在しない図案だ。
錬丹術を学んだスカー兄から見れば、これで錬金術が発動するとは思えない。
だから、スカー兄は龍脈を加える必要があった、とかね。
 
かなり自説に贔屓目で書いてるので、贔屓の引き倒しになっている可能性はありますが(笑)。
こんな風に考えるとちょっと面白い。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/09/25

BONESクリエイターズナイト 行ってきました

すでにレポをあげていらっしゃる方が多いのでさらっと。

Cサキさんと、Y枝さんと、Mじさんと、私の4人分のチケットを並びで取っていたんですが。
映画館でいざ席についてみると、Tつさんと、Y宇ちゃんと、S都さんと、まさかの並び席。
うちら、どんだけリキ入れまくってのよ? ってな感じでしたが。
F席くらいまでですかねぇ。結構ガラガラ。
 
名無しコスで登場した安藤監督と、「NAMERESS」と入ったBONSスタッフオンリーポロシャツを着た南雅彦プロデューサーがまず登場。
トークは基本的にぐだぐだ(笑)。
出演者どころか司会進行のお姉さん(BONESの広報担当)まで、当初40分と勘違いし、当日のタイムスケジュールを見て初めて1時間40分と気がついたそうで。
どうやって間を持たせればいいのか、おろおろおろ。
アットホームというと聞こえが良すぎるか。素人イベントっぽくて楽しかったです。
 
んで、「ストレンヂア」メイキング映像。
面白そうだなあとは思うけど。
……すまん。多分見に行かんわ。ジャニーズの2人の声が、いかん浮きまくってる。
あ、別に長瀬嫌いじゃないですよ。「鉄腕DASH」とか見てるし。
なんつうかさ。
「名無し」じゃなくて、「長瀬」がしゃべってるようにしか聞こえないんだよなぁ。
まだボソボソしゃべってる分にはそこそこ上手いんだけど、叫ぶシーンとか、うそ臭くて付いていけん。背中がこそばゆくなる。
まあそれを言ったら「時かけ」だって素人声優さんだったしなぁ。
見ているうちに慣れるんだろか?
 
監督が安藤真裕さんで、作画監督が伊藤嘉之さんで、色彩設計が中山しほ子さんで、美術設計が竹内志保さんで。
鋼に関わっていたスタッフさんの名前がひょこひょこあるしね。
トークの中でも、中村豊さんの名前が話題に出てたし(アク監なんて話も出てたから、それかな?)。気にはなるのだけど。
 
あ、あとメイキングの中で竹内さんが言ってた言葉が気になったんだけど。
杉が根を張ってどうのって。
杉といえば「地すべり」ってイメージがあるから 、あれ? この人なんか変なこと言ってるなぁと思ったのだけど。なんだったけ?
 
終わってまた、安藤監督と南Pが登場。
またぐだぐだトークかな? と思ったら水島監督が登場。
このあたりから、やっと話が回り始めたような気がする。
それにしても、太ったよね、水島監督(笑)。
南Pは酒が入らないとしゃべるのが苦手らしいけど、今日は車だから飲めないのだとか。なら、誰かに車に運転して貰えばいいじゃんと水島監督がまぜ返すと、明日は野球の試合なのだとか。ここで野球の話題から、サンライズ時代一緒のチームだった「イガラシさん」なる人の話で、南Pと水島監督が盛り上がっていたんだけど………結局「イガラシさん」って誰だったんだろ?
 
あとは映倫の許可が今は大変らしい話とか。
今までは「じゃあ1時間半後に」みたいな状態でそのあいだぷらぷら待っていたくらいだったのだけど。
今回は、脚本の時点でチェックが入ったり、フィルムがあがれば(すぐに説明が出来るよう)スタッフを連れ立って戦々恐々で訪れたらしい。
安藤監督は行きの電車の中で突っ込まれた時にどう言い訳するかいろいろ考えていたのだとか。「あれ(切られたの)は人間に見えるけど実は人間じゃないんです、化け物なんです」とか(笑)。
アニメは描き直してから撮り直すから金がかかると豪語。
気分は、「な●で●鑑●団」。「鑑定中」のあのぐるぐるが、頭の中を回っていたそうです。
結局PG-12(12歳未満は親同伴が好ましい)指定とのお達し。
にも関わらず、安藤監督と南P二人して「ありがとうございます」と頭を下げたのだとか(笑)。
参考:映倫審査の流れ
 
鋼の話題もちょっとありました。
劇場版で安藤監督が絵コンテを担当していたのは、Dパート。
シナリオブックをひっくり返すとわかりますが。
「連れてってエド」の後から「なんとかなるよ二人なら」まで、です。
すでに尺オーバーなので、脚本から膨らませるということが一切許されなかったので大変だったとか(そういえCパートって30カットの予定を140カットにしてなんとか削って90カットにしたなんて逸話ありましたしねえ)。
南P曰く、水島監督はアクションは下手だけど、人の感情を描くのが上手いのだとか。
なので、Dパートもそのあたりのシーンは、かなり水島監督のリテイクが入ったそうです。
 
Dパートの人の感情のシーンと言えば。
アルが人を練成しようとしてエドに止められるシーン。
「兄さん、兄さん、兄さん(略)」
「二人ならまた旅が出来る」
うわぁぁぁぁ名シーンばっかじゃん。
 
自分がアニメーターだったらこんなアクションのある仕事はやらない。監督だから(人に仕事を振ればいいから)やった。とか言ってたな。でも考えてみたら、劇場版のAパートの絵コンテって水島監督じゃん(笑)。
 
水島監督は基本的に南Pには絶対服従になってしまうので、ボンズの仕事は受けたくないと思っていたのだけど。
普段奥さんの前でも平気で仕事の電話をするのに、鋼の仕事が来たときは無意識で家の外に出て電話を受けて、戻ってきて奥さんに「ボンズの仕事を請けた」と言ったら笑われた、なんてエピソードも。
 
それと水島監督手ずから持ってきた(なんてことはなく間に合わなかったかららしい)「機動戦士ガンダム00」のノンテロップオープニングが流れました。
うーん、よく動いてるんだけどなんか迫力が伝わって来ない? 
テロップがないからかなぁ。歌のせい……かなぁ。
キャラ紹介よろしく、キャラのバストアップと全体像を1コマに入れるのはなんかGWぽかったかな。
にしてもやっぱりがゆんの絵がなぁ……。
 
とうことでシャンバラの上映。
やっぱり鋼はいいよなぁ~と思いながら見てたんだけど。
気づいちゃったよ。
オープニング前のジプシーたちの歌。
最初の方だけ半拍……ほどじゃないか、1/4拍くらい? 歌と動きがズレてるぅ……。 orz
実際に流れている手拍子の半拍で、手拍子打ってみると多分わかると思うよ、うん。
まあそれはさておき。
やっぱり好きだなぁ。
あれから、朴さんと理恵ちゃんの出ている色んな作品を見てるし、本人がしゃべっている処も何度も見ているから、ちょっと不安だったんですよ。
ちゃんとエドの声アルの声に、自分の耳が聞こえるか。
朴さんと理恵ちゃんがしゃべっている、と思ってしまわないか(朴さんは特に、意識して声を作ったりしないしね)。
まったくの杞憂でしたわ。
やっぱり、エドが叫んでるし、アルがしゃべってる。
なんか、それだけで嬉しかったなぁ。
ところで、アルの出てくるシーンになると前のめりになってたのは、ただ単にシートに寄りかかってばかりいると熱が篭って眠くなるからね、背中を冷やしていただけですってば、うん。
 
 
  
このイベントの翌々日、9月24日に亡くなられた、「ボンズ」取締役、逢坂浩司さんのご冥福をお祈り致します。
トルーパーの頃、貴方の絵はアクションは上手いけれどキャラクターの絵に個性が有りキャラデザから逸脱し過ぎて苦手でした。
鋼の劇場版ですごく久しぶりに作監に貴方の名前を見つけ、あれほど強烈だったはずが結局どのパートか分からないほど馴染んでいて首を傾げたのが、つい先日の事のように思い起こされます。どうぞ安らかに。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

浴衣兄さん

宙さまに「生アル用に」と浴衣をいただいたんですが、何せ生アルに会えるのは12月ですので。
それまでもったいないしなぁ、ということで兄さんに着せてみました。


これが始めて撮った兄さん。
フラッシュが設定されていなかったのでカメラのビュアでは暗く見えたんですが。


Cimg0108_2










フラッシュたくとこんな感じ。
関節とか顔がしっかり見えちゃうと、なんかリアルっぽさが欠けて気に入らないなぁ。
Cimg0109_2
Cimg0110_2










受け兄さん風に背中を色っぽく撮りたかったらしい。表情が男前なので敢えて背中だけ(笑)。
Cimg0114_2










ここからは日を変えての撮影なので、全てフラッシュ無し。部屋の明かりだけです。
剣は、ハリポタグッズのペーパーナイフだったりします。
左足の機械鎧の指に注目。ここもちゃんと曲がるんですよぉ。
Cimg0117_2
Cimg0119_2










イメージはあれです。牛さまが小説のあとがきに描かれていた着物エド。玉砕してますが。
Cimg0121_2






ということで。宙さまありがとうございました。


ここまで撮ったら、せっかくなんだから、鎧アルと撮ろうと、第1期EDのポーズをとらせようしたのだけど。
鎧アルって腰の関節がないから、ほとんど思ったようポーズが取れずに挫折。
急遽、第2期OPに変更
これだけ、画像処理を加えてみました。
バックの練成陣の画像は、Knock Knockさまからお借りしました。
Cimg0127_2





何も効果を入れない状態で全体像を撮ると。
Cimg0126_2










・・・・・・・・・結構間抜け

| | コメント (0) | トラックバック (0)

復旧~

あー、やっと元に戻った。
土曜の時点でリカバリそのものは終わっていたんですが。
ServicePack2が入らなくて、入らなくて、3度目でやっとインストールされましたよ。
で、原因って……やっぱり、スクリーンセイバーが起動状態だったせいだろか? orz
 
そのあとは、ひたすらソフトを入れまくり。
どんだけフリーソフト入れまくってたのよ自分ってくらい量があって。
探し出すだけで一苦労。
 
そして、絶対なくすわけにはいかなったVideoStudio9無料体験版が、無料体験版が!!!
6月で頒布が終了していて、落とせなんだぁぁぁぁぁぁーーーーーーー。
こ、こ、こ、これからあたしにどうやって動画を作れと??
仕方がないので、急遽、ムービーメーカーをカスタマイズしたり、めぼしい動画作成用ソフトを探したり。
  
教訓としてダウンロードした圧縮ファイルはすべてカテゴライズしてDドライブへ保管。
やっぱり痛みを伴わない教訓に意味はないんでしょうか、しくしくしく……。
 
それでも。今まで、ファイルで埋め尽くされていたデスクトップもショートカットのみをカテゴライズしてすっきり。
テキストや画像や動画はすべて外付けHDで、Cドライブも余裕、余裕。
これで少しは、さくさく動くようになるかなぁ。
  
ということで、あげそびれてた記事をは、これからぼちぼち書いていきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/09/22

PCが壊れました

昨日いきなりPCが壊れました。

現在リカバリ中なんですが、何せ、XPでも、SP1ですらないブツなので、updateに四苦八苦してなかなか復旧出来ません。

これもネカフェからです。

しばらく更新が出来ないかもしれませんが、とりあえず生きてますの。

今日はこれからシャンバラ見に行きまーす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/21

人柱の条件から見えてきたもの(10月号ネタバレ)

考察の場合、大抵書く時は何も考えてません。
あ、今何かが引っかかった気がする。腑に落ちてこない。もやもやする。何だろう。何が気に入らないんだろう?
というところから私は始めます。
だから。
計算式を解いているようなものなので、書いてる最中は、どんな結論に辿り付くのか、自分でも分からない状態で書いてます。いやマジで。
 
とりあえず。
メイチャンの言う「地中にたくさんのうごめいている感じ」というのが。
お父様があの背中の管で、賢者の石を地中に供給していると仮定したうえでの考察です。
それ事態に誤りがあった場合は、以下の考察は全て パア です。

 
 
1.地殻変動エネルギーを使わない あるいは 賢者の石(仮定)を使った錬金術
 
そもそも、地殻変動エネルギーによる錬金術は存在しているのか?
 
■賢者の石のエネルギーを地殻エネルギーと偽っている場合
メリット
・国内の錬金術師の力を自由に操れる
デメリット
・賢者の石が減る
 
錬丹術は、山の頂きから噴出した後地下へ入る地中を潤す力、龍脈を使う。
「気」は万物のものに流れている。地中だけではない。
もし地殻変動エネルギーなど存在せず、龍脈そのものの存在を封じる為、賢者の石のエネルギーを供給しているのだとすれば?
 
■龍脈の情報を封じ、賢者の石を使わせている場合
メリット
・国内の錬金術師の力を自由に操れる
・錬金術は地からエネルギーを供給されるという固定観念を植え付け、万物の気の流れから錬金術を使えるという思想を遠ざけられる
デメリット
・賢者の石が減る
 
こう考えると。
地殻エネルギーを賢者の石と偽ったとしても得るものは少ない。
地殻変動エネルギーによる錬金術というものはそもそも存在せず、賢者の石によるエネルギーと偽っていた、と考えるのが妥当のように思う。
それにしてもこんなメリットの為に動く意味が…。
 
 
2.人柱とその条件
真理の扉を開けた者の特徴は、手パン錬成と身体の一部を持っていかれている事
さてどちらが重要なのか。
 
アルの手パン錬成を見て、ラストはアルが真理の扉を開けた事を知った。
逆に言えば、アルが鎧の身体が持っていようと、真理の扉を開けた事の判断基準にはしていなかったということ。
つまりは、手パン錬成でのみ判断しているということだ。
それは、手パン錬成がどのようなものか、知っているということではないのか?。
手で円を作り、肉体が構築式になるということを、彼らは知っている?
 
錬成陣の基本は円
円は力の循環を示し そこに構築式を描く事で力の発動が可能となる
力の流れと法則を知ることで あらゆることに対応できる
相手の力の流れを知り それを利用して相手に返す
それもまた力の循環
 
だから手を合わせるのは、円を描き力の循環を表している。
 
6巻でのイズミのセリフだ。
 
アームストロング、グラン、コマンチの錬成陣は円を描いていない。
アメストリスの錬成陣は必ずしも円である必要はないということだろう。
円のない錬金術に力の循環は存在しない。
力の流れも法則も知ることなく、構築式は描かれ、練成は発動する。
 
(イズミとエドとアルの錬金術が錬丹術に近いと前に書いたけれど、訂正しよう。
手パン錬成が出来るということは、どのような流れにでも対応出来るという事じゃないのか?
地中に蠢いているものがあればその流れを知り利用出来る。それが今のエドたちの状態。
けれど、龍脈の存在を知れば、その流れにもまた対応出来るという事じゃないんだろうか?)
 
真理の扉を開いた者が手パン錬成が出来るのではなく。
力の循環・力の流れを理解し、錬成陣に円を使う者が、真理の扉を開いた時、手パン錬成出来るようになるのだ。
人柱候補の選出に、ロイと、マルコー、キンブリーの名が挙がっているのも理屈に合う。
彼らの構築式は円で囲まれている。
 
 
そうなると、ここで問題が発生する。
 
 
3.東の賢者は誰なのか?
クセルクセスでホーエンハイムが唱えていた錬金術は「全は一、一は全」だった。
イズミの錬金術と同じだ。
ならば、力の循環についてもまた、同じ理屈を伴っている可能性は高い。
 
クセルクセスの錬金術もまた、力の流れとその法則を知る必要があるのではないだろうか?
クセルクセスの錬金術を発動させるのなら、クセルクセスと同じ錬金法を身につけていなければならない、というのは道理に適っている。
少なくとも、アームストロングや、グランの、円を描かない錬金術では無理なのだろう。
ここで矛盾が生じる。
 
ならば、そもそもお父様は東の賢者として、何故「全は一、一は全」の教えを広めなかったのだろう?
 
アニメのように、ダメと言われれば余計気になる、という人間の心理を付くというのは無理だろう。
そもそも前提とする知識が存在しない国で、イズミのようにその知識に辿り着けたのは、錬金術師に師事しなかった、大自然の中で極限状態に追い込まれたなどによる、ほんの偶然でしかなかったのだから。
同じ事をしてもその知識に辿り着ける保障はない。
ならば、あえて偶然性に頼る理由が分からない。
 
例え体感しなければ得られない知識だとしても、エドとアルのように、まず言葉を与えて状況を作り方向を示唆することで、充分人柱候補を生み出す確率は上がるはずだ。
なのに何故、円を使わない錬金術も有りとして広めたのだろうか?
 
ならば。
ホーエンハイムが東の賢者なのだとしたら?
 
まだ、東の賢者が何者なのか決定付ける要素は提示されていない。
 
クセルクセスの人体錬成の練成陣を葬る為に。
ホーエンハイムは、すでに錬金術が伝わっている国を巡り、クセルクセスとは敢えて別の錬金術を教えたのだとしたらどうだろう? 
東には、地殻変動エネルギーを使う錬金術を。
西には、龍脈を使った錬金術を。
 
家を焼いて過去を隠そうとしたエドに「分かるよ」と言ったのはそういう意味だったんじゃないんだろうか?
国を滅ぼし全き人間を作る人体練成の錬金法を隠さなければいけないという大義名分の為に、クセルクセス崩壊の理由を闇に葬り去ろうとした自分に重なったからではないのか?
 
グラトニーが作られたのはラースの前、賢者が現れたずっと後だ。
あれは葬り去ったのではなく、クセルクセスを実験場とした際に偶然飲み込まれただけかもしれない。
お父様は、人柱に自力で人体練成を行わせたい(=真理の扉を開かせたい)のだから、わざわざ隠すというのもおかしな理屈だ。
 
だから、お父様はラースを使い国家錬金術師の制度を作った。
国家錬金術師には潤沢な研究費と、独自の専門図書館での資料閲覧が保障される。
そして、軍属には査定がある。
円の必要性に辿り付く為の資料を与え、誰がどこまでたどり着いたか即座に知る事が出来る。
(査定を軍属だけに固定したのは、軍内の国家錬金術師に研究の余裕などあるはずもない為戦闘員としてのみ活用するつもりだったからか?)
そういえば、ホムンクルスたちにはウロボロスのマークがある。あれもまた円。
ウロボロスは復活と再生、生命の循環を司るシンボルだ。
 
東の賢者は350年前、円を必要としない方程式を確立させた
だが本来地殻変動エネルギーで錬金術は発動しない。だから。
その為に錬金術を増幅させる賢者の石が地中に必要だった。
 
ホーエンハイムが賢者の石を地中に注いでいるシーンは確かにある。
あれがはじめてだった、あるいはあれは一度きりの行動だったとは、どこにも描かれていない。
 
 
 
ということで。
ここで、冒頭の大前提がそっくりひっくり返ってしまいました(笑)。
 
あれは単に回避文のネタが尽きたんで書いただけであって、ホントに何も考えずに書き始めたらこんな事に orz
あまりに綺麗にひっくり返ってしまったんで残しときました(笑)。

 
マユツバくさいのは百も承知。
ミスリードに乗らされている気が……しなくもないわな。
でも、お父様が賢者の石を供給する事の利点がほとんど無い事を「1.」で述べただけにもしかしたら、と思わなくも無い。

 
とりあえずこれを前提とすると、どうして自分で人体錬成の練成を行わず、他人にさせようとしているのか、浮かぶものがある。
  
  
 
4.人柱の必要性
お父様が欲しているのは、クセルクセスの錬金術
力の循環を知る者による錬金術だ
クセルクセスの練成陣の示す「当たり前の人」とは、術者を指しているのか、
対象者を指しているのか、賢者の石になるものを指しているのか?
自分ではなく、人にやらせようとしているということは、
術者が「当たり前の人」を指しているととるべきか?
 
「一が全を含まなければ全は無なり」
これが引っかかる。
 
「全てのものは一から作り出され 全てのものは一へと帰って行く」
つまり。
世界は万物によって構築され、世界は万物のそのひとつひとつに還元されていく
人が死ぬとやがてバクテリアに分解されるように、大きな法則や流れは、どんなちっぽけな存在にも還元される
大きな力の流れに無視されたものは存在しない。
万物によって世の理は生み出され、その理は万物に還元される
 
「一が全を含まなければ全は無なり」
大きな流れに逆らった存在は、大きな流れに還元されない
食物連鎖から外れたものは、大きな流れの恩恵を受けられない
 
つまり、お父様は体内の賢者の石を使っての錬金術は可能だが、クセルクセスの錬金術は使えないのではないだろうか?
あの人体錬成の陣を、お父様は発動させることが出来ない。
だからお父様は人柱を欲しているのではないだろうか?
 
 
ただ、こうやってひっくり返すと、これはこれで、別の問題が発生するんですけどね。
お父様が賢者の石を供給していると思った大きな要因はあの背中の管だ。
 
あの地中のものがホーエンハイムによるものだとしたら、ではあの管は何なのだろう?

 
 
5.お父様の背中の管
お父様が、一瞬にしてアメストリスの錬金術を使えなく出来たのは何故なのか?
 
もしお父様があの管から賢者の石を供給しているのなら、理由が付きそうな気がしていたのだけれど。
よく考えてみると。
管から離れた位置から賢者の石の供給をストップできるなら、逆に供給だって管を使わずとも出来るのではないのか?
逆に賢者の石を吸収しているという考えも、同じ理由で不自然さが残る。
極論になるが、自分の賢者の石なら触れずとも自由に扱えるなら、賢者の石を核にしていたグリードが離反した時点で、触れずとも彼を殺す事も出来たはずという理屈にならないか?
それが出来ない以上、手持ちの賢者の石であろうと遠隔で操作出来るものではない、と考えるべきではないのか?
ならば、地下の賢者の石は、ホーエンハイムによるものと考えても支障はないし、お父様が地下の賢者の石をどうこうしたのではなく、新たにお父様の体内の賢者の石によって錬金術を発動させたとみてもおかしくない。
 
管の中身が賢者の石である必要はこれでなくなる。
では何の意味が? と問われるとこれが困るのだけど…。
 
これについては、まだ考え中
 
 
おまけ
「賢者の石」は何故「賢者の石」という名称なのか?
文字通り、「賢者」の「石」だからじゃないのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/17

ガンガン2007年10月号 鋼の錬金術師第75話「クセルクセス最期の日」 ネタバレ感想2

ハガレンピープル連投です。すみません。一応、あげている時間は空いてるので。
単純に、他にあげた方がいらっしゃらなかったからなんですが。
 
ネタバレ感想2です。あともうひとつ。書きたいネタがあるんだけど。
うまくまとまらない……というかいくら書いても答えが導き出せないので、このままだと保留かも。
(すでに、2つ保留のまま書いてますけど)
なんか全体的に今回はいつにもまして、文章が下手。
眠いとか、自分が把握しきれてないとか。そもそもがややこしいとか。
理由は色々あるんですが。
後でまた全体的に書き直すかもしれません。
 
っていうか、もっとミーハーに騒いだ記事が書きたいのにー!!
そっちまでなかなか回らないよー (>_<)
   
■人体練成
アメストリス建国後すぐに、クセルクセスは崩壊。
時を同じくして、リヴィエア事変が起きる。
その後、クセルクセスの生き残りが東の賢者として訪れる。
そして、プライドとラストを生み出し、カメロン内乱を起こす。
 
史実上はそうなっている。
 
例えばこんな状態を想像する。
 
アメストリスは建国時、普通の国だったんだろう。
そこへ、クセルクセスを捨てたホムンクルスが渡り、リヴィエア事変を起こした。 
建国したばかりでまだ落ち着かないた処へ戦争がおこり騒乱状態の方が、人の中に溶け込みやすかったのだろう。
そこへ東の賢者として姿を現し錬金術を広めた。
おそらくそれはクセルクセスに伝わる錬金術と同じだったのだろう。
 
お父様が、プライドを生み出したのはこの後だ。
 
徐々に浸透しはじめ、錬金術を学びたいという者が出てきた時、錬金術の方法をすり返る。
自分は地中に潜り身体の中の賢者の石を、あの管からアメストリスの地に供給する。
そうとなれば、錬金術を広める為には別の器が必要になる。
あの身体ではない別の器(セリムで無くとも良い、いっそ、今の肉体に良く似た器の方が好都合か?)をプライドとして生み出す。
 
ホムンクルスの肉体を地中に、プライドの肉体を地上に置いて器を行き来し、東の錬金術の方法を植え付ける。
そして、その最中にも、賢者の石で最強の矛を作り、カメロンに内乱を起こさせる。
最強の盾を作り戦争を起こす一方で、完全な存在(雌雄同体の竜)を作り、
強靭な力を作り更に補強をしつつ、真理の扉を作り。
 
次にソープマン事件を起こす。
 
人体練成の練成陣を引きながらも、二度、別の方法で人体錬成にまつわる何かをしようとしていた。
練成陣を主としつつも時間がかかるから、別の方法も副案として試みたんだろうか。
 
彼はクセルクセスで確かに事を為したはずだ。
欲しかった器を得て、自分の足で歩いた(これを書く度に、エドの「あんたには立派な足がついてるじゃないか」が過ぎって仕方が無い)。
なのにその直後にまた事を起こしている、人体錬成の陣を描く、という事を。
 
真理の扉を開くのに必要な代価は実はそう多くは無い。
通行料として、右足、あるいは内臓を少し、あるいは両目。
自分を人体錬成するなら、自分の身ひとつあればいい。
 
クセルクセスが崩壊したのは、真理の扉を開けたからじゃない。
賢者の石を作ったからだ。
人体錬成だけなら。
通行料は、手足1本でこと足りただろう。
自分自身を人体錬成したのだから、ここに代価も発生しない。
だが。
あの獅子が描かれていたから、賢者の石は作られた。
(現に、エドはグラトニーの腹の中で書いた練成陣に獅子も真ん中の文字や竜も描いていない)
人の魂が賢者の石となり、通行料はそこから支払われ、残った賢者の石は肉体に内包された。
そして。
 
基礎は当たり前の人間
神を地に堕としめ自らのものとする。
出来上がるのは、完全なる存在
 
これらが加わり、賢者の石を内包した不老不死の人体錬成の術になる。
 
そう。基礎は、当たり前の人間でなければいけない。
ホムンクルスが当たり前の人間と言えたか?
決まってる、答えはNOだ。
だから人体錬成で「お父様」は完全なる存在になれなかった。
だから老けた。
彼は、一度当たり前の人間になり、もう一度人体錬成を行わなければ、彼は完全な存在になれないのだ。
ホーエンハイムはおそらく実験体にされたのだろう。完全な存在に成り得るかの。 
「お父様」は今、当たり前の人間と言えるだろうか?
これも答えはNOだろう。
ならば、このアメストリスの錬成陣は、きっと、失敗する。
 
 
■家族
上の内容と相反するのだけど。
   
「驚いた!! あいつ 家族なんぞ作っておった!!」
あの時、「お父様」のあの言い方ってまるで、絶縁された弟か甥っ子か。
そんな関係の相手に対して言っているような雰囲気があった。
昔は良く世話を焼いていて、でもこちらの意思とは関係なく音信不通状態になった相手、かな?
友人ではないし、でも親ほど近しくも無い。
「あいつもそんな年になったか。やりやがったな」みたいな楽天的なノリだった。 
例えば続けるなら「俺もうかうかしてられんな」なんて言葉が出てきそうな。
 
「人として」結婚し子を儲けたホーエンハイムに対し、人造人間を生み出し擬似親子の関係を作ったお父様。
 
何故「お父様」と呼ばせる?
ホムンクルス達に何故「創造主」や「神」と呼ばせなかったのだろう。
何故、「不便だな」と言っていた家族を得たのだろう?
そして。
何故人を虫けら以下の目で見ながら、人の身体を欲しがったのだろう。
ラストたちに人の身体を与えたのだろう。
 
言っている事とやっている事がまるで逆だ。
 
ホーエンハイムと同じ肉体を得て、ホーエンハイムが憧れていた家族ごっこの真似事をして。
ホムンクルスは憧れていたんじゃないのか?
本当は成りたかったんじゃないのか。
 
「おまえから見たらバカバカしいかもしれないけどよ 家族とか仲間とかそういうものに幸せってのがあったりするんだよ 俺達人間は」
 
「フラスコから出る」という「幸せ」を手に入れたホムンクルスが人と同じ器を持った時。
ホーエンハイムの言う、人としての幸せ、がどんなものか知りたいと思った、そう考えるのはあまりに浅はかだろうか?
 
 
■錬金術と錬丹術
地中にあるのが地殻運動のエネルギーとたばかる必要がどこにあるのだろう?
(お父様に繋がれた管から賢者の石が供給されると仮定して)自分の身を削りおろかな人間に賢者の石を与える意味はどこにある?
賢者の石でなければいけないのか、地殻運動のエネルギーを使われては困るのか。どちらだろう?
いや、クセルクセスの時と違い、今回は錬金術を広めている。
錬金術は必要なのだ(人柱を得る為にも)。
地殻運動のエネルギーを使われて困るなら、そもそも錬金術を広める必要がない。ならば、「賢者の石」で「錬金術」を使わせる必要があるのだろう。
 
扉を開いた者の共通点はふたつ、手パン練成 と 通行料に身体の一部を持っていかれている事。
おかしくないか?
賢者の石のエネルギーを使用しているのなら、何故通行料を持っていかれたのだろう? 
グラトニーの腹の中では、エンヴィーの賢者の石で事足りているのに。
 
何かもうひとつ、情報が足りていない気がする。
 
 
■全は一、一は全
この教えは
クセルクセスでホーエンハイムが学んだもの
イズミが独自に習得したもの
エドとアルがイズミから学んだもの
 
これをアメストリスの錬金術と考えるのは早計じゃないだろうか?
むしろ、ホーエンハイムはクセルクセス崩壊後、時をあまり置かず西の賢者になったのだから。ホーエンハイムが教えを説いたのは、クセルクセスの錬金術が基本になっていると考えていいはずだ。
ならば、クセルクセスの錬金術=シンの錬丹術と言えないだろうか?
少なくとも、マルコーは自分の錬金術についてそんな事は語っていない。
 
ならば何故、エドとアルは14巻で錬金術を使えなくなったのか?
その答えを今捜している。
 
 
■賢者の石
そうか。これがあったから、アニメ版、アルにこの役をふってきたんだなぁ。
ホントに、アニメは3部からはオリジナルだったけれど、ちゃんと原作を素材に料理していたんだぁ。
だから、荒川作品とのブレが少なくて済んだってことなのかな?
見習えよっ、某M田監督。
 
青い鳥はいつだって傍にいるんだよね。
そうか、エドとアルは、チルチルとミチルだったんだね
 
あの賢者の石を流すシーンがある以上分かっていて然るべきはずなのに。
ラストみたいに、あくまでも内包している、レベルだと思っていたんだな。
こう、ガツンと言われると結構くる。
 
ホーエンハイムが賢者の石でも。
それでも、エドとアルは人間と言えるんだろうか?
幼少の頃錬金術の本を「なんとなく」で読めてしまったのも。
史上最年少で国家錬金術師になれたのも
真理の扉から無事かえってこれたのも。
アルの魂を練成できたのも、
アルの魂が定着出来たのも
もしかしたら、エドとアルが本当の意味で人間と違う作りをしているからとか…。
そんなことってあるんだろうか?
 
目がモノを見て、脳が思考し、耳が音を拾い、舌で味わっている、排泄もする。
生殖機能だって、きちんと機能したうえで、2人は生まれていると私は信じたい。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2007/09/16

リザの刺青が示すもの

これは宙さまから教えていただいたので、ちょっとカンニングネタ。
リザの背中にあるあの刺青の正体は、錬金術、煉丹術の図版を調べると出てくるのだそうです。宙さまはその手の本を100冊以上(!!!!)調べたそうなんですが。
 
リザの背中の刺青の中には、煉丹術で使われる文様があるのだそうです。
つまりあれは、シンの国式の錬丹術なのだ。
まあ、これだけなら読者に対してフェアじゃないのだけれど。
 
ホークアイ師匠の書斎の背には、スカー兄がシン国から手に入れたような巻物がある(これも宙さまから仕入れたネタ)。
そして何より。
メイチャンが11巻45話で、錬丹術だと言い「龍脈 地の力の流れを知りそれを使う術」だと言ったスカーの右腕と同じ文様なのだ。
二匹の龍が交差し、地中へと向かっている。
ロイの手の甲の文様からは省かれている部分なのだけれど。
ホークアイ師匠の言った「暗号」とはある意味フェイクなのだろう。
 
さらに、ロイの錬金術は、東では珍しく遠隔操作が可能だ。
自分が触れていない箇所を発火させる。
「焔の錬金術師」という名にごまかされがだが、彼の行う錬金術は、可燃物付近の空気中の酸素濃度を変えるという技だ。
炎を放っているわけではない。
そして。補足として。
彼は孫子の兵法をそらんじていた。孫子をシンの国の人と考えるなら、リザの刺青の暗号を解く為に、ロイはシンの国についてかなり勉強したのではないだろうか?
 
以上の理由で、ロイの錬金術は錬丹術である可能性が高いと言える。
きっとお父様の干渉がなくとも。彼は、錬金術を使える。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

エドとアルの人体錬成は何だったのか(10月号ネタバレ含む)

感想のつもりがちょっとこれだけだと考察になってしまったので、タイトルを変えました。
けど、今月号を読んで辿り付いたという意味では、感想なんだと思うのだけど。
 
分かっている人には、すでに分かっている事実なのかもしれませんが。
11巻でエドが、アルは元に戻せると言った理屈が、実は今まであまりちゃんと理解出来ていなかった事に気付いたので、ここでおさらい。
エドとアル、あの人体錬成は何だったのか。
何故、アルとエドで、ああも代償が違ったのか。
その理由が、おぼろげながら見えてきたので。 
 
  
アルの魂は一度目の人体錬成の時すでに錬成されていた。
 
その事にまったく気が付いていなかったのだ。
のわこさまの記事を読んで気が付いた。
 
そうだ。アルは母親の人体錬成の時、自分で自分を人体錬成していたのだ。
 
グラトニーの腹の中でエドは、自分の身体を自分で再錬成したから自分の身体の中に魂は再度定着された。
 
けれど、母親を錬成しようとした時。
あの時は、人体を作る為の原材料があった。
だから、アルの魂は、錬成された、あの母親では無かったものの中に辿り着いたのだ。
あの化けものが、アルがもともといた位置近くに、錬成された事がそれを証明している。
 
それが、真理の扉の中で、アルがアルを見た正体だ。
母親を錬成しようとしたが、存在しないものは錬成出来ない。
だから代わりに、血の中の、自分の魂の情報に引っぱられた。それが扉の中に見えたアル。
アルは分解され、その肉体のどこかを通行料に取られ、人体錬成は母ではなくアルを錬成した。錬成陣の中央に置かれたあの材料によって。
 
一度目の錬成。
あれは、母親が人体錬成されたわけじゃない。
アルの魂はアルの魂によってアルの魂に再錬成された。
けれど肉体は用意されていたあの肉体の原材料から錬成されたんだ。
同等の質量からは同等のものしか作れない。
なら、同等以上の質量(アルの肉体と原材料)から同等の質量のものを錬成した場合は?
アルの通行料がエドと同じく左脚だとしたら、それ以外は代価じゃない。超過だ。
真理に奪われていいものではない。
 
そうだ。
少なくとも左脚(程度)以外は、アルのものだ。
 
通行料さえ支払いそこに辿り付ければ、アルの肉体は無条件で取り戻せる。
 
じゃあ、エドは?
1度目の錬成でエドは何を錬成したんだろう?
エドが真理の扉の中で見たのは、母親だった。そこまではアルと同じだ。
なのになぜ、その先にエドはいなかったのだろう?
 
そこで考えられるのが、今月号のホーエンハイムのいた場所だ。
彼のいた場所は錬成陣の真下だ。
アルがいたのも、錬成陣の真下だ。
 
あの錬成陣が、錬成陣の下にいるものを錬成する、という仕組みなら?
扉の向こうに母親がいなくとも、エドがエドを人体錬成する為のトリガーは作動しない。
その錬成陣におけるターゲットとして認識されていないから。
だから、エドは通行料だけを取られ、精神だけ分解時にアルと偶然混線した状態になった。
 
グラトニーの腹の中で真理の扉を開けたとき、エドはエドを錬成したから、アルは引っぱって来れなかったこととも理屈が通る。
 
そして2度目の人体錬成で、エドはアルの人体錬成を行った。
エドは右腕を通行料に支払い、真理の扉を開いた。
アルはまだ死んでいなかったから。
アルが一度再錬成したアルの魂を真理の扉から引っぱりだし鎧に定着した。
だから、この時もエドは通行料だけを取られた。
 
だけど。人体はどこにも錬成されていない。なのに何故真理の扉は開いた?
あの時、エドには自分を人体錬成すれば真理の扉が開くなどという考えは無かったはずだ。
ならば間違いなくあれは、アルの人体錬成だったはず。
つまり。
 
自分の人体錬成を行った際に、アルの元に辿り付いたという事を踏まえ。
混線ゆえに、アルを人体錬成しても、真理の扉の向こうにアルの肉体は存在しなかったということだろう。
無かったから、アルの肉体は錬成されず、だからその為の対価をエドは支払わずに済み、通行料だけの支払いで済んだ。
 
そういう事じゃないんだろうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

チケット取れたよ その2

BONESクリエーターズナイトのチケット取りました。
うん、チケットの出具合がどんな状況かわかんないから。
とりあえず始発……には間に合わず、2本目の電車で移動して、ぴあステに並んでました。
無事取れましたよ。
テアトル新宿って勾配どんなでしたっけ?
トークショウもあるしなぁ、と思いC列を取ったんだけど(それでも最初は店員さんにA列が取れますが、なんて言われたんですけどね)、ちょい見づらいかなぁ。
 
ということで参加される方、当日はよろしくですー。

しかも、その後、作家さんの朗読会&サイン会に参加して。
そんなだったんでもう眠いです。感想の続きはまた明日にでも……。
おやすみなさーい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/13

ガンガン2007年10月号 鋼の錬金術師第75話「クセルクセス最期の日」 ネタバレ感想1

すみません。めちゃくちゃ長くなってしまいました。長すぎだよ。どうしようってくらい長くなりそう。
いやまだ書き途中なんですけど(思考に詰まったんで、先に回避文を書いてます)。
誰が読むんだよ。うーん、うーん。でもここまで書かないと気がおさまらない。
ので、頑張ってついてこれる人だけついてきてね(笑)。

一読目。あっさりしすぎじゃね?
と思ったんだけど。2度、3度と読んでいくと。
濃すぎっ。濃すぎるよ。
もう、コミックスひっくり返して、あっちとかこっちとか調べないとわかんないじゃん。
ってか、大丈夫かな、小・中学生。ちゃんとついてこれてるか?
牛様にしては、結構説明を省略して書いてるぞ?
 
 
 
■メシ抜きにされたいか
■最近 奴隷達に妙に知識が付いたと思ってたがおまえが教えてたのか
クセルクセスはかなり豊かな国らしい。
そういえば先月号にモブで書かれていた犬は、少なくともセントラルの野良犬よりか肥えてたな。
小説にせよマンガにせよ、奴隷に知識がある事を、主人は嫌がるのが王道。
誤魔化しが効かなくなる、小賢しく口答えする、反抗的になる、主人を敬わなくなる。
だから、23号の行為がバレたら、奴隷達(特に教えた23号)は厳しく罰されるんじゃないかと思った。
けど、結構あっさり。
サボった罰も、メシ抜きってあたりが、某ルイズ(笑)レベルだし。
 
「主人が」なのか「国が」なのか、分からないけれど、奴隷に対して鷹揚だ。
奴隷が錬金術師の助手までのし上がれば、それこそ、口さがない連中は僻みを露わにするだろう。
23号は、過去を振り返り「奴隷だった頃が懐かしい」とも言う。
奴隷制度こそあるものの、実際の処は知識がないから力仕事しか与えられないだけで、決して働き手としての待遇そのものは悪くないものだったんじゃないだろうか?
 
23号が知識を得た時、アルジャーノン状態になるんじゃないだろうか? そんな事を少し想像していただけに(奴隷として馬鹿にされていたことに気づき、錬成陣を発動することに躊躇が無かったとかね。でも山奥で友人の名を呼び賢者の石を使っていたシーンがあったからそれはないだろう、とは思ったのだけど)
知識を得てなお、主人に仕え、王にかしずく様子を見て、まつりごとそのものは、決して悪くない国だったんだろうな。
 
 
■俺を助手にどうですか?
ただでは転ばないあたり、なんかさぁ、やっぱ親子だよねーーーーー!!!!!
 
 
■一が全を含まなければ全は無なり
「全は一」:全ては多きな流れの中のひとつひとつから成りえている
「一は全」:そのひとつひとつの存在が欠けること無く存在して初めて全になる
 
なら「一が全を含まなければ全は無なり」は、ひとつひとつの存在を全て内包していなければ、それは全ではない、もしくは、無力な全である。
そんな感じか?
 
大きな流れから脱却している存在と言えば、ホーエンハイム、お父様、ホムンクルスだよね。
そういう存在があるのなら、それは「全」とは言わないということ。
錬金術は、大きな流れに逆らうことなく、その力を用いる。
ならば今のアメストリスの錬金術は、本来の錬金術が示す「大きな流れ」ではないということ。
そういうことかな?

それとも、人体練成は大きな流れに逆らった行為。
なら、人体練成により作られた存在は全き存在ではないとも取れるかな?
 
 
■贅沢は言わないが まずは このフラスコから出られる身になれば幸せかな
言葉にすれば、はかない願いに聞こえて仕方がない。
無菌室から出れない病弱な子供の嘆きのように聞こえる。
 
王に言われるまで、少なくともホムンクルスは一度も自ら人体錬成の法など口にしていない。
王ほどの財力がなければ、あの錬成陣を描くなど不可能だから諦めていた、というのもあるかもしれない。
けれど、どうなんだろう?
9月号の時点で予想していたような事態ではない。
ホムンクルスは決して23号をそそのかしたわけじゃなかった。
 
王から問われてチャンスだとは確かに思っただろう。でも。
王が望まなければ、ホムンクルスはあんな惨劇を望まなかったんじゃないだろうか?
 
「やっと自分の足で歩けるようになった」
ホムンクルスが元々望んだものは、人体練成で身体を手に入れる事であり、賢者の石ではなかったのだろう。
(だから惜しげもなくホーエンハイムに半分をくれてやった)
それって、エルリック兄弟の人体練成とはどれほど違うんだろう?
他人を巻き込んだか否かの違いは大きいけれど、彼らと同じく、願いは本当にささやかなものだったんだと思う。
 
今、あれほど望んでいた「足」を使わず、ただ閉ざされた空間に座っている彼は、その時の事をどう思っているんだろう。
 
 
■ウィラード メヒティルト ラインマイル トーニ メイヨー
67話で、賢者の石を使った時に呼んだ名前だ。
やっぱりあれ、クセルクセス時代の友人の名前なんだ。
 
 
■血の情報を元に入れ物を作らせてもらったよ
ホーエンハイムの血の情報だから、ホムンクルスの人体練成はホーエンハイムそっくりになった。
よしっ。ちょっと握りこぶしっ。
この予想は当ってたぜっ♪
 
 
■イズミ
今更引っ張り出してきましたか。
イズミがホーエンハイムと前の旅行の時に会ったなんて話が載ったのは、5巻の第20話。
 
 
■シンの国式
よっしゃ。西の賢者確定!
 
 
■貴女………真理を見たね?
イズミの肩に手を置く事でイズミの不調が分かったのは。
多分、シンの錬丹術による、気の流れが滞っている事で分かったんじゃないだろうか?
真理を見たと分かったのも、気の流れから不自然さを感じ、何かを持っていかれたと分かったのか?
それとも。もしかしたら真理を見ることで、人は何か体内構造が変わるのか?
 
前者だとすると気になる事がある。
トリシャが倒れたのは、ホーエンハイムが家を出てすぐに。
ホーエンハイムが家を出た直後、トリシャは病に倒れている。
タイミングが良すぎる。
触れるだけでその気の流れが分かるなら、ホーエンハイムはもしかしたら分かっていたんじゃないのか?
トリシャの余命が短い事だって。
イズミのように回復させるだけなら医療で通る。
でも、もう死ぬだけの命を甦らせるのは人体錬成と同じだ。
そうと分かっていても、もし自分がその場にいたら、賢者の石で回復させてしまうかもしれない。
それが怖くて家を出た、というのもあるんじゃないのかな?
  
 
■「よかった」
この国の行き先を知っているのなら、
ホーエンハイムは、軍そのものが腐敗していることも分かっているだろう
なにせ、あの錬成陣は全て軍に絡んだものなのだから
軍の勧誘を拒んだのならイズミは味方に出来る。
でも。もし、軍に係わっていたのなら、ホーエンハイムはイズミを見殺しにするつもりだったんだろうか?
 
 
■あなたの罪だから
じゃあ、エドは? アルは? って思うじゃん! どうしたって。
 
人の罪は人が裁くわけじゃない。法が裁くんだ。
けれど法が裁けない罪は?
それでも人が裁いてはいけない。ならば、そこにあるものはそこにあるがままに。決して干渉してはいけない。
 
シン式の錬金術で、イズミの身体を元に戻せないとは限らない。
戻さなかっただけなのだと、思いたい。
 
そして、ホーエンハイムの施術、要するにバイパスを作ったってことかな?
って充分今の医術として通用するじゃん。それって。
 
 
 
うーん、ギブ。今日はここまで、続きはまた今度。
だめだ、脳みそと体力の限界…。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007/09/11

Amazonさんは

Amazonさんは、今まで購入したりチェックを入れた商品から、吟味して、こんなものはいりませんか? とメールを送ってくれます。
大抵の場合、すでに持っていたり、的外れだったり、はなはだ迷惑なスパムメール以外の何物でもないんですが。
今回は、ちょっとほめてあげてもいいかもしれない。
 

●●●●様, お客様がこれまでに購入された、またはお持ちの商品を参考に、おすすめ商品を紹介させていただきます。
 
おすすめ商品: 羊でおやすみシリーズ Vol.2 「眠ったらいいんじゃない」

諏訪部順一/大川 透
http://www.amazon.co.jp/dp/B000P2A2MO/ref=pe_ar_x1
 
価格: ¥ 1,575
 
この商品は、お客様が購入または評価された次の商品を参考にご紹介しています:
* HAGAREN SONG FILE-ROY MUSTANG-
 
 
グリードとロイですってよ。
すでに5月に発売されていたCDらしいんですけど。
これって、声優さんが延々「羊が1匹、羊が2匹……」と数えて眠らせてくれる?
こちらに詳しく出ています。
 
Rボ様、Mほ様はすでにこれって、購入されているのかしら?

羊でおやすみシリーズ Vol.2  「眠ったらいいんじゃない」
諏訪部順一/大川 透
honey bee (2007/05/25)
売り上げランキング: 390
おすすめ度の平均: 3.5
4 100匹までに(笑)
2 合間に入るセリフが邪魔。
5 興奮して眠れない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第一回声優アワード記念ドラマCD

第一回声優アワード記念ドラマCD発売のお知らせ(情報元:カトゆー家断絶さま)
 
「第一回声優アワード記念作品 こゑこひ ~あなたの声に恋してる~」
というCDが発売されるそうです。
 
ラインナップ
[Still live,still love]福山 潤×小清水 亜美
[Fool's Present]石田 彰×朴ろ(王路)美
[あの日の海へ]宮田 幸季×平野 綾
[一番近くの恋]柿原 徹也×鹿野 優以
[万華鏡]森田 成一×後藤 邑子
 
2007年10月19日発売
価格 2,940円(税込)
 


 
恋愛ものっぽい感じなんでしょうけど。
朴さんのお相手が石田さんって……。それ配役が性別逆転でも全然違和感無さそう??
っていうかその方がいっそ、受賞者ならではの力量が見えて面白いと思うんですけど、いやマジで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アルエドソング

結局買ってません。「ゼロの使い魔~双月の騎士~」感じるCD ~ルイズ・キュルケ・タバサ~
ニコ動にあがっているのでお試しで聞いてはみたんだけどね。
最初こそ面白かったんですけど。
あ、今、前にいる、後ろにいる、左の耳元で囁かれてるとか(笑)。
脚本が詰まんない。あまり脚本がその特殊マイクを有効利用した内容になっていないんだもの。
最初こそ、寝起きの声を耳元で囁かれるちょっとエ●っぽい台詞とかあったけど。
肝試しを耳元で囁かれてもねー。
こういうのって、●ロゲーででも使った方がユーザーさん受けするんじゃない?
(単語めがけてくるトラバがうざいので、伏字にしてみました)
 
 
代わりに。というか、もともと買う気だったんですけど。
THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 08 水瀬伊織を買いました。
こっちの方がよっぽど面白い。
「フタリの記憶」って歌がさっ、歌の歌詞がさぁ、アルエドなのぉぉぉぉぉぉ (>_<)。
抜粋するとね。
 
いつでもこのままでいれたらいいね
ずっとずっと 一緒にいられたらいいね
 
とか。
 
フタリでがんばってきたよね
 
とか
 
もしもボクが空に帰る刻が来たらどうするの?
すごく泣いて 手をつかんで
離れないのかな
 
とか。もうもうもう!!!!!!!
 
最後は空から見守ってる的な内容なので、某S様あたりには、リヒエドソングって言われそうですが(笑)
鎧アルとエドが一緒に歩いている後ろ姿とか、アルの中でマーテルが殺されて、エドが必死にアルを呼び戻した時のシーンとか頭に浮かんでさぁ。
うきゃーーー、もう何度も聞き返してます。
 

「ゼロの使い魔~双月の騎士~」感じるCD ~ルイズ・キュルケ・タバサ~
釘宮理恵(ルイズ)/井上奈々子(キュルケ)/猪口有佳(タバサ)
ソニーミュージックエンタテインメント (2007/09/05)
売り上げランキング: 198

  
THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 08 水瀬伊織
釘宮理恵
Columbia Music Entertainment,inc.( C)(M) (2007/09/05)
売り上げランキング: 95

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/10

土曜日はデートでした

土曜日はKOYA・MAPチケットを取って、フラメンコのレッスンに出た後。
社用で関東にいらしていた、のわこさまとデートでした。
今まで2度お会いしているのに、運悪く落ち着いてお話する機会が無かったので(しかもブロガー仲間では私だけ?)、ふたりでまったり……まったり??? ……なのか?
18時前の待ち合わせで、気が付けば終電間際の24時までずーーっとおしゃべりしていました。
 
やっぱり「好き」っていうのはすごいエネルギーだよねぇ。
のわこさんが、鋼にはまって瞬く間に転がり落ちる話(え?)とか聞いていてとつくづく思いました。
イベントとかブログとか今までやっていなかったことにも、ポンと手を出してしまえるんだから。
しかも。今まで、歌猫さんの話とか、聖部さんの話とか、もみじさんの話とか、はまった時の話はいろいろ聞いたけど。
みなさんまさに、ホント転がり落ちるようにハマってるんですよねー。やっぱりすごい吸引力なんだなぁ、鋼って。
のわこさま、どうも遅くまでお付き合いありがとうございました。
 
マンガ夜話復活!(情報元:ゴルゴ31さま)だそうです。
何やるのかなぁ。
鋼をまたやってもらえないかなぁ……と思うけど。
どうせなら、1年後か2年後、完結してからの方がもっと面白いかもしれないなぁ、と妄想したり。
公式を見ると、アニメ夜話に「2006年8月9日(水) 鋼の錬金術師」とあって。もうあれから、1年が経つんですよねぇ。
さらにマンガ夜話は「2005年3月3日(木) 鋼の錬金術師 荒川弘」。
年の流れを感じるなぁ。
 
実写、ひぐらしのなく頃に
つまり。
後ろ向かって左から 魅音、圭一、レナ
前向かって左から、沙都子 梨香
ってことか。
……………レナが………可愛くない………orz
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

朴さんのチケット取れたよ

KOYA・MAPのチケット取れたよー。
下の記事にも書いたけど諸事情で、ネカフェから。
お店の人に、30分にするか、2時間にするか聞かれて。
電話と違ってネットなんだから、すぐとれるだろうし、逆にダメなら10分からそこらで完売になるだろと踏んでいたら。
「2時間もいる予定ないから」と基本料金でまずは申し込み。
10時ジャスト。
ゆうゆうと繋ぎ始めたら……繋がらない。
サーバーエラーもしくは、混雑メッセージばかり。
2度ほど、ログイン画面にたどり着くも画像は表示されず、それでもむりやりIDパスワードを入力し、実行ボタンを押すと落ちる……。

なんじゃこりゃー!!!!!
 
ちょっと、これホントにチケットサービス? サーバどんだけよ。
落ちかけてるのか? 回線事態が細すぎなんと違う???
30分で出る予定が、まったくダメ、ちっとも繋がらん。
やっと繋がったのは、1時間20分後デシタ。
 
とまあ、そこまでかかったんだから、さぞかし後ろの席だろうと思ったらメチャ前だったんですけどね。
あとから、小山さんのブログを見たら、サーバが落ちないよう、回線を制御していた模様。
やっぱ人気のある声優さんばっかだからねぇ。
 
で。終わるはずだったんですよね。
 
ところがどっこい。
今なら、簡単につながります。ええ、確認しました。
するとさぁ、見えるわけですよ。空席状況が。
 
なんで、朴さん出演の回がまだ全て「余裕」マークで。
谷山さん出演の回が全て「完売」マークなのよ!!!

ちょっと朴さんの公式ファンクラブさんよぉ。
ちょうど切り替え時期で大変だってのも分かるさ。
けど。サイトに載せるだけじゃなくてさ。

号外メールを出しやがれ!!!!

朴さんのファンクラブって結構若いお嬢さんが多いのよ。
絶対、この芝居情報掴んでないよ。
有り得ないってばこの状況。
ここで、情報流さなくて何が公式ファンクラブよ。
しっかりしろ、しっかり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/04

ハマりました

やばい……。ハマりました。めっちゃ楽しい。
やばいです。めちゃめちゃやばいです。
ここまでハマるなんて……予想外だよーーーーー!!!!
 
 
 
「青鳥の虚像」の日本語化計画が、なんかめちゃめちゃ楽しいんですけどっ
せっかくだし、と思って中国語翻訳サイトと、中国語辞書サイトを駆使して、今1文1文訳してます。
でも、ゲームをやった時は、翻訳サイトさまのページを横に置きながら進めていたので、確かに一通り目を通しながらやっていたはずなんです。なのに。
 
えええ? こここ、こんなこっ恥ずかしい台詞言ってたの!!!! エドー!!!!
中国語恐るべし。強烈です。
もう、床を転がっちゃいそう。
あ、でも今の処一番ヒットなのはロイの台詞だな。
中国語をそのまま訳すと「君の宝であるところの弟」。
「宝」……。アルはエドにとって宝ですか、珠玉ですかっ。しかも他人にまでバレバレですかっ。
 
うきゃーーー!!!
流石に歯が浮きそうなので、さすがに違訳しましたけどね(翻訳サイトさまでも「可愛い弟」になってました)。
うわー、ちゃんとこれで動いたら超絶楽しいだろうなぁ。
ちなみにまだ一日目も終わってないので試してません。
一応テストアプリ(とは違うけど)で動く事は確認できてるので。きっと何とか……。
とりあえず1日目だけでも出来たら、起動を確認してOKそうなら配布する?
どうしようかなぁ。

Ws000018838 例えばこんな感じです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

朴さんがお芝居に出ます

最近、公式ファンクラブのサイトを覗いてないんでそっちの情報は分からないんですが。
 
朴さんが小山剛志さん作・演出のお芝居に出ます。
ダブルキャストで、何故かもう1人の役者さんは男性です。
やっぱ、男性役なのか??? それとも性別がないとか……。
 
「喝采」
公演日:2007年10月3日~10月8日
予約開始:2007年9月8日
場所:シアター・サンモール
価格:5500円(全席指定)
チケットは1人1公演2枚まで
朴さんが出演の回
4日(木)19:00
6日(土)14:00
6日(土)19:00
7日(日)19:00
 
詳細はKOYA.MAP
 
<出演>
桐本琢也
野島裕史
宮澤 正
水田わさび
名塚佳織
齋藤彩夏
小山剛志
<Wキャスト>
朴璐美&谷山紀章
<映像出演>
浪川大輔
 
 
・・・はぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!
6日はねぇ、15年間待ちに待った有栖川先生の新刊のサイン会なんですよぉぉぉぉ。
しかも、いつのまにか、アフターオフの幹事だし。
7日は大阪で17時から『スイス時計の謎』の芝居入れちゃったしぃぃぃ。
 
ということで、1人寂しく4日のチケットを取る予定です。それ以外の選択肢皆無っ。
ふっ、みんなより早く観て、感想アップしてやるーーー!!(ってイヤな奴だなぁ)
  
サンモールって狭かったよなぁ、チケット取れるかなぁ。
しかも、土曜日10時って…ヤバイんだよなぁ。
レッスン開始が10時半だから、8時45分頃には家をでなきゃいけないのに。
そりゃ、10時前に着いてどこかのネカフェから申し込めって事なんだろか……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/01

今度はシャンバラネタ

やたらめったらパロの多い『大江戸ロケット』ですが。
21話では思いっきり、グレンラガンネタでしたしね。
もう鋼ネタは無いかな? と思っていたら。
また来ましたよ。
22話で今度はシャンバラネタっ。

Rocket

この時の駿平のセリフがコレ。
「待ってて兄さん、今、門を開けてそっちに行くよ。2人で女の人のいない安らぎの世界で暮らそうね」
 
なにーーーーーっ!!!!
うわー、出来るもんならこのセリフ使って鋼のMADを作りたいーっところですが。ちょっとわざとラリった感じに言ってたから……使えないだろうなぁ。
ちなみにこのセリフのあと、朴さんの「弟ー!!」のセリフが続きまふ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »