« 秋の番組 | トップページ | ポーの一族 »

KOYA・MAP行ってきました

丸の内線が止まっちゃって冷や汗ものでしたけどね。
しょうがないから新宿から歩きましたよ。ええ(劇場は御苑前のシアター・サンモール)。
 
楽しかったですよ。いやー、笑った笑った。
かなりこう、観客の年齢層を無視したネタがありましたけどね。お若い方は付いて来れたんだろか?
 
以下ネタバレになりますので、これから行かれるという方はご注意くださいね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
小山さんがブログで、朴さんを選んだ理由に、歌が歌えて華があること、と書いていたんですが。
確かに。
登場するだけで拍手が沸いていたのは朴さん(と小山さん)の時だけでしたね。
うん、すごいすごい。
白の上下でバラくわえて、モール(クリスマスツリーで使うようなアレね)を首から下げて、ちょっと宝塚チックな登場だったんですが。
女性でそこまでやっちゃえて尚且つ様になってるってのが充分すごいよ。
 
芝居自体がお笑い系とは聞いていたのだけど、昔、千葉繁さんが主催していたバーストマンみたいなショートコント系かな?と思っていたら、ギャグというかスラップスティック?
朴さんのお芝居ってシリアスなものしか観た事がなかったのでそれだけでも新鮮。
朴さんも、ナルな役を思いっきり楽しんでる感じでしたよ。
芝居中いきなり客席に降りてきて、1列目の女性に抱きついたり。きゃーっ。
それがちょうど私の右斜め前の席(しかも私の前の席は空席だったので障害物無し!)だったもんだから、もう手を伸ばせば届いちゃう位置まで来ちゃうしっ!
かと思えば、座長権限で小山さんが歌を歌っていた処にうっかり出てきたら(多分シナリオには無かった or アドリブ指示だった?)、いきなり舞台を一人で任されて、素に成りかけたりねぇ。
マジでアドリブ苦手? 弱い?
ネタに詰まって立ち往生したあげく、脱ぎかけてました(爆笑)
 
小山さんとデュエットで 歌も2曲歌ってました。「SAY YES」の替え歌と「ヒーロー」(『スクールウォーズ』の主題歌ね)。
カッコよかったっす。
それともう一曲。歌って言っていいのか微妙ですけど。「鋼の錬金術師のテーマ」(笑)。
えーと、「真・うたわれるもののテーマ」と同系列です。って言えば通じる?
 
他にも個人的には野島さんを生で見れたのがちょっと感動。「おお、池くん(「灼眼のシャナ」の登場人物)がしゃべってる」とか。ビデオ出演のみの浪川さんはやっぱり裸王だったり(笑)。
 
小山さんの事を(というか、うたわれるものラジオを、かな)まったく知らないとちょっと分かりづらいネタが多々あるけど。
朴さんファンなら行かないのは勿体無いですよ。
他の役者さんとのからみが少ないので出番自体は少ないのに。その分、すごく美味しいトコ取りな役回りっ。
朴さんを堪能してきました。楽しかったですよ♪

« 秋の番組 | トップページ | ポーの一族 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: KOYA・MAP行ってきました:

« 秋の番組 | トップページ | ポーの一族 »