« 実話です | トップページ | 機械鎧という存在 »

ガンガン2008年01月号 鋼の錬金術師第78話「七つの罪」ネタバレ感想

ヒューズの遺産さんに大川さんのギャラリー更新があがっていたので、久しぶりに観に行ったら。
………お、大川さん、どうしたんですか????
すごい、痩せてるっっっ。すごい、若々しいんですが。
ダイエットされたそうで。
びびび、びっくりしたぁ。
 
ということで、回避文はこんなもので。
以下、ネタバレ感想です。
 
■10日間捜索したが誰の死体も出て来なかった
いきなり10日経過ですか。
しかも、キンブリーが行方不明って。
それキンブリーにとっても予定の範囲内だった???

(以下ずっとロジック 飛ばしてもOKっす・笑)
 
まず。
スカー捜索か血の印か、どちらを先にやるか決めたのはエド。
行き先を選んだのはマイルズ。
隊の編成、配置を決めたのもマイルズ。
10日も捜索出来たってことは、予めスカー捜索にある程度時間を割く予定で食料も積んでいたって事。
あそこで現地調達は無理っぽいし。
さらに、吹雪きに出くわしたのも偶然。
元々、あれは最長10日をめどにした「スカー捜索」だった、というのがまず前提。
 
で?
 
あの行軍はかなり偶発的な出来事のせいで、予定が変更されてる。
マイルズ達は最初からキンブリーを殺そうとしていた?
違うよね。あれはスカー達に会ったからだ。
彼らを無事ブリッグズに辿り着かせる為、追わせない為に葬ってしまえ、となったんだ。
 
じゃあ、キンブリーは?
スカーが、でかい竪坑に逃げたと見当をつけて移動しただけであって、他意はない。
エドに攻撃をしかけたのも、回りの殺気を感じての事だ。
エドとの戦いの後もスカーを追っているもの。
この時点では、捜査にまぎれて行方不明になりドラクマに出る、なんて予定は無かったはずだ。
 
じゃあ、いつ?
いつ、キンブリーがドラクマと提携を結ぶ事になったんだ?
 
あの竪坑でプライドに出くわして始めて指示を受けた、ってことだよね。

でも、あの竪坑がスロウスの穴に繋がっていたのは偶然でしかない。
キンブリーが竪坑に入ったのもスカー捜索の為。
 
つまりここまでは、スカー捜索としての必然。
 
この北からの攻撃の発端は。
キンブリーがプライドとコンタクトを取れた時点からだった、ということになる。
 
じゃあ、中央から人が来たのは、その後ってことか。
キンブリーは、プライドとアクセスした事によって北へ渡り。
それにより、ラースはプライドの指示で、ブリッグズに人を派遣し、(キンブリーからの定時連絡を受けていたネタを使い)体よくオリヴィエをおびきだした。
それだって、レイブンのネタが無ければ無いで、別に何でも出来ただろう。
脛に傷持つ身ばかりだし、叩けばいくらでも埃が出ただろうから。
 
(ここから、やっと結論)

よし、まとまったぞ。
あの時点ではスカー捜索が優先だったキンブリーは、中央からの派遣の連絡を受けていない。
ラースからそのうち寄越すという話があったとしても、それがいつかは把握出来なかったはず。
知ったのはプライドと接触してから、要塞を出てからだから。
 
ならば。
直接、キンブリーが、置き土産を用意する事は出来なかったはず。
狙いどころはそこかな。
つまり。
内部に間者を作り虚言を振りまいて一枚岩を崩す計画などキンブリーには無かった。
あくまでも中央の奴らが指揮系統の邪魔立てを出来るだけ。
ならば中央の奴らの顔は全て割れている。
そいつらを全てふんじばってしまえば指揮系統の建て直しは出来るな。
よし。
 
 
■ファルマンよ お前の言った通り 軍が率先して~
志村、後ろ、後ろ!! じゃなくて。この台詞の横っ。
一番左の影。ホーエンハイムっぽく見えるのは……気せいかなぁ(笑) p65 一コマ目の左端にも同じような髪型いるもんな。まあこれはスルーすべきか。
 
 
■ファルマン
ちょ、あんた、どこから電話してます??
そこどこ?? 要塞内じゃないじゃん。
他にも民家がある。
東のバズクールでもないし、北のアスベックでもない。
あの雪の溶け具合からして、麓だよなぁ。
もしや、北方司令部のお膝元じゃないのか?
 
 
■絶対生き残ってやるぅぅぅぅ!!
うわー、一番の貧乏くじはフュリーじゃん。
あー、そうだった、フュリーって、士官学校あがりじゃないから階級が低いんだったわ。
曹長だものなぁ。
背負っているものからして、対敵兵というよりは。
通信班とでもいうの? 技師としての仕事だと思うんだけど。
頑張って生き延びろよぉぉぉぉ。
 
で、ハボは?
ずっとハボックの復活を期待しているんですが?
だって、彼が一番フリーじゃん。マークされてないじゃん。
引退してマスタング組って思われてないもん。
絶対使い特だよ?
うーん、かなり期待して待っているんだけどなぁ。
  
 
■並んでくださーい!
うわー、ロゼだよ、ロゼ。
アニメでも忘れた頃に出てきたけど、マンガでも再会出来るとわっ。
ってことは、水島監督や會川さんも、ロゼが使い捨てキャラじゃないって知ってたってことかな。
食事の列にならんだ、兄妹に見覚えがある気がするんだけど気のせいかなぁ。
どっちかが、足に包帯巻いて松葉杖ついてる様子を見下ろしているコマがふと頭を過ぎったんだけど。ホントにこの子たちだったか確かめようとしたんだけど探せず…。orz 何巻かご存知の方いません?
 
 
■誰が作ったか知らないけどセンスがいまいち
てめぇに言われたかねぇ。 と、空耳が聞こえましたが何か?(笑)
 
 
■その姿こそが高慢で自尊心の強いあいつ おまえの父親の本質か
ホーエンハイムの言う「あいつ」って本当にあのフラスコの中にいたあいつなの?
って首を傾げたくなるくらい違う。
 
ホーエンハイムの前では、ずっと隠していたってことか?
いや、本当かどうかは別として。
少なくとも、ホーエンハイムはそう思っている、が正しいか。
 
ホーエンハイムの言葉がまた難しい。
ホムンクルスが人になったから、その身に「七つの罪」が生まれた。
それを、ホムンクルスを生み出す事によってひとつひとつその身から切り離していった。そういうことなのか?
今、父上の中には色欲と暴食がだけ。
なら今の父上には、傲慢も、怠惰も、強欲も、憤怒も、嫉妬も無いってこと?
 
 
■宣戦布告
うわ、ちょっと惚れた。あの不遜な笑み。
あーきっと、エドもあんな風に育つんだろうなぁ。楽しみだねぇ。
 
 
■錬丹術は龍脈の流れを読むんですヨ
何故素直に、マルコーのように教えられないんだ??
 
 
■俺の名はザンバノ キンブリーの部下だ。
うぉ、きたきたきたーーーっ。
 
といことで以下、来月号以降のネタバレに抵触する、かもしれません。
今月号のエピソードからの今後の推測です。
自分で気づきたかった、とか、気づかないまま読みたかった、なんて事になるかもしれません。
勿論、まったくハズレの可能性もあります。
続きは、ご自分の、自己責任でお願いします。
 
 
 
 
 
ふ、ふふふふふふっ。
マイルズ! 貴様の考えはマルッとするっとズバっとがっつりお見通しだぜっ。
 
行方不明者が、キンブリーと、キンブリーの部下2名と、鋼の錬金術師だって??
 
バカ言っちゃいけないなぁ。
中央の奴らにはこう報告したはずだよね。
行方不明者は、キンブリーと、キンブリーの部下4名と、鋼の錬金術師と彼の弟と彼の機械鎧技師、ってね。 
 
くすくすくすっ。
行方不明が合計4名って言ったのは、相手がバッカニアだったからでしょ?
 
うんうん。北方軍にとって、アル達はすでに行方不明者じゃないって事だよね。
10日間捜索したんでしょ?
すでに、彼らとは連絡がとれてると見ていいわけだ。
だってあの村、電話あるし。
そうでなきゃ、アル達があんなに落ちついているわけがない。
 
決起の為に身を潜めているっていうのが正しいんじゃないのかな。
それでも、アルの足だけ取り外しているのは、まだ逃げださないといけない可能性があるのか?
……と思ったけど。
頭と同体と腕2本。4人で担いでいた分を繋げているわけで。
あれで即座に逃げるってのも難しい話だよなぁ。ってことは。
足に何か仕込む為の準備をしている、なんて発想もありなのでは?
何せウィンリィいるし。
すでに用意は着々と進んでいると見たいね。
 
ということは、だ。
 
多分これは大方の方が五分五分ぐらいで疑っていると思うのだけど。
 
ザンバノのアレは。
100%、釣り と見ていいと思う。
 
エピソードを一気に動かしたり、2人組みのキメラを2グループ別行動で登場させたりとか。
やっぱり、あれは読者をかく乱する為だったと。
 
来月は一度中央に話を振るか、ホーエンハイムにまた少し振るか、なんて可能性もあるけれど。
オリヴィエが不在でも。この後きっと。北方軍は大きく動くぜっ。

« 実話です | トップページ | 機械鎧という存在 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

» ガンガン2008年1月号 ハガレン中心ネタバレ感想 [EncycRopIdia 〜漫画・映画・書評・グルメなどなど]
 鋼の錬金術師第78話 「七つの罪」  ぶぅううううれぇええええええええええだぁあああああああああああ!!!  うわー、予想してなかった人の再登場に、大感激です!!  そうなんです。実は、鋼の錬金術師の登場人物のなかでも、トップクラスに好きなキャラ。 ..... [続きを読む]

« 実話です | トップページ | 機械鎧という存在 »