« ガンガン2008年03月号 鋼の錬金術師第80話「瞼の父」ネタバレ感想その1 | トップページ | 声優アワード2回 »

ガンガン2008年03月号 鋼の錬金術師第80話「瞼の父」ネタバレ感想その2

はうっ。一度書き上げたのに間違って消しちゃったよ、消しちゃったよ、消しちゃったよー。
いつもローカルでテキスト打ちしてからコピってアップするんですが。
前半書きかけのAファイルと、後半書き上げたBファイルを繋げるつもりが。間違ってAファイルにBファイルを上書きしちゃったよぉぉ……orz
あんな、あんな、眠い目こすって意識朦朧としながら書き上げたのにぃぃ。
ファイル復元すべく慌ててgogoleデスクトップ入れたけど。んなもん泥縄以外の何もんでもないわっ。
結局打ち直しです。
こんな、こんな、こんな、4月号発売日目の前だってのにーーー。
ってな感じでネタアバレ感想続きです。


■妻だけは自分で選んだ
夫人のあのノロケは嘘偽りなく本当だったんだな。
初対面でひっぱたいたなんて話が、強かな作り話でも、彼女の願望でも、与えられた幻影でもない事がちょっと嬉しい。
 
グリードが処分された後の回廊のシーン。
険しい顔をしていたラースが、回廊で出くわしたセリムに少しの間を置いて笑顔を向けていた。
初読の時、あれは家族に自分の正体を気づかせない為の演技だと思っていた。
セリムの正体を知った後は、親子を演じる事で互いに腹の探りあいをしていると思った。
そして今回、笑顔こそセリムに向けられているが、夫人に見せる為のものだったんだな、と思った。
 
人間と同じ老いる肉体を持ちながら、賢者の石の分だけ命を持つホムンクルス。
仲間を切り捨てる事に容赦がなく、人間を殺す事にも躊躇がない。
かと思えば。人間の行動に殺める手を止める事もある。
人間でありながらホムンクルスでもある存在は、人間ともホムンクルスとも言えないのかもしれない。
そこに彼のゆらぎがあるんだろうか。
この告解が、即ロイの味方につく、ということになるわけではないのだろうけれど。
穿った見方をすれば、自分の人間らしい部分を見せる事でロイ達の攻撃を躊躇させる、という手にもなり得るしね。

奇しくも、「ラース」は悪魔の中では「Satan」を差す。
その意味はヘブライ語で「告発者」であると同時に「敵対者」でもあるらしい。
(天使の時と悪魔になってからとで違うということなのか?)
「Satan」は「父たる神」の「敵対者」となったわけだけれど。
ラースは、最終的に誰の「敵対者」になるつもりなのだろう。
 
 
■気が向いたらな
ラースが自分の弱み(=家族)を敵に晒したのと真逆するように、オリヴィエは自分の弱み(=家族)を敵地で曝す事を避けたように見えた。
 
 
■個人が強力な軍隊を持たぬようにするためだよ
ほほぉ。こうきましたか。
想像していたわけじゃないけれどいつもの「予想の斜め上!」というにはちと衝撃が弱い。
なので来月号で明かされる(かなぁ)更なる詳細が気になる処ですが。
自分の第一声が。臍がない! こやつら両生類か???
だったのは自分的にもどうよ。
まあ、でも臍がないってことは丹田がないわけで、錬丹術は使えない身体なわけだね。とかちょっと思ったり(笑)。
 
これがメイ・チャンのいう「地中でうごめいているもの」の正体なわけですか。
お父様がグラトニーに「また元に戻してやる」と言ったのもこの装置(っていうのか?)があるからってわけだね。お父様の身体に戻しておけば、またいつかその賢者の石を元に肉体が作られるはずだと。
別にあのグラトニーをもう一度作るつもりで言った言葉じゃないってことかな。

でも。なんで、7つの大罪のかれらはああも身長体重容姿に落差があるのに、こいつらは同じなんだ?
ラストたちは試作品で、こいつらはアルティメットって感じなのか?

ホムンクルスは賢者の石が核になっているわけだから、すでに賢者の石は装着済みなわけですよね。
お父様の管が体内の賢者の石を流し込んでいるのは分かるけど。
すでに、それをずーっとやっていたわけですよねぇ? しかもグラトニーに使われた賢者の石の量を鑑みても、賢者の石は一体あたり小さじ一杯程度(笑)?
いつまでも一体のホムンクルスに流し込み続ける必要なんてないはずよねぇ?
いやいや、ホムンクルスに流し込むわけじゃなく、賢者の石を核にホムンクルスが生成されるのか。
賢者の石を種に、肉片と骨の元が賢者の石から滲み出てきて手足が生えてくるのか?
その間賢者の石を流し込むのではなく吊り下げている状態って事か? 葡萄棚みたいに? その実、冬虫花草のような……。
 
で? 何をしたいんだ?
国土練成陣布陣の為に投入するならもっと前からのはずだ。
もう、最後の頂点なのだから、血の紋を刻む為のものではないのだろう。
 
ひとつ思い出すのが、クセルクセスの時、最後に王の血の一滴を中央の壷に垂らしていた事。
 
場所がセントラルの足元であり、セントラルが一番に栄えている事すら、お父様の意図である可能性を加味すると。
 
セントラルの地で不死の軍隊による国民大虐殺を行うつもりなんじゃないだろうか?
 
 
■そう…残念ね 会いたかったな……
頬染めてるしっ。そ、そうなの? ロゼってそうだったの?
 
 
■ナベ洗い終わったよ~ 他に仕事……
まだいたんかいっ。
 
あ、でも、アルも何か気になる事があるらしいから、何かこの地にあるのかな?
他の地との違いと言ったら、国土練成陣の布陣が最近終わった地って事くらいかな。
その地がどのような状態になるのか(ホーエンハイムと同じような)調査に来たとか?
だとすると、ホーエンハイムとタッグを組むとか有り?
わー、そんな事になったら、兄さん泣いちゃうかもしれない(笑)。
 
 
■スカー不在
聖部さんがすかさず突っ込みをいれておられましたが。確かにコマ内にいないや。ということは?
さて、別行動を取る理由、理由。
エンヴィーがセントラルで受けた電話では、スカーとマルコーが同行していて、○○○の命はエンヴィーが保障するって言っていたんだよね。
ってことは、マルコーの顔はアレだからバレないにしても、スカーとザンパノが同行していれば、ザンパノの裏切りとエンヴィーの身に何かあった事くらいは想像付きそうだからな。
やっぱり別行動って事なんだろか?
でもどこへ行く?
 
エンヴィーが捕えられたとホムンクルスが気づく前に、エンヴィーが赴いているとラースが思っている今のうちに。
どこかへ移動して逃げた方がいいだろうな。
でも、スカー兄の手記からはもうあれ以上読み取れないのであれば、マイルズとの約束があるんだよね。
ザンパノが電話をしていたから、ブリッグズの状況は教えて貰えているかもしれないし。
法の裁きを受けにブリッグズに戻るというのもありなのか?
 
えーと、ブリッグズ要塞ってドラクマとの堺にあるんだよね。アメストリスの一番北側と思っていいのかな。
で、東のバズクールで北方軍とスカーがかち合って、炭鉱の坑道を抜けてアスベックって北の地に出てたわけで。
となれば、それってブリッグズの麓が近いって事だったりしない?
ばったりエドと再会したりとかっ(笑)。
 
 
■あ!!?
すごっ。ホーエンハイムが家を出た時、アルはまだあんなチビっちょだったのに、ホーエンハイムの事覚えてるんだ!
……んなわけないか。
きっとあの泣き顔の写真で記憶しているんだろうなぁ。
わはは、はなから父親の威厳皆無だよ、皆無。
 
ウィンリィも多分同じだよね。あの写真はロックベル家に飾ってあるんだから。
 
んでもって。ホーは?
アルの身体についてはピナコばっちゃんから聞いていただろうし。
家に飾ってあった見覚えのある鎧がガショガションと動いていれば……気付くか。
 
「父親」に対し、アニメアルはベタベタに甘えていたけれど、原作のアルは「いれば錬金術の事が色々聞けて役に立つ人かもしれない」なんてクールな立ち居地だったからなぁ。
このあとどう反応するか楽しみっ~。
 
 ふー、4月号発売前に間に合ったぜっ

« ガンガン2008年03月号 鋼の錬金術師第80話「瞼の父」ネタバレ感想その1 | トップページ | 声優アワード2回 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28666/40404578

この記事へのトラックバック一覧です: ガンガン2008年03月号 鋼の錬金術師第80話「瞼の父」ネタバレ感想その2:

« ガンガン2008年03月号 鋼の錬金術師第80話「瞼の父」ネタバレ感想その1 | トップページ | 声優アワード2回 »