« 鋼ネタじゃないんですが | トップページ | ガンガン2008年04月号 鋼の錬金術師第81話「バリバリの全開」ネタバレ感想その2 »

ガンガン2008年04月号 鋼の錬金術師第81話「バリバリの全開」ネタバレ感想その1

ネタバレ感想その1です。
最後まで書けなかった……。orz タイムリミットです。ここから先の感想こそ、書きたいのに~~(>_<)
というわけで、欲求不満全開なので、まずは叫ばしてくださいまし。
  
兄さん、超カッコいい!!!
アル、めっさ可愛いーーーーーー!!!!!
 
あー、とりあえずすっきりした。よしっさくさく行きます。
 
■俺の鎧コレクション!!
やっぱりそこかよっ!!! お約束通りな奴めっ。
 
■見開きのカラー
兄さんが超絶カッコイイんですが。
こーゆー絵こそポスターにしてくれればいいんだけどなぁ。
とりあえず、図書カードプレゼントには申し込むか。
 
■えーーーーと……
兄さんの時はしょっぱなからケンカふっかけてたのにねぇ。
 
■あんたらは不正を暴いた それは正しい事だと少なくとも俺はそう思ってるよ
重いなぁ。すごく重い。
もちろん、このおっちゃんは、アルを思っていってくれてるのだけど。
アルとエドは不正を暴いた。それは正しい。だけど。
本来あるべき正しい姿が、人に豊かな生活を与えるとは限らない。
  
不正は暴くだけじゃダメなんだ。
不正と知らずその恩恵を受けて成り立っている生活というものがある
例えば、麻薬の葉だって傭兵だって、そんなもの良くないから葉を焼き捨てろ、傭兵がいるから戦争が尽きない武装放棄しろ、なんて突然言われたら、それで生活が成り立っていた人達に、間接的に死ねと言っているようなもの。
 
鬼の首をとったようにただ不正を暴くのではだめなんだ。
奇しくも先月号で、メイ・チャンについて、賢者の石を求めてはいけないなら、他の方法でどうすればいいのかを考えるべき。なんてことをぶちまけましたけど。うん、同じことなんだと思う。
 
■ボク街の復興手伝ってくる 父さんボクも働く!
うわー、な、な、な、なんかアルのしゃべり方が可愛いぃぃぃっ。
  
■行くぞ ヨキ
やはり、スカーは別行動の模様。
 
■ひとさらいーーーー
ヒューズに次いで、ひとさらい再びっ。
まさか、ロゼにも死亡フラグかっ?(いやそれはないない)
  
■極楽極楽
おっとっ、鋼には珍しいサービスショットだぁ。
前々回が、一見様お断りとしか思えないくらい花が無かったからなぁ。
ここぞとばかりに、牛様嬉々として描いていそう。
ウィンリィはやっぱり、脱いだらすごいんです(古?)タイプなんやねぇ。
さりげにアヒルのおもちゃが眼帯しているのが気になります。
だって大総統おわす中央の軍が介入したせいで、よけいひどくなったんでしょ?
もしや、ストレス解消にいじめているとか(笑)。
  
入りたい時間にお風呂に入れる程度には復興しているって事なのかな?
まあガスじゃなくて薪なら廃材が腐るほどあるから、大丈夫なのか?
ロゼの部屋を見る限り綺麗に片付いてるし、お年頃の女の子だからとはいえ、洋服があれだけ手元にあるってことは、家が倒壊したり焼け出された人達にあげたりとかそういう事も今はしていないってことじゃない?
ロゼは運良く家が無事だったから今は、みんなのお手伝いをしているって感じなのかな?
 
■死をも恐れぬ軍団とやらにされていたかもしれないもの
そういえば、その言葉自体は第1話から出てたんだっけ。
意味するところはさすがに、違っていたのだろうけれど(まさか、主教に軍上層部からのお誘いがあったとも思えんし)。あれに関しては自分の為なら死をも厭わない熱狂的な信者を作り上げるって意味だよねぇ?
遠大な伏線だったんだなぁ。
  
■我々が踏みにじった…あるいはこれから踏みにじる国の者達からだ
えーと、まずこの人形。何で出来てるの?
オリヴィエ、一発で「人形」って言ったけど。
合成樹脂とか見た目ではっきり分かるほど「人形」然とした作りなわけ?
それともあくまでもあれは隠語ですか?
でもビドーも人形って言ってるんだよなぁ。
グリードは、確か、組織構成は全て人間と同じだ、って言っていたから。
首が飛ぶとか腕がもげるってことは、再生能力があるわけでもない。
もし、本当に「人形」なら、この木偶はホムンクルスではない。
むしろ、自動人形、オートマターに近いんじゃないのか?
  
さて。んでですね。
まずあの人形たちに入れる国民の魂を手に入れるつもりでいると。
マルコーがイシュヴァール人で賢者の石をひとつ作るのに使用したのは10人弱の魂だった。
グラトニーの中にあった賢者の石とは同程度だけど、ラストの賢者の石は握りこぶし大だからもっとデカイ。
どれだけ人形がいるかわからないけど、100や200じゃない。
1,000体だとしたら、1万人弱。もっと大きい賢者の石がいるなら2万人以上。
1万体だとしたら、10万人弱。もっと大きい賢者の石がいるなら20万人以上。
  
と思ったのだけど。
 
賢者の石で作れるなら、お父様、自分の賢者の石で作ればいいわけじゃない?
 
つまり。
ホムンクルスのように賢者の石で人形を動かしたいわけじゃない。
 
お父様の錬金術は、アメストリスの錬金術や、シンの錬丹術と違い、ここに無いないものを作り出す事ができる。
だけど、きっと、魂は作り出せないんだ。
ホムンクルス達は魂のない存在という定義だったはず。
  
いままでキメラやスライサーのように、動物や鎧に人間の魂を張り付かせたのは、この為なんじゃないのか?
  
人形に人間の魂を定着させる。
まさに、アルのような存在を作るつもりなんじゃないのか?
  
だとしたら、ちょっと痛い言葉だよね。
このおっさんの言葉は言い換えれば、エドが、アルの魂をふみにじったと、そう言っているんだ。
   
■イズミ・カーティスはまだ見付からんのか
をや? もしやすでにホーエンハイムと共闘状態なのかも? かも??
   
■!!
つに、グリード=リン、動き出すのか? リンの記憶がまだ残ってるなら、前のグリードの記憶もあったりとかなんてそんな事期待……していいんだろか?
  
ここから先の感想こそが一番書きたいのにーーーー。ちょっと間おあずけです。

« 鋼ネタじゃないんですが | トップページ | ガンガン2008年04月号 鋼の錬金術師第81話「バリバリの全開」ネタバレ感想その2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 鋼ネタじゃないんですが | トップページ | ガンガン2008年04月号 鋼の錬金術師第81話「バリバリの全開」ネタバレ感想その2 »