« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008/06/27

またハガレンめいるが~っ

■DVD-BOXの中身

①TVシリーズ『鋼の錬金術師』
・TVアニメーション全51話(13 DISC)
・BOX限定特典DISC(2 DISC)
  
裏鋼は流石に入っているんじゃないかなぁと思うのだけど。
やっぱり気になる「BOX限定特典DISC(2 DISC)」
当時DVD初回特典だった特典DVDって2枚でしたよね(ちょっと自信ないけど)。
あれを1枚にまとめてさらに、1枚だけが新規。
なんてズルイ事になっていなければいいんだけどなぁ。
あ、そういえばUSJで鋼アトラクションの外で流れていたプレス向け映像は入らないのかしら??
  
■②劇場版『鋼の錬金術師 シャンバラを征く者』(4 DISC) 
・本編DVD(5.1ch、STEREO、英語吹替音声、英語字幕) 
・初回版DVDに収録した特典DISC(2枚) 
・本編Blu-ray DISC(初収録)
  
あ、そーなんだぁ。英語吹き替えも、英語字幕も、初回特典DISCも付くんだぁぁぁぁ。
初回で変えなかった人良かったね。と思ったんですが。
面白いのが。
 
③OVA『鋼の錬金術師 PREMIUM COLLECTION』(1 DISC) 
・『七大ホムンクルス VS. 国家錬金術師軍団』 
・ショートコレクション『宴会篇』『子供篇』
 
あの~、さりげな~く、『実写篇』が削除されてますが…。そんなに不評だったんかい(爆)
んー、おそらく、「うっかり記載モレ」に100センズ(安っ)。
これが本当ーっにカットされているんだったら笑えるぞっ。
となった場合、鎧アルのお尻振り振りのエンディングは果たしてあるのか、非常に気になるところです。
 
□■ 音楽(8 DISCS)■□
①『鋼の錬金術師 COMPLETE BEST』+2曲 
・TV主題歌全8曲+劇場版OP/ED 2曲を初めて収録したコンピCD 
・TV版ノンクレジットOP/EDを収録したDVD
  
イエジェネのアルバム『ポートレイト』(だっけ?)収録の『扉の向こうへ』は未収録なのね。やっぱり。
意外とあまり知られないまま消えていったけど。
間奏に、朴さんと理恵ちゃんによる歌の歌詞の断片やエドとアルの台詞が入っていて鋼とのコラボ曲だったんだけどなぁ。
イエジェネ解散しちゃったし、結構希少価値だと思うんだけどなあ。
  
□■ クロニクルブック(約148P)■□ 
・原画や動画、広告や宣伝物を掲載したアートワーク集 
・TVから劇場版まで「ハガレンブーム」を追った「鋼」クロニクル集 
・荒川弘の新作4コマ漫画
  
4コマ漫画集じゃなくて、4コマ漫画が1つきりなんかしら? TV版DVDの時みたいに。
いやいや、多くは望むまいよ。うん。
    
 
他に、リヒがらみ(経由)でふたつほど情報を。
 
■「花より男子」フェアなんでしょうかね。今日のYahoo!トップにて。
小栗旬の出演作をチェックなんてタイトルのリンクがありました。 
どうやら出演作リストに一部モレがあるようなんですが。
劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者は、ちゃんとリストに入ってましたよ~(^O^)/
 
作品紹介が当時のままなので(当たり前すが)「原作が7巻累計1,100万部のベストセラー」とあるのが懐かしい~。あの頃はまだそんな巻数でしたっけねぇ。
そういえばちょど7巻でしたっけ? 宮部さんが帯に推薦文を書いてたのは。
 
これを機会にリヒファン経由おぐりんファンの方(笑)、レビューを投稿されてみてはいかがでしょ?
レビューは新規入力順に表示されるので、今なら、いい鋼の宣伝になりそうだよ~。
 
 
■さらにリヒファン経由ロケットファンの方
こんな情報はいかがでしょ?
JAXA宇宙飛行士 野口聡一さんの宇宙授業参加者募集!!
7月16日(水)5時、講談社にて開催
一応子供向きのイベントのようですので、我が子や甥っ子姪っ子をダシに参加されるなんてのもいかがと。
 
 
出来れば次は、今月号の感想とユリイカの感想をあげたいよー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/25

サイン会

朗読アルバム「少年」発売記念 朴ろ美サイン会
6月29日 アニメイト池袋店だそうです。ちょっと時期が悪くて行けませんですがな。
まだ渋谷のアニメイトの整理券は残っているようですよ。行きたい方はお早めに~。
 
プリンセス・プリンセス
朴さんが出演してた作品です。
yahoo!動画で今なら無料配信だとか。見そびれたかいかがっすか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上半期のベストセラー

アマゾンベストセラー:「のだめ」上半期トップ 「ハガレン」「もやしもん」も上位 マンガ部門
『のだめ』はアニメ化ドラマ化されてからまだまだ日が浅いし、『もやしもん』は限定版。
他にもここ最近他メディアとタイアップされた作品や、最近話題になった作品多し。
多分アニメ化された作品の中で『鋼』が一番、その時期が古いんじゃない??
 
もうアニメの話で話題になる事もなく(ここ最近DVDBOXで再浮上してるけどね)、いわば他メディアによる広告塔を持たない状態でのこの奮闘ぶりっ。
ホントに純粋に、マンガの面白さだけで読者をここまで牽引しているって事ですよねっ。
 
それが何よりすごいっ。
 
◇2008上半期アマゾンコミックランキング
1位 のだめカンタービレ 20巻 二ノ宮知子 講談社
2位 鋼の錬金術師 19巻 荒川弘 スクウェア・エニックス
3位 もやしもん 6巻 限定版ぬいぐるみ付き 石川雅之 講談社
4位 ARIA 12巻 天野こずえ マッグガーデン
5位 魔法先生ネギま! 22巻 限定版 赤松健 講談社
6位 ハンター×ハンター 25巻 冨樫義博 集英社
7位 きょうの猫村さん 3巻 ほしよりこ マガジンハウス
8位 ワンピース 49巻 尾田栄一郎 集英社
9位 おおきく振りかぶって 9巻 ひぐちアサ 講談社
10位 PLUTO 5巻 浦沢直樹 小学館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/20

DVD-BOX発売

ちと出遅れましたが。
yahoo!ニュースでも紹介されてました。
鋼の錬金術師、コンプリートBOX予約開始6月19日9時1分配信
  
「鋼の錬金術師」が劇場版のBlu-ray版も含む完全DVD-BOX化6月18日22時32分配信
  
18日の時点ではエラーになっていた、予告も見れるようになりました。
ひさしぶりのエド声に、ニマニマ。
第1弾ってことは、他にもバージョンがあるって事ですよねっ。
第1弾がエドってことは、第2弾がアルで、第三弾がロイ……。
なんて事になっていたら嬉しいんだけどなぁ。
  
ところで。
これって裏鋼とか、DVD初回特典だった声優さんのインタビューDVDとかは未収録なんだろか?
劇場版もオーディオコメンタリーバージョンとか、声優さんの対談とか、トレーラーは無し?
当時の購入者を尊重して入れない、なんて可能性の方が高いのかな?
  
テレビシリーズも、劇場版も、プレミアムコレクションも、コンピレーションアルバムも、サントラも、キャラソンベストも持ってるし、プレス向け資料は持ってないけど、劇場版チラシとかチケットの半券とかとってある。
なんてファンは私以外にも多いだろうし。となれば。
 
BOX限定特典DISC (DVD)
  
これの為に68,250円…。これがハズレだったらかなりイタイ出費でしてよっ。
期待してますからねっ。
 
せめて、TV版のオーディオコメンタリーバージョンとか入れてくれたらいいのにー、と思うけど。
さすがに、今から51話分を録るなんて鬼だよなぁ(笑)。
  
あ、あれを入れて欲しいっ。期間限定で公開されていた劇場版予告。
冬フェスの最後に流れていたやつ。覚えてません?
 
朴さんが「ジャンバラヤ」って言えって言われたとか。
水島監督と、南Pが、劇場版の台詞の中で一番気に入っているのは何か? って質問に答えていたやつ。
確か、水島監督が「僕は僕だ。確かにここにいる。 忘れないで」で、南Pが「誰が18にもなってドチビやねん」(あれ? 台詞合ってる?)
あれだけは、劇場版にも収録されていなくて悔しかったんですよ。
 
あれがもう一度みたい。
 
あと、これは噂というか情報でしか知らないんだけど。
鋼のアニメ放映開始前に特番があったとか。理恵ちゃん(の声)がナビだったって聞いているのだけど。
それも見られるものなら見たい。(劇場版特番のかっちゃんとか、荒俣さんが出ていたやつはどーでもいいですが・笑)
 
映像とか音源で、商業化されていないものって結構まだまだあるんですよねぇ。
夏フェスとか、MSNとかソニーのイベント関係とか。
ラヂオの錬金術師とか、ハガレン放送局のフル収録とか。
スポンサーや製作が違うから仕方がないんだろうけれど。
そのあたりも全部ひっくるめたコンプリ版なんて出してくれたら、6万どころか、そうだなぁ、20万くらいまでだったら買うのもやぶさかではないんだけどなぁ。
 
今日は退社後、高速バスで京都までちょっくら行ってくるので、週末の更新はないです。多分。
今月号の感想とか、ユリイカの感想とか、他にも色々書きたい記事があるのにー。
 
参照:鋼の錬金術師公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/10

ちょっとした連想ゲームです。

地名の音を、耳に聞こえるままの文字に置き換えるとちょっと面白い。
どこまで意識して牛様が決めたのかとかは分からないですけどね。
何せ、ジャジャジャジャンの人だし(笑)。
多少こじつけっぽくもありますが。

その音からくるイメージと、実際の都市が意外と一致してたりします。
 
 
■リゼンブール
・理・善・プール → 善き理(ことわり)がプールされた場所
・里・全部    → 全て思い出(故郷)
 
   
■リオール
・利・折 → 利の為に手折る
・リオ  → 川(西語)   → 流れに身を任せる
  
 
■イシュヴァラ(ール)
・異種・払(祓) → 異種・異端児を払いのける
・バラ      → 薔薇や茨などの棘棘しい様子
・シュバルツ   → 黒(独語)  → 浅黒い肌
 
  
■ハイドウ村(マルコーが名を変え潜んでいた村)
・廃道 → 人の通らないすたれた道 → 隠遁生活
・ハイドウ → 馬や牛を止まらせるためのかけ声 → 行動の抑止(軍の暴走からの逃走)
 
 
このあたりからは単語を調べて、そこからの連想。
 
 
■ラッシュバレー
・ラッシュ(Rash) → 向こう見ず    → 屋根を渡って逃げるパニーニャのスリ家業
           → 突進する     → ウィンリィの弟子志願
           → (人が)殺到する → にわか景気の街
 
 
■ニュー・オプティン
オプト(opt)     → 選択する(英語) → 機械鎧使用者の選ぶ道
オプトイン(opt-in) → 加わる(英語)  → 軍(ロイ担当の仕事)への参画
 
 
■カウロイ湖(エドとアルが修行した島がある湖)
カウロイ → ムエタイの技のひとつ → 暑い国での闘争
 
 
■ヨック島(エドとアルが修行した島)
ヨック → 免税された(タイの地名 ナコーンナーヨック県のナーヨックは免税された田の意) → 開発遅延地帯 → 鬱蒼とした無人の地
 
 
さらに、ちょっと英語の綴りを変えてみたり。
 
 
■ユースウェル (Youswell) →youthwell
youth  → youthhostel  → 安価で健康的な宿泊施設 / well → よく、立派に、豊かに(英語) → 立派な宿
 

■サウスフッド (South hood) →South food
South → 南 / food  → 足 → 最南端って感じで。

 
■ダブリス (Dublith) →tabris
tabris → 聖書の偽典のエノク書に登場する自由意志の天使、あるいはその守護霊 → 霊はちょっと困るけど、天衣無縫な守護する人がいる場所かな。
 
 
■ブリッグズ
レイモンド・ブリッグズ → 『スノーマン』の作者 → 雪……ですよね
 
 
■クセルクセス
クセルクセス → クセルクセス1世 古代ペルシア帝国の王朝アケメネス朝の王 → まんま、王国で
 
 
■アメストリス
アメストリス → クセルクセス1世の妻 クセルクセスの弟の妻(クセルクセスの浮気相手)を切り刻み殺した
  → 残虐性 → 軍事国家
  → クセルクセスの罪を(クセルクセスが、ではなく)クセルクセスにまつわる人物が購う
ちなみに、息子の名はダリウス(ダレイオス)
  
  
■シン
シン → Xing → Xing(crossing) → (道路標識として)横断歩道、 踏み切り → シン国からの砂漠横断
 
 
連想は難しいけど、鉱物(=錬金術絡み)と思しき名前?
 
■クレタ(creta)
creta → 白亜(羅語) → サンゴや有孔虫などの微生物が海水中の炭酸水素カルシウムを分解して作った炭酸カルシウムの骨格が長年にわたって海底に堆積してできた鉱物
 
 
■ドラクマ(Drachma)
ドラクマ → 通貨の単位(羅語) drakhme(希語)、銀貨 「つかむ」「ドゥラットー」に由来
  
 
■アエルゴ (Aerugo)
アエルゴ → 緑青(羅語) → 銅が酸化することで生成する青緑色の銹
 
 
 
おまけ 宗教を絡めて四方山話
 
■クレタ(creta)
クレタ人 → 自己言及のパラドックス →

『彼ら(=クレタ人)のうちの一人、預言者自身が次のように言いました。
「クレタ人はいつもうそつき、 悪い獣、怠惰な大食漢だ」
この言葉は当たってます。だから、彼らを厳しく戒めて、信仰を健全に保たせ、ユダヤ人の作り話や、真理に背を向けている者の掟に心を奪われないようにさせなさい。』
新約聖書中の「テトスへの手紙」より

 
「怠惰」=スロース、「大食漢」=グラトニーが出てくるのは何か意味があると面白いんですけどね。  
   
 
■ドラクマ(Drachma)
"Then the sons are exempt," Jesus said to him. "But so that we may not offend them, go to the lake and throw out your line. Take the first fish you catch; open its mouth and you will find a four--drachma coin. Take it and give it to them for my tax and yours."
「しかし, 彼らにつまずきを 與えないために, 湖に 行って 釣りをして, 最初に 釣れた 魚を 取りなさい. その 口をあけると スタテル 一枚が 見つかるから, それを 取って, わたしとあなたとの 分として 納めなさい. 」
マタイによる福音書17:27より

 
宮の納入金を集める人たちに「税金を払わないのか?」と聞かれ、
釣った魚の口をあけると1スタテルコインが見付かるから、それをわたし(Jesus)とあなた(Peter)の税金として納めなさい。とイエスが言った、という内容らしいです。
4ドラクマが1スタテル。1ドラクマが当時の日給なのだとか。
 
ちなみに。
魚はキリスト教のシンボルのひとつです。
  
魚:ギリシャ語でイクトゥス(IXOYC)と言います。
垂直に並べたこの単語の各々の文字はアクロスティコでイエス・キリスト、神の子、救い主という意味が含まれているものです。アクロスティコはギリシャ語の一つの言葉で、各行、各段落にある最初の文字を意味しています。魚はキリスト教の信仰の概要を表しているシンボルです。

 
灌漑用水路が必要な地で「魚」なんて言葉がさらっと出たのか違和感だったのだけど。
   
例えば、マタイの福音から由来して「魚を捕まえる」=賃金を得る。
3匹なら、3匹×4ドラクマ=12ドラクマ 12日分の給金を得る、なんて意味に繋がっているのだとしたら、かなり実用的な(奴隷が知りたがる)単語として納得がいくのだけどなぁ。
    
ところで全然関係ないけど。
もしかして「ドラッグ&ドロップ」の「ドラッグ」って「ドラクマ」からの派生なんだろか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/09

神楽兄が、エドにしか見えない件について

JUMP本誌で「銀魂」読んでる方いませんか? いません??
もしコミックス派でネタバレは困る、なんて方がいましたら、ぐるっと回れ右してくださいまし。
大丈夫な方は、ぐぐっとスクロール、よろしく。 
 
 
 
     
  
  
 
  
 
 
先々週号あたりから登場している、神楽兄が、私の目にはどー見ても、エドにしか見えないんですが。
 
三つ編みしてるし、アンテナあるし、黒のスタンドカラーだし、釣り目だしぃぃぃっ。
うわー、うわーアニメ化する際には、是非声を朴さんにぃぃぃっ。
神楽の声はくぎゅだし、「バカ兄」とか言ってるし。うきゃー萌えるわ~。
 
あーあ、これでチビだったら完璧なのになぁ~。身長は普通っぽいんだよね。
  
今の所、思いっきり悪役なんですけど。
でも神楽兄だから、最後には改心したり……しないだろか?
んでもって、神楽父みたいに、神楽にベタ甘になったりしてねー。
いやん見たいなー、アニメで。
その時の声は是非朴さんに(ってしつこいってば)。
  
なーんて思って今週号を読んだら。
 
エドはエドでも、某アルエドサークルT●ICKYさまの、可憐ちゃんに激似な事が発覚。
目、開くとちょっとコワ過ぎで違うんですけどね。
「邪魔すると 殺しちゃうぞ」なんて語尾にハートマークが付きそうな口調、むちゃくちゃバイオレンスなパワー、うわ可憐ちゃんだよ、可憐ちゃん。
 
紙面をUPしてるブロガーさんを見つけたのでURLをこっそりコピペ。
http://hanarina.blog121.fc2.com/blog-entry-19.html
  
ね? ね?、私の目は腐ってるわけじゃないでしょ?
ホントにそう見えるんですってば。
ホントに、多分、きっと、腐って……ないと……思うよ、うん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/06/08

ユリイカの感想前に

感想書こうとは思っているんですが。その前に次のガンガンが出ちゃいそうですが(笑)
『ユリイカ』の記事は全部読まれましたか?
牛さまのインタビュー以外は特に興味ないからいいわ、という方には不要ですが。
 
p52掲載の「マンガにおける視点と主体をめぐって」という夏目さん宮本さん泉さんの鼎談ですが、これ図版がないから分かりづらいんだけどなぁ、と思っていたら。
泉さんがご自分のブログに図版を掲載されてましたよ。
ユリイカ「マンガ批評の新展開」特集号について、泉信行から~その1~
これは、是非『ユリイカ』紙面で見たかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/07

小学館って??

小学館とは決別?「金色のガッシュ!!」作者にオファー殺到
 
なんて記事があって。何かあったんだなぁと思っていたら。
 
金色のガッシュ!!:作者の雷句誠さんが原画紛失の小学館提訴
 
なんて記事がでて、ついに。本人がブログで。
 
(株)小学館を提訴。
 
 
う、牛さま~。お願い、『鋼』終わっても、小学館には移らないで~。
 
前にブロガー仲間とお話する機会が会った時に、スクエニはマンガ家の売り方が上手くないよねぇ(『ガンガン』で読めるマンガ少ないし)なんて話をしていて、『RAIDEN』経由で小学館に移ったりしないかなぁ、とかなんとかそんな話になったのだけど。
うわー、ダメダメ、ダメったらダメ。

主観とかもあると思うし、雷句さんの言い分の全てが正しいのかなんて分からないけど。
昔買ってた同人作家さんで、サンデーで賞を獲ってデビューが決まっていたんだけど、担当さんの趣味でジャンルを決められてもめにもめて結局デビューを取りやめたって方がいたのを思い出しちゃったよ。
うわーん、信憑性ありすぎ。
『RAIDEN』の原稿、今のうち引き取った方がいいんと違う?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/06/05

ガンガン2008年06月号 鋼の錬金術師第83話「約束の日」ネタバレ感想

このタイミングで今月号のネタバレ感想です。いやだってもう全然暇が取れないんだもん。
帰宅してPCを立ち上げて風呂に入るんだけど、あがった頃にはそのまま就眠を何度やったっけ?
あんな記事とかこんな記事とか溜め込み過ぎだぜ、自分……orz。
読み直してる暇もないので、文章が変だったらすんません。
ということで感想、感想。


■ダリウスだ
やっと名前デターー!


■非常食がカラッポだ。
非常食……だよねぇ? 箱はまあカロリー●イトじゃないが、ビスケットとかその手の固形物だとして。
その散らばってる本状態のものはなんなん???
まさか靴を茹でて食ってからこっち、紙まで食えるようになったわけじゃ……んなわけないか。
 
 
■俺の素人考えだが… そこにおまえ達兄弟で飛び込めば二人共元の身体に戻れるんじゃないカ?
前にグラトニーの腹の中で書いた人体錬成の錬成陣はエドをエドに錬成した。
通行料はエンヴィーの身体についている人の魂。
 
お父様に対価を払わせ、さらに前回2回分の対価も支払わせれば肉体を返してもらえるというのは計算上は確かに成り立つのだけど。
 
真理の扉の前のあのガリガリのアルを引っ張ってきたとして、魂のアルと肉体のアルの錬成はどうやるの? エドは? アニメのラースじゃないけど真理君から手足をもぎ取るのか? どうやって引っ付けるの?

となると。
やっぱり、今回も自分で自分を錬成する人体錬成を行うってことだよなぁ。

前回エドが肋骨を直してもらったり、アルが腕を直してもらったのはあれが賢者の石によるものと思わなかったからだけど。
それを知った上でそれほどまでの対価をお父様の賢者の石で支払う事に抵抗はないか、って。あとはもうそこだけなんだろうな。
 
 
■ランファンにあの伝言ヲ…渡してくれたカ?
すげぇ。グリードに乗っ取られるその瞬間ですら、リンは賢者の石を手に入れられると思っているわけだ。
勿論、自分の体内に賢者の石があるってことだけで何とかなると思っているわけじゃなく。
ちゃんと王位継承の為の取引材料として使えると思っているってことだろうし。
リンが母国に帰還した際にどう交渉するつもりなのか気になる。
 
 
■すまなイ…奴の意識が強くなってきタ ここまデ……
はい、注目~。次のコマでいきなり髪型が変わります(笑)
リンの時は右分け、グリードの時は左分け、ちゃんと変えて描いてあるんですよねぇ。
眼のキツさにばかり目がいって、今回初めて気が付いたわ。
これはマンガ的表現ってことでいいんですよね。
それとも細胞レベルで切り替わる、とか?
 
 
■仲間にならねーか?
これすごい唐突じゃない?
普通「おい」って呼びとめるでもなく「なら」とグリードの台詞を受けるでもない。
思わずコマ戻って確認しちゃったよ。

頭で考える前に本心がぽろっとこぼれた感じにもとれるんだけど。
そんな描写もないし。

呼びかけるっていうのは、ようはその間に逡巡しているって事なんだよね。
ずばっと言いだす度胸が出ない。でも相手に立ち去って欲しくない。絶対言わなくちゃいけない言葉がある。
でも話を切り出す覚悟が出来てない。
その覚悟が出来る時間的猶予が欲しくて、まずとりあえず引き止めるために声をかける。

だから。これはエドにとって覚悟とか度胸とかそんなものがいるような内容ではすでになかったって事。

あるいは。
そう思わせるようわざと言ったのかもしれない。
交渉が上手くなったというか、他人の懐に飛び込むのが上手くなったというか。
人に甘えるのが上手くなったなぁ(笑)。

別に今までアル以外の他人に心を許していなかったわけじゃないけど。
全て自業自得とか、自分達の事に他人を巻き込まない(と言いつつ色々人を巻き込んでるけど・笑)とか。
2人で考えて2人で決めて2人で動いて、あくまでも他の人達には一時的な協力を求めるだけだったのに。
自分達の事に他人を関わらせる事への躊躇がなくなっている。
関わらせても自分が守ってやれると思えるほど自分の力に自信が持てるようになったのか。それとも自分に関わったくらいで死ぬほど人は弱くないと思えるようになったのか。
心境の変化だねぇ。自分も他人も信頼出来るようになったって事なのかな。
 
 
■行くとこ無いなら一緒に来いよ
すみません。スーダラ節が浮かびましたよ(爆)
♪金がない奴は俺んとこ来い。俺もないけど心配すんな♪
あはは、器がでかい、でかい。
  
 
■あれ? 今この場にノーマルってオレひとり? 少数派?
ノーマルってあんた、ビックリ人間の万国ビックリショーが何を(笑)
 
  
■俺の中にはこんなに魂が沢山あるのにあの記憶の混乱以降なんか空っぽでよ…
ふと思い浮かんだのが、アニメアルの台詞。
 
「確かにボクは空っぽですけど でも 空しくなんかない」
 
まるで呼応しているようだなぁ。
こんな風に水面下での、アニメと原作のキャッチボールがあるから。
アニハガの矛盾とか破綻とか、そんなもん私にはどーでもよくなるんだよなぁ。
 
 
■オレが小さいんじゃなくて世の中がデカいんだよ チクショー!!
いや、それって。オレが悪いんじゃない世界が間違ってるんだーとか言う犯罪者と紙一重ですが(笑)。
とりあえず、背が低い事も認められるようになったし、世の中がデカいって事は分かってきたようで。
 
 
■感情にまかせてチャンスと情報を失う訳にゃいかねーだろ? 千載一遇のチャンスをよ!
初めてグリードにあった時、アルが元に戻せるかもしれない千載一遇のチャンスを、感情にかまけてふいにした人間の言葉とはとても、とても(笑)
ふふふ、同じ轍は踏まない。ちゃんと成長してるじゃん。
 
 
■へぇかっこいいじゃねーか
特にグリードファンというわけではなかったので、今までデビルズネストの連中がどうしてあそこまでグリードに従ってきたのか別に興味無かったんですけど。
 
うん。こりゃ惚れるわ。惚れるだろ。
 
自分の意思に関係なく動物と融合させられて、そんな自分を肯定出来ない奴らが。
ここまであっさり、自分を肯定する言葉をさらっと言われたら。
そりゃ惚れるだろ。
きっとこれがビドーでも同じ事をグリードは言ったんだろう。
世界はみんなオレのものだから、世界に存在するものに対して否定意見を持たない。
トップに立つ器だったとは思わないけれど。いい兄貴分だったんだろうな。
 
 
■隠居なされよ 父上
この辺りの流れはほぼ予想通り。前に「家には寄らないのか」の台詞があったからね。
 
でも。気になったのが屋敷そのものを人質に取られる可能性が考慮されていないこと。
使用人達には何かあってもいいのか?
所詮使用人なんて「見えない人」なのか?
それとも、そこまでは手を出さないだろうと判断出来るような事があったのか。
ちょっとね。そのあたりやっぱり上級階層出身の人なんだな、と。
思ってしまうので、なんとかしてください。オリヴィエ様。
 
 
■敗者は去れ! この館は私の物だ。
言い換えれば、矢面には自分が立つ。お前には譲らん。
そう言っているのだろうけれど。
それでも、少佐にバカンスのお供をしろとは言わないのだから。
自分に敗けたくなくば、戦場に残れ。
ということでもあるのだと思う。
 
んーとですね。
異論はあると思うのだけど。
自分が運動というか踊りをやっているからっていうのもあると思うんだけど。
結構仲間うちで、筋肉がついた、つかないなんて話をするのですよ。
見せ合ったり、触りあったりとかね(笑)。
それって結局どういうことかっていうと。
踊りきる為の力がついている、ってことの証明のようなものなわけで。
だから少佐が筋肉を見せるのって、自分は今度こそ戦いで逃げたりしない。
いつだって声がかかれば、常に戦いの為の準備は出来ている。
それを見せる為の示威行為に見えるんだよねえ。
 
だから「腰抜け」とか言いつつ、オリヴィエは少佐をバカンスのお供にはしなかった。
んじゃないかな。
 
 
■そうそうアルフォンス君とホーエンハイムさんて人から伝言がありますよ
はてさて。イズミたちが北にいるのは分かった。
でも、これってどのタイミングで決まった事なんだろ?
 
まだアルと再会せずブリッグズの状況を知らなかったホーエンハイムに、北という選択肢はあったのか?
勿論、ホーエンハイムがあの国家練成陣に気づき最後の砦となるであろうと気づいていたからそこに行かせた、というのもありえる話だけれど。
イズミがアルの伝言役である処を見ると、ホーエンハイムとアルが合流した後、イズミ達の行き先は決まったんだろう。
ってことはさ。
イズミ達がホーエンハイムと別れた後にも、きっと何か暗躍していたって事じゃないの???
ふふふ、楽しみ~。
 
ところですごいのが。シグさん。どこでホーパパと出会ったのか不明だけど、少なくともリオールよりは南のはず(ホーパパがシグさんと会った時はマフラーをしていないのに、リオールではしている)なのに。服装変わってないんですが。イズミは流石にコート着てるし靴も雪仕様になってるのに。
この人、暑さ寒さって関係ないんだろか(笑)
 
 
■「何者だ!!」「主婦だハートマーク」「・・・だそうです」
いやもう、お約束過ぎて、爆笑~。
 
 
■黒眼鏡ソリコミイシュヴァール系
イシュヴァール系。
こういう表現がアルっぽいなぁと思う。
うん。誰も傷つけない、傷つかせない言葉をちゃんと選んでいる。
 
 
■久しぶりレベッカ
えーと、セントラルシティとイーストシティだと、どのくらいだったかな。
前に、3巻でエドとアルとアームストロング少佐がリゼンブールを朝に発って15時にセントラルに
ついてるんだよねぇ。
なので7時~9時間。リゼンブールは田舎だから、イーストシティまでまあ、2時間くらいと見ても。
イーストシティからセントラルシティまでは5時~7時間ってトコかな。
一応軍のお金で行ったんだろうから、鈍行とかじゃなくそこそこ速い最短ルートの汽車なんだろけど。
往復10~14時間くらいかけての壮大な伝言。すげっ。
そしてリザの私服~。似合ってないわけではないんだけど。
こう、若さってもんが…。
いや、その。子供の授業参観じゃないんだから。
もっとカジュアルなデザインでもいいと思うんですが。
リザって名前のセンス以外にも(以下略)?
 
 
■んで時期をずらして次は東方担当で東で合同演習やるみたい
きたきたきたっぁぁぁっ!!!
東部に集結っ。東部にっ。
ついに、イシュヴァール殲滅戦を潜り抜けた屈強の軍隊登場っすか?
 
 
■あとハボック少尉によろしく!!
何、その伝言~(笑)
東方司令部すら、ハボックに伝えれば、ロイに伝わるって思われているってことですか?
公認? 公認ですか?
 
いやいや、ハボックは退役して軍上層部からノーマークな分、伝令として有効利用が可能だ。
ここで話から退場するなんて有り得ない。
なんて話は、私もさんざんしてきましたけどね。
ロイ直属のバイパスとは思いもしませんでしたよ(爆)。
しかも、ホントに居るしっ!! 伝言のタイムロス・ゼロだし!!
そして。 
 
 
■東部の病院に移ろうと思ってるんスよ
おおっと、ここにも東部に向かう男ができたっ。
 
 
■大差がここに来たらよろしく言っておいて
そしてここでも「よろしく」が(笑)。
 
 
■ガキの頃を思い出して一本
二十歳の禁煙ですか? っていうのと同時にね。
東方司令部では日頃からこんな伝言ゲームを常時やらされて鍛えられていたんじゃないかとか。
そんな風にも取れるよなぁ、って思った。
 
 
■伝言ゲーム
どこまでが作為なのかなぁ。
 
ブラックハヤテ号を連れて行った事とか。
ロイとリザがちょうど同じ時間にハボックの病室にいたこととか。
ハボックの病室が1人部屋ではないのに、1人部屋としてあてがわれていることとか。
  
リザはレベッカが帰るまでブラックハヤテ号の首輪に付けられた伝言に気づかなかったし。
ロイは一度ハボの煙草を断っていたから、伝言を受け取るつもりで病室に来たわけじゃない事は分かる。
となれば、やっぱり、その場その場の対応で上手く循環したってことなんだよね。
 
目の前で何か行動がおこしたなら必ずそこには意味はある。
その緊張感だけをずっと維持してアンテナを張って、虎視眈々としている。
ちょい違うけど、忠臣蔵が頭を過ぎったんですが。
海外映画でもこの手のシーンはありそうじゃん、と思いつつやっぱりどこか浪花節な気がする(笑)。
 
 
■年を越して来春………約束のその日ーーー
「約束の日」が何を差すのか。
みんなが約束して決起するから「約束の日」?
何か言葉として不自然な気がするんだよなぁ。
 
「結束の日」とかの方がまだしっくりくる。
「約束」って言葉はもっと柔らかい印象があるんだよね。
指きりげんまんとか。
プライベートな処で人と人とが交わすのが「約束」なんじゃない?
エドとアルが一緒に元の身体に戻ろうと「約束」しているように。

んで、浮かぶのが、ホーエンハイムとトリシャとの間で交わされた「約束」。
「あの人に約束守れなかったって…先に逝きます ごめんなさいって」
そう言っていた、あのトリシャの「約束」。
「死ぬときは一緒に死のう」とかそんな約束だと単純に思っていたのだけど。
何か他に隠されているものがあったんじゃないかな?
特定のある日に対し何らかの約束を。
 
メタな視線から人々が来春に向かい結束する様子を「約束の日」と捕らえるように描かれているけど。
それってミスリードなのかも?
 
だってシグさんの台詞にある。「「約束の日」か…」って。
「約束」って一方的にするものじゃないでしょ?
互いに了承してはじめて成り立つものだもの。
だったら、ホーエンハイムとアルが軍に情報伝達をしようがその時点では、それは「約束」ではなくて「お願い」とか「伝達事項」でしかない。
なら。「約束」自体はもっと前から交わされていたものである可能性、あるよね。

例えば、ホーエンハイムに再会したイズミとシグが、全てを打ち明けられた時に彼が語った言葉の中にあったのかもしれない。
「妻と交わした「約束の日」まであともう少しなんだ。彼女はその日を見届けず逝ってしまった。力を貸して欲しい」
そんな台詞を想像した方がしっくりくると思いません?


■サブタイル
ズンチャチャ、ズンチャ デケデケデケデケ
♪きっみの手で~、切り裂いて~ とっおい日の記憶を~
って頭の中を流れませんでした???(笑)
 
アニハガ第1話みたいに、最後にオープニングが来ちゃう感じ。
最終章の壮大なプロローグ?
もしくは、最終章前の章のエピローグ?
さあこれから本編本番行くぞー、という感じが小気味いい。
 
読み終わってまず思ったのが。
ガンガン公式サイトで、どのページを扉絵として掲載するんだろ? でした(爆)
(通常タイトルページですからねぇ)
答えはこちらっ。
ttp://gangan.square-enix.co.jp/lineup/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »