« ガンガン2008年09月号 鋼の錬金術師第86話「闇の使者」ネタバレ感想 | トップページ | コミックマーケット準備会からの »

約束の日 仮説

ほんの少しだけど、今月号(9月号)のネタバレを含んでいます。
あ、6月号のネタバレも含んでるな。コミックス未収録分なので、未読の方、お気をつけくださいませ。
 
さて。
リザの背中の刺青に書かれている言語。
これは「Libera me(=我を救い給え)」というラテン語の詩。

多分、当初これに気づいた人は多いかも?
でも当時はまだ、ホーエンハイムの事が明かされていなかったから。
 
知ってるよ、って人たちも、今、もう一度読んでみるといいと思う。
 
以下はこちらより引用
 
Libera me, Domine, de morte aeterna,
私を解放してください、主よ、永遠の死から。
 
in die illa tremenda,
その恐ろしい日、
 
quando coeli movendi sunt et terra,
天と地とが震え動くその時、
 
dum veneris judicare, saeculum per ignem.
主が来られて、この世を火によって裁かれる時。
 
Tremens factus sum ego, et timeo,
私は恐れ、そしておののきます。
 
dum discussio venerit, atque ventura ira.
来るべき裁きの時、来るべき怒りの時。
 
quando coeli movendi sunt et terra,
天と地とが震え動くその時
 
Dies illa, dies irae,
その日こそ、怒りの日、
 
calamitatis et miseriae,
災いの日、不幸の日、
 
dies magna et amara valde.
おおいなる日、嘆きの日。
 
dum veneris judicare
主が来られて
 
saeculum per ignem.
この世を火によって裁かれる時。
 
Requiem aeternam dona eis, Domine,
永遠の安息を彼らに与えてください、主よ、
 
et lux perpetua luceat eis.
そして絶えざる光が彼らを照らしますように。
 
Libera me, Domine, de morte aeterna,
私を解放してください、主よ、永遠の死から。
 
in die illa tremenda,
その恐ろしい日、
 
quando coeli movendi sunt et terra,
天と地とが震え動くその時、
 
dum veneris judicare, saeculum per ignem.
主が来られて、この世を火によって裁かれる時。
 
 
読まれましたか? さて、どう思いました??
まさにホーエンハイムを指しているようだと思いませんか?
お父様が人体練成を行ったあの日を思い出すし。
ホーエンハイムが願う約束の日、そのものを指しているようにも思える。
「永遠の命」とはすなわち「永遠の死」。
 
なら「天と地とが震え動く」。
それは、地震を指しているんじゃないの?
 
ホーエンハイムはアルに「上を見上げろ」と言った。
コマに描かれていたのは、レト神の像と鳥と青空。何もおかしくない普通の風景。
その普通の風景から鳥がいなくなったらどうなるだろう?
 
空から鳥がいなくなった日。
沈没する船からネズミが逃げ出すように、地震の前触れ感じ、鳥がアメストリスからいなくなる日が。
その日が「来るべき日」「約束の日」じゃないのかな?
  
私は捻くれ者だから「空を見ろ」と言われると「地」を見てしまう(笑)。
マルコーは地震や火山などで放出される地中エネルギーを使うのが、アメストリスの錬金術だと言った。
一度私はこれを否定したけど。
この原理をもし本当だととるならば。
 
大地震が起きた時、錬金術は最強の力を発揮する事が出来るんじゃないの?
そしてホーエンハイムは地震を誘発させる為に、賢者の石を地に流し込んでいたのだとしたらどうだろう。
エドの錬金術が地を流れホーエンハイムの元まで届いたのも、地面の中が活性化されているからじゃないのか。
 
ちょっとそんな事を考えついたのだけど。いかがでしょ?

« ガンガン2008年09月号 鋼の錬金術師第86話「闇の使者」ネタバレ感想 | トップページ | コミックマーケット準備会からの »

コメント

りほ様こんにちは!
私も約束の日というフレーズからレクイエムを思い出しました(美しいフォーレよりあざとい盛り上げなヴェルディが好き(笑))。が、リザの背の文句はすっかり意識の外だったので、りほ様の指摘でなるほど、と。
錬金術のエネルギーは地殻変動、という説明は、アニメと違うということをはっきりさせるための理屈と軽く流していましたが、こうやって並べられると、説得力ありますね…!
地震を起こすのはホーエンハイムよりお父様なんじゃないかしら?ホーエンハイムはその災厄を抑える、あるいは「元に戻す」のではないかなと。彼は錬金術師であると同時に、錬丹術の始祖だから。
はー、もしこの予想が本当なら、もう、ありとあらゆる設定が油断できないわ…!

歌猫さま こんにちは
レスが遅くなってすみません。
私の場合、もともと約束の日とは全然関係なく、何が謎のまま保留になっていたか調べていたら、リザの刺青の詩が出てきて。
あれ? そういえば……。となった次第です。
謎は、時々蒸し干ししないとダメですね(笑)。

>地震を起こすのはホーエンハイムよりお父様なんじゃないかしら?
そういう持っていき方もありかも、ですよね。まだまだ謎多しっ。
 
ただ気になっているのが「逆転の練成陣」という言葉で。「逆に転じる」ということはまず先に「順方向」への動きが無ければ「逆転」とは言わない。

なのでカウンターアタックのようなものを想像しています。
お父様が起す力抑えるのではなく、その流れを利用する事で、逆に転じさせるのかな、と。
イズミ師匠言うところの、流れに逆らわない力の使い方により本来あるべき形に導くというか。うーん、まだまだ漠然としていますが。
そんな感じです。

地殻変動は私もすっぱり切捨てていたものを、そういえば仮説の補強にはなるなぁと引っ張ってきたんですが。
今回の仮説は、まず結論ありきで書いているので、信憑性は低いかなぁ。
私が謎解きで堕ちいる典型的なパターンなので(笑)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 約束の日 仮説:

« ガンガン2008年09月号 鋼の錬金術師第86話「闇の使者」ネタバレ感想 | トップページ | コミックマーケット準備会からの »