« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008/11/24

チェックリスト くぎみー編

1月以降のくぎみーのお仕事関係。
自分用メモです。

《1月放送開始》
ヘタリア
リヒテンシュタイン
キッズステーション
2009年1月24日(土)25:52~26:00

マリア様がみてる 4thシーズン
松平瞳子
U局 AT-X
SPECIAL・CD「マリア様がみてる」Vol.1


《放送時期未定》
咲ーSAKIー
CD版準拠なら、片岡優希

クイーンズブレイド
http://d.hatena.ne.jp/moonphase/20081122
メローナ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

チェックリスト 朴さん編

1月以降の朴さんのお仕事関係。
自分用メモです。
 
《1月放送開始》
WHITE ALBUM
篠塚弥生
 
RIDEBACK-ライドバック-
http://d.hatena.ne.jp/moonphase/20081122
片岡珠代
チバテレビほかU局系
 
ヘタリア
スイス
キッズステーション
2009年1月24日(土)25:52~26:00
 
《OVA》
ウルトラヴァイオレット:コード044
044
笑いっぱなしの90分! 『ウルトラヴァイオレット:コード044』DVD発売記念イベント

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/17

「ぬ」はぬかよろこびの「ぬ」!

今日の早川さんというネット4コママンガがあります。すでに本が2冊出ているんですけどね。
色んなジャンルの本オタな女の子たちがわきゃわきゃとした会話に「あるある」と思ったり、「イタタ」と思ったり、そんなトコロが楽しめる本なんですが。
その中に、SF&ホラー用語集 というページがありまして。
さらにその中の「ぬ」はこんな内容だったりします。ちょっとうろ覚えですが。
 
ぬかよろこび 
期待が裏切られること。新刊情報や映画化情報が出ると一瞬喜ぶが、次に翻訳者は誰だ、監督は誰だ、キャストは誰だと気になって素直に喜べなくなったら、それはもうマニアである。
 
まーさに、今の鋼ファンの実情だよなぁと笑うしかないんですが。

ということですので。
ぬかよろこびかもしれないからね。 公式発表があるまでは話半分に読んでおくように。
 
wikipediaというページがあります。
以外と情報が早く、公式発表されたその日のうちに情報が更新されていたりする、とっても重宝なサイトだったりします。なので。
くぎみーと朴さんの項目は、日頃から新作アニメのキャストチェックをする為に見てたりするんですけど。
以外と釣りやガセは少なく、情報提供者はかなり良心的な方々が多いんだろうなぁと思っているんですが。
 
そこにですね。
 
朴さんのページ朴ロ美-wikipediaには
鋼の錬金術師(アニメ第2期)(エドワード・エルリック)
くぎみーのページ
釘宮理恵-wikipediaには
鋼の錬金術師(アニメ第2期、アルフォンス・エルリック)

 
って書いてあるんですけどっ!!
 
 
ちょ、ちょっと何これ!!!
なんすか? ってか誰が書いたのこれ???
釣り?? それとも誰かの希望的観測?? それともマジ???
マジ?? マジ????????
 
情報ソースはどこ?? 情報ソースを教えろーーーーーー!!!!!!!!
 
ちなみに、豊口さんと大川さん藤原さんをチェックしてみたけど、記載はありませんでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/11/16

ようつべネタです

動画共有サイトに理解のある方だけどうぞ。
 
  
鋼の動画系(MAD、実写、本編などなど全般)は結構こまめにチェックしていた方なんですけど、これは全然知りませんでしたよっ。
埋め込みが無効になっているのでコチラから。
 
TV放映がはじまる前にアニマックスで放送されたものなのかな?
朴さんのナレーションなんですけど、「アルフォンス」の発音が変ー(笑)。
ポルノ、北出菜奈ちゃん、豊口さん、くぎみー、水島監督(出演順)のコメントがあります。
DVDボックスにもこーゆーのを収録して欲しいよなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カレンダー買ったよ

2009年のカレンダーが発売されましたよー。発売日は残業の為敢無く買えず。
翌日の会社帰りにメイトに寄ったら、ラスト2冊でしたわよっ。搬入数少なすぎませんこと?
それともまだバックヤードにはあったのかな?
 
というわけで。
今回の書き下ろしはアメコミ風なのが一枚と。
マフィア再び軍部バージョン。
やっぱ、ロイよりエドの方がマフィアっぽいよなぁ。
ロイは二代目のボンボンって感じ(そのくせ、そつなくこなしてそうだけど)。
別にエドが王者の風格とか、威厳があるとか、そういう意味ではなくて。
単に偉そうだから、なんだろうな(爆)。
 
さてさて。今回はそれ以外にもちょっと面白い趣向になってますぜ。
  
An alchemist is someone who seek the truth って意味分かる?
I had much solitude night alone・・・ は?
  
ファンなら見覚えのある台詞が、1ヵ月に1文。
こんな風に英文になって入ってるんだよぉ。ちょっと洒落てていいなぁと思った。
 
でも。
これが日本語で掲載されていたら、すごく 変 だよね。ちょっと恥ずかしいよ。
とてもパンピー様には見せられないぞっ。
 
ってことは。
もし英語圏のパンピー様がこれを見たら「なんでこの絵にこんな文章が入ってるの?」ってやっぱり不思議に思うんだろうなぁ(笑)
 

コミックスペシャルカレンダー2009 鋼の錬金術師
荒川 弘
スクウェア・エニックス
おすすめ度の平均: 5.0
5 迫力のあるイラスト満載です
5 満足です
5 特典なしは少々寂しいですね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガンガン2008年12月号 鋼の錬金術師第89話「戦士の帰還」ネタバレ感想

はいはい、まずはネタバレ回避文。ってことでガンガンの予告ページの話など。
もしあんな事がなければ、やっぱり来月号がアニメ制作決定発表号になったんだな、という事がすごく分かりやすい来月号の予告でしたな。
「新TVアニメ大特集!」
「ハガレン特製3つ折アニメポスター」
「2ヶ月連続 応募者全員サービス」
ここまで頑張って企画を立てていたんだね。可哀想に。
  
ところでアニメポスターですよ。アニメポスター。
キャラデザが誰かすらまだ公式に発表されていないのにいきなりアニメポスター。
どこまでアニメ情報が公開されるのかなぁ(ボソっ、今度はアニメ誌に先を越されないといいけど)。
アニメ制作の発表は出ても、声優の発表って結構ギリギリだったりする事多いからなぁ。
うーん、気になる気になる。
2ちゃんなら、発売日より2・3日前には投下されるかなぁ。
釣りもめちゃくちゃ多そうだから、結局当てにならんか…。
   
ということで、感想です。感想。
うん、大丈夫。
あーゆー引きの時は絶対今月号にアルの出番はないって覚悟してましたので。
やっぱ寂しいけどね。
 
 
■つーか なんだ この山…
こんなでかかったんだ。
昔、某キャプテン・ハ○ロ○クに出てきたドームを思い出したとか言ってもついて来れる人いないだろうなぁ。
 
 
■うっさいな ブタもデブもゴリもケンカすんなよ
いや、ケンカじゃないし。てか、てめぇがケンカ売ってどうするっ。
   
 
■少なくともあいつらは俺らを見捨てる事はしないからな
うん。実際に見捨てられなかったハインケルが言うからこそ信憑性のある言葉だよね。
 
 
■何よりリンの行方が気になるんだろ
あ、そうか、ランファンが特に気になってるだろうね。って木の上にいたんだ、ランファン。そりゃ気配消しすぎだろ。……って、あれ? じゃあもしかして??? と思って前頁を見直したら。
しっかりいました。エド達が相談していた時も、すぐそばの木の上に。
気配消しすぎー(笑)。
 
 
■たいしたもんだよ お前の弟は
もっともっと褒めて~(笑)
っていうか。
もしもーし。今、春、ですよね。
なんでこいつら、ノースリーブやら半そでやらと、揃いも揃って夏仕様よ。季節感のない奴らめ。
 
 
■アルがふんばってくれてるんだもんな あとは…オレ達がやるだけだ
上手い演出だぁーーー!
そう言いながらエドが赤コートを着るから。
次の言葉が聞こえてくる。
赤コートを作った時のエドの台詞「気合入れてかないと」。
  
  
■にいちゃん にいちゃん
この台詞と、ちみっこ2人の大きな目がぱっと飛び込んできて、一瞬過去回想にいくかと(笑)。
 
 
■「にっしょく」があるんだって
うわー、ホントに日蝕使うのかなぁ。
個人的にはちょっと……なんだよねぇ。
だってすでに色んなブログ様で、日蝕を使うんじゃないかって予想が立ってるんだもの。
牛様の発想は常に読者の想像の斜め上を行ってきたのに、ここだけは読者の想像範囲内だなんて思いたくないよぉ。
ミスリードか、もしくは日蝕がきっかけだとしても、そこから二歩三歩先に立って読者が想像もつかないような事があって欲しいなぁ。
 
 
■まず空気中のチリを導火線代わりに火ダネが飛んで来てな 目的地にドカンよ
へぇ。でさらに、酸素濃度の調節が可能ってことは。
あの爆炎って粉塵爆発の原理だったのか。……あ、気づくの遅すぎ?
 
 
■聞きたかった言葉ではあるが 聞きたくなかったな
だろうね。おかげで言質はとれたのだから。
前に、グラマンが言っていた「このまま事を起せば謀反人扱いにされる」という状況がこれでクリア出来た事になる。
大総統が生きていようが死んでいようがこの際関係ない。
大総統不在の今、大総統夫人を殺す命令を出した。
その時点でクレミン准将は大総統への謀反ありの要注意人物に成り下がり、マスタング組はクレミン准将から大総統夫人を守る正義の味方の構図が出来上がった。
義はマスタング組に移った。
ロイだけが軍服も軍の徽章も身に付けている。
そして上層部の指示に従わざるを得ない軍人達を殺さない慈悲を与えている。
彼は軍人としてすべき事をした。他者はそう受け取るだろう。
国軍大佐ロイ・マスタングは清い英雄にならなければならない。
(だから、すでに軍規を犯している(敵前逃亡、職務放棄など)リザやブレダたちをはじめ東部の仲間は、必要以上に身元を晒さないよう軍服は身に付けてはいない?)
 
 
■わかりませんが貴女の命は我々が必ずお守りします
やってることは腹黒だけどね。
 
 
■大総統が行方不明の件は(略)
やっぱ、大佐が一番背低いんだ(笑)。
 
 
■運動不足…
同じ頭脳派でも、戦火を潜り抜けていたフュリーの方に部があるようで。
 
 
■よし 出るぞ
いや、そこは普通さぁ。肩に担いだ銃筒がきらりと光るとか。
色々方法はあるわけで。
ここで、禿げは光らんだろ、禿げは(笑)。
この、お笑い要員めっ。
 
 
■よりによって手薄になってる西区を…
えーと。あれ? これって誤植?
「西区工場地帯でマスタング大佐が交戦中 多くの兵がそちらに割かれている」って。
交戦中だから、これ以上割ける人員がないって意味では確かにそうなんだけど。
 
 
■屋敷の修理にまぎれて武器と兵を地下に運び入れてた
そそ、そういわれて見ると。85話の1ページ目4コマ目のキャップ被った兄ちゃんが、16巻の最後の方に出てきてる整備師のボビーに似てる………かも?
 
 
■おまえ達どうにもならなくなったら私を置いて逃げろよ 了解!
いい兵隊をもったな、大佐。
 
 
■そんなあなた達にプレゼント(ハート)
キター! レベッカ、カッコいいっ。 男前っ。
 
 
■なんだこれ装甲車!?
装甲車にペイント!! しかも熊、さらにアイスっ! 
ある意味これ痛車だよなぁ。
 
 
■うっさい!金の無い男はあたしを口説くな!
わはは、言ってみたい台詞だぁ(笑)。が初読時の感想。
これが再読時の感想。じゃあ、ハボならokなんじゃね?
とりあえず、あんなブツ仕入れる事が出来る金は持ってるってことじゃん??
 
 
■マリア・ロス少尉 ただいま勝手に帰還しました!!
さらにキター!!
すんげぇ生き生きとした表情。お帰りー。ロス少尉っ。
でも、前ほど女性っぽさが無いというか、少年ぽいというか、ちょっと顔が丸くなってません? 泣きぼくろが色っぽいって感じがなくなってるんだよねぇ。
それだけ向こうでは、来たる日に備え充実した日を過ごしていたのか、牛様が描き方を忘れたのか……???
 
ところで。
「お、サブタイはこれの意味だったんだな」と思わせる為に、わざとロス少尉に「帰還」って言葉を使わせたに1000センズ。
  
  
■でも大佐も街中だから派手に炎を出せなくて…
これははじめから承知の懸案事項だったはずだよね。
85話で、チャーリー達が東から移動してくる時にそんな話してたもの。
「中央市街じゃ大佐の大砲も使い勝手が悪いんじゃないのかねぇ」って。
いきあたりばったりというか。
まあ、ロイが想像していた以上に、戦争経験者の少ない中央軍は腰抜けが多かったって事か。
 
 
■愛されて80年 あなたの町のハボック雑貨店! パンツのゴムから装甲車まで 電話一本でいつでもどこでもお届け参上!
さらにさらにキター!!!
わー、なんかすごいワイルドになってますが。腕とかパンパンに鍛えまくってるし。
あーでも、髭だけのせいじゃないや。口元隠してみても目がすごい鋭角になって、大分人相も雰囲気が変わってるんだ。
これ、松本さんここで多少声変えないとだめなんだろうなぁ。とか即座に思ってしまったあたり、やっぱり声優さんのイメージはいまさら変えられないよぉー。
というのはさておき。
  
マスタング組が散り散りになる事が決まった時点で、ハボの利点は上層部にノーチェックな事。だから散り散りになったマスタング組のパイプを勤めるのがハボの役割になるんじゃねぇ? ってハボエド好きの友人に話して引きとめを図っていたんだけど(結局、別ジャンルに移っちゃたよね、Eさん)。
まさか、マスタング組内どころか、シンとのパイプ役とは。……でかくでたな(にやり)。
  
そんでもって、ブレダの顔がさぁ、他の2人と違って驚いているっていうより、「こいつやりやがったなっ」て表情に見えるのは気のせいかな?
だってさ。ハボが独自にシンとのコネクションを持っているとは思えないんだもの。
後ろの棚を見る限り至って普通の雑貨屋だよ。
それにもし親の代から武器を扱っていたなら、ハボを軍人になんかしなかったはずだよね。
自分の売った武器で自分の子供が死ぬかもしれないような、そんな事態は絶対阻止したいはず。
死の商人を目の前で見ていたら軍人なんて馬鹿らしくてやってられないだろうし。
こんなご時世なら、ハボが家を出ずとも家族が食い扶持に困るような事態は無かったはず。
  
ブレダなら出入国コーディネーターのコネもある。
ロス少尉を見送った中にブレダはいた。
ブレダが餞別代わりに、ハボに自分のコネクションを譲ったんじゃないのかな?
勿論そのあとの武器の仕入れの交渉とか、レベッカとのパイプラインを引いたのだって全部ハボの手柄だ。
人相が悪くなったのも、いままで筋肉バカで通してきたのに、死の商人相手のネゴで鍛えられたせいだったりするんじゃないの?(くすくす)
なにはともあれ、ハボックもお帰りーーー!!
 
ところでパンツのゴムを売るつったら想像するのは普通押し売りじゃね? どんなアコギな商売屋を想像させたいんだよ(笑)。 
   
 
■で? お支払いは? 出世払いだ ツケとけ!
借金が増えてくばっかりよね。ホント気合いれて出世しないとな、大佐!
 
 
■番外編1
結局今のところまだ表舞台に出てきていないのは。
メイちゃん(とエンヴィー)、イズミ夫婦、ファルマン。
ウィンリィと一緒にリゼンブールを移動したブリッグズ兵。 であってるかな?
 
 
■番外編2
結局85話の表紙絵のチェスボード。ハボの後ろに隠れていたのはロス少尉って事でok?
雑誌掲載時って黒が強いから、ベタかと思ったらトーンが張られていた……なんてパターンは良くあるからはっきりした事はいえないんだけど。
ハボの後ろの黒い頭にトーンがちょろっと貼られているんだよね。
だから髪を結んでいるレベッカかな? と思ったんだけど。上着の色から言ったらロス少尉なんだよねぇ。
これはコミックス収録時もう一度チェックかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/03

ボンズ説明会

一部世間を賑わせたボンズのスタッフ情報不正アップロード問題ですが、これについての説明会と質疑応答を11月の8日に行われるそうです。
 
アニメ!アニメ!
ボンズ スタッフ情報の不正アップロードで説明会を開催
公式
スタッフの皆様の情報データアップロードに関する報告
 
悪ぃ。完全にボンズスタッフの中の誰かによるものだと思っていたから(鋼2も事実だったしね)、調査中で押し通して有耶無耶にして内部処理だけしちまうものとばかり思ってました。
本当に本気で、外部によるボンズへの誹謗中傷目的って事で対処するつもりなんだよね。
出てきた処で、元ボンズ社員とかありそうじゃん。
それでもやっぱり今後の仕事の為にも、「元社員による流出ではない=実際に使用されている情報ではない」という証拠だけは出したいって事なのかなぁ。
 
鋼がはじまる頃には綺麗さっぱり片付いていて欲しいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヘタリアアニメ

「ヘタリア」は一応腐女子の嗜み(え?)として読んではいるものの、同人誌やCDドラマ、アニメ情報はまったくスルーしていたんですが。
 
アニメチェックだけはせずにいられない事情が発生致しました。
スイスが朴さんで、リヒテンシュタインがくぎみー ですとっ!!
しかも本編のキャラ紹介だとこんな感じなんですけど。
wikiだとさらにこんな風に書かれているんですよぉぉぉぉ!!

・スイス
リヒテンシュタインを溺愛しており、髪を切っただけでかなりのショックを受けていた。
・リヒテンシュタイン
スイスからは溺愛されている様子が伺えるが、本人もスイスを「兄さま」と呼ぶなど、スイスを慕っている。
スイスに似せた髪型・衣装を気に入っているようだが、幼児体型も相まって男の子に見間違えられたことがある。

 
こ、こ、こ、これがチェックせずにいられるかぁ!!!!
ちなみに原作ではこんな感じ。ディープリンクOKとはありがたや。
リヒテンシュタインの兄バカ日誌
リヒテンシュタインとふしぎなお兄様
あ、ちなみに腐女子なハンガリー 役は根谷美智子さんだそうで。
ハンガリーさんと乙女心
あの声で、これってギャップ萌え狙いか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

羊でおやすみシリーズ vol.20

来年1月に発売される、「羊でおやすみシリーズ vol.20」ですが、朴さんとくぎみーとのカップリングなんだそうなんですよー。 
え? だって2曲収録されている場合、カップリング曲って言うじゃん。
うん、間違ってませんとも、ええ。
勿論、他意も含みもありますが(爆)。
    
1~200 が朴さん
クールなツンデレ少年系
  
201~400 がくぎみー
甘えたなツンデレ少年系
 
「そっけなく、ぶっきらぼうに眠りにみちびいてくれます」だそうですよぉ。
   
詳細情報はこちら
 
いやんもう、これは買うっきゃないっしょ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガンガン2008年11月号 鋼の錬金術師第88話「親子の情」ネタバレ感想

すでに11月でございます。やべ、またギリギリだわ。
いやはや色々理由ってものはありまして。なかなか進まないのですよ。
年表の方もね、そろそろやらんといかんとは思っておりますです、はい。
では、以下感想です。
  
■「若っ…」「残念 グリードだ」
となれば。
「はっ」「バキっ」「げほっ」「ずしゃっ」「ぺっ」。
「……き……貴様ッ!! わ………若に……若に、身を……返せ!!」
「ぐぁはっはっは、それはできねえ相談だなぁ!!!」
  
と続くのが王道の少年漫画なんじゃね?
味方の信頼している人物の身体を乗っ取っとった敵、つったら……ねぇ。
  
ビドーですでに使っているとか、状況が状況とは言えね。
グリードが悪役に徹しきれないあたりで、こいつの未来は見えたよなぁ。
ある種これも死亡フラグなんだろか?
  
  
■タッ(173P 3コマ)
何がすごいって、このコマだけだと誰の動きか分からせないってのがすごいよ。
誰かが木を蹴ったのは分かる。けど「誰か」までは次の大ゴマまでない。
 
 
■おらぁっっ
エド!! 女子供相手に全力で蹴るかよっ。
それでも、右足で蹴る理性があるあたりは兄さん。
  
  
■「無事か ハインケル」「気にすんな 養生してろ」
こんな風に気を配るあたりはグリリンになっても変わってないよね。
  
  
■俺食ったら腹ぁ壊すぞ 兄ちゃん!
すでに色んなブログ様でも指摘されていますが。
グリード時代にも似た台詞を吐いてますよね。
「腹ぁ壊しても知らねぇぞ 親父殿!!」
あの時地獄の業火が「どんなもんか先に行って見ててやるぜ 兄弟!!」と言っていたのだけど。
実際にグリードは復活させられるまでの間、グリードの魂はどこにあったんだろう。
 
 
■アルフォンス!
さりげにホーエンハイム、血印触ってませんか?
  
 
■うん ゴリウスさんに聞いたよ
ありがとう、父さん。これで、ダリウスとハインケルを間違えないコツが分かったよ。
  
  
■くそぅ…中に入られたって言うか
ご……ご、ご、ご、ごめんなさいっ。ごめんなさい。ごめんなさい。思いきり思考停止しちゃいました。
セリ×アル? セリム×アルなのか????
うわーん、アルの中に入っていいのは兄さんだけなんだから(違います)。
 
 
■おぬしがエドワードの父だナ
うわ、フーさんすげっ。
フーさんから見たホーエンハイムの気配って、どう見たって化物なんでしょ?
なのに認めるんだ。
あ、でもホーエンハイムを認めなきゃ、リンも否定することになるのか。
  
  
■父さん 父さんはやり手の錬金術師なんでしょ? 父さんの腕前を見込んで提案がある
こ、こ、こ、この、天然たらしがぁぁぁっ。
父親を持ち上げてみせて、その実、アゴで使ってませんこと?
 
前にも同じ手でロイをたらしこんでたよねぇ。11巻の第45話。
「そこはほら 大佐殿が上手くやってくれるでしょ?」って奴。
この親父殺しめ。
あ、兄さんに対してもそうか。3巻の第10話。
「「何かに一生懸命になれるって事はそれ自体が才能」か 言うねぇ弟よ」っていうエドの台詞に対し、「どっかの誰かさんを見てるとね 心の底から思うよ」って奴。
  
アルが上手ぁく持ち上げおだてあげて「んじゃあいっちょ頑張っちゃうかなぁ」てな気持ちにさせてしまう。
 
親父殺しというか、年上殺しというか。やっぱりアル小悪魔説は濃厚か(だがそこがいい!! え?)。
  
  
■ヒーローは遅れてやって来るものだよね うん
ホーエンハイムの差す「ヒーロー像」って何が元になっているのか気になる処です。
  
  
■俺の息子をバカにするな
うぉぉカッコいい。カッコいいけど。
「俺の息子」つったってあんたが育てたわけじゃないですから。あんたが自慢するところじゃないってぇの。
ってことは何? トリシャの自慢ってことですか?
惚気? 惚気かよ。ったくこの親父は緊張感ねぇなぁ。
と一瞬にしてここまで思考してしまった、私の頭の方がよっぽど緊張感がなかったらしい。
 
 
■ホーエンハイム!!(192P 5コマ目)
なんでここでうぞうぞの一部が崩壊したんだろ?
光があたったわけじゃない。
ってことは、本体と分断させられたって事だよね。
つまり、その土くれの間にある空気の隙間を縫って動く事は出来ないって理屈だよね?
  
それってどこまでが有効なんだろう。
  
だって、水なら土に浸透するし、家の壁だって空気は通すでしょ?
はじめのホムンクルスがいたフラスコだって厳密に言えば原子と原子の間に隙間はある。
物理的にどこまでのレベルであればあのうぞうぞは通れなくなるんだろう?
人体と同レベルなんだろか?
  
  
■ちょっとビビった… ドキドキ
死なない身体なのに、ビビるんだ。
辻馬車で襲われた時は平気な顔してたくせにー。
実はあの時も結構ビビってたりしてたんだろか?
核が人間である以上、ホーエンハイムは人間であるというのなら。
死から身を守ろうとする人間らしい本能もあるのかもしれない。
  
  
■ははは! 上手くいった!
歌猫さまのブログでアルっぽくない台詞と書かれていたのだけど。
確かにそうなんだよね。
「がまん比べといこう セリム」「なんなら”約束の日”とやらが過ぎるまで ここにいようか」
およそアルらしくない。達観した大人のような台詞。
  
でも、実はこれが始めてってわけじゃない。前にもこんな違和感を感じた台詞があった。
11巻の第43話のがそれ。
  
「いっつも 兄さんやウィンリィが先に怒るから ボクは怒るタイミングを逃しっぱなしだ」(手書き文字で「ははは」と入ってる)
鎧の身体の辛さを理解出来ないリンに、自分より先にウィンリィが怒り出し、振り上げた拳のやり場に困ったアルが、それでもなおウィンリィを慰める為に言った言葉。
  
この時、「あ、アル、今、虚勢はったなぁ」と思った。
本当は自分だって怒りたかったのに、怒鳴りたかったのに、全部飲み込んで、自分は大丈夫だよって顔をしちゃったなぁって。今回もその時と同じニュアンスを感じた。
  
自分達が苦戦を強いられた相手、今まで自分を捕らえていた相手と2人きりで怖くないわけがない。
酸素も光も食べ物も無くたって。どこになくともその目は見えている。閉所恐怖症、暗所恐怖症。肉体的な被害がなくともそれを恐怖と感じる心が人間にはある。本当に耐えられるのか? それに拒絶反応という名の爆弾を内に抱えて。こんな行為賭けでしかないのだから。
  
アルが達観した態度をとればとるほど心配だよ。
  
  
■いや 今はグリードなのだナ なんでもないわイ!!
フー爺さん、律儀過ぎっ(笑)。
  
  
■どういう事だ! なんだよ これ! おいホーエンハイム!
これが、旅を始めた頃のエドや、アニメエドだったら、「アル、アル、アルフォンス!」って叫んで、錬金術で穴開けようとして止められてる処だな。
兄さんも大人になったって事だよね。怒り爆発していようとも、まずその理由を聞ける冷静さを身につけた。
アルと離れて行動する事で、自分には互いしかいないという切迫状態がなくなったとか。それによって世界が広がり回りが見えるようになったとか。感情に任せて動く事で他人に被害が出る事の怖さを知ったとか。
兄さん成長したよな、と思えて嬉しいんだけど、嬉しいんだけど。
やっぱり己の腐の部分がこう………寂しいよな……。
  
  
■「兄さんに言ったら 絶対 反対される」ってさ
泣きたくなった。アルー、アルー。小悪魔だなんていってごめんよ。
やっぱりアルは天使かもしんない。兄さん限定だけど(爆)。
今までもさ、アルは無茶をしてきてる。
この身体だから、という理由で、1人きりの雪山行軍をかって出た。
その時にエドは反対していない。そのエドすら反対すると、アルは想像したんだ。
どれだけ不安要素があるのか。想像もつかないよ。
  
  
■世界の王になるってよぉ!!
戦線離脱、一名。
ラース殺害すら失敗しているグリードが、たった1人で倒す気かよ。
ってか、85話で中央に戻った理由を聞かれて「教えねーーよ!」とまで言っていた、これが理由だったのか?
普段のエドなら加勢するかもしれないけど、今のアルを放置しては動けないだろうし。
まずは目の前のプライドをどうにかするなら加勢なんて出来ないぞ?。
なら、グリードを陽道に使いつつ、実はどっちも本命って形を取るかなぁ。
  
  
■穴を空けようとしてるのか? 無理だよ 父さんが子供の力でどうにかなる作りにしてるとは思えない
側面はね。ならもともとそこに存在していた地面に対して、ホーエンハイムは何かを行っていたか?
通常の錬金術と違い、地面を抉ってドームを作ったわけじゃないから地面が薄くなっている要素は裂けたとしても。
やっぱり、プライドがアルの頭部を叩いているのが引っかかる。地面へ向けてのモールス信号じゃないのか?
子供の力は無理でも、スロウスの力ならいけるかもしれない。
最後の「コーン」のコマが中央司令部にかかっているのも気になる…。
  
  
■君の頭です ひっかかってコケました(略)笑いますか?
て、天然?
で、でも、本当に天然な奴は自分のことを天然って言わないのよね(by とらドラ!)
話している内容は本当かもしれない。でもでも。
その行動はやっぱり油断させようとしていると疑ってかかるべきか…うむむ。
 
  
■自分だけ良ければこの国がどうなっても良いという考えは持たず中央に闘いに来ました それが貴方達人間なのです
(略)そしてその心のより強い者を人柱として選出したまでの事
ならマルコーは「人柱候補」から外れるんじゃないのか?
自分の身可愛さにイシュヴァール人で賢者の石を作り、自分の住む村人さえ守れればと国民の陥る事態に目を瞑ったマルコーなのに。。
本当に、この話、信じていいのか?
  
  
■テロ以外でこの国を変えようとしている 大切な仲間だ
とりあえず転がっているイシュヴァール人の死体の中で、84話に出てきたイシュヴァール人と同じと思しき人は見当たらないのだけど…。やっぱり可能性は高いのかなぁ。
  
  
■仕事熱心もほどほどにしなければいけませんね 本番はこれからだというのに
うげ、戻ってきやがった。
この状況でプライドと連絡が取れているとは思えねぇーー。
ってことは最初に連絡をとった時点でここまで話を進めていたのか?
それとも情報ルートはプライド以外にも存在しているのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »