« ハガレン@めいる | トップページ | 何つながり? »

銀魂 145話の中で

冒頭で、銀さんがアニメが原作のマンガに追いつきそうになった時の迂回方法について、延々説明台詞をしゃべっていたんですが。
迂回している間に打ち切りになったり、原作に戻ったと思ったら原作が終わったり…などなどパターンを説明していた中で。

「迂回している間にマンガとアニメの設定やキャラが離れていってしまい永遠に合流できなくなってしまったりすることがある。
まあその時は開き直って原作のはじめから再アニメ化したり、キャラクターシステムと称してキャラだけ使って作りはじめてしまったりすればいいわけだ。」
  
むむむ? このタイミング……これってもしや、鋼の事言ってますか??(笑)

« ハガレン@めいる | トップページ | 何つながり? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銀魂 145話の中で:

« ハガレン@めいる | トップページ | 何つながり? »