« SPRING CARNIVAL(2回目)行ってきました ネタばれあり | トップページ | 鋼FA第1話「鋼の錬金術師」感想2 ネタばれあり(原作ネタばれ含む) »

鋼FA第1話「鋼の錬金術師」感想1 ネタばれあり(原作ネタばれ含む)

4月4日はSPRING CARNIVALで見て、4月5日には友人達と見て、自宅に帰って今度は1人で繰り返し見て……
結局お前は何度見れば落ち着くんだ?って感じなんですが。
  
なので。
まだよそ様の感想とかあまり多くは読んでないんだけど。
兄弟スキーさんには結構ウケがいいよなぁ、とほくほくしていたのに、大好きなアルエドサークルさんの感想がメタメタでしょんぼりしたり。
[水島版アニメファンは原作絵が嫌いだから、今回のアニメの絵は好きでしょ」なんて「アニメファン」ひとくくりにされてむかついたり(私は伊藤絵も荒川絵も両方とも好きだいっ!)
そんな事に、一喜一憂する自分がいちいち面倒くさくなってきてますが。
 
 
うん。内容に関して細かい事を突こうと言えば、私も色々思う処はあるんですよ。
まあそんな毒吐きは、よそ様のブログに任せますわ。ダブリ過ぎて書いてるこっちが詰まらんわ。

それはさておきとして。
1話を見て何で私が、よーし次回も絶対見るぜっ、って気になったかって言ったら。
それはもう、アルの可愛さだったりするんだけど。
「ちゃっちゃと終わらせようぜっアル」「うん兄さん」ってもうそれ聴いただけでドキドキしちゃうよっ。
朴さんとくぎみーがイベントでそんな話を実際にしていてニヤニヤしつつも「をいをい」って突っ込みモードだったんだけど。
実際に聞いたらホントこっちまで幸せいっぱいになったよー。
水蒸気爆発でエドのフードを引っ張って抱きかかえたり、ヒューズ宅の前で羽交い絞めかと思ったらあれもフードを引っ張ってたよ。
まるで扱いが猫みたいで可愛かったっ。
萌え要素はガッツリいただきました。ご馳走様です。
  
うん。勿論そーゆーところが楽しかったっていうのはあるんだけど。
  
マジメな話。
やっぱり「アイザック」っていう設定があったから気に入ったんだと思うのよ。
少佐が「アイザック殿」って言ってるシーンがある。
だって「マクドゥーガル殿」じゃなく、「アイザック殿」ですぜ?
いつそんな親しい間柄だったっていうのよ。
ファーストネームで呼ばれてる軍人なんて、せいぜいヒューズがロイを呼ぶくらいじゃん。

これは「マクドゥーガル」ってファミリーネームは、スタッフにとってどうでもいいって事でしょ? 重要なのは「アイザック」って名前だけ。
もうこれは間違いなく。

イシュヴァール殲滅戦で、音信不通になった「アイザック隊」の「アイザック」って事じゃね?
(隊名がファーストネームなのには違和感あるけど、「ハリー隊」って言葉も出てるから、やっぱり名前から来てるみたいだし)

きっと、部隊は全滅してアイザックだけが生き残ったんだよ。
その頃は、イシュヴァール殲滅戦が国を平和に導くと信じて、護りたい人を守れると信じてロイ以上に軍人として青臭く希望に燃えてたり、大総統に心酔してたりしてさ。
なのに目の前には自分が守れなかった仲間達の累々たる屍が転がったのかもしれない。
あの感じだと、ロイのように人体実験の片棒は担がされていなかった様子だったし。
大総統がホムンクルスって事を掴んだわけでもなさそうだけど。
ヒューズのように、一連の事件から大総統の思惑に実は気付いた人物だったりしてっ。
だから大総統自ら出てきて殺したのかも?
  
しかも、友達に言われて気付いたんだけど、グラトニーが食べてたのってリオールの教主なんじゃないか? って話。だから、教主の台詞もアイザックに回してしまって構わなかったんだ。

ってことはさ。

本来東方勤務のロイが「偶然」セントラルにいたのも、リオールに向かうつもりでいたエド達が「偶然」セントラルに足止めされたのも、本当は「偶然」なんかじゃないかもしれない。
ロイは仕事として呼び出し、エルリック兄弟は賢者の石の情報が見つかったと言えば、のこのこセントラルにやってくる。それを狙ったんじゃないのか?

だって。リオールで暴動を起こすのに国家錬金術師がいては邪魔だから。

原作で教主が失墜したのはエドの仕業だったけど、ホムンクルスにしてみれば別にそんな横槍が入らなくとも教主を最後まで生かすつもりはなかっただろうし。
原作でエドの捕り物帳のあとグラトニーが教主を食べている横でラストはこう言っている。

「せっかくここまで盛り上がったのに また一からやり直しね」

だからこれはエドの横槍が入らなかった場合の物語なのかもしれない。

賢者の石でリオールを掌握させた上で、エンヴィーが教主に化け神の御業じゃなきゃ出来ないような方法で人々を殺して回り、アンチ教主派を炊きつけ暴動を起こさせる。
そして、本当の教主が潔白を証明しようとする前に殺し、「自分のニセモノは私が裁いた」とでも言ってエンヴィーがすり替わる。
そんな事だって可能だよね。

そうだよ、アイザックだって自分からセントラルを攻めようとしたつもりが、実はホムンクルスに躍らされおびきだされたのかもしれない。ロイとエドを釣るエサとして。

この先エド達がリオールで出会うのは、暴動の真っ只中でもまだ教主にすがろうとするロゼかもしれない。
ロイが後処理を終えて東方に戻ってみると、中央軍がしゃしゃり出ていて、ロイは何も出来ず歯噛みするのかもしれない。

ワクワクしない?
ほんの一箇所、原作のボタンを掛け違えてみせただけで、同じ台詞であっても同じシチュエーションであっても、世界はまるで違って見えてくるのかもしれない。
くぎみーが、伏線の貼り方の秀逸さについて話していて、それは原作からそのまま持ってくるという意味だと思っていたのだけど、もしかしたら、入江版として新たな伏線を撒き散らすつもりなのかもしれない。

色トレスが浮く、噴出しはやめれ、演技がクソ、ギャグが滑る、どこのハウス子供劇場、なんて、言ってる場合じゃないや(って充分言ってるし 毒は吐きは人に任せるんじゃなかったのか?)。

あ、でも指摘を見た記憶がない箇所についてひとつだけ。
エルリック兄弟に初めて会った時の藤原さんのやたらざーとらしい演技。え? 何? 藤原さんやる気なし? とか思ってちょっと涙目だったんだけど。
考えてみたら諜報部のヒューズが「鋼の錬金術師」の青写真を知らないわけないじゃん。あれは間違えられると怒る事まで承知済みで、ワザとからかって言ってたってわけで。
そんな事、原作読んでたってそうそう気づかねぇよ。 かなり視聴者に努力強いてね?
あーあ、大川さんだったら上手くヒューズをたしなめるニュアンスを台詞に乗せて、視聴者に分かり易く演じてただろうなぁって。どんな演技するか想像まで出来ちゃって……orz。(だから毒は吐きは人に(略))

2話は過去編になってしまうから、あともう少し待たないといけないのが歯がゆくてたまらない。
2話は2話で、チビ'sが楽しみではあるのだけどね。

買いかぶりかもしれないって気持ちもとりあえずまだ手放せない。
でも、本当にもしこの予想のひとつでも当っているなら。そんな話、絶対観たいよ。すごく楽しみ。めちゃくちゃツボだ。
もうワクワクが止まらないよっ(笑)。
 
脚本=大野木寛
演出=池添隆博
絵コンテ=入江泰浩
作画監督=永作友克
 

« SPRING CARNIVAL(2回目)行ってきました ネタばれあり | トップページ | 鋼FA第1話「鋼の錬金術師」感想2 ネタばれあり(原作ネタばれ含む) »

コメント

おおおおお…
もし本当にそうなら、ものすごく楽しくなりそうですね!
二回目見てもいいかも・・・と初めて前向きになれました(笑)

>初めて前向きになれました(笑)

さやさん、それ正直過ぎっー(笑)。
もし全然違ってたら、誰かそんな設定の同人誌書いてくれないかなぁ。エロ無くても、私、絶対読むのにっ(笑)

今更ながら1話を見ました。前作のアニメも見ていましたが、声優さんの変更は全然気になりませんでした。話も面白くて私は楽しめました。間違っているかもしれませんがアイザックはマスタング大佐のなったかもしれないもう一つの姿なんですよね。2人ともイシュヴァール戦を経験して国の方針?に疑問をもった。アイザックは反体制運動に身を投じ国を変えることを選んだ。マスタング大佐は軍にのこり自分が大総統になることで国を変えようと思った。ほんの少し歯車がずれていたのならアイザックとマスタング大佐の立場が逆転していたのかもしれないんだと思うとすごく深いと思いました。

>さおりさま
>今更ながら1話を見ました。
ということは、またくFAを観ていなかったのでしょうか? 先は長いですね。頑張って観てください(笑)。

結局、何故アイザックがシン国に渡り錬丹術を身に付けたのか、どういう過程で賢者の石を手に入れたのかなどは未だに解明されていません。来週の最終話でその片鱗が少しでも観れたらいいな、と思っています。

それと。
ごめんなさい。私、白き焔BLOGの真朱さんとはブロガー仲間なんです。まったく同じ文章を他のブログにコピーコメントするなとは言いませんが、私が時間を割いてレスを書いた意味って何だったのかしら? とちょっと凹みました。
せめてブログ内のリンクなどをちょっと確認していただいて、管理人の預かり知らぬ処で(笑)そういう事はしていただけると助かります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« SPRING CARNIVAL(2回目)行ってきました ネタばれあり | トップページ | 鋼FA第1話「鋼の錬金術師」感想2 ネタばれあり(原作ネタばれ含む) »