« 鋼の錬金術師22巻 感想 (ほぼ本編以外から) | トップページ | 22巻売上げとか、アニメの視聴率とか »

鋼FA第2話「はじまりの日」感想 ネタバレあり(原作含む)

ネタバレ回避にOPネタでも。
OPの随所に見える妙なこだわり具合が好きだったりするんですが。
 
♪この思いを捨ててしまうには人生まだ早いでしょう
 
このすぐ後に、小さくキュッって音を立てて、チビエド、チビアルの目の前でドアが閉まりますよね。
 
これ。ギターの弦を指が滑らせた音なんですよね。
(もしかして、今さらネタでした?)
某所でゲットしたフルコーラスで検証してみたら。そっちにも確かにある。
 
偶然でここまで重なるわきゃない。
一番耳を集中させている作業中ならなおさら、この音に気がつかないわけがない。
完全にその音を狙ってドアを閉じる絵をひっかけて入れてるよこの人。
  
そういう妙なコダワリが面白い。
1小節の奇数音目(つまり1拍目と3拍目)に合わせたカットインやアクションを多数起用。
そうかと思ったら、1拍、2拍と立て続けてアクションがあったり(ロイの指パッチンが実は両手だったって気付いてました?)
あまりに小刻みに当て込んでるもんだから。己はMAD職人かと(笑)。
見てると楽しくてしょうがない。
 
 
って事で前置きが長くなった。 第2話感想いきます。
 
 
アバン
うーん。水島版のアルのナレーションがインパクト強かったから。
おじさん声はつまらないなぁ。色気がない。引き込むインパクトが足りない。
2話だけであることを是非とも期待したい。
  
 
汽車からの景色
Aパート頭の汽車の中のエドとアル。
エドの腕ごしに見える背景が……う、動いてなくね??
なんだよそれ!!! どんな手抜きだよ!!!!!
と思って、よーーーーーーーーーくっ見るとかすかに動いてました。
どんだけ遠景なんだよっ。
東方はそれだけ、何にもない処ってのが良く分かる背景でしたけどね(にっこり)。
そんなアンチが突っ込みやすい材料を敢えて与えんでも。
 
 
座席
水島版では向かいあって座ってたのになぁ(OPは横並び)と思ったのだけど。
あ、でも考えてみたら。
アルが座ったら隣りには小さい人しか座れないものね。
他人の邪魔にならなくていいのかな? と思ったのだけど。
でもアルの足が邪魔で向かいの人は足を伸ばせないものな。
結局どっちでも同じか。
原作は、はす向かいに座ってるシーンもあれば、4人で座ってるシーンもあり色々でしたね。
 
 
ブランコ
うわぁぁい、ホーエンハイムの作ったブランコがちゃんと出てきたよっ。
うぉぉぉ、楽しみだっ。
 
 
死んだ人の事を思って泣くと
うーん。必要ですか? この手のオリジナル。
水島版の「おめでとうって言った分だけ~」もそうだったんだけど、この手の話って、どうも背中がむず痒くて苦手です。

シチューを発明した人は偉大だ
兄さんの話を腹ばいになって頬づえついて聞いてるアルが、超っ絶可愛いんですがっ! ありがとう原画マンさん、ありがとう作監さんっ。
「なんだよ、それ」って胡乱な目してる顔まで可愛いっ。
Fa0201
  
  
マイクロチビ
ありゃ? ここで使っちゃうんだ?
ってことはどうするんだ?
対スカー戦が5話ってのはもうアニメ誌で出てるし。
そしたら、一度リゼンブールに帰らないとまずかろうし。
どうするんだろ?
 
 
リバウンド
膝から下が持っていかれて身体が倒れるエドの演出が新鮮。
考えて見ればそうだよ。
手はついてるだけで身体を支えているわけじゃないんだから。
かなりこれは目から鱗でした。

真理くんの声
この発想は上手かった。アニメ誌で前情報は入っていたのだけど。
想像するのと、実際に聞くのとでは大違い。
「精神が混線」のネタバレになるんじゃ? ってな心配も杞憂でしたな。

朴さんの声とくぎみーの声と。もうひとつは何だろ? 
朴さんの声を低く合成し直したのかなと思ったのだけど。

唱和だから、抑揚を全て合わせるのかと思っていたのだけど。
2人の声はその場その場の感情で時々大きく振幅する。
ずれたり、うねったり。
そんな中、強いて言えば、朴さんの方がチビエドに近い朴訥さで語り、くぎみーは腹黒な攻め様(笑)に。
アルからかけ離れた演技になっているから、アルの声とは気付かない人もいるかも?
それら全てが、エドの中にひそむパーソナリティとも受取れて、混沌とした感じが面白くなってる。
 
 
ようこそ身の程知らずのバカ野郎
ここ、好きっ。
原作だと、エドの背中でドアが開くとすぐ触手に引っ張り込まれるんだけど。
ここでは、エドが振り返る表情をカメラが一緒に追う間が入り、エドがドアの中のものを見てから逃げ始める。
うん、アニメならでは手法だぁ。

うるさいな おまえが欲しがってたものだろ?
このセリフのちょっと手前。
BGMとエドの叫び声で掻き消されてますけど。
誰か咳込んでません?
いや、最初、真理君が笑う演出かと思ったんだけど。
どうも違うような……。

でも足りないんだ
ここら辺から流れ出す曲がワルツってのに意表を付かれた。
入江版は耳から入る情報の使い方がホント面白い。
曲の最初、哀愁があるのに、リズムだけが軽快な不気味さ。
そして、徐々に曲がゆっくりになり、さらに1小節の頭にタメが入り聴く側のリズムが崩される。
その不快さと、欲しい処より後ろにリズムが来ることで、気持ちが後へ後へと身体ごと引っ張られる。
目から入る情報以上のものが提供されている気がする。

水島版は、ストーリーとBGMのなじみがすごく良かった。
ここぞって処に気持ちを高揚させるいい音楽を持ってきていた。
ええもう、おかげでロイのカッコいい台詞はどれもBGMがばしばしで、MAD作るにも台詞の抜き取りが出来なくて困ったくらいなんですから(笑)。マスタング大佐、スタッフに愛され過ぎ、とか思ったもの。

入江版はBGMを話を作る為の手段として使っている感じがする。
例えば絵ではキャラクターが笑っていても暗い曲をかけることで、キャラクターの真意を伝えるのに使ったりするような。もちろんいつもってわけじゃないんだけど。
そういう処が、子供でも理解出来る作りにつなげているって事なのかな?
 
 
返せよ、弟なんだっ
やっぱ泣けるよ、このシーン。
出来れば、足をキュっと縛るシーンと、両手を上に掲げるシーンは欲しかったけどなぁ。アレ好きだったのよ。
それと。
1番最後の「アルフォンス」と言った顔が演技とまったく合ってなかったのは返す返すも残念ですが。
そもそもあの顔はちょっといただけないよなー(笑)。
うん。分かるんだけどね。
泣くの堪えて無理に口を閉じるから、すっぱいものでも食べたみたいな顔になるの。
小さい子ってあんな表情するのよね。うん。
でも演出上は失敗だなぁ。もう少し上手く使えなかったんだろか?
 
 
アイキャッチ
Aパート終了分は音声無し。
Bパート開始分は1話と異なり抑揚抑え気味。
とりあえず、多少空気は読めるようになったらしい(笑)。

エドが練成した処で、アルの絵でアイキャッチって演出は上手い。うん。
でも、これによって、「また来たのか?」のシーンがカット。
つまり、どうしてエドの右手がなくなったのかをまったく提示していない(想像くらいは付くんだろうけど)。
これは、イズミのシーンに入れるんだろか?
 
  
錬丹術
ほぉ、ここで出すのか。
実際には賢者の石を使っていたんだから、錬丹術じゃない? よね?? あれ??

あー、でも、そういえば陰陽っぽい練成陣だったしなぁとか納得しちゃえるか。
賢者の石って、錬丹術も増幅させられるんだっけ? 
うーん、リンやメイチャンが欲しがっているんだから、その辺りは問題ないのかな。

お父様が、錬金術を使用出来なくしたのに、スカーとメイチャンが術を使って驚いていたんだから、お父様は錬丹術がどんなものか知らないはず。なら、錬丹術に罪をひっ被せてやれって発想は軍にないはずだし。
あれは本当に錬丹術だったって思っておくか。

ってことは???
イシュヴァール戦の後、人殺しにではなく、医療をメインとした錬丹術に心動かされたとしても納得がいくな。
現在、シンとの国交は50年近く途絶えてる。直接国に行かなきゃ学べないだろう。
砂漠越えをしたんだろか? やっぱり、彼はクセルクセス遺跡とか彼は見たりしたんだろか? 
 
 
中央司令部の天井
やたら無駄に高いんですが……。
うーん、想像するだけならタダなので。
有事の際には、タンクがそのまま廊下を横行できる作りって事でしょうか?(笑)
 
 
軍法会議所の窓ガラス
こっちは、さすがにフォローのしようがないぞ。
何、この見晴らしのいいガラス張り。
おかしくね? 軍司令部でしょ?
銃打ち込まれたら、避けようがないじゃん。
この世界に防弾ガラスがあるなんて思えないし。
要人警護なんて、絶対やりたくない仕事ナンバーワンだよきっと(笑)。

オリヴィエ姉様曰く、中央軍は防御がド下手だそうだから。
中央軍のお暢気ぶりを、こんな感じで表してみましたって事なんだろか?
 
 
地獄ならみたさ
見てきたように、言うなよ、おまえがっ。

ちょっとこれはいかんだろ。
ばっちゃんの台詞に引っ掛けてあるのは分かるけど。
ならせめて、「地獄なら見ただろうさ」くらいにすればいいのに。
そんな親密な関係じゃないでしょ?
保護者じゃないって言い切ってるし。
違和感だなぁ。
 
 
書類不備
えー、これって原作の伏線だと思っているんですけど。
無くて良かったんですか? うーん。
 
 
外にもいます
こう聞こえますが。何か?
折笠さんガンガレ、もっとガンガレ。
 
 
なんだあの有様は!! 何を作った!!
何で、こんな気の抜けた声にぃぃぃぃ…orz
そこはさぁ、地を這うような、でも喉を潰すくらいの声で叫んでくれないと。
このシーンでの盛り上がりが阻害されてしまって。
うーん……、イメージと違うんだよなぁ。
 
 
ごめんなさい 許してください
始まる前からさんざん騒いでました。
アルの「ごめんなさい」のあのシーン!!!!
あったぁぁぁぁぁぁ。
元々あのシーンは本当に好きで好きで。
あの大きな身体を小さくして頭を下げて謝るアルにきゅんきゅんしてたんですよー。
 
水島版では設定が変更された都合上、入らなかったのがとっても残念で。
あの台詞をくぎみーが言う処を是非聞きたい、聞いてみたいっっ!!! とずっと思っていたので。
そりゃもう楽しみにしていたんですが。

くぎみーの演技は、私の想像をはるかに超えてました。

色んなアニメやゲームの監督や音響監督が、くぎみーの演技について、こちらの想像以上のものを演ってくれるのでついさらに上のものを要求すると、またそれ以上のことをやってのける。なんて事を語ってくれるので、くぎみーの演技力についてはかなり信頼しているんですけど。

こうくるんだっっ!!!

コミックスを読む時はまだ茫然自失から抜け出せない、抑揚のあまりない風をイメージしていたんですけど。
それがアニメでは、小さい子供が無邪気さから取り返しようのない事を起こしてしまい、身がすくんでいる感じになっていて。
こんな大事になるなんて思ってなかったんだ、ってニュアンスがちゃんと伝わってくるっ!
うわーっってなったよっ。

「先生には黙ってて」とお母さんに最初言おう、って話しているシーンが削除されてしまってそっちも楽しみにしてたんで実は見終わった後、かなり残念に思っていたのだけど。
あれは、やってはいけない事と頭では理解していても、禁止される意味まで考えが至らない子供の無邪気さの表現だから。
この台詞ひとつ、くぎみーの演技ひとつで、それが十二分にフォローされちゃってるものなぁ。

入江監督がそれを見越してカットしたのかどうかは分かりませんが(笑)。
 
 
たとえそれが泥の川であったとしても
あら、ロイの台詞にしたんだ。
原作では、どっちともとれる(というか2人とも言ってる)ように受取れるので、ここで唱和は変だろうからどうするかなぁと思っていたんですが。もちょっと演出考えて貰えなかったのかなぁ。
 
 
ウィンリィです
細かい事ですが。
ウィンリィが頭を下げて手を出しているので。
今にも「最初から決めてました、お願いしますっ」とか言いそうに見えるんですが(笑)。
出来れば、認めた相手には、ちゃんと人の目を見て話す子、として書いて欲しかったなぁ。 
 
 
来るさ そうかね あれは焔の点いた眼だ
ちがーーーーうっ。どれもこれもイメージと違うっ。
三木ファンの人ごめんなさい。やっぱり私この人の演技だけは理解出来ない。
声だけなら、そのうち慣れるさと思っていたんだけど。
独り言の演技の時とかは気にならなかったし。

でも。ロイに対する三木さんの理解が、私には根本的に合わない。
この声優さん、人に合わせる演技をしてない。
会話のキャッチボールが成り立ってない。
投げられたボールを無視して演技してる。
いつも、そうなの? それともこれがこの人のロイの解釈???
ダメだ。ごめんなさい。そんなロイ、私には想像出来ないよ。
 
 
手術シーン
原作通りで安心した。
水島版だとこのあたりのエドが可哀想で(それはそれで萌えましたともっ・笑)。
平気な顔して機械鎧の手術を受けたからこそ、実は手術後「アルに聞けないこと」でうなされていた事実ってものにアルが気付く事に、意味があると思っているので。
 
 
組み手
あれ? ここのBGM「亡念のザムド」の挿入歌(多分大島ミチルさん)に似てません?
いや、だから何ってわけじゃないんだけど。
つい、「ブラーチャ」が今にも流れだしそうに思ってしまうのは……ごめんなさい。それだけ「ブラーチャ」の印象は強かったのよ。
 
 
すごいよ兄さん 出来ないよ兄さん
むちゃくちゃ可愛いんですがーーーーっっっ!!!
 
 
可愛げ無くて結構、機械オタ結構
ウィンリィの美味しい、ツンなシーンなのに。
一瞬、顔が男の子みたいになってて哀れ…。
 
 
国家試験前
「なんなら尻尾でも振ろうか?」は欲しかったなぁ。
ロイが大佐に昇進した事も分かり易い説明になるし。
 
 
この試験方法見直した方がいいんじゃない?
エドの立ち位置が微妙。もっと大総統のそばにすればいいのに。
槍を持って走る姿がちょっとなぁ。
何の前触れもなく、大総統の喉笛にいきなり刃が届く方が絵的に面白いと思うんだけどなぁ。
しかも。大総統、エドの質問内容スルーしてる。答えてやれよ(笑)
 
 
若すぎる錬金術師よ
「はっ、はっ、はっ」の絵に思ったほど脱力しなかったのは、原作のコマにあるからですかねぇ。
台詞と表情(内面)が一致しない場合、子供にも理解出来るように使うってのがコンセプトなんでしょうか?
 
 
国家試験後
せめて、エドが大総統に槍を向けた時、ロイだけ動いていなかったくだりは欲しかった。
プライドの声もカット。まあネタバレになるからしょうかないか。

※セリムが出ている時にプライドを出せば、キャスト名をセリムで書けるけど。
(1人の役者が複数こなす時、メインの役しか掲載されないですよね)
プライド役だけの回は、キャスト名をプライドで書かないといけなくなる。
それを例えば「?」とかにしちゃうと。
逆に、セリムとプライドが出てる時に「?」と書けなくなるから。
このキャストの中の誰かだ、ってバレてしまうから。

いいね その重っ苦しい感じ
エドの顔が、原作通り、最強極悪人顔(笑)。

家を燃やすシーン
ないじゃん。
これも原作通り、イズミのシーン回しなのかなぁ。

予告
しっかり賢者の石を指に嵌めたコーネロ登場かぁ。
グラトニーが食べたのってコーネロじゃなかったんだろか???
まだ分かりませんが。

ラジオを錬成するアルのふんどしのはためき具合に悩殺(笑)
エドの片袖破けてるシーンがあるって事はやっぱり、「格の違いを見せてやる」もあるって事? ってことはコーネロのあの台詞は? アイザックがもう言ちゃった奴。
あ、ロゼにアルの正体がバレた時の過去話って、エドの右手についてだけだったんだっけ。じゃあ今回なかった魂の錬成の話はそこに入れるのかなぁ?

原作にはないカットは、ロゼが拳銃を誰かに向けているコマだかけかな。
やっぱり、何か変えてくる気はあるらしいが。はてさてっ。 

脚本=大野木寛
演出=三宅和男
絵コンテ=入江泰浩
作画監督=小澤円

« 鋼の錬金術師22巻 感想 (ほぼ本編以外から) | トップページ | 22巻売上げとか、アニメの視聴率とか »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鋼FA第2話「はじまりの日」感想 ネタバレあり(原作含む):

« 鋼の錬金術師22巻 感想 (ほぼ本編以外から) | トップページ | 22巻売上げとか、アニメの視聴率とか »