« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009/04/30

ガンガン2009年05号 鋼の錬金術師第94話「復讐の炎」ネタバレ感想

ネタばれ回避にバカ話でも。
そういえば、4月号95話の最終頁に入っていたコピー。
「燃え上がる 復讐の炎!!!」
だったんですよね。これって最強のネタばれじゃん(笑)


例の焔のあの人です…
やあ、そうでしたか。
わたしはまた、どこのサイバラさんかと(笑)


知らないよ! 全然情報が無いもん
他のラジオ局や新聞は情報規制の通達を出しているって事?
いわゆる上層部に金積んで圧力かけて? ……変か。

アメストリスは軍事国家なんだもんな。
もともと情報操作かけていて、軍にとって都合のいい情報しかマスメディアに渡してなかったのか。
自分達で独自調査をしようものなら軍の制裁が用意されていて、おかげでマスメディアはふ抜け状態。
「敵性音楽」だって軍に止めらているってのもキーワードか。
だとすると。
どこのラジオ局も同じような切り口でしか語られず独自性がないんじゃないかな。
軍ヨイショで、アメストリス軍優勢な情報ばかり。
今そうやって考えると詰らない局って気がするけど、日本の戦時中のラジオ放送の事とか考えたら、そうやって士気を煽る番組の方が、国民の耳に聞こえはいいんだろうな。
そんな中で、ラジオ・キャピタルが「つまんない」って事は。

昔、やんちゃをやったって事か。
おかげで軍に目を付けられ制裁を受け、軍からも情報が貰えず、ほそぼそと流していたって感じ?

そんなラジオ局だったら……そりゃマスタング組の申し出にすぐさま乗ってくるかもな。


「マスタング大佐の部下ともども撃ち殺してよし」と言われました
概ね、「戦士の帰還」の感想に書いた予想通り。
さすがに何を媒体に使うかまでは予想を立てていませんでしたけど。
 
だから、オリヴィエが87話でお父様に進言してたのに。
「私がマスタング大佐の立場(中略)なら まずブラッドレイ夫人を手中におさめますが」って。「人質」と勝手に勘違いしたのはお父様であって、オリヴィエはそーんな事一言も言って無かったのにねえ(にやにや)。

実はこの作戦の根っこの部分を、小規模な手口で、エドは1話でやってるんだよね。
ロゼをアルの腹の中に入れて教主の悪事を直に聞かせるって方法を。
ただ、これが失敗したのは、ロゼが教主に弱みを握られていたって事。
自分達が直してやると嘘を通すか、戻せるわけがないと説得するか。
それが出来なかったから瓦解した。

今回の夫人の弱点と言えば「大総統」と「息子」。戻ってきてしまえば全てがパアだ。
「兵は拙速を貴ぶ」(正しくは「兵は拙速なるを聞くも、いまだ巧久なるを睹ざるなり」だけど)で、門が閉鎖されている事を逆手に素早さで乗り切る腹積もりなのか。
それとも、その約束の日とやらの時間までの足止めにさえなればいいのか?
何かもうひとつ手をかけているんじゃないかと思っているのだけど。


中央司令部は全ての門が閉鎖されていて中との連絡がとれないので
きたきたっ。逆手にとってきたよ。
中央司令部に反乱軍が一斉蜂起したから反乱軍侵入防御に門を閉鎖したのに。
中央司令部の反乱軍が一斉蜂起したから正規軍侵入防御に門を閉鎖した事にされてる。
この微妙な違い。うまいなぁ。


ブラッドレイ以外の奴が この国をまとめられるのかね…
このセリフの後にすかさず、「マスタング大佐に助けてもらわなければ~」が被って来るのがいいっ。
ハボ、口の端だけちょっと釣り上げてみせてるだけだけど、内心はニヤニヤだよなぁ。


マスタング大佐が以前から上層部に不信感を抱き危惧しておりました所に
うひゃひゃ。
も、こーゆーの、ブレダ大得意だわ。
確かに嘘は言って無いもんね。
マスタング組は突然解体され、部下は四方に飛ばされた。
その事実が目の前にあれば。
誰だって勝手に疑ってくれるよ。
上層部に反乱の意思あり。
ロイはそれを嗅ぎつけた為、マスタング組は手足をもがれたんだって。


上層部で閣下を排除しようとする一派がいる…と!
それってば……てめえらの事じゃんか(大笑)
でも、これも嘘は言って無い(笑)。


RADIO CAPITAL
「キャピタル」を辞書で引くとこれが面白い。
capital
a. 大文字の; 首位の, 主要な; 資本の; すばらしい; (罪が)死刑に当る; 重大な, ひどい.
Capital! 〔英〕 しめた!, 素敵だ!
n. 首都; 大文字, 頭文字; 資本(金); (時にC-) 資本家側[階級]; 利益; 【建】柱頭.

読者がどう捉えるかはご自由に、って感じか?(笑)


人質を取られてますし
椅子にそっくり返って言うか(笑)
よほど中央軍に恨みがあるらしい。
「マスメディアは権力に屈さず!!」
思っていたより、ブラッドレイ政権も民間に不興をかっていたんだなぁ。
いや、マスメディアとか一部の民間人かな?
 
 
あれ…うそ…この声…まさか…
普通、ラジオとか電波にのると声ってかなり違いますぜ。
知り合いにラジオDJいるけど、最初言われるまで分かんなかったもん。
これってやっぱり……「愛」!! でしょうか?(笑)


みんな大好きでしょ? 「正義」って響きが
「言葉」じゃなくて「響き」。
そういった、デリケートな部分でちゃんと使いわけてくれる。

自分達は「正義」だから何をしてもいい。
そう思わせる「響き」を持つ事を嫌ってるって事じゃないのかな。


私達は先日東の方から来たが大総統の列車が爆破されたというのは本当だ
これもまた、嘘は言って無い。
全部そう。本当の事しか言って無い。
「兵は詭道なり」。戦いにおいて、敵に対して虚言を吐く事はしても。
民衆に対して嘘はつかない。
それでは大衆がついてこないときっと分かっているから。
ただし。

嘘はついていないだけで、それを大衆がどう受け取るかまでは保障してないけどね。
だがそこがいいっ(笑)


ブリッグズの奴らこんな物まで
こんなもの? こんなもの!!!
タンク!!!!
どこに、そんなものを!!!!!(笑)


ここから先はちょいだらだら行きます。

マスタングVSエンヴィー
男性の弱点はいくつかあって。
金的と咽ぼとけと眼球、なんてのを聞いた気がするんだけど。
エンヴィーじゃ確かに眼球しかないもんな(笑)。狙われて当然か。

リザの「…なんとかしとめてみせるわ ダメならその時は…」のセリフのコマに、大佐の背中に血しぶきと見紛うような粗いトーンを貼っているのが利いてる。
背中を預けられた者としての覚悟、リザの心情を物語ってる。

エドがロイの態度を不審に思えたのは、やっぱりスカーの事、ウィンリィの事があったからで。
じゃあ、もしそんなエピソードもなく、一足飛びにロイが犯人はエンヴィーだと知ったら、エドはロイの復讐を止めようとしたかな?

2巻第7話「雨の後」でスカーの復讐には正当性があると語るロイに、関係ない人間を巻き込む復讐に正当性無しと語っている。
なら、他人を巻き込まないならエドは止めないだろうか? でも、こうも言っている。

醜い復讐心を「神の代行人」ってオブラートに包んで崇高ぶってるだけだ。

これを、まだヒューズが生きていた頃に、エドは言ってるんだよね。

ホムンクルスは国民の敵だから、軍人マスタング大佐が殺す。これは「公」。
大切な親友を殺されたから殺す。これは「私」。
どっちにしたってエンヴィーを殺す理由として正当性はある

でも、エンヴィーを憎いのは何もロイ1人じゃない。
何より一番エンヴィーを憎んでいるはずの奥さんのグレイシアそっちのけにして。
その復讐心だけでエンヴィーを殺して自分一人すっきりして……。

それって許されるのか?

エドだって、自分のせいでヒューズが死んだその責任を感じてる。
スカーだって間接的に、エンヴィーに兄を(おそらく)殺されている。
ロス少尉だってエンヴィーのせいで、死刑になりかけ国を追われた。

なのにロイ1人が復讐って理由で殺しちゃうの?
ロイに正当性があるなら、グレイシアだってエドだってスカーだってロス少尉だって正当性はあるさ。

みんなを代表して? 自分一人が手を汚せばいい?? 
……それって、なんかおかしくね?
もし、ロイがそう思っているのであれば、それはやっぱりそれこそ。
「正義の為の代表者」ってオブラートに包んで崇高ぶってるだけなんじゃね?

スカーはいつか法に裁かれ、罪を償う事も出来るだろう。
でも、エンヴィーは人ではないから。
彼のヒューズ殺しを裁く事は出来ず、ロイはエンヴィーを私的理由で殺しても法では裁けない。
罪は一生贖えない。
贖えない罪を背負って生きていくのは、罪を贖って生きていく事よりさらに過酷なんじゃないだろうか。
てか。
大総統になろうっていう人物は、私怨で敵を殺した事が民衆にばれたらまずいでしょ。
恐怖政治になりはしないか民衆は震え上がるよ。
やっぱり上に立つ人は嘘でもクリーンな印象がないと。

サブタイトルは「復讐の焔」じゃない。
ならそれは、ロイ自身も、ロイの錬金術も、指しているわけではなく。
胸のうちにくすぶっているものだけを指しているんだと思いたい。

エンヴィーはこのままリザに殺されるか、あるいは天井の瓦礫が降ってきてベシャっとか。
プライドに食われるとか。
エンヴィーを恨んでる連中に関係ない処で、サクっと死んで欲しいんだけどなぁ。


お父様の部屋まで焼かれてたまるかよ!
自分の事より、お父様のことを心配している??
え? それってちょっとどういうこと? と思ったんだけど。
ただ単純に、あの肉体の賢者の石を使い切ったら、お父様がいないと生き返れないから、なのかなぁ?


にい…
ロイかエンヴィーか区別がつかないからカマをかけた、ていうなら分かるんだけど。
それより前に、「にい…」って笑って銃を付きつけてるんだよねぇ。
読者に対してのひっかけとしてはOKなんだけど。

読者をひっかける為だけのコマになってストーリー上の矛盾が起きてないか?

だって。ストーリー的には、この1ページの間にリザはこいつはエンヴィーかもしれないって疑わしく思う何かを掴んでいないといけないんだもん。
今だにそれがどこだかあたしにゃ分かりませんよ。

「誰に向かって銃を突き付けている」の後で笑うなら、まだ理解出来るんだけどなぁ。
このセリフだけで充分読者に通じるわけで。だから。
「二人きりの時 私の事「リザ」って呼ぶのよ」は本来、蛇足。
ってさすがにストーリー的に劇的な部分が足りないから必要だったんだろうけれど。
実は、言ってみたかったリザの願望なんじゃないかとか思うと、微笑ましい(笑)。


あなたここで私に倒されてちょうだい
言ってる台詞はめちゃカッコいいのに。
そこでその尻は犯罪でしょう(笑)。
トーンワークがいいのか? 影の処理が神なのか? リキ入り過ぎっす。


エドとスカー登場
とりあえず2人でロイをふんじばって頭を冷やさせるか?(笑)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ガンガン2009年04号 鋼の錬金術師第93話「不倶戴天の敵」ネタバレ感想

さてと。やっとアップのガンガン4月号分の感想です。
3月19日までに途中まで書いていたのに続きを書く時間がとれず……ちょっとネタ的に糸引いてる個所があったりしますが、ま、気になさらず。

キンブリー
先月号の最後のコマで、ネクタイの位置がちょうどノドボトケの位置に来てたから。
(ネクタイしてみりゃ分かると思うけど、普通もっと下よね?)
あれはワザとで、ハインケルの牙に対し皮一枚分の緩衝材にするつもりなんだろうか? とか勘ぐっていたんだけど。
全然関係なかったようで。しっかり喉笛噛まれてたのね。


プライドの攻撃
何故、留まった?
結局キンブリーを食らったわけだから、助けるつもりだったとは思えない。
しかも、アル達をお父様の下へ追い立てるよう意図的に言葉を選び誘導している。

国家練成陣を始動させるのに人柱は中央にまとめる必要があったのかもしれないけれど。
アル達にいますぐ、この場から去らせたかったからなのんだろうか?

生きながらキンブリーを食らう為に?


p136 4コマ目
ごめんなさい。ごめんなさい。ごめんなさい。
アルの太もも辺りの触手が、今にふんどしをめくって忍び込みそうな位置にあってえっちぃとか思ってしまいました(爆)。


やってやったぞォーーーーーー!!!
これは予想しなかったヨ!!!
ってか、考えてみたら結構今までも、ヨキっていざって時の懐刀じゃね?
スカーの身代わりしかり。
坑道の歩き方しかり。
さりげなく、美味しいシーンをさらってるぞ。
さすが、牛様に愛されてる事はあるぜ。
しかも。「プルプルプルプリ」って、「プリ」ってなんだよ?「プリ」って(笑)。
うん、うん。美味しい奴だぜ。


あぎゃぎゃ
アル可愛いすぐる。
いやもう。このアルが可愛ゆうて、可愛ゆうて(笑)。
別に動けなくなったわけじゃないんだから、自分で走らせればいいのに。
左足だけもって引きずるは、車に放り込むはと、やってることはあらくたいんだけど。
いやはや、ハインケルさんほっとけないのかねぇ。
それでいて敵には容赦なく、子供に大人を叩きつけてるし。
なんか、本当にお父さんしてるよなぁ。

そしてさらに、車の中でもガンゴン音を立ててるアルの可愛いことっ。


君は私の中で生き続けられるのだから
あ、食ったか食わなかったかぎりぎりの処で、読者の想像に委ねるんだ。
と思ったら、タイトルの下にしっかり「ゴキ ボキン」って食ってるしっ。
これ、初読の時気付かなかったよっ。


錬金術って本当に便利ですね
大佐絵心があって何よりだわ。
実は両方右手だったなんてポカをしてないかじっくりチェックしてしまいましたわよ(笑)。ところで。
もしかして、また下村氏入院した……なんて事ないんだろか?
吹き出しの配置がおかしくね?
1.「錬金術って本当に~」
2.「アイスクリーム屋の~」
3.「だろう? 車の外装を~」
の順番で読んでしまったんですけど?
「だろう?」の吹き出しが落ち過ぎて2コマ目2つ目のセリフに見え、「アイスクリーム屋~」が先だと誤認してしまう。


表の荒っぽい事はブリッグズの奴らに任せてしまえ
ってことは、ブレダやフュリーには別の任務を与えているってことだよな。
それに、リゼンブールのウィンの家に潜んだブリッグズ兵や、おそらくアームストロング家屋敷に潜んでいたバッカニア達や、合同訓練に残ったマイルズ。
そーろそろ、こいつらにも出てきて欲しいなぁ。


ボトボトボト
ベタです。わかっちゃいるんだけど、釣られるんだよなぁ。
 
 
ここからやっと続きを追記(4月26日)。
 
 
突っ込んで来るのがわかっているのだから 待ち構えていればよい!
こういう処が面白いんだよね。
 
利点であるはずの特殊能力を弱点と捕えて攻撃をしかける。
ホムンクルスの蘇生能力を逆に利用してグラトニーを捉えたリン。
スロウスのスピードを逆に利用した少佐。
意外と頭を使って闘ってるのは、主役陣より脇役だったりするあたりとか。
今のところ、エドもアルもロイも力技でゴリ押ししてるものなぁ(笑)
 
 
我々はそのような事知らされてない!!
細かい突っ込みでごめんなさい。
普通、銃筒って熱くて持てないと思うんですが。
単純ミスだと思うんだけど、目に付くんだよー。
 
 
自分の頭で考えろ!!
ええ、まさにその通り。
ちょっと個人的に色々ありまして「代弁してくれてありがとう、オリヴィエお姉さま」って気分だったりするんですが。
ええまったく。人に頼らず自分の頭で考え欲しいものですよ。

エドも、2話でロゼに向かって同じ事を言ってたっけ。
「そんな事自分で考えろ」
ロイの「思考を停止するな」も同じ事。

「鋼」は大切な事は何度でも繰り返し言い続ける。
 
 
手を貸した方がいいかね? 鋼の
すでに貸しておいて、どの口がいいますかね(笑)
 
 
いっつもいい所でしゃしゃり出て来やがる
ええ、まったく。
やっぱり、ヒーロー遅れて登場するんでしょうか(笑)。
 
 
君の涙が思い出される
うわー、ロイってこういう奴だったのかよ。
羞恥プレイとか好きそうとか思っちゃったんですけど(爆)。
 
それに引き換え「水分は大嫌いなんじゃないんですか?」ってリザの返し。
動揺のあまり、嫌味になってないよ(笑)。ロイ全然堪えてないよ。
意外と純情なリザさん。


さっさと闘え!! 私に命令するな 了解
うんうん。やっぱりこうじゃないと。
ロイはへたれな方が好きだよ、うん。


悠長に構えてんなよ!!
ここも構成に難あり。
人形がズズッと這うコマの後、下の放火中のコマを見てしまい。
次にこのエドの台詞を読んでしまい、あれ? となってしまう。

この手の下半分左右ぶち抜きって、もともと読む順番を誤認させやすいんだけど。
その為に、上のセンターのコマも左右見開きで配置するとか、工夫が必要になるものなんだけどなぁ。

今月号、牛さまは勢いだけで描いてしまっているような気がすごくする。
それが必要な事も確かにあると思うけど。
こういう事があると、読む側の勢いが削がれ逆効果になってしまう。
スケジュールが押してるのか、チェック対策を変更したのか。
……ちょっと考えてほしいよなぁ。


マース・ヒューズを殺したのは誰だ
ロイとエンヴィーのこのやりとり。上手いなぁ。
エンヴィーが人間にバカにされるのを嫌うと分かるや、ロイは徹底してそこを口撃してる。
「バカ」「バカ」と繰り返し。
どうせバカなお前じゃないんだろと挑発して、あっさり引き出させてるよ。

そういえば、東部時代も、東部の現状を知る為に直接住民に聞いて回っていた人だったんだっけ。
話術巧みなのも、この伏線か。


バカってのはさぁ
このグレイシアの顔ーーーーー!!
「ひぐらし~」の鬼隠し編のマンガの人の絵かとっ。
目の下の皺とか、口裂け具合とか怖ぇよっ!!
 
 
もう喋らなくていいぞ エンヴィー
5月号発売前には、このあたりが話題になってましたね。
スカーの復讐を許さなかった作者が、ロイの復讐を許すか否か。
その辺りは次号の感想に書きましたのでそちらで。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/28

セリムは何を伝えたか

googleが「サミュエル・モールスの誕生日」って事でちょうど調べやすかったので。
22巻の第90話「不死の軍団」に出てきた軍用通信符号ってやつを調べてみました。
 
参考にしたのはこのあたり。
モールス信号(モールス符号)一覧
ホント世の中ググる色々出てくるよなぁ。
   
さて。作品中に出てきたのはこれ。
 
コーン コン コーン
コン コーン
コーン コン
コン コーン
コーン コーン
カン コーン
カン コン コン
コーン コーン コーン
コン コン コン

これで全部。

これをモールス信号。ハインケルの言っていた、いわゆる「トン・ツー」って奴に置き換えるとこうなる。

-・- ・- -・ ・- -- ・- ・・・ --- ・・・

これをさらにアルファベットの置き換えてみる。

-・-  : K
・-   : A
-・   : N
・-   : A
--   : M
・-   : A
・・・   : S
--- : O
・・・   : S

KANAMASOS

カナマ SOS

ということで、まさかというより、やっぱりそうだったのかよっ、かな(笑)。
こういう処、牛さまは、抜かりないなぁ。あくまでフェア。

カナマに助けに来いと。

ホントにモールス信号でしたよー。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/04/27

鋼FA第4話「錬金術師の苦悩」感想 おまけ

3話までの感想をあげた時は、コミックスを片手にあれやこれやと書いても、水島版を観ながらってのは特にやってませんでした。
水島版の流れがどうだったかは、頭の中にしっかりインプットされてるから問題なかったので(笑)。
  
でも、さすがに今回は、
タッカーや、バスク・グランの声優さんが誰だったけかな? とか。
タッカーの台詞をどんな風に改変されてたんだっけ? とか。
「悪魔の所業ですね」や「ちっぽけな人間なんだ」の台詞がバリー・ザ・チョッパー話にスライドされていたりとか。
色々原作と変えている処が多かったので、7話と8話の対象シーンを見返してみたんですが。
  
わっ、目がおっきい!こぼれちゃいそう!! しかもちっさ! コートに着られてるし!!
何? この小さい子?
ホントにこの子、エド?? 
え? こんなにこんなに幼かったっけ? 
  
全然まったく記憶にないんですが!!!!

……うわー、慣れって怖しい。
  
この時の伊藤エドはまだ12歳で、原作よりさらに幼く描かれているのは確かにそうなんだけど。
たかが1ヵ月で、すっかり菅野エドに慣らされちゃってましたよ。
自分で、びっくりだよ。
  
久しぶりに水島版を見返したらかなり、新鮮かもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鋼FA第4話「錬金術師の苦悩」感想 ネタばれあり(原作ネタばれ含む)

結局、原作よりアニメの感想の方が先にアップになってしまったよ……とほほ。
4月号分はとりあえず書き終えたので、あとは5月号分。な、なんとか次号が出る前には書き終えたいなぁ。

アバン
もういいよ。そろそろ尺の無駄遣いはやめようよー。


前話の復習
これも出来ればいらね。
あ。でも。
「立って歩け 前へ進め」が自分達に向けて言った言葉でもあったって。
うわ、ホントにそうだったんだ。


バスク・グラン
さすがに酔っぱらってる処を殺され……ってわけにはいかなかったらしい(笑)
声も変更無し。今回は善人で良かったですね青森さん。
あ、でもそれはそれで、逆に違和感なんだろか?(笑)
そういえば、水島版でも、タッカーの回に出てきたんだったわ、この人。
奇妙な縁だなぁ。


スカー
おお、びっくり。全然違和感ねぇ。
やっぱこれだけマッチョマンなおっさんなら、このくらいの声がちょうどいいなぁ。


ヒューズとアームストロング少佐
ありゃ? なんで、ヒューズがこんな処に? ヒューズの勤め先は軍法会議所で。
つまり彼の仕事は本来、軍法会議の為の資料をまとめたり過去事件を調べたりとかのデスクワークなわけで。
タッカーの検死に関わったのだって単なる偶然で。ホントは生きたタッカーを更迭する為に東部に出向いたんだし。

この手の調査はヒューズの業務からは関係ないと思うんだけど。
水島版と同じく、原作とは業務内容は変えちゃうのかなぁ。


車のライト
なんてことないんだけど。
この光と影のコントラストがすごくリアル。
なんか眩しいなぁ、とか素で思っちゃったよ。
0401

仕事溜めこんでたんすね おい、ハボック。半分手伝ってくれよ
この「たんす」と「くれよ」の発音が妙というか。一瞬にして、世界が洋画と化してびっくりしたわ。
なんていうか、ガムでも噛みながらしゃべってる感じ?
そういえば、洋画の吹き替えが多い人でしたっけ。
ちょい直していただきたいなぁ。

リザは座って渡しているのに、ブレダは立ちあがって受け取ってる。
上位者にはキチンと敬意を払うタイプって事か。
意外と礼儀正しいらしい。


こっちも いっぱいいっぱいだって
その発音のもっさり具合はどうかと。
しばらくすれば慣れるんだろか。
咥えタバコしてる感じが全然無いのが違和感。
何か咥えて演技してないのかなぁ?


ヨキ中尉ですね(略)エルリック兄弟に悪事をあばかれて現在逃亡中です
おおっ。意外と違和感薄っ。
前回の室園さんに声質が似てる?
実は、水島版でファルマンの声を初めて聞いた時、結構違和感あったんですけどね。
白髪の老け顔なのに何でこんな線の細い声なんだ? て(笑)
それが今じゃその室園さんに似た声で違和感がないとか言ってるんだから。
やっぱ慣れっていうのは確かにあると思うんだよね。
うん。そのうちみんなどの声優さんの声も慣れるといいなぁ。

そして。
話、スルーされたちゃったよっ。ヨキ。
とりあえず、顔写真はしっかりと。
登場した暁には、過去回想とかで少しは事の顛末が止め絵くらいでは出るんだろか?
0429

そっかー。飛ばすんだ、炭鉱の話……。
「悪い兄を持つと苦労するよ」が聴きたかったなぁ。


受信機が駄目ですね。部品を変えないと
おおっ。カッキーも違和感無し。びっくりだわ。
この声で是非「絶対生き残ってやるぅぅぅ!!」が聴きたい。


お帰りなさい 2人とも
エルリック家を訪ねた時と声違うやん。
大人っぽくじゃなく、お母さんぽくなっちゃった?
美人声ではあるんだけど、もっと凛とした感じが欲しいなぁ。
「大佐がお待ちかねよ」はそれほど変じゃなかったんだけどなぁ。
まだ、安定してないのかな。


別にあんたの為じゃねえよ
水島版だとアルがここで「兄さんっ」ってたしなめるトコロ(笑)。
ホント今回、アルが普通に男の子してるよなー。


石をどう使えばあんなこと出来るんだろう
そうそう。前回書きそびれたのだけど。
エドが賢者の石について「錬金術師が使えば」って言ってる。
もちろん原作にも「錬金術師がこれを使えばわずかな代価で莫大な錬成~」とある。
賢者の石はあくまでもブースターであって、それ自身が錬成させる機能を持ち合せているわけじゃない。
錬成陣は自分で書かなきゃいけない。
賢者の石を有効利用出来るか否かは、その人物が正しい構築式を理解出来ているか否かにかかってくる。
アルのこのセリフが、それをキチンと補填している。


生体錬成の分野には詳しくないから
ええ!!! 人体錬成は詳しいのに???
と思ったんだけど。違うか。
人体の構成要素を使って一から錬成するのと、おそらくDNAをいじって動物を掛け合わせるのとじゃ確かに違うか。


なら専門家の手を借りてはどうだ?
このきょとんとしたエドの顔がかわいいっ。
うん。だいぶ絵が落ち着いてきたかな。
0403


Field : Training biological growth
生物学の発展に貢献 とかそんな感じなんだろか?
英語は詳しくないのでよくわからん。
0402


疑わしい目で見るんじゃないっ
やっぱりこういう細かい処で解釈の違いが出るなぁ。
ロイはこんな風に、机を叩いてから怒鳴るんじゃなくて。
机を叩きながらすでに怒鳴ってるような。
一見冷静に見えて、実は鉄火小僧だと思ってるんだけどなあ。


あらためて はじめまして エドワード君
おおっと。声は変更なしか。

うん。大した意図は無かったんだと思う。
でも、応接間のマントルピースの上の写真立てなんていったら、普通家族の写真を飾るものじゃない?
なのに、タッカーは誰もいない風景を飾っている。
すでに彼の心の中に、家族なんて存在しなかった事の象徴なのかもしれない。
0404


他言無用でお願いしたい
が、ないんですけどっ!! これは大事でしょ? 大佐っ。
口止めしないでどうするっ。
 
 
高いぞ、高いぞおっ
ふわー。
ホントにくぎみー、演技を変えて来てるよなぁ。
アルだけど、確かにアルなんだけど。
ちゃんと別もののアルになってるっ。


獅子はウサギを狩るのも全力を尽くすと言う
この演出好きだぁ。
わはは、スポットライト浴びてるよ。
しかも、犬!! 後ろ向きで逃げるなぁぁぁ!!
どっちも原作にはないけど、すごく原作テイスト。
0405
0406


よぉ大将迎えにきたぞ
この声はいい感じ。うん。
あ、そうか。
この為にはじめに、エド達に彼らの部屋を訪れさせのか。
彼らはすでに知り合いだって。
原作だと、トレインジャックの後で、ハボが大佐とエドの事説明してたものなぁ。
しかし……原作より老け顔だよなぁ、ハボ。


また明日おいで
この言い方がさ。いい人。なんだよね。
国家錬金術師なんてものに執着さえしなければ、いい人でいられたはずなんだよ。この人だって。
0407


CM!
BD&DVDに盲目の錬金術師が収録だと???
もともと買うつもりだったから、私はノープロブレムなんだけど。
これで、歯噛みしながらも買う人が増えたな(笑)。
でも確かに、コミックスに収録されているわけじゃないから、原作ファンでも未読の人がいるかもしれないし。
それを、公共電波でネタばらしするよりか、あらかじめ載せますよって告知したうえで視聴有無を決めさせる方がフェアではあるよな。
でもこれで、あと未収録分の3話は製作される可能性が出たってわけだぞ。
0408


ちょっとさみしいな
ちみっこ再びっ!
原作だと、5巻20話の冒頭の絵に近いかな、そっちだとエドだけ、だけど。
特筆すべきは、書斎の壁に、賢者の石を作る為の錬成陣が……ない、って事でしょうか? 
やっぱりアニメではこの手の伏線は難しいからパスするのかなぁ。
0409
0410


SOLEIL
そのまま素直に訳しちゃうと「ひまわり」の事だけど。
やっぱりここは「太陽」って意味にとっておくべきでしょうかね。
単純に錬金術師には「太陽」とか「月」は普通に出てくるけど。
本編が今、日食を間近に控えてるだけに、やっぱりそこに引っかけてるんだろか?
0411


もうすぐ査定の日です、お忘れなく…(エコー)
あうう。
だってだって、やっぱりさ。
この声はキンブリーって頭がまだ残ってるんだもん。
声だけ聴くと余計にぃぃぃ……。
「もししくじったらさくっと殺しちゃうよーん」って含みでもあるみたいに聞こえてしまうぅぅぅ。


Basque Grand for murder
?? こういう書き方ってするものなの?
この書き方って「Daial M for Murder」しか思いつかないのだけど(邦題は「ダイアルMを廻せ!」)。
普通、ミステリーのタイトルの付け方に則ると。
The murder of Basque Grand
あるいは、
The murder case of Basque Grand
なんだけどなぁ。
0428


これで国家資格を失わずに済むよ
原作では「また当分研究費用の心配はしなくて済むよ」。
微妙な違いだけど。たぶん重要。
家族が暮らしていく為に研究費用が必要だったのに、研究費用を得る為に家族を殺してしまった原作と違い、こっちはそれ以上に一度手に入れてしまった「国家錬金術師」という権威を手放せなかった者として描かれている。


国家資格取ったのいつだっけ?
だだっ広い床の奥に。
正面を向くタッカーと、後ろ向きのアル。
真ん中にエド。
そしてタッカーだけポーズが変わる。

効果のほどはさしてないように思うのだけど。構図自体は面白いなぁ。
より、原作にある、あの間が意識されてる。
0412
0413


君のような勘のいいガキは嫌いだよ
水島版と比べて観るとすごく面白いっ、ここ。
水島版では、タッカーはため息まじりにのんびり答えてる。
やれやれ、バレたのか、って感じに。
入江版だと、すごく早口。口をきく事さえ嫌悪してるよう。
エドの才能への嫉妬やガキのくせにという侮蔑。

エドがこの後に「人間なんだよ」って叫ぶように。
タッカーもまた人間なんだ。
ごく当たり前の人間らしい感情なのに、彼には力があったから。
狂気な行動を選んでしまった。

そして。この後のエドがタッカーに掴みかかる一連のコマ。いいなぁ。
一瞬、視聴者に向かって手が伸びてくるからすごいエドの気迫が伝わる。
0414
0415
0416
0417
0418


それも君がいう”人の命をもてあそんだ”結果だろ
そうだ。原作でだってエドは、これを言われてブチ切れてるんだ。
自分達の罪状は分かってるし、報いも受けてる。理解もしている。
 
でも、理解と、それを納得しているかどうかなんて。
別問題なんだ。
何を言われても痛くも痒くもない。その報いは全て受け入れるなんて。
そこまで達観しているなら、身体を取り戻そうなんて思わない。

でも理解しているから。苦しむんだ。
本当は、タッカーの行為が、エドの行為とさして変わらないと分かっているから。
タッカーの存在が認められない。

こうやって、他人に傷口に触れられて抉られて。
そうやって強くなってきたんだ。


きれいごとだけでやっていけるかよ
だから、このセリフもなくなってるんだなぁ。
タッカーもまた全てを割り切った人じゃなく設定されているから。


それ以上喋ったら今度はボクがブチ切れる
のセリフが無くなったのは残念だけどなぁ。


ごめんね ごめんね
目の光が消えるのが、まるで目を閉じたように見える
目に光のないアルって、魂がないみたいに見えて本当は嫌いなんだけど。
こういう使い方は好きだな。
そして、ニーナの頬を愛しそうに包む仕草がせつない。
04230424


間に合ったんだ。これでまた国家錬金術師に
エドが蹴とばした銀時計を一心不乱においかける、このタッカーの解釈好きだなぁ。

うん。4話目だし。そろそろ妥当だと思っていいのかな。

1話からずっとひとつのテーマが書かれてる、と思う。
そのテーマがあるから「炭鉱の街」もおそらく「車上の戦い」も(まだ?)描けないんだ、と思ってる。
そのテーマは何かっていうと。

妄執、かな。
人間の愚かさ。
妄執に憑かれ、過ぎた力で人生を狂わされる物語。

国家錬金術師にしがみ付いたタッカー。
神の御業に縋ったロゼ。
母親を願ったエドとアル。
大総統への怒りに目がくらんだアイザック。

それぞれに大切なものがあって、それを手にするため守るために、手を出してはいけないものに手を出してしまった。
そういう話を繰り返し描いてきている。
国家錬金術師であることの価値や意味が、エドの中で問われ続けてる。
だから、そこへ今、錬金術だって人の役に立つんだよっていう、炭鉱の話や、トレインジャックの話を置くわけにはいかないんだろうな。


むりやり納得してでも進むしかないさ
台詞が長いからいろいろ縮めたり変えたりするのは仕方がないとして。
これは入れて欲しかったなぁ。


そうだろ 鋼の
エドの「うるさいよ」がないーっ。好きなのにっ。
エドのロングカットがあって、こんなにこんなに間はあるのに。
「いつまでそうやってへこんでいる気だね」だって十分入りそうなくらいだよ。
何故?

しかも。
こんな事たいした事じゃ無いだろうがって、強い張りのある声で問われるから「うるさいよ」って言い返したくもなるんであって。
……こんなぬるい声で言われたら、エドじゃなくても返事を返せないよな……。

もともとエドのセリフがないから、ロイのセリフがこうなのか。
ロイのセリフがこうだから、エドのセリフがカットされたのか。
どっちなんだ???


オレ達は悪魔でもましてや神でもない人間なんだ 人間なんだよ
リオールや「炭鉱の街」や「車上の戦い」で彼らはスーパーマンだったから。
だからこそ、錬金術でも救えないものがある事を目の当たりにし、叩きのめされる事で、この台詞が本当に意味を持つんだと思うんだけどね。構成上仕方がない。

ちょとした原作との違いだけど。「人間なんだよ」を2回言ってる。
この方が説得力あるかな。
原作はロイに向かって吐いている。言ってしまえば八つ当たりだ。
へこんで何が悪い。人間なんだ。何も出来ないガキなんだ、悪いかっ、て突っかかってるようなものだ。

だけど、今回。ここでエドは天に向かって叫んでる。
絵的にあまり綺麗じゃないんだけどね(笑)。
人間としてのちっぽけさではなく、人間っていう存在のちっぽけさが、悔しくて叫んでる。天にツバ吐くようにして。

だからロイは大人らしく「カゼをひく 帰って休みなさい」とは言えないんだ。
自分もまたそれを悔しく思う1人だろうから。なだめる言葉が言えないんだ。

好きなんだけどな。このロイのセリフ。


ショウ・タッカーだな
この嘘くさい遠近法(笑)、私は好きなんだけど。
好き嫌い出そうかなぁ。急な勾配がまんま双方の心情に直結してる。
0425


滅ぶべし
原作まんまのターミネーターっぷり。いいなぁ。
0426


最後のショット
敢えてこのコマを原作と変えて来てる。
やっぱり、ロイに帰りなさいって言われなかったからか?
0427


脚本=土屋理敬
演出=佐藤清光
絵コンテ=三條なみみ
作画監督=飯島弘也

 
【おまけ 次回】
5話
脚本=土屋理敬
演出=池畠博史
絵コンテ=入江泰浩
作画監督=塚本知代美

次回も脚本が土屋さんで、絵コンテが入江監督による、スカー戦!! おおっ、期待だっ!!
しかも5話と言えば、くぎみーが、喉を枯らしてしまったって言ってた回じゃん(きっと、「兄さん 逃げろよ」のくだりだよね!!)。楽しみ♪
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/26

「Comics DRWING 2009年 No.5」買いました。

「Comics DRWING 2009年 No.5」買いました。
お題は「男子キャラクターを描く」ってなってるけど、荒川先生オヤジしか描いてないしっ。
と思ったけど。
通して読んでみたら、他の方も、男子キャラクターを描いていない方がちらほらと??
 
というわけで、表紙こそ、エドとアルが描かれてますが(12巻の初回限定装版表紙絵)。

鋼の錬金術師(12) 初回限定特装版 (SEコミックスプレミアム)
荒川 弘
スクウェア・エニックス
おすすめ度の平均: 4.5
5 リンの皇子としての一面
5 アニメでは手を下していたけれど
3 続きが気になる・・・
5 怒濤の4コマ、怒濤の本編
5 最高12巻!!!

本編のメインはごっそりアームストロング少佐に持ってかれてましたよ。
「上腕二頭筋と胸筋が好き。」ってそれはもう言われなくとも、ええ、ファンならきっと誰もが承知している事でしょう。
常に愛が溢れかえっていますから(笑)。

19巻のボツになったおまけ4コマが、アル好きとしては、ほっ。
ボツにしてくれてありがとう、下村さん。
パンツを被るなパンツを(笑)!

噂のアニメ用絵コンテ用紙が見れたのがちょっとラッキー。
21巻の、ロイがリザ達と合流する場面のものが2枚掲載されているんだけど……。
順番が逆じゃん(笑)。編集さんそれぐらい気づいてくれや。
枠外左の「>」がページ切り替え位置ですね。そんでもって数字はページ。
台詞は多少このあと修正されているようだけど、構図はほぼこの時点で確定っぽいっすね。
そういう処で迷いがないんだなぁ。

本棚が掲載されているとつい、チェックしてしまうのが本好きのサガといいますか。
牛の頭部写真の奥に見える赤い背表紙の新潮社文庫は宮部さんかな、とか。
その隣の講談社文庫のオレンジ背表紙は、はて誰がいたっけかな? と思ったり。
西洋人名辞典は、例のキャラ命名用かしらとか。
参考資料に「SAS」があるのには、やっぱりねと思ったり。
「空の名前」が何故?と思ったけど、空の背景用資料に使ってるのねと思ったり。
「BUGATTI」って何ぞや? と調べたら車のメーカーだったり。
色々楽しいや。「牛に願いを」のDVD(かな?)があるのは流石(笑)。

リキテックスのカラーチャート下にある髑髏マークが気になって調べてみたら、意外と簡単に引っかかってきました。
自爆ボタンモバイル
中身がないって事は使ってるんだろか?
さらにカラーチャートの左にある羽のやつ、これはやっぱり「デーモンズ・レキシコン」に出てくるタリスマン用資料だったんかなぁ?


アームストロングをメインに、ヒューズ、ロイ、ダリウス、ハインケルの顔だけ のえんぴつ原画 サイン入り が1名。
コミックス21巻サイン入りが2名。
の読者プレゼントがありますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/25

おれが兄さんを守る!

メディアファクトリー何考えてんだよ(笑)。
この帯のコピー! 嫌が応にもつい手がぁぁぁぁぁぁぁぁっ(笑)。

荒川先生が表紙を描くって事ですでに情報が、前々から流れていた「デーモンズ・レキシコン」ですが。
兄弟ものだったんですね。
しかも、兄さんは「足がすこしわるい」らしい。
何もそんな処に共通点がなくても(笑)。
 
弟のニックが主人公で、ニックはナイフ使いでやんちゃ系? 睨まれたら誰も逆らえない。
なのに、兄さんだけは別らしい。一人称が「おれ」。
兄のアランは料理が上手で頭がよくて、弟をあしらうのがうまい。一人称が「僕」。

なんつうか、兄弟スキーの同人の、兄弟をひっくり返したような関係に、めまいが…。
立ち読みだけするつもりがぱらぱらっとページをめくったあと、つい足がレジカウンターへ(笑)。

メディアファクトリーってこういうところ妙に商売上手だよなぁ。
そういえば、メディファクラジオってキワモノアニメが多いし。
コアなニーズを心得ているというか。なんつうか。
ええ、思いきり釣られましたよ、自分。

もし壁本(壁に投げつけたくなるような駄本)だったら、表紙だけカラーコピーとって、早々にブックオフに売っぱらえばいいや、と懐をなだめ、つい買ってしまいました。

しかも。
まるでお約束のように、飲み屋に忘れてきちゃったよ。
あーあ。明日取りに行かなきゃっ。

デーモンズ・レキシコンI 魔術師の息子
サラ・リース・ブレナン
メディアファクトリー
売り上げランキング: 69564

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/21

鋼のインタビュー記事

忘れるところでした。

TVStationにくぎみーのインタビュー掲載
鋼についてくぎみーのインタビュー記事が掲載されてます。
特に新しい事は言ってなかったけどね。
リンク先には特に掲載ありませんが。
のちのち「取材帰りの電車にて」にこぼれ話が掲載されるはず。

『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』朴さん、釘宮さん「真理の扉」に登場!
かなり今更くさいんですけど「TAF2009」の記事です。でも結局ここの記事が一番詳細。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くぎみーのお仕事チェック

鋼が始まってからついつい、くぎみーのお仕事チェックが疎かに。
たなかのか「タビと道づれ」がドラマCD化

「かなめも」アニメ化
 
「OVA うたわれるもの」よりアフレココメント&Webラジオ情報が到着!
 
このくらいかな。今のとこ。

新作アニメも今回あんまチェックしてないなぁ。
あ、既存の「銀魂」と「ヘタリア」(スイスとリヒテンシュタインの出番がもうすぐ!)はチェックしてますよ。ええ。
でも、新作だと「鋼FA」以外でまともに追ってるのって「バスカッシュ」と「花咲ける青少年」くらいかも。
一応「咲-saki-」と「クインズブレード」と「戦国BASARA」の1話は見たけど。
2話以降のチェックがすでに停滞……。

えー、だって新作チェックする暇があったら、鋼を腐るほど見返してる方が楽しいんだもん。
アル可愛いよ、アル(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラジオFA宣言 第1回

音泉の鋼の錬金術師 ラジオFA宣言 の第1回が配信されました。
 
ということで。ほらね、やっぱり第1回目の投稿は狙い目でしたよん。
読まれたうちのどのメールだったかは……ブロガー仲間にはバレてそうですが(笑)。
新コーナーとか、回りが様子見していて投稿が少ないうちに出しちゃったもん勝ちですよ。
 
さて内容はというと。
朴さんとくぎみーが、いちゃいちゃしてちゃってて、いやはや、ご馳走様でした。
どっちかっていうと、朴さんの方が世話焼きタイプだものねぇ。
先日の焼肉で、朴さんが焼けた先からくぎみーのお皿に乗せてあげていたなんてエピソードが語られていて、想像するだけでにやけるわー。
兄弟スキーは聞くべし。
 
ところで朴さん。ご自身がくぎみーの事を「腹黒」だの「黒いコスモス」だの言ってたことは、すっかり忘れてるんですかねぇ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鋼FA第3話「邪教の街」感想 ネタバレあり(原作含む)

本当は昨日にはあげる予定だったのが、台詞を書きとるのに見返していたら、気づくとつい見入っていて先に進みません。よく昔リアルタイムで見ただけで(その頃は公式掲示板に)感想カキコしてたよなぁ自分。

ということで第3話感想です。

アバン
やっぱり毎回ですか。うーん。ちょっとなぁ。
この分の尺を使えば……うにゃうにゃ……。
 
 
コーネロ
あ、これCARNIVALの時のメイキングに流れてた声だっ。
そっか、あれ、3話だったんか。
 
 
ごちそーさん
スツールから降りるとひょこっと、背が背が!!!(大笑)
いやはや、兄さん可愛いっす。
0315
0316

 
まあ見てなって
こんなとこまで原作の絵通りの角度で起こしてるよ。
ともかく今回はなるべく出来るだけ原作に忠実にって事でしょうか?
0317
 
 
タイトル
アイキャッチと同じく、タイトルバックは毎回変えるつもりみたいっすね。
1話が、アイザックの錬成陣と、ロイの錬成陣
2話が、ヒヨコを錬成したエドの錬成陣と、人体錬成の錬成陣
3話が、ラジオを直したアルの錬成陣と、人体錬成の錬成陣
とりあえず、実際に使って無くともそれに関わる話ならOKのようだけど。
エドは基本手パンだし、のちのちアルだって手パンになるし。
したら、どうするつもりなんだろ??
 
 
ロゼの声
ちょっと大人びた感じ?
聞き覚えがあるようなないような……と思ったら、魅音か!
これは、このあとの性格前向きなロゼも楽しみだっ。

桑島さんはもっと少女少女した声だったからなのか、だいぶ受ける印象が違うなぁ。
水島版だと少女の恋愛だからこその盲目的な愚かさって感じだったし。
レト教は、ワインの噴水を作ったりと、人々の生活を救ったからこそ、一度知った「楽」を手放して元の苦しい生活には戻りたくない、欲の象徴で。
だからそれを奪おうとするエド達は悪魔な存在とされてたわけで。

今回はなんていうか。ロゼは大人の女性の愚かさとでもいうのかな。
そして、レト教は現在のエセ新興宗教のような、人間の弱さに付け込む存在として描かれている気がする。

ロゼが縋っていたのは、レト教でもましてや賢者の石でもなく、本当は恋人だったのだと思う。
恋人に縋っていたからこそ、恋人に戻ってきて貰わないと自分は生きていけないという思いが、レト教を受け入れさせた。
エドが、一人になるのが怖くて(だと思っているんですよ)縋れる存在欲しさにアルの魂を錬成した行為に、より重なる。
きっと、自分が縋れる存在を取り戻してくれるなら、何だって良かったんだ。
エドが、自分の身体のどこが持っていかれようが何だって良かったのと同じように。

だからこそ、レト教がダメなら、錬成がダメなら、今度は賢者の石を欲しがる。

あ、あと。
宗教そのものを否定しているわけじゃないっていう、海外配信に向けての考慮って事もあったのかな?


大人1人分として計算した場合の…
ここっ!!!
ここで下を向くエドっ。
0301_2
 
これはスタッフ、してやったりだろうなぁ。
これは、原作でも、水島版でも出来なかった。
何故って読者・視聴者は、エド達の人体錬成の失敗を知らないから。

視聴者はエドが一般論を語っているのではなく、自分たちの失敗を語っているって事が分かっているから、ここでエドを俯かせる事が出来る。
よりエドの心情を見せやすく、また理解して貰いやすく演出出来る。
 
 
ちなみのこの成分材料な。市場に行けば子供の小遣いで…
これもそう。
6巻を読んだときにこれが伏線だったと気づくのは難しい。物語の中でそれが語られる事もないし。
読み返して初めて「ああ、これはエド達が実際に市場で買った事を言ってたのか」って気づくしかない。
だからこそ、ここでエドが必要以上に陽気にしゃべる言葉の裏の意味を、視聴者は理解出来る。
 
 
人間てのはお安く出来てるな
ここの朴さんの演技がいいっ!!
うんうん。これだってそうだ。
神への冒涜なんかじゃないし、皮肉なんかでもない。
自分が人体錬成をお安くみていた為に引き起こした事に対する自嘲であり、反語だろう。
そんな材料を揃えただけでどうにかなるものではないと身を持って知っているからこその。

原作では読者に任せるしかなかった伏線の落ち穂拾いを丁寧にやってくれている。
この2画面切り替えはちょっとダサ過ぎてどうにかして欲しいけど(笑)、こーれはちょっと原作ファンとしても嬉しいぞっ。
 
 
錬金術師は科学者だから 創造主とか神様とかあいまいなものは信じちゃいないのさ
原作にもあった言葉だし、実際に錬金術師は無神論ていうか、錬金術を神として崇拝していたから、いわゆる「神」を崇拝する必要性を感じていなかったとか言われているのは、そのあたりは調べれば出てくるんでさておきとして。
 
ここでまた下を向いているエドのこの表情がいいのっ。
目を不自然にずっと大きく開いたまま表情ひとつ変えず、またたきもしない。
それが、まるで涙を堪えているように見える。
「だって神様は、母さんも俺たちも救ってくれなかったじゃないか」ってそんな事を言い出しそうな顔してる。
0302
 
もしかしたら神様を信じていた頃だってあったかもしれない。でも、母親を亡くた事と人体錬成の失敗が、「賢者の石」という名の神様を、エドに信奉させているのかもしれない。
前を向くロゼと俯くエドの絵が好対照になっている(だからといって2画面切り替えはなぁ……)。
 
そっか。だから今回のアルは「こっちに来ちゃいけないよ」とは言わないのかな。
エドもロゼと変わらない。
縋るものが人か、物かの違いでしかないんだ。
まだエドは本当には、そこを乗り越えていないのかもしれない。
 
 
お嬢さん そんな事を考えていた科学者でも…
エドがお嬢さん言った、おじょーさん!!! 笑かすっ。
  
 
副教主様
やっぱ、「師兄」は、音だけだと分かりづらいんでやめたんかな。
実際、水島版ときは、コミックスひっくり返して調べたもん。 
 

早く終わらせようぜっ
2分割するなら、ココこそマンガ通り、エドとアルの2分割でやれば喜んだのに。
 
 
ストライーク ボクの頭!
じゃなーーい!!!
えー、このシーン好きだったのになぁ。
 
 
オレが鋼の錬金術師だっつぅぅぅぅぅの!
の後の、エドがかっこいいっすー。
1話丸々絵がいいわけじゃない分、喜びも一塩かもしんない(笑)
0303
 
  
信者にひどいことさせるなぁ
ええ、まったく。
原作だと「へー ひどい神様もいたもんだ」なんですが。
やっぱり海外配信対策かなぁ。
 
 
どうもこうも こういうことで
ロゼを腹の中に入れるエピソードを減らす関係上っての分かるんだけど。
うーん、やっぱり原作通りの流れので見たかったなぁ。
 
 
あいにくと特別性でね
このエドもかっこいい!!
わはは、決める処は決めるぜっ。
0304
 
 
降りて来いよド三流(Aパート)
とても上と同一人物とは見えませんな(笑)
いや、これはコレでかっこいいんですが。
顔を丸くしたってどこらへんがですか?(笑)
0305
 
  
降りて来いよド三流(Bパート)
すでに検証されてるサイトがあるんで、何を今さらになるんですが。
何度も取り直してキャプったものなんで、やっぱり貼っておこうかと。
0306_2
0307_2
0308_3

エドの機械鎧に白い丸がかかり、それが実はロゼの目の中の光でしたって演出なんですけど。
ロゼの目の中のエド見えます? 
画像をクリックすると元の画像サイズで表示されます。むちゃくちゃでかいのでご注意を。
だけどさ。
なんだよ、左右間違えてるじゃんって思われてしまった時点で、すでに演出としては失敗です。
こんな一瞬じゃなくて、丸々このセリフを目いっぱい使って徐々にロゼの目に移ればいいのに。
見慣れれば、スロー再生も、コマ送りもなくたって、確かに分かるんだけど。
初見でこれはつらいよ。
子供が理解出来る作品っていう命題からすでにズレてるよ。
Aパートのエドの演出が気に入ってるだけに残念だなぁ。
とりあえず。絵コンテ・演出はこの人ね。覚えとこ。
0309
 
  
これが神様とやらの領域を侵した咎人の姿さ
原作通り。と思ったらそれともまた微妙に違うんだ。
水島版の叫ぶのはちょっとどうかと思っていたんで、それよりは好きですが。
兄さんの背中が何気に色っぽくて好きですが。ええ。
でも。やっぱり原作通り、重っくるしく、コートを剥ぎながら言って欲しかったなぁ。
ここも尺の問題だったんだろうな。
ロゼを諭すシーン2か所を1か所にまとめたって事か。
 
 
いや オレって神様に嫌われてるからさ
わーい。このシーン好きっ!!!


出口が無けりゃ作るまでよ!!
えー、これくらいは入れて欲しかったなぁ。
絵なんてなくても、OFFで入るじゃーん。
 
 
とお
あまりに間抜けだったので思わず。
キャプってしまった。
0310
  
  
はい 邪魔ーっ
入江版は、アルが原作っぽく男の子男の子してていいなぁ。
うんうん。
ほら、水島版のアルはヒロインでしたから(それはそれでまた萌えポインツ高し・笑)
0311

 
あ、なんかいやらしい事考えてる
ちぇ、これもカットか。
 
 
鐘がない
うーん。これまたカットかぁ。残念。
 
 
兄さんも「天才」だなんて言われてるけど「努力」という代価を払ったからこそ
この台詞はぁぁぁぁぁぁ、カットされて欲しくなかったなぁぁぁぁぁぁぁ。
 
 
コーネロ様にはそれが出来るのよ
結構しつこく、コーネロの言葉を信じてるなぁ。
と思ったら、そうか。
さっき結局、コーネロは錬金術って認めなかったからか。
 
 
あと数年の後に、私はこの国を切り取りにかかるぞ
見覚え(聞き覚え?)のあるセリフなのに。
コミックスの同じシーンを開いても あれ?? あれれ??? ないぞ??? と思ったら。
教主の部屋で言ってた台詞でしたか。
これも尺の問題だなぁ。
教主が自分の野望を2回言ってるのを1回にまとめてるわ。
 
 
だからあんたは三流だっつーんだよ
この兄さん、何気にカワユス。
0312
 
  
まだあきらめんぞ
巨大化ネタぁぁ?? いるのか? これ??
一応Bパートの盛り上がりが欠けてるからいれなきゃいかんかったのかなぁ。 
こんなん入れるくらいならぁ、ぶちぶち…。
 
 
やっとお前の身体を元に戻せると思ったのにな
ちょっ、このショット萌えましたっ。
エド、アルにコンコンってやるの好きだよねぇ(笑)。
うきゅー、可愛いっ。
0313
 
 
黙れ 死んだ人間は生き返らない二度と
原作にはない言葉。だけど何度も繰り返されてる。
やっぱりこれは11巻への伏線であって。
物理的に不可能という意味ではなく。蘇らせる事が出来るのはあんな姿でしかなく、その母親すら自分は殺したという思いからくる悔恨なんだろか?
0314
 
  
立って歩け前へ進め あんたには立派な足がついてるじゃないか
あったぁ。良かった。
でもニュアンスが水島版と違う気がする。
エドが自分自身に対しても言っているような感じに聞こえる。
付けたされている「何にも縋る必要なんてない」も。
色々含みがありそう。
これはこれで面白い解釈してるかも。


ちょっと騒ぎを起こすだけで良かったのに
エドが? だよねぇ。
やっぱりラスト達が裏からエド達をリオールに呼び込んだって事かな。
しかも、賢者の石をコーネロに渡したことが伏されてる。
ラストたちの暗躍内容も多少変えるつもりなのかな。


白鳥グラ登場
あ、声低っ。
これはこれでありだけど。
グラトニーが死ぬシーンとかは、やっぱり高戸さんのあの声で読んでたから違和感でちゃうかなあ。


ということで、ほぼ原作通りの展開。
予想は大幅に外れかぁ。
じゃあ一話でグラは誰を食べてたんだろ?
 
 
予告
なるほど。そうやって繋げましたか。
炭鉱と、トレインジャックはカットかなぁ。
いや、炭鉱はどこかでやらないと、ヨキとメイチャンに繋がらなくなるし。
トレインジャックは、発火布の説明になるから、変わるものをどこかで入れないとまずいだろうしなぁ。


おまけ。
毎日放送 2009年4月26日 以下引用。

[データ]鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST
ロイ(声・三木眞一郎)より「綴命の錬金術師」ショウ・タッカーを紹介されたエド(声・朴ろ美)とアル(声・釘宮理恵)。タッカーは2年前、人語を解する合成獣(キメラ)の錬成に成功した生体錬成の権威であった。タッカー宅で資料を探す間、その娘・ニーナと親しくなるエド達。一方、年に一度行われる国家錬金術師の「査定」日を前に、タッカーは焦りを募らせていた。【データー連動放送】
※次週5月3日の放送は夕方5時30分からになります。
【声の出演】朴ろ美 / 釘宮理恵 / 三木眞一郎 / 折笠富美子 / 内海賢二 / 藤原啓治 / うえだゆうじ / 浜田賢二 / 名塚佳織 / 三宅健太ほか
 
 
ということは次回の登場人物は、エド/アル/ロイ/リザ/アームストロング/ヒューズ/ハボ/ファルマン/ロス/スカー が確定。ってことは。
キメラどころか、タッカー殺害後に、中央からヒューズとアームストロングが乗り出して来る処までやるって事? で、さらにロスって・・・・・・単純にアームストロングと一緒に付いてくる事にして、顔見せだけ済ませるって事なんだろか?
まさか、リゼンブールに帰る話がはしょられて、第一分館ネタなんてことは……! 
いやまさか、そしたらマルコーが出せないし。うむむむ??

脚本=大野木寛
演出・絵コンテ=大久保政雄
作画監督=野田康行

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009/04/16

アニメーションノート NO.13

「アニメーションノート NO.13」に、入江監督と、菅野宏紀さんのインタビュー記事が掲載されています。
CGで背景を描いてもそこにフリーハンドを入れるこだわりとか、
キャラクターは、3Dでトータルな美しさではなく、他の角度から見たらおかしくても、この角度で描く一番カッコいい絵で描いて欲しいと依頼した話(うろ覚えなのでニュアンスだけ受け取ってください)とか、
見所はと言われて、「ストーリー」と答えしまってたり(絵について語る「アニメーションノート」的にそれはNGでしょう・笑)とか。
 
そんな内容でした。
 
スタジオの写真に、ロックウェルの画集があるとあって。あ、なるほどなぁ、ああいった空気が描きたいんだなと思ったり(リンク先の「老船長」とかホーエンハイムに見えません??)。
ちなみに、菅野さんが、コミックスを見ながらキャラ設定を起こしている最中の写真があるんですが、こ、これは……イズミだ!!
  

アニメーションノート no.13 (2009) (13) (SEIBUNDO Mook)

誠文堂新光社
売り上げランキング: 2655

| | コメント (0) | トラックバック (0)

22巻売上げとか、アニメの視聴率とか

本の王子様:「ハガレン」貫禄のトップ 注目「けいおん!」既刊が驚異の伸び
集計期間が1日にもかかわらずトップ。だそうです。
すっげぇ。しかも今回コアファンは特典目当てでアニメイト購買層が多かっただろうに。

Gyao総合視聴ランキング
5時現在は総合5位。15日の昼ぐらいは総合で3位でしたよ。
ちなみにどんどん新作が更新されているのに、ですよっ。うんうん。視聴率は決して悪いわけじゃない。

週間高世帯視聴率番組10 ビデオリサーチ
鋼FAの2話の視聴率は5.3% だったようですっ。1話が3%台って噂を聞いていたので。こちらもちょっと、ほっ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鋼FA第2話「はじまりの日」感想 ネタバレあり(原作含む)

ネタバレ回避にOPネタでも。
OPの随所に見える妙なこだわり具合が好きだったりするんですが。
 
♪この思いを捨ててしまうには人生まだ早いでしょう
 
このすぐ後に、小さくキュッって音を立てて、チビエド、チビアルの目の前でドアが閉まりますよね。
 
これ。ギターの弦を指が滑らせた音なんですよね。
(もしかして、今さらネタでした?)
某所でゲットしたフルコーラスで検証してみたら。そっちにも確かにある。
 
偶然でここまで重なるわきゃない。
一番耳を集中させている作業中ならなおさら、この音に気がつかないわけがない。
完全にその音を狙ってドアを閉じる絵をひっかけて入れてるよこの人。
  
そういう妙なコダワリが面白い。
1小節の奇数音目(つまり1拍目と3拍目)に合わせたカットインやアクションを多数起用。
そうかと思ったら、1拍、2拍と立て続けてアクションがあったり(ロイの指パッチンが実は両手だったって気付いてました?)
あまりに小刻みに当て込んでるもんだから。己はMAD職人かと(笑)。
見てると楽しくてしょうがない。
 
 
って事で前置きが長くなった。 第2話感想いきます。
 
 
アバン
うーん。水島版のアルのナレーションがインパクト強かったから。
おじさん声はつまらないなぁ。色気がない。引き込むインパクトが足りない。
2話だけであることを是非とも期待したい。
  
 
汽車からの景色
Aパート頭の汽車の中のエドとアル。
エドの腕ごしに見える背景が……う、動いてなくね??
なんだよそれ!!! どんな手抜きだよ!!!!!
と思って、よーーーーーーーーーくっ見るとかすかに動いてました。
どんだけ遠景なんだよっ。
東方はそれだけ、何にもない処ってのが良く分かる背景でしたけどね(にっこり)。
そんなアンチが突っ込みやすい材料を敢えて与えんでも。
 
 
座席
水島版では向かいあって座ってたのになぁ(OPは横並び)と思ったのだけど。
あ、でも考えてみたら。
アルが座ったら隣りには小さい人しか座れないものね。
他人の邪魔にならなくていいのかな? と思ったのだけど。
でもアルの足が邪魔で向かいの人は足を伸ばせないものな。
結局どっちでも同じか。
原作は、はす向かいに座ってるシーンもあれば、4人で座ってるシーンもあり色々でしたね。
 
 
ブランコ
うわぁぁい、ホーエンハイムの作ったブランコがちゃんと出てきたよっ。
うぉぉぉ、楽しみだっ。
 
 
死んだ人の事を思って泣くと
うーん。必要ですか? この手のオリジナル。
水島版の「おめでとうって言った分だけ~」もそうだったんだけど、この手の話って、どうも背中がむず痒くて苦手です。

シチューを発明した人は偉大だ
兄さんの話を腹ばいになって頬づえついて聞いてるアルが、超っ絶可愛いんですがっ! ありがとう原画マンさん、ありがとう作監さんっ。
「なんだよ、それ」って胡乱な目してる顔まで可愛いっ。
Fa0201
  
  
マイクロチビ
ありゃ? ここで使っちゃうんだ?
ってことはどうするんだ?
対スカー戦が5話ってのはもうアニメ誌で出てるし。
そしたら、一度リゼンブールに帰らないとまずかろうし。
どうするんだろ?
 
 
リバウンド
膝から下が持っていかれて身体が倒れるエドの演出が新鮮。
考えて見ればそうだよ。
手はついてるだけで身体を支えているわけじゃないんだから。
かなりこれは目から鱗でした。

真理くんの声
この発想は上手かった。アニメ誌で前情報は入っていたのだけど。
想像するのと、実際に聞くのとでは大違い。
「精神が混線」のネタバレになるんじゃ? ってな心配も杞憂でしたな。

朴さんの声とくぎみーの声と。もうひとつは何だろ? 
朴さんの声を低く合成し直したのかなと思ったのだけど。

唱和だから、抑揚を全て合わせるのかと思っていたのだけど。
2人の声はその場その場の感情で時々大きく振幅する。
ずれたり、うねったり。
そんな中、強いて言えば、朴さんの方がチビエドに近い朴訥さで語り、くぎみーは腹黒な攻め様(笑)に。
アルからかけ離れた演技になっているから、アルの声とは気付かない人もいるかも?
それら全てが、エドの中にひそむパーソナリティとも受取れて、混沌とした感じが面白くなってる。
 
 
ようこそ身の程知らずのバカ野郎
ここ、好きっ。
原作だと、エドの背中でドアが開くとすぐ触手に引っ張り込まれるんだけど。
ここでは、エドが振り返る表情をカメラが一緒に追う間が入り、エドがドアの中のものを見てから逃げ始める。
うん、アニメならでは手法だぁ。

うるさいな おまえが欲しがってたものだろ?
このセリフのちょっと手前。
BGMとエドの叫び声で掻き消されてますけど。
誰か咳込んでません?
いや、最初、真理君が笑う演出かと思ったんだけど。
どうも違うような……。

でも足りないんだ
ここら辺から流れ出す曲がワルツってのに意表を付かれた。
入江版は耳から入る情報の使い方がホント面白い。
曲の最初、哀愁があるのに、リズムだけが軽快な不気味さ。
そして、徐々に曲がゆっくりになり、さらに1小節の頭にタメが入り聴く側のリズムが崩される。
その不快さと、欲しい処より後ろにリズムが来ることで、気持ちが後へ後へと身体ごと引っ張られる。
目から入る情報以上のものが提供されている気がする。

水島版は、ストーリーとBGMのなじみがすごく良かった。
ここぞって処に気持ちを高揚させるいい音楽を持ってきていた。
ええもう、おかげでロイのカッコいい台詞はどれもBGMがばしばしで、MAD作るにも台詞の抜き取りが出来なくて困ったくらいなんですから(笑)。マスタング大佐、スタッフに愛され過ぎ、とか思ったもの。

入江版はBGMを話を作る為の手段として使っている感じがする。
例えば絵ではキャラクターが笑っていても暗い曲をかけることで、キャラクターの真意を伝えるのに使ったりするような。もちろんいつもってわけじゃないんだけど。
そういう処が、子供でも理解出来る作りにつなげているって事なのかな?
 
 
返せよ、弟なんだっ
やっぱ泣けるよ、このシーン。
出来れば、足をキュっと縛るシーンと、両手を上に掲げるシーンは欲しかったけどなぁ。アレ好きだったのよ。
それと。
1番最後の「アルフォンス」と言った顔が演技とまったく合ってなかったのは返す返すも残念ですが。
そもそもあの顔はちょっといただけないよなー(笑)。
うん。分かるんだけどね。
泣くの堪えて無理に口を閉じるから、すっぱいものでも食べたみたいな顔になるの。
小さい子ってあんな表情するのよね。うん。
でも演出上は失敗だなぁ。もう少し上手く使えなかったんだろか?
 
 
アイキャッチ
Aパート終了分は音声無し。
Bパート開始分は1話と異なり抑揚抑え気味。
とりあえず、多少空気は読めるようになったらしい(笑)。

エドが練成した処で、アルの絵でアイキャッチって演出は上手い。うん。
でも、これによって、「また来たのか?」のシーンがカット。
つまり、どうしてエドの右手がなくなったのかをまったく提示していない(想像くらいは付くんだろうけど)。
これは、イズミのシーンに入れるんだろか?
 
  
錬丹術
ほぉ、ここで出すのか。
実際には賢者の石を使っていたんだから、錬丹術じゃない? よね?? あれ??

あー、でも、そういえば陰陽っぽい練成陣だったしなぁとか納得しちゃえるか。
賢者の石って、錬丹術も増幅させられるんだっけ? 
うーん、リンやメイチャンが欲しがっているんだから、その辺りは問題ないのかな。

お父様が、錬金術を使用出来なくしたのに、スカーとメイチャンが術を使って驚いていたんだから、お父様は錬丹術がどんなものか知らないはず。なら、錬丹術に罪をひっ被せてやれって発想は軍にないはずだし。
あれは本当に錬丹術だったって思っておくか。

ってことは???
イシュヴァール戦の後、人殺しにではなく、医療をメインとした錬丹術に心動かされたとしても納得がいくな。
現在、シンとの国交は50年近く途絶えてる。直接国に行かなきゃ学べないだろう。
砂漠越えをしたんだろか? やっぱり、彼はクセルクセス遺跡とか彼は見たりしたんだろか? 
 
 
中央司令部の天井
やたら無駄に高いんですが……。
うーん、想像するだけならタダなので。
有事の際には、タンクがそのまま廊下を横行できる作りって事でしょうか?(笑)
 
 
軍法会議所の窓ガラス
こっちは、さすがにフォローのしようがないぞ。
何、この見晴らしのいいガラス張り。
おかしくね? 軍司令部でしょ?
銃打ち込まれたら、避けようがないじゃん。
この世界に防弾ガラスがあるなんて思えないし。
要人警護なんて、絶対やりたくない仕事ナンバーワンだよきっと(笑)。

オリヴィエ姉様曰く、中央軍は防御がド下手だそうだから。
中央軍のお暢気ぶりを、こんな感じで表してみましたって事なんだろか?
 
 
地獄ならみたさ
見てきたように、言うなよ、おまえがっ。

ちょっとこれはいかんだろ。
ばっちゃんの台詞に引っ掛けてあるのは分かるけど。
ならせめて、「地獄なら見ただろうさ」くらいにすればいいのに。
そんな親密な関係じゃないでしょ?
保護者じゃないって言い切ってるし。
違和感だなぁ。
 
 
書類不備
えー、これって原作の伏線だと思っているんですけど。
無くて良かったんですか? うーん。
 
 
外にもいます
こう聞こえますが。何か?
折笠さんガンガレ、もっとガンガレ。
 
 
なんだあの有様は!! 何を作った!!
何で、こんな気の抜けた声にぃぃぃぃ…orz
そこはさぁ、地を這うような、でも喉を潰すくらいの声で叫んでくれないと。
このシーンでの盛り上がりが阻害されてしまって。
うーん……、イメージと違うんだよなぁ。
 
 
ごめんなさい 許してください
始まる前からさんざん騒いでました。
アルの「ごめんなさい」のあのシーン!!!!
あったぁぁぁぁぁぁ。
元々あのシーンは本当に好きで好きで。
あの大きな身体を小さくして頭を下げて謝るアルにきゅんきゅんしてたんですよー。
 
水島版では設定が変更された都合上、入らなかったのがとっても残念で。
あの台詞をくぎみーが言う処を是非聞きたい、聞いてみたいっっ!!! とずっと思っていたので。
そりゃもう楽しみにしていたんですが。

くぎみーの演技は、私の想像をはるかに超えてました。

色んなアニメやゲームの監督や音響監督が、くぎみーの演技について、こちらの想像以上のものを演ってくれるのでついさらに上のものを要求すると、またそれ以上のことをやってのける。なんて事を語ってくれるので、くぎみーの演技力についてはかなり信頼しているんですけど。

こうくるんだっっ!!!

コミックスを読む時はまだ茫然自失から抜け出せない、抑揚のあまりない風をイメージしていたんですけど。
それがアニメでは、小さい子供が無邪気さから取り返しようのない事を起こしてしまい、身がすくんでいる感じになっていて。
こんな大事になるなんて思ってなかったんだ、ってニュアンスがちゃんと伝わってくるっ!
うわーっってなったよっ。

「先生には黙ってて」とお母さんに最初言おう、って話しているシーンが削除されてしまってそっちも楽しみにしてたんで実は見終わった後、かなり残念に思っていたのだけど。
あれは、やってはいけない事と頭では理解していても、禁止される意味まで考えが至らない子供の無邪気さの表現だから。
この台詞ひとつ、くぎみーの演技ひとつで、それが十二分にフォローされちゃってるものなぁ。

入江監督がそれを見越してカットしたのかどうかは分かりませんが(笑)。
 
 
たとえそれが泥の川であったとしても
あら、ロイの台詞にしたんだ。
原作では、どっちともとれる(というか2人とも言ってる)ように受取れるので、ここで唱和は変だろうからどうするかなぁと思っていたんですが。もちょっと演出考えて貰えなかったのかなぁ。
 
 
ウィンリィです
細かい事ですが。
ウィンリィが頭を下げて手を出しているので。
今にも「最初から決めてました、お願いしますっ」とか言いそうに見えるんですが(笑)。
出来れば、認めた相手には、ちゃんと人の目を見て話す子、として書いて欲しかったなぁ。 
 
 
来るさ そうかね あれは焔の点いた眼だ
ちがーーーーうっ。どれもこれもイメージと違うっ。
三木ファンの人ごめんなさい。やっぱり私この人の演技だけは理解出来ない。
声だけなら、そのうち慣れるさと思っていたんだけど。
独り言の演技の時とかは気にならなかったし。

でも。ロイに対する三木さんの理解が、私には根本的に合わない。
この声優さん、人に合わせる演技をしてない。
会話のキャッチボールが成り立ってない。
投げられたボールを無視して演技してる。
いつも、そうなの? それともこれがこの人のロイの解釈???
ダメだ。ごめんなさい。そんなロイ、私には想像出来ないよ。
 
 
手術シーン
原作通りで安心した。
水島版だとこのあたりのエドが可哀想で(それはそれで萌えましたともっ・笑)。
平気な顔して機械鎧の手術を受けたからこそ、実は手術後「アルに聞けないこと」でうなされていた事実ってものにアルが気付く事に、意味があると思っているので。
 
 
組み手
あれ? ここのBGM「亡念のザムド」の挿入歌(多分大島ミチルさん)に似てません?
いや、だから何ってわけじゃないんだけど。
つい、「ブラーチャ」が今にも流れだしそうに思ってしまうのは……ごめんなさい。それだけ「ブラーチャ」の印象は強かったのよ。
 
 
すごいよ兄さん 出来ないよ兄さん
むちゃくちゃ可愛いんですがーーーーっっっ!!!
 
 
可愛げ無くて結構、機械オタ結構
ウィンリィの美味しい、ツンなシーンなのに。
一瞬、顔が男の子みたいになってて哀れ…。
 
 
国家試験前
「なんなら尻尾でも振ろうか?」は欲しかったなぁ。
ロイが大佐に昇進した事も分かり易い説明になるし。
 
 
この試験方法見直した方がいいんじゃない?
エドの立ち位置が微妙。もっと大総統のそばにすればいいのに。
槍を持って走る姿がちょっとなぁ。
何の前触れもなく、大総統の喉笛にいきなり刃が届く方が絵的に面白いと思うんだけどなぁ。
しかも。大総統、エドの質問内容スルーしてる。答えてやれよ(笑)
 
 
若すぎる錬金術師よ
「はっ、はっ、はっ」の絵に思ったほど脱力しなかったのは、原作のコマにあるからですかねぇ。
台詞と表情(内面)が一致しない場合、子供にも理解出来るように使うってのがコンセプトなんでしょうか?
 
 
国家試験後
せめて、エドが大総統に槍を向けた時、ロイだけ動いていなかったくだりは欲しかった。
プライドの声もカット。まあネタバレになるからしょうかないか。

※セリムが出ている時にプライドを出せば、キャスト名をセリムで書けるけど。
(1人の役者が複数こなす時、メインの役しか掲載されないですよね)
プライド役だけの回は、キャスト名をプライドで書かないといけなくなる。
それを例えば「?」とかにしちゃうと。
逆に、セリムとプライドが出てる時に「?」と書けなくなるから。
このキャストの中の誰かだ、ってバレてしまうから。

いいね その重っ苦しい感じ
エドの顔が、原作通り、最強極悪人顔(笑)。

家を燃やすシーン
ないじゃん。
これも原作通り、イズミのシーン回しなのかなぁ。

予告
しっかり賢者の石を指に嵌めたコーネロ登場かぁ。
グラトニーが食べたのってコーネロじゃなかったんだろか???
まだ分かりませんが。

ラジオを錬成するアルのふんどしのはためき具合に悩殺(笑)
エドの片袖破けてるシーンがあるって事はやっぱり、「格の違いを見せてやる」もあるって事? ってことはコーネロのあの台詞は? アイザックがもう言ちゃった奴。
あ、ロゼにアルの正体がバレた時の過去話って、エドの右手についてだけだったんだっけ。じゃあ今回なかった魂の錬成の話はそこに入れるのかなぁ?

原作にはないカットは、ロゼが拳銃を誰かに向けているコマだかけかな。
やっぱり、何か変えてくる気はあるらしいが。はてさてっ。 

脚本=大野木寛
演出=三宅和男
絵コンテ=入江泰浩
作画監督=小澤円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/14

鋼の錬金術師22巻 感想 (ほぼ本編以外から)

まずてっとり早く上げられそうな22巻の感想から。本編感想はすでに、雑誌掲載時に語りきってますので。
それ以外の処から書こうかと。なのであまりネタバラシにはなってないと思いますが。一応こんな感じに回避文などを入れときました。

表紙
親子水入らず~。
トリシャの写真が飾ってあったり、
その横にはエドが子供の頃に錬成した馬の置物があったり。
きっと、何年かあとのエルリック家の風景よね的に思わせておいて。
 
でも、アルは鎧だし、エドは機械鎧のまま。
エドが錬成した置物だって夢の中に出てきただけで、実際の過去として登場してるわけじゃないから、本当にエドが昔錬成したって保障はないんだよね。

それに、家族の写真が飾ってあるって事はリビングっぽいのに、この床、絨毯じゃないよね?
リノリウムだかタイルなんだか、それっぽい質感に見えて、まるで病院の待合室か何かみたいな冷たい印象なんだよねえ。
 
しかも、白と黒のマス目ってのが、前巻の85話「空の箱」のチェスボードを思い起こさせる。
 
だから、やっぱり今は戦闘の真っ最中で。
これは、エドかホーエンハイムの見てる夢の中の風景なのかもしれないとかちょっと思った。
 
あ、それと、左右の脚の太さをかなり違えて描いてんですよね。
面白い遠近法を使ってる。
最近、この手のデフォルメ(ていうのかなぁ?)を小畑健さんが多様していて、かなり実験的な絵を描いているようだ、っていう考察のブログを読んだのだけど。
 
牛さまも、今までこういう描き方されてた記憶ないんだよね。
小畑さんに影響されたんかしら?
 
 
カバー裏(表紙)
このあとエドは、ゴリウスに思い切りぶん殴られると思われ(笑)。
 
  
雑誌掲載時からの変更
スラム外の背景が追加されていたり、青空のトーンに雲が削られていたり。
今回はそんなもんかなぁ? と思っていたら。
しっかり修正が入ってました。
 
第90話「不死の軍団」のp130、2コマ目。
セントラルの遠景に煙が追加されてたよっ。
  
ちょ、牛さま……。
これ、有ると無いとじゃ、私にとってはえらい違いなんですけどっ。
雑誌掲載時には煙がなかった。
ってことはマスタング組の戦闘がひと段落着いたタイミングって事で時系列を計算してたこちらの立場はぁぁぁ????……orz

誤読をさせない計算された気配りが牛さまの強みなのに。
最近この手のミスが続いてないか? 何か描き方を変えたのかなぁ。
 
 
描き下ろし
アルー!!!!!!
生アルと鎧アル!!!!!
しかも生アル育ってるよ!!!!!!!
肉体を取り戻した時ってこのサイズなのかしら??
楽しみだぁぁぁっ。
 
 
暁の王子
誰もが思ったんじゃないでしょうか。
ブレダー、後ろ、後ろ!(笑)。
 
 
4コマ漫画
「人類 ネコ科」ネタについては既出なのでさておき。
「ラララ科学の子」。
こんなメスシリンダーに入れ替えたら、どんなに頑張ってもいくばくかの水滴がメスシリンダーに残ってしまうわけで。
結局今以上に量が減ると思うんですけどね。
頭はいいが迂闊だぞ、エド。
  
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/04/13

ラジオの開始日がずれてる・・・

今日から、ラジオFA宣言開始♪ と喜び勇んで帰って音泉をチェックしたら……。
あ……あれ??????
見当たらないんですけどぉぉぉぉっ!!!

全曜日チェックしたら。こんな文字が。

プレ配信2009年3月18日~
 本配信2009年4月20日~隔週月曜日更新

おーい……いつのまに変わったんですかぁ?????
確か前は、4月13日って書いてましたよね??????
このやろうめっ。

4月9日のトピックを見ると、ハガレンのラジオ 遂に始動!!なーんて見出しでさりげに日付が修正されてた模様。
これだから音泉は……orz

一応コーナーも決まったようです。以下引用

▼二つ名選定委員会
友達や家族、先生、上司など、自分の周りの面白い人に「二つ名」をつけてしまおう! 
「ダイエットの度に体重が増えていく姉に与える二つ名、リバウンドの錬金術師!」など。

▼普通のお便り
パーソナリティやゲストへの質問、アニメの感想などなんでも送ってください。

▼発見!これが錬金術
こうすればこれが手に入る! 何かを手に入れるための裏技や、錬金術ぽいものを大募集!
「優越感を錬成!その方法は兄とゲームする時手加減してあげる!」「弟は消しゴムのカスを集めて消しゴムを作りました!まさに錬金術!」など。   
      
▼賢者の石、見つけた!
等価交換の原則を無視して、はるかに増幅された力となる賢者の石!
生活の中で発見した自分にとっての「賢者の石」を報告してもらいます。
「彼の、ありがとう、のひと言が私の賢者の石です!」など。

何だか、どれもダサげふごふっ。
投稿するなら今のうちですよ。

でも、それよりも、イラストのエドとアルの顔がほぼ同じ位置にあるのが笑えます。
これが本当に1枚絵だとしたら……絶対トランクの上に乗ったぐらいじゃ足りないよなぁ。
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/11

22巻 本編感想その他はまた後で書くとして

すでに、4月号の感想も周回遅れになってますが。
これだけは先に言わせてくれ!!

4コマ漫画の枠外文字に。
「人類 ネコ科」!!!!

さすが(元?)サンデー読者だぁぁぁぁぁ!!!!

うんうん、あれはいい作品だったよ。
みず谷さんには、もっといろんな作品を描いて貰いたかったなぁ……。

人類ネコ科 2 (2) (少年サンデーコミックスワイド版)
みず谷 なおき
小学館
おすすめ度の平均: 5.0
5 究極の「ラブコメ」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/04/10

鋼FA第1話「鋼の錬金術師」感想4

感想3の後日談かつ、感想2の補足的なものになりますが。

音だけで聞くとここまで鮮明に分かるのなのに、絵を見た時は気が付かなかったこの作りに。
わざと絵で目くらまししているんじゃないのか? そう思ったら思考が暴走しだした。
 
台詞の中に何度も何度も「エドワード・エルリック」、「アルフォンス・エルリック」は繰り返され、「大総統」の方が自然なのに敢えて「キング・ブラッドレイ大総統」と呼び、「マスタング大佐」で十分なのに「ロイ・マスタング大佐」と呼ぶシーンを作る。アームストロング少佐や、ヒューズに自ら名乗るシーンを与えている。

しごく1話らしく、キャラクター紹介に関して言えば、耳からの情報は常に視聴者に対し、誠実に振舞っている。

なのに、鋼世界のキーワードに関しては、一歩間違えれば一見さんお断りになりそうな情報の洪水が押し寄せる。
錬金術って何が出来るの? 機械鎧って何? 何故アルは鎧の身体なの? 賢者の石は? 人体練成って? 禁忌って?
何も釈明していない。何故エドがあれほど賢者の石に執着しているのか、何故ロイが雨の日は無能なのかも分からない。そりゃ視聴者は怒るだろう(笑)。
 
1話は客寄せ。
ドラの大きな音で人を振り返らせるように、ただそれだけのものとして配置してある。
目を惹きさえすれば、内容なんて理解できなくていい。多分そのくらい割り切って作られていると思う。
  
原作が、エドの「持っていかれた」をアバンに使用し読者の興味を惹いたところで、いきなりポンと15歳まで話を飛ばし、その話数内でアバンの回答を示したのに対し。
水島版も、原作と同じ。ただ尺の問題もありOPを最後に流し「30分のアバン風」に仕立てた(DVD-BOX内ビデオコメンタリーにて言明)のに対し。
入江版は真っ向勝負で、1話をまるまる「30分のアバン」に仕立てた。だからそこにキーワードの回答は書かない、書けない。

それによって視聴者に見切られてしまうかもしれないのだから、かなりの冒険だと思う。
でも見続けさえすれば、2話からは原作準拠の物語が始まり、キーワードについての説明は始まる。
 
だから。別に1話のエピソードは忘れて貰っても構わないですよ、とそんな顔してこの1話はちんまり収まっていくのだろう。
いっそ、積極的に忘れさせるくらいの腹積もりで。

そして、視聴者が1話の存在を忘れた頃、このアイザックの行為の真意とその裏にある物語が語られる事になり、1話がただの客寄せの30分アバンなどではなく、巨大な伏線だった事に気付くんじゃないだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鋼FA第1話「鋼の錬金術師」感想3

友達のmixiのコメントに書こうと思って書いていたんですが。あまりに自分語りなので断念しました。
つうか長いよ。そもそもどうやってこれをコメントに書こうとしたんだか、謎だよ。自分。
   
20年近く昔、とあるアニメの第1話を見て、呆れかえった事があります。
   
サンライズだったし、塩山さんがキャラデザだったし、シリーズ構成が高橋良輔さん。っていう前情報に釣られて見ました。見たものの唖然、呆然。
新宿に虎ってそもそもどうやって連れてきたのよ?、って疑問から始まって。
親が金払うのを待たずスケボーを持ち出す子供はいるわ、腕組んだまま冷静にビルの上から頭を下にして落ちてくる奴はいるし。主役達は自己顕示欲強すぎ。雑魚相手にビル真っ二つにしておいて正義の味方が聞いて呆れるわ、変身シーンに反物飛ぶわ、見栄きりがダサっ。などなど。
どこから突っ込みを入れればいいのか分からないほど、突っ込みどころが満載で。

何だコレは? と頭の中はクエッションマークいっぱい。呆れかえるし、サンライズ何やってんの? 二匹目のドジョウ狙い丸出しじゃん。とか思っているのに。

放送が終わった後も鳥肌が立ちっぱなし。
こんな子供向け二番煎じアニメに感動している自分が悔しいやら恥ずかしいやら、何度も腕を擦るんだけど鳥肌が止まらなくて。
そんな安っちく感動する自分に、ちょっと腹を立てたり(笑)。

結局、その作品を好き、と認める事が出来たのは、一緒に馬鹿にして見ていた回りのオタ友たちが、放送1ヵ月くらいから、ぽつぽつと「実はハマった」とカミングアウトしてくれたあたりからでした。
その後は怒濤のように転がり落ちて(笑)。
グッズやLD(時代だなぁ・笑)、声優イベントの追っかけ。作品自体が媒体として流通しなくなった後も、結局自分の好きなサークルさんが全て撤退するまで同人誌は10年近くずっと買ってました。

その時に納得したことがあって。
結局感動するのは、頭じゃない。
自分の気持ちを自分が理解する前に、身体の方が勝手に反応するんだ(って書くとエロいすか?・笑)。
絵がきれいとか、良く動くとか、声優が合ってるとか、曲が気に入ったとか。
「好き」に理由を付けて納得しているうちは、まだ本当に気に入ったかどうかなんて自分でも良く分からない。何とか肯定したくてその理由を捜しているだけなのかもしれないし。
でも、鳥肌が立ったり、本当に胸が痛くなったり、目が潤んだり、気持ちが高揚したり、何か叫びたくなるもどかしい衝動があったり。
  
そうなってしまったなら。もう、諸手をあげて降伏するしかないじゃん。
 
 
 
 
4日に見て、「ふあーっ」っと何か来るものがあったのに。でもあまりにも、かすかだったからそれ以上に、絵や脚本の粗が目について気になった。
5日に見て、何か掴めるかな、と思ったけどやっぱり良く分からなかった。なのに、何度繰り返し見ても飽きないのが不思議だった。
6日は、MP3ウォークマンに音声だけ落とした本編を外でもずっと聞いてた。
その時になってはじめて、目から入る情報がないからこそ、逆にはっきり見えた気がした。
どこのシーンが自分の琴線に触れたのか。
  
エドの「地獄へ一歩踏み出したぞ」から。
いや正確にはエドが「そんなことより」とアイザックの言葉を切り捨てた処からかもしれない。
  
あの辺りから、心の中がもやもやして仕方が無かった。
そんなの、賢者に目が眩んだエドらしい台詞でしかないって分かってるのに。
エドがアイザックに対しぶち切れたシーンに、5日一緒に見ていた友達が「最近の子は気が短くて・・・」なんて突っ込みを入れていて、私もその時はそうだよねぇっなんて笑ってたのに。
ロイの「私の炎を嘗めるな」なんて完全にギャグでしかないのに。
  
なのにずっと、胸がもやもやして、しまいには胸が痛くてたまらなくなった。

アイザックが自分の血液さえ武器にしようとする悪あがきも、大総統に一瞬にして殺される様も。
  
その時の気持ちを説明しようとすれば、多分ここに書いたようなことで。
みんながみんな、それぞれの正義に基づいて動いているのに、何故こんなにすれ違ってしまうのか。
そのせつなさが痛かったんだと思う。
何でこいつらこんなに莫迦なんだろうって悔しくて悲しかったんだと思う。
  
 
でもそれは全部本当に後付けでしかなくて。
だって、頭が良し悪しを判定する前に、感情が勝手に反応してしまったんだもん。
認めてしまっているんだもん。
  
粗はやっぱり見えている。辛口書評を読めば、確かにそうなんだよね、ってしょんぼりもするさ。
分かっちゃいるんだけどね。
  
しょうがないよ。
一番の指針は、自分が気に入るか、気に入らないかなんだもん。
私は、自分の感情を信じます。

はい。全面無条件降伏しちゃいました(笑)。
   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/04/07

鋼FA第1話「鋼の錬金術師」感想2 ネタばれあり(原作ネタばれ含む)

最初は普通に、絵の事とか声の事とか音楽の事とか、ふつーに感想らしい感想を書いていてくつもりでいたし、そっちはもうアップしたんですけど。
何度も何度も1話を見て、聞いているうちに、ヤバい……これってもしかして? って思えてたよ。

多分、入江監督は私なんかが思ってるよりずっと鋼世界の全体を見てる人だったんだ。すごく大きい。そして緻密に計算しつくしてる。


エドが何故人体錬成の禁忌を他人に嘲笑われブチ切れるるような子なのか。
ロイがプライドばかり高く役に立たない無能だったのか。
不満に思うのではなく、そこで思考を止めたりせず、何故そんな台詞を言わせたのかを考えるべきだったんだ。


監督が1話でやりたかったのは「海のトリトン」のカタルシス。
そして、アイザックは「パトレイバー劇場版」の帆場英一だ。

エドとアルは賢者の石しか見えてなかった。
ロイは上にいく事に気を取られ、作戦の成功しか頭になかった。

あまりにも子供だ。
彼らは手を伸ばすその先のものしか見ようとせず、アメストリスという国全体を見ようとしなかった。

入江監督は、彼らの成長を、0(ゼロ)からではなく、-(マイナス)から書こうしているんじゃないだろうか? 原作よりも精神的に彼らはあまりに幼い。

彼らはアイザックの言葉を聞くべきだったんだ。
国家錬金術師なら、エドは軍の腐敗について聞くべきだったし。
アイザックが何故今になってこんな真似をしなければいけなかったのか、ロイは尋ねるべきだったんだ。

誰が本当に国の事を考え、アメストリスを憂いていたのかを。

エド達が気づくのは、幼馴染を人質に取られ、腹心の部下達をもがれ、自らは大総統の手中に絡めとられてからだ。
アイザックが何を伝えたかったのか、気がついても、もう遅い。
見殺しにした彼らの罪はあまりにも大きく代償もまた大きい。

もしあの場でアイザックが大総統について何を知り得ていたのか聞いていたのなら。
ヒューズは死ななかっただろう。ニーナだってそうかもしれない。
ハボが下半身不随になる事もなく、ロスが人殺しの罪を被る事もなく、リオールの町に血は流れなかったかもしれない。
そしてアイザックは、来るべき約束の日に向けての大切な仲間になっていたかもしれない。
そんな人物を、追い詰め、耳を傾けず、真の敵ブラッドレイの命令という、最大のアイロニカルによって射殺命令さえ下してしまった。

すべては彼らのうかつさによるものだ。その責任により、彼らは大きな十字架を背負う事になるだろう。
けれど、その事実に気づくのはずっと先の話だ。

「お前地獄へ一歩踏み出したぞ」
あれは、エドがアイザックに向けて言った言葉だったけれど、それがエド自身に跳ね返ってくる事をこの時彼はまだ知らない。
なのに、あのBGMだけが、まるで地獄への序曲のように重々しく、エドの幼さ、ロイの幼さをさらけだし、アイザックの執念だけが空回りする。

そして。
「again」の2番の歌詞が、アイザックの行動の意味を知った後、大総統の思惑に身動きとれなくなっている様を歌っているようで、そのマッチングに驚く。まるで裏テーマだ。

謝らなくちゃいけないよね あぁ ごめんね
上手く言えなくて 心配かけたままだったね

あの日抱えた全部 明日抱える全部
順番つけたりは しないから
分かってくれますように そっと目を閉じたんだ
見たくないものまで 見えんだもん


この後、もし、まったく原作通りのストーリーが来たとしても。
この1話がある限り、原作とはもう違う物語だ。

水島版は原作を、理解し、分解し、再構築したけれど。
入江版のこれはいったいなんていうのだろう?
  
 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

鋼FA第1話「鋼の錬金術師」感想1 ネタばれあり(原作ネタばれ含む)

4月4日はSPRING CARNIVALで見て、4月5日には友人達と見て、自宅に帰って今度は1人で繰り返し見て……
結局お前は何度見れば落ち着くんだ?って感じなんですが。
  
なので。
まだよそ様の感想とかあまり多くは読んでないんだけど。
兄弟スキーさんには結構ウケがいいよなぁ、とほくほくしていたのに、大好きなアルエドサークルさんの感想がメタメタでしょんぼりしたり。
[水島版アニメファンは原作絵が嫌いだから、今回のアニメの絵は好きでしょ」なんて「アニメファン」ひとくくりにされてむかついたり(私は伊藤絵も荒川絵も両方とも好きだいっ!)
そんな事に、一喜一憂する自分がいちいち面倒くさくなってきてますが。
 
 
うん。内容に関して細かい事を突こうと言えば、私も色々思う処はあるんですよ。
まあそんな毒吐きは、よそ様のブログに任せますわ。ダブリ過ぎて書いてるこっちが詰まらんわ。

それはさておきとして。
1話を見て何で私が、よーし次回も絶対見るぜっ、って気になったかって言ったら。
それはもう、アルの可愛さだったりするんだけど。
「ちゃっちゃと終わらせようぜっアル」「うん兄さん」ってもうそれ聴いただけでドキドキしちゃうよっ。
朴さんとくぎみーがイベントでそんな話を実際にしていてニヤニヤしつつも「をいをい」って突っ込みモードだったんだけど。
実際に聞いたらホントこっちまで幸せいっぱいになったよー。
水蒸気爆発でエドのフードを引っ張って抱きかかえたり、ヒューズ宅の前で羽交い絞めかと思ったらあれもフードを引っ張ってたよ。
まるで扱いが猫みたいで可愛かったっ。
萌え要素はガッツリいただきました。ご馳走様です。
  
うん。勿論そーゆーところが楽しかったっていうのはあるんだけど。
  
マジメな話。
やっぱり「アイザック」っていう設定があったから気に入ったんだと思うのよ。
少佐が「アイザック殿」って言ってるシーンがある。
だって「マクドゥーガル殿」じゃなく、「アイザック殿」ですぜ?
いつそんな親しい間柄だったっていうのよ。
ファーストネームで呼ばれてる軍人なんて、せいぜいヒューズがロイを呼ぶくらいじゃん。

これは「マクドゥーガル」ってファミリーネームは、スタッフにとってどうでもいいって事でしょ? 重要なのは「アイザック」って名前だけ。
もうこれは間違いなく。

イシュヴァール殲滅戦で、音信不通になった「アイザック隊」の「アイザック」って事じゃね?
(隊名がファーストネームなのには違和感あるけど、「ハリー隊」って言葉も出てるから、やっぱり名前から来てるみたいだし)

きっと、部隊は全滅してアイザックだけが生き残ったんだよ。
その頃は、イシュヴァール殲滅戦が国を平和に導くと信じて、護りたい人を守れると信じてロイ以上に軍人として青臭く希望に燃えてたり、大総統に心酔してたりしてさ。
なのに目の前には自分が守れなかった仲間達の累々たる屍が転がったのかもしれない。
あの感じだと、ロイのように人体実験の片棒は担がされていなかった様子だったし。
大総統がホムンクルスって事を掴んだわけでもなさそうだけど。
ヒューズのように、一連の事件から大総統の思惑に実は気付いた人物だったりしてっ。
だから大総統自ら出てきて殺したのかも?
  
しかも、友達に言われて気付いたんだけど、グラトニーが食べてたのってリオールの教主なんじゃないか? って話。だから、教主の台詞もアイザックに回してしまって構わなかったんだ。

ってことはさ。

本来東方勤務のロイが「偶然」セントラルにいたのも、リオールに向かうつもりでいたエド達が「偶然」セントラルに足止めされたのも、本当は「偶然」なんかじゃないかもしれない。
ロイは仕事として呼び出し、エルリック兄弟は賢者の石の情報が見つかったと言えば、のこのこセントラルにやってくる。それを狙ったんじゃないのか?

だって。リオールで暴動を起こすのに国家錬金術師がいては邪魔だから。

原作で教主が失墜したのはエドの仕業だったけど、ホムンクルスにしてみれば別にそんな横槍が入らなくとも教主を最後まで生かすつもりはなかっただろうし。
原作でエドの捕り物帳のあとグラトニーが教主を食べている横でラストはこう言っている。

「せっかくここまで盛り上がったのに また一からやり直しね」

だからこれはエドの横槍が入らなかった場合の物語なのかもしれない。

賢者の石でリオールを掌握させた上で、エンヴィーが教主に化け神の御業じゃなきゃ出来ないような方法で人々を殺して回り、アンチ教主派を炊きつけ暴動を起こさせる。
そして、本当の教主が潔白を証明しようとする前に殺し、「自分のニセモノは私が裁いた」とでも言ってエンヴィーがすり替わる。
そんな事だって可能だよね。

そうだよ、アイザックだって自分からセントラルを攻めようとしたつもりが、実はホムンクルスに躍らされおびきだされたのかもしれない。ロイとエドを釣るエサとして。

この先エド達がリオールで出会うのは、暴動の真っ只中でもまだ教主にすがろうとするロゼかもしれない。
ロイが後処理を終えて東方に戻ってみると、中央軍がしゃしゃり出ていて、ロイは何も出来ず歯噛みするのかもしれない。

ワクワクしない?
ほんの一箇所、原作のボタンを掛け違えてみせただけで、同じ台詞であっても同じシチュエーションであっても、世界はまるで違って見えてくるのかもしれない。
くぎみーが、伏線の貼り方の秀逸さについて話していて、それは原作からそのまま持ってくるという意味だと思っていたのだけど、もしかしたら、入江版として新たな伏線を撒き散らすつもりなのかもしれない。

色トレスが浮く、噴出しはやめれ、演技がクソ、ギャグが滑る、どこのハウス子供劇場、なんて、言ってる場合じゃないや(って充分言ってるし 毒は吐きは人に任せるんじゃなかったのか?)。

あ、でも指摘を見た記憶がない箇所についてひとつだけ。
エルリック兄弟に初めて会った時の藤原さんのやたらざーとらしい演技。え? 何? 藤原さんやる気なし? とか思ってちょっと涙目だったんだけど。
考えてみたら諜報部のヒューズが「鋼の錬金術師」の青写真を知らないわけないじゃん。あれは間違えられると怒る事まで承知済みで、ワザとからかって言ってたってわけで。
そんな事、原作読んでたってそうそう気づかねぇよ。 かなり視聴者に努力強いてね?
あーあ、大川さんだったら上手くヒューズをたしなめるニュアンスを台詞に乗せて、視聴者に分かり易く演じてただろうなぁって。どんな演技するか想像まで出来ちゃって……orz。(だから毒は吐きは人に(略))

2話は過去編になってしまうから、あともう少し待たないといけないのが歯がゆくてたまらない。
2話は2話で、チビ'sが楽しみではあるのだけどね。

買いかぶりかもしれないって気持ちもとりあえずまだ手放せない。
でも、本当にもしこの予想のひとつでも当っているなら。そんな話、絶対観たいよ。すごく楽しみ。めちゃくちゃツボだ。
もうワクワクが止まらないよっ(笑)。
 
脚本=大野木寛
演出=池添隆博
絵コンテ=入江泰浩
作画監督=永作友克
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/04/05

SPRING CARNIVAL(2回目)行ってきました ネタばれあり

チケットとの引き換えに、マジで身分証明を求められましたとか、3日に配られた号外(裏違う2種)が配られたとか。その辺りの事はさておき。

司会は松風雅也さん。
以下、走り書きならぬ、走り打ちなので、誤字脱字勘違いについてはご勘弁。
箇条書き部分は分かりづらいかもなので。雰囲気だけを味わう程度でよろしく。

1.朴さんとくぎみーのトーク(以下敬称略)
■アニメ化が決まったのはどんな状況だったか、どう思ったか
釘宮:信じられないと思いました。マネジャーやプロデューサー等から同じ時期に。神妙に「また頑張りましょうね」と言われた
朴 :某プロデューサーから(タイトル無しで)「またよろしくね」と言われた。冗談として「鋼ですか?」と聞いたら「あ、そうそう」。

■キービジュアルを見て第一印象
釘宮:カッコいいなと。アフレコ前だったので切羽詰まった感が無かったので。客観的に見てカッコいいなと(朴さん、可愛い連呼)
朴 :鋼だっ!!

■今回準備をしたもの
釘宮:原作を初めて全部読んだ。始まったら純粋に楽しめないと思ったので。読むなら今しかない。原作の本からエネルギーが入ってくる事を認識した。
朴 :カラオケに行った。鋼のOP・EDを全部歌ったら、その後にメドレーがある事に気づいた。これ歌えば良かったと思いつつ、結局メドレーも歌った。

■実際演じてみて
朴 :4年のブランクでエドと一体化出来るか不安だった。スタジオでも小心だった。マイク前に立ったらエドがちゃんといた。理恵ちゃんの「兄さん」が来たら、(エドの声が)出ちゃう。
釘宮:一人でブースに入りガラスごしにみんなの背中を見て、この景色に鋼だと思えた。朴さんの「行くぞ アル」と言われ「はいっ」と(思えた)。

■鋼の人気の理由
朴 :みんなが愛してくれてるから
釘宮:アルがエドを愛してるからかな
 
  
 
 
2.制作マル秘メイキング映像
打ち合わせ風景・アニメ作成風景・BGM収録風景・アフレコ風景(ニーナの話!)・プレス向け? 試写会風景

入江監督のインタビュー。
原作が面白い。キャラクターが魅力的。話のちょっとした伏線が後半で役に立ってくる部分。
原作を読んだ時の面白さをアニメーションでも出したい。
同じアメストリスでも、場所により風景・景観を変えることで、エドとアルと一緒にアメストリスを旅して貰えるようにしたい。
こちらからは、仕上がったものに対し提案する程度。
こちらが想像する以上のものが仕上がってきている。
オーケストラ前の、少ない編成でも、音楽から映像が見えてくる。オーケストラ収録分は千住さんの、鋼の錬金術師への気持ちが伝わってきた。
見てる間楽しいもの。見終わった後次回が楽しみに思えるものを作りたい。


主役インタビュー
朴:スタジオに入る時右足から入るか左足から入るかすごい緊張していた。
収録前エドはどこ?と探していた自分が恥ずかしいくらい、今までやっていたんじゃないの? てくらいすぐそばにいた。
釘宮:自分が変わっている自覚があった。アルとしてエドに対する気持ちが、自分の朴さんに対する気持ちが近かったので、今回どんな関係性になるか気になっていた。始まってみると「いくぞアル」と言われた時感動するくらい嬉しかった。
 
 
 
 
 
 
 
3.鋼FA第1話「鋼の錬金術師」プレミア上映
オープニングの映像で、アバーンがどんなだったか吹っ飛びました(笑)。
(視聴前にFULLで曲を聴いていて、これは映像が思い浮かび易い使い勝手のよさそうな曲だなとは思っていたんですけど。アレにはかなり意表を突かれましたよ。客席がどよめいた)
しかも、23号と、同じ動作をエドもやっている。原作未読視聴者はおそらく、エドの成長した姿だと誤認する誘導までしてある。
というか、しないと現時点でネタばれになるから、そうする必要があったのだろうけど。
23号をもう出す事に、スタッフの意気込みを感じた。

あとは感想や考察などをまじえてつらつらと。

完全オリジナルストーリー。
場所はセントラル。
時系列は、リオールへ行く前の二人。事件解決に駆り出され、リオール行きのキップをキャンセルしないといけなくなる処から始まる。

オリジナルキャラ、アイザック・マクドゥーガルは元国家錬金術師。イシュヴァール殲滅戦後、大総統に不信を覚え国家錬金術師を返上。反対勢力に与した人物。人柱候補(やり方は悪かったけれど、本来正義の人だったんだと思う、だから人柱候補にもなり得た)。
賢者の石を使い、錬金術師の遠隔操作が可能。
おそらく、ラストが賢者の石を与えていた。
賢者の石を使った時お父様が一瞬目を覚まし、アイザックが止められた時また眼を閉じるシーンあり。
ラストが誰かと話しているシーンあり。=プライドか?

兄弟とヒューズは初対面。
エリシアの声は変更違和感無し。
グレイシアは声も違うが、顔もかなり若めに変更。
刑務所のキンブリー登場。笑声が完全にアレルヤだった…orz。

エドとアルは「早く元の身体に戻りたいね」と言い合える関係。
アルが「身体を取り戻したら食べたいものリスト」にグレイシアのキッシュを書こうと言うと、エドが気楽に「加えとけ、加えとけ」と答えている。
エドは、アルの前で美味しそうに食事をする事にも抵抗無し。
アルが食事出来ない身体である事を悟られないようフォローはする。
人体錬成の失敗がアルに降りかかってしまったことへの負い目を感じさせない。
エドが右腕左足を失ったのと、アルが肉体を失ったのを同等ととらえている感が強調。

だから、アイザックに人体錬成をした事を見破られた時のエドの台詞「地獄へ一歩踏み出したぜ」がオフ内では不評(原作エドなら言わない)だったのだけど。
あそこで入った過去回想は母親の人体錬成ではなくアルの魂錬成シーンだったから。
人体錬成の失敗は同罪、でもアルの魂を錬成し鎧に定着させてしまった事(つまり原作準拠)は孤独に耐えられなかった自分の妄執だからこそ。
自分が必死でアルの鎧に魂を繋ぎとめた事を嘲笑われると、「ならアルを見殺しにすれば良かったといのか?」って思い、爆発するんじゃないのかなぁ。
 
アイキャッチが空気読めてない。おそらく海外配信向けを考えこんなんになったんだと思われ…。

「私の炎を舐めるな」、は本編中ギャグだったので、あの番宣での視聴者の失笑は実は正解だった模様。

ロイの声の違和感は、大川ロイにはあったシリアスとギャグとの落差が、三木ロイにはないせいじゃないか、というのが視聴後オフで出た結論だったのだけど。
もうひとつ分かった。三木ロイの声はまるで水みたいなんだ。サラサラ流れてのど越しはいいかもしれないけど、あとに何の味も残らない。ただエロいだけで、役者の個性としてのプラスアルファが見えてこないんだ。
大川ロイには皮肉なニュアンスや自嘲的なひびきがあった。英雄でもなんでもないただの人間だからこそ捨てきれない信念や妄執といった、人生の深みがあったんだ。

エンディングの手書き絵はベタだし、最近だと鉄腕バーディDECODE2で見たばかりだったから、何故今さらって感じだったんだけど。
最後にそれはエドとアルが描いた絵でした、という設定にこれもベタだと分かりつつ泣けた。


兄弟スキーにはかなり美味しい話になってると思う。
ホントにあれこれ原作版の伏線を散りばめさせていて、それらを全て回収するつもりなんだな、と思うと伏線が好物な人間としてめちゃくちゃ楽しい。
色々、違和感はある。マンガ風の吹き出しとか。微妙にギャグが滑ってるとか。
でも。今は、水島版が神のように言われてるけど、放映当時、原作ファンにはボロクソ叩かれてたんだもの。当時同人サイト以外の語り系ファンサイトなんて、怖くて近寄れなかったもん。
このくらいは十分守備範囲内。ともかくワクワクして見られる。
もう1話を見ちゃったから、2話までが遠く感じるよ(笑)。うん。すごくワクワクして待ってる。
 
 
 
 
 
 
 
4.調印式典
少佐のキャスト紹介が流れ、大総統旗に、ひとりひとりサインするんだけど間が長すぎて途中から飽きてだるだる~。結構辛かった。
朴さんとくぎみーはお着換え。
偶然とはいえ、くぎみーが青いバラっぽい髪飾りをしていたのがちょっと嬉しかったり(笑)。
その後はキャストのトーク。

松風さんに、紹介を素で抜かされ思いきり焦る藤原さん。

■キャストの1話感想
朴 :アクションシーンがすごい。鋼が新たに始まったんだなと思った。
釘宮:意味深なセリフやシーンがちりばめられていたので、あとから見返した時にここでこんなのが出てたんだと思うんだろうな。見どころがぎゅっと詰まってた
高本:出番がなくて一ファンとして楽しんだ。少佐が一番好き。少佐の目からビームが出てた
井上:ラストだけにラストにでたのは狙いだったのか? 兄弟愛に胸が締め付けられた

■アフレコはどこまで終了?
朴 :収録8話まで終了

■アフレコスタジオの雰囲気は?
藤原:最年長の内海さんがいい雰囲気づくりをしてくれている。年齢幅が広いので緊張感もあり和気あいあいとしている

■藤原さんの発言に嘘はないか
折笠:合ってます。すごく大きな作品なので毎回緊張してる。今日も緊張してる(朴さんにキャラ名を言い間違えたのを突っ込まれる)。楽しく、朴さんと釘宮ちゃんが緊張感を和らげてくれるので安心している

■収録中も和気あいあい?
三木:和気あいあいとしているけど、スタジオの雰囲気は弛緩しているわけではない。毎回劇場版みたいな緊張感がある。

■YUIから手紙
聞き覚えのある文章だけ。
発表されているコメントから変更無し?

■シドのメッセージV
カンぺを左目で見つつ、「鋼の錬金術師」を思いきり噛んでた。
切なくはかなく、二面性がストレートに出てる楽曲。

■OP、EDの感想
朴 :OPはかっこいい。EDは観念時でもらい泣き。OPの歌詞、なんて鋼を分かっているんだろうと思ったら、実際には休業中の気持ちで書いたものが鋼と偶然マッチングしていた事を知り背筋がぞわっとした。

■荒川先生から手紙
仕事が片付かず今日は参加できず。今は描くことに集中しアニメ版に負けない面白い原作を作っていきたい。みなが幸せな気持ちで本日の岐路に着ける事を祈っています。

■朴さんが先生とお会いしている件
某雑誌の取材で最近会った。今回もまた「託します」と言われ握手を交わした。

■ファンにメッセージ
藤原:ヒューズが大好きなので。いい人を精一杯演じていきたい。
井上:藤原くんがディレクターに駄目だしを食らい、ディレクターに言われたある言葉を台本に書き込んでいた。なんて書いたのかと思ってみたら「ちゃんとしゃべる」とひらがなで書いてあった。ラストは冷徹でひどいひとなので、みんなに恨まれるくらい悪役を演じていきたい。
折笠:会場いっぱい旗を振ってくれた事が嬉しかった。ホークアイのように信念を貫いて演じていきたい。
高本:会場のみんなの鋼好きに圧倒される。自分も鋼は大好きだし大切。ウィンリィ役を名乗ることに重みを感じているけれど、幸せ。
三木:全身全霊で抜け殻になるくらいの勢いでマイク前に立ちたい。がむしゃらにロイと向き合っていきたい。
釘宮:この作品を通していろいろな経験、心揺らすことにぶち当たっていくんだろうなと覚悟している。頑張るのみ。大切に、演じられる、この作品に関われる幸せをかみしめながら演じていきたい。
朴 :応援する鋼ファンを目の当たりにし、帰ってきたんだなという気持ちと新たに挑んでいるんだなと思う気持ちがある。「鋼の錬金術師」はみなさんあっての作品だと強く思った。誠心誠意心をこめて魂込めて、新たな作品に挑んでいるので、前作同様この作品も心から愛して欲しい。
 
  

 
 
 

結局、水島版DVD購入特典なのに、イベント的には水島版ファンの為の配慮は無してのはむかついたけど。
朴さんとくぎみーが、「前作があって今作がある」というスタンスでずっと語ってくれているのが救い。
だから、製作スタッフは信用がないってーのっ。
でも、入江版イベントとしては面白かったかな。すでにまた松風さんが司会の鋼イベントが計画されているようなニュアンスがあったのは、やっぱり00との合同イベントとかだったりするんだろか?
  
とにもかくにも、朴さんとくぎみーのトークは前作ファンには嬉しくてもうもう泣けましたよ。何度うるっときたことか。
キャストがこんなに変更されているのに、朴さんとくぎみーだけ差し替わってないのが違和感って言われるけど。
自分が兄弟スキーということを差し置いても、やっぱり私は。
この二人が、鋼を愛してくれているから、盛り上げようとしてくれているから、だからこの作品を見たいって気持ちにさせられている。大人の事情とか関係ないよ。
朴さんとくぎみーがいてくれて本当に良かったよ。
  


 
折笠さんが自分のブログに今回のイベントについて書いてました。
折笠富美子diary
確かに、朴さんやくぎみーにはホームだけど、新規キャストにしてみれば、完全アウェイだもんなぁ。
そりゃ緊張もするよねぇ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/04/04

フライング?

「again」がフルで聞けます。
結構いいかもしんないっ!


| | コメント (2) | トラックバック (0)

青い花企画 なんちって

SPRING CARNIVALまであと、4日っ。
もうここまで来たら楽しんだもの勝ちだっ! と開き直る事にしました。
ええ、ええ、所詮私は、兄弟スキーだもんっ。
エドとアルの声が聞けて、朴さんとくぎみーがいちゃいちゃしてれば楽しいんだもんっ。
 
ということで。
スペインワインの「AL」を現在注文中。4月1日には届く予定。
フランスワイン(シャンパン)の「PIPER‐HEIDSIECK」(パイパーエドシック)を本日購入。
どういうタイミングで飲まれるか分からないから、
ワインオープナーも、クリスタルカップもゲストの数より少し多めに購入。

そして。
青いバラの花束を注文。イベント前日には手元に届く予定。

これが、4月4日朴さんとくぎみーにプレゼントする予定のも。
 
前回が「LOST HEAVEN」の歌詞からとった、終演への赤い花束だったから。
今度は「青」。
なんて、単純すぎだけど。
赤が「止まれ」なら、青は「進め」だから。
いい作品作ってどこまでも突き進んで欲しいじゃん。
 
それに青いバラは「不可能」の代名詞。それは本来存在しえないものだからであって。
だから、それが目の前にあるってことは「不可能も可能になる」、それが今の青バラの代名詞なんだと思う。
こんな風に(色々希望からはズレたけどっ)鋼がまたアニメ化されたって事実は。
「不可能が可能になった」出来事なんじゃない?
 
なら、青バラが一番ふさわしいなって思えたから。
ホントはサントリーが開発した本当の青バラが手に入れば良かったんだけど。
そうもいかないのが残念なのだけどね。
  
今回はみんなで花を持ち寄ろうぜっなんて広めている時間がないので。
完全一人企画。そもそも青いバラってすぐ手に入らないし。
  
ということで。朴さんとくぎみーあてのお手紙を付ける予定でいます。そこで。
  
SPRING CARNIVALに行けないけど、何か一言お二人に伝えたい方。
 
こちらのコメント欄にコメントをいただくか、メールをいただけたなら(liho_horie★hotmail.com ★を@に変えてお送りください)、りほが責任持って、それをプリントして一緒にお付けしましょう。
 
あまり長いコメントは困りますけどね(笑)。
前回みたいにメールフォームを準備する暇がないし、小冊子にする時間なんてとんでもないので。
ホントに、便せんにプリントして渡す事くらいしか出来ませんけど。
確かに渡しましたよって証拠もお渡し出来ないし。
そんなんでもよければ、お受けします。
 
本当は、誰からもコメントが来ない(=誰もが参加したい人が参加出来ている)のが一番いいんだけどね。
 
4月3日の24時まで受け付けます。プリントする時間を考えたらそれが限度ですので。
よろしくお願い致しますっ。
 
  
前回もこの企画の記事は削除されなかったんだから。
今回も削除したりしないでくださいね。
ハガレン・ピープルさんお願いっ。
  

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/04/03

ネットのニュースをふたつほど

特集:「鋼の錬金術師」(その1) 宿業の兄弟の旅、ついに“最終章” アニメ新シリーズも開始
特集:「鋼の錬金術師」(その2止) 「『終わり』はできてます」 担当に聞く
担当の下村さんがインタビューに答えてます。
  
  
<鋼の錬金術師>異例の世界同時期展開 ネットでの違法動画配信に対抗
米、仏、オーストラリアで9日(現地時間)にネット配信
東南アジアで10日、台湾で11日、香港で22日から放送開始
そういえば、北米版のアル役の声優の子はどうなったのかな? 声変わりしてしまったのでもうアルの声が出ないんじゃなかとかなんとか話題になったけど・・・。
それとも、ネット配信ってことは字幕対応なのかな。
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つわものどもが……


即効削除された模様……。
あうー、その時間なら、まだ起きてたのになぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンスポ号外

公式の新着情報がまた更新されましたね(だから一度に更新しろと)。
 
4月3日サンスポで、「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」号外が東京と大阪で配布されるそうです。
以下引用。
  
  
日程:4月3日(金)
場所:新宿、渋谷、池袋、秋葉原、梅田、心斎橋
時間:16:00~20:00
 
*予定枚数終了次第配布終了致します。ご了承ください*
  
 
そんな…嘘!!
普段なら、普段なら、その時間、新宿にいるのにっ。
よりによって、明日(いやすでに今日か)のその時間は、飲み会予定が入っていて、「新」は「新」でも、「新橋」だよっ。
何てこったいっ。 

4日にお会いする方々、是非見せてくださいませませっ。ぷりーず。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ソウルイーターレイトショーの後にエドが!

鋼の22巻コミックスCM目当てでソウルイーターのレイトショーを見てたら。
最後の最後にエドの絵が!!
しかも、伊藤嘉之さんの絵だよ!! DVD‐BOXのあの絵よりずっといい絵だと思うぞっ。うん。
 
 Soul_2
 
あー、びっくりした。
あ、CMは無かったです。残念。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

嘘(シド)聞きました

携帯を持っていない人間は、ようつべでゲット。
番宣のフレーズだけでは分からなかったけど。
なんだよ、これならOPでも良かったんじゃね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/02

アルのがま口

ちょっ、コレ可愛いんですけど!!!
どこで使えるんだよ、場所限られてるじゃんっ。とかそんなこたぁはどうだっていい!!!!

即注文してしまいました……(^^ゞ
  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鋼の錬金術師&PandoraHeartsアニメ化記念ミュージアム

ほびーちゃんねる!に掲載されました。

アニメイト池袋店にて「鋼の錬金術師&PandoraHeartsアニメ化記念ミュージアム」開催!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

軽装版の表紙でました

描き下ろしを期待していたわけではないんですけど。
あ、やっぱり既出絵だよね。と落胆してしまったのはまぁ、ファン心理って奴です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鋼の錬金術師ナビ 続報

【4/2 更新】
やっと公式サイトで発表されましたよ。遅いっちゅうの。
結局最終的なタイトルは、
「鋼の錬金術師の魅力~大錬成スペシャル~」
のようです。
  
出演者:土田晃之/小杉竜一(ブラックマヨネーズ)/矢口真里/長嶋智彦(ダーリンハニー)
なんだかこれだけ見ると、ギアスとか、00の特番を思い出すんですが…。


【3/31 更新】
RKB、4月6日の放送情報がみつかりました。
琉球放送は、Infoseekでは「鋼の錬金術師ナビ」と記載、琉球放送公式サイトでは「鋼の錬金術師FA」本編として記載されています(ただし、4月5日にも本編放送分が掲載)。

【3/29 更新】
おそらく、番宣番組と思われる「鋼の錬金術師ナビ」の番組放映一覧です。
全都道府県、4/5分までの番組表を全てチェックしました。

RKBについては報告が遅くなってすみません。>通りすがりさんありがとうございます。
4/2の一覧が出た時点で分かってはいたんですが、別放送枠へ移動した可能性を捨てきれず更新が遅くなりました。出来れば時間枠変更という形報告したかったんですが…。
RKB視聴の方、ぬか喜びさせてしまって、ごめんなさい。

なかなか情報が集まらないなぁ、と思っている間に、TBSから情報が消えた!
あ、あれ?? 掲載されてたのってMBSだけだったっけ (°°;))。。オロオロッ。。''((;°°) (3/26追記 TBSは4月4日の28:18~ の掲載が見つかりしたっ)。

今の処、分かっている放送局はこんな感じです。
結構バラバラなようですので、地元のテレビガイドを注意された方が良さそうですよ。
 
録画セット忘れのないよう、24時+αの表記にしてみました。録画設定時にはご注意を。


3月29日(日)26:20~26:50(3/30 2:20~2:50)
RKK(熊本放送) 

3月30日(月)25:34~26:04(3/31 1:34~2:04)
MRO(北陸放送)

3月31日(火)25:35~26:05(4/1 1:35~2:05)
TUT(チューリップテレビ)

4月 1日(水) 26:00~26:30(4/2 2:00~2:30)
MBS(毎日放送) 

4月2日 (木)25:39~26:09(4/3  1:39~:19)
TBC(東北放送)

4月2日(木)26:34~27:04(4/3  2:34~3:34)
RSK(山陽放送)

4月 3日(金) 25:26~25:56(4/4 1:26~1:56)
TYS(テレビ山口)

4月3日(金) 26:25~26:55(4/4 2:25~2:55)
HBC(北海道放送)

4月4日(土)07:00~07:30
TBC(東北放送)(再)

4月4日(土)10:30~11:00
RBC(琉球放送)(infoseek:ナビ)
RBC(琉球放送)(琉球放送公式:本編)

4月4日(土)15:00~15:30
NBC(長崎放送)

4月4日(土)26:38~27:08(4/5 4:38~5:08)
OBS(大分放送)

4月4日(土)28:18~28:48(4/5 4:18~4:58)
TBS

4月5日(日)16:30~16:54
TUY(テレビユー山形)

4月5日(日)16:30~17:00
IBC(岩手放送)

4月5日(日)25:20~25:50(4/6 1:20~1:50)
RCC(中国放送)

4月5日(日)26:20~26:50(4/6 2:20~2:50)
TUF(テレビユー福島)

4月6日(月)10:50~11:20
MRT(宮崎放送)

4月6日(月)24:00~24:30(4/7 0:00~0:30)
青森テレビ

4月6日(月)25:35~26:05(4/7 1:35~2:05)
テレビ山梨

4月6日(月)26:30~27:00(4/7 2:30~3:00)
RKB(毎日放送)
 
4月8日(水)25:29-25:59(4/9 1:29~2:59)
静岡放送(SBS)

4月9日(木)25:30-26:00(4/9 1:30~3:00)
中部日本放送(CBC)

4月11日(土)16:00-16:30
テレビ高知(KUTV)

4月11日(土)16:54-17:24
あいテレビ(ITV)


先日紹介した矢口真里さんのブログがこんな感じで。
お仕事中♪
今日の衣装☆

さらに、こんな事が書かれていましたので。
  
 
『鋼の錬金術師』に関係のある番組を収録してきました!!
はがれんの魅力をたっぷり語ってきましたよ☆
めっちゃ楽しかったぁぁぁぁぁぁぁぁ☆
 
   
おそらく、この「鋼の錬金術師ナビ」のゲスト出演って感じでしょうか?
ま、ま、まさか、某白石さんのような事は……。

3/24 12:00
MRO,RKB,NBC を追加
矢口真里さんのブログ紹介追加

3/26 12:00
TUF 追加

3/26 22:30
TBS 追加 やったっ!(時間間違えてたので直しましたっ)
すっかり沈んでしまったのであげました。

3/27 1:00
TUT 追加 (天狼星さん ありがとうございますっ)

3/28 22:30
TBS、MSB リンクを各放送局公式サイトに変更
TUY 追加

3/29 22:30
TBC、RSK、HBC、OBS、IBC 追加
RKB 削除 
RBC 補足

3/31 1:30
RCC、MRT、青森テレビ、テレビ山梨、RKB 追加(通りすがりさん、天狼星さん ありがとうございますっ)
RBC 修正

4/2 18:30  
SBS、CBC、KUTV、ITV 追加

| | コメント (5) | トラックバック (1)

TVステーション

2ちゃんねる情報なんで詳細がよく分からないんですが。
 
TVstationに朴さんのインタビューが掲載されたようです。
こちらなんですが。
ttp://ranobe.com/up/src/up349077.jpg
「ある役で出演している子役の子」……それはもしやニーナでは!!!
 
次号はくぎみーのインタビューだそうです。

とりあえず明日本屋で探そっ。 また何かわかったら報告します。
 
【4/2 13:00 追記】
間違いなく、TVstationの記事でしたっ。
次号、くぎみーのインタビューも期待っ。

「4月からまたよろしく」って言った某プロデューサーさんて、やっぱり竹Pのことかなぁ?
初回収録時に、エドとシンクロできるか心配だった、というのは初耳。

そして、ここでもまたもうひとつのパラレルワールドという言葉を使っているのが印象的。
 
最初はどこのインタビューだったけ?
これを読んだ時、それなら許せる気がする、ってすごく腑に落ちたんだよねぇ。

「今作はすごい」と書かれば、前作が否定された気がするし。
声優が変われば、前作の声は原作とイメージが違っていたから変えたと言われたな気がしてしまう。
そんな事は言っていないと頭では分かっていても、これは気持ちの問題だから。

でもそうじゃなくて。水島版と挿げ替えて入江版が存在するのではなく、まったく互いに干渉されない位置に、水島版と入江版が存在する。

今作の開始を盛り上げる為に前作を否定したりせず、前作ファンが、声優変更スタッフ変更に戸惑っているってことを、ファンと同じ目線で語ってくれている。
きっと、主役も変えてしまったらこうはいかない。
「前作を超える作品を」とか、きっと軽々しく口にしてしまっただろうから。

朴さんが主役でよかったなって、こういう処で思う。

多分そのうちここに、取材のこぼれ記事が掲載されるはず。
取材帰りの電車にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

制作ヨタ日記再び

待ってましたっ。前回のがもっと早い時期から始まっていたので。
まだかな、まだかなー、と首を長くして待っていたんですが。
やっぱり来ましたね。今回もボンズのヨタ日記が開始しましたよ。
BONS  鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 制作ヨタ日記
今回の担当は誰なんだろ? 大薮さんは担当されないのかなぁ?
公式サイトにはリンクされないのかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

22巻表紙

すでにあちらこちらのブログで既出ですが。
やはりきゃらびぃで22巻の紹介にあった「「※イラストはイメージです」は表示画像だったようで。

鋼の錬金術師 22
鋼の錬金術師 22

最近の表紙には珍しく……どころか、ここまでのんびりした雰囲気のコミックスの表紙ってもしかして初めてなのでは??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャストのアフレコレポート

ほびーちゃんねる に、待望の追加キャスト&設定画もお届け!TVアニメ『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』アフレコレポート! が掲載。

以下の6人にが質問に答えています。
朴ろ美さん(エドワード・エルリック 役) ※“ろ”は王に路
釘宮理恵さん(アルフォンス・エルリック 役)
高本めぐみさん(ウィンリィ・ロックベル 役)
三木眞一郎さん(ロイ・マスタング 役)
折笠富美子さん(リザ・ホークアイ 役)
藤原啓治さん(マース・ヒューズ 役)

朴さんが、ここでも「金を錬成したい」とか言ってますよ(笑)
藤原さんは、しきりに前作とは切り離して観て欲しいと代弁。
くぎみーが、ここまで語る作品てのは本当に珍しい。いつも当たりさわりのない薬にも毒にもならない優等生なコメントしかしない子だから。それが、ここまで熱く語ってくれるとやっぱり嬉しいっ。

【3/31 18:30 追記】
TVLIFEweb
ほびーちゃんねると同じインタビュー記事ですが。こちらの方が写真が3枚あります。
 
あ、そっか、これが例の三間さんがブログ記事に書いてたインタビューですね。
背景がアオイスタジオだ。
あれは、3月21日10時の記事だったのだけど。この時が5話収録で。
3月25日25時のオールナイトニッポンで6話収録済み?
普通週1ってイメージがあったんだけど。かなりハイペース?
それとも放送前って撮り溜めするものなのかしら?
それとも実際の収録とは別の時間に取材記事だったのかしら???

【4/1 18:30 追記】
アニメイトTVでも同じ記事が掲載。
4月5日待望の放送開始!TVアニメ『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』アフレコでキャスト陣が語ったエルリック兄弟の新たな旅のはじまり!

結局、ほびーちゃんねるが一番詳しかったよ。

【4/2 13:00 追記】
e-animediaでも掲載されました。
朴美・釘宮理恵・三木眞一郎・折笠富美子・高本めぐみ・藤原啓治『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』出演声優アフレココメント!!
多少ニュアンスが違うだけって感じでしょうか?
ただし、ここでだけ明かされた新事実。
藤原さんだけ別インタビューだったんだっ。
どうりで。

今回大川さんがいないから、年長者として頑張って率先してしゃべるようにしてるのかな?
なんて思ってたら、それが理由でしたか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/01

トレーラーが多すぎて

とりあえず。順番に並べてみる。ニコとようつべがごっちゃですんません。しかもココログはいまだニコの外部対応が…。
 
20081207放送 公式ノーカウトン

 
20090208放送 エドナレーション #1

  
20090222放送 アルナレーション #2

 
20090308放送 歌シド #3

 
20090318上映 アニメフェア(実際のこの動画は後ろに朴さんのインタビューがあるから違うのだと思うけど、初出はこの日付なので)

 
20090322放送 ロイナレーション #4

 
20090328放送 ロイナレーション2 60秒ver.

 
20090329放送 エドナレーション2 #6

 
20090329放送? againコラボ

 
ここまでは一応押さえてある。うん。

MBS公式サイト
ttp://www.mbs.jp/hagaren/
ではすでにトレーラーが6つ公開されているのに、SONYの公式サイトではまだ3つしか公開されていないってのはどういうことよ、ってのはさておき。

このMBS公式サイトのトレーラー。
実際に放送されたどれにあたるかは上で「#n」で振ってみたのだけど。
#5 にあたるやつって見た記憶ないんですが。
BGMも、エドのセリフもいいんだけど。
大佐のセリフがちょっとね、うん。なんか滑ってるだよね。もしやボツったとか??(爆)
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »