« GyaOのランキング | トップページ | 録画予約ランキング1位っ »

鋼FA第6話「希望の道」感想 ネタばれあり(原作ネタばれ含む)

ネタバレ回避文入れないとね。ガンガンCMはこれからもあれなんでしょうかね? エドとアルの情報部分のみ差し替え、マスタンゴとリザっちは使い回しで。
そういえばソウルイーターの時は主役の子がマカのコス着た実写CMが何本かあったよなぁ。あーゆーのは今回ないんだろか?(え? 無茶言うな?)

ということで感想です。 
 
アバン
確かファーストガンダムのあのアバンて12話くらいまでやってた記憶があるんで、とりあえずは1クール我慢するつもりでいるんだけど。
実際これ、毎回飛ばさず聞いてますけど未だ覚えないんですが。意味成してないよ。
 
 
背景
列車も含めて背景がにしちゃえばもっと重厚感が出ただろうに。
どうせ、このシーンで列車が動くわけじゃないんだから。
そういうのって出来ないものなのかな?
0601
 
        
子供扱いするなぁ!
があるんだったら。
「初めて子供扱いされたよ」と「初めて荷物扱いされた」が欲しかったなぁ。
残念。
おかげでAパートのアルのセリフの少ないこと、少ないこと。
途中まで、もしや今日はくぎみー収録無し?? と疑いたくなったぞ。
ロイからの伝言もカットかぁ。あれ好きなのに。ギャグ要素を入れたいならそういうのこそ有効利用すりゃいいのにっ。
おかげで。「おめーもロイの野郎も長生きすんぜ!」の死亡フラグが消失しちゃったヨ。
 
 
セントラルに寄ることがあったら声かけろや
あ、なんか好きだな、この動き。
最初のコマと最後のコマで背景位置がこれだけずれている。
でもヒューズは目線すら動いていない。
無理に目を追わせて動いていますよって感じが無くて好きだ。
0602
 
そしてこれで、エドが入院した際のあのセリフは確保されたって思っていいのかな?
 
 
左手で失礼
は無しか。まあこれは書き文字だからなぁ。期待はすまい。


汽笛
汽笛が鳴る時にあの下から上へぐわっと上がる感じは何なのかなと思ったら。
ホントに車輪から車体、煙突まで一気に描かれてたよ。
とりあえず撮れた3コマ。実際の再生順は下からです。
0603


車輪
わはは、メカオタだ。メカオタがいる。
ま、実際の動きとはちがってるんだけどね。ちったぁ調べようぜ。
でも、ごまかして手抜きされるよりかずっといい。
こういう根性は嫌いじゃない。
0604


すげー田舎
もカットか。一応国家錬金術資格試験の時の「東部の内乱」が具体的にエド達の生活のどこまで侵入していたのか分かる台詞なのになぁ。


機関車
一応ザクザクっと2・3時間(長げーよ)調べてみましたが。
一番近いのがドイツのBR52の軍用機関車かなぁ。
シャンバラの時の資料でもあったんかしら?(笑)
煙室扉の前に前照灯があるのも、この形のデフレクターも、他の型では見当たらなかったんだけど。
でも標識灯や前端梁が全然違うんで。
オリジナルなのかもしんない。
名称はここを参照
0605


マルコーさん百面相
どれも狙ってキャプったわけじゃないです。適当に取りました。
全部二重写しなんですよねぇ。
これ、アニメーターさん描くの面倒だったろうなぁ。
そのあげく思ったほどの効果が出てない。というか意図が分からない。
3話の「斬新なカメラワーク」といい、1話でひとつ何か新しい事を試してみようキャンペーンでも実施してるんだろか?(笑)
0606


内乱で医師を徴用されて
リゼンブールよりも中央寄りのここですら、内乱の傷跡がある。
エドのセリフを無くした分のフォローと、ロックベル夫妻の伏線。
さらに、内乱が終結した後も未だ還って来ない(おそらく亡くなった)医師の代わりに、内乱で人を殺した自分がここの医師として働く皮肉。
うん。うまく使ったなぁ。


「光」「うむ おそらく錬金術だ」
台詞カット。
こういうカットは大歓迎。絵だけで十分伝わるっ。
0607

アルー!!
少佐に箱ごとぶん投げられて、そこまでされて何故黙ってる! と思ったら。
そっか、この状態でしゃべったらモロバレでまずいか。
原作通りでしたわ。


箱詰めアル
わーい、今回の作画さんアル好きだっ。
すごくバランスいいもん。カッコいいーっ。
こういう回に限って全身シーンが少ないのが残念。
作画監督は関口亮輔さんね、よし、覚えた覚えたっ。
0609


地獄ならとうに見た!
こっちの絵はいいのよ。
マルコーさんの声をどんどん制圧的になってるから。
朴さんの演技がそれに答えて、徐々に高揚していく感じがそこに合ってる。
0610
でも、こっちはなぁ。
地獄を見た者が偉いわけじゃないんだからさぁ。
何故そこでふんぞり返るかなぁ。
0611

原作のこの台詞は。
「それがどうした。そんなもの、怖いものか。後悔なんてしない」っていう覚悟が見えるの。
それを今回、声あらげさせる事によって。
「それがどうした。そんなものより大切なものがあるんだ」っていう熱さに変わってる。

だからそう言われちゃうと、もしかしたらエドは後悔するかもしれない。覚悟が足りてないんじゃないだろうか?
そう見えちゃうんだよねえ。
単なる覚悟のないガキが無茶を言ったように見えちゃう。
まあ実際、この後落ち込む事になるんだから、それはそれでありだと思うのよ。

でもそう言っちゃう子供に、マルコーさんがメモ書きを渡しても大丈夫だと思った事への理由が立たなくなってしまう。
そこはエドが誠意で「だから、教えてください」って頭を下げるとか、マルコーさんがほだされた理由を入れて欲しかったなぁ。エドのあの台詞だけじゃちょっと無理だよ。
覚悟が足りなくて後悔するような自体になっても、この子ならまた立ち上がるんじゃないか。
そう思わせる態度が欲しかった。


ダメだ
くーっ、惜しいっ。
1秒はいらない。あと50ミリ秒(笑)溜めてから言って欲しかった。


要塞跡
だよなぁこれ。
「こんな田舎」なのに要塞があった土地。
ここも戦場になった土地なんだなぁ。
だからこそ、マルコーが定住を決めたっていうのも説得力のある材料になってる。
因みに原作は工場の影でした。
0612
0624


マルコーの部屋の窓を振りかえるエド
最初は違和感あったんですよ。
この後のシーンではもうすっかり諦めがついてるのに、何で未練がましく振り返ってるんだ? って。

でも未練なら違うよなぁ。
どっちかっていうエドなら眉間に皺寄せて「悔しい」って表情を浮かべそう。
コミックスのちょうどそのセリフのシーンでテーブルに手をついて俯いているあの感じ。

この表情ってどういう時に浮かべる? って考えて考えて、その結果。
0613
 
例えば……例えばですよ?
自分が訪れたせいで、マルコーさんの戦争のトラウマのスイッチが入っちゃって苦しむ姿を目の前で見てしまい、とりあえず精神安定剤で眠っているうちに帰る事になりました、とかなら納得する表情なわけ。
それか。
エドがマルコー宅にコソ泥に入って、そのせいで侵入先のマルコーさんが大怪我したのに謝ったら許してくれて、身元引受に来た少佐に連れられてとぼとぼ帰る感じ?

て、話作り過ぎってのはこの際置いとけや。

つまりアレだ。アレ。
マルコーさんに悪いことをしてしまった、ごめんなさいな表情なのよ。

静かに暮らしていたのに、過去を思い出させるような奴が来ちゃってごめんなさい。
うん、そんな感じの表情。
それならそれでそのきっかけになったエピソードを盛り込むとかして欲しいし、そうじゃないならそれはそれでこのエドの動作が何を意味するのかちゃんと分かる形で書いて欲しかったなぁ。中途半端だぞ。


アイキャッチ
いやもういい加減慣れました。「フるめたる アるけみすと」には。
前回ロイとスカーがピンクだったんだからもうそういう色しかないのかと思ったら。
マルコーさんとウィンは緑ですか。
何かこの違いに意図はあるんだろか? 
1クールいった処でタイトルバックと一緒に一度検証しようかな。


しかし しばらく見ないうちにエドは小さくなったね
ピナコばっちゃん、グッジョブ!
ちょっと後ろに下がってまで言う台詞がこれかい!!


ミニマムばばぁ
あ、また出すんだ。
ちみっこシーンですでに使っちゃったからどうよ? とは思っていたんだけど。
逆に繰り返される事で、日頃からずっとこんな会話を交わしていて、それが今も変わってないって形になってる。
いっそ、あの台詞を全部繰り返しちゃってもいいくらい。
いい味になってるわ。


メンテナンスに来るときは先に電話しろって言ったでしょ
15歳ウィンリィ登場!!
うわーーーーっ!!!
2話の時はちょっとまだ不安だったのよ。高本さん。
でもでも、すっげっ、いい感じじゃね?
なんか、鋼好き好きオーラが全面に出てる。

豊口さんのウィンリィ好きだよ。水島版ウィンリィが好きかどうかは別として。

でも、高本さんの頑張りがすごく見えるの。
まだ、確かに、ここはああ言ってくれた方が、こう言ってくれればってのはあるけど。
「あはは」の笑いからもう不安がふっとんだよ。
次の出番までちょっと間が開いちゃうけど、そのテンション意地で頑張れー。


てへ
くぎゅうううううううううううううううううううううううううううううううっ。
ちょっ、萌えだ、萌えが光臨したヨ。
今回の脚本は、菅正太郎さんか。
ありがとう。菅正太郎さん、ありがとうっ。
原作では書き文字のこの台詞を、まさかやって貰えるとはっ。
幸せだぁぁぁぁ!!
0614_2


足蹴りウィンリィ
今回のウィンリィならきっと大丈夫だ。
水島版のあの、あんな馬鹿な台詞はきっと言わない。
兄弟をちゃんと平等に思ってくれている。
0615

・・・ってそれを蹴りで判断するのってどうよ(爆)。


エドの道行きの音声全カット
そうっ。そうだよ。これでいいのっ。
台詞のカットを全面的に嫌ってるわけじゃないんだから。
こうやって台詞と画面を別ものを並べて、必要ならこうやって尺を縮めて。
なんだよ、分かってんじゃん。

それと、この時エドは少しびっこをひいて歩いてる。
この後の寝起きシーンも、バランスを少し崩しながらびっこをひいて歩いてる。

自分が五体満足だから、そういった状態の人が正しくどうやって歩けるのか分かるわけじゃないけど。
自分の経験上、片腕が動かないってだけでかなり歩きづらいのよ。
骨折とかで三角巾で腕を吊った事がある人は多分記憶あるんじゃないかな。
腕を振ることで脚は前に出る。
マラソンとか徒競走で、腕を振れっというのはまさにそれが理由。

左腕を後ろに振ることで左足が出る。でも右腕が無いから右足が思ったほど前に出ない。
さらにその大きく出せるだはずの左足は慣れないスペアの義足。
だからどうしてもゆっくりしか歩けないし、バランスが悪くびっこひきになる。
エドは機械鎧の右腕左脚を持つ人である以前に、右腕左脚が無い人なんだよなと改めて実感させられた。

前作16話で會川さんが、左脚のないエドを絶対やりたかったと答えて言るインタビューがあったんだけど、ちょっとそれが見当たらなくてその意図を正確に把握しているかあやしいんですが。
確か機械鎧がもしなかったらエドが本来どういう状態にあるのかを視聴者に知って貰う為のものだったと記憶しているんだけど。

今回は無いものの無い状態を見せるのではなく、無いものがあるからこそ生じる不自然さで見せるっていう方法。
子供に痛くない見せ方っていうのは確かにあるんだな、と思った。


朝「朝から御苦労さん」「徹夜よ」
夜「夜遅くまで御苦労さん」「今日も徹夜よ」
朝「邪魔」

これで3日経過しているのがきちんと分かる。
3日目だから、待ちきれなくないのが納得出来る。
こういう理由なら順番の入替もOKだな。

でも。
ウィンリィが「完璧徹夜」って言った時に「悪いな無理言って」って言った子が、ウィンリィの作業の邪魔をするってのが。うーん。
せめてドアの外をずっとうろうろしていて、ウィンリィをいらいらさせるとか、もう少し柔らかい方法は無かったのかなあ。
これがドジっ子だったら、夜食運んであげたのに、頭の上からぶちまけちゃうなんてネタがありなんだろうけど(笑)。


どうにも落ち着かなくてさぁ
デン可愛いーっ。
ちゃんとエドを見て、それから1拍遅れて真似してるのっ。


お待たせっ
この満面の笑み! いいよねえ。
まだエドの為だからではなく。
純粋に機械鎧を作るのが楽しくってしょうがないって顔。
あーあ、もう、そろそろお年頃の女の子が顔に油付けて。
まるで、泥んこ遊びから帰ってきた子供みたいだよ。
あ、そうか。ウィンリィでこれをやりたかったら、同じようにボロボロになった組み手後のエド達をカットしたのかな。
うん。こういうカットならOK。でもご飯食べるシーンは必須だと思うんだが、どうよ。
0616


お待たせっ
半裸で外に出るな! 半裸でっ!(笑)
0617


鎧錬成
4拍錬成。
ふふふ、やっぱ原作通りできたか。
これ見たかったんだよねぇ。
 
水島版は、アレあまり好みじゃなくて。
足が錬成されて、ふわっとアルの身体が浮き上がるでしょ?
アルの意思に関係なく、エドがアルを動かしているようで。
エドがアルを人間扱いしていないように見えてダメだったのよ。


無防備に寝ちゃってさ
原作だと、ウィンリィはこのセリフを最初から最後までカラッと言っていたように思えていたのだけど。
先に心配を出してる。
さばさばし過ぎない感じが、高本さんの声には確かに合ってるなぁ。
0618


あ…あれ?
今回初めての試みのCパート。
そうそう。
後日談なんだから、後日談らしく。
そうこなくっちゃっ!
0621


おまけ
アルと戯れる動物ショット
はうっ。
可愛いのっ。可愛いのっ。可愛いのっ。
はぁ、くらくらしちゃうよ。
0625
0619
0622
0620
 
もうもう、今回の作画監督さん好きだーっ。
アルがメインの回はこれからも是非よろしくお願いしたいっす。
  

脚本=菅正太郎
絵コンテ=タムラコータロー
演出=矢吹勉
作画監督=関口亮輔
 

« GyaOのランキング | トップページ | 録画予約ランキング1位っ »

コメント

こんにちは。

今回の感想はこの一言に尽きます。
「ウィンリィが可愛かった」
以上。

しかし、ラストもそうですがバストショットのカットだと
何も着ていないように見えて焦ってしまいます(苦笑
『無防備に寝ちゃってさ』のあたりなどはチューブラが見えないので…

そんなに色気をアピールしている訳ではないのにおいろけショットが多い、というのは不思議です。


それと背景が綺麗でした。原作初期ではあまり町並みとか背景を描かないので、このアニメで補完されるとわくわくしてしまいます。
マルコーの町には要塞が見える、というのはりほ様の指摘で初めて気づきました。

今晩は。ヘタな某公式掲示板(←「某」を付けた意味無し/笑)より楽しみにしてます。待ってました! マルコーさんのいた街の遠景見た時にモン・サン・ミッシェルにカンジが似てるな、と思いました。中世ヨーロッパの街ってこんなんですよね?平地ばっかりだから敵から身を守ろうとなるとこんなカンジに作りますよね。
賛否両論あるんだろうけど私は今の鋼が好きですね。水島監督と會川さんって必要以上に傷をいじくり過ぎる(自虐的とも言うかな?)し。(だからもっと頑張れ!三木タング/笑)
パンイチ兄さんに関しては何と言いますか…リラックスし過ぎだ(笑)きっとアルから言われたと思うけどTシャツだけ着て戻って来て下はパンイチのまんま(笑)ウチの近所に年中○助の肌着と股引姿の爺さんが自宅前の公園で将棋してるんですが「風邪ひくよ」って遠回しに声かけたら半纏引っ掛けただけで戻って来て、しかも股引の前が微妙に黄ばんでるしっ!…兄さんはまだ若いからキレが悪いって事は無いだろうけど(爆)
今回のアルは癒やし系ですね。私達はアルが1人の人物として見てますけど、よく考えたら小動物が鎧に懐いてるのって『不思議』以外の何物でもないですよね…『マイナスイオンがでる鎧』みたいな?もう、作監さんはこの人で良いんじゃないかと思います。私も癒やされたいので。

>さふらん5号さま
レスが遅くなってすみません。
はい。ウィンリィ可愛かったですね。
泣きながらアルをスパナで殴るシーンとか、お産に立ち会うシーンとか、水島版では敢え無くカットされてしまったウィンリィの名シーンが今から楽しみですよ。
いい作監さんに当りますようにっ(パン、パン)。

そして「機械オタク」「錬金オタク」の掛け合いは、エドも上半身裸なものだから。
二人揃って何も着てないように見えてしまう罠が(笑)。
何とかうまくキャプれないか、試そうと思ったんですがあまりのおいろけに敢え無く挫けました。

背景は入江版のこだわり処のひとつだそうですから。楽しみですね。
南方とか北方とかどう描かれるのかなぁ。


>丙午さま
レスが遅くなってすみません。
お言葉ありがとうございます。励みになります。
なのにこんなに遅くなってしまい・・・orz
モン・サン・ミッシェル かぁ。
線路から正面にまっすぐ道があるから、余計に想像を喚起されるのかもしれませんね。
しかも牢獄だった事と考え合わせると、マルコーさん=過去に幽閉された厭者、という構図が成り立って面白いですね。
私も入江版好きです。
水島版は原作と懸け離れ次にどう話が転ぶか分からない危うさが魅力でしたけれど、入江版は原作に準拠しつつそれを色んな角度から表現していて一筋縄ではいかない処が魅力だと思っています。
三木さんについては私も、もうちょっと頑張って欲しいんですけどねぇ。
アルは癒し系でしたね。可愛かったですっ。
小動物の視界だとアルは静物としか見えないのかもしれませんね。
鎧の冷たさに涼や木陰を求めてやってくるのかも? ってことはやっぱりマイナスイオンかも(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鋼FA第6話「希望の道」感想 ネタばれあり(原作ネタばれ含む):

« GyaOのランキング | トップページ | 録画予約ランキング1位っ »