« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009/06/29

鋼FA第13話「ダブリスの獣たち」感想ネタばれあり(原作ネタばれ含む)

ネタばれ回避文です。
今週は久しぶりにリアルタイムで視聴。夕飯作りながらなんできっちり見れないのに内容だけ見れちゃうから。
勿体ないんだよねえ。
本当はここは堪えて、あとからじっくり邪魔が入らない状態で視聴した方が楽しめると思うんだけど。
やっぱり我慢出来ず観てしまう・・・。

さて感想です。

黒アル様降臨!!!!
きゃーっ。待ってましたっ。
「そうか、自分で考えなきゃねっ」
いやん、可愛いーーー!!! 何なのこの無邪気な声っ。そ・し・て。
「自分で考えた結果。おじさんたちをふんじばって秘密とやらを聞く事にしたよ」
きゃーっ、黒いーー!!!!! 黒過ぎっ。
しかも何これ?
「考えた結果」の「か」とか、「聞く事にしたよ」の「よ」とか妙に色っぽいのは何事っ(笑)。
これ三木さんの真似っしょ。最後に息を吐いて母音を残してるのっ。
色っぽいアル、色っぽいアル!!
ぐはっ。いやー、いいもの拝ませていただきましたよっ。

これで、アルの体型バランスが良ければなぁ。
今回、アクション好きの作監さんなのかなぁ。蹴りのシーンはいいんだけどねぇ。
くそー、人によって違い過ぎだぞっ。

しかもこの後、アルの戦闘シーンがことごとくカットされて、捕まった後に反撃もせんと、囚われのお姫様になっちゃうのが。くー残念。

今回はエドをカッコ良く描こう週間だったんかなぁ。
エドvsグリードのエドの人差し指での「ちょいちょい」なんて思わずにやけるくらいカッコ良かったもんなぁ。
「脳天ガラ空きっ」の首四の字固めっつうの? 調べたらムルシエラゴとかって技名が出てきたけどあってるか分かんないんだけど。まあともかく動く動く(笑)。
「あとは錬金術の分野だ」の口を拭う処とかもカッコいいわ、アルがその場にいたらきっと見惚れてたに違いないぞっ(爆)。


ってことで箇条感想
・アバンでエド達があきらめて去る決意をした処で、OPが「この想いを消してしまうにはまだ人生長いでしょ?」って、これ狙ってます???(笑)

・やっぱり「この目には弱い」のモノローグは無しだよね。それならそれで矛盾無しなんでOK

・「アルが一番真理に詳しい」。あはは、これ原作だと「アルは真理に一番近い」だったんだよね。結局未だにこの伏線回収されてないし。この後ラストも「あなたたち人間より真理に近い」って台詞あるしね。混乱するから避けたかな。

・記憶を戻す方法を聴く知人って誰なんでしょ? 今回診察シーンカットされたんだがなぁ。まあ実際殴るシーンも無かったし。カットかなぁ。

・マトリョーシカと、クマの置物は健在かぁ。しかもロイの背後に見える三角タペストリー(懐かし過ぎっ)は富士山と、阿寒湖か?

・孫を嫁にはともかくとして、チェスボードが餞別になってないぞぉ。じゃあ、あの通達は如何様に? さりげにロイの机の上に置くとかは却下だったんかしら。

・「別れろ」ってこの吹き出しはさすがに意味無いだろ、とは思うんだけど。このコマだけ見るとなんかすごくハボロイに見えるんですが(笑)。
狙ってる? 狙ってる?(わきゃあねぇだろっ)。
1301

・査定シーンカット??? あれ? じゃあ大総統とアームストログ少佐はなんでダブリスに行くんだろ?

・師父、おお、声優変更無しっ。久しぶりに聞いたぞ。「耐えねばならんのだよ」

・ついに満を持してヨキ登場!! すげえ、何事も無かったかのように登場させてる(実際何も無かったわけだが)。しかも違和感ねぇ。
自分だってお尋ね者のくせにちゃっかり賞金かせぎかよっ。あ、だから。腕っぷしプラス軍に突き出してくれる人間が必要だったってわけね。
矢尾さん相変わらずはっちゃけてていいなぁ。ヨキの記憶ではアルは目からビームを発射するらしいぞ(笑)。

・マーテルの声の本田貴子さん? 今まで意識して聞いたことが無かったんだけど。往年の小山茉美さんにそっくり…って思ったんだけど。「お邪魔するわよっ」が。いやマジびっくりしたんだって。そのくらい似てるっ。て、あー知ってる人の方がもう少ないんだろか?

・中村グリード。おおっ? 思ったほど違和感ないぞ。そんなに声音を意識して変えてるって感じでもないけど。へー、しゃべり方で雰囲気を出してるって感じかなぁ。

・アルの頭の毛が、毛が……………………布ぉ!!!
1302

・ドルチェットに会った時は「おじさんたち」、グリードに会ったら「お兄さんたち」? ドルチェットはそんなに老けてみえましたか。そうですか。子供って残酷っ(笑)。

・色々グリードの言動が分からんぞ。ホムンクルスの証拠のようにウロボロスの刺青を見せてるけど。
アルは「ラスト達=ウロボロスの刺青」は知ってても「ラスト達=ホムンクルス」は知らないよね。
「裏の情報は全て入る」って事でグリードは、アル達とラスト達の状況を勘違いしたのかも。
と思ったら、ラスト達にアル達が会った事すら知らなかったよ。
何を根拠にそんな自慢げに手の甲を見せたがるかなぁ。

・ちみっこーーー!!! もしや半ケツ? 半ケツで座ってる? 他にも椅子あるのに??? と萌えかけたけど。よく見たらアルは立って屈んでるだけ、すかね? 身長差どんだけ??

・筋肉の筋の再生、リキ入り過ぎっ(笑)。なんだかグロが緩和されてきたなぁ。いい傾向かも。ドルチェットだけ嫌そうな顔してるよ。意外に繊細?(笑)それと鼻を吹いた時、ちゃんと鼻血出てたのね。何度目かでやっと見えたぜ。
1303

・「こるぇで1回死亡だ」何故、巻き舌! 中村さんのキャラクター把握面白ぇ。どんどんやってください(笑)。

・グリード、アルに近づき過ぎっ! 角が突き刺さりそうだよっ。さらに近寄られて、アルが微妙に首をすくめてるんですけどっ。いやん、まるでホントに野郎に迫られて困ってる乙女ちゃんの図だわ(はーと・爆) なのにちょっと顔を背けたら顎のラインがぁぁぁぁぁ……orz 腐女子の夢を壊さんでくれや、作監さんよ。
1304
1305
1306

・まさか兄さんが先に来るとはな。強い奴が最後に出てくるのが基本って考えたらまあこれもありか? 「今日の晩めし何かな」のエド好きだったんだけどね。

・「いくない!」声はカッコイイのに。「いくない!」「いくない!」!!「いくない!」!!! やっぱ14歳だよねえー、可愛いっ。

・やっぱそこが兄さんのマジキレポイントなんだな(笑)。あ……そういえば11巻では、この手のネタをリンが吐いて、ウィンがキレるんだっけ。でアルが「兄さんとウィンリィが先に怒るから」って。もしかしてその台詞をもっと生かす為の伏線だったりして????

・「無限の再生能力じゃないんだろ?」あれ? そんな事エドの前では言って無いはずなんだが。

・メイスンさんだぁ、いったいあなたは今までどこに???? 何のフォローも無して、ちょっ!!

・キター「主婦だ!」。やっぱいいなぁ、このシーン。 て、え? 軍の突入はどうなる! 次回!!

・予告。やっぱ大総統と少佐は出るんだよねぇ。ホントどうやって出すつもりなんだろ。

・新章突入。自信ないんですけど。くぎみーの声だったらどんなロリ声だがうがショタ声だろうが、聴きわける自信あるんですけどねっ。
男性声優はちと分かりづらいんだが。もしかしてリンの声って宮野真守さん??? グリードがブシドーで、リンが刹那って、それってあんた……(爆笑)
それと色彩設計の担当、中尾聡子さんから変わるんだろか? 今期かなり薄い色遣いが特徴だったんだけど。
実はコレあまり好みではなかったんだが。
だいぶ明るい配色になってるなぁ。なんかそれだけでテンション上がるぜっ。
この感じ。もしや、水島版の色彩設計だった、中山しほ子さん??
1クール 3話
Vlcsnap346498

2クール
Vlcsnap344562

……そういえば。今回、サブタイトルが挿入されなかったな。

脚本=菅正太郎
演出=小山田桂子
絵コンテ=福田道生
作画監督=古俣太一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/26

動画をアップしました

懸念事項になっていた(そうだったんだ?)、ヒューズ追悼の動画をアップしました。
おかしいな。なんかまるで、自分ヒューロイだったん? みたいな内容になってしまったのことよ。
そのくせ、前半は違う意味での追悼っぽいしな。

BGMに使っている歌がね、すごく好きなんですよ。
日本人とアメリカ人とイギリス人のユニットだったので、だからこそ意味があるみたいな。
生で聞いた時はめちゃめちゃ感動した。また復活しないかなぁ。 

本当はいつか、イシュヴァール戦ネタで使おうと思って、15巻をスキャナ撮りしておいていたんだけどね(今期アニメ化が決まる前だったので)。
これもありかな、と思って。
さて、いつまでアップさせて貰えるかなぁ(笑)。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/25

新商品情報

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 携帯彩蒔絵(ケータイカラーマキアート) 鋼の錬金術師の紋
8月発売予定です。


鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST プレイアーツ改 エドワード・エルリック
7月24日発売予定。

前回発売された際のはこんな感じでした。
顔違い過ぎ。どこのFFキャラかと。
身長も、前回約14cmだったのが、今回は約18cmとぐんと伸びたようです。
いやこれはもう、メイ・チャンが妄想していた、エドワード様を再現しましたっ!!っていう企画ものなんじゃないかと(笑)。
前回の商品は、アメリカ版ならまだ在庫があるようですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/06/24

GyaOランキング(6月15日~6月21日)

前週のランキングをアップしたと思ったらもう次のが来ちゃったよっ。

GyaOの6月15日~6月21日の総合ランキングのお知らせが届きました。
今週の「鋼の錬金術師」は5位! うぉぉ、おのれ韓流ドラマめっ。
とっとと終わってしまえやっ(それ、完全に負け犬の遠吠えじゃね?)。

Gyao_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

トラバにこんなん来たよ

いつもロクでもないトラバは即効削除しているんですが。
10話の感想に、こんなブログがトラバされてきたよ!!


身長を伸ばす


あー、おそらくエドとウィンの身長さについて書いたせいなんじゃないかと(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テレビステーション

以前お知らせした、テレビステーションの取材帰りの電車にて。に、やっと朴さんの回が掲載されましたよー。
鎌倉「ニュージャーマン」のバラのマドレーヌ。バラだから喜んだのかなぁーと自惚れてみたり(笑)。
次週には、くぎみーの回も掲載されるかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カードダスポスターズクリア

バンダイ 【 カードダスポスターズクリア 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 】 全8種フルセット
 
ちょっと待て、何故、アルだけピンじゃないんだ、ごらぁぁぁ!!!
いつでもエドとアルは一緒なのよねっってな、萌えのニーズにお応えいただいているだったらいいんですけどね。
エド正面でアル横向きじゃ、全然絡みねぇじゃんかーっ。

ホント、今期、アルはグッズに恵まれないなぁ。出費がかさまず済むから別にいいけどさーっ。ちぇっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ランキングまとめて

GyaOランキング(6月8日~6月14日)
GyaOの6月8日~6月14日の総合ランキングのお知らせが届きました。
今週も「鋼の錬金術師」は4位! なんとかこの壁を抜け出せないものなんだろか。
Gyao


テレビサーフ録画予約ランキング(6月19日現在)
画像を捕り損ねたのでメルマガに掲載されたテレビサーフのランキングです。 現時点とは異なります。

1. MR.BRAIN 06/20 19:56 TBSテレビ
2. 全米オープンゴルフ06/21 06:00 テレビ朝日
3. 鋼の錬金術師 06/21 17:00 TBSテレビ
4. スマイル 06/19 22:00 TBSテレビ
5. 白い春[最終回] 06/23 22:00 フジテレビ
6. 婚カツ! 06/22 21:00 フジテレビ
7. ザ・クイズショウ[最終回] 06/20 21:00 日本テレビ
8. アタシんちの男子[最終回] 06/23 21:00 フジテレビ
9. 土曜プレミアム[映]「トランスフォーマー」 06/20 21:00 フジテレビ
10. ぼくの妹 06/21 21:00 TBSテレビ


Gガイド.テレビ王国予告ランキング (6/15 ~ 6/21)
2009/06/22 集計
1 MR.BRAIN TBSテレビ系
2 土曜プレミアム「トランスフォーマー」 フジテレビ系
3 BOSS フジテレビ系
4 ザ・クイズショウ 日本テレビ系
5 アイシテル〜海容〜 日本テレビ系
6 金曜ロードショー「ルパン三世 ルパンVS複製人間」 日本テレビ系
7 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST TBSテレビ系
8 F1世界選手権第8戦イギリスグランプリ フジテレビ系
9 白い春 フジテレビ系
10 スマイル TBSテレビ系
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/23

鋼FA第12話「一は全、全は一」感想ネタばれあり(原作ネタばれ含む)

ネタばれ回避文です。未だガンガン最新刊の感想が書けません。GyaOのランキング記事も、テレビサーフのランキング記事(すでに取得不可能だよ)もアップ出来ずにいるし。ヒューズの追悼MADもまだだし。うぉぉぉ、自分の仕事の遅さにちょっと色々ショックです。
ってなわけで12話感想行きます。


ヤバイです。今回の話でもまた泣いてしまった。
何度原作読み返してると思ってるんだよ。
水島版だってこの辺りは死ぬほど繰り返し見てるのに。
まさかこの回で自分が泣くとは思わなかったよぉ。
くそぉ。そこまでお涙頂戴なベタベタした脚本になっているとは思えないのにぃ。
きっとツボ処が自分にマッチしてるんだろうなぁ。

2話の時は存外スルー気味だったトリシャとの思い出が、今回これでもかってほどあるし。アルをくすぐって笑わせるトリシャなんて、ちょっと反則だよ。
トリシャの気丈さと弱さの両方が伝わる。
子供の高めの体温って触れるだけで安心するじゃない? 夏場は鬱陶しいが(笑)。トリシャが二人を支えていただけじゃない、二人がトリシャの安定剤になっていたんだなぁって思う。
水島版のトリシャは最期まで、母親である以前にホーエンハイムの恋人だったものなぁ。振りむいて貰おうと必死なエド達が哀れだった。
入江版のトリシャはホーエンハイムばかりを追い求めていない。ちゃんとエド達を見て、愛してる。
だからこそ、エドの「かあさん」「かあさん」の台詞とか。くーっ、やられたよっ。


無人島メイスンカットって。これかなりヤバいでしょ!!
どれだけ危険度UPだと?
下手すりゃ30日後、イズミが島に行ったら二人とも餓死してた可能性だってあったんじゃないかっ!!
実際原作じゃ、やばくなった時メイスンから魚を分けて貰って食ってたし。
そんな事だってして貰えないわけじゃん??
イズミの「死にゃしないわよ」のセリフもちょっと不安気だしっ。
まあ、イズミの修行の時は確かに誰の助けも無かったけどね。
凍死しないとか、2人だしとか、食べ物豊富とか猛獣いないとかそりゃ色々利点はあるでしょうが。
17歳と10歳・9歳じゃちょっと経験値違い過ぎっ。
いやマジでサバイバル感強すぎっっす。
原作だと10日過ぎまでは何とか凌いでいたのが、今回アニメ版じゃ6日目にしてダウン。
エドは幻覚まで見る始末。完全末期症状。
やっぱり過酷過ぎっ。
葉っぱを身に付けてるのをインディアンごっこと揶揄った感想も読んだけど。
ええ、確かに馬鹿っぽいですよ。でもそれって、それだけなりふり構ってらんないって事じゃない? 
身を隠して動物を捉えるにはどうすればいいか、子供なりに必死に考えて。
殺すのに躊躇していればまたキツネ達に奪われるか分からないから、装備を解く間も開かずすぐさま屠る。
良かれと思い出来る事は何でもやる。その必死さが伝わる。
だからかなあ。
本当に、誰からもほどこしを貰えなかったからかな。

キツネに兎の肉を分け与えた時、二人とも本当にいい表情してるんだよねぇ。
上から目線のほどこしじゃない。同じ釜の飯を食う仲間みたいな、島の動物の一員としての同族意識の目線だった。
原作の、肉体を鍛えつつ精神を鍛えるってのには外れちゃったけど。
自分達が大きな流れの中のひとつだって、ちゃんと肌で感じてるのが伝わる。
これはこれですごく好きだぁーー。
蟻を食べた(実際には、蟻酸を出す蟻は種類があったと思うんだが)事から、原作の蟻を指にのせて「一は全、全は一」について語るシーンに上手く繋いでるし。
蟻やウサギとか具体例を出す事でこの説明台詞も小さな子に分かりやすくなってると思う。
しかも。最後の最後のシーンに、イズミにごめんなさいって謝ったその後にっ。
ヨック島最後の日の、イズミが来るのを待つエドとアルのシーンを持ってくるなんてさぁぁっ。
ここに持ってくるかよぉぉぉぉっ。

回想シーンでは一度F.O.させたエドの「一は全 全は一」の語りは入るわ。
2人の結論「錬金術は命そのもの」まで持ってきて。
命が命を練成出来るわけがないって。
こいつらホントはこの時ちゃんと分かっていたはずなのにっていうのがぁぁぁぁ(滂沱)。


以下その他、箇条書き感想行きます。
・アバンも前回の復習もなし。すっきりさっぱりこの方がいいなぁ。

・ウィンてば、ピナコばっちゃんに電話しろってエド言ってたのにー。電話しなかったのぉ??? まあ時期的に麻生さんが無理だったと思うけど。

・実は涙堪えて表情が強張ってたとはあの表情じゃエドも分からないよなぁ。恨まれてもしょうがないよ、な。ホーエンハイム。

・後ろからだとアルが大きく、正面からだとエドが大きく見えてますが。どんな身長さなんでしょうか?(笑)

・ホーの書斎シーンはやっぱり一度出したかからカット? 書斎にあった賢者の石生成のレリーフを出す気は無いって事はあまり必要以上にその辺りをミスリードさせるつもりは無いって事なのかなあぁ。

・入江版トリシャ好きだぁ! ウィンといい、入江版は女性の扱いがいいなぁ。

・イズミの顔が随分変わった? なんか男っぽくなってません? いや全体的に今回絵の落差が激しいから何ともな。次回を一応期待しとくか。今まで作画監督補佐なんて無かったと思うんだけど(あったらごめん、あとで全話確認するわ)。今回やばかったのかなぁ。
その補佐にキャラデザの菅野さんは入るは、比較的絵の良かった回作監の石野さん(10話担当)と永作さん(1話担当)が入ってるなんて。かなりてんてこ舞だった? よっぽどあがってきた原画がまずかったんかしら? 今回海外には出してないようなんだがなぁ。

・あ、そうそう。イズミの胸元のフラメル。原作の背表紙を見る限り確かに紺色かも。

・吐血はギャグ要素強くなってたね。善し!!

・普段は必要以上に錬金術を使わないはずなんですがね、イズミって。子供ぶん殴るなら素手だろ、素手っ。

・「そいつら親がいなくて」ってあんた誰? ピナコばっちゃんはドコ???

・ギュってしてる顔に「どうにも弱いね」って事は、次回どうするんでしょ? でも、しがみつくちみっこかわゆす。

・いきなりヨック島到着、早っ。まあ今回は5話分(ほんの数ページ分の回もあるけど)だものなぁ。

・この顔好きっ(笑)。
1201

・包丁を研いだ後は水洗いが必要です。良い子は真似をしないようにネ(笑)。 しかしシグさんなんで今吊るしたばっかの肉をまた降ろして切ってるんだ???

・狐!! ウサギの生肉見えてますけどっ。ウサギのグロはOKなんですか? そうですか。

・「竿も針も糸ねぇんだぞー!」に、じゃあウサギの罠は? と書かれてた某動画サイトの方。あれはどう見たって糸じゃなくて蔓でしょ?(笑)

・アルを食べようとするエド! ちょ、どんな萌え補給! 夏のお祭りでは是非このネタをお待ちしております(爆)。

・魚捕るシーンは、原作通りエド上半身裸で見たかったなぁ。ぷにぷにしたお肌なのに肋骨が浮いてて好きだったのに。

・蟻を手に空を見上げる二人かわゆす。

・アイキャッチ2回登場って、それすでにエルリック兄弟とウィンリィとロイに匹敵してますけどっ!

・修行中。これスタッフのこだわり処ですかね。ウン。エドがアルよりケンカが弱いの納得。エドの方がアルより攻撃にバラエティが無いもん。きっとアルにそれを見破られてるんだわ(笑)。

・アルの飛び蹴りのスローの処、イズミの防御がちと早過ぎ。あんなに早く構えられてたらアル避けれそうな気がするんだが。ってか構えも変くないか?
1202

・「体感するのが一番いい」の腰を落とす感じとかはすごいいいのになぁ。

・イズミの手当てシーンもカットかぁ。これくらいは入れて欲しかったなぁ。うーん、子供時代は全般イズミの優しさはカットって感じ?

・アルの目が時々、微妙に垂れるんだよねぇ。何でだろ? ってか誰の趣味?
1203

・手パン練成はやっぱり変えてきたか。うむうむ。うっかりでもイズミの前でエドが手パン練成するとは思えないものな。これは原作が失敗だと思ってる。水島版は猫を助ける為咄嗟に使う事で避けたから。ならこの手では来ないだろうなと思っていたら。こう来ましたか。

・イズミの真理くんはやっぱり別ものっぽいな。

・イズミの人体練成失敗シーンが切ない。名前すらまだ無かった子なのがね。呼びかけようにも呼ぶ言葉が出なくて、キツイ…。

・イズミが抱きしめるシーンも、もうダメ。エドとアルの子供っぽい強がりが可愛くて。食べたいものリストの手帳とか出しちゃってもう、ホントにこいつらしょうもないバカで。ホントにバカで。どうしようもないバカで、強がっているのが見え見えで。くそーやられた。泣けたー。

・予告メイスンいたーー!! 彼にいったい何があったんだ? そんでもって中村グリード登場。キメラの人達は誰が声をあてるのかなあ。やっぱり誰かの掛け持ち? ここは旧作ファンサービスで、大川さんとか松本さんとか・・・…なんてことはないんだろうなぁ。ちぇっ。

脚本=大野木寛
演出=佐藤育郎
絵コンテ=三沢伸
作画監督=小澤円

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/06/22

暁の王子の第1話の情報

『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST -暁の王子-』第1話の流れを公開

色々あきらかになってきましたが。
なにやら、CDドラマの豚祭りを思い出すぞ(笑)。

て。あれ? これってつまり、エドとアルは完全別行動だったりする??
別行動は原作だけでもう充分っ(まったくいつ再会してくれるのよ!!!)
なんか淋しいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

視聴率とか録画率とか

視聴率と録画率と口コミ数の関係を調べてみた(修正版)
ちょっと面白い記事があったのでお知らせ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/20

鋼FA第11話「ラッシュバレーの奇跡」感想ネタばれあり(原作ネタばれ含む)

ネタバレ回避文です。ちょっと今回は形式を変えて、一番書きたい感想だけ絞って(絞ってこの量??)、あとは箇条書きにしてみました。
かなりサクサク書けそうな感じ? これで時間短縮出来るといいなぁ。
ということで感想です。
 

今回は原作3話分って事はもう予告絵で分かっていたので。
実のところ、話を流すのでいっぱいいっぱいだろうなぁと思っていたんですよ。
 
案の定、マシンアームレスリングは無かったし。
ここら辺、水島版でも変えられてしまってたから原作話が見れるかなぁとちょっと期待してたんだけどね。
山で錬金術使いたい放題なのは、一個人の理由で人様に迷惑をかけない作りになったので、それはそれでありかな、と思ったのだけど。
パニーニャがどうやってカルバリン砲の衝撃を逃がしているのかとか、なんで後に吹っ飛ばないのかとかは目を瞑るとしても、カルバリン砲を街中で使っちゃダメでしょ。やっぱり。
カルバリン砲って艦隊向けの大砲なのよ。人に向けたらいけません(笑)。

結局、パニーニャが銀時計をスってどうやって換金するつもりだったのかも出なかったりね。
山道を横切る道を練成したのだって、あんな連続したものを作ったら回りの地面がどんどん凹んでいくのに質量足りるんだろか? って首をかしげたり。
 
でもさ。
こういう突っ込みって、水島版の時にもやってたなぁって。最近思い出してきたよ。
バカだなあって思いながらついつい見入っちゃうの。
話の根っこがきちんと描けてさえいれば、こんな事、瑣末ごとって思えちゃうんだよなぁって。
ウン、なんか最近あの頃の事、思い出してきたぞっ。


なんつうか。
不覚っていうよりやっぱり迂闊っていうか。
ラッシュバレーの話は全編覚えてたし。何度も読み返してきてたし。
全部が全部、話の隅から隅まで手書き文字の台詞だってあらかた承知してたのにさ。

泣けたのよ。

今回の話って、そんな悲しい話ってわけじゃないし、大感動の嵐っみたいな話じゃないじゃない?
本来っ。

なのに。
パニーニャを説得するウィンリィとか。
ウィンリィがお産に立ち向かう様子とか。エドとアルの無力さとか。
頑張れっていう掛け声とそれに答えるウィンリィの表情とか。
人間が1人生まれてくるっていう様子とか。

そんな些細だけど、本人にとってはひとつひとつが一大事の物語に。
すごく、心が揺さ振られたんだよねぇ。
あーもー、年寄りは涙もろくていかんよ。


アルがサテラさんのお腹触ってみてもいいですか? って聞く場面。
あれ、原作ではエドだけだったんだけど。
アルが触って「うわぁぁ」って感動しているのを見て、いいなぁって思った。
触っても何も分からなくて却ってショックを受けるんじゃないかとか、見ている方が一瞬はらはらしてしまったんだけど。
もっと単純にアルは感動してた。

アルにはもともと、人の身体の時の感覚が今でも残っている。
ファントムペインのようなものだと私は思っているんだけど。
例えば、殴られても痛くないのにとっさに腕で庇ったり。
涙が出るわけでもないのに顔を覆ったり。
呼吸をしているわけでもないのにびっくりした時に息を呑むような仕草をしたり。
人の身体だった時の感覚が条件反射として今でも出てくるんだと思ってる。
だから「お腹に触みてもいいですか?」って言ったのも、自分の鎧の身体の事とか感覚が無い事とかまったく頭にないまま言っただけだと思うのよ。

でも。

例えば、古い建造物を見た時、触ってみたくならない?
新撰組屯所の旧前川邸だったかなぁ。刀傷の残るそれに観光客が触るあまりゆるく凹んでしまってる柱があったと思う。
別に触れたからって歴史の何が指先から物理的に伝わってくるわけじゃない。
でも、ただそこにあって、自分が触れられる距離に今いるっていう事実に、ただただ感動する。
触れる事に意味があるんじゃない。触れる事が出来る事、が心を揺さ振るんだと思う。

猫を抱き上げた時の、あの暖かさとか、お腹を通して腕に伝わるぐるぐる唸ってる振動とかも。
アルにはきっと分からない。でも。
小さな命が自分の手の中で静かに息づいているその姿は目には見えるから、だからアルは猫を抱き上げるんじゃないかな。

人が1人この世に生まれるって事も神秘だけど、アルの存在自体も神秘に見えてくる。
アルのあの身体を通してはじめて、人が本来どういう生きものなのかが色々見えてくる気がする。


あとはなるべく端的に。どこのシーンか詳細は飛ばしてるので分かりづらかったらごめんなさい。一応時系列通り並べてます。

・エドがもみくちゃにされるてひん剥かれるシーン。「そこはダメ」ってドコですか?(笑)
 
・エドの筋肉の付き具合いいなぁ。 しかもエドのへそがっ! って位置高すぎじゃん!(笑)
 
・そしてパニーニャはやけにナイスバディになってた!!

・カゴの鳥にするって事で、安直に鳥カゴを練成しちゃうアルの発想好きよ。女の子相手なんだもん。エドみたいに(アニメではなかったけど)猛獣系の檻を練成するなんて発想は論外なんだろうな。これだから天然タラシくんってば(笑)。そして誰も持ち上げられないってのに持ち手の輪っかまできっちり練成するディティールへの拘りも好き。きっちり原作通り。スタッフGJ。

・アルの「待ってたよ」がこう来るとは思わなかった。原作絵からもっと低い声を想像していたんだけど。二人ともしょうがないなぁみたいなニュアンスが可愛いかった。

・エドの「錬金……術師だ!」はもっと低く原作通り繋げて言って欲しかったなぁ。

・朴さんが前にインタビューで言っていた、ドリフのコントみたいにすべるやつって今回のアレですかね。アルの頭が後から転がってくるのが雰囲気あって良かったなぁ。

・「兄さん 大きい」に ナニが? って突っ込みを入れるのはダメですか。そうですか。(爆)いやしかし朴さんノリノリだよなぁこの演技。

・ミジンコエド可愛いっ。前にミジンコが好きってくぎみー言ってたからさぞかし喜んだ事でしょう(笑)

・エドの首根っこ掴んで引きずるアル。まるでライナスの毛布を引きずっているみたい。そうだよね。やっぱり手放せない大事なもの、なんだよねぇ(爆)。

・「うーん」って考えてから過去の話をするパニーニャ。いいなぁ。どぎつい内容をどう言えば明るくさらっと聞いて貰えるか考えてから話してる。それだけでパニーニャが基本的にはいい子だっていうのが分かる。

・「あいつならこう言うわね。「等価交換だ!」って」カット。ここまで来たらやっぱり確信犯だな。ともかく今期、この世の摂理としての等価交換って言葉を一切言わせてない。會川さんは「世界は等価交換じゃない」を命題に掲げていたから逆説的に物語中では嫌ってほど「この世は等価交換」って事を出していたけど。今回はそもそもそんな摂理存在しないでしょって処から始まってるってことかな。

・「その両足で!」。エドと同じような事言ってる。このウィン好きだぁ。ここでまず泣けたのよ。うん。ウィンリィはやっぱりエドの幼馴染なんだなぁ。

・「馬?」 やっぱり馬ネタはやるんだ(笑)。ここの豆みたいな目のエドがかわゆーて。

・「生まれる」騒ぎ、2回は冗長だなぁ。なら破水ネタ持ってくれば良かったのに。と思ったけどパニーニャはウィンリィと話してたわけだから難しいか(さすがに男の子に破水シーンはねぇ・・・)。

・「みんなで協力して 赤ちゃんをとりあげます」BGMと相まって感極まるし。

・「胎括ってください」カット。好きな台詞ではあったのだけど。これって一歩間違えれば失敗しても覚悟してね的ニュアンスがあるのよね。そう思うと仕方ないかなあとも思ってしまう。

・「あいつの知識と度胸に任せるしかないんだ」。自分の気持ちがどうこうじゃなくて。旦那さん相手なんだからもっと考えてあげなきゃ可哀想だよ、エド。ウィンリィなら大丈夫的ニュアンスで言ってあげてもいいのに。この辺りは原作通りパニーニャ相手の方がスムーズだよなぁ。

・「テンパってるウィンリィが「頑張れ」って言われた時の表情がいいの。不安がまったくないわけじゃないけど頑張る、みたいな。ここでも泣けた。

・こういう処っ入江版の肝だなぁ。「俺は無力だ」。物理的には練成速度さえ速ければ橋渡しは不可能ではないはず。橋錬成失敗シーンを失くす事で、錬金術師として至らないという意味を排除し、エドワード・エルリックという1人の人間が至らないって意味にすり替わってる。錬金術に頼らず人としてきちんと立てなければいけないとか、錬金術だけでは人を幸せに出来ないとか多分そういう落とし処を考えているって事なのかな。そういえばイズミも普段は錬金術使わないもんなぁ。

・まあ、まあ、アルフォンスさんてば。どさくさにまぎれてエドを抱きしめてませんこと?(笑)

・「神サマに祈る」カット。本当に神様に縋りたい時ってどうこう前置きする前にもう祈ってしまってると思うのよ。だから原作ではやっぱりどこか冷静な意識を置いているんだと思う。そういう意味では(原作より冷静さを欠いたエドには)この改変もありかな、と思う。

・耳を塞ぐエドと、手を組んで祈るアル。性格の違いが明確に出ていて好き。エドの表情にあれ? って思った。原作と違う? アニメだとステラさんのうめき声が聞きたくないって風に見えたんだけど。原作だとこの緊迫した空気が早く終わって欲しいってニュアンスかな。

・「バカヤロ アルにも言ってないんだぞ」怒ってるのに許してる。この声音がすごくエドらしいっ。

・エドが引っ張ってじゃなくて。エドの腕を支えに立ちあがってるよね、ウィン。エドの腕ほどんど力入ってないもん。なんだかんだで、腕一本で女の子1人支える力はついてるんだよねえ(そういえばこの回のエド、筋肉はしっかりついてたしな)。しかしエスコートするように腕を取ったままって何か変くさい流れだなぁ。

・家を燃やすシーン、OPのエドとアルの位置が逆ですが、何か?(爆)。泣くウィンに笑いかけちゃうエドの強がりが好き。原作の「昔っから泣き虫なのは変わんねえな」が。その笑みだけで伝わる。のわりにエドの台詞がとまどってる風でスムーズじゃないなぁ。現時点での台詞と合わせる必要があったんだろうけど。なんか微妙。なら原作通り次回からの回想シーンに持ってくればいいのになぁ。

・「そっちの跳ね返りもな」原作カットし過ぎで分かりづらいって思われそうだなぁ。でも。この台詞だけであんな笑顔を浮かべるパニーニャを見えれば色々想像出来ちゃう。ドミニクはここまで一言もパニーニャと口をきいてない。だからスリを悪いと思わないパニーニャをドミニクさんはただただ沈黙で怒り諭してきていたのかもしれない。だから。パニーニャの改心を知り声をかけた。だからパニーニャはあんな満面の笑顔を浮かべた。そんな風にだってちゃんと受取れるんだよね。

・アルが手を差し伸べなきゃ兄さん落ちてますってばっ。なのに当然のように身体投げ出しちゃって(笑)。愛だよ、愛っ(爆)。

・汽車が遠ざかっていくこの構図がすごい、いいのっ。カッコいい。好きっ!!

・1拍あけて「まかしておいて」と応えるウィンリィ。覚悟の大きさが出ていて好きだぁ。

脚本=菅正太郎
演出=佐藤清光
絵コンテ=石平信司
作画監督=飯島弘也・五月一二
(おや? 雑誌掲載では作監は飯島さんの名前だけだったぞ?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/16

鋼のパン缶

「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」のパン缶が発売になるそうです。
  
アニメワールドスター
  
味はバニラミルク味。それじゃエドは食べれないな。 シチューフレバーなんてのは難しいんでしょうか。

7月発売だそうなので、夏のお祭りの非常食に持って行きましょうかね(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボンズの特色

前回に引き続き、今期、鋼FAにも参加されているアニメーターさんのブログにこんな事が書いてあってびっくり。
一応ネタがネタなのでhを外してみました。
ttp://minezawa.air-nifty.com/diary/2009/06/post-2022.html
  
  つか、あそこのスタジオ出身の演出家さんって、大概ドSだよなぁ。
  ごまかさず、真摯に作品と向き合う姿勢は、とってもスバラシイと思うんですが
  枝葉の部分にこだわりすぎて、大事なことを見失いがちなんじゃないのかなぁ、
  根幹部分を守るために、  あえて楽したり、省略することもときにはひつようげふんげふん。
 
こ、これって鋼の事ぉぉぉ?????
  
と思ってよくよく読み返したら7月の新番組の事なので違うようなんですが。
あ、でも7月新番組はボンズの「東京マグニチュード8.0」に参加されるって書いてあったけ。
や、やっぱボンズか?(笑)。
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麻生美代子が急病のため急遽代役で放送

とつ様のブログで知ったんですが(あ、遅ればせながら、お誕生日おめでとうございますっ)。
 
『サザエさん』フネ役の麻生美代子が急病のため急遽代役で放送
 
ピナコばっちゃん役の麻生さんが腸閉塞の為、14日放送分を降板されていたそうです。
この14日放送分のみ谷育子さんが代役で、21日放送分からは復帰されるとの事ですが。フジTV サザエさん参照
 
21日の収録分なんてすでに終わっているはずだから、現在はすでに復帰されているって事なんでしょうね。

あの声じゃない、ピナコばっちゃんなんてヤですよ。どうぞ、どうぞお体を大切に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エルスト行ってきました~。

楽しかったですよー。
普段あまり東京にいらしてくれないサークルさんの本はしっかりゲット出来たしっ。
そうかと思えばブロガー仲間が遠征してきてるし。
それだけでも充分居心地がいいんだけど。

スタッフさん全員のTシャツの背中には、それぞれエドやアルやハイデリヒの台詞が書かれていたり。
アルの鎧頭とか、エドの赤コートとか、ウェンディングドレスを着た鎧アルのフィギュアとか、エルリック夫妻の等身大の肖像とか。
リゼンブールカフェのメニューはエドやアルやウィンやリンや色んな名前のドリンクメニューと、お菓子があって。
主催者様の絵で包装された、おみくじ付きガムのガチャガチャとか。
主催者様が作られたキャラグッズの当るくじ引きとか。
会場内に隠された「鋼キャラをさがせ!」に頑張りすぎて、つい目線が卓上より下に行ってしまったり。
あまりに真剣な顔で探していたのかスタッフさんが、どこそこはもう見てみましたか? とヒントを下さったり(笑)。

アットホームなんだけど、身内ウケに終わってなくて。
すごく楽しかったです。

お付き合いいただいた方々、ありがとうございましたっ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/06/13

鋼FA第10話「それぞれの行く先」感想 ネタばれあり(原作ネタばれ含む)

さすがにこのタイミングでネタばれ回避する意味がどんだけあるのかホントに不明になってきてますけど。
まあ、とりあえず、やっぱりいれておきます。
今外から打ってるので、今回は画像無しです。気が向いてなおかつ根性があったら後から張るかも?

サブタイトル
ふふふ。キタキタ。
前回9話でいきなりアバン消失。
前々回8話であまり意味のないCパート挿入。
なんてのが「定型なんてないよーん」っていう意思表示に見えたので、絶対今回何か崩してくると思ったんだよねぇ。
定型外アバンにサブタイトルからOP突入。
やってくれたぜっ。
そして。提供を入れるタイミングも変更。
普段はBパート冒頭なのだけど、それだとやっぱり緊迫感がうせるからからAパートに入れてあるのよね。
こういう気を使ってる事に気が付かせない気配り、好きっ。
 
 
「鋼の錬金術師君の病室はここかね」「はい、ここで」
これは上手い手だわっ。
警護中たる軍人が気軽に目を瞑っていたりしていいのかとか。
言ってしまえばアレですけどね。
荒川先生が落としてったネタを上手く拾ってるわ。


メロンは嫌いかね
なんてどうでも良さげな会話の後ろで、さりげなく片目だけで大総統の動向を追ってるヒューズ。
こういう一筋縄じゃいかない感じが好きだなぁ。
それとヒューズやアームストロング少佐と一緒になって頭を下げているアルってのがちょっと面白い。
アルは軍人じゃないんだから、何も頭を下げる必要なんて本来ないのよ。
せいぜい会釈で充分。
でもさ、この鎧の身体になってからは、日ごろから大人として振舞わないと不自然だから。
おそらく、すぐそばにいる大人の真似をする、っていうのが妙な習い性になっちゃったのかもね。


んとねーここ
アルぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!!!!
か、可愛い、可愛すぎる!!!
何なのその犯罪的に甘い声は!!!
はう、お持ち帰りしたいっ!!!!
しかもガタガタ震えているあいだじゅうも小さく、「あう、あう」言ってて。
もうもうもう、鼻血でそうだわっ。


エドとウィンの身長さ
結構しっかりありましたね。この身長さがひっくり返るのかと思うとそれはそれで楽しみ。


んーどうかなぁ。パパお仕事いっぱいだからねぇ
もうねっ。
今回完全に、作り手側は既読者を意識してますよね。
くそぉ。もう、これでもかって程、泣きが・・・。
この台詞は後のエリシアの台詞に掛かるのねってもう分かっちゃうし、またセントラルについたら必ず寄れとか言っちゃうし。
じんわりとものすごく熱くて。こんな描かれ方反則っ。
ヒューズの背中を見ただけでもう泣けてきちゃったじゃないかぁ。

ウィンリィがぴょこんって挨拶するのも可愛かったですね。


夕暮れの中の列車
今回の作監さんはお初だけど。
2話の作画やってないかなぁ。あとで確認しよ。
なんかこの感じ記憶あるなぁと思ったら。
2話の寝そべってるちみっこアルを彷彿させるんだわ。
影の付けかたがふっくらしていて独特。可愛いなぁ。


リオール、各地の暴動、賢者の石、材料は人間、イシュヴァールで俺たちがしたこと
原作ではここまでしっかり書いてはいなかったけど。
ヒューズは、本当にヒューズは国土練成陣にまで気が付いていたってのが分かる。
地図に丸を付けてみせた事でそれがよりはっきりと分かっちゃう。
やっぱりあの地図は、ラストが処分しちゃったのかしら?

ところで。
なんでこんなにすごくいいタイミングで、ホムンクルスにバレたんでしょ?
これってやっぱり、エンヴィーが誰かさんに化けていたって思うべきなのかしら????
(プライドってのはパスよ、ヒューズは暗い部屋にいるんだから影は無いもの)


ごめんな
「ごめん」なんて言われたら。どうしたってヤンが浮かぶじゃんかぁ。
ううっ、彼の死も悲しかったよ。泣いたよっ。
うんうん。家族思いのヒューズなら確かに言っていそうだよね。
大好きな最愛の愛娘との約束なんだもの。絶対守りたかったよね。

必死に受話器に伸ばす手の演出とか。
なのに受話器を戻すエンヴィーの無情さとか。
すごく良かった。

そう思いつつも、エンヴィーが化けたロス少尉の声がすごく良かったの。
普段からこの声でいいのになぁ。


身体を取り戻したら食べたいものリスト
やっぱり出てきた(笑)。
一度是非その中身を拝んでみたいっす。
 
「今度何かお礼をしなきゃね」は原作だとエドの台詞なんだよねえ。
しょっちゅう病室に来て鬱陶しいとか口では言っておきながら、ヒューズの気遣いにはちゃんと気付いてるいい子なんだな、って思って嬉しかったシーンだったんだけどなぁ。ちょい残念。
でも即答しているから善しとするか。


パパお仕事いっぱいあるって言ってたもん
そしてやっぱりエリシアのこの台詞泣いた。
ああもう、思い出しただけでまた泣けてくるっ。


殉職で二階級特進 ヒューズ准将か
はじめて。今期はじめて「ロイ」がしゃべってるって思った。
三木さんがしゃべってるって事、すっかり忘れて聞いてた。
リザが話しかけたらまた「三木さん」に戻っちゃったけどさ(笑)

三木さんのロイは、やっぱりどこでも青さが目立つ。
「上に行ってどうする」も。
「何者かと争ったのか?」も。
「あいつは何を伝えようとした?」も。
「ならば何故さっさと捕らえない」も。
「上官に逆らうのか」も。
すべて感情的で心が揺れている。
一時も落ち着かない。

それと。
リザの顔が良かったなぁ。
実は水島版のこの回のリザの顔が私はダメだったのよ。
伊藤さんのオリジナル色が強すぎて。妙にリキが入りすぎたのか。
綺麗だとは思うけど、リザに見えない。
今期安心して、あ、リザがいるって思えた。
「いかん 雨が降ってきた」の前に、一瞬本当にもっともらしく雨に気付いたような素振りを入れる間が無かったのがちょっと残念。ここ水島版でも裏切られたんだよなぁ。
逆にそんな素振りを入れる余裕すらないロイって事なんだろうか。
「いや 雨だよ」の少し声が揺れた感じとか良かった。


ここは冷えます
そうだ。リザはコートを着てないのに「冷えます」って言ったんだよね。
原作ではその前に、そもそも冷えてきたから移動する事を知らせるためにロイの元に来たんだけど。
それがカットされている。
だからさ。こうも受け取れる。
冷えるのは、体感温度じゃない。
いつまでも、墓前に立っていては心が冷えます、て。
そんな意味にも受け取れるんだな、と思った。

うぉぉ、色々言い足りない。いい足りないけど。
ここまでで。
誤字脱字はのちほど見直します。

んでは。
あすたらびすたー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

これから大阪入り

今新宿です。
これから高速バスに乗って明日の朝には大阪入り~。
エルストに一般参加っす。

ちょっとまだバスの時間が早いんで、ネカフェで時間潰してます。
ってか、この時間内になんとか、10話の感想を書き上げたいんだが(無謀? ある程度下書きは終わってんだけどなぁ)


ではでは、明日お会いする方々楽しみしてまふ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/11

GyaOランキング(6月1日~6月7日)

GyaOの6月1日~6月7日の総合ランキングのお知らせが届きました。
今週も「鋼の錬金術師」は4位!
Gyao

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/10

アニメ雑誌チェック

ということで、昼休みにアニメ雑誌を購入してざっくりとチェック。
覚えている範囲で。

新OP:「ホログラム」(NICO Touches the Walls)
NICO、新シングルはアニメ『鋼の錬金術師』&映画『蟹工船』のダブル主題歌収録
CD TV 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST OP「ホログラム」/NICO Touches the Walls 初回生産限定盤
 発売日:2009年08月12日 ¥1,500(税込)  ワイドキャップ仕様 封入特典:DVD
CD TV 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST OP「ホログラム」/NICO Touches the Walls 期間生産限定盤
 発売日:2009年08月12日 ¥1,300(税込)  描き下ろしデジパック仕様
CD TV 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST OP「ホログラム」/NICO Touches the Walls 通常盤
 発売日:2009年08月12日 ¥1,020(税込)

新ED:「LET IT OUT」(福原美穂)
 
 
声優
イズミ: 津田匠子(続投)
シグ: 佐々木誠二(続投)
グリード: 中村悠一(水島版: 諏訪部 順一)
ヨキ : 八尾一樹(続投)

<盲目の錬金術師>
ジュドウ : 速水奨
ロザリー : 遠藤綾
ハンベルガング夫人 :  寺瀬今日子


あと、ハンベルガング夫人のキャストも出てたような気がするんだけど。
覚えてないので後で追加しますわ。
追加しました。

グリードは、阿部でブシドーで皆本でアイスマンですかい。
うーん、お堅いイメージばっかだなぁ。どう演じるんだろ?

そんでもって、イズミは津田さんの続投!
うわーい、何よりもコレ嬉しいなぁ。
他に想像つかないんだもの。
水島版では劇場版で死んでしまったしねぇ。
今回はきっちり最後まで生き残って貰わないとっ。

ヨキの八尾さん続投も嬉しいねぇ。
そのうちリンが出てきたら、アフレコ風景で名前がネタにされてそうで実はそのあたりも楽しみ。
(だってほら、リンのフルネームって、リン・ヤオじゃん)

速水さんも今回「は」マトモな役だから、お子さんに自慢出来るんじゃないでしょうか(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

新OP&ED

天下によるブログさまのブログにて新OP&EDの情報が書かれていました。

   OP「ホログラム」
   NIKO Touches Walls(ニコ タッチズ ザ ウォールズ)
   ED「LETLT OUT」
   福原美穂
   7月12日より放映。


あいにく情報ソースの記載がなかったので明らかじゃないんですが。
タイミング的に、アニメ誌か、ガンガン早売り情報かなぁ?
すでに7月号のネタバレが投下されていそうなので、早売り情報は近づけないでいるんですが。

さっくりググった限りではEDに関しては「LET IT OUT」(こっちの方が意味は通るよなぁ)というタイトルや、チャットモンチーやらと、相変わらず釣りネタが多くてわけ分かりませんでしたけど。

とりあえずOPは裏が取れましたよ。

CD TV 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST OP「ホログラム」/NICO Touches the Walls 初回生産限定盤
発売日:2009年08月12日
¥1,500(税込)
ワイドキャップ仕様
封入特典:DVD


CD TV 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST OP「ホログラム」/NICO Touches the Walls 期間生産限定盤
発売日:2009年08月12日
¥1,300(税込)
描き下ろしデジパック仕様


CD TV 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST OP「ホログラム」/NICO Touches the Walls 通常盤
発売日:2009年08月12日
¥1,020(税込)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オリコンランキング

YUI:復帰シングル「again」が首位 初週売り上げであゆを抜く オリコン週間ランキング

8日付けのデイリーランキングでも1位でしたよ。
だけど、週間ランキングの方は見当たらなかったような気がしたんだけど。
見方が悪いのかなぁ。何であれ嬉しいですね。
 
 
 
ちょっと今週は感想が遅れてます。
10話を見たら猛烈にMADが作りたくなって、ただ今へいこら頑張ってます。
なるべく短期集中、とっとと仕上げたいんですが。

コメントレスも遅れてます。ごめんなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/05

暁の王子のテーマソングはシド

シド、新曲がWii専用ソフト『鋼の錬金術師テーマ曲に
7月1日発売のアルバム『hikari』収録予定の新曲「ドラマ」がテーマソングに起用されるそうです。

はぁぁぁぁぁぁぁぁ。
また男女間の浮気だ何だと描いた、鋼とはまったく関係ない歌詞なんでしょうかねぇぇぇぇぇ????
  
まあ、
ゲームは本体を持ってないので、荒川先生がらみの特典でも付かない限り(「神を継ぐ少女」再び求む!・笑)、買う予定はないのでこれも買う予定はありませんけどね。
 
 
おっと。↑こんなこと書いたらホントに特典があったヨ。
  
       ゲームで使用されたアニメーションの原画や荒川弘のイラスト、
       版権イラストなどの数々収録した“原画集”をプレゼント!
  
その為だけに買うかべきか!?
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/06/04

公式サイト

なんだかすごく今更な気がしますが、公式サイトに、やっと"放映開始前"のキャストコメントが掲載されましたよ(笑)。
『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』 公式キャストコメント

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ランキング色々

GyaOランキング(5月25日~5月31日)
GyaOの5月25日~5月31日の総合ランキングのお知らせが届きました。
今週も「鋼の錬金術師」は4位。うぬーっ。
Gyao


視聴率ランキング(ビデオリサーチ)
5月25日~5月31日のジャンル別世帯視聴率(関東地区)ランキングでは、「鋼の錬金術師」は8位の 5.8%でした。


全巻読破ランキング
5月もっとも“大人買い”されたのはあの人気アニメの原作コミック
■5月に全巻読破されたコミックランキングベスト10
第1位 「ONE PIECE」 1~53続巻 (著)尾田栄一郎
第2位 「クロスゲーム」 1~14続巻 (著)あだち充
第3位 「三国志」 1~30全巻 文庫版 (著)横山光輝
第4位 「NARUTO」 1~45続巻 (著)岸本斉史
第5位 「鋼の錬金術師」 1~22続巻 (著)荒川弘
第6位 「クローズ」 1~26全巻 (著)高橋ヒロシ
第7位 「銀魂」 1~28続巻 (著)空知英秋
第8位 「カードキャプターさくら」 1~12全巻 (著)CLAMP
第9位 「蒼天航路」 1~18全巻 文庫版 (著)王欣太/李學仁
第10位 「NANA」 1~21続巻 (著)矢沢あい
関連:全巻読破.com
現在、鋼の古本は品切れらしく、週間ランキング10にも入ってません。
そう考えると、順位は在庫次第って事なわけで、ちょっとどこまであてになるランキングかはあやしいかな。


『agian』デイリーランキング1位
YUI、復帰作がチャート1位独占
関連:オリコンスタイル デイリーランキング
こちらは、YUIファン向けと、鋼ファン向けと、きちんと分けて発売してくれたので買い手側としても買い易かったですね。
ただし「通常版」と言えど、「鋼の錬金術師FA」オリジナル・ワイドキャップ封入は「初回生産仕様」のみです。
ご注意を。
あ、ステッカーは人体練成の練成陣でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鋼FA第9話「創られた想い」感想 ネタばれあり(原作ネタばれ含む)

ネタばれ回避文です。やっと感想書き終わったぁ!! 時間掛かり過ぎっ。気がつけばすでに木曜ですよ。もうちょっと何とか早いタイミングでアップしたいものなんだけどなぁ。
てなことで感想です。


悪かった……です
わー、良かった。敬語だ、敬語っ。
うんうん。多少相手にもよるけど、基本的にエドは礼儀正しい子なのよね。
まして自分の為に怒ってくれてる人に対してだもん。
そうでなくちゃ。
あー、でもこの顔はないよー。ロス少尉ぃぃっ。
0901


ゲンコツかまして説教した
ま、アルのシーンをやってくれるわけないか。やっぱし。
「あいつかてーだろ」が無しなのは残念。


またあんたはっ。あたしの機械鎧をなんてことに使うのよっ
まさか、まさかのエド声っっ!!(爆笑)
うひゃー、そうか、そうきたかっ。
こりゃ確かに分かりやすいわ。


なんかお前今日は優し…はっ…
切るんだ。そこで、切るんだっ(笑)
そういう発想も面白いな。そうか。
エドとしては普段のウィンリィなら、「日頃のあたしが優しくないっていうのっ!」ってまた怒鳴られると思ったから引っ込めたわけね。


おもちゃのロボット
この振りは上手いっっ。
これで、子供が「どうして鎧なの」だの「このおもちゃと同じだね」なんて言った日にはベタベタ過ぎて萎えるけど。
何も触れないからこそいいっ。


アームストロング少佐ぁ
おおっ。やっぱりいました旅行中のカーティス夫妻っ。
0902


「実は…」「エドが入院?」
台詞カット。
人ゴミの中、誰が聴き耳を立てているか分からないから、って感じかな。
スカーに狙われているうえに、第五研究所であんな傷を負って帰ってきたのだから。


本来このケガの半分以下
はカット。
やっぱり、アームストロンク少佐のせいで包帯グルグル巻きに…ってのはやらなかったのね。
あれはマンガだから出来るけど、アニメでだとちょっと想像が付かなかったので、削除されるとしたら、ここら辺だろうなぁと思ってましたので、まあ妥当でしょ。

さては特急料金とるつもりだな
今回の脚本、面白いなぁ。
原作がこうだから、じゃなくて。
人の心理としてこういう状況下ならこういう思考でこんな台詞を言うんじゃないか、って考えて台詞を選んでいるように見える。
エドが「優しい」の途中で台詞を切ったり、少佐がエド入院の台詞を他人に聞こえないように告げたり。
これもそう。
「盛大に怒られるイベント」と先にエドが言っているから、それに応えてビビっているエドをちゃんと描いてるんだ。


え?
あはは。これ上手いわ。
ギャグシーンもだいぶこなれてきたなぁ。
この点目のエド可愛いしっ。
拡大コマになってもちゃんと誰を見てるか分かる。
0903_2


ネジの閉め忘れに気づいてない?
何? 何なの?? このBGM!!(笑)
これ、もしかして効果音じゃなくて、ホントにBGMの速度を落としてる??
こういう使い方もありなんだっ。
ハイテンションから落ちて使うのは聞いたことあるけど。
ほら、走り回っていて途中でバテて…なんてシーン。
こういう使い方って初めて聞いた気がする。
しかも、ロス少尉がウィンリィの思考というか視界からぼんやり消えていくのがっ(笑)
おもれー。


疑惑の左手
ウィンリィ、真面目な会話をしながらも、手はすごいさりげなくネジを戻してますよっ。
うぉーすげぇー、腹黒っ。
いいなぁ、いいなぁ、好きだー。
この気がつけれなきゃ、どこまでも結果オーライな性格っ。
いやー、入江版のウィンリィは楽しめそうだっ。
0904


なんか悩んでるみたいなんだ
ここで、エドがぱふって枕に半分うずもれるのがいいっ!!
ウィンリィにだから吐露するみたいな、気のゆるんだ処を見せてる感じ。
「色ボケ軍曹」が無かったのは残念だけどね。
ってか、ヒューズが来るまでの間、軍曹、空気になってますが、どこにいたんですかぁ?(笑)



これって脚本家さんのこだわりどころなのかなぁ。
アルの行動の順番が原作とは入れ違ってる。
原作だと。
1.洗面所で座っている処にエドが来て、エドが去った後に鏡を割る(14話ラストシーン)。

2.エドとウィンの会話に席を立ち病室を出て廊下のベンチに座る(15話)。

3.翌日、エドの食事中にブチ切れ(15話ラストシーン)。

話数を跨いでしまった関係上、引きを作る為に一度アルの沸点があがった処で14話を終え、15話ではまた少し沸点が下がった処から今度はピークに達するまでを描いてる。こう描く事で、アルの心が行きつ戻りつ揺らいでいる感じになっているんだけど。

今回の流れはこうなってる。
1.洗面所で座っている。エドが去った後オモチャのロボットが目に入る。

2.エドとウィンの会話に病室に入れず洗面所の前に立つ。

3.翌日、エドの食事中にブチ切れ。

おかげで洗面所の前に2度って形になっちゃっているんだけど。

自分の姿が見える場所、としては決しておかしな流れじゃないし。
1話で話を収めるからこそ、ふつふつとアルの中でだんだん沸点が上がって最後にとうとうぶちきれたっていう分かり易い作りになっている。この場合、逆に一度沸点を下げてしまうと、多分視聴者には伝わりづらくなるんだろうなぁ。

さらに、1.ではまだバリーの幻影は無く、エドの呼びかけにも気持ちを振り払った風に返事をしているんだけど。
2.でバリーの言っていた事が思い返され、鏡の中の崩れたアルを映す事で、アル自身の中でも何かが崩れた事の暗喩になってる。
そして3.の手前では自分の言った言葉で一瞬にしてバリーが思い浮かび、その動揺を抑えるように抑揚のない返事を返してる。
徐々に徐々にアルの中で澱が溜まっていく感じ。
アルの中で燻っていたものがどんどん濃くなって、最後に爆発してしまった。っていうのが端的に分かりやすく示してる。
0905


病室に女連れ込んで色ボケてるって
犯人はあんたか! ロス少尉!!(笑)
原作だと、ヒューズのセリフに笑ったって風に描かれてるんだと思っていたんだけど。
こっちだと、ヒューズが言う前からロス少尉笑ってるんだもん。
そうか、そうとも受け取れるよなぁ。
0906


対したことじゃねぇよ
ここで目を影で隠すのではなく、フレームアウトさせてるっ。
エドがどんな表情をしているのか、視聴者に想像の余地を残させてくれている。
ウィンリィの真剣さにビビってるかもしれない。
表情を変えまいと必死であがいてるかもしれない。

そんでもって、この、たっぷりな間っ。

やっと水島版の呪縛から解放された感じかなぁ。
このあたりはもう全然話の流れが変わって来てるから。
たっぷり、自分達がとりたい間を作って構成してある。
このウィンの表情も好き。
ただ怒ってるんじゃない。歪んでるのよっ。
何も教えてくれないエドに怒りつつ、泣きそうになるのを堪えてる。
すごく色んなものを含んだいい表情してるっ。
0907


あたしは今日の宿を探しに行くわ
背負った後に、一度背負い直してる。
こういうこだわり好きだなぁ。
工具箱がどれくらい重いか想像がつく。
今回、工具箱を落とした処で気がついたけど。
工具箱っていったらアルミとかで出来てるから普通に重いのよね。
忘れてたわ。


あのーヒューズさん これって?
尺の問題でのカットだとしても、意表を突くって点では原作よりこっちの方が上手いと思う。
ただし「ようこそヒューズ家へ」は必要無くても、ヒューズ家の人柄を表すうえで必要だったんじゃないかと思うんだがなぁ。
エドに本当の事を話して貰えず落ち込んでいたウィンリィを、暖かく迎えるって意味で。

ワタクシ事ですけど。ホームステイ先に着いたらパパの誕生日パーティの真っ最中だったって事があったんだけど。あれってどん引きだったぞ。自分の居場所が上手く作れなくてさぁ。言葉の壁がデカかったってのもあるけど。
まあ、そんな記憶があるから、そう思うってのもあるんだけど。
始めに今日は娘の誕生日なんだよ、ってケアがあった上でパーティって方が人柄の良さは伝わると思うんだよね。


ふた……みっつ!!
キター!
か、可愛いっ。やっぱこれは必要だよね。うんうん。
この間もナイスですっ。
BGMの当て方もすごい狙ってきてるしっ。
みんな好きなんだなぁ。
「なのだー」も可愛いし。
だからといってこれはやり過ぎです(笑)
0908


心配かけたくない だから何も言わない
ここでエドの拗ねた顔がカットバック(で用語合ってる?)されるの、いいよね。


CM入りのアイキャッチ
笑い声キモっ(笑)
そういえば、この声、いくつかパターンをあらかじめ撮って使い回しているんだとばかり思っていたのだけど。
それにしては、こんなもんまであるなんて、パターンあり過ぎるよなぁ。
もしかして、毎回ここも録音してるのか? 
ってことは誰??? 誰の声なんだ???


顔の輪郭
またかよ。ちぇ今回もか。
頬のあたりの輪郭を太く描く原画マンがいる模様。
2話でもいたよね。アルの魂を錬成した時のエドの顔。
同じ人かなぁ。
持ち数は少なそうだけど。
やだなぁ、気になるなぁ。
0909


兄さんは生身の身体があるんだから
ここで一端バリーの映像を挟んでる。
うん。あくまでアルが捕らわれているのは、バリーの言った言葉だけ。
アル自身の記憶の中で、そうと思えるような記憶があったわけじゃない。


好きでこんな体になったわけじゃない
俯瞰から、エド、ウィンのコマをはさんで、煽り。
原作通りのコマなのっ。
だけどこれ、そのままやったら、多分違和感だったと思うのよ。
俯瞰のあとすぐに煽りなんて。
原作は、エド、アル、ウィンのコマまで。その先は次号だから。
仕切り直しとして、違う角度からって事でアルの背後からの煽りになってる。

だからアニメでは、俯瞰からエドとウィンのコマを挟んだ後、アルのてっぺんから背後をなめて煽りになってる。
俯瞰から煽りまで同じカメラでそのまま撮ったような流れになってるの。
原作をすごく大切に使ってくれてるなぁって思うっ。


ねえ兄さん アルフォンス・エルリックという人間が本当にいたって証明はどうやって!?
うわ、これカットですか?
かなり重要な台詞だと思っていたんですけど。

台詞はほとんど原作と変わってないんだけど、かなり解釈が変わってるなぁ。
あー、だからこのセリフをカット出来ちゃうのかぁ。

原作のアルはさ、熱くなっているようですごく理知的に語ってると思うのよ。
あれはどう? これは証明出来る? って矢継ぎ早に質問を投げている。 
そんでもってエドがこんな風に返す事をきっと期待してたんだ。
「バカだなぁ、アル。そんなこと、この定理で簡単に証明出来るじゃないか」もしくは。
「お前の魂を錬成する為の構築式はこれこれこうだった。だから間違いなくお前はアルフォンス・エルリックだ」。
アルは自分の言い分を、エドに論破して欲しかった。
これの反証は? この理屈の穴は? お願い、この不安を全否定して納得させてっ。
そんな風に叫んでる。

でもアニメ版だとそんなアルの冷静さが無くなってる気がした。
空っぽな自分が信じられないから、エドの言葉で信じさせて欲しがってる。
嘘でも何でも構わない。兄さんが否定してくれれば、それを信じるからって。
なりふり構って無い。足元がぐらついていて不安定な分、すごくエドに依存してる。
だから上のセリフをカットしても、問題ないっちゃあ問題なかったんだろうな。

兄さんに依存しちゃうアルも可愛いし、理知的なアルもカッコいいから、どっちでも私的には困りませんが(笑)。

アルの言い分を論破したとしても、アルの欲しがってる言葉を与えたとしても、そんな事したって。
これからもこの先ずっと、誰かに言われれば、きっとその度にアルは揺らいでしまう。

だから、エドは何も答えなかった。
人の言葉ではなく、自分で自分を信じられなければ意味がないから。
ってことでどっちのアルだったにせよ、兄さんは言葉ではなく、拳で語る人だったのでどちらも同じ結果だったわけですけどね。


言いたいことはそれで全部か? そうか
エドの足音がっ!
ちゃんと右と左で違えてるっ。
機械鎧の方が音が大きいのっ!
……と思ったら。
原画さんミスった? ってかそこまで音響さんがやってくれるものと考えてなかったのか?
音は大きい、小さいの交互なのに、画面切り替わった時左右が逆になったらしく、右足の時が大きい音にぃぃ……。


アルのバカー
さすがにこれはいらないだろ?(笑)
0910


怖いんだ 怖くて聞けないんだ
うわー、うわー。
朴さん名演技だぁ。
この声のかすれ具合。
うかつにも、もらい泣きしちゃったよぉぉぉぉぉぉ。


それを(コン)、それなのに(コン)、あんたは(コン)、自分の命を捨てる覚悟で(コン)、偽物の弟を創る馬鹿が(コン)、どこの世界にいるっていうのよ
ここの台詞いいなぁっ。
ただ言いながらガンガン殴るんじゃなくて、殴る音に合わせて言っている。
だから、殴る前にお腹に力が入れて息を止める音も入ってる。
アルを怒っているというより、中互いしている二人を悲しむパーセンテージを高くしてる感じ。

この速度でしゃべるとなると、やっぱり「機械鎧手術の痛みと熱にうなされながら~」はカットするしかなかったのかなぁ。
ここでフォローしないと、機械鎧の手術がどれだけ大変なのか訴えるシーンがないから。がっちりこのセリフは入れて欲しかったんだけど。
この速度であのセリフを全部言わせたら、わかりづらそうだし、視聴者が途中で飽きるかもしれないもんなぁ。


組み手シーン
すっげ。ほとんど原作から変えてない。
多少想像で補って繋げてる処はあるけど。
蹴りから始まって、蹴りで終わる処までほぼ原作通りの流れ。
それをちゃんと動かしてるっ!

それとセリフが、いいなぁ。
アルが虚を突かれてる感じが可愛いっ。殴られながら「待った」をかけようと必死な様とかも可愛いしっ。
エドの「勝ったぁ」、「初めてアルに勝ったぞ」もいい。
喜んでるっていうより「そんなふらついてる今のお前に負けるかよ、ざまあみろっ」って感じ?(笑) しっかりお兄ちゃんしてる。

エドとアルが寝っ転がって映し出された空では大きな鳥の後を小さな鳥がちょこまかと付いて回っていて、小さい頃のまだエドの方が大きかった頃のエドとアルを暗喩してるよう。
「牛乳は?」の問いかけとか、その声に腕が怯んだり言い淀んだりしてるエドを笑う声とか。ホントむちゃくちゃ可愛いっ。拳ごっつんこも可愛いしっ。
このシーン好きだぁ。BGMがエドの気持ちと重なってる感じで。
切ないんだけど、悲しいんじゃなくて、嬉しい。ここでもまた泣きそうになった。


スラム街
次週きっちり使う為に今週分に入れたのかな?でもそれだと次週の「それぞれの行く先」のタイトルにスカーが含まれなくなっちゃうんだけど。どうするんだろ?
キンブリーはそのうち慣れそうかも。「国家錬金術師です。」のセリフは結構いい感じ。
下水道を流れるシーン、ナイスっ。やってくれたぜっ(笑)。
男の子は肌が浅黒にしたんだな。と思ったらハーフのセリフが無くなってたわ。
スカーにしっかり不精ひげを書き込んであるけど、イシュバール人の場合やっぱり白い髭よね?
黒にしか見えないけど、さすがに、それは絵的に変だったのかなぁ。
さてはて最大の問題。ヨキはどうやって出すつもりなんだろう??


予告
イシュバール殲滅戦ここで入れる??? と思ったけど2カットとも、戦争後の上へ昇る事を決めたシーンなのよね。とりあえず齧るだけって感じかしら。
さすがに全部入れるのは尺からして無理があるだろうし。
そしてついにあのシーンです。


今回の、脚本、演出、絵コンテ、作画監督って、第3話「邪教の街」のトリオなんだよねぇ。
なんか信じらんね(笑)。
今回褒めてるシーン多くて、すげぇヨイショ臭くて自分でも、どうかと思うくらいだなんて。
なんだよ、やれば出来るんじゃんか。頑張れ、頑張れ。


脚本=大野木寛
演出・絵コンテ=大久保政雄
作画監督=野田康行

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/03

グッズ新作情報

今回、アルの造詣の可愛いグッズが少ないので、もっぱら購入はこの手のボイス系のみになっちゃいそうかも。
ちびボイス 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST BOX
希望小売価格: 6,930円
 
【ラインナップ】
・エドA→CV:朴ろ美 「俺はもっと強くなるぞ!」
・エドB→CV:朴ろ美 「降りて来いよ、ド三流!」
・エドC→CV:朴ろ美 「誰がチビじゃあ!」
・アル→CV:釘宮理恵 「兄さん!」
・ロイA→CV:三木眞一郎 「私の炎をなめるな!」
・ロイB→CV:三木眞一郎 「ついて来るか?」
・リザ→CV:折笠富美子 「何を今更」
 
8月発売のサウンドロップもやっぱり、アルのボイスは「兄さん」なんですよねぇ
さりげにエドの返事がある辺りサウンドロップの方が腐向け趣向が強いですが(笑)。
他の台詞にするって発想はないんだろか?

でも、水島版の時も「兄さん」か、そうじゃなきゃ「人は何かの犠牲無しに何も得る事は出来ない~」のアバンが多かったもんなぁ。
 
ロイBとリザの台詞がさりげに繋がっているあたり、制作側にロイアイの方がいらっしゃるんでしょうか??
だったらエドアルだって・・・…ブチブチ。
あ、実は、エドCの「誰がチビじゃあ!」は「兄さん!」に繋がってるとか??(爆)
 
【鋼貧乏記】10/7
あんまり可愛いとは言えないけど。
一時期よりはまだマシになったのよっ。これでも。
アルのシークレット「兄さんのバカタレ!」かわゆす。
シークレットはちゃんと造形も変えてくればいいのに…。

購入:楽天e-medio WRAPPER'S NET SHOP

小計 5124(円)
消費税 256(円)
送料 300(円)
合計 5680(円)
  
  
  
  
こっちは下絵だけなんでまだあやしいけど。元絵はガンガンの付録と同じ気がするんですが・・・・・・。
おまけに、シークレットになってる「新キャラ」の形をこんな風に描かれてしまうと、え? 真理君??? って思っちゃいません????(笑)
「2009年夏以降、アニメ放送でも盛り上がり間違いなしのキャラクター!!」とあるので、リンのことかなあ? それともオリヴィエ姐さん???

09'9月下 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCEMIST ハガレンストラップ2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/02

リヤカーの花の話

入江監督の日記ですでに18巻の話題がっ!!  以下引用

いいとこの店だと一輪500円とかするらしいが
3万円分の花でリヤカーいっぱいだと、一輪いくら?

もうシナリオはそこまで来てるって事??


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »