« 鋼FAのwikipedia | トップページ | シン国のキャラの綴りが不明です »

鋼FA第14話「地下にひそむ者たち」感想ネタばれあり(原作ネタばれ含む)

ネタばれ回避文です。
大きくここが今回のお気に入りー!!! って書きたい処がないとはいいませんが。あまりにも腐ってただれてしまいそうなので今回は無しって事で。以下全て箇条書きでいきます。


・大佐が周りのやっかみをにやりと笑うのはカッコいいんだけど。その後はある意味ギャグシーンなのかと。…大佐さんよ。お偉方に会う時はまずアポをとれ、アポをっ。せめて秘書(事務次官?)のお姉さんの台詞に「伺っております。大変申し訳ありませんが、急遽~」みたいなのをいれておけば、アポをとったのに空振りだったのね、って分かるのにー。

・やっかみの中に「イシュヴァール戦の英雄」についてはないのね。あれは東方での通り名で、セントラルでは地方の小競り合い程度の認識なのかしら。

・で、結局大総統はなんでグリード達がいるって分かったの? 先週からの流れだとまるでメイスンが裏で動いていたようにも取れちゃうよ(笑)。さすがに説明不足っしょ。

・イズミさん、それじゃあ単なる足手まといやん。これじゃ水島版イズミの二の舞。原作通り突入隊に邪魔される形で良かったんじゃないかなぁ? 大総統の勧誘シーンが必要だからってのは分かるけど、なら突入隊が来た後に彼ら相手に血を吐かせた方が面白かったように思うし。

・イモ虫アルーー!!!!(笑)

・マーテルに「無事だったのか」って言ってるって事は、すでにグリードは突入隊に遭遇したって事よねぇ? で、ロア達もそれに気づいて加勢に行ったと。なんか分かりづらいなぁ。それならやっぱり原作通り突入隊が来てから逃げたって……ぶちぶちっ。せめて衣服に血痕ぐらいついていればなぁ。

・おお、ビドーはいないぞっ。いない。うん、確かにいない。けど。先週、エドがビドーをぶん殴って連れてきたじゃん。建物内にはいるって事になっちゃうよ。あれをどうフォローするつもりなん??
1401
1402

・「少年とご婦人は確保」は大総統の命令なのね。うーん、やっぱり二人がここにいるのを何故知ってる? って話になっちゃうんだよなぁ。南方じゃお父様の情報網外だし。ほら、やっぱりメイスンが黒幕だ(爆)。

・原作からなんだけどね。「元同志」って言う少佐のセリフが気になるの。自分一人戦線離脱し生き恥を曝している自覚のある者が、最後まで戦いきって生き延びた兵士相手に言える台詞なんだろうか。

・セントラル兵。ただ「少佐」って声かけただけでいきなり発砲って。あーた、少佐に当たったらどうするつもりだったんだ? 無謀だなぁ。軍法会議ものだろ、それ。

・ドルチェットの動きがスローモーションってのは面白かった。んでもこういうのってここでドルチェットの加勢が間に合わずロアの死ぬシーンが入るとかなら効果的だと思うのよ。単なる煙幕シーンが来るだけじゃ。うーん、拍子抜けだなぁ。

・グリードに刺さったサーベルっ! グリードの頭が動くたびにきちんとサーベルが振動してる! 細けぇっ。

・「何回殺せば死ぬのかね」のセリフが嬉しかったぁ。ほら水島版ではロイが大総統に言うセリフに摺り変わっちゃったからさっ。あれはあれで「おおお、そう来たか」と思ったけど。本家本元さん、いらっしゃいって気分だわっ。

・「そいつを逃がしてやってくれ」の囁く感じがカッコ良くて、ちょっとゾクゾクしたっ。いい男だぜ、ドルチェット。

・「出ちゃ・・・ダメだ」のアルが。懐深くて好きだぁ。

・グリードvsラース すごく動いてますね。うん。でもね。……そのぉ。大総統が特殊なのは目であって身体ではないのよね。なら、あくまでもグリードの先制攻撃を見切り、その隙を突く方がラースの特性を表すいい機会だったと思うんだけどなぁ。勿体ない。逃げ惑うグリードをラースが攻撃する形になってしまったのが、どうにも違和感。猫を噛もうとした窮鼠を軽くいなしてあっというまに片づけてしまった、そんな感じの動きが見たかったなあ。
また、グリードも、逃げるばかりだから色々ポーズがカッコ悪くて、スロー再生でじっくり見ると色々可哀想な事に…orz。コマ送りで画像を置こうかと思ったけど敢えて自重の方向で無かったことに(笑)。やっぱ、標準速度で見るべきだな、うん。
あと、最後に大総統がケツを突き出して刺すのはどうかと(笑)。なんかそれ色々カッコ悪いよぉ。

・アルの腹の血しぶき。いやそれはないから。サーベルまだ刺さってるから栓になっているわけだし。あの角度からなら身体を貫いていたとしても下位位置から刃が出ているだろうから上方向に吹き出やしないんじゃないかと。こんなに吹き出たら血印が完全に血染めになるっしょ。衝撃的なシーンとして描きたいからなんだろうけど。そうじゃなくて。よく見ると血が滴っているからこそ怖い原作の表現で充分いけると思うんだけどなぁ。例えば一瞬何も反応なくて「え?」 と安心させておいてじわーと滴ったりとか、その方が効果的と違うかなぁ。

・アルの記憶の映像がエドと同じってのが手抜きのように見えつつも。その実、混線しているせいってのも成り立つからバンクでもOKなのよね。いやー、いい手だ(笑)。だがしかし。ちゃんとアル用に差し変わってる処もあるのだよねっ。ふふふっ。こういう細かさが好きさっ。

・そして、さりげに扉はクリフォトです兄さんとは違っています(にやり)。
(お友達のブログが同じ事を書いていて指摘を受けていたので姑息に修正(笑)。そういえば原作であの扉が登場した当時、あれは「クリフォトの樹」ではないか? という情報がわーっと一気に回って、その後、事実上発信元になってしまったブログ様が、違ったとの訂正記事を書かれたのだけど、どうもすっかりそっちの記憶が抜けてたみたいです。失礼しました。図の名称そのものは不明ですが、錬金術師George Ripleyによって描かれた図(A046)でした)

1403

・しかも、扉の向こうに行った後のアルの声が。犯されてでもいるかのようにめちゃエロいんですがっっっ! 何の触手プレイですか? ヤバ過ぎっ。超ヤバいよ兄さんっ。早く助けてあげてっ!(笑) ちょっと色々持っていかれそうになりましたよ。敢えてこんな画像をキャプってみたり(爆)。
1404
1405

・そしてこれ! 原作には無かったこれを敢えて描き入れたスタッフめちゃくちゃGJだよっ!!! そうそこだよ。それそれっ。これが何故原作に描かれていないのか不思議でしょうがなかったくらいなんだからっ!!! やってくれたぜっ大野木さんっ。
1406

・「アルは悪くないよ」も笑って言って欲しかったなぁ。やっぱりそこはお兄ちゃんなんだから。んでもやっぱりこのお兄ちゃんしてる笑顔はいいなぁ。
1413

・そんでもって、それでも顔をあげられないアルを、辛抱強く待ってもういちど「アル」って声をかけてあげるエドがまたお兄ちゃんしててさっ、好きだーっ。絵が止まってるのは悲しかったけど。

・何がどう描き分け違うのか分からないんだけど。まるでアルの目が涙を湛えているように見えるから不思議だよ。
1407

・イズミのドレッドヘアがまるで、トラ刈りのように見えますが何か?(笑)
1408

・ここで大総統がイズミを勧誘する為に、あそこでイズミに血を吐かせたのね、ってのは「なるほど~」な構成なのだけど。もうちょっとこうスマートに…ね。

・筋肉が結ぶ友情がないとガンガン今月号の話も成り立たないのよね。欲しかったなぁ。無きゃないで変えてしまえばいいレベルでがあるんだけどさっ。

・アルの鎧を拭くエドの「アルのせいじゃないよ」がないのは残念だけど。それに繋がるアルの「そっちの事じゃなくて」があまりに薄情なので(笑)。まあカットは止むを得ないかと。

・それにしてもこの兄さんの格好はやっぱり可愛いっす。
1409

・「何かすごかった」の絵はギャグなのにくぎみーの声が普通過ぎて浮いてる? と最初思ったけど。いや別に原作読む時も敢えて声にギャグを意識して読んでなかったよなぁと思い直してみたり。これって、BGMを止めて、コミカルな効果音を入れればだいぶ違ったんじゃないかと。

・この兄さんがほのかに色っぽいーっ。
Vlcsnap268365

・海外版コミックスと同様の理由による修正ですな。やっぱり海外配信で十字架の磔は却下ですかねぇ。
1411

・お父様の声が高ーいっ。もっと尾てい骨直下型の低くて渋ーい声を期待してたんだけどなぁっ。若山弦蔵さんとか、中田譲治さんとか。あーゆー系(若本規夫さんでもいいけどちょっとギアスとキャラ被るから笑っちゃいそうで却下とか勝手に思っていたんだけど)。家弓さんて子悪党なイメージなのよね(レプカとか、クロトワとか)。まさかこの声で黒マリモはやって欲しくないから。そこは変えて貰うとして。
さらにホーエンハイムと二役ってわけでもないだろうから、ホーと似通った声質の人を配置するとは思っているのだけど。
そう考えると。
……江原さんの声のトーンもちょっと高めだから……近いよね。ならホーは今期も江原さんって可能性ありかしら? どきどきっ。あ、でも、ひそかに大林隆介さん(後藤隊長!)でもOKかもとか思っているんだけど(笑)。

・しかし、ナレーションの人だったとはね。今期アバンの詰まらなさは、ナレーションが登場人物ではない事が要因のひとつだと思っているのだけど。お父様が、自分の打ち立てたアメストリスの法を語っている図ってのを狙ってたわけか。そのうち出てくるキャラかなと疑わなかったわけではないのだけど、お父様ってイメージじゃなかったから、そこはスルーしちゃってたわ。

・それに、予告や前回のおさらいは逆に変になっちゃわない? あれって結構兄弟寄りの語りだもの。こっちはやっぱり第3者のナレーションとして解釈しないと成り立たない気がするな。なんか落ち着かない。……ひどい言い方だけど、お父様が本役でナレーションが副なら、ナレーションを切っても鋼を干されるわけではないのよね。だから安心しして言えちゃう。アバンをやめて前回のおさらいもやめて、予告をエルリック兄弟に振って欲しいってがやっぱり今でも本音だよぉ。

・賢者の石の生成方法のシンボルから変えたのはどんな意図? 下の図はセフィロトの樹ってのは分かるけど。上の図は不明。誰かご存知かしら?
1412

・「我が魂へ還るがよい強欲よ」ってもっと普通に対話の台詞なイメージがあったんだけどなぁ。妙に演技がかってるのが、なんかイメージと違ったなぁ。

・「お前たちの変わらぬ忠誠と安寧を祈る」のホムたちの笑みががカットされてるのが面白いな。これがないと、本当に彼らは従順な子供達なのか視聴者には分からない。水島版のような裏切りだって視野に入れられる。何とでも想像出来る。何か変えてくるかなぁ♪

・セリムが、原作3割増しくらいきらきらなキャラになってるっ。すごいよなぁ。ラースに全身で抱きついたりしちゃってでも内心「けっ」とか思ってるんだろか。うわー、黒い、黒いっ(笑)。しかも「国家資格を取ってお義父さまの役に立ちたい」の台詞に原作だと「セリムには無理だ」だったのが「将来はセリムに手伝って貰うかな」に変わってる。原作は後で読み返した時、大総統本音がこぼれたな(にやり)だったのだけど。これはこれで、どこまでもざーとらしい会話ににやにやしてしまう。

・で。台詞はいいのだけど。ここで何故にスローモーションが必要? 石平さんスローモーションお好き? 尺の勘定間違えて慌てて伸ばしたのかしら? とか疑いたくなっちゃうよ、その歩き方。

・予告。あれ? 番宣より色が薄い気がするのは気のせいかな?

・今期サブタイトルはほぼコミックスに則したものになっていたのに、敢えて今回は変えて「地下にひそむ者たち」にしたっていうのはやっぱり、デビルズネストの面々と、ホムの面々の両方を差すダブルミーニングにしたかったってことかしら?
コミックス第31話「己の尾を噛む蛇」ってタイトルの回に実はホムが全員登場しているっていうのを前にTさんに言われて、タイトルまでもが伏線になっていたことに歓喜しただけに使って欲しかった気もするのだけど。残念だなぁ。

« 鋼FAのwikipedia | トップページ | シン国のキャラの綴りが不明です »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 鋼FAのwikipedia | トップページ | シン国のキャラの綴りが不明です »