« オリコンに福原美穂さんのインタビュー記事あります | トップページ | 鋼の錬金術師FA 第22話「遠くの背中」感想追記 ネタばれあり(原作ネタばれ含む) »

原作既読だけどFAを観ていない貴方へ

ちょとこれはかなり冒険な記事かもしんない。

水島版は観ていたけど入江版は観ていない友達がいます。読んでますかー(笑)>私信
大好きな二次創作サイトさまでも、視聴が耐えられず腹が立つから観ないという方もいます。

自分が好きなだけに悔しいなぁーって思いながらも。人にはそれぞれ好き嫌いはどうしたってある。
お願い観て観て! って言うわけにもいかないし。
あたしは好きだけどマニア受けかな、万人が面白いと思うかは微妙かなぁと思っていた時期も確かにあったし。
下手に粘着に薦めて、FAファンキモっ、視聴率稼ぎに必死。なんて思われるのもイヤだし。

「それもしょうがないですよねー」なんて、ちょっと大人の余裕ぶっこいていたんですが。

ちょっと考えを改めようかと思う今日この頃、みなさま如何お過ごしでしょうか(はい?)。

・・・・・・…あー。
うだうだ前置きが長いのは、どん引きされるのが怖いからだったりするんだよな。
うん、分かってる。

えーい、ままよ。書いてしまえっ。

原作既読でFAを観ていない貴方へ。

ともかく観ようよ。
どうせ原作既読なんだから、この際途中はすっとばしていい、許す。
15話からでいいから、SAYMOVEあたりならまだきっと置いてある。
今なら22話まで、たったの8話。まだ追いつける。まだ間に合う。
なんなら試しに、Gyaoで最新話を観るだけでもいい。

まずは観て。文句があるならそれからいくらだって聞こうっ。

原作未読の水島版しか興味の無い方へのお薦めはしかねるけど(笑)。

原作ファンなら、観た方がいい。多分貴方は損してるっ。
人の趣味はそれぞれと分かっていても、口を挟まずにはいられなくなった。
何故って、決まってる。
FAがすごく面白いからだよっ。

原作が好きなら、きっとFAを好きになれる。面白いと思えるはず。
食わず嫌いで観ないまま流すには惜しい作品なんだっ。

最初の数話で挫けた貴方。私もその気持ちはよーく分かる。嘘じゃない。
私だって感想書きながらも、あまりのひどさに悔しくてマジ泣きした回がある。

でも。新章に入ってから本当に面白くなったから。

私は鋼ファンだから。鋼ファンの貴方に、観なかった事を後悔して欲しくないっ。
損はさせない。
だから。

まずは観ようよ。

他にも特典がある。
FAを観ることで原作の深さも分かる。
今までと違った角度から観ることで、新たな発見がたくさんあるからっ。

先日12巻を「アニメ放映前に」読んでいたのだけど。
今まで「すげぇ、カッコいいー、大好きっ」と思っていたシーンを読んでふいに胸が痛くなった。
すごくカッコいい大好き、その思いはまったく変わってない。
でもそうある為の、そうでなければならなかった為の、努力とか苦しさとか悲しみとか痛みとかそんなものに初めて目が届き、切なくなったんだ。

今までだって、飽きるほど読み返してきたんだよっ。それでも気付けなかった事が。
FAを観た事によって、確実に自分の中で新しいフィルターが出来ている。
それがすごく嬉しいっ。
自分が拾い損ねていた「鋼の錬金術師」というマンガの面白さを、FAは教えてくれている。
今までよりもっと、マンガ「鋼の錬金術師」の既刊を楽しんで読む事ができる。

原作ファンに、是非それを味わって欲しいんだっ。

« オリコンに福原美穂さんのインタビュー記事あります | トップページ | 鋼の錬金術師FA 第22話「遠くの背中」感想追記 ネタばれあり(原作ネタばれ含む) »

コメント

りほさんへ
こんばんは!ご無沙汰してます。
ほんと、よそ様に行く余裕もなくて、自分の中の熱のやりどころにも最近疑問を感じたりしてるんですけど。
けど、私もりほさんのこの意見にとっても賛成です!
最初の方は感想を書いていて、ぐだぐだと原作で飛ばされたシーンだのをつき合わせて文句っぽくなってたけど、私も最近眼からうろこというか(ちょっと言いすぎ?)でも、この速度、この勢いで見られるからこその改めての原作のよさってのを感じることが多いんです。
だから余計ね、最近鎧が(つか理恵ちゃんが・爆)好きで好きで(大笑)
あまり長々と書けませんが、それでも一人でも多くの人にこのアニメ観てもらいたいです。アマゾンとかでDVDへの(というより二期そのものへの)ひどい批判が気になりますが、それでもやっぱり今このときからでも遅くないから観よう、って、いえる人には言っていきたいな。応援しますw
頑張りましょう~(って何も力ないけど;)
ではでは書き逃げですが、失礼致しました~
のわこ

どもです、こんにちは。
この記事で、いろいろ考えちゃいました。
原作既読だけど、見たほうがいい「みんな」には、この記事が届けばいいなあと心から願うんですけど、そんな自分は、もう見ないだろうなあと思ったり。
なんで見ないのかって、直接的には「ロイのイメージを大川さんの声のままにしておきたい(三木さんの声で上書きしたくない)」とか「映像のエドワードさんは美しいミュンヘン兄さんのままにしときたい」とか「FAのキービジュアルがキライ(エドがこわい)」(笑)とかあるんですけど…そういう後ろ向きなのだけじゃなくて、「今再び「見よう」と思いたくなるようなフックがない」てのもあります。
ありえないけど例えば「次回からロイの声は大川さんがやるよ!」とかなったら、「うっそマジ!?」とかって見出すかもしれない。「原作とは別方向に分岐し始めた!」とかなったら「はぁ!?」って興味を引くかもしれない。
なんだかうまくいえないんですが、いったん視聴をやめた、という事実を覆すようなプラス(私にとって)がないんですよね…。

上で書いた自分の思いを振り返って改めて、アニメを見てない人にアニメを見せるのって難しいんだなあと考え込んでしまいました。
放送前の時期から、放送1~2回ぐらいの時期は、まだけっこう引き込めますよね。「このアニメ面白そうだよ!」「絵が凄いよ!」ぐらいで。
だけどそれを過ぎると、どんなに「いいよ!」って言ってもなかなか観てはもらえない。
大江戸ロケットとか妖奇士とかって私にとっては凄くいいアニメで、観てほしい観てほしいっていろんなところで言及したけど、「私も見てるよ、あれいいよねー」という声はぼちぼちもらったけど、「見始めました!」っていう人はいなかった。
ここんとこの東京マグニチュード8.0はかなり凄いことになってるんですが、興味ない人は見ないだろうなあとか。

他人に興味を持ってもらうのって、本当に難しいんだなぁと…改めてそんなことを思いました。
(あんまり関係ない内容でごめんなさい)

>のわこさま
わー、のわこさまだぁ。お久しぶりですー。
図書室の方を更新されているのはチェックしていたんですけど。
ブログの更新がずっと止まっているから詰まらなかったですー。
久しぶりに更新されていて嬉しいですっ。
最近本当にFAが楽しくて楽しくて。
先日、ブロガー仲間とFA語りを延々やっていたんですけど楽しかったですー。
一緒に、地道に草の根運動しましょっ(笑)。

>さやさま
釣られてくれて、ありがとうございまーす(笑)。
嫌がるのを無理やりテレビの前に座らせて見せるっ、てわけにはいきませんからねぇ。
でも私自身、水島版を見たのって17話からでしたし。人生何がどう転ぶか分かりませんよっ。
作品自体がすごく面白いから、今かなり楽観的なんです。
評価されないわけがない。そう思ってますから(笑)。
だから、酒の席で鋼語り入ってもぬるく見守ってやってくださいね(どこら辺が「だから」なんだろ?・笑)。

今でも時々水島版をひっくり返して良く観ています。
ストーリーが重なっていた頃、最初は入江版の声優に違和感があったのが、徐々に水島版の声優に違和感を感じるようになったというのが正直な処です。
でも、新章に入ってから水島版を観返した時。
自分でも驚くほどでまったく何の違和感も無く聞けたんです。
ストーリーが違うし、絵が違うし、作品のかもしだす雰囲気が全然違うから、なんだと思います。

考えてみれば。
水島版のロイは、原作以上にどんなに崩しても様になっちゃう、雪だるまになっていようがファンにキャーキャー言われちゃうカッコイイキャラクターですよね。
でも入江版のロイって、原作以上にヘタレの甘ちゃんで思慮が足りない。成長途中のボンボンなんです。でも本人カッコイイつもり、みたいな(笑)。
ストーリーも違う。キャラクターの捉え方も全然違うから、脳内で上書きのされようが無かったんじゃないかと。
ぶっちゃけ言ってしまうと、こんな甘ちゃんでヘタレなロイを大川さんがやったら、逆に「やめてーロイのイメージが崩れるー」って思ったかも。昔ハガレン放送局で大川さんが「ぱろ~」と叫んだ時まさに「やめてーロイのイメージが・・・」って耳を塞ぎたくなった人間なので(笑)。


前に朴さんが、舞台の再演のようなもの、とインタビューで言っていたのを最近すごく納得しています。
脚本に手が入るし、BGMも変わるし、演出も、大道具、小道具だって変わるでしょう。
写し鏡ですらなく、まったく別物として、ふたつが存在しているような。
私はそんな風に捕えています。

さやさんが言わんとする事も多分、分かると思います。
もしエドとアルの声が違っていても、私は同じ事が言えたのかな? 人に薦める時必ず自問自答します。
多分無茶苦茶拒否反応示すだろうなぁと思う。とっとと打ち切りになっちゃえとか思う。
でもそう思う反面。
小野不由美の悪霊シリーズが、昔CDドラマ化された時、大嫌いな声優が主役だったんですけど(笑)會川さんの脚本が良くてすごく繰り返し聴いていたんです。
近年アニメ化された時くぎみーがメインキャストの一人として出ていたんですけど、脚本も原画も何とも作りが甘くて。
TVの録画はすぐに消してしまったけれど。CDドラマは今でもきっちり保存しています。
作りさえよければ、多分私は観ちゃうと思います。

ちなみに菅野さんは、12話の作画補佐に入ったくらいで作画は担当されていません。
それと、現在のED、「LET IT OUT」は菅野さんのイラストなんですがキービジュアルとは全然違う優しい絵ですよ。

美しいエドワードさん……だけは無理っす……orz。
今期OPの原画に伊藤さん入ってますけど。
それを見る限りでは、今、伊藤さんに入って貰っても、あの美しさは期待出来なさそうです。
カッコいい兄さんは好きではないですか?(笑)


ちょっと語ると。
FAって私の中では、ガラスの仮面の「忘れられた荒野」なんです(笑)。
あれって、違う角度から見る事で、同じ台詞でいく通りも違う物語を上演するっていう話でしたよね。
あんな感じで。
原作をほんの少しいじって、台詞のニュアンスを変えたり、置き換えたり、カットしたり、表情を変えたり。
そうする事で、シチュエーションも、キャラクターの配置も同じなのに。
浮かび上がる物語が全く変わっていて、私はそれがすごく面白いんです。
確かに原作に沿っているはずなのに、「こう来るとは思わなかったぜっ」という作りになっていて、いつだって想像した通りに気やしませんよ。

「原作準拠」なんて言葉を聞くたびに、「ちっちっ」分かってないなぁってひそかに思っちゃってます(笑)。


大江戸ロケットも、妖奇士もオリジナルだから、途中からは入りづらかったっていうのはあるのかなぁ。
妖奇士は設定が込み入っていたから難しいとしても、大江戸ロケットは単純明快だから途中からでもいけそうでしたけどね。
ただ、大江戸ロケットはU系でさえなければもう少し評価されたかなと思っています。
せめて、バンダイとかの公式無料ネット配信があれば。
うちの地方では見れなくて、毎週ニコ動検閲との戦いでしたよ。
キーワードは捜せないわ、すぐ削除されるわ(笑)。
それでもいつも「もっと評価されるべき」タグが貼られていました。

東京マグニチュード8.0も観てます。
エドのやっている事はもしかしたら未来と同じだったとしたら?
とか思うと余計にこうクるものがあるんですよー(苦笑)。
(そういえば、アレって妖奇士と同じですね)
今から見るなら、お願いだから最初から見てくれーって感じですね。
つっけんどんだった未来がどんどんお姉ちゃんになっていくからこその話でもあるし。

この作品、シリーズ構成・脚本って「あの」高橋ナツコさんですよね。
私は正直、あの高橋ナツコさんがどこまでやれるのかひやかしで入った手合いなので、この人が成長したのか、あるいは元々日常ものならここまで書ける人だったのかと、認識をちょっと改めました。

そうやって、ひやかしでもいいから、一度FAを見て貰うきっかけさえあれば、継続して観て貰える自信が今はあるんです(笑)。

やらない善よりやる偽善、なんて。善も悪も関係ないけど。
FA仲間を増やして私が楽しみたいから、多分これからも語っちゃうと思います(笑)。

りほさま、丁寧なお返事ありがとうございます!
なんかちょっと、見てみようかなーと前向きになってきました(笑・単純?)
特に朴さんの「舞台の再演のようなもの」というのは、よくわかる例えで、腑に落ちました。
歌猫さんとこのコメントで「鋼をブランドにしたのかな?」みたいな事を書いたのですが、「舞台の再演」のほうがしっくりくるなあと思います。
美輪明宏の毛皮のマリーを思い出してしまいましたw 
寺山修二脚本と美輪明宏主演は変わらなくても、他はどんどん変わる感じで。
あとガラスの仮面の「忘れられた荒野」ww 懐かしすぎるwww でもよくわかる例えです。

大江戸ロケットはそういえば放送エリアに相当制限がありましたね。
見たくても見れないってこともあるんだった…と、視点が欠落してたことがわかりました。
とはいえ「もっと評価されるべき」タグはうれしいですw

しかも妖奇士好きとかいっときながら、東京マグニチュードの未来との相似点に気づかなかったのがショック(笑)
まんま往壓さんだったのに!

なんかグダグダなお返事になっちゃいましたが、りほさんの丁寧なレスを凄く嬉しく思って、ちょっと救われたような気持ちになったことをお伝えしておきます。

次にお会いするときまでにFAを観られているかわかりませんが(とりあえずGyaoかニコで探せばいいのかな…)、そのときにはまたFA語り聞かせてください♪

>さやさま
ふふふ、前向きな検討ありがとうございます。嬉しいなぁ。

おお、確かに「毛皮のマリー」はまさにそんな感じですね。
そう思っていただければ、FAも楽しんで貰えるかなぁ。
まあ、マリーは毎回演出が三輪さんだから、もっと統一感があるかもしれませんが(笑)。

「大江戸ロケット」の放送局をさっくり調べてみました。
テレ玉(埼玉)、TOKYO MX(東京)、チバテレビ(千葉)、RKB毎日放送(福岡)、北海道放送(北海道)、テレビ愛知(愛知)、毎日放送(近畿広域)、AT-X(CS放送・全国)
やっぱ少な・・・・・・orz

>相似点に気づかなかったのがショック(笑)
私も前回のレスを書いていて気付いたんですよー。意外と盲点かも?(笑)

Gyaoは金曜のお昼くらいに更新されるようなので今ならまだ前々話が、ニコには大抵最新話があがっていますので、それで最新の2話が観れると思いますよーっ。よろしかったらどうぞっ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原作既読だけどFAを観ていない貴方へ:

« オリコンに福原美穂さんのインタビュー記事あります | トップページ | 鋼の錬金術師FA 第22話「遠くの背中」感想追記 ネタばれあり(原作ネタばれ含む) »