« DX組立式ポージングフィギュア ~ウィンリィ~ | トップページ | アルのジグソーパズル »

鋼の錬金術師FA 第25話「闇の扉」感想2 ネタばれあり(原作ネタばれ含む)

ネタばれ回避文です。感想の続きです。残りはほんのわずかなんだから、テキスト的には一度にあげられる量だったんだけどね。
画像をちょっと色々載せたかったので、時間がかかりそうだってのは分かってたんだけど。
こんなに遅くなる予定はなかったんだけどなぁ。

ということで箇条感想続きです。

感想1で、今回はイマイチみたいな書き方した割には、色々きゃあきゃあ書いてるよな、自分(笑)。


・増田がいつもの大福顔じゃなくて妙にいかつい感じ? でも誰かに似てると思ったら……分かったよ。アエルゴのクラウディオ王子だっ。


・「彼女は君の弱点に成り得る」。彼女! 固定なんだっ。あ、そっか。フュリー達はあくまでもロイの手足をもいだのであって。リザに何かあっても大佐に変わってリザを守ることも出来ないよう遠ざけたって解釈なのか。


・「大総統付き補佐のシュトルヒだ」。あれ? 考えてみたらリザが補佐になったって事は、この人左遷されたんだろか? 秘書みたいに第一、第二っているのかもしれないけど。でも原作で、リザが大総統室にいる時この人出てきてないよねえ。やっぱ左遷か? だから苦い顔してるのか? そうなのか?


・え? リン、今どういう攻撃受けた? わ、分からんっ。ってことでコマ送り、コマ送り。おお、すげぇ動いてる、動いてるっ(笑)。

まず、エンヴィーの尻尾の攻撃を避けて。
2506

さらに掴みに来た手をすり抜け。
2507_2

再度掴みに来た手に掴まれ。
2508

壁に叩きつけられる。
2509

これに対し兄さんは。
エンヴィーの一発目の尻尾の攻撃がクリティカルヒット。
受け身も取れないまま飛ばされて。
2510

おそらく受け身を取れないまま落下?
2511_2

リンはさらにエンヴィーの攻撃をかいくぐり、
2512

綺麗に受け身をとって着地。猫並だね。
2513

これは実戦で鍛えたリンと修行で鍛えたエドの違いなのか。
それともエドは打たれ強いから避けずに突進しちゃうせいなのか。

とりあえず体術はリンの方が上にみえますなぁ。


・「めっちゃイカしてんじゃねぇか」とある個人的事情で、すごく受けてしまったっ。………昔書いた二次創作小説で、何故兄さんの趣味が悪いのかをネタに書いた事があるんだよねぇ。しかも最近引っ張り出して読み返したばっかだったからさぁ。やっぱり頑張って書きあげてupしよっカナ……。


・「きっついのぶち込んでやんねぇとな」え?…………………はっ、ご、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさいっ。ちょ、ちょっとうっかりあっち系の妄想が。


・「お父様ってセントラルにいるの?」。いや、今君がいるそこも、セントラルだと思うよ、うん。郊外だけどね。って突っ込みをいれつつ(笑)。
このアルを正面から背中に回りこんで引いて行くカメラのアングル好きだなぁ。


次回のタイトルは「再会」だし、予告でもそれを匂わせてたよね。
ついに、ついに、あのシーンだよ!!!


・おまけ
このカットだけ見るとヤバイくらいエロさが漂ってまふ。
2514

脚本=津村米紀
演出=池畠博史
絵コンテ=大橋誉志光
作画監督=竹知仁美・塚本知代美

« DX組立式ポージングフィギュア ~ウィンリィ~ | トップページ | アルのジグソーパズル »

コメント

大総統補佐官は複数いるらしいですよ。だからシュトルヒも左遷されてはいない…はずです(笑)
キャラクターガイドに一応載っておりました。

おや、載ってましたか。同じことを疑問に思った人がいたのかな(笑)。ありがとうございます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« DX組立式ポージングフィギュア ~ウィンリィ~ | トップページ | アルのジグソーパズル »