« 珍しい掘り出し物 | トップページ | 録画ランキング »

鋼の錬金術師FA 第26話「再会」感想 ネタばれあり(原作ネタばれ含む)

ネタばれ回避文です。
今回の一番良かったシーンがどこかなんて勿論決まってます!!!!! 
アルーーーーーーーー!!!!!!
あーだけど最初にそれを書いちゃうのはあまりに勿体な過ぎるので。
やっぱり今回も箇条感想で。最後に箇条でない過剰な感想が入る感じで、よろしく。

んではいきまーす。

・エドとリンの決定的な差が出たよ。やっぱり戦う事に関してはリンのが上だわ。戦う上での割り切りも含めて。
いやもう、リンってばエドの王子様?(ぷぷっ) 先週から続けて2度目だよ。リンが倒れたエドに駆け寄るの。しかも抱き抱えられたりしちゃうし。あ、そういえば本当に皇子だったな(え? そーゆー話か?)。
でもエドの方が生きることにねちっこいんだよね。そこがリンの不思議さだよなぁ。民の為にも絶対自分は死んだらならない存在だっていう自覚は、エド以上にあって然るべきはずなのに。なんで簡単に行き倒れるんだ? 
刺客にさらされる日々に運動能力は否が応にも跳ね上がって強くなっていっても、どこかで皇子っていう重圧から逃れたいって気持ちがあるのかなぁ。

 

・原作でもさ、抱きかかえるシーンはあったし、エドが耳をふさぐシーンもあった。なのにこの辺りって勢いで読んでいたせいか全然気づいて無かったよ。
確かにコマが小さかったり、それをメインにしたコマじゃなかったりっていうのもあるんだけど。
えー? エドってこんなに気持ちがふらふらしてたんだっけ?ってちょっとびっくりだった。

 

・「お兄ちゃん、あそぼ」。これ、上手いっ。どこから声がしたのか敢えて固定してないのっ。だからこれはエドの幻聴なのかもしれない。
何故そんなものが聴こえたのか。そこまでエドの心が追い詰められているって事。

 

・壁画に色! しかも宝石付き!! すっげぇ。ああああ、もう美味し過ぎるっ。
美味しすぎるよっ。クセルクセスの遺跡は風化してもう色はない宝石もおそらく盗賊に持っていかれているんだろう。
なのにグラトニーの腹の中にはある。おそらくこの石板が作られた当初に飲み込まれたから。
じゃあ、何故1期OPのエドのそっくりさんの背後にあった遺跡には色がついていて宝石も輝いていたのかっ。
きっと、原作未読者さんは、すごく今グルグルしてるよねっ。ねっ、ねっ。
あああもう、原作未読者さんの反応が知りたーーーーい!!!!!!

 

・くぎみーノリノリ過ぎやん(笑)。そしてやっぱりエドはアウトオブなのね(笑)。
2601

 

・シャオメイのおしりっ。やっぱぷりちーだなぁ。そういえば前に入江監督がインタビューで、鋼は女性に関しての萌え要素が少ないので、スタッフはもっぱらシャオメイとか小動物に力が入ってるとかなんとか。あれ、実はかなりマジだったのか?
2602

 

・やたらとフンドシと尻尾がなびいているのって。これっていわばビル風のようなもの?

 

・シャオメイが落っこちないように支えてるの。こーゆー優しさがねぇぇぇぇぇ。うんうん、好きなんだよぉぉぉぉぉぉぉぉぉ。
2603

 

・アルがシャオメイの頬をぷにぷにしてるのが、ああ、もう可愛いなぁ。しかも指にしがみついてちゃって。はぁぁ、萌えの少ないFAでこんな処で萌えるとは思わなかったわ(笑)。
2604

 

・「兄さん 生きてるよね 兄さんっ」。アルが男前過ぎるぅぅぅっ。二度目の「兄さんっ」がねぇ。切なげでとっても美味しかったです。ご馳走様(笑)。

 

・メイ・チャンは民を統べる者としての覚悟が足らんとさんざん言ってますけど、自分。
何のかんの言っても、考えてみたら、メイ・チャンって強いよね。ってか肝が据わってる?
こんな気色悪い生き物を目の前にしてもひるまないし。普通の女の子でしかもまがりなりにも皇族なわけなんだから。「きゃーっ」とか言って失神したっておかしかないのに平気な顔して戦えるんだから。
彼女なりに色んな修羅場をくぐり抜けて来てるんだよな。

 

・若かりしの大総統があまりにカッコ良かったのでびっくり(笑)。さすがに声は変えてきたか。

 

・出たよ金歯野郎がっ。40代か? 50代か?

 

・これでもかってほど、アメストリスが丸い国土だって事を全面に出してますなぁ。ニヤニヤ。
2605

 

・「応急処置だ」「ありがとう」。意外と礼儀正しいよね、兄さん。

 

・獅子の目の中まで宝石だったんかいっ。リッチだな。クセルクセス王。

 

・回転させて、さらにミラーでひっくり返してみましたよ。ほとんど意味のある単語が少ない中、「BONES」だけはしっかり認識出来るってのはやっぱり、これはスタッフのお遊びかなぁぁぁ???(笑)
原作でバラしてないことを、載せるわけにはいかないだろうしな。(画像クリックで大きく表示されます)
2606

2607

 

・エドぉぉぉぉ! (ああ、もう今回叫んでばっかだ)この兄さんカッコイイっす。
2608

 

・キタキタ!!!! 完全に誤誘導だよねぇ。この絵があって。
「誰がやった。自身を練成したのは誰だ? 国民全員を賢者の石にしてその巨大な力を手に入れ神を超える存在になろうとしたのは誰だ」ってセリフがあって。
あの一期のOPの23号が今錬成してますってポーズしてたらさぁぁ。
あああもう、ニヤニヤが止まんないぜ(笑)。
2609

 

・「大昔に滅んだ木が可哀想だからって、石炭を火にくべるのをためらうのか?」
ああ、これは上手い比喩だ。ただし今の小学生の子供が石炭を知っているかが微妙なんだが。「機関車やえもん」ぐらいは今でも授業で習うかな。

 

・不覚にも萌えたっ。
「アメストリスがどうなろうとオレの知ったことじゃない」「お前なぁ」の後にちょっと首を傾けてみせたリンのしぐさにちょっとときめいてしまったよ(笑)。くーカッコイイよっ。

 

・錬成シーンがカッコ良かったのっ。
エドの手パンの後「まるで神への祈りじゃないか」から、
「久しぶりだな」のエドの横顔とか、
リンの「信用してるぞ 錬金術師」とか、
リンの足が、分解されはじめた時反動なのか、ひるんだのか少しはねあがる処とか、
分解した欠片が次々舞い上がる処とか、
「ありがとう」の声にエドがゆっくり振りかえってそれをカメラが回りこむように撮っている処とか、
それを見送るエドの辛そうな顔とか。
BGMもいいしっ。すごいいい絵に仕上がってる。

 

・ここはやられたー。グラトニーがドア開けて、ついにアルとお父様との邂逅か? と思ったら。
エドが真理の扉をくぐった処に場面転換。
くそ、次週持ち越しかよ(実際は次々週?)。
あーでもちょっとお子様にはここで切り変わったって分かりづらかったかなぁ。

 

・そして、そして。キター!!!!!!!!!!!!!
アル!!!! アル!!!!!!! アルだよぉぉぉぉぉぉ。
2610

すごい、もう原作以上にガリガリにやせ細って。
腰とかちょっと内臓ちゃんと機能してるのってくらい細くて。
「君はボクの魂じゃない。一緒に行けない」の笑顔とか。
2611

なのにエドが去った後に俯いているのが。
2612

もう、切なくて、切なくて。
しかもしかも。
 「待ってろ」カットで、残念だなあって思った処で。
誰が想像するもんか。

エドが扉ぶっ叩いて右腕一本で無理やりこじ開けるなんて!!!

アルがびっくりして、さびしそうな表情が消えたのが嬉しい。
2613

あのね、あのね、もうもうほんとーーーにっ、シャンバラでアルが鎧の中から出てきた時並の衝撃だったのよっ。
あああもおおおおおっ。
ボンズスタッフやってくれたぜっ。
畜生っ! 好きだよっ。もう大好きっ。
好き好き、大好き、超愛してる(己は舞城か?)。
やられたっ。すっげぇ嬉しい。感動。
知っていた全て分かっているはずのシーンでここまで衝撃を受けるなんてっっっ!!!!

しかもエンディングのイントロが被ってくるし。
この静と動がすごく生きてる。
2614

エドが「アルフォンス!」って叫んでる時、あ、この顔知ってるって思った。
最初の人体錬成をしてアルを失った時も、全然違うんだけど、やっぱりこんなくしゃくしゃな顔で叫んでた。
あの頃から変わってない。ずっとエドはアルを探してるんだ。
「待ってろ」のエドの言葉にうなずくアルの顔がさっき一度扉が閉まった時とは全然表情が違ってて。
2615

くそー、またFAに泣かされてしまった。
原作だとアルの「君」のセリフがすごくさみしくて、この子はエドを知らないんだっていうのがすごく淋しかったんだけど。
アニメのアルはやっぱり「君」であってエドを知らない事は同じなんだけど、それでも本当は連れって欲しかったんじゃないかって。エドに対する何らかの感情があって、それがすごく嬉しかった。

そう、このシーンが嬉しかったんだよっ。
原作では、アルが扉の前にいた衝撃、ちゃんと生きていた事が嬉しかったの。
だけど、アニメではもう既読者はそれを分かってるから。
その上で、エドの必死さと、アルの揺れてる気持ちが観れたのが嬉しかったの。
すごく嬉しかったの。
ウィンリィより先に、エドに嬉し泣きさせられちゃったよ(笑)。

今まで、このシーンを見るためにFAを見るとか思ったこと無かったんだけど。
(だってそれさえ見たらあとは用無しって言っているようでイヤなんだもの)
でも、今回このシーンが見れて、本当に本当にアニメ化されて良かった。
これからもどんなびっくり箱が待ってるのか、すごい楽しみ。

 

・ここで次回はオリジナルストーリーですか? 
というころで、アルの頭をエドがなでなでするシーンは再来週に持ち越しか。
 
ピナコばっちゃんの声誰がやるんだ? まさか麻生さんには無理だよなぁ。いくら身内でもウィンリィってわけにはいかないから、やっぱりサラの声の人かな。
2616

ところで。この子。もしかして、もしかしなくてもやっぱりトリシャだったりするのか????? 
2617

だって栗色の髪だし、目元がアルにそっくりだよ(検証の為反転)。
2618

オヤジ、ロりコンだったのか? しかもメロメロなんだよねぇ(笑)。
やっぱりちゃんと鷹森さんがやるのかなあ。昔は可愛い女の子の声とかもやってたから、まだまだいけると思うんだけど。「アルペンローゼ」のジュディとか好きだったなぁ。

そういえば次週からかな? 新しいOP&EDは。
そこでこの話って。やっぱりEDはホー&トリシャだったりするのかな。
♪君と半分ひとつの幸せ の歌詞でこの写真が来たりとかいかがすか?(笑)
2619

はてさて、どんな絵がくるかなぁ。

脚本=土屋理敬
演出=池添隆浩
絵コンテ=池添隆浩
作画監督=永作友克

« 珍しい掘り出し物 | トップページ | 録画ランキング »

コメント

若きピナコの声は小山茉美さんがやるそうですよ
10月11日(日)17:00~17:30(予定)
TVアニメ MBS・TBS系「鋼の錬金術師」
第27話「狭間の宴」 若きピナコばっちゃ

http://koyamamami.com/mamick01/infor.html

マミちゃんですと!!
おお、なるほどイメージだ!!
漢気のありそうなあの声なら確かに雰囲気ありますね。
昔「イズミ幻戦記」のドラマCDで演った翠の声とかイメージだなぁ。ってそんなマイナー処を言われてもですね。
情報ありがとうございます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

» (アニメ感想) 鋼の錬金術師 -FULLMETAL ALCHEMIST- 第26話 「再会 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 3(完全生産限定版) [DVD]クチコミを見る “お父様”に会うため、グラトニーと共にホムンクルス達のアジトへ向かうアルとシャオメイ。途中、シャオメイを探すメイとスカーも、彼らの後を追い地下へと潜入する。一方、グラトニーの腹の中で....... [続きを読む]

« 珍しい掘り出し物 | トップページ | 録画ランキング »