« 読売新聞英字版 | トップページ | 鋼の錬金術師FA 第29話「愚者の足掻き」感想 ネタばれあり(原作ネタばれ含む) »

lapis philosophorum

オリジナルサウンドトラックに収録されている「lapis philosophorum」に単語を、ネット上で、羅日辞典や、羅英辞典や、あとはググりまくって調べてみました。
だがしかし。うまく文章に繋げらんないのよ。
英語だって長文読解苦手だってのに、ラテン語なんて無理っ。
自分用には自己流に意訳して、「こんな意味かなぁ」っぽいものは作ったんですけどねぇ。

単語の意味を載せときます。
訳を見つけたサイトによって、英語だったり日本語だったりごちゃまぜになってます。
どう繋げるかはご自分でドゾっ。
リピート部分は乗せてません。

あ、ちなみに単語の意味を取り違えてたとしても当方はいっさい責任持ちませんので。

Lapis philosophorum lapis ruber lapis quantus
sacrificium vis caputo felicitas

lapis = 石
lapis philosophorum = 賢者の石
ruber = 赤い
quantus = どのような・どれくらいの
sacrificium = 犠牲
vis = 欲する(2単現)・力
caputo = 頭・首都
felicitas = 幸福

Debes sapio debes ibi multa miseria tua retro
calamitatis hubes saputo felicitas

debes = しなければならない
sapio = 物事の真理を探る・賢明である・味わう
ibi = そこに
multa = 多くの
miseria = 悲惨
tua = 貴方
retro = 後ろ
calamitatis = 災い
habes = 持っている(2単現)
saputo = 味わう・知る・理解する
felisitas = 幸福

Ubi es inpedis terra e tem pus anteactus
sapies eo quam erant cadaveris infinitatis,

ubi es = When are
inpedis = 怒り
terra = 大地
e = out of
tem pus = tempus(時間)の誤記?
anteactus = past
sapies = 物事の真理を探る・賢明である・味わう(未来時制)
eo = to go
quam = how
erant = were
cadaveris = 死体
infinitatis = 絶え間ない・永遠

Spectra mortuus spectra si denuo desiderium
sapies habebis tueri sanguinem brachi pedis rubus,

Spectra =亡霊達
mortuus = 死
si = もしも
denuo = もう一度
desiderium = 切望・後悔
sapies = 物事の真理を探る・賢明である・味わう(未来時制)
habebis =持つ(未来時制)
tueri = 見る
sanguinem = 血
brachi = 腕
pedis = 足
rubus = 赤

Lapis philosophorum, lapis ruber affecto quam res...?

lapis = 石
lapis philosophorum = 賢者の石
ruber = 赤い
affecto = 熱望する
quam = よりも・than
res = 事柄・行為

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST Original Soundtrack 1

Lapis philosophorum lapis ruber lapis quantus
sacrificium vis caputo felicitas
賢者の石 紅き石 どのような石なのか
犠牲を欲し、頂きに立つ者のみに幸福を与える

Debes sapio debes ibi multa miseria tua retro
calamitatis hubes saputo felicitas
賢明であれ 幸福孕むその災いは悲劇しか生まない

※Ubi es inpedis terra e tem pus anteactus
sapies eo quam erant cadaveris infinitatis,※
いつ、大地の怒りは過ぎ去ったのか
地表を埋めつくした死者はどこへ行ったのか

※~※

Spectra mortuus spectra si denuo desiderium
sapies habebis tueri sanguinem brachi pedis rubus,
死者はよみがえらない もし望めば手足は赤く血に染まるだろう

Lapis philosophorum, lapis ruber affecto quam res...?
賢者の石 紅き石 それでも望むか否や?

« 読売新聞英字版 | トップページ | 鋼の錬金術師FA 第29話「愚者の足掻き」感想 ネタばれあり(原作ネタばれ含む) »

コメント

どうもこんにちは!nonoです。

ここまで調べたというのはすごいですね、お疲れ様です!!
何となく興味があったのでちょっとお手伝いできないかと思ったのですが、ラテン語って語順が自由なんですね。難しいですねー。

>Lapis philosophorum lapis ruber lapis quantus
sacrificium vis caputo felicitas

この文で動詞が無いのが気になって調べてみました。
ひょっとして、visは「力」じゃなくて「vivere」(=英語でlive、仏語でvivre)の活用だったりしないでしょうか??
(確信は持てないのですが、一応そういう風な活用もあるっぽいです。 vivsかも知れませんが、仏語vivreの活用にvis,vitなどがあるので…)

そうすると他の文と同じような位置に動詞が入って構造も揃いますし。で、「賢者の石よ、赤い石よ、どれ程の犠牲が至高の幸福をもたらしているのだろう」みたいな感じですか?
全然違ってたらすいません^^;

横槍失礼しました…

こんにちはnonoさま
そうなんですよー。
そもそも、この歌詞が1行で切れているんだか、2行で1文なんだかも分からない処へ来て、語順は不明だし、動詞自体が1人称・2人称・3人称で変化するから主語省略が出来るだとか。ていうか、1つの動詞が20通りも30通りも変化するって何ごと??
決まりごとが多すぎっ。

あ、「vivere」! スペイン語にもある、ある!
「live」の意味でラテン語にもありましたっ。
でも活用はない…っぽいかなあ。
vivo, vivere, vixi, victum
「vis vivere」で検索すると。
「si vis vivere」というのが引っかかってきて。
「もしも生きたい(暮らしたい)なら」みたいな意味なんです。
となると、「want」? に近い? と思って調べたらありましたっ。
「volo」(欲する)
http://homepage1.nifty.com/suzuri/memo/la061.html
どうしてこれが「vis」に変化するのよ…orz

ありがとうございました。あとで直しておきまーす。

管理人様、はじめまして。
私はマイオリ応援ブログをやっているみやのみきと申します。
ハガレン・千住明さんのサントラをようやく手に入れて聞き、ずっと気になっていた歌詞がCDブックレットに掲載されていて、夢中でその意味を調べているうちに、こちらのブログにたどり着きました。
丁寧な辞書を紐解かれた努力、素晴らしいです!判り易かったです。
僭越ではありますが、私のブログで、賢者の石の歌詞の再構築いえ翻訳もどきをさせていただきました。
事後報告になってしまい恐縮ですがよろしくお願いします。
それでは。

>みやのみきさま
はじめまして
どうぞ、ご自由にお使いくださいませ。
現在、「Trisha's Lullaby」の方も解読中なんですが。
忙しいのと、意味不明な単語が多いのとでまだ進んでいません。
解読しだいそちらもアップ致しますので、少々おまちください。

マイオリ…。すみません。一瞬分かりませんでしたっ。そうか、そう略すんですか。
もうすぐ登場ですね。誰が声を当てられるのかなぁ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: lapis philosophorum:

« 読売新聞英字版 | トップページ | 鋼の錬金術師FA 第29話「愚者の足掻き」感想 ネタばれあり(原作ネタばれ含む) »