« lapis philosophorum | トップページ | 11月1日 »

鋼の錬金術師FA 第29話「愚者の足掻き」感想 ネタばれあり(原作ネタばれ含む)

ネタばれ回避文です。
今回のサブタイトル「愚者の足掻き」は、本来原作ではグラトニーの中でエドが抜け出す方法を見つけ出すまでの話に付けられたタイトルです。
21話の「愚者の前進」でロイがハボとリザから「馬鹿」呼ばわりされる話(と書くとひどい言いようだな)だったから、「愚者」=ロイ に統一したかったのかしら。

全体的に今日は作画悪め。妙に平べったくてふっくらし過ぎ。ランファンとウィンが顕著だったな。と思ったら初めての作画監督さんでした。結構如実だ。でもアルの表情が可愛かったので許す(爆)。

・OP気が付かなかった。最初エドが倒れている時は雨が降ってるのに。アルがエドを助けてる処では青空が見えてるのよね。エドがらみの部分は全てエドの夢(=心象風景)だとするなら。くすくすくす、アルがいれば心は晴れ、ですか??
2901_2


・あ、あれ? エレベーターってこの時代背景(産業革命のイギリス)で、もう普通なんだっけ? エドもアルが驚いてる風じゃなかったけど。と一瞬思ったんだけど、あったわ、あった。産業革命後期くらいのドラマでエレベーター出てたわ。ドアが檻みたいになってるやつが。確か操作はボタンじゃなくてレバーだった気がするけど。
しかも普通にエレベーター出口から出ている処を見ると、本来の箱を最上階とかでストップさせてその間に割り込ませてる? それじゃあ、エンヴィー達が降りた後にうっかり一般の軍人が乗り込んだらどうするんだろ? あ、それともアレか。軍上層部のみ使用可能な専用エレベーターか。
こんな事でいちいち悩むのは私くらいですか? そうですか。


・お約束のシャワーシーン。ほどいても三つ編みの跡がふんわり残っているあたり、エドはクセ毛設定なんでしょうか? エロっぽさはないんだけどイロっぽさはあるんだよなぁ。
2902


・「そうか、身体はあるんだ。よし、よしっ」。もう、もう、もう、このアルが可愛くて可愛くてっ。も、すっげぇ嬉しそうなんだもん。しかもさらにこの後にエドの「よしっ」が繋がるのがさっ。
単純にアンテナが立って準備OKって意味かもしれないけど。アルにつられてつい声に出てしまったみたいにも聞こえてさ。なんかこっちまで嬉しくなってしまって、画面前でヂタバタしてしまったよー。


・モザイクとかアホな真似されたら嫌だな、と思っていたら、アルの手で上手い具合に隠れてましたな。
笑った、笑った。つうか、兄さん腰に手を当てて堂々とし過ぎです。そんなに自信あるんすか?(笑)
2903


・「いや~ん」は女性声優ならではの手だよなぁ。女声だって分かっているから普通に笑って済まされるけど。これが男性声優だとちょっとキモさを狙った感じになっておいおい腐狙いかよって引くかもしんない。


・ところで。
賢者の石を使った事、エド言ってないんですけど!! アルがガリガリだった事も。
アルにとって希望に繋がる情報しか教えないってそれ過保護過ぎだろっ、兄さんっ!
そんなに不安要素は与えたくないのか?
それとも、賢者の石は使わないって決めたはずなのに使ってしまったから言いづらいのか?
そうやって1人で抱え込むから、アルがまた余計に気を使う事になるんじゃないの?


・アルの椅子がない! と思ったらこの柳行李みたいのがアルの椅子だったのね。
2904


・この噴出しは個人的には正解。篭りすぎて何て言ったのか一瞬、分からなかったんだもの。
2905


・「いらんと言うなら斬って捨てるが」。この主語がない処が上手いんだよね。ラースの方がまだまだ一枚も二枚も上手。音声とBGMが入るとまた迫力が違う。


・剣をゆっくり抜く様がいいなぁ。これは未読者向けの演出。抜いた後、血痕が一滴でもないものか確認している処まで入れてくれたのが嬉しいっ。


・ポケットから即ジャラ銭出したら褒めてやるっ。って思ってたら本当にそうだったよ! おやじくさーーーっ。 あれ? 褒めるんじゃなかったのか?
いや、褒める、褒める。すごく増田らしかったですよ。
男の人ってなんでこうだらしないんだろう、の見本のような行動?
ここで札束の入った財布とか、ちまちま小銭入れから出されるより、ずっといい、いい。自然。
これがブリティッシュスタイルのスーツだっていうならスタイリッシュに見えたのかなぁ。まあ所詮増田は増田ですから。
一応軍服なんだから、本来は小銭をそんな処に入れたりはしないと思うんだけどね(例えば偶然敵と遭遇。急遽臨戦態勢に入った時、ポケットからチャりンって音で敵方に居場所を知られたらまずいじゃん)。


・ノックスさんの住所聞かないの? って思ったけど。考えてみたら一度ロイの車で寄ってるんだよね。知らないわけじゃないんだったわ。


・「何を今更」。え? ここでも言ってたんだっけ? と思って原作ひっくり返してみたらありました。なんだかすごく印象的だった。ピンと張り詰めていない感じ。女性的? 柔らかくて。「もう、馬鹿なんだから」って言ってるような、そんなニュアンスがそこはかとなくあって。え? ロイアイ? 
えーっっ、いつのまにっ!!! て感じだったんですけど。
そういえば、原作だと、中央司令部に入る前にリザが髪留めしてロイが上着を羽織るっていう取りようによっては深読み出来る描き方してたっけ。それに乗っかってみた感じ?


・「惚れてた」事に気付いた女の子、の態度だねぇ。受話器のコードを指に絡めたり、受話器を持ち変えてみたり、色んな仕草からにおい立つ感じ。軽口言っててもどこかしおらしい。
指にコードを絡める仕草ってのは普通あんな速度ではやらないと思うがね。


・「どこに寝りゃいいんだ!」いや、電気つけなきゃいいだけで。少なくとも息子の部屋はあるんだろ?


・「ごめんなさい ごめんなさい」が可愛いのっ。
スタッフやくぎみーが意識しているとは思ってないんだけど。
この台詞。昔、人体錬成に失敗した後ロイが訪ねた時と同じだから。あの頃のこっちの胸が痛くなるようなあの台詞を、こんな風に元気な声で言えるようになったんだなあ、と思うとね。ちょっとじんわりしてしまった。


・まだノックスに怒られている最中だってのに、ランファンに駆け寄っちゃうあたり。さすが、荒川先生公認天然たらし(笑)。


・「テコでも動かない目だ。兄さんと一緒だ」。カット。もう一度、フー爺さんの時があるからそっちで言ってくれないかなぁ。


・「行儀の悪い事だ」。この台詞もカットかぁ。皇女相手だろうが上から目線な感じが好きだったんだけどなぁ。


・「えっと、メイ・チャンだっけ?」。あ、そういえば発音そっちなんだっけ。すっかり忘れてた、つい「メイちゃん」の発音で読んじゃってるんだよねぇ。


・シャオメイがまた可愛いっ。この不敵な笑みとか。生意気にも爪立ててるのよ、爪っ。一緒になって頭抱えたり、ピヨピヨしたり、歯を剥きだしたり、しがみついたり。可愛い過ぎっ。掃除のお手伝いをするシャオメイもかわゆすっ。
2906


・最近はすっかりギャグシーンも話に馴染むようなものになってきたよなぁ。緩急も上手い。「病人は万国共通で病人だ」がきっちり生きてる。


・このアルがまた可愛くてっ。
片手で持っても小さく見える写真なのに、それを大切に両手で持ってさ。無言で睨み付けてる。
家族が一緒に暮らしていない云々はカットかなぁ、来週のイシュヴァール話導入に使わないかなぁ。
2908


・「片付けたらコーヒーでも飲んでけ」。飲めないけどね。ってツッコミを入れたくなる処なんだけど。こんなに汚れた部屋なのに食器棚には綺麗に並べられたお揃いのカップが三つ。ほら、やっぱり大切なんじゃないか、って。そっちにツッコミを入れたくなる。


・原作では町並みは普通に直していたのに。国家錬金術師様相手じゃ誰も文句言えなかったんだろうか? あ、憲兵の一人がハンカチで拭いていたのは、嫌な汗が流れていたせいか?
2909


・「実は午前中近場の錬金術師に~」。ちゃんと大総統執務室で、この頃は1時前になってますのよ。
2907


・「錬金術師さん ありがとう」本当に? 本当にそう思ってますか? そこの奥さん!! 
やっぱりエドとお父様の趣味は似てる気がする。


・もしかしたら「狭間の宴」でホーエンハイムが目を覚ました時の、あの鳥達だったりして、と夢想してみたり。
2910


・「中尉に返さなきゃ」。スタッフ!!!! お前らメチャクチャ楽しんでるだろ!(笑)
あそこでEDがかかって映像が通常バージョンと違うし、歌詞が違うし、歌詞テロップ無いし。「こりゃCパートあるな、お、そうかリザっちの背中ね、わくわくっ」と思わせておいて。

オヤジかよ!!!

しかもこのEDのメロディラインからいったら「「君が神に見える」でフェードアウトかな」と思わせておいて。

EDぶった切ってそれ入れるのかよ!!!!

わはは、いやー、受けたわ。
2度も予想を裏切って既読視聴者を手の平の上で転がしてくれやがる(褒めてます)。
スタッフに原作ファンがいるからこそ、こんな荒業を思いつくんだろうな。


次回の脚本は、ひさびさの大野木さん。2ヶ月ぶりくらい?
次回は、14巻最後のリザのシーンから、15巻のほぼ全域よね。きっと。
確か前も、原作話数の多い回の担当だったよなぁ。
これはもう、シリーズ構成の責任ってことで、原作大まとめの回は大野木さんが担当って決まってるのかしらね(笑)。

脚本=水上清資
演出=筑紫大介
絵コンテ=大原実
作画監督=小林祐・橋本和紀

« lapis philosophorum | トップページ | 11月1日 »

コメント

こんばんは。「愚者の足掻き」は、原作だとエド達がお父様と初めて対面してからリンがグリード化するまでですよ〜。

いやぁやってくれますねスタッフ。リザの背中で引きだろうと思っていたワクワク感を返していただきたい(笑)
30話は14巻のラストと15巻のほぼ全域、ですよね…。大野木氏はどうまとめきるのでしょうか。1話で収めるには範囲が広すぎるだけに若干不安です。シリーズ構成の方なので要所は押さえてくれると思いたいです。
でも個人的に石平さんのコンテ回は好きなので期待してみます(笑)
大体半分まで来た所で15巻までを消化。原作終盤戦をじっくりやってくれるのでしょうか。

こんばんは。今回は随分ゆっくり目のペースで話が進んだ感じでしたね。それにしても最後のパートにはやられましたね。なんだか行き着けの飲み屋の姉ちゃんに抱きつこうとしてスルリと身をかわされ「また来てね♪」と言われたオヤジになった気分です。残念(笑)

>knkさま
こんばんは 
あ、いかん。アップする前にそこは最終確認せねばと思っていて忘れてました。ご指摘ありがとうございます。
ええ、もう、あの流れだったら、絶対リザっちの背中だと思っちゃいますよね。蛇の生殺しだっ。
15巻でも、スカーの過去はすでに放映済みなので多少は楽かなとか? ロイとリザの過去は端折って敢えて別に時に語るなんてのも出来るかな? とか原作を読んでは色々夢想してますが。さて、どうなるんでしょうね。
私も石平さんのコンテ好きですっ。
今期「FAIRY TAIL」の監督をされているから、鋼のお仕事が減っちゃうのかしら?ってちょっとやきもきしてますーっ。
気がつけば、FAももうすぐ折り返しですものね。早いものです。

>丙午さま
こんばんは。

おやじーーー!!(笑)

いやもう、踊らされまくりです、はい。
Cパートじゃなかったってことは、逆に今日放送分のアバンになったりするんでしょうかね?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« lapis philosophorum | トップページ | 11月1日 »