« ガンガン2010年2月号 鋼の錬金術師第103話「誰のために」ネタバレ感想 | トップページ | 鋼の錬金術師FA 第45話「約束の日」感想 ネタばれあり(原作ネタばれ含む) »

あらかじめ失われた祖国

マンガを読んだ時に分かったつもりでいた。
けれど、FAを見て本当には分かっていなかったんだな、と気づかされる事が多い。
その一番は(今の処)、エドとアルが、あらかじめ祖国を失われた子たちだったんだ、という事実。
 
ホーエンハイムの過去回想で、エド達と同じ金髪金眼の人たちの姿を見て、初めてそれに思い至った。
この子達は、生まれながらにして故郷を失っているって事に。
 
彼らは。二度、故郷を失っているんだ。
 
一度目は我が家に火を放ち自ら捨て、二度目は知った時にはすでに失っていた。
 
イシュヴァールの民が同胞の血を大切にする姿は、彼らの目にどう映っているのだろう。
 
クセルクセスの歴史、クセルクセスの言葉、クセルクセスの風習、クセルクセスの生活。
クセルクセスではどんな風に朝日が見え、どんな夕陽が見れるのか。ガラスの無い窓からどんな風が入るのか。
どんな衣服を身につけ、どんな商業が盛んで、日頃人々はどんなものを食べていたのか。
アメストリスには無いクセルクセス特有の言い回しはあるんだろうか?
「おはよう」「ありがとう」は何て言うんだろうか。どんな文字を書いていた? 流行っていた歌は何?
ホーエンハイムから過去の事を聞く事は確かに出来るだろう、けれど。
それらを、身をもって経験する事はもう出来ないんだ。
 
クセルクセス人ならではの特徴をその身にまといながら、かの地で育てば自然に身についたはずのものたちを得る事はもう出来ない。
この子達は、シャンバラにいるあの子たちと同じ、永遠の異邦人なんだ。
 
ならばこの子達もまたあの子達と同じように、今のこの時間の流れの中でこの世界の人達と関わって生きていくだろう。
  
今は目の前の戦いでいっぱいいっぱいで、そんな事まで考える余裕なんてないんだろうけど。
だけど全てが終わったら。
リゼンブールという故郷に帰ったあとに、もうひとつの故郷を、エドとアルとホーエンハイムの3人で花を手向けに里帰りする姿が見たい、そんな事を思った。
 
そんなセンチメンタリズム、原作のエド達じゃ蹴飛ばしそうだけどね。誰か同人誌で描いてくれないかなぁ(笑)。

« ガンガン2010年2月号 鋼の錬金術師第103話「誰のために」ネタバレ感想 | トップページ | 鋼の錬金術師FA 第45話「約束の日」感想 ネタばれあり(原作ネタばれ含む) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あらかじめ失われた祖国:

« ガンガン2010年2月号 鋼の錬金術師第103話「誰のために」ネタバレ感想 | トップページ | 鋼の錬金術師FA 第45話「約束の日」感想 ネタばれあり(原作ネタばれ含む) »