« ガンガン2010年3月号 鋼の錬金術師第104話「世界の中心」ネタバレ感想 | トップページ | 鋼のブログパーツコレクション »

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST Original Soundtrack 2 のジャケット絵

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST Original Soundtrack 2 のジャケット絵がAmazonに掲載されてました。
気づかなかったよ。
「1」よりもちょっと光のあたるところに出て、ピアノを横に指揮のイメトレっぽい絵。
  
てか。そうじゃなくてっ。
 
こ、これって。これって、もしかして!!! 「ランプトンは語る」のオマージュ????
「ポーの一族」の「ランプトンは語る」をどこか彷彿させるんですけどっ。
なぜ「ポーの一族」?

エドとエドガーの引っ掛け? 確かに、朴さんエドガーもラジオドラマで演じたけど。
永遠の命とかそのあたりをかぶせてるんだろか?
管野さん、インタビューの予定はないんですか? インタビューは!!!! むちゃくちゃ気になるじゃないすかっ。
 
物語の中で、「ランプトンの肖像」を模し、肖像の中のランプトンと同じポーズをとったエドガーが、椅子にうまっている絵からはじまる連続絵が登場する。
そういえば、「1」の絵、ふてくされた感じとか似てないこともない?
  
エドガーのは見つからなかったけど、本物の「ランプトンの肖像」があったので↓
http://pinkchiffon.web.infoseek.co.jp/Dorian/lambton2.jpg
 
椅子の横に立つ絵、椅子を離れ窓辺に近づいた絵、と徐々に外へ向かう肖像画が続き、最後は「ランプトンのいない部屋」で終わるんだったかな。ごめんうろ覚えだわ。
家に帰ればコミックスがあるんだが。

自宅のコミックスひっくり返してみました。
ポーズ違いで椅子に座るランプトン/椅子に寝ころび本を読むランプトン/椅子のフチに座るランプトン/椅子の前に立つランプトン/壁の前に立つランプトン/火のそばのランプトン/階段の下に立つランプトン/窓のそばのランプトン/庭先のランプトン/ランプトンのいない部屋 で終わります。
  
エドも、暗い室内から、徐々に光のある方へ移動していくのかな。この続きあと2・3枚は連続絵で見たいぞっ。
んでね、んでね。最後の一枚はやっぱりエドのいない部屋の風景で、ジャケットをひっくり返すと生アルと二人の肖像とかだったら萌えるっ。 
……まあそれは無理だとしても、キャラクターがオーケストラピットに勢ぞろいとかはありそうかなぁ。

勝手にランプトン、ランプトン言ってますけど、ホントにそうだっていう保証はないですけどね(笑)。
 

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST Original Soundtrack 2
TVサントラ
アニプレックス (2010-03-24)
売り上げランキング: 1220

 
 

« ガンガン2010年3月号 鋼の錬金術師第104話「世界の中心」ネタバレ感想 | トップページ | 鋼のブログパーツコレクション »

コメント

うっわ、かっこいいなぁ~
これはあたしの友達が
萌えそうなエドですヨ。
でも私もキュンと来ちゃいました。

>高橋七夏 さま
じゃあ是非お友達にプッシュ、プッシュ。
実は良く見ると未だ、シャツのボタンが下の方しか留っていないんですよねー。
まったくなんなんでしょっ、このオフィシャル同人絵ってば(笑)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST Original Soundtrack 2 のジャケット絵:

« ガンガン2010年3月号 鋼の錬金術師第104話「世界の中心」ネタバレ感想 | トップページ | 鋼のブログパーツコレクション »