« 鋼の錬金術師FA 第51話「不死の軍団」感想 ネタばれあり(原作ネタばれ含む) | トップページ | 鋼の錬金術師FA 第52話「みんなの力」感想 ネタばれあり(原作ネタばれ含む) »

ガンガン2010年5月号 鋼の錬金術師第106話「傲慢の深淵」ネタバレ感想

ネタバレ回避文です。
PCで「しんえん」って打つと、最初に「信念」が出てきたよ。
いや、分かっていたんだけど、IME(他もそうだと思うけど)ってレゾナンスまで対応してあるんだよなぁ。
すげっ、っと思った。
 
 
ということで感想です。


・「地殻エネルギーと術者の間にワンクッション 何かもうひとつの要素があるのではないかと考えた」
やっと。やっと回答が出たよ。
長かったぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ。
ということで、シン国の人が言っていた地下を人がはいずり回っているような感覚の正体は賢者の石だった、という事で落ち着きましたよ。
はぁぁぁぁぁぁぁ、やっとすっきりしたよ。
 
でもやっぱりこれ説明不足で、二つの意味に取れるんですけど。
エド達が錬成しようとすると、お父様の賢者の石が、地殻エネルギーを相殺させているって意味なんだろうけど。
賢者の石がゴロゴロ転がっていて、エド達は地殻エネルギーを使っているつもりが賢者の石を使わされているって意味にも取れません???
まさか、後者……じゃない……よねぇ?????(笑)
 
ということで。
前に錬成光で見えてくるもの、見えないもの(アニメ・原作ネタバレ含む)って記事にあげたんだけど。
  
地殻エネルギーが覆い隠されてるって部分はとりあえず当たりって感じでいいのかな?
その記事の中では、「地下にあるのは賢者の石にあらず」って結論を出していたんだけどね。
すでにお父様の内部で賢者の石から変換させたエネルギー状態のもので覆われてるんじゃないかと思ってたいので。
  
だってそうすれば、上に書いたような二つの意味にならず、混乱は起きないでしょ?
一応「錬金術封じ」というのが「賢者の石を使わせる」という理屈と相反するから、成り立たないだろうなっていうのは分かるようにはなっているんだけどね。
 
あくまでも賢者の石はお父様が使う為に張り巡らされたもの、とするのであれば。
それは常に錬成中でなければならない。
でなければホントに、錬金術師達が今までもその賢者の石を使ってしまった可能性が払拭出来ないから。
といういことで。その当たりをきちんと描いて貰えないだろうかのう。
 
蛇足:
エド達が本当に賢者の石を今まで使っていたのだとしたらそれはそれで面白いんだけどなぁと一時ちょっとシュミレートした事がありまして(笑)。
  
つまり、賢者の石は1つだけだと大した力はないけれど、地下とその手の二つを手にした場合、万華鏡のように、互いが互いを共鳴させ合い無限の力に膨れ上がる、なんてのは面白いだろうなあと。
水島版の死んだ人の命が錬成エネルギーになるって理屈とも上手く重なるし、カタルシスとしても面白い。
 
でもその場合、色々制限が必要で。
どんなサイズの賢者の石だろうと必ず一度に使えるのは1のエネルギーじゃなければならなくなるのよね。
だってひとつの賢者の石に2のエネルギーがあったら二つもいらないって理屈になるじゃん?
賢者の石が無くとも、地下の賢者の石だけで、力は無尽蔵。
そうならない為の縛りが必要になってくる。
  
それにもし本当にそうだとしたら、FAでは、おそらく賢者の石を手にした錬成光は紫とかにしたと思うし。
地下の青と手の中の赤で、発動すると紫、みたいなね。
それが無いってことはやっぱり、違うんだろうなぁって事で却下しました。
 
 
 
・「すげえ!! 軽く錬成しただけなのにこれかよ!!」
つまり今まではずっとリミッターが付いていたって事。
100%の力を出していながら、100%の力で攻撃していたわけでは無かったと。

エドvs.スカーは最終的にエドは互角に戦える程度まで強くなっていたわけで。
となると、エドやアルの本来の錬金術師としての力量って、スカーやメイが遠く及ばないほど強いって事じゃないのか???
 
それって、賢者の石を使った場合とどっちが上なんだろう?
 
賢者の石が人の命のエネルギーというなら、地球をひとつの生命体として見る事が可能ならこれもまた命のエネルギーだと言える。
人の魂は賢者の石という形に成形出来るけど、他のものは携帯タイプ(笑)が無いから、人の命を使ったとか、まさかそんな事はないだろうなぁ。
やっぱり、賢者の石の方が上なのかなぁ。
 
 
 
・「どけ!! グリード!!」
何をしたって死なない相手だと分かっているから、溶鉱炉(おそらく)をひっくり返したって事だよね。
エドの戦いは「殺さず」を貫ぬく事。ゆえに彼の戦いの基本はボコる。
だから、FA52話では、不死の軍団の足を切り落とす事への葛藤が描かれていた。おそらく自分に片足が無いからこそという気持ちもあっただろう。
それは、私にとってすごく納得する絵だったのだけど。
 
片や原作では、本来、人なら死ぬであろう攻撃まで繰り出している。
分かってる、死なない相手だって事はちゃんと分かってる。
こっちも死に物狂いで攻撃をしないと勝てない相手だってことも。
でも、プライド相手にすら「殺さず」を貫いたエドなのに。
そこに葛藤は無かったんだろうか?
 
 
 
・「無事だったかイズミー!!!」「あんたーっ!!!」
大佐が吹っ飛ばされるのは、お約束っ(笑)
ところでこの間、アル達は先に行ってても良かったんじゃね?
 
 
 
・「君はまだ闘えるか?」「はい!」
キターーーーーー!!!!! ついについに、マスタンゴくんの反撃だぜっ。
やっぱり、鷹の目が、ロイの目の代わりになるって感じなのかなぁ。
うーんどうやって戦うんだろ?
 
予想1:リザがロイの背後に立ち「右舷前方20度」と口頭で照準を指示
予想2:リザがロイの横でロイの腕を動かして射撃指示
予想3:ロイの右腕をリザの左肩に乗せ、ライフルよろしく照準を定めて射撃指示
予想4:リザの背中の刺青もまた、スカー同様復活させてあった。さあ、今こそ真の焔の錬金術発動!!!
 
・・・・・・どれがお好みですか???(笑)
 
 
 
・「満足した顔しやがって……腹が立つ…!」
自分はお父様の下にいることが嫌で嫌で反抗して反抗しまくって、今の居場所を手に入れたのに。
ラースは、お父様に反抗する事なく満ち足りた死を迎えた。
自分はお父様から身をひそめるだけで何もしなかった100年間。
その間に彼は、レールの上にありながらも、自分が本当にしたいことをし、強欲に生てきたんだろう。
 
強欲が聞いて呆れる。
多分、おそらくグリードはそんな気持ちだったのかなぁ。
 
 
 
・「生みの親に従うのは当たり前じゃないですか」
その常識はどこから来た? 人を生まぬ人造人間よ。
人造人間が何故、人間の教えに縛られている?
人間を下等だと見下しながら、何故、そのことに気づかない?
比較されて自分の方が低いと言われれば腹が立つ。
図星を突かれればキレる。
人造人間だって、同じじゃないか。
 
 
 
・「怨嗟の声など私には子守歌に等しい!!!」
そーゆー奴だよね、あんたって奴は(笑)。
先日(4/11)のFA52話がちょうど、キンブリー食われた回だっただけに。
まさかここでこう来るとは……。
「貴方美しくない」。
ホントにこいつは、これだけなんだなぁ。
すべての事柄が自分の美学に優先される。
敵ながら天晴れだわ。
「殺す? 貴方エドワード・エルリックをわかっていない!」
上っ面ではなく、社交辞令でもなく、
本当にエドやアルの理屈に耳を傾けて、こいつは聞いていたんだ。
だから、エドにとっての美学が何なのかが分かってる。
 
 
 
・「自身を賢者の石にして」
また、無茶して命縮めやがって。
アルに知られたら、全力でブッ飛ばされる覚悟が必要だと思うよ、うん。
初めて自身を賢者の石に見立てたのは、鉄骨が突き刺さった時。
自身を賢者の石にするというのは、別に本当に身体が賢者の石になるわけじゃない(笑)。
賢者の石=魂なのだから、その魂を一度賢者の石に介することなく直接エネルギーを引っ張り出すということ。
つまり、賢者の石が血管から入りやすいとかそんなことじゃなくて、万能な増幅装置でもって錬成を行っているということ。
 
つまり、この技を使えば真理の扉を開く事も可能だということ。
 
 
 
・「私の中に入ってくるなぁぁぁぁぁぁ」
最後に浮かんだのは、お父様ではなく、義父と義母。
   
走馬灯とは、どうすれば助かるか総動員で探そうとする脳の動きなのだと言う。
夫人が全身で彼を庇った車の事故が頭を過ぎる。
  
本当に愛していたのは誰だった?
おまえがすがりたかったのは誰だ? 
今、お前は誰に、助けを求めている?
  
キンブリーの気障ったらしく振る帽子が、そんな事を言っているように見えた。
そして、Good Luckと。
莫迦野郎、美味しいとこ持って行き過ぎだ、キンブリー(泣笑)。 
 
 
 
・一枚絵
前号でさんざん、見開き一枚絵について描いたけど。
そう、そうなんだよ!!!!! まさにこれだ、これっ。
情報量はこのくらいがちょうどいいんだっ。
瞬時に情報が全て飲み込める。
そうでなくちゃ、一枚絵にする意味が無いっ!!
 
 
 
・「そこで待ってろ バカセリム」
まるで、セリムのお兄ちゃんみたいな台詞。
やんちゃした弟に、一緒に母さんに謝ってやるから、ちょっと用片すまで待ってろって。
セリムはもう一度生き直せるものなんだろうか?
記憶は? 感情は? どうなるんだろう?
 
  
 
・「では人造人間からは何ができる? 何を生む?」
ホーエンハイム、それは卑怯だ。
そんな事は究極の存在にならずとも、はなからだろうが。
そのどん詰まりの生命体として産んだのは、あんたの師匠であり、あんたの血であって、人造人間に咎は無いはずだ。
 
 
 
・「そうかね? ならば人を産もう」
おのれは、単細胞生物か。
それでもアメーバーのように、自分と同じ姿に分割するのではなく。
腹から生まれるっていう人間の摂理に則った思考なんだよな。
「産む」という言葉からの連想がそうさせたのかもしれないが。
やっぱりどこかで「人間」にこだわっているように思う。
 
 
 
・「肉だ ホーエンハイム 見ろ 肉だ」
わぁぁ、このあたりFAではカットしてるんだよなぁ。
ど、どうするんだろ??
クセルクセス王と、師匠だけ出すのかなぁ。
しかし「肉」とか言われると、戦う司書が浮かぶなぁ。 
 
  
 
・「不老不死だ 見ろ 余はまだ生きている」
フラスコの中の小人が肉体を与えれば、死者すらよみがえる。
けれど、その肉体は別の死者の魂によって創られているんだろ?
こんな人一人の腹の中でさえ、誰かの犠牲を必要とする不死にまだこだわるか、クセルクセス王。
 
 
 
・「フラスコの中の小人!! 貴様……」にやり
よりによって、エドが上がってきた処でっ!
あと一瞬、遅ければエドは無傷で済んだのにっ。
そして、アル! 偉い!! ホントいい子っ。大好きだよっ。
さっきまでメイ・チャンのが手前にいたのに、ちゃんと盾になってあげてる。
アルのそういう処大好きだけど、ホント心配だよ。
 
 
 
・エドの右腕
破壊されたら錬金術が使えなくなる!
いや、命を削るつもりがあるなら、自分を賢者の石に見立てて……ってダメじゃん。
賢者の石は増幅装置なんだから、まず発動させるまでは自力じゃなきゃ。
 
ってことはチョークでもなんでも、とりあえず床に錬成陣を描かなきゃいけない。
血は避けたいなぁ。
あ、メイ・チャンの小刀(なのかな?)。あれ借りればいいか。
 
じゃあそれで………………。 ? じゃあそれ、で……?
 
……今のエドの錬金術の力、すごく強くなってるんだよね。
命削る事になるけど、他人の魂じゃなく、自分の魂を使う事で、賢者の石相当のエネルギーを使う事も、今のエドになら出来るんだよね。
生体練成の勉強だってしてた。
……なら。エドの腕なら。
 
持って行かれたものをわざわざ取りに行く必要なんてない。
今のエドなら、自分の魂のエネルギーで腕を錬成する事って可能じゃないのか?
 
 
 
・ドパ
いや、この効果音はちょっと……。
くぱぁじゃないんだからさぁ。ってアダルティなネタは却下ですか? そうですか。
それはさておきとして。
 
「ドパ」って溢れ出た感じなんだけど、なんかイメージ的に弱い。
もっとこう、「ドワッ」とか「グワッ」とかの方が力強さを感じがある。
なんてのかな。
「ドワッ」が熱湯を放出した感じだとしたら、「ドパ」はペンキの缶をひっくり返した感じ?(笑)
いっそ「ドッ」だけの方が力がある。
 
「パ」っていうのは一瞬を指す擬音。「パっと広がる」「パっと消える」とかね。
あるいは「パァ=手の平が開いた状態」の連想から、開いた状態とか、広範囲をイメージさせる。
 
フラスコの中の小人は、すでに前ページで力を放っている。
そして最後のページで、今度は俯瞰の絵でもう一度力を放っている、ように見える。
けど。
 
穿った見方が許されるなら。
すでに力は放たれているのだから、この音の時にもう一度放ったっていう保証はない、よね。
なら。
 
エド側でこれから何かが起こるその音だったりとか……ないかなぁ。
叙述トリックとしては全然ありなんだけど。
うーん、マンガの表現としてはちょっと苦しいかなぁ。でも、だったら面白い。
 
一瞬で、広範囲に、あの力を避けられる大容量の何か。
 
ここで動ける錬金術師って言ったら、ロイだけど。ロイの錬金術って防御向きの機能無いし。
毒を持って毒を制す……ってこの場合は無理だよなぁ。どっちかっていうと火に油だわ。
 
ってことは、少佐??? うん、少佐だって力は増している。
そもそも少佐の錬金術がないとロイもリザも地上まであがれない。
 
次号、もしかしたら少佐の大活躍から幕開けとかだったり、とか???(笑)
 
 
こうやって次号の展開を考える余地があってこその鋼だよなぁ。
最近それが出来なくてつまらなかったんだけど。
あーでもないこーでもないって先読みするのがやっぱ一番楽しいっ♪
 

« 鋼の錬金術師FA 第51話「不死の軍団」感想 ネタばれあり(原作ネタばれ含む) | トップページ | 鋼の錬金術師FA 第52話「みんなの力」感想 ネタばれあり(原作ネタばれ含む) »

コメント

マスタンゴ君・・・予想1がいいですわ!
ひねりも何もない回答ですね(笑)

ガンガン読んだあとにココで考察読むとなんかすっきりする~
最終回までよろしくお願いします。(って、自分で考えなきゃですよね・・・)

突っ込んでいいですか?
GoodLuck・・・GoodLockになってますよ。

こんにちは。
どれがお好みですか?と聞かれたら答えたくなるので(笑)大佐と中尉ですが…。
2は実際やられたら、というか想像したらなぜか笑ってしまったのでナシで(笑)
ここにきて4はなさそうですし、やはり1が無難ですかね…。でも4つのうちのどれでもないかもしれませんね。二人ともあまり動ける状態じゃないので、どう一矢報いるのか気になりますが心配でもあります。でも楽しみ。

しかし今月号で一番気になったのはセリムの今後だったりします。まさかあんな形で生き残るとは。
ホムンクルスの"本体"というのがよくわからないのですが、お父様は賢者の石を核にホムンクルスを生み出していたんですよね。その賢者の石を破壊しても"本体"が残るということは…?"本体"はそのホムンクルスの本質のようなものなのでしょうか…。しかし再生力を使い果たせばラストのように霧散する…。
ちょっと自分でもわけわかんなくなってきました(汗)

予想5:ロイエド展開がお好みです。
マスタングさんはエドのピンチにかならず現れるスーパーヒーローなので。
これまでロイエドが少な過ぎるのは、壮大なロイエドエンディングへの伏線としか考えられません〜笑

>アメショーさま
コメントありがとうございます。
予想1ですか。手堅くきましたね。
だがしかし。
矢継ぎ早なリザの指示に「ちゅ、中尉もっとゆっくり言ってくれるか、早すぎて追い」「甘いっ。次 左舷後方30度」となってしまう様子が浮かぶのは何故?(爆)

残りあと何回でしょうね。こちらこそよろしくお願いします。

lock? おっと失礼。直しておきまーす。
けどこれはこれで、「幸せ固定」みたいでいいかも?(笑)

>knkさま
コメントありがとうございます。
そうなんですよ。2って文章だとそうでもないけど、想像するとすごく「変」なんです(笑)。
とりあえず来月の発売日まで、色々夢想しまくりですよー。
答えはやっぱり予想の斜め上がいいですね。

おそらくセリムの賢者の石は破壊されていないんじゃないでしょうか。人造人間にとって賢者の石は命です。
だからエドは命を奪わない。エドが壊したのはあくまで、ガワだけ。
人造人間の核は賢者の石であり、肉体の一番の根幹部分だけはお父様によって作られていた。それが本体。
あのウゾウゾや入れ物は、核になっている賢者の石の錬成によって常に保たれている錬成物。だからガワは傷ついてもすぐに治っていた。
多分そんな理屈かなぁと思っています。
ちょっと色々後付け臭い気はしますけどね(笑)。

>通りすがりさま
コメントありがとうござます。
予想5! 来ましたね(にやり)ロイエド展開ですか。
となると、あの攻撃に吹っ飛んだエドを、ロイが抱きとめ……ってのはやっぱりあの目じゃ無理だから、頭から降ってきて「重い」だ「機械鎧が当たった」だ「ちゃんと受け止めやがれ」だやいのやいのと言ってる間に中尉が先に行ってしまい「仕方が無い 鋼の 手伝え」みたいな感じでしょうか(ちょっと即興で作ってみた・笑)。

増田英雄の反撃予想はどれを選んでもイタいと思ったのは私だけでしょうか? 無難に予想1を選ぶところでしたがほぼ100%陸軍アメストリスで『右舷前方…』って!(爆)私としては、予想6:煙幕でお父様の視界を塞いでみんなでボコる。というのはどうでしょう?これだと標準も大分アバウトにできますし…そして『すかしっ屁みたいな爆煙ばっかりだった』と兄さんに後々までネタにされると良いかと(笑)

>丙午さま
お久しぶりですね。コメントありがとうございます。
>どれを選んでもイタい
勿論狙ってますともっ(にやり)。
予想6っ、それすでに「ロイとリザ」に関係なくなってますってっ(大笑)。
煙幕。調べてみたら色々奥が深いです。
「これらは白リン(WP)で満たされており、爆発によって周囲に散布される。」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%85%99%E5%B9%95
白リンが散布!!! マスタンゴの指パッチンで小さなリンがそこかしこを跳ねまわる図が(笑)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 鋼の錬金術師FA 第51話「不死の軍団」感想 ネタばれあり(原作ネタばれ含む) | トップページ | 鋼の錬金術師FA 第52話「みんなの力」感想 ネタばれあり(原作ネタばれ含む) »