« 外伝掲載 | トップページ | 自分メモ用 »

2010/08/13

鋼の錬金術師FA 第64話「旅路の涯」Bパート感想 ネタばれあり(原作ネタばれ含む)

夏コミまでにあげるってホントに夏コミ当日ギリギリになっちまいやがりましたよ。
今日会社から直接ホテルに移動してしまうので、これを逃したら日曜までもうアップ出来ないので。
なんとかこのタイミングで頑張ってみましたよ。

てな感じで、64話、Bパート感想ーっ。行きますっ。
 
・錬成
シャンバラでノーアを助けた時の錬成(出来なかった)シーンを思い出した。
おかしいなぁ、原作読んだときは思い出さなかったのになぁ。錬成の手をアップにするカットがあったからかなぁ。
6400001
 
 
 
・「ま、いっか」
何で「いっか」と思ったかは描かれていない。

原作だと「ま、手間かかるのもいいもんだよな」という台詞になっていて。
錬金術に頼らずとも「ただの人間」はみんなこうやって生きているんだから。
というニュアンスが込められているのに対し。
 
FAはどうだろ?
私には、錬金術と引き換えに守れたものがたくさんあるんだから「ま、いっか」、と言っているように受け取れた。
そしてその一番の要因がこのタイミングでやってくるわけだ(笑)。
 
 
 
・「俺は挨拶回りでくたびれてるんだ、それをウィンリィの奴」
ここら辺がFAの秀逸な処。
この時点で挨拶回りは終わってる、と。
そして、別々にお礼に回ったとは一っ言も言ってない。
さらに、お礼から帰ってきて疲れているエドに修理をさせている。
提示されている条件はこれですべて。
  
さて。
2か月でアルがあの状態だったのだから、アルはすぐにお礼に回る事は出来なかったはず。
そして。
別々にお礼に行くなら、アルの回復を待たずにエドは先にお礼に行っても問題ないはず。
そうなると今度はエドが2年でお礼回りから帰ってきた、のではちょっと時間が掛かり過ぎていないか?
さらに別行動でアルがすでに帰ってきていたなら、さすがにエドを待たずにアルが錬金術で修理しているはず。
 
ふふふふ。てことは。ほら、結論は? 
アルの回復を待って、エドとアルと一緒にお礼に回ったって事じゃない?
こういう、想像の余地をね、残してくれるのが嬉しいのっ。  
 
 
 
・「よっ」
こういうシーンをさりげなく入れる処もいいなぁ。
アルはすっかり回復したんだってわかる。
6400002
 
 
 
・「アップルパイ、焼けたからお茶にしよって」
アルの声で、エドがひょいっと怒りを引っ込めるのが嬉しいーっ。
アルがエドあしらいが上手いのも、エドがアルに弱いのも2年経ってもこの二人の関係は変わってないんだなぁ。
 
 
 
・「今日はまた一段と遠くまで見えるね」「広いね」
「遠くまで」「広い」これがFAのキーワード。
 
 
 
・「東はマスタング君、北はアームストロング君が」
重鎮扱いっぽい事言いながら、左遷だよね(笑)。この狸めっ。
でも、中央に登りつめる言ってた割りに、オリヴィエはこのブリッグズって土地が気にいてる気がする。
軍法会議モノの開発とかも、あの地だから許されるものも多いだろうし。
自分の手のものを中央に送り込みリモートするとか、いっそ都市の方を北へ移動する、遷都なんて方向を考えていたりとかね(笑)。
ロイもイシュヴァールの件を詰めるなら、東の方が動きやすいだろうし。
 
残りのブラッドレイの腰巾着共は、グラマン1人で潰せると踏んだのだろうだけど。
「まあ君たちが戻ってくる頃には、中央も綺麗になっていると思うよ(意訳 さっさと功績立てて戻って来ないと居場所は保証しないよん)」とか言ってそうだわ。
 
 
 
・「私はこの上なく、不真面目ですよ」
くぅぅぅ、いいなぁ。
気が付くと気配も無くそこに立たずむセリム。
 
SPはセリムと気づいて動かなかったのか、気配に気づかず動けなかったのか。
そしてグラマンもまた、セリムが近づく気配に気づけなかったのか、それともセリムに殺気が無いからその気配に気づけなかったのか。
 
どちらともとれる。どちらかは、まだ分からない。
フラスコの中のホムンクルスが得られなかった「親の愛情」を受けて育てば、ホムンクルスもまた変われるのか。
それとも、さらに巧妙に人間に気づかれない技を身に付け、いつか反旗を翻すのか。
 
「不真面目」って言葉もいいなぁ。
自分達を苦しめた敵を生かす道を選んだ事に対する自虐的ともとれるし。
セリムに悪心あっても何も言質をとられないよう、言葉を差し替えたようにもとれる。
 
 
 
・「小鳥さん怪我してるの 助けて」
2年でよくぞここまで。己はイスカンダル星人か! という突っ込みはさておき。
 
勘ぐろうと思えばどこまでも勘ぐれる。
グラマンという自分の監視者が来たこのタイミングでの出来事であるということ。
鳥を自分で傷つけておきながら、自分の慈悲深さをアピールしているだけなのかもしれないってこと。

鳥なんて小動物は大した抵抗もされず殺せてしまう。
これが犬や猫で、腕の引っかき傷のクローズアップなんてカットがあったりしたら……。
この様子を見ただけでは、まだまだ分からない。判断材料が足りない。
 
疑心暗鬼になればどこまでも、負の状況下に受取れる。
 
おそらくグラマンの下した結論もこんな処なんじゃないのか。好々爺の顔をして、常に目は光らせ。
そして、この状況下を実は楽しんでいる。
 
 
 
・「私がさせませんわ」
原作では肝っ玉母さん風だなぁと思った。
悪い道へ行こうとしたら、どんな悪の親玉だろうがお尻引っぱたいて道を正す、そんな感じ。
 
でも、FAはそれとも違う。
気を配り目を光らせるから問題ないっていう表情でもない。
ずっと自然体。
信頼、かな。
セリムを無条件に信頼し、無償の愛を注いでいる。
その信頼にセリムは応えてくれていると信頼しているんだ。
 
 
 
・手を振って
グラマンに手を振るセリムが可愛かった。
ハキハキした子供っって感じで。
今度のセリムは礼儀正しい良く出来た子ではなく、元気いっぱいで時々夫人が面くらうようやんちゃな事もたくさんしそう。
その度に回りはハラハラ、だけど夫人だけがどんと構えてやっぱりセリムの自慢をしていそう。
裏切るなよ、セリム。
 
 
 
・「エドワードくん左足の事で落ち込んでない?」
もしエドだけが一度ヒューズ宅を訪れたならこんな言い方しない。
アルと等価交換だった事でアルが傷ついているかもしれないと思ったら聞く事がまず出来ない。
もしアルだけが一度ヒューズ宅を訪れたとしてもこんな言い方しない。
「エドワードくんはその後どう?」とかね。
実際のエドの様子は分からない。アルが気を使って何でもないことのように言ったのかもしれないのだから、あまり具体的な言葉は使いたくないところ。

エドの様子もアルの様子も両方ちゃんと見て、だから気軽に話ても大丈夫と思ったんじゃないかなぁ、とここは思いたい処。
 
そして人見知りした様子を見せないエリシア。
これらの符号を揃えれば、ほらほら、やっぱり2人で一度お礼にあがってるんだよ!!
 
 
 
・「10貰ったら自分の分を上乗せして11にして返す」
アルが人差し指を立てて説明するのがなんか可愛くてっ。
6400003
 
 
 
・「すいません 牛乳とサンドイッチ追加で」
兄さんの背を抜く気まんまんだよっ。
 
 
 
・「シンに行くよ」
シン国に渡るのって密入国だよね?
まだ東方司令部のトップ程度のロイに、国交の無い国とのホットラインがあるわけでなし。独自の移動ルートの確保なんて出来ないはず。
ってことは、まず東方司令部でブレダに相談し、裏ルートを仕切るハン氏への紹介状を書いて貰う。
ハン氏は「ハン」の名前からしておそらくシン国の出身。フー爺さんとも知りあいって話だったしね。
偽名だとしても、シン国出身を思わせる名前なのだから、やっぱりシン国へのルートを確保しているからこその名前だと思う。
氏が住居をどこに構えているかは不明だけど。木の葉を隠すなら森の中、人を隠すなら人ごみの中。ならばおそらく中央。
エドの時、氏がリゼンブールに居たのは、中央でエドとの接触を見られず合流する必要があったからだと思う。
だからアルは逆に、ハン氏を訪ねる為に一度中央に来た。
中央に来た次いでに、アメストリスをしばらく離れる挨拶にジェルソとザンパノを訪ねる。
そしたら自分達も付いていくって話になり一度分かれてアルはヒューズ家にお別れの挨拶に訪れた。
おそらくそんな感じだったんじゃないかな、ってのが予想。
 
 
 
・「ていうか本当に付いて来るの?」「当たり前よ」
わはは。こんの、今石フォロワーがっ!!!!
亀田さんてば、ホントバリバリに今石さん好きだよなー。
炎や戦闘以外にもギャグシーンだって描けるぜと言わんばかりのこの動きっ。
グレンラガンかと(笑)。
 
 
 
・「でも兄さんも僕も、それだけじゃないんだよ。見てみたいんだ世界の広さを」
これなの!!!! この台詞っ。
くぅぅ、原作でもこういうラストが見たかったなぁ。
 
これは、ニーナのような子を助ける知識を得る為の贖罪の旅でもあるけれど。
でもそれだけじゃない。
いろんな人にあって、知識を得て、それが楽しみなんだよ。
「旅にでる」事が楽しいのっ。
今までのような、元の身体に戻る為の辛い旅じゃない。
今度は楽しめる「旅」なんだよ。
そこが重要なの。
ホーエンハイムの旅は贖罪の旅だった。
エドとアルは元の身体に戻るための旅。
鋼において「旅」はいつも辛いものの代名詞だった。
それももうおしまい。
彼らの辛い旅はもう終わった。
そう思える事が幸せなのっ。
 
サブタイトルの「旅路の涯」。
あえて原作の「旅路の果て」から変えてきた。
私の印象だけかもしれないけど。
「果て」は、「はての先」に何も無い土地が地平線の先まで続いている状態が浮かぶ。
「涯」は、「崖」と字が似てるせいかな。「はての先」にはもう何も無い。断崖絶壁にたたずんでいるようなそんな状態が浮かぶ。
だから。 
原作は、たどり着いたと思ったら実はそんな事はなく、またそこから新たな旅の入り口が待っていた。そんな印象。
でもFAは、たどり着くべき処にたどりついた。じゃあ次はどこへ行こうか。
崖から自分で橋を作って先に行くも良し、途中まで戻って来た道とは別の道を選ぶも良し。何も無いって事は何だって選べるって事。
まったく未知の世界に行く事が出来る。
 
これは、水島版でも出来なかったラスト。
私が見たかった斜め上ってのは、この辺りなんだよなぁ。
 
それと多分全然関係ないと思うのだけど。
「海が聞こえる」のラストシーンを思い出すんだよね(私の一番好きなジブリアニメっす)。
ラストシーンで里伽子が「その人はね、お風呂場で寝るひとなんだよ」(うろ覚え)って画面のこちら側に向かって、友人に自分の好きな人を告白するの。このシーンすごく好きだったんだよねぇ。
ラストシーンとして、まるでTVの向こうからナイショ事を話しかけられていると錯覚するような、そんな演出が好きなんだと思う。
 
だから。
エドの台詞の後よりも、このアルの台詞の後にこそ「ホログラム」の歌詞は合っていたと、実は思っていたりする。
「見てみたいんだ世界の広さを」の台詞に合わせて「真っ白な景色に今 誘われて僕は行くよ まだ見ぬ世界へ」って来たらどうよ。
すごくピシっとしまってカッコ良くね?(笑)
 
 
 
・「じっとしてる男なんて詰まらないわ」
この目の表情がね、1期OP冒頭で、ホーエンハイムに微笑んだトリシャに似てるんだよねぇ。
ウィンリィも大人になったなぁと思いつつ、エド、マザコン決定思た(笑)
640004
 
 
 
・「痛みを伴わない教訓には意義がない 人は何かの犠牲なしには何も得ることは 出来ないのだから」
このモノローグっ。
原作からここまで改変してくれたことには大感謝だよ!!
みんなの写真をここに出さなかった事で、この教義はあくまでもエド(とアル)にだけ対応するものにしてくれた。
「鋼の心ってなんぞ?」って部分にもちゃんとスポット説明を追加してくれた。
 
でもここまでやってくれたなら、あともう一声っ。
 
エドに言わせるくらいなら、アルに言って欲しかったぁ。
だってエドが自分で「強靭な心を手に入れ」た、と言ってしまうと自画自賛っぽいんだもの。
かといって、もうマリモが消滅した状態で、家弓さんのナレーションはちょっとしっくり来ないし。
 
百歩譲って冒頭はエドで構わない。出来ればエドの左脚を「痛み」の象徴として映して欲しかったって希望はあるけど。
後半はね、「しかし、そのその痛みに耐え乗り越えた時~」からはアルに言って欲しかった。
エドが鋼の心を手に入れた代表として描くなら尚更。
ナレーションで言うより、エドが言うより、エドのそばで実際にエドを見ていたアルが言った方が、信憑性もあるし説得力もある。
そして、アルの「個人的な感想」に落とし込む事で、「必ず痛みを伴わないと得られない」とか、「必ず犠牲は必要」といった教義的な色も、教訓臭さも消えたと思う。
そこだけが残念なんだよねぇ。
 
ということでこんなラストシーンがおそらく私の理想型
 
「見てみたいんだ世界の広さを」の台詞の後に合わせて「真っ白な光に誘われて僕は行くよまだ見ぬ世界へ」。
「迷子のまま」の2拍と半拍あとから入る歌に合わせてエドウィンシーン開始。
「乱反射繰り返す」のあと1拍入れてプロポーズシーンかな。
「届くはずなんだまだ見ぬ世界へ」の後の間奏で、
「痛みを伴わない教訓には意義がない 人は何かの犠牲なしには何も得ることは 出来ないのだから」をエド
「しかし、そのその痛みに耐え乗り越えた時、人は何にも負けない強靭な心を手に入れる。そう」をアル
「鋼のような心を」エドとアル
「鋼の錬金術師」のクレジット。
2コーラス目でエンディングの写真。
  
時間と、アルの音声があれば自分が満足する為だけに(笑)MADを作りたい処なんだけど。音声がねぇ~。
 
 
 
・エンディング ロイ
ロイにヒゲを描いたスタッフの意図は不明だけど。ロイならやりそうという気がしなくもない。
童顔の人って年相応に見られるようヒゲを伸ばして失敗する人いるじゃん。
原作のように目の下にシワが出来ておっさん風になったロイはカッコ良かったけど。
FAのロイはまだその手前なんだろうな。
6400005
 
 
 
・エンディング ハボとレベッカとブレダ。
背後に酒瓶とグラスが見えるから酒飲み仲間って感じなのかなぁ。
レベッカにとって、ハボとブレダは「いい男」の部類に入ったんだろか?
6400006_2

 
 
 
・エンディング ファルマン
ファルマンはブリッグズで結婚したのか。子供がファルマンに似すぎて奥さんが分からないのだけど。
あの要塞で出てきた女性って、オリヴィエ以外女医さんしかいないんですけど!!!!
ま、まさか????
6400007_2
 
 
 
・エンディング 幼馴染ーズ+α
エドとウィンの写真の後ろにアルとメイがいるところまでは同じなのだけど。
パニーニャとガーフィールさんがいて。しかもみんな薄着。
ってことはそこはラッシュバレーか?
6400008

すくなくともウィンの恰好からしてここで働いているわけではなさそうだし。
となると、アルとメイはどうしてここに?
ラッシュバレイって南の方だったよね。
あ、ってことはあれかな。ダブリスを訪ねる途中なのかも。
 
エドが研究してアルが実践という形態を取っているとして。
ちょっと錬金術の研究に行き詰ってしまったと。

メイもそれに一時的に絡んでる感じなのかな。
あ、そうだリンが皇帝になったらもうメイは皇女じゃないんだ。
第なんたら継承者ではあるだろうけど。
リンに子供が出来てたりしたらさらに継承権は下がるし。
リンが民を護ってくれるなら、継承権を放棄した方が自由に動ける。
もしかしたら国を出て、錬金術について学んでいたりとか。
で、エドとアルがメイに連絡をとってみたのだけど、分からなくて。
 
んじゃ、師匠を訪ねてみるか、って事になってダブリス行きを決めて。
メイも2人の師匠になら自分も錬金術について学ぶ事があると思うから行きたいみたいな話になって。
ウィンも、ガーフィールさんに子供を見せに行きたいから同行したいって事になって。
その移動途中、ラッシュバレーにて、て感じ。
 
あ、なんとなく筋は通ったぞ(笑)

終わった―!!!!
やっとFAの感想全部終了しました。長らくのご愛顧ありがとうございました。
引き続き、原作の108話の感想とか、そのたもろもろ、まだまだブログ記事は書いていくつもりです。
よろしければ、まだもうしばらくおつきあいくださいませ。
 
最後の方はかなり寝ぼけ眼で書いてるので文章が変だったらごめんなさい。

|

« 外伝掲載 | トップページ | 自分メモ用 »

0400 鋼アニメ感想」カテゴリの記事

コメント

公約を守るって(笑)政治家でも目指します??

グラマンのSPはセリムが歩いてくるのに気づいても動いてませんね~
顔向けただけ。原作は懐に手が・・・

2ヶ月じゃなくて、2年ですよね??
胎児サイズ(?妊娠初期のエコー写真とかで見る大きさ?)からだから2年でもでかくなったなとは思いますけどね(笑)

妹の仲間(笑、どちらかといえばイベントスタッフ)は3日目不参加ですって・・・残念。オークションで高いの買うかなぁ(泣)
気をつけて行ってきてください。(あっもう行ってますね)

投稿: アメショー | 2010/08/13 22:35

マスタングのヒゲですが、オフィシャルガイド4巻で菅野さんが
「荒川先生が原作の最終回を完成させる前に描いた入江監督の絵コンテでは写真のリンに髭が生えていました」
とのことでしたので、リン→マスタングにスライドさせたのではないかと思ってます。
完成原稿を見て誰にも髭が生えてないことが判明した、でもせっかくだから大佐に髭を生やしてしまおう、と(笑)


最後のナレーションは原作最初のナレーションと同じく渋い中年の声ってイメージだったので、家弓さんかなぁと思ってたのですが、朴さんで意外でした。


投稿: 雉人 | 2010/08/13 23:52

>アメショーさま
たっだいまぁ。
 
やだなぁ、今時どこに公約を守る政治家がいるってんですか。政治家を目指すなら公約はブッチしなきゃっ(え?)。

>2ヶ月じゃなくて、2年ですよね??
あ、失礼、打ち間違えです。直しておきますね。

妹さんの仲間はダメでしたか。
あぁぁ、もう出てますね、ヤフオク。6000円…。

投稿: りほ | 2010/08/15 22:50

>雉人さま
ガイドブック読みました、読みました。一瞬読み違えて、ロイの事を言っているのかと思って。「あれ? ヒゲ残ってるじゃん」と思ってしまったのはナイショの話(笑)
1人でもいいから誰かしらに、ヒゲをはやしたかったんでしょうかねぇ。何のこだわりなんだろ?
 
>最後のナレーションは原作最初のナレーションと同じく渋い中年の声ってイメージだったので
うん、私もそうなるかなぁと思っていたので。
「こう来たかっ」と膝を打ちました。
ナレーターの言葉は真実でなければいけない。
でもキャラクターの言葉であったなら個人的にそう思っている、というだけで、必ずしもそれは誰に対しても該当する真実とは限らない。
多分そういった部分で、あまりあの言葉を絶対的なものにしたく無かったのかなぁ、と思っています。

投稿: りほ | 2010/08/15 23:00

ちなみにブリッグズの女医さんは、たしか既に婚約していたと思います。これは、アニメの一瞬でしたが、旦那らしい人と家族の写った写真がありました。

・・・・・・・・・・・エンディング ファルマン・・・え???
うそでしょ・・・・????

投稿: カメリン | 2017/01/04 22:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28666/49134162

この記事へのトラックバック一覧です: 鋼の錬金術師FA 第64話「旅路の涯」Bパート感想 ネタばれあり(原作ネタばれ含む):

« 外伝掲載 | トップページ | 自分メモ用 »