« 原画集 | トップページ | ニュースいろいろ »

27巻で修正された箇所

27巻でトーン以外に修正された箇所は(私が気づいた範囲では)一か所でした。
まあ、そうなるだろうなとは分かっていたけどね。うん。
108話はご自身でも絵が粗いと言っていたくらいだから、せめて絵には多少手を加えるかと期待したんですけどね。
はかない夢だったなぁ。
 
んでもって修正された箇所。
107話p24とp26
雑誌掲載時
Ca3g0033_2
 
コミック収録時
Ca3g0031

「時間がない」の意味が、エドの危機だけでなく、アルが鎧に定着していられるリミットについても差していた事を明確にするよう付け加えられたようですね。
 
うん。それ自体はいい修正だなと思うんですよ。
雑誌で読んだ時もこれって気付かない人は気づけないままなんだろうなぁと思いながら読んだ記憶があるし。
  
んでもね。
その2つのコマの修正の必要性に気づいたならさぁ。そのコマを比較して。
何故、p24では錬成陣の内側まで入っていた亀裂が、p26では錬成陣の外側で途切れてるのか、その理由を明確化するか、修正するかしても良かったんじゃないすかぁ???????
 
どこまで期待を裏切られつづけなきゃいけんのよ、泣くぞ?


« 原画集 | トップページ | ニュースいろいろ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 27巻で修正された箇所:

« 原画集 | トップページ | ニュースいろいろ »