« 東日本大震災(3/17更新分) | トップページ | ユリイカ 2010年12月号 感想16 »

無題

17日の停電は16時50分~20時30分。
大停電との情報に会社を定時であがるも、そもそもがうちの地区は停電なわけで。
 

暗い駅の構内には、電車の復旧を待つ人がそこらじゅうの柱や壁によりかかっている様はちょっと怖い。
 
張り出された明日の運休予定をチェックして帰途に向かう。
ミスドでは暗い店頭でドーナツ4個を500円で売っていた。
それ以外の店はどこも閉まっている。
薄暗い電灯ではコンビニからは店員の影が揺れて、隣りの銀行にはペタペタと張り出された紙が見えた。
23時まで開いているデパートも灯が消え、いつもなら24時を過ぎても明るい道は暗く、歩く人達が持つ懐中電灯がほとんど唯一の光源だった。
 
車の多い大通りのみ信号が付き、警備なのか自主的なのか、横断歩道には歩行者を誘導している人がいた。
ここまではまだいい。この大通りを折れると途端に道は暗くなる。停電ともなれば尚更だ。 
  
歩道との段差すら分かりづらいのはいつもの事。
そう思いながら歩いていると、ほんのりと道が明るい。
閉店している店に横付けされたトラックのネオンだった。
トラックの正面で、ネオンで装飾された猫の顔が笑っていた。
運転手の好意なのか偶然なのか。ありがたく感謝し恩恵を受ける。
 
家に付くにはさらに道をふたつ折れる。
街灯が少なく、家々の窓から漏れる光が頼りなのだけど。
今日はそのどちらも期待出来ない。
なのにひとつ折れ、二つ目を折れる手前で路上が薄いグレイに見えるくらい強い明かりが見えた。
駅からここまでで一番明るい光だった。
 
またトラックか? それとも自家発電している家があったのか?
訝しく思いながら道を曲がる。
けれどそこにはトラックもなくどの家の明かりも消えていた。
 
頭の上で、満月にはやや足りない月が雲間から出てきた処だった。

« 東日本大震災(3/17更新分) | トップページ | ユリイカ 2010年12月号 感想16 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無題:

« 東日本大震災(3/17更新分) | トップページ | ユリイカ 2010年12月号 感想16 »