« 鋼の錬金術師フェスティバル2011、追加出演者・フェス内容への反応(2/27分) | トップページ | 劇場版 前売り券第2弾っ »

魔法少女まどか☆マギカ

今期のアニメでは「魔法少女まどか☆マギカ」がちょっと抜きんでて面白い。
「代価」とか「犠牲」とか、どこかで良く聞いたキーワードについ反応してしまうわっ。
 
以下ネタバレ含みます。

なにかひとつ願いを叶えて貰う代わりに魔法少女になる契約を交わし、そして…という物語なのだけど。
 
その願いは、このまま死にたくないだったり、大好きな幼馴染の事故で動かなくなってしまった手の治癒だったり、今日食べるものにさえ困窮してしまった家族の幸せだったり。
どれもこれもせつない願いだった。
それがエドとアルが母親をよみがえられせようとした人体錬成と重なってしまう。
  
どこかの感想ブログに「不可逆性」なんて言葉が出ていたけれどまさにその通り。
だからこそ奇跡を求めて少女達は契約してしまう。
 
ソウルジェムは賢者の石で、キュウべえは真理か? 
いやまったく綺麗に重なるわけではないのだけど、つい重ねて見ようとしてしまっている感じ。
 
自分の為には魔法を使わないと決めたはずなのに、それによって他人が幸せになった分自分が不幸になってしまう事で相手を妬み、正義の味方になりたかったはずなのにそんな自分が許せなくてどんどん墜ちて行く子がいてね。
鋼でもこんな展開を期待していたんだなぁって思ってしまって。
  
ここまでグロくてシュールな展開を望んだわけじゃ勿論ないんだけどっ、全然それはないんだけどねっ。
それが正しくない事だと分かっていても望んでしまうその気持ちを丁寧に丁寧に描いて読者を共感させてしまう様が羨ましかった。
「自分達が元に戻る為に賢者の石は使わない」そう決めたエドのゆらぎの無さに私は共感出来なかったし、自分の為に使った事をスルーした事がやっぱり許せないと思っているから。
  
この子みたいに、これほどまでに真剣に真剣に自分の気持ちと向き合ったエドが見たかったなぁって今更ながら思ってしまった。
 
ホントに、ハンパなくシュールだし、人死にシーン残虐だし、お薦めするのはちょっと難しいんだけど。
  
鋼の最終話にもやもやした人がこれを見てどう思ってるかなぁってちょっと気になってる。
 
 
脚本の虚淵玄氏が二次創作「Fate/Zero」のあとがきにこんな文章を書いているらしい。すんません。孫引きなので「らしい」しか言えない。
ttp://www.mypress.jp/v2_writers/kamisra2/story/?story_id=1973197
 
  
 物事というのは、まぁ総じて放っておけば悪い方向に転がっていく。どう転んだところで宇宙が冷めていくことは止められない。
”理に敵った展開”だけを積み上げて構築された世界は、どうあってもエントロビーの支配から逃れられないのである。
 故に、物語にハッピーエンドをもたらすという行為は、条理をねじ曲げ、黒を白と言い張って、宇宙の法則に逆行する途方もない力を要求されるのだ。
そこまでして人間賛歌を謳い上げる高潔な魂があってこそ、はじめて物語を救済できる。
 ハッピーエンドへの誘導は、それほどの力業と体力勝負を作者に要求するのである。


だそうだ。なるほど、まさに荒川先生がやったのはそういう事なんだろうな、と思わず納得してしまった(笑)。
その大変さはちゃんと理解している。評価している。
 
でも、”理に敵った展開”が私は見たかった。
 
 
だからきっと私は、まどマギの最終話がまどか死亡でもほむほむ死亡でもキュウべえ撲殺でもハッピーエンドでも、どんな展開であれきっと納得すると思う。
とか言ってエヴァみたいに座布団投るような結末だったらどうしよう。しまった、部屋には座布団がないじゃないのにっ(そういう問題か?)
残りあと3話!
 

« 鋼の錬金術師フェスティバル2011、追加出演者・フェス内容への反応(2/27分) | トップページ | 劇場版 前売り券第2弾っ »

コメント

数年前からこちらの鋼の考察記事でこっそりお世話になっている、いち鋼ファンです。
毎回興味深く拝見しております。

鋼ファンのこのアニメに対する感想が気になる、
と思っていたところにこの記事がきたので思わずコメントします…!

まどかはまどかで鋼とは切り離して単体で楽しんでいるし、
まったく別の方向性の作品ではあるのですが(やっぱり鋼はあくまで少年漫画だなあと)、
自分の中でこのアニメを見ている時の感覚が、初期の鋼を読んでいる時の感覚に少し近いような気がします。

正しい事をしているはずなのになぜか悪い方向に向かってしまうジレンマや、
自分で間違っていると分かっているのにそちらに堕ちてしまいそうになる葛藤、
どう考えてもどん詰まりだという絶望的状況の中でよぎる「諦め」の感情、
そういった描写が終盤の鋼では「それは序盤である程度やったからもういいよね」と言わんばかりに割愛されていたように、改めて感じてしまいました。

>この子みたいに、これほどまでに真剣に真剣に自分の気持ちと向き合ったエドが見たかった
同感です。アルもまたしかりです…

まどかはまだあと3話あるのでどうなるか分かりませんが、
最終話まで見ての管理人さまの感想を、ちらっとでも聞かせていただけると大変嬉しいです。

やや鋼に否定的なコメントになってしまい申し訳ありません。

>名無しさま
コメントありがとうございます。
見ている方の感想が聞けて(読めて?)嬉しいです。
 
初期の鋼のあのテイストをデフォルメ化したのが水島鋼だと思っているので、この急激なファンの盛り上がり具合も含めて私は水島鋼も思い出します。

もちろんまどかはまどかで一作品として楽しんで見ていますよ。
10話も面白かったですっ。
EDにかかったあの歌の歌詞のシンクロ具合に泣けましたよー。
 
最終話の感想は・・・どうでしょうね?(笑)
書くか書かないかは多分作品次第になると思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 魔法少女まどか☆マギカ:

« 鋼の錬金術師フェスティバル2011、追加出演者・フェス内容への反応(2/27分) | トップページ | 劇場版 前売り券第2弾っ »