« 鋼の錬金術師 嘆きの聖刻 限定版公式フルメタルウォッチ | トップページ | 都営まるごときっぷ 買ったよ。 »

2011/06/15

ガンガン2011年7月号 鋼の錬金術師プロトタイプ ネタバレ感想

本当は先に、本編の考察をとっととあげたいのにー。
引用先の確認その他もろもろをしている時間が取れず、先にこっちをアップしちゃいます。 
 
えーと、うちの感想をお読みになっている方なら御承知かと思いますが。
やっぱり、ちょっと辛口になりました。そういうのが苦手な方は回れ右でお願いします。

■これより先は砂漠化による線路埋没のため
本編の線路が埋ってるってのはここから来たわけか。
 
でも本編でのリオールはそこから擬似的に脱却した町なわけで、特に日照がひどい土地は本編ではなかったわけだよね。
なら、そんな異常気象を伏線として使用する必要はないわけで、っていうか別に利用はしてないか。
何のために廃線が必要だったのか、結局本編では描かれずじまいだったんだよなぁ。
 
リンやメイチャンがキツイ砂漠越えをさせる為、というのはまた別の話。
ここで言ってるのは、そんな異常気象あるいは国交断絶がバックボーンとして必要だったか? って話。
 
アメストリスが出来た時点ではまだ東側は別の国の領土であり、アメストリスの領土になってから砂漠化を理由に路線が廃止になった。
その裏の理由は、錬金術師が国を出ればもっと強大な錬金術が使える事がバレてしまい、そこから芋づる的にアメストリスという国のおかしさに気づく人が出るかもしれないから。
力のある錬金術師は尚の事、子飼いにして国から出さないようにする為にも国家錬金術師精度が必要だった。
 
とかそこまで描かれていたなら納得したんだけどなぁ。
   
 
■ここ”砂漠のオアシス都市"クロワトールに間違いないよな?
本編のリオールはすでに豊かな町として描かれていたけど。
水島版ではしょっぱなに、リオールの回りが砂漠であり水も植物も無い事が強調されていたっけ。
町の人達は、もうあの頃に戻りたくないと思っている様子をかなり意識的に描かれていた。
こういう状況であのコーネロが出てきたならあの心酔ぶりは納得が行く。
   
企画が決まった当初1・2巻程度しか出ていなかったそうだから、資料にプロトタイプも読ませて貰ってたのかな。
 
 
■一千万で引き受けよう!
己れはブラックジャンクか、ザ・シェフか?(笑)
ユリイカにお金の単位が出るのが後半になってからなのは、人との交流云々とあったけど、やっぱ違うな。
ここで単位を出すなら、まず物価がどの程度なのかそのモノサシを示さないとならない。
その手間を考えたら、単純に一千万と言われた方が、こちらも単純に一千万円を思い浮かべるもの。
この方が正解だな。
  
  
■「なんとかしてほしかったら出すもの出せ」と思うね!
エドの性格が、全体的に本編よりあっけらかんとしてて小気味いいねぇ。
確かに短編向けだわ。
  
また、ここでアルがエドを窘めなかったって事は、アルもエドと同じ考えって事なんだよね。
やっぱりアルの性格も本編とは違うんだなぁ。
その分、阿吽の呼吸というか、夫唱婦随過ぎて、余計アルの台詞が減ってる感があるんだけどっ(笑)。
  
本編ではユースウェルで、手を貸しても根本が解決しなければ意味がないから手を貸さない(だから根本を解決する為の手は貸す)という立場だったけれど。
プロトタイプはもっと単純明快。等価交換を差しだせないなら手は貸さない。自分達もまた等価交換を差しだせずその報いを受けているのだから。
   
エドの理念は分かり易く、等価交換とも上手くかみ合っている。
 
  
■お花
ロゼを落ち着かせる為にアルが、キノコを花に変えてみせたのが可愛かった。
ちょっと、ゴーストハントのナルを思い出したって言っていいですか?(爆)
 
いつでも出られるんだけどねってアル余裕かまし過ぎ(笑)
  
 
■錬金術の基本は「等価交換」!!
ちょとこのエドの顔は……。これってプロトタイプのエドだから? それとももうエドの描き方忘れたのか???
 
 
■手に持っていたもの
昔、荒川先生の公式サイト「牛小屋」でプロトタイプの下書き(だったよねぇ?)が1ページ公開されていたのけど。
実はエドが手に持っているものが何か分からなかったのよね。
なんとなく、簪(by必殺シリーズ)を持っているのか? とか思ってはいたのだけど(笑)。.
長年の疑問が解消されましたよ。そうかあれはナイフだったのか。
でもちゃぶ台返しがなくなっていたのが残念。
 
 
■ボディブロー
殴り倒した次のコマへの流れが変? 時間の流れが分からない。
あそこって一呼吸間が入るのか?
今殴ったんだよね??? それとも、寸止めです、っていうのを見せてるの???
エドのダメージの程度が良く分からない。
しばらく格闘シーン描かなかったら、感覚鈍ったのかなぁ?
 
 
■いや本当に手前ミソながらすげーや んーでももうちょっとなんだなー
この台詞だと、どうせ失敗するものと分かったうえで人体錬成を行い、少佐の身体が朽ちるのを待っていたとしか受け取れないよなぁ。(まあ、その場合力量不足ならリバウンドが来るからダメなんだろうけど)。
  
荒川先生が、「あれはその事を差していたのか」って持ってこようとしているのは分かる。
でも、エドの立場になって考えてみて.ここで、こんな台詞出てくるかな? なんか不自然だ。
何度読み返しても「自分の力量ではまだ何かが足りていないんだ」ってことを示唆する台詞にしか聞こえない。
まだ錬成は終っていない事を差して、言う台詞とは思えない。
  
読者の思考を真相から遠ざける為だけの台詞になってないか?
 
  
■その腹 かっさばいて賢者の石を取り出してやろう!
この後、エドが何をしたのかもよく分からないのだけど。
あのタイミングで上手く錬成が始まったから良かったものの、下手すれば腹をかっさばかれたわけだよね? 何でとりあえずガードするとか、錬金術を使って攻撃するとかをしなかったのかが不明。
 
あらかじめ、ちらりと鋼の錬成が始まった事をエドが気づくコマとかあれば良かったのに。
 
そもそも、何でそんな時間差の錬成が出来る?? 
理屈は考えられる。飲み込んだのは爪と賢者の石。
それらを錬成して不老不死の元(?)が出来た状態でネジを仕込んだから、他とは反応がずれているとかね。
その辺りまで説明は欲しかったなぁ。
理屈を説明せず、読者に丸投げするのは昔から変わってないんだなぁ。
 
  
■私の身体が鋼に・・・
あ、これは面白いな。もともとこのタイトルって、そういうダブルミーニングネタだったのか。
「鋼の錬金術師」と見せかけて、実は「鋼の錬金術」師。
 
 
■あんたの望んだ結末だ
真理の言葉がここにあったとはねぇ。
まるで「ディモスの花嫁」だぁ! って思った。
あれは不老不死を願った少女が生きたままエンヴァーミング処理を施され、正午になると(だっけ?)踊る。時計塔の人形になる話。
色々違うんだけど、なんかアレと被って見えたわ。
エドが超悪者って感じ、モロに悪魔??
人体錬成を成功させちゃう時点でマッドくさいしちょうどいいじゃん(笑)。
 
んでも、そう解釈した方が色々面白いんだよねぇ。
あっさり人を殺しちゃった性格からして筋は通る。
 
ロゼの涙で湖を作ってみせたけど、あれって単なる水たまりよね。
川から引き込んだわけでもなければ、地下水脈を掘り当てたわけでもない。
日照が続けばダムが干上がるように、この水たまりだって後から継ぎ足される水がなければいづれ干上がる。
配給が滞らなくなったとは言え、雨が降らなければ結局変わらないことはロゼが言った通り。
水が水蒸気になって雲を作り雨が降るんだけ? そういう意味では雨が降る確率は多少上がったと言えない事はないけれど。降る事が確定したわけじゃない。
雨を待たず湖は干上がり、町は滅びるかもしれない。
助かったと、一度はかりそめの幸福を得てしまった分その絶望は大きいだろう。
 
あの湖が涙で出来ているという台詞が出た時点で、この物語の行く末にはこんな未来しか思い浮かばなかった。
 
雨は降らず再度干上がった大地、すっかり人がいなくなった町。
彼らが望んだのは「雨」ではなく「水」だった。
彼らは水を望み、間違いなくエドはそれを与えた。その結果がコレ。
それこそ「あんた(達)の望んだ結末だ」。
錬金術は万能じゃない。そんな物語の〆。
   
そんな事とは知らず暢気な2人の旅は続く。
だけど実は、エルリック兄弟が通った後はペンペン草1本生えてこない、みたいな?
悪気がないからこそ救われない。恐るべき子供 って感じ。
 
リオールだってあの後暴動が起きてい事をエド達は知らなかった。
同じように2人が良かれと思ってやった事がアンハッピーな結末を迎えていた、なんて事。
あってもおかしくないんじゃない?
 
そんな物語だったらすんげぇ好みだったなぁ。連作で読んでみたいや。
  
んでもまあ、これは全部私の深読みで。
きっと荒川先生はこれをハッピーエンドとして描いたんだろうなぁ。
(ていうか、本編もこのくらい自由度のある最終回だったら良かったのにー)
 
 
■アル
なんか書きたい事が少ないのが淋しい。
アルのシーンって、ほとんど本編から変更がないんだもの。
もっと新しい面が見れたら楽しかったんだけどなぁ。
まあ、本編前半の頃のような、エドといちゃこらしてるのが見れただけ善しとするか。
  
 
 

|

« 鋼の錬金術師 嘆きの聖刻 限定版公式フルメタルウォッチ | トップページ | 都営まるごときっぷ 買ったよ。 »

0100 鋼原作感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28666/51947548

この記事へのトラックバック一覧です: ガンガン2011年7月号 鋼の錬金術師プロトタイプ ネタバレ感想:

« 鋼の錬金術師 嘆きの聖刻 限定版公式フルメタルウォッチ | トップページ | 都営まるごときっぷ 買ったよ。 »