« 鋼の錬金術師 嘆きの丘の聖なる星 ネタバレ感想2 | トップページ | クロニクル情報 再び »

鋼の錬金術師 嘆きの丘の聖なる星 ネタバレ感想3

前回ミロスとシャンバラの相似点を挙げたけれどね。
まったく逆な部分ももちろんある。


シャンバラは、正しいと思った行為が裏目に出て悲劇を持たらそうとも、そこから目を逸らさず向き合えるか、そういう話だった。
ミロスは逆。間違っていると分かって尚行う行為ならば、一生をかけてその罪を償う覚悟があるか、だ。

だから。
ここで最後のロイとエドの会話が生きる。

ここって、あたしから観るととってもロイエドで、エドアルファンの身からしたらとんでもなく羨ましい限りなんだけど。あまりそういう感想って聞かないのは、私の目が腐ってるからですか? そうですか(笑)。

「あれは人体錬成ではなかったんだな」と。
面倒はごめんだとでも言わんばかりの、どこか忌々しげな口振りでロイは言い、エドはハーシェルの命がまだ消えていなかったから人体錬成では無かったと告げる。

本当かな。
あの状況下でエドがそれを分かるわけがない、ていうかあんたさっき思いっ切り止めてたじゃん(笑)。
真理の扉の目が現れるタイミングで、ちょうど絵が遠ざかっている為、その真偽は視聴者には分からない。
けれど竜巻などはエド達の時と非常によく似ていた。
そして、真理君? とも見える白い人影が錬成光の中に見える。

錬成光での判断は今回出来ない。
FAでは人体錬成の光は紫だったが、メルビンの錬成光がそもそも人体錬成とは関係なく紫だからだ。
人体錬成なら紫という確証がとれない。

ただ。
ジュリアの錬成光は最初は赤、途中から緑になった。
鮮血の星を使っても治癒の錬成光は緑でしかない事は、ハーシェルの回想シーンにある通り。
鮮血の星で底上げしても治癒の錬成光は緑なのだ。
ならばジュリアは、治癒以外にも鮮血の星で「何か」をやった。それは確か。

また、アルとジュリアの会話の中で、人体錬成を行うと真理の扉を見る事が出来る、と語るシーンがあり。視聴者は、ジュリアが真理の扉を見たことを知っている。

かなり情報量としては危ういのだけど、あれは人体錬成だった。そう思う。

だがらロイのあれは確認なんだ。

人体錬成など無かった。あれは人体錬成なんかじゃなかった。それでいいな、という。

エドがスカー戦で腕を破壊された時、リゼンブール行きの汽車でヒューズに見送られた事がある。
「事後処理が面倒だから私の管轄内で死ぬ事は許さん」というロイの伝言をそこで聞く。
あのシーンがふわっとよみがえった。
いや、違うか。
「死んだ者は生き返らない」の台詞に、今ロイはヒューズの事を思い出しその事実を噛みしめているのかもしれない。そう思ったからだ。
あと、脊髄損傷でもう二度と歩けなくなったハボの事とか。
そしたら。
「おめーもロイの野郎も長生きすんぜ」って笑ったヒューズの声がよみがえってそれで思い出したんだ。
 
きっとあの時と同じなんだ。
 
これ以上貴様の起こす面倒事の後始末はごめんだ。
ただでさえ今回の事後処理だって面倒だというのに。
私はお前達のお守りじゃない。
これ以上私をお前達のやっかい事に引き込むな。
人の血で作る鮮血の星?
そのうえ人体錬成だと? 冗談じゃない。
だから。

お前たちはあんな事をしてくれるなと。

人体錬成など無かった。あれは人体錬成なんかじゃない。
認めるな。間違えるな。死んだ者は生き返らない。だからこそ意味がある。

エド達二人の進む道はいつだってキナ臭い。
殺しても死なない化け物達が彼らの相手だ。
だから余計に。勘違いしたりしないよう。二人が道を間違えたりしないよう。
これ以上二人が罪を背負う姿など見たくないから。
繰り言になろうが口に出して言いたかったんじゃないだろうか。
 
多分、朴さんと三木シンが、エドの台詞なんじゃないかと思われたのが、このロイの台詞だと思う。
  
エドは死んだ者は生き返らないと確証を得たばかりのはずだから。エドが言うべきなのかもしれない。
そうもとれる。
 
でも、先日仲間を失いかけ、自らも死にかけたばかりのロイだからこそ。
エドの身内に対する弱さを知っているからこそ。
この台詞はロイの口から出たんだと、そう思う。
 

« 鋼の錬金術師 嘆きの丘の聖なる星 ネタバレ感想2 | トップページ | クロニクル情報 再び »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鋼の錬金術師 嘆きの丘の聖なる星 ネタバレ感想3:

« 鋼の錬金術師 嘆きの丘の聖なる星 ネタバレ感想2 | トップページ | クロニクル情報 再び »