« 新宿ピカデリーなう | トップページ | シャンバラ カット部分 »

守りたいものは確かにここにある

ミロス観た。
まさに、この言葉に嘘偽り無かったよ。

「守りたいものは確かにここにある」

以下ネタバレ感想無し

 
 
荒川鋼から消え失せてしまった、私の大好きな大好きな!「鋼の錬金術師」が確かにそこにはあったのっ!
「鋼の錬金術師」にとって大切なものを全て守って、作品は作られてた。
  
原作最終回の時のように、期待して裏切られてしまったらもう鋼への心が折れてしまいそうで、なるべく期待しないように期待しないように抑えていたんだけど。

考察で色々書いてきた、原作への不満を本当に綺麗にひっくり返してくれて。
「そう! そうなの!! 私が原作で見たかったのはそれなの!!」って。もうずっと心の中で叫んでた。

私は「鋼の錬金術師」が好きだけど、好き過ぎて2ちゃんのアンチスレを読んでつい「そう、問題はそこなんだよ!」 って膝を打ち相槌を打ってしまうような人間で。
そんな私が観て「鋼の錬金術師」の面白さってそこだよね、ってそう思える作品だった。

ぶっちゃけ、原作マンセーの方が観て面白いのかな? 私には分からない。

逆に、原作への不満から、鋼から離れてしまった人にこそ、是非見て欲しい作品だと思った。

原作に不満たらたらのまま終わることなく、最後にすごく綺麗な花火を打ち上げてくれて。
鋼の終焉を飾ってくれたことが嬉しい。

監督は身体をリラックスさせて見て欲しいみたいなこと言われていたけど。無理。
キャラクターに同調してしまって苦しくって辛くって体中に力が入って見入ってしまうよ(笑)。
だから本当に体力を持っていかれてしまう感じ。
でも、観る度に「あ、こんなところにも伏線が、そうかこれはこういう意味だったのか」とか新しい発見がある。
取り合えず3回観た。
明日舞台挨拶2回分以外に、あと前売りが5枚買ってあるのだけど。

こりゃ全部使いきっちゃいそうだなぁ。


ネタバレ感想はまた後日。

« 新宿ピカデリーなう | トップページ | シャンバラ カット部分 »

コメント

どうもお久しぶりです。
三回観たって、まだ公開して一日しか…(笑)

この作品には原作初期の雰囲気、いわゆるえぐさが出ていると感じました。ファンタジーとしてはそれなりにシビアで、賢者の石を巡る争いに関しても、それを認めないエドが絶対とするのではなく必要としてるミロスの人達の姿勢も不可なく描けていたと思います。
私はりほさんほどの不満を原作には抱えてませんが、やっぱりこのバランスが一番好きだったんだなあと改めて思いました。

不満点は無理矢理な脇役の出番とネタ晴らしの慌しさと話の中心にいるのがヒロインで兄弟が若干蚊帳の外だったことぐらいですかね?

原作基準でありえない錬金術とか身体能力とかはアクションの派手さ重視と取れば流せますし、単純に娯楽作品として良質の映画だと思いました。作品のテーマ部分に関してはまだ消化途中なので、りほさんの感想を楽しみにしてます。

私、原作マンセーですけど楽しかったですよ! アルの天然タラシ度が何気に上がってましたな(笑)


原作のストーリーテラーの部分としては仕方ないのかな…と思ってます。だって映画は公開するまでは、ほぼ完全にネタバレ防げるけど連載モノはそうもいかないじゃないですか…ネット上で痛くもない腹を探られる事もあっただろうし…。

どちらかと言うと原作とFA好きな私に言える事は映画見る時はパンフレット買う事をお勧めします。そして1ページ目を読んでニヤリとしたら良いよ(笑)

>ぽんずさま
お久しぶりです。
まず一回目は後ろよりのセンターでがっつり見たかったんですー。
あとは舞台挨拶2回分で3回です(笑)
一応これでも、舞台挨拶3回全部にすると、どこかで途中入場(一応禁止になってましたが)、途中退出になるのがイヤだったので、2回に減らしたんですよっ。

やっぱりあの初期の雰囲気が私も気に入っています。
不満はたくさんあります。それこそメタメタに叩きのめすくらいの事は多分言えちゃう(笑)。
それもおいおい書いていきますが。

感想には、良かったことも、気にいらなかったことも、少しずつでも書いていけたらと思います。
少々お待ち下さい。

>丙午さま
楽しかったですか、良かったです♪

「これって原作を思いっきり否定してるじゃん」と思える処があったので。
原作の全てが気に入っている場合どう思われるのかな? と思ったのですが。
案の定というべきか。原作ファンは見るな的、全否定な感想も見受けられましたし。

>ネット上で痛くもない腹を探られる事もあっただろうし…。
うーん。別にそれは荒川先生に限られた事ではないわけで。
別にどんな先読みをされようが、読ませる話を描けばいいわけですよね。
痛い腹を探られるのが嫌だから物語をブレさせるのでは本末転倒。それでは自分のプライドが傷つかない方が大事と言ってしまっているようなモノですよね。

ぶっちゃけ、ミロスのアレはエドが「谷を掘るのに何故塔が必要?」と語り出した時点で私はどんな計画か読めちゃいましたけど。謎解きに辿り着くまでの道筋をきっちり楽しく観れましたよ。
そして、話がどう流れるか全てを理解したうえで頭から観直した2回目の方が、1回目とまったく違った景色が見えてより楽しかったです。

物語を魅せるっていうのは本来そういうものじゃないのかなぁ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 守りたいものは確かにここにある:

« 新宿ピカデリーなう | トップページ | シャンバラ カット部分 »