« OTAKON | トップページ | 鞄はあるしアルの頭はあるし »

鋼の錬金術師 嘆きの丘の聖なる星 ネタバレ感想15

冒頭のシーン。
クライトン夫妻の手記を置き、両親の部屋に行ったアシュレイが何者かに襲われた処を見てジュリアが倒れる。

メルビンの語る回想シーンと見比べる。
何故か(にやりっ)。
アシュレイは左手にクライトン夫妻の手記を持ち、まだアシュレイが襲われる前なのにジュリアは倒れている。


こんなに早々に、もうバリッバリに、アシュレイ偽物臭を振りまいているんだよねぇ。
これ以降メルビンの語る回想は嘘っぱちですぜっって思いっきり絵が訴えてる。

では結局あの時実際には何が起きていたのかな。
あの回想をどこまで信じていいのか。

アトラスはアシュレイに対した時、刃を交じわせる音を立てている。
ということはアトラスはまだ氷と電撃の錬金術は使えない。手記を盗み見るようなことしていなかったってわけだ。
なら、手記を持って逃げたって言うのは真実。

じゃあジュリアを連れて逃げたのも真実か?
たとえばこんな想像が出来る。
ジュリアのわき腹の地図を手に入れる前に追っ手が来た。
おそらく夫妻の悲鳴のせいかな。
アトラスはアシュレイと自分の顔の皮を剥がし、自分の顔に張り付け、軍服を脱ぎ、ジュリアを抱えて軍に助けを求める。
外はもう暗いし、ジュリアを抱えているとなれば顔も多少は隠せる。軍がアシュレイの声まで記憶しているとは思えない。
屋敷に入っていった軍を尻目に逃げ出す。
屋敷内では鮮血の星で生き延びたアシュレイが保護され、犯人がアトラスであることが知らされる。
狼キメラが即座に配備され、アトラスの臭いを追う。
アシュレイが生き延びた事を知らないアトラスは、追っ手がかかるのはもう少し遅いとふんでいたのかな。
追っ手がすぐそこまで来た事に気づくと、お荷物のジュリアが邪魔になる。
木の虚でわき腹を確認し使えないとわかるとそのまま放置。
アメストリスへと逃げた。

あの回想の絵は、アシュレイの顔はそのまま身体はアトラスに置き換えれば、たぶん他はそのまま真実。その違いが大きいんだけどさ。

ま、そんな感じなのかな。


しかし。
ジュリアがミロスに放り出された時も同じ服だったって事は。あの服ワンピースだよね。
木のうろで、わき腹の皮を取り上げようとしたって事は……上半身を脱がせたのか……ビジュアル的にかなりヤバイような(爆)

« OTAKON | トップページ | 鞄はあるしアルの頭はあるし »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鋼の錬金術師 嘆きの丘の聖なる星 ネタバレ感想15:

« OTAKON | トップページ | 鞄はあるしアルの頭はあるし »